ブログネタ
フランス語 に参加中!
vetar1

Les Japonais surendettés dans l’enfer des ≪ yamikin ≫, l’argent de l’ombre
Dans un Archipel très endetté, les usuriers prospèrent. Et profitent de la vulnérabilité de personnes qui ne peuvent plus emprunter auprès des circuits traditionnels.
Par Philippe Mesmer
Il n’y a pas que le Japon qui s’endette. Les Japonais également et pas seulement par les canaux les plus légaux, comme en témoigne l’histoire de l’usurier Yutaka Matsuda. Arrêté le 2 juin par la police du département de Kanagawa (au sud de Tokyo), ce malfrat de 48 ans aurait, avec l’aide de deux acolytes, consenti des prêts assortis d’un taux jusqu’à 110 fois supérieur à la limite légale. Les escrocs auraient gagné 929 000 yens (7 100 euros) dans cette seule opération. Selon la police, ils auraient extorqué 33 millions de yens à 270 personnes dans tout le pays.
Yutaka Matsuda et ses comparses tenaient une activité de yamikin (littéralement ≪ argent de l’ombre ≫). Ces usuriers agissent auprès des personnes qui ne peuvent plus emprunter par les réseaux officiels, comme les 167 000 Japonais surendettés.
Malgré les lois de plus en plus sévères dans un pays endetté, globalement, à hauteur de quelque 250 % du produit intérieur brut (PIB) et où la dette des ménages, était, fin 2016, de 62,5 % du PIB, les yamikin restent actifs. En 2016, le magazine à scandale Friday racontait l’histoire de ≪ Yuki ≫ (un faux nom), une jeune femme de 25 ans que son endettement a conduite jusqu’au ≪ deriheru ≫, une contraction de l’anglais ≪ delivery health ≫, expression utilisée pour qualifier la prostitution au Japon. Enceinte de son petit ami, elle s’est aperçue qu’il était déjà marié et avait des enfants.
Rejetée, mère célibataire, elle a dû jongler entre les loyers, les coûts de l’éducation et la fonte de ses maigres économies. Et a fini par recourir au sarakin (ces services de prêts à la consommation comme la société Aiful les pratique, qui proposent des crédits à très court terme à des taux élevés), puis au yamikin. Incapable de rembourser, elle a finalement cédé aux pressions pour rejoindre un réseau de prostitution, qui, expliquait-elle, ≪ permet d’économiser 100 000 yens par mois ≫. Des histoires comme celle-ci ne sont pas rares au Japon, où, même réduit, le surendettement reste un problème.
Les yamikin sont un phénomène ancien, qui a même donné lieu à un manga, Yamikin Ushijima-kun, de Shohei Manabe, dont le succès ne se dément pas depuis la parution des premiers épisodes, en 2004. La bande dessinée, prenante malgré son atmosphère sordide, a même été adaptée en une série télévisée sur la chaîne TBS, dont la première saison date de 2010, et en film, par le réalisateur Masatoshi Yamaguchi, en 2016.
Machinations organisées
Le manga raconte l’histoire d’une officine de yamikin, Kaukau Finance (≪ kau ≫ signifie ≪ acheter ≫), qui prête à différents solliciteurs : des femmes qui ont besoin d’argent pour aller au ≪ pachinko ≫, sorte de machine à sous extrêmement populaire dans l’Archipel ; un salarié tombé sous le ≪ charme ≫ d’une hôtesse de bar qui lui fait verser plus d’argent qu’il n’en gagne.
Chez Kaukau Finance, un taux de 50 % peut être appliqué sur un prêt consenti sur dix jours. Les sommes restent limitées à quelques dizaines de milliers de yens. La fiction décrit également les machinations organisées pour amener les gens à s’endetter au point de devoir tout accepter. Certains sont même poussés à renoncer à leur vie – les Japonais les appellent les ≪ évaporés ≫. D’autres en arrivent au suicide. Un cinquième des personnes qui mettent fin à leurs jours au Japon – ils étaient 24 000 en 2016 – le font pour des raisons économiques.
Le succès du manga tient à ce qu’il reste proche de la réalité. Les créditeurs de l’ombre auraient obligé des hommes endettés à accepter d’aller faire le ≪ sale boulot ≫ du nettoyage de la centrale nucléaire de Fukushima, ravagée par le séisme et le tsunami de 2011, et à l’origine de la pire catastrophe nucléaire depuis Tchernobyl. ≪ Les Japonais ressentent profondément l’obligation de rembourser l’argent emprunté. Ils sont déterminés à le faire, même si cela peut les conduire à la mort ≫, explique un conseiller juridique spécialisé dans les problèmes d’endettement.
Le problème n’est pas nouveau, dans un pays où l’usure n’a jamais été complètement interdite. ≪ Les taux d’intérêt sur les prêts étaient limités à 5 % par mois ≫ à l’époque Muromachi (1336-1573), expliquait, dans une étude en 2008, Andrew Pardieck, de l’université américaine Southern Illinois University. Les abus ont atteint des sommets dans les années 1990, après l’éclatement de la bulle. Les autorités estimaient alors à près de 2 millions le nombre de surendettés et potentiellement à la merci des yamikin. En l’absence de législation stricte, les collecteurs n’hésitaient pas à user de méthodes extrêmes, allant jusqu’à perturber un mariage ou des funérailles pour exiger des remboursements.
Grand nettoyage
En 2003, un couple âgé s’est suicidé en se jetant sous un train. Ils ont laissé une note détaillant leurs dettes, expliquant que leurs créanciers appelaient toutes les nuits en menaçant ≪ de récupérer l’argent auprès des voisins ≫. L’affaire avait fait grand bruit. Elle avait incité la police à lancer une vaste opération de lutte contre les yamikin. A cette occasion, Susumu Kajiyama, le ≪ roi du yamikin ≫, a été arrêté.
Dépendant du gang yakuza – la mafia nippone – Yamaguchi-gumi, il gérait près de mille bureaux qui rapportaient, à l’époque, quelque 10 milliards de yens de profits annuels. M. Kajiyama avait développé ses activités en organisant d’importantes campagnes de promotion directe auprès des personnes et entreprises endettées. Il avait profité de la liberté accordée jusqu’en 2006 de copier les informations de base de l’état civil pour de telles opérations de marketing.
La situation a drastiquement évolué avec la législation de 2006, entrée en vigueur quatre ans plus tard. Le taux d’intérêt maximum de 29,2 % a été baissé progressivement à 20 % en 2010. La loi a introduit l’obligation de vérifier strictement la solvabilité de l’emprunteur, dont les crédits ne devaient plus dépasser un tiers de revenus. Elle a également ouvert la voie à un grand nettoyage du sarakin et du yamikin.
Contraints à une discrétion accrue, les prêteurs illégaux s’adaptent. Aujourd’hui, ils cherchent notamment à multiplier les comptes bancaires ou les lignes de téléphone portable. Ils en ont besoin pour éviter que tous leurs comptes soient gelés en même temps. Ils peuvent donc proposer à l’emprunteur qui a des difficultés à rembourser ses dettes d’en payer une partie par ce biais. En juin 2012, un policier a été arrêté pour avoir remis à un prêteur illégal le carnet de banque (qui recense toutes les opérations du titulaire d’un compte) et la carte bancaire liés à un compte nouvellement ouvert, en échange de 54 000 yens.
フランス語
フランス語の勉強?
金子勝‏ @masaru_kaneko
【外から日本を冷静に見る】麻生のヒトラー礼賛をガーディアン、タイムズ、AFP,ブルームバーグなど海外メディアが次々報じ、Jアラート「空襲警報」の空騒ぎもNYTなどにからかわれる中、NHKが朝から(白人至上主義の)トランプと2度の首脳電話会談は異例と「戦時報道」。そういう国です。
【ホリエモンは非国民?】「マスコミが騒いだら北朝鮮の思う壺」「損するのは日本人だけ。税金の納め損」といったホリエモンに、マスコミに同調を求めるバカなネトウヨが「空気を読め」「非国民」と群がる。マスコミが本当に堕落してきている。https://goo.gl/d67RNX

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「消された指紋」
科学史に埋もれた闇の事件簿。今回は、科学捜査の先駆け「指紋鑑定」の誕生にまつわる知られざる物語。個人識別のための指紋鑑定を世界で初めて提唱したのはイギリスの医師ヘンリー・フォールズ。だが一介の貧しい医師だったために、その研究成果は学会の権威や警察に奪われ、実用化され、彼自身の功績は無視された!いまや生体認証技術の根幹をなす、究極の個人情報「指紋」。その鑑定技術の誕生と発展をめぐる、科学の闇に迫る! 吉川晃司, 岩瀬博太郎,松本勉, 武内陶子
ザ・ドキュメンタリー 「震災から6年「生きる」」
東日本大震災で祖母を失った宮城県気仙沼市出身のマギー審司が、被災地の今を見つめる。逆境をバネに新たな人生を歩み始めた人々の姿を通して、震災から6年の現実に迫る。
宮城県気仙沼にある牡蠣料理が名物の民宿。津波にのまれた自宅を立て直し、震災後に始めた。どん底からはい上がった女将。夫は腕の良さで知られたカキ漁師。津波に養殖いかだを流され億単位の借金を背負うも再びカキ漁を再開。しかし今年、震災から6年を迎えた直後の3月下旬、夫の船が転覆事故に…。さらなる試練を背負うことになった女将の思いとは…。福島原発事故での放射能の影響による避難指示が3月末で解除された福島県飯館村。果たして村民たちは故郷に戻ったのか。放射能への不安は?飯舘村民たちの現実を追った。 人口の約1割が犠牲となった岩手県大槌町で、親友を失った悲しみを音楽の力で乗り越えた女子高生がいる。彼女が奏でるクラリネットに込められた未来への願いとは? 逆境をバネに新たな人生を歩み始めた人々の姿を通して震災6年の現実に迫る。
日本人の誰もが記憶している“あの時"に注目!皇后美智子さまのご成婚パレードや、美空ひばりの伝説のコンサートなど、日本中を感動させた出来事の記憶を呼び覚ます!さらに、“あの時"の出来事が現在にどのようにつながり、影響を与えているのか、今を起点として振り返り、時空を超えて日本を再発見する。番組ホームページ  www.bs-asahi.co.jp/documentary/

内田樹‏ @levinassien
「動機は問わない。結果が大事だ。何百万人を殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目だ」という発言について麻生副総理は「あしき政治家の例として挙げた。真意と異なった話に伝えられている」とメディアの「誤解」を批判しているそうですが、それを海外メディアに理解させるのは無理でしょう。
「いくら動機が正しくても(Although his motive was right)」を「動機も正しくなかったし」というふうに解釈せよと言われてもそれは無理です。それでは「動機は問わない、結果が大事」という前段と全然整合しない。
今の安倍政権下では「前に言ったことは全部忘れました」と自分の無能を言い立てれば一切の責任は問われず、無能そのものは「これから職務に邁進する」ことを通じて劇的に改善されるということになっているので、麻生さんには何のお咎めもないことでしょう。ビバ、ニッポン!


お昼にたくさんの図書館の人たちが来ると聞いていましたがものすごくたくさん来ました.ビックリです.
疲れたのでランチはピザに赤ワインでゆっくりしました.阪神百貨店に行って両関の試飲もしました.おいしいです.

復興工事不備で建設会社を提訴
気仙沼市が発注した復興工事で盛り土の一部に不備が見つかりやり直しを迫られたとして市は工事を請け負った建設会社にやり直しにかかった費用などおよそ9500万円の支払いを求める訴えを起こしました。
不備が見つかったのは市が発注した鹿折地区の水産加工団地の造成工事です。
気仙沼市によりますとこの工事の盛り土の一部に規定を超える大きさの石が埋められていることがわかり建物の杭が打ち込めないなどの支障が生じたため工事のやり直しを迫られたということです。
このため市は、造成工事を請け負った気仙沼市の建設会社「アルファー建設」に対しやり直しにかかった費用を支払うよう求め話し合いを続けてきました。
しかし不調に終わったとして30日およそ9500万円の支払いを求める訴えを仙台地方裁判所に起こしました。
これに対しアルファー建設は「問題とされている石はすべて市が調達、支給した土砂に混じっていたもので市側の主張は明らかに事実と異なっている」というコメントを出しました。


山元町 堤防設置住民と大筋合意
津波を防ぐために山元町で建設が進められているかさ上げ道路によって震災後も自宅を補修して災害危険区域に住み続ける住民が海側に取り残されると訴えていた問題で町は30日夜、住民説明会を開き地区を守る新たな堤防を設置することで大筋で合意しました。
東日本大震災で大きな被害をうけた山元町では津波を防ぐため最大で高さ5メートルのかさ上げ道路の建設が進められています。
しかし、震災後も自宅を補修して災害危険区域に住み続ける笠野地区のおよそ20世帯の住民が海側に取り残されると訴え町と県に対し計画の変更を求めていました。
これをうけて町は30日夜地区の住民を対象にした説明会を開き対策として地区の海側に新たに高さ5メートル、長さ1.5キロの堤防を設置する方針を示しました。
さらに地区と駅などがある内陸とを結ぶ避難道路の整備などを提案しました。
住民たちからは「県道のルートそのものを変更すべきだ」といった意見も出されましたが町側の提案に大筋で合意し今後、整備が進められることになりました。
住民の会の岩佐隆彦代表は「計画を変更してほしかったが農地の復興を考えると時間をかけていられず同意するしかなかった。町には住民の気持ちを理解してまちづくりをしてほしい」と話していました。


被災車両の発見相次ぐ 石巻・旧北上川河口
 宮城県石巻市の旧北上川河口の川底を掘削するしゅんせつ工事の現場で、東日本大震で被災したとみられる車が相次いで見つかった。工事開始から約2週間となる30日、6台目の車両が引き揚げられ、石巻署員が不明者の手掛かりを捜索した。
 車両は中瀬公園近くの工事現場から、雲雀(ひばり)野(の)埠頭(ふとう)まで船で搬送された。車体は大きくゆがんでさび付き、シートには貝が張り付く。署員らは座席の足元にたまったヘドロをスコップでかき出し、犠牲者の身元特定につながる物がないかと目を凝らした。
 奥山俊警備課長は「不明者の手掛かりになりそうなものが見つかると感慨深い。何か一つでも家族にお返ししたい」と話す。
 石巻署管内では昨年、9台の被災車両が発見されたが、短期間に同じ場所で6台見つかるのは異例。工事を行う県の担当者は「川がカーブし、流された物が堆積しやすいのではないか」と説明する。
 しゅんせつ工事は離島航路の船の転回場所を確保するのが目的。県が9月末まで長さ140メートル、幅35メートルの範囲で約2メートル掘り下げる。


被災の浜に秋到来 養殖ノリの種付け作業本格化
 宮城県石巻市渡波で、秋の訪れを告げる養殖ノリの種付け作業が本格化している。30日は県漁協石巻湾支所の組合員ら約60人が早朝から作業に励んだ。
 網を巻き付けた直径2.2メートルの水車を胞子の入ったタンクに浸し、回転させながら種付けをした。作業は9月10日ごろまで続き、約3万枚の網に胞子を付着させる。9月下旬に松島湾に移して育苗後、10月下旬に石巻湾に移し、11月上旬から摘み取る見通し。
 丹野一雄支所運営委員長(69)は「この風景を見るとノリ養殖シーズンの訪れを実感する。おいしいノリを育てたい」と話した。
 同支所は東日本大震災の津波で網やいかだなどの養殖資材が被害を受け、2011年は生産規模を従来の半分に縮小。13年に震災前とほぼ同程度まで復旧し、16年の生産量は震災前の約9割の6300万枚ほどに回復した。


<熊本地震>復興へ思い継承 熊本の市民団体が気仙沼で街並み保存の方策探る
 熊本地震で被災した熊本市内の古い街並みの再生などを目指す熊本市の市民団体「くまもと新創世プロジェクト」(代表・新田時也東海大准教授)が28〜30日、東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼、石巻両市を視察した。気仙沼市では歴史的建造物の保存を目指す一般社団法人「気仙沼風待ち復興検討会」(菅原千栄会長)と意見を交わし、被災後の街づくりを探った。
 くまもと新創世プロジェクトは、熊本市在住の学識経験者や地元の経営者ら十数人が昨秋発足させた。大きな被害を受けた同市中央区水前寺、新町などの古い街並みの保存や地震の伝承方法を検証している。
 熊本市の東海大熊本キャンパスに勤務する新田代表ら3人が29日、気仙沼市を訪問。震災で被災し、風待ち復興検討会が集めた基金などを活用して復元した同市魚町の国登録有形文化財「角星店舗」を視察した。
 酒造会社「角星」の斉藤嘉一郎社長から復元に至った経緯や同市内湾地区の復興に懸ける思いを聞いた。斉藤社長は「時間がたつほど再建の意欲が薄れる。強い思いで城下町熊本の復旧を図ってほしい」と励ました。
 新田代表らは、市内の6棟の国登録有形文化財の保存に尽力する風待ち復興検討会のメンバーと意見交換した。検討会側からは「(文化財の)所有者の意識と資金の提供先の確保が課題だ」「復元だけではなく地元の酒や魚の試食などと組み合わせたツアーの開催にも取り組んだ」などの助言があった。
 3人は28日、石巻市の街づくり団体と懇談した。新田代表は「熊本市の古い建物の8割に被害があった。震災後の街づくりの状況は非常に参考になった」と話した。


<台風10号豪雨1年>岩手・岩泉町で慰霊式 教訓必ず生かす
 岩手県内だけで21人が亡くなり、2人が行方不明となった昨年8月の台風10号による豪雨被害から30日で1年を迎えた。死者・行方不明者21人と被害が集中した岩手県岩泉町では町主催の追悼慰霊式が営まれ、町民らが犠牲者を悼んだ。
 被災当時、町内最大の避難所だった町民会館が会場になり、遺族23人を含む約400人が参列した。全員で黙とうし、正面に設けられた祭壇に献花した。
 式辞で伊達勝身町長は「命を守ることができなかった悔しさは忘れることができない。大災害で得た教訓を基に災害に強いまちづくりにまい進し、一日も早い復旧復興を果たす」と誓った。
 台風10号豪雨で岩手県は沿岸部を中心に17市町村で全壊478戸、半壊1906戸など計4504戸が被災。岩泉町など5市町村では214世帯が仮設住宅に入居している。北海道でも2人が死亡、2人が行方不明になっている。


<台風10号豪雨1年>「楽ん楽ん」の慰霊式 遺族の姿なく
 昨年8月の台風10号豪雨から1年となった30日、入所者9人が犠牲になった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の慰霊式に遺族の参列はなかった。不信感を募らせる遺族と困惑する施設側。両者のわだかまりは解消されることなく、一周忌を迎えた。
 「楽ん楽ん」を運営していた医療法人社団「緑川会」(岩泉町)は30日午前、施設跡地に設けた献花台の前で職員約50人が入所者の冥福を祈ったが、慰霊式に遺族は招かなかった。
 一周忌には慰霊碑を建立し、遺族と共に追悼したいと考えていた緑川会。しかし遺族側は「なぜ、9人は犠牲になったのか。真相が究明されないままの慰霊碑建立は納得できない」と反発。慰霊碑の設置は延期せざるを得なかった。
 緑川会の佐藤弘明常務理事は「(遺族への説明など)施設はあらゆる点でいろいろやってきたつもりだ」と困惑するばかりだ。
 実際、昨年10月に慰霊碑の建設計画や被災当日の対応について遺族向けの説明会を開いた。ただ被災当時、施設にいて唯一生き残った女性所長は入院中で欠席した。
 後日、遺族宅を訪ねて謝罪したものの「説明に報道で知ることのできる以上の内容はなく、対応に誠実さが欠けている」。入所していた母チヤさん=当時(95)=を亡くした埼玉県の写真家八重樫信之さん(73)ら遺族には、緑川会の対応がこう映った。
 入所者9人のうち6人の遺族は緑川会に対し、女性所長自身による詳細な説明や、施設が法的責任を認めるよう求めて書面を送付。受け入れられない場合、一部遺族は法的手段も辞さない構えだ。
 町主催の追悼慰霊式に出席した八重樫さんは「母の死に対するやりきれない思いは払拭(ふっしょく)できていない。一周忌を迎えたが、これからが大変だ」と話した。


<台風10号豪雨1年>岩舘さんも献花 避難時判断今も悔やむ
 岩泉町の追悼慰霊式には台風10号豪雨で夫を亡くし、義姉が行方不明になっている岩舘慶子さん(77)=岩泉町穴沢=の姿があった。あの日の判断を今も悔いているという。
 自宅にいた岩舘さん一家を昨年8月30日、小本(おもと)川の濁流が襲った。
 車で逃げようとエンジンをかけ、夫の五郎さん=当時(76)=が玄関で義姉サツさん=同(91)=に靴を履かせるのを待つ間、庭先の水かさは増していく。「早く早く」。2人をせかすうち、岩舘さんは車ごと激流に押し流された。
 木に引っ掛かった車の中から近所の人たちに救出されたが、五郎さんは流れにのまれて死亡。サツさんの行方は今も分からない。
 数日後に自宅へ戻った岩舘さんは意外な事実を目にする。洪水の勢いは車を押し流すほどだったのに、水かさは数十センチの床上浸水にとどまっていた。
 「もし、車で逃げようとせず、2階に避難していたら…」
 何が正しかったのか答えを見つけられないまま岩舘さんは五郎さんの一周忌法要を執り行い、近くサツさんの死亡を届け出るという。
 「あっという間の1年でした。まだ気持ちの整理はつきません。2人の分まで精いっぱい生きていくしかありません」。そう言って岩舘さんは、祭壇に白菊を供えた。


<台風10号豪雨1年>一刻も早く家族の元に 県警など集中捜索
 昨年8月の台風10号豪雨で行方不明になっている岩舘サツさん=当時(91)=の手掛かりを見つけようと、岩手県警と地元消防は30日、岩手県岩泉町の小本(おもと)川周辺で集中捜索を実施した。
 当時の目撃情報などに基づき、県警機動隊はゴムボート2隻で約2.5キロの区間を捜索。河川敷では岩泉署と岩泉消防署の署員が草をかき分けて遺留品などを捜した。
 同日の捜索は約60人態勢で実施。岩泉署はこの1年、月命日前後に小本川周辺で捜索を続けてきた。
 田島直樹署長は「被災者は台風10号の日から時が止まったように過ごしている。不明者を一刻も早く家族の元に帰してあげられるよう、強い信念で捜索を続けたい」と話した。


<台風10号豪雨1年>岩泉町長、初動対応検証 公表へ
 昨年8月の台風10号豪雨で最大の被災地となった岩手県岩泉町の伊達勝身町長は30日、役場内の混乱で町全域に避難勧告を発令できなかった初動対応について検証作業を進めていることを明らかにした。町内で21人が犠牲となった教訓を踏まえて町は本年度、防災専門職員を配置するなど体制を強化した。
 記者会見した伊達町長は、豪雨被害から1年を振り返り「多くの町民の命が失われたことは悔やんでも悔やみきれない。行方不明の方を一日でも早く家族の元に帰したい。全国から多くのボランティアが駆け付けて支援の輪を広げていただいた」と総括した。
 役場内の情報共有意識の欠如が指摘された被災当日の対応については「防災体制そのものに不備があった。役場機能がまひした」と分析。「内部の検証だけではなく、専門家の力も借りて課題を整理し、他の地域でも参考になるような形で公表したい」と話した。
 町全域の被災や道路網の寸断で復旧作業が難航した状況を顧みて「一つの町で対応するには限界もある」と指摘。あらかじめ周辺市町村との連携を視野に防災体制を構築する必要性を強調した。
 今後の復興の方向性については、広大な面積に集落が点在する町の特徴を挙げ「地域の力を醸成しなければ再生はない。何かあったときに支え合う独立した集落づくりを柱にしたい」と述べた。


台風10号豪雨1年 もう誰も孤立させまい
 本県を直撃した台風10号豪雨から1年。30日、被災地は犠牲者への祈りに包まれた。
 死者21人、行方不明者2人。さらに、豪雨後に体調を崩して亡くなった岩泉町の80代男性と90代女性が、災害関連死に認定される見通しだ。他にも2組の遺族が関連死認定を求めている。
 災害は、地域が災害以前から抱えていた課題をあらわにする。東日本大震災は高齢化と人口減に拍車をかけ、医療や介護などの人材不足も深刻になっている。
 その大震災からの復興途上で襲来した台風だけに、ダメージは大きい。同町と宮古、久慈市では道路などの復旧工事の発注率が7月末で30%にとどまり、被災者の生活再建の道のりも遠い。将来展望を持てず、被災した自宅に住み続けるなど不便を強いられては、心身の疲労が蓄積し孤立感が深まるばかりだ。
 被災者からは「大震災に比べ支援が乏しい」「大震災よりはるかに風化の進み具合が早い」といった声が上がる。
 1年に際し犠牲者一人一人の命を心に刻むとともに、被災地の住民に心を寄せたい。復興の長い道のりで取り残され、孤立に追いやられることがないように、物心両面の継続的な支援が欠かせない。
 大震災では、既存の支援の枠組みから漏れた被災者の孤立が問題となった。仮設住宅に入居せず被災家屋に住み続け、支援が届かなかったり、家は無事でも働き口が被災して生活困窮に陥るなどだ。
 災害以前から病気や障害を抱え、地域のつながりに支えられていた人が、直接の被災は免れたものの、生活環境の変化で立ちゆかなくなり孤立したケースもある。
 もう誰も孤立させたくない。そのため、被災者支援に加え、幅広い地域福祉課題にも応えていく仕組みづくりが重要となる。
 その試金石が、1月から活動を始めた「岩泉よりそい・みらいネット」だ。町、町社会福祉協議会、岩手弁護士会、生活困窮者支援など各種NPOが連携し、週1回、被災者に限らず全町民を対象に相談を受け付けている。
 半年で約60件に対応。当初は被災者からの相談が多かったが、徐々に、被災していないが長らく健康や生活面などの悩みを抱えていた人の相談が増加傾向にある。
 台風10号では、高齢者グループホーム入所者の避難が遅れて犠牲になった悲劇を教訓に、水害避難計画の策定が施設に義務付けられるなど初期の備えは前進した。
 中長期の備えはどうか。自治体レベルで、生活困窮者支援の関係機関などを中心に地域のネットワークを強化してほしい。孤立を防ぐ地域づくりが、災害時にも生きる。


デスク日誌 逃げ道
 近年の雨は記録的な雨量となることが多い。先の台風5号は西日本から東日本まで広範囲に激しい雨を降らせ、各地に大きな被害をもたらした。気象庁の発表によると大雨が降る頻度が30年で3割増えたという。
 豪雨被害の紙面に接するたびに、仙台市で約41万人に一時避難勧告が出た2015年9月の、湿度の高い粘付くような夜を思い出し身につまされる。
 あの夜、夜勤を終えて帰宅後も降り続いた。自宅から500メートルと離れていない七北田川が増水。堤防の決壊を恐れ、高齢の両親と車で避難した。幹線道路はわずかな時間で川のような流れをつくっていた。
 街灯は雨しぶきに煙り視界が効かない。道路は思いもよらぬところに深みをつくり、水深が分からない状態で車を走らせる恐怖。ハンドルを取られ、波打つ雨水に車が左右に揺れ始めた時は覚悟した。
 豪雨は見慣れた風景を全て覆い隠し、時間とともにその姿を変える。普段は気付かない道路のうねりが落とし穴となる。どこを逃げ道とするか、初動の遅れで選択が大きく変わる。今年は特に雨の予報に身構えてしまう。(整理部次長 足利克寛)


河北春秋
 「私は十分に頑張ったと思う」。療養の床に就いていた佐野ハツノさん(68)を訪ねた時、穏やかな笑みがこぼれた。肝臓がん末期の日々を、帰還した福島県飯舘村の家で過ごした。訃報が届いたのは28日▼夫の幸正さん(70)と農家を営んだが、6年前の東京電力福島第1原発事故で避難し、福島市の仮設住宅の管理人になった。心身を弱らせる住民の世話に奔走。自治会長木幡一郎さん(80)らと毎月のお楽しみ会を催し、「までい着」作りの会を始めた▼古い着物を普段着、子ども服に直す伝統の手業だ。本紙の呼び掛けで支援の古着が集まり、主婦有志が縫う「仮設発の特産品」は東京でも販売された。が、心労で体調を崩し、3年目の夏に大腸がんを手術。思わぬ転移があった▼「避難の苦しさはもうたくさん。以前の生活を取り戻したい」と願いを募らせ、改築した家に昨夏から長期宿泊の形で帰還。3月末の避難解除後は隣人と再会を喜び、野菜作りも始めたが、余命は短かった▼40歳の時、村の派遣研修「若妻の翼」でドイツの農家民宿に魅了され、11年前、自ら民宿を開いた。再開は諦めたが、これから「避難中に縁を結んだ人を招き、地元の仲間とにぎやかに集い、楽しく生きたい」と夢見た。原発事故はどれほどの人生を変えてしまったか。

<原発世論調査>女川2号機再稼働 68%反対
 東京電力福島第1原発事故から9月で6年半になるのを前に、河北新報社は宮城県内の有権者を対象に原発に関する世論調査を実施した。東北電力が目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働について、「反対」「どちらかといえば反対」を合わせた反対意見は68.6%に上った。「賛成」「どちらかといえば賛成」の賛成意見は28.7%にとどまった。
 賛否の内訳は「反対」が最も多い38.4%。以下「どちらかといえば反対」30.2%、「どちらかといえば賛成」19.9%、「賛成」8.8%の順だった。
 地域別では、女川町と石巻市を合わせた立地自治体が反対77.0%、賛成22.2%の割合。女川は賛成が60%近くに達した一方、石巻は反対が80%に迫った。
 原発事故を想定した避難計画策定が義務付けられている30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の5市町(登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)は反対62.6%、賛成34.6%だった。
 性別・年代別によって賛否の傾向が分かれた。男性の若年層(30代以下)は賛成48.3%、反対51.6%とほぼ拮抗(きっこう)。これに対し女性の高年層(60代以上)は反対82.8%、賛成13.0%だった。
 反対の理由は「使用済み核燃料の最終処分場が決まっていない」が最多の36.6%。「全ての原発を廃炉にするべきだ」が26.1%、「安全対策が不十分」が25.0%で続いた。
 賛成の理由は「国のエネルギー政策に必要」が43.6%、「地元経済への影響が大きい」が25.0%。「温暖化対策になる」は5.0%、「安全対策が十分」は4.3%にとどまった。地域別では立地自治体だけ「地元経済への影響」が59.2%を占め、他の理由を大きく上回った。
 原発の安全性については「不安」が87.0%、「安全」は11.7%。再稼働賛成が過半数の女川町でも「不安」が80%近くになった。
 女川原発1〜3号機は東日本大震災後、運転が停止されている。2号機は原子力規制委員会の審査で焦点の基準地震動(想定される最大の揺れ)が固まり、審査は終盤を迎えた。東北電は2018年度後半以降の再稼働を目指している。
[調査の方法]宮城県内の有権者を対象に19、20日、コンピューターで無作為発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者のいる世帯に電話がかかったのは889件、このうち614人から回答を得た。地域別の内訳は、女川原発が立地する女川町・石巻市156件、女川原発30キロ圏2市3町(登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)152件、その他306件。集計では、地域別や性別、年代別など有権者の構成に合わせ、ゆがみをなくす補正をした。


<原発世論調査>地元同意「県と県内全自治体」55%
 河北新報社が宮城県内を対象に実施した原発に関する世論調査で、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に必要な「地元同意」=?=の範囲に関し、村井嘉浩知事が主張している「県と立地自治体の女川町、石巻市」が適切だとする回答は7.6%にとどまった。最も多かったのは「県と県内全ての自治体」で、過半数の55.5%に上った。
 これまで九州や四国などで再稼働した原発の地元同意の範囲も、村井知事の主張と同じ県と立地自治体に限られている。しかし東日本大震災で被災した宮城県内では範囲拡大を求める意見が圧倒的に多く、今後も議論になりそうだ。
 県と立地2市町に、半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の5市町(登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)を加えた範囲が適切との回答は29.5%だった。
 「県と立地自治体」と回答した割合は、地域別に見るとUPZ5市町が特に低く4.7%。「県と県内全ての自治体」は立地2市町が他地域より多く、61.4%だった。
 原発事故を想定した避難計画については、策定した立地2市町とUPZ5市町の32.3%が「どちらかといえば不十分」と回答。「不十分」の26.5%と合わせ、58.8%が不備を指摘した。「十分」「どちらかといえば十分」は計25.6%だった。
 不十分とする理由は「放射性物質汚染の広がり方の想定が不十分」が36.0%でトップ。「住民への周知が徹底されていない」が23.6%、「高齢者ら要援護者の避難想定が不十分」が16.5%で続いた。
 東京電力福島第1原発事故後の新規制基準で、原発の運転期間は原則40年に制限された。運転開始から33年が経過し、東北電が対応を明言していない女川原発1号機は「廃炉にすべきだ」が75.2%、「40年ルールから延長してよい」が20.1%だった。立地する女川町でも、廃炉を求める意見が60%を超えた。
[地元同意]原発再稼働の前提となる地元自治体の同意に法的規定はなく、政府は「立地自治体等関係者」の理解を得て再稼働を進める方針を示す。これまで国の新規制基準に基づき再稼働した九州電力川内原発(鹿児島県)、関西電力高浜原発(福井県)、四国電力伊方原発(愛媛県)も、対象は県と立地自治体に限られた。一方、東京電力福島第1原発事故を受け政府は2012年、避難計画策定を義務付ける範囲を半径8〜10キロ圏から30キロ圏に拡大した。


<原発世論調査>女川原発再稼働 知事選「判断材料にする」が49%
 河北新報社の原発に関する世論調査では東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の再稼働の是非について、宮城県知事選(10月5日告示、22日投開票)で投票の判断材料にするかどうかも尋ねた。「する」が約5割に達し、「しない」をやや上回った。
 現時点で知事選に立候補する意思を表明しているのは4選を目指す現職村井嘉浩氏(57)だけだが、原発依存の見直しを掲げ野党共闘による対立候補を模索する動きがある。有権者が女川原発再稼働の行方に関心を寄せ、知事選の争点として捉えている現状が浮かび上がった。
 「判断材料にする」と答えた人は49.1%。「しない」の45.6%を3.5ポイント上回り、「分からない・無回答」は5.2%だった。
 地域別で見ると、女川原発が立地する女川、石巻の2市町では54.2%が「する」と回答。「しない」は40.3%で、他の地域に比べ「する」との開きが大きかった。緊急防護措置区域(UPZ)の登米、東松島、涌谷、美里、南三陸5市町も半数超の51.3%が「する」と答えた。
 女川原発再稼働に必要な地元同意の範囲を巡り、村井氏は「立地自治体だけで十分」との認識を示している。調査結果からは、UPZ5市町でも再稼働判断への関与を求める声が根強いことが分かる。7市町以外は「する」48.5%、「しない」46.2%だった。
 支持政党別では自民、公明の与党支持層が再稼働の争点化に否定的で、逆に民進、共産、社民の野党支持層は重視する傾向が見て取れた。
 年代・性別で「する」の割合が最も高かったのは30代女性で66.9%。40代男性が58.8%で続き、子育て世代の関心が高かった。男性の29歳以下と50代、女性の40、50代は「しない」の方が多かった。
 調査では村井氏の県政運営の評価も聞いた。「評価する」が62.9%で、「評価しない」(24.7%)を大きく上回った。「評価しない」の61.8%、「評価する」でも半数近い48.4%が、再稼働の是非を知事選で投票の判断材料にする考えを示した。


市長の議案説明に共産党も出席
9月11日に開会する仙台市議会の9月定例会を前に、30日、郡市長が各会派の代表者に議案の説明を行いました。
これまで、市長が各会派に議案の説明を行う際、共産党は除かれていましたが、今回は共産党も含めて、すべての会派が出席しました。
仙台市の郡市長にとって初めてとなる市議会の9月定例会が来月11日に開会するのを前に、30日、郡市長が各会派の代表者に定例会に提出する議案の説明を行うため、懇談会が開かれました。
これまでは慣例で、市長にとっての与党会派の代表者にだけ呼びかけが行われ、共産党は除かれていましたが、30日は共産党も含めて、すべての会派の代表者が出席しました。
この中で郡市長は24件の議案について説明し、このうち補正予算案は、車のナンバープレートに市独自のデザインを導入するための準備費用や、私立保育園への助成など、合わせて4000万円規模になると説明しました。
懇談のあと、郡市長は記者団に対し、「各会派に、行政をうまく動かしていくために協力をお願いしたいと伝えた。議会に丁寧に説明し、市民のためになる施策を進めていきたい」と述べました。
また、共産党市議団の嵯峨サダ子団長は「これまでは共産党会派は除いて市長が議案説明していたと聞いていたが、それではいけないと思い、すべての会派の代表に説明したいと考え、このようになったと思う。前向きな議論が一層必要だ」と述べました。
一方、先の市長選挙で相手候補を支援した自民党会派の鈴木勇治会長は「郡市長からは、『議会とよく話し合いながら』という発言があったので、それが大事だと思う。
選挙は選挙、議会運営は議会運営なので、今後の対応は会派内で議論を重ねていきたい」と述べました。


「東北の秋」PR動画 1000万回再生
 東北観光推進機構と東北6県が制作し、東北の秋を海外に向けてPRする動画が投稿サイト「ユーチューブ」で1000万回再生を突破した。自治体が関わった動画としては異例の再生回数で、国の観光PR動画も上回る。関係者は、訪日外国人旅行客(インバウンド)がさらに増える兆しと期待している。
 動画は2016年12月に公開。全編3分25秒で、青森の八甲田山、山形の蔵王の紅葉や、南部鉄器といった伝統工芸品の製造現場など25カ所を高精細の映像と音楽で紹介している。
 機構によると、視聴者の98%がタイやマレーシアなどの外国人。四季のない東南アジアでは、日本の紅葉の人気が高いという。
 1000万回を突破したのは今月14日。「なんて美しい」「広告動画を最後まで見たのは初めて」「もっとアップして」などコメントも約280件に上った。
 他に冬と春をPRする動画も公開し、冬は既に870万回再生された。機構の担当者は「動画を見た人は東北を訪れたいと思ってくれるはず。夏の動画も現在制作している」と話した。
 海外向け観光プロモーション動画は全国の自治体などが手掛けているが、再生1000万回超はないとみられる。日本政府観光局が昨年11月公開したPR動画も638万回だ。
 動画による機構と6県のプロモーション活動は、日本観光振興協会などの2017年ジャパン・ツーリズム・アワードで審査委員会特別賞に選ばれた。


<放射光施設>「実現へ大きな前進」関係者ら歓迎の声
 次世代型放射光施設の設計調査費などを計上した来年度予算概算要求を文部科学省が発表した30日、施設の建設を目指す光科学イノベーションセンターの高田昌樹理事長(東北大総長特別補佐)は「計画実現に向け大きな前進だ。施設整備のパートナーに選ばれるよう着実に準備を進める」とコメントした。
 センターは、東北大青葉山新キャンパスを拠点に2020年度の完成を目指す地域構想を国に提案。建設を後押しするため一口5000万円の出資の意向を国内の45社から取り付けており、今後も資金集めを加速させる考えだ。
 宮城県新産業振興課の大庭豪樹課長も「一歩前進と受け止める。国の検討状況など情報収集に努め、東北の放射光施設実現に取り組んでいく」と歓迎した。
 放射光施設の整備を巡っては、文科省の小委員会が整備運用計画を協議中。10月下旬から11月上旬に開かれる会合で最終報告書をまとめる見通し。


<放射光施設>18年度予算 新規要求事項に盛り込む 文科省発表
 文部科学省は30日、2018年度予算の概算要求を発表し、新規要求事項に次世代型放射光施設の設計調査費など4億4900万円を盛り込んだ。
 放射光施設の要求額は施設全体の設計調査費に4900万円、加速器の技術開発費に4億円。国が補助金を出し、量子科学技術研究開発機構(千葉市)が事業主体となる。
 建設地は未定。産学連携組織の光科学イノベーションセンター(仙台市)と東北経済連合会、宮城県の3者が、東北大青葉山新キャンパス(同市青葉区)を拠点とする地域構想を国に提案している。


イルカ 物・文字・音声、一緒に 理解能力は人間並み
人間以外で初、チンパンジーも無理 東海大研究チーム発表
 イルカが物とそれを表す文字、鳴き方をセットで記憶し、指し示したり鳴いたりできることを実験で確かめたと、村山司・東海大教授(動物心理学)らの研究チームが明らかにした。人間以外でこうした能力が確認されたのは初めてという。村山さんは「人と同じような過程で物の名前を覚えた。イルカが人に近い言語能力を持つことが分かった」と話す。成果は30日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。
 実験したのは、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)で飼育されているシロイルカの「ナック」(推定32歳)。まず、潜水などで使うフィン(足ひれ)を見せたら「ピィ」と鳴いたり、「丄」の文字を選んだりするようにそれぞれ訓練。また、それとは逆に音声を聞かせたり、文字を見せたりするとフィンを選べるようになった。さらに、文字と鳴き方の関連は教えていないのに、フィンがなくても「丄」を見せると「ピィ」と鳴き、「ピィ」と聞かせると「丄」を選べるようになった。村山さんは「このような覚え方をするのは人だけだ。チンパンジーやオウムはできない」と注目する。
 マスク、バケツ、長靴も同様に、それぞれを表す鳴き方と文字を覚えることができた。実験ではヒントを与えないように人の視線を隠したほか、ほうびの餌も与えなかった。
 イルカは、口ではなく頭の上にある呼吸孔(こきゅうこう)から鳴き声を出す。ナックは飼育員が言葉に出した「ピヨピヨ」「おはよう」など8種類の言葉をまねた鳴き声を出したことで、2014年に注目を集めた。ただし、この時は単なるオウム返しだった。
 村山さんは「ナックは物の意味を理解していると言える。次は動詞を覚えさせることに挑戦し、人とコミュニケーションができるようにさせたい」と話す。【永山悦子】
ナックが覚えた呼び方と文字◇
対象物 呼び方  文字
フィン ピィ   丄
マスク ピーー  R
バケツ ヴォッ  >
長 靴 ホゥ?  O


麻生副総理の「ヒトラー発言」 撤回して済む話ではない
 どうしてこんな発言を繰り返すのか。全く理解できない。
 麻生太郎副総理兼財務相が、ナチス・ドイツの独裁者、ヒトラーの動機は正しかったと受け止められる発言をし、きのう慌てて撤回した。
 だが、「誤解を招いた」と撤回すれば済む問題ではない。なぜ、わざわざ大量虐殺を生んだナチスのヒトラーを持ち出す必要があるのか。まさに麻生氏の動機に疑問を抱く。
 発言は自ら率いる自民党麻生派の研修会で飛び出した。
 「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」
 「ヒトラーの動機」とは何を指すかは不明だが、同派所属の議員に政治家としての心得を指南する文脈の中での発言だった。
 批判を受けて麻生氏は「真意と異なる」「あしき政治家の例としてヒトラーをあげた」等々と釈明する撤回コメントを発表した。
 しかし、発言の真意をそう受け取れというのは無理がある。
 麻生氏は2013年にも憲法改正に関し、ナチス政権を引き合いに出したうえで「手口を学んだらどうかね」と語って後に撤回している。その反省はなかったというほかない。
 この発言の際には、ユダヤ系人権団体が批判声明を出すなど国際問題となり、政府は沈静化に追われた。にもかかわらず繰り返すのは、どこかでナチスを評価したがっているのではないかと疑わざるを得ない。
 加えて、政治家になる動機は問わないという発言にも問題がある。最近の「議員の劣化」状況を持ち出すまでもなく、結果だけでなく、政治家を目指す動機も大切だ。
 米国では白人至上主義団体と反対派との対立が続き、人種差別問題が改めて深刻になっている。
 反対派に車で突入して死傷者を出した事件の容疑者はヒトラーの崇拝者だった。そしてトランプ大統領が当初、双方に非があると発言し、批判を浴びたのは記憶に新しい。
 そんな国際的な現状認識が麻生氏にあったようにも思えない。
 日本国内の一部にもナチスを肯定するような言説がある。麻生氏らの姿勢がこうした傾向を助長しているとすれば責任は重大だ。


ヒトラーから離れられない麻生
 ★副総理兼財務相・麻生太郎のヒトラー失言は即座に撤回されたものの、この元首相は、その失言の多さで失脚したも同然。自民党を下野させたにもかかわらず、学習しない。現在は副総理としての資質が、再度問われることになった。 ★思えば首相在任中は漢字が読めないとか、失言のオンパレードで、時の官房長官・河村建夫が連日、麻生の失言の言い訳やフォロー、経緯の説明、解説に明け暮れた。前後を省いたり、政治家としてさまざまな立場の人たちを見渡して話すことができず、重大な資質が欠落していると言わざるを得ない。 ★いちいち挙げたら切りがないが、麻生のヒトラー賛美は今に始まったことではない。例題にナチスやヒトラーをすぐ出す麻生は、絶えずそこに思いがあるからだろう。ヒトラー礼賛が念頭にない限り、その場の例題には出てこない。今回は29日の自民党麻生派の研修会で出た「(政治家は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんですよ」の発言だが、思わず出た軽口ととらえることはできない。逆に原稿があるなら、なお問題だ。 ★13年7月、麻生が副総理兼財務・金融相時代の講演で、憲法改正について触れ「ドイツのワイマール憲法も、いつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」と発言。08年8月の党幹事長時代には「審議をしないとどうなるか。ドイツでは昔、ナチスに1度(政権を)やらせてみようという話になった」と、すぐに例題に使おうとする確信犯だ。 ★30日午前、麻生は「ヒトラーを例示として挙げたことは不適切であり、撤回したい」との文書を発表したが、今後麻生内閣があるとしたら、第三帝国を夢想しているのだろうか。お粗末極まりない。

ヒトラー発言に米怒り 麻生副総理は経済対話で大幅譲歩も
 訪米直前に「動機は正しかった」と、ヒトラーを称賛した麻生副総理。発言は最悪のタイミングだ。アメリカのユダヤ人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターは、「不快であり失望した」とカンカンになっている。
 さすがに麻生副総理もヤバイと気づいたのだろう。財務省のホームページ上に、ヒトラー発言を撤回するコメントをわざわざ英語で載せている。来週、ペンス副大統領と「日米経済対話」に向けての事前協議を行う麻生副総理は、完全に弱みを握られた形だ。元外交官の天木直人氏はこう言う。
「もし、アメリカの副大統領が『ミスター麻生とは会いたくない』と会談を拒否したら、麻生発言は世界中で大きなニュースとなり、アメリカの副大統領と会えないとなったら、麻生副総理は辞職せざるを得なくなるでしょう。安倍政権を支えている麻生副総理が引責辞任となれば、安倍内閣も総辞職に追い込まれる可能性が高い。つまり、アメリカは安倍内閣を倒す生殺与奪の権を握ったということです。あのアメリカが、このカードを利用しないはずがない。公式の会談の場では一切触れなくても、非公式の1対1の場面では、ペンス副大統領は<こちらは発言を問題にしてもいいですよ>と恫喝してくるはず。麻生副総理は、日米経済問題で大きな譲歩をせざるを得なくなる可能性が高いと思う」
「ヒトラー称賛」発言をしたことで、麻生副総理が“ポスト安倍”に就く可能性は完全に消えてなくなった。
「麻生副総理がヒトラー発言をするのは、これで2回目です。アメリカ政治にユダヤ系が大きな影響力を持っているのは周知の事実です。トランプ大統領もイスラエルとは良好な関係です。麻生副総理が首相に返り咲くことは許さないはずです」(天木直人氏)
 弱みを握られた麻生副総理は、来週のペンス副大統領との会談でとんでもない無理難題を押しつけられることになる。


小池都知事の追悼文見送り 歴史の修正と見られぬか
 30年ほど前に刊行された「写真報告 関東大震災朝鮮人虐殺」(影書房)には、当時の生々しい証言が載っている。思想家の吉野作造は「中央公論」に朝鮮人虐殺に関する論考を寄せた。史実に残る重大な事件だ。
 その犠牲者を追悼する9月1日の式典に、東京都の小池百合子知事が追悼文を送ることを見合わせた。
 式典は、市民団体の日朝協会などが主催し、墨田区にある都立横網(よこあみ)町公園で毎年9月に開催してきた。
 送付は歴代都知事の慣例で、小池氏も昨年は送っていた。しかし、小池氏は記者会見で「特別な形での追悼文は控えた」と述べるだけで具体的な理由は言及を避けた。
 見送りのきっかけは3月の都議会での質疑とみられる。自民党都議が、6000人余りとされる犠牲者数の根拠を疑問視し、小池氏に追悼文送付の中止を求めた。
 震災直後に「朝鮮人が井戸に毒を入れている」などとデマが広がり、あおられた民衆が自警団などを組織し、多数の朝鮮人が虐殺された。
 横網町公園の追悼碑には「六千余名」とある。震災直後に朝鮮人調査団が調べた数字が根拠とされる。
 内閣府の中央防災会議の報告書は、虐殺された人数を震災による死者数10万5000人の「1〜数%」と推計している。千人単位の虐殺があったことは国も認めている。
 都知事があいさつ文を出す機会は多い。なのになぜ、この件に限って見送ることを決めたのか。
 小池氏は「3月に(都慰霊協会主催の)大法要に出席して関東大震災で犠牲になったすべての方への追悼の意を表した」とも説明している。
 当時の民族差別を背景にした虐殺の犠牲者は、直接震災で亡くなった人と分けて考えるべきだ。
 もし、虐殺を震災被害のひとつに埋没させようとしているのなら、事件の意味をすり替える歴史修正主義と見られても仕方がない。
 小池氏は知事就任後、都有地を韓国人学校に有償貸与する計画を見直す姿勢を示している。国会議員時代には朝鮮学校を高校無償化の対象外とするよう求める発言もしている。
 一連の言動は特定の政治信条を背景にしているのだろうか。小池氏は少なくとも朝鮮人虐殺についての認識を明らかにすべきである。


里親への委託 担い手をどう増やす
 家庭の事情から親と暮らせない子どもを家庭に迎える里親への委託率について、国は就学前では75%とする新たな目標を決めた。里親をどう増やすか。子どもを里親に預けた後の支援こそが肝心だ。
 虐待を受けたり貧困などのために親元で暮らせない子どもを社会の責任として育てる。その姿はどうあるべきか。日本で養護を必要とする子どもは約四万六千人。厚生労働省は今月、原則十八歳まで家庭で一時的に子どもを預かる里親への委託について新たな目標を導入した。
 就学前の子どもは原則として乳児院や児童養護施設に入所させないで里親への委託を優先する。それにより、二〇一五年度末で17・5%だった里親委託率を年齢によって時期や目標は異なるものの、就学前の子どもはおおむね七年以内に75%に、就学後の子どもは十年以内に50%に引き上げる。
 この方針は、昨年の改正児童福祉法に沿うものだ。養護を必要とする子どもの多くが、親の暴力や育児放棄に遭い、心身や情緒の発達に困難を抱えているケースが少なくない。改正法は、子どもが特定の大人との愛着を築けるよう、集団で生活する施設よりも、欧米のように一人ひとりが家庭の中で育てられる、里親などへの委託を優先するよう促している。
 これまでにない、大幅な委託率の引き上げに、児童養護に関わる現場には不安の声もある。現在、児童相談所の面接などを経て里親登録している家庭は一万ほど。新たな担い手をどう増やすのか。
 児相は養護が必要な子どもの個性や成育歴を踏まえ、里親登録者から相性の合う候補を探すが、職員は虐待への対応に追われている。里親と子どもをつなぐ専門職員の養成や確保も急がれる。
 また里親の元に預けた後こそ支援が欠かせない。生い立ちに困難を抱えた子らは里親との新しい生活に慣れていくまでにさまざまな問題が起きる。里親にとって、トラブルが起きても専門的な支援が得られる、安心できる態勢がなければならない。
 一五年度末で里親委託率が全国一の46・9%だった静岡市はNPO法人と協力している。里親には委託前の研修のほか、委託後に養育力アップのための研修や相談や訪問などの支援を行っている。
 里親にも育児休業が幅広く適用されるような議論も必要だろう。一人ひとりの子どもが安心の中で育っていけるよう、財源確保を怠らず支援の道を整えたい。


概算要求100兆円 まだ青天井続けるのか
 きょう締め切りの来年度予算概算要求は四年連続で百兆円を超す。安倍政権特有の歳出上限を設けない青天井型のためだ。財政健全化目標達成は絶望的で、もう誤魔化(ごまか)しようもないというのに、だ。
 二〇一二年末に発足した現在の安倍政権にとって実質的に五度目の予算編成となるが、これまでと決定的に異なる環境にある。一六年度の税収が七年ぶりに減り、引き続き歳入に陰りがあることだ。
 この政権は、世界最悪の財政事情も顧みず、歳入の半分を借金(赤字国債)に頼りながら大盤振る舞い予算を続けてきた。そのよりどころは日銀による超低金利と税収の増加で、わずかながら赤字国債の新規発行額を減らしてきた。
 しかし、頼みの税収は伸びないのだ。これまで税収増加の要因だった円安は北朝鮮情勢などで円高基調となり、過去の赤字決算で納税を免除された企業が納税に転じる動きも一巡してしまった。
 もはや成長頼み、税収増頼みは通用しない。それは政府が先月発表した財政見通しでも明らかだ。高い成長率を実現できたとしても、国際公約である二〇年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化は不可能で、八・二兆円もの赤字が残るのである。
 首相はこの公約について、いつ白旗を揚げるのか。それとも消費税増税の再先送りした際に用いた「新しい判断」方式で乗り切れるとでも思っているのか。これでは国債の格下げや金利高騰といった非常事態が現実になりかねない。
 予算編成の概算要求はここ数年、同じ方式を繰り返してきた。各省に対し、公共事業など裁量的経費の要求は前年度比10%減とすることを求める。これによって計一・五兆円程度を削減できるが、四兆円の特別枠を設けているため、逆に予算規模は膨らむ。
 今回の特別枠は成長戦略に掲げた「人づくり革命」で、これを冠した事業なら認められるとばかりに各省は要求を膨らませる。当初予算でだめでも補正で復活する無節操が繰り返されてきた。
 概算要求は、シーリング(天井)を設けて歳出を抑え込むのがあるべき姿だ。こんな規律のない青天井をいつまで続けるのか。主要国はより厳しい財政健全化目標を堅持している。
 世界一の借金大国にして最も少子高齢化が深刻な国がこれでいいはずはない。社会保障や公共事業の無駄を省き、膨張する防衛予算も徹底的に絞り込むべきだ。


野田総務相がアベノミクス批判 異次元緩和「空恐ろしい」
 野田聖子総務相が、閣僚としては異例の「アベノミクス」批判を行った。30日行われたBS朝日の番組収録での発言で、アベノミクスの効果は不十分で、「立ち止まって検討すべき」と経済政策の変更の必要性を指摘した。
 野田氏が特に問題視したのが、アベノミクスの「第1の矢」である金融の異次元緩和。「ある程度の効果はあったとしても予想を下回っている。これでは厳しい」と語った。そして日銀が出口戦略を示していないことを不安視し、「出口はどこかというと正直、空恐ろしい」と発言。このまま異次元緩和を続ければ「若い人にどんなツケを回すか、うすうす国民は分かっている」と指摘した。
 一方、来年の自民党総裁選をめぐって、「出馬の準備を進めている」と明言。2015年の総裁選では、推薦人があと1人足りない19人であったことも明かした。


ハンセン病裁判 司法の誤り検証せねば
 ハンセン病とされた熊本県の男性が密室の特別法廷で裁かれ、死刑となった「菊池事件」を巡り、元患者らが、検察が再審を請求しないのは違法として、国家賠償請求訴訟を起こした。
 特別法廷は、ハンセン病への強い差別や偏見に基づいていた。裁判の公開や平等を定めた憲法に反していたことは明らかだ。
 元患者らが、検察が再審請求権を行使しないため、差別による被害を回復する権利を侵害されたとみなすのは当然だろう。
 検察や裁判所は提訴を重く受け止め、裁判をやり直すのが筋だ。再審公判を司法全体の誤りを検証する場にしなければならない。
 男性は1952年、自身をハンセン病であると通報した役場職員を殺害したとして起訴された。無実を訴えたが、短期間の審理で死刑判決を受け、執行された。
 隔離された特別法廷での審理は異様と言うほかない。
 裁判官や検察官は「予防衣」という白衣をまとい、火箸で調書をめくった。弁護人は起訴内容を一切争わなかった。
 最高検が特別法廷に関わった責任を認め謝罪しながら、再審請求については、理由がないと拒み続けているのは納得できない。
 48年から72年にかけて、療養所や刑務所などで開かれた特別法廷は実に95件にも上る。
 差別的な審理が漫然と続いていたことになる。指揮する立場にあった裁判所の責任は一層重い。
 最高裁はハンセン病患者の人格や尊厳を傷つけたことは認めたものの、裁判の違憲性を受け入れようとはしない。これでは「憲法の番人」と言えまい。
 国賠訴訟で、原告・弁護団は菊池事件について冤罪(えんざい)だったとも指摘する。凶器とされる刃物から、被害者の血液反応が出ていないことなどが理由だ。しっかりと調べ直す必要がある。
 政府の対応も、あまりに問題が多かった。
 ハンセン病は感染力が弱い。40年代以降は特効薬の開発で治癒が可能となったにもかかわらず、日本の隔離政策は、らい予防法が廃止される96年まで続いた。
 死刑になった男性の遺族は、差別を恐れて今回の訴訟には加わらず、再審請求にも消極的という。
 今なお差別が根強く残ることの証左と言えよう。
 政府は、政策転換の遅れが、ハンセン病患者やその家族に対する差別や偏見を助長する要因になったことを忘れてはならない。


エネルギー計画 「福島の教訓」生かしたい
 経済産業省が、エネルギー基本計画の見直し議論を始めた。
 この計画は国の中長期的なエネルギー政策の指針となる。政府に策定が義務付けられており、3年ごとに内容を検討して必要なら改めるようになっている。
 最大の焦点は原発の取り扱いだ。未曽有の被害をもたらした2011年3月の東京電力福島原発事故から約6年半がたつ。事故の教訓はエネルギー政策にどう反映しているのか。その実態と将来の展望を問い直す契機としたい。
 14年に閣議決定された現計画は可能な限り原発依存度を低減するとしながらも、原子力を「重要なベースロード電源」と意義付けて原発の再稼働を推し進めた。
 一昨年には30年度の電源構成比率を決め、この中で原発の比率を20〜22%とした。原発の新増設が見込めないため、目標達成には運転開始から40年を超す老朽原発の運転延長も欠かせないという。
 なし崩しの「原発回帰」には疑問を禁じ得ない。
 原発維持の旗印だった経済性にも疑問符が付き始めた。
 再稼働待ちの原発を抱える電力会社では、設備の維持や安全対策費が経営を圧迫している。推進政策を続けてきた経産省の幹部でさえも「もはや原発が安いとは言えなくなった」と認めるほどだ。
 国際的にも状況は大きく変化した。アジアでは台湾や韓国が脱原発を打ち出し、ベトナムも安全対策面での高コストなどを理由に建設計画を白紙撤回している。
 原子力発電の比率が70%程度のフランスは再生可能エネルギーを大幅に増やす姿勢を鮮明にした。
 多くの国が再生エネルギーの拡大に力を入れ始めたことで、海外では太陽光や風力のコストは大幅に低下しているという。日本のエネルギー政策も、こうした世界の潮流を無視できないはずである。
 再生エネルギーの開発と導入をもっと積極的に進め、原発に依存しない「脱原発」への道筋を具体的に描くべきではないか。それが、「福島の教訓」に学ぶ国のエネルギー政策の方向性であろう。


「個人メモ」原則公開に/公文書管理見直し案
 加計・森友問題や防衛省の日報隠蔽(いんぺい)問題で批判の的になった記録文書の保存、公開の在り方を巡り、政府の有識者委員会が公文書管理のガイドライン見直しを進めている。政府は委員会の見直し結果を踏まえ、年内に新たなガイドラインを決定する方針だ。
 委員会ではまず、保存期間を1年未満とする文書の範囲や廃棄する際の責任の所在を明確にするなどの方向性が示された。これに沿って、行政文書として保存するかを判断する責任者を省庁に置き、複数の省庁にまたがる記録は責任者同士が記載内容に食い違いがないかを確認するという見直し案が浮上している。
 財務省は国有地売却を巡る森友学園側との面会・交渉記録を保存1年未満の文書として廃棄。加計学園の獣医学部新設計画で内閣府から圧力があったとする文部科学省の記録文書の内容では、両者の言い分が対立した。防衛省による恣意(しい)的な文書管理もあり、見直し案はこれら一連の経緯を踏まえた形になっている。
 しかし、政策決定の過程を明らかにし、現在と将来の国民に対する説明の責務を果たすという公文書管理法が掲げる目的に照らすと、不十分と言わざるを得ない。「個人メモ」を原則公開の対象とするなど、抜本的な対応こそが求められている。
 行政文書は公文書管理法で「行政機関の職員が職務上作成し、組織的に用いる」と定義され、役所が1年や5年、30年など5段階の保存期間を決め、期間満了で廃棄するときは首相の同意を必要とする。ただ1年未満とするのも可能だ。その場合は役所の独断で廃棄できるため、どんな文書がどれくらいあったか、外部から一切見えない。
 見直し案で検討されている、保存や廃棄を判断する責任者は身内であり、判断が妥当かの検証は難しい。廃棄については外部の専門家ら第三者が可否の決定に加わる仕組みも考えられよう。
 ただ役所に都合の悪い記述のある文書が行政文書ではなく個人メモ扱いになり、保存・公開の対象から外されてしまうという懸念は残る。
 形式上は個人メモでも、担当部局の共有フォルダーに保存されたり、メールで回覧されたりして説明や情報共有に用いられたら、政策決定過程を明らかにする上で公開されるべき行政文書といえる。そうした基準を明確に定め、情報公開の徹底を図るべきだ。


公文書管理/公開基準を明確にせよ
 各省庁が管理する記録文書の保存、公開の在り方を巡り、政府の有識者委員会が公文書管理のガイドライン見直しを進めている。委員会は秋に見直し案を提出し、政府はパブリックコメントを経て年内に新たなガイドラインを決定。年明け以降、各省庁が行政文書管理規則を整備する。
 委員会ではまず、保存期間を1年未満とする文書の範囲や廃棄する際の責任の所在を明確にするなどの方向性が示された。
 これに沿って、行政文書として保存するかを判断する責任者を省庁に置き、複数の省庁にまたがる記録は責任者同士が記載内容に食い違いがないかを確認するという見直し案が浮上している。
 財務省は森友学園問題で、国有地売却を巡る交渉記録を保存1年未満の文書として廃棄。加計学園の獣医学部新設計画では、内閣府から圧力があったとする文部科学省の記録文書の内容について、関係者の言い分が対立している。国連平和維持活動(PKO)の日報問題では、防衛省の文書管理が問われた。見直し案はこれら一連の経緯を踏まえた形になっている。
 公文書管理法では政策決定の過程を明らかにし、現在と将来の国民に対する説明の責務を果たすという目的が掲げられている。「個人メモ」を原則公開の対象とするなど抜本的な対応こそが求められている。
 行政文書は公文書管理法で「行政機関の職員が職務上作成し、組織的に用いる」と定義され、役所が1年や5年、30年など5段階の保存期間を決め、期間満了で廃棄するときは首相の同意を必要とする。
 ただ1年未満とするのも可能だ。その場合は役所の独断で廃棄できるため、どんな文書がどれくらいあったか、外部から一切見えない。
 森友問題では国有地売却について、財務省は文書廃棄を盾に説明を拒み続けた。PKOの日報問題は、情報公開請求を受けた陸上自衛隊が廃棄済みを理由に不開示決定をしたが、この文書も1年未満の保存期間だった。
 これを見直し案によって、どこまで変えられるかが重要になる。保存や廃棄を判断する責任者は身内であり、判断が妥当かの検証は難しいため、少なくとも廃棄については、外部の専門家ら第三者が可否の決定に加わる仕組みも考えられよう。
 ただ役所の中には行政文書ではなく個人メモ扱いにすべき文書も存在する。それを保存・公開の対象にするかは、議論が分かれるだろう。
 加計問題ではそうした文科省文書が明るみに出た当初、文科省は「行政文書としては存在しない」としていた。世論の反発が高まり、再調査で約1カ月後に個人メモやメールも含め公開したが、本来公開されるものではないと繰り返し「特例的な調査」としている。
 この件のように、形式上は個人メモでも、担当部局の共有フォルダーに保存されたり、メールで回覧されたりして説明や情報共有に用いられたら、政策決定の過程を明らかにする上で公開されるべき行政文書といえなくもない。そうした基準を明確に定めることが、民主主義のバロメーターといわれる情報公開の徹底につながるはずだ。


[女性議員の比率] 進出の機運醸成したい
 多様な視点を政策に反映させる議会政治のひとつの理想と照らして、あまりにもいびつな現状と言わざるを得ない。
 鹿児島県議会や県内43市町村議会の女性議員の比率が、全国平均を大きく下回っている。総務省の調査によると、2015年末時点で鹿児島は7.1%で全国42位だった。
 地方議員の女性割合は全国平均も12.4%だから、決して高いわけではない。国政に目を向ければ、衆院の女性割合は9.3%にとどまる。世界各国の議会(二院制の場合は下院)と比べると193カ国中163位で、先進7カ国で最も低い。
 政府は20年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げているが、政治の世界での達成は難しそうだ。女性の政治への進出を促す具体的な手だてが急務である。
 県内の女性議員は「政治は男」とする風潮の根強さを指摘している。女性の参政権が認められて70年が過ぎたが、圧倒的多数を占める男性議員だけでなく、社会の中にも意識の壁があるのは確かだ。
 先月、鈴木貴子衆院議員=無所属、比例北海道=が妊娠を公表した際もそんな壁が露呈した。激励の一方で、「職務放棄だ」「いったん辞職すべきだ」といったコメントがネット上に書き込まれた。
 議員が産休や育休を取れば、その議員に投票した人にとっては一票が政治に反映されない期間が生じる。有権者の信託を背負った選良として無責任と感じる人もいるだろう。
 だが、任期中の出産を非難するよりも、出産や育児の経験を政治活動にどう生かすかが問われるべきだ。少子高齢化対策は今、重要な社会的課題になっている。出産や育児と直面している母親の視点は、国政でも地方自治でも政策に敏感に反映させる必要がある。
 出産をあきらめるなどして男性並みに振る舞う女性だけしか受け入れない議会で、少数意見をバランスよく吸い上げた論議が深まるとは思えない。
 今年の通常国会では、衆参両院や地方議会の女性議員増を目指す議員立法の成立が見込まれた。選挙で候補者数を男女で同じにするよう政党に促す内容である。
 だが、学校法人「加計学園」問題で混乱する中、衆院内閣委員会の審議日程の調整がつかず、見送られたのは残念だ。
 議員の女性割合を増やすには、こうした立法措置できっかけをつくり、機運を醸成していく必要がある。法の成立をこれ以上先送りするべきではない。


オスプレイ緊急着陸 危機感欠く米軍の姿勢
 またしてもトラブルである。米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイ1機がおとといの夕方、大分県国東市の大分空港に緊急着陸した。機体から白煙が上がり、炎を噴く映像も流れた。
 オスプレイは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の機体が昨年12月、同県名護市沖の浅瀬に不時着して大破。今月5日にはオーストラリア沖で墜落、海兵隊員3人が死亡した。事故の深刻度が最も重大な「クラスA」の事故を、この1年だけで2回も起こしている。
 これまでも再三指摘されてきた通り、何か構造的な欠陥があるのではないか。事故原因と解決策を示さぬままの、これ以上の飛行は無責任極まりない。
 加えて今回問題なのは、緊急着陸した機体が、6月にも沖縄県伊江島にある米軍の補助飛行場に緊急着陸し、さらに米海兵隊岩国基地にいた28日にも白煙を上げていたことである。
 機体の異常を知りながら無理に飛び立ち、緊急事態を招いたとも受け取れる。とすれば、あまりに危機感を欠いた、無謀な行いと言わざるを得ない。
 オスプレイの運用が、地域住民の暮らしや安全を脅かすものであってはなるまい。重大な事故が起きれば、最優先で原因の解明に当たり、再発防止策を講じるのが当然だろう。
 にもかかわらず、名護市沖の際には事故から6日後に飛行を全面再開した。オーストラリア沖の墜落事故では翌日にもう、普天間から飛ばしている。いずれも日本政府による飛行自粛の要請は事実上、突っぱねられた格好である。
 トラブル続発で住民の間に高まる不安の声を捨て置く、米軍の居丈高な姿勢は信頼を損なうものでしかない。
 米軍の説明をうのみにする、日本政府の及び腰も目に余る。オーストラリア沖の事故では原因調査も半ばのまま、米軍が「機体に欠陥はない」と片付けると、小野寺五典防衛相は「理解できる」とあっさり容認した。飛行自粛を申し入れた、その翌日のことである。
 あの自粛要請は一体、何だったのだろう。「安全が最優先」と繰り返しながら、欠陥が疑われるオスプレイに対し、なすすべを知らぬ政府に疑念を深くした国民も少なくあるまい。
 日本の頭越しに北朝鮮の弾道ミサイルが発射されたきのう、安倍晋三首相は「緊張感を持って国民の安全、安心の確保に万全を期す」と言葉を強めた。墜落事故や不時着、緊急着陸を繰り返すオスプレイは、目の前にある危険ではないのだろうか。
 オスプレイは2012年に普天間に配備されて以降、米軍基地や自衛隊駐屯地に飛来。陸上自衛隊も導入・配備を計画し、飛来ルートは今後、さらに各地へ広がりかねない。
 オーストラリア沖の事故を受け、沖縄県議会はオスプレイの配備撤回などを求める決議と意見書を可決した。山口県と岩国市など2市2町は、岩国基地から離陸した機体が緊急着陸した今回の事態を受け、機体整備の徹底などを国に申し入れた。人ごとではないのである。
 「国民の安全」を守るという政府には、こうした疑念を拭い去るだけの事故原因の究明を求めてもらいたい。そして米軍任せの飛行自粛ではなく、飛行中止を要請するのが筋である。


[オスプレイ緊急着陸]拡大する安全への懸念
 またもや緊急着陸である。安全性への懸念は、もはや沖縄だけの問題ではない。
 米軍普天間飛行場所属の新型輸送機オスプレイが29日、大分県国東市の大分空港に緊急着陸した。エンジントラブルとみられ、一時煙と炎のようなものが上がった。
 緊急着陸したオスプレイは、山口県の米軍岩国基地から普天間に戻る途中だった。この機体は前日にも岩国基地で白煙を上げていたことが市民の監視活動で確認されている。さらに今年6月、伊江島補助飛行場に緊急着陸した機体と同じだという。
 米軍の航空機整備、安全管理は一体全体どうなっているのか。「この次は…」との不安が募る。
 普天間所属のオスプレイは今月5日にも、オーストラリア沖で墜落する大事故を起こしたばかりである。
 昨年12月、夜間の空中給油訓練に失敗し、名護市安部の海岸に墜落した事故は、県民に大きな衝撃を与えた。
 名護でオスプレイが大破した時、米軍は6日後に飛行を再開。オーストラリアの事故では、翌々日に飛行を強行した。
 いずれも詳細な原因究明がなされないまま、「機体の欠陥ではない」とする米軍の説明を、防衛省が「合理性が認められる」「理解できる」と追認したのである。
 機体に欠陥がないのに事故が相次ぐのはなぜなのか。安全性の根拠が示されていないのに、「安全宣言」とは言葉を失う。
 トラブルが続くのは、構造的に見過ごせない欠陥があるからではないか。
■    ■
 航空機事故への不安につながる緊急着陸も頻発している。
 6月6日、伊江島補助飛行場。4日後の10日、鹿児島県奄美大島の奄美空港。そして今回の大分空港。3カ月足らずのうちに3回も発生している。
 普天間のオスプレイは、岩国基地や東京の横田基地、神奈川の厚木基地など米軍基地にも飛来し、北海道では日米共同訓練に参加するなど活動範囲を広げている。
 これら地域でも安全性を危惧する声が出始めており、不安は全国に拡大。相次ぐトラブルに県民は事故への懸念を強めている。
 最優先すべきは、国民の安全確保と不安の解消である。しかし米軍は兵士の練度を高める論理を優先させ、政府は米軍の顔色ばかりうかがっている。
■    ■
 県議会は28日、オーストラリア沖で墜落したオスプレイ事故への抗議決議と意見書を可決した。「政府は米側に強い決意のもと、毅然(きぜん)とした対応をとるべきだ」とし、配備撤回などを求めている。
 政府は普天間飛行場を名護市辺野古に移すことで沖縄の負担軽減を図るというが、新基地にオスプレイが配備され、そこを拠点に活動し続けることが沖縄にとって大きな負担なのである。
 沖縄の演習場は住民地域に近く、あまりに狭いため海兵隊ヘリの訓練には適さない。
 オスプレイ配備と運用を見直すべきだ。


24時間テレビにも出演、宮迫が「不倫」を本気で追及されない理由! 犯罪者扱いだったベッキーや矢口と大違い
 今月上旬に「週刊文春」の報道で、二股不倫が発覚した雨上がり決死隊の宮迫博之。騒動も冷めやらぬなか、先週末の『24時間テレビ』(日本テレビ)でスペシャルサポーターを務めた。
『24時間テレビ』直後の『行列のできる法律相談所』(同上)の生放送で、宮迫は不倫騒動渦中での『24時間テレビ』出演について、こんなことを語った。
「ほんとにこんな状態の僕を出していただいた、24時間のスタッフ様、日テレ様、本当に感謝です」
「最初は出ないほうがいいのかな、と思ったんですけど、出していただいたことによって、いろんな面でホンマに反省もできましたし、反省もしましたし……」
 不倫スキャンダルにもかかわらず降板させず出演させてくれた日テレに対し、感謝を述べ感極まって涙まで見せたのである。『24時間テレビ』の余韻にも助けられ、なんとなく“いい話”っぽくなっていたが、ちょっと待ってほしい。
 本サイトはべつに不倫を批判するつもりもないし、むしろ不倫を犯罪のごとく糾弾する現在の風潮には批判的だ。だから、『24時間テレビ』に宮迫が出演したことにも日テレの判断にも、なんの文句もない。
 だけど、だったら、ベッキーは? 矢口は?
 日テレだけとっても、ベッキーは『世界の果てまでイッテQ!』、矢口は『ヒルナンデス!』のレギュラーだったが、騒動から1年以上経ったいまもまだ復帰できていないままだ。宮迫を『24時間テレビ』に出演させ、『行列』のレギュラーも継続するのであれば、ベッキーや矢口をなぜ復帰させないのか。
 日テレだけの話ではない。ベッキーも矢口も騒動時、全レギュラーを降板したが、宮迫はアフラックのCMが削除されたくらいでレギュラー番組については、降板や休止の話は出ていない。
 こう言うと、たとえばベッキーは会見で嘘をついたり会見で質問を受け付けなかったが、宮迫は生放送の『バイキング』で厳しい追及にさらされながら正々堂々と説明したから、などと言う人もいるかもしれない。
 しかし、『バイキング』での生釈明をあらためて思い返してほしい。宮迫は、本当に、厳しい追及にさらされ、正々堂々と説明していただろうか。
宮迫の釈明の矛盾を一切つっこまない『バイキング』出演者たち
『バイキング』は自身がレギュラーを務める番組で、いわばホーム。質問したのもなじみのある共演者ばかり。様々なメディアが参加できる記者会見とはまったくちがう。実際、ベッキーや矢口が糾弾されていたときのような、厳しい批判や追及はほとんどなかった。それどころか、「黒!」「グレー!」「オフホワイト!」などと、真相を追及するというよりは、宮迫をいじることで笑いに変換してあげようという空気に満ち満ちていた。
 たとえば、宮迫は下心があったことは認め謝罪しつつも、モデルの小山ひかると1回目にホテルに行った際は「泥酔していたので、寝てしまって、何もしていない」。小山と2回目に行ったときは「誘ったが、断られて、何もできなかった」などと、“一線は越えていない”と否定。複数回ホテルに行っておいて、ふつうなら通用するはずのない言い訳を展開した。これがほかのタレントだったら、「あり得ない」「嘘つき」と厳しく批判されているはずだ。
 しかし坂上忍や東国原英夫ら共演者も、「部屋に入った時点で外形的には何かあったのと同じ」などと言いながら、“一線は超えていない”という宮迫の詭弁に、疑いを差し挟んだり、厳しく突っ込む者は誰ひとりいなかった。
 また、宮迫は泥酔していたと主張しているが、文春に掲載されている部屋に入る宮迫の写真は、泥酔しているようにはまったく見えない。これもほかのタレントであれば、絶対に突っ込まれていたと思うが、誰もそんなことは言わない。
 さらに、運転手にチェックインさせ、宮迫や女性はフロントを通らず客室に向かうという計画的な手口に対し、坂上は「プロの手口ですね」と言っておきながら、その明らかに継続的に不倫しているとしか思えないルーティン化した手口と宮迫の「その夜たまたま魔が差した」的な言い分との矛盾には触れない。
 それどころか、文春の記事にあったのに、テレビではほとんど触れられなかったこともある。『バイキング』では、宮迫の密会について、その夜限りの“一夜の火遊び”(実際は撮られてるだけでも2回だが)的なニュアンスでしか扱われていなかったが、文春の記事では、宮迫と小山がそれなりの長い不倫関係であることを示唆する、小山の知人のこんな証言が掲載されていた。
〈ひかるもいまの関係には悩んでいて、『年末に別れる』という話し合いをしたそうですが、『僕(宮迫)が結婚した二十七歳になるまでには別れないとね』ということに落ち着いたみたいです。宮迫さんは『ひかるが一番だよ』と甘い言葉をかけてくるんです。ひかるが『他にもいるだろうけど』と強がっているのが忍びないですよ〉
宮迫は小山ヒカルと「長い不倫関係」にあったのに
 つまり、宮迫と小山は昨年末以前から交際していて、年末に別れ話になったが、宮迫が「小山が27歳になるまでには」と別れを引き延ばした、ということだ。
 この証言と、宮迫の釈明はまったく食い違っている。もしこの証言が事実ならば、宮迫が釈明したような、その夜、泥酔していたとか、一線を超えたか超えてないかとか、オフホワイトかグレーとか、そういう話ではない。というか、宮迫の説明は、真摯どころか、本当の疑惑には一切触れない大嘘だ。ベッキーの「友だちで押し通す予定!」とハッキリ言ってなんら変わらない。
 しかし、『バイキング』でこの食い違いに突っ込む者は誰ひとりいなかった。というより、そもそも『バイキング』をはじめどの番組でも、この証言についてはほとんど取り上げられていない。
 それ以前に、2回同じ女性とホテルに泊っておいて「2回とも“一線は越えていない”はあり得ないだろう」とか、宮迫は泥酔していたと主張しているが「文春」に掲載されている部屋に入る宮迫の写真は、「泥酔しているようにはまったく見えない」とか、ほかの人のスキャンダルだったら、絶対ツッコんでいるはずだ。
 実際、『バイキング』は宮迫釈明の前日には、斉藤由貴の不倫釈明会見での表情を、心理学者に分析させ、「左上を見てるから嘘をついている」などというデタラメな批判までしていた。
 しかし宮迫の不倫についてはそんな追及は一切なく、あくまで“一夜の火遊び”的なものとして、笑い話にして片づけてしまったのだ。
 さらに、宮迫は得意の“恐妻家ネタ”でいかに妻に怒られたかを披露したあと、「あなたのガンが再発したとか、子どもが交通事故に遭ったとか、に比べれば、こんなことは屁でもない」「家族だから味方する」という妻からの言葉を、涙ながらに語る。坂上も「家族の問題だから」「奥さんが許しているのであれば」などと応じ、片岡鶴太郎にいたっては「芸人の妻なら浮気も甘受すべき」などと言い出し、最後は宮迫の妻がすばらしいという美談仕立てでまとめられてしまった。
 ベッキーのLINEの言葉尻を執拗に責め上げ、矢口の男癖のあることないこと騒ぎ立てていたのとは、大違いだ。
宮迫とベッキーの扱いの違いは、事務所、芸人仲間、男と女の差
 いったいこの扱いの違いはなんなのか。本サイトで繰り返し指摘している通り、ひとつは所属事務所の力の差によるものだ。ワイドショーやスポーツ紙などの御用芸能マスコミは、同じ不倫でも、ベッキーや矢口のように弱小事務所に所属するタレントは犯罪者のごとく糾弾される一方、ジャニーズ事務所やバーニング系列のタレントであれば、不倫のような恋愛スキャンダルはもちろん、犯罪まがいの不祥事すら一切触れない。
 宮迫の所属する吉本興業はジャニーズやバーニングほどではないが、松本人志はじめ、幹部級や超売れっ子タレントについては、批判やスキャンダルを封じ込めようと動くことでも知られている。また、各テレビ局は吉本の株主になっているらめ、決定的な醜聞については自主規制する傾向もある。
 しかも、ワイドショーには、大量の所属芸人がコメンテーターとして送り込まれている。『スッキリ!!』(日本テレビ)には加藤浩次と近藤春菜(ハリセンボン)、『ビビット』(TBS)には千原ジュニアと中田敦彦(オリエンタルラジオ)、『バイキング』(フジテレビ)にはブラックマヨネーズと小籔千豊とフットボールアワーと横澤夏子と雨上がり決死隊、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)には高橋茂雄(サバンナ)と川島明(麒麟)と斎藤司(トレンディエンジェル)、そして、『ワイドナショー』には松本人志と東野幸治……。全国放送の主なワイドショーだけでもこれだけの芸人が出演している。関西やその他のローカル番組、インターネットやラジオなども含めれば、その数倍にものぼるだろう。
 そのため、芸人に何かスキャンダルや不祥事が起きたとき、お仲間の芸人が、互いのスキャンダルをギャグにしてかばい合う構造ができあがってしまっているのだ。
 今回の宮迫の件は、その最たるものだ。宮迫生釈明の2日前、不倫の一報が報じられた水曜日の時点から、『スッキリ!!』(日テレ)などスルーするワイドショーも多かったなか、『バイキング』では、まず冒頭から坂上が「ハッキリ言っておきましょう、クロです」と言って、コメンテーター陣も、オセロの松嶋も白って言ってあげたいけど、黒(笑)」、アンガールズ田中も「先輩だけど、黒(笑)」、おぎやはぎの矢作が「漆黒だな(笑)」と口々に黒と言いながら、みんなで爆笑。一見、「黒」と言って宮迫をディスってるふうを装いながら、完全に笑いにしていた。明らかに、2日後金曜日の宮迫出演に向け、宮迫が出てきやすい笑いの下地をつくっていた。
 そして、金曜日の宮迫生釈明も、前述のとおり、いかにディスりつつ笑いにしてやるかに、MCの坂上はじめ出演者たちは注力していた。話術のないコメンテーターがただ擁護しても逆に炎上するだけだが、芸人たちはなまじ話術がたくみなだけに、ディスりつつ笑いにするという団体芸で、視聴者もだまされてしまう。
なぜ、男の不倫は許容され、女の不倫は糾弾されるのか?
 所属事務所の力の差、芸人のお仲間意識…ここまで、宮迫がほとんど追及されなかった理由について分析してきたが、しかし、宮迫とベッキー、矢口の扱いの違いにはもうひとつ大きい理由がある。それは、不倫をしたのが男性か、女性か、という違いだ。男性の不倫、しかも芸人の場合は“芸の肥やし”“ヤンチャ”などの言葉で許容されるが、女性の不倫に関してはほとんど犯罪者のような扱いで糾弾される。
 男女のどちらが既婚か未婚かも関係ない。ふつうに考えたら、既婚者である宮迫と、未婚でかつ相手が既婚者であることも知らなかったベッキーを比べたら、ベッキーより宮迫のほうが非難されそうなものだが、現実は逆だ。
 しかも女性に子どもでもいようものなら、「そもそも母親が家に帰らず何をしているのか」という批判が上乗せされる、宮迫にも子どもがいると思うが「父親が家に帰らず何をしているのか」とは決して言われない。
 女性にだけ貞操を求め、男性の不倫はネタとして笑い話にされる。しかも、男性の不倫を許容する妻が良き妻として称賛される。
 この傾向は、不倫や浮気をした女性に厳しいだけでなく、実際は不倫された妻のほうも蔑ろにされている。
 宮迫が使った“恐妻家ネタ”や“できた奥さん”のような美談も、一見妻を尊重しているように見えるかもしれないが、実のところ、女性を蔑ろにしている。宮迫がどんなに恐妻家キャラを演じたところで、メディアに自ら発言の場をもっておらず、経済的に支配下にある妻は、実際は圧倒的に弱い立場だ。本当に許容するような発言をしたのか、それが本音なのかはわからない。
 実際、昨年不倫が発覚した乙武洋匡氏の元妻は、乙武氏に対し、『ワイドナショー』で「妻も不倫はもともと知っていた」などと離婚の経緯について事実と異なることを話したとして提訴している。
 しかし、芸人たちが、不倫を許してくれる妻を称賛することで、許容しない妻をガマンが足りないと暗黙のうちに非難するのだ。乙武洋匡氏の元妻のように「自分にも責任があった」とまで言わされたり、夫の浮気が原因で離婚した小倉優子は明石家さんまから「おまえが悪い」と言われていた。
 もちろんこれはメディアの問題だけでなく、女性の性に不寛容な日本社会の空気という問題もある。べつに男性だけが女性を批判し男性を許容しているというわけではなく、女性でも男性の不倫は許容しつつ女性の不倫には厳しい人も少なくない。もともとマッチョで男尊女卑の傾向が強い芸人たちが、さらに世間の空気に乗ってお仲間の不倫は笑いにしつつ、女性の不倫は厳しく批判する。そして、話術に長けた芸人たちがスピーカーとなることで、女性により厳しい空気がさらに強化されているのだ。
 ネトウヨたちが、いまの日本は女尊男卑だなどとよく言うが、宮迫の不倫報道を見て、それでもまだそんなことが言えるのだろうか。(本田コッペ)