ブログネタ
フランス語 に参加中!
斎藤いくま

Cinquante ans après, que reste-t-il de ≪ Che ≫ Guevara ?
Livres. Plusieurs ouvrages sont publiés, réédités ou traduits pour la première fois à l’occasion du cinquantième anniversaire de la mort du guérillero.
Par Nicolas Bourcier
Comme les temps changent. En 1997, le trentième anniversaire de la mort d’Ernesto ≪ Che ≫ Guevara est prétexte à un extraordinaire revival, où le prosaïque l’emporte de loin sur l’illusion lyrique d’un âge d’or révolutionnaire déjà lointain. Une dizaine de films de toutes nationalités, presque autant de biographies non moins diverses dans le sérieux et la qualité, fleurissent aux quatre coins du globe. Le mur de Berlin était tombé, les archives de l’Est s’entrouvraient pour la première fois et les livres-enquêtes consacrés au héros mythique de la guérilla cubaine envahissaient les vitrines des librairies.
Vingt ans plus tard, force est de constater que la flamme s’est éteinte. L’effigie du ≪ Che ≫ a certes tendance à revenir fleurir les têtes des manifestations ces derniers temps, Cuba et même la Bolivie s’apprêtent à célébrer en grande pompe sa mémoire, mais le cinquantième anniversaire de son exécution, le 9 octobre 1967 dans le petit village bolivien de La Higuera par les rangers du général Barrientos, ne suscite plus autant d’égards. La somme de Jon Lee Anderson (Che Guevara, a Revolutionnary Life, Grove Press, 1997) n’a toujours pas été traduite en français, et la geste du ≪ guérillero héroïque ≫ ne semble se décliner que de façon éparse, presque imperceptible, inspirant des récits de qualité très inégale, le plus souvent circonscrits à un aspect particulier de l’homme. Comme si les rares zones d’ombre de son épopée (que se sont dit Fidel Castro, le président Osvaldo Dorticos et le ≪ Che ≫ à son retour d’Alger dans ce huis clos de quarante heures à La Havane, le 14 mars 1965 ?) étaient définitivement remisées aux temps anciens.
Le roman à clés de Jorge Ricardo Masetti
Les éditions du Rocher ont eu l’idée de rééditer l’ouvrage de Jean Cormier, Che Guevara. Compagnon de la révolution (Gallimard, 1996), avec une introduction actualisée et un chapitre supplémentaire. Reste qu’aucune des précisions suggérées par la critique de l’époque n’a été prise en compte. Le texte est à l’identique et le changement de titre en Che Guevara. Le temps des révélations sonne comme une promesse bien présomptueuse. A noter la réédition également de Sur la route avec Che Guevara, d’Alberto Granado, le compagnon de voyage du jeune étudiant en médecine, lors de sa traversée de l’Amérique latine à motocyclette en 1951 et 1952. Ce carnet de bord avait permis d’observer les premiers changements du ≪ Che ≫, sa prise d’assurance, mais aussi son éveil politique de routard idéaliste. ≪ Je ne suis plus moi ≫, écrira Guevara dans son propre journal, à son retour à Buenos Aires.
Pour retrouver la touffeur et la moiteur des combats cubains, il faut se plonger dans le témoignage de Jorge Ricardo Masetti, Avec Fidel et le Che, traduit pour la première fois en français. Le livre est un document d’époque, un roman à clés, saisi sur le vif, nerveux et foisonnant sur la révolution en cours. Journaliste argentin, le jeune Masetti avait décroché la première interview radiophonique avec Fidel et le ≪ Che ≫ dans la sierra Maestra en mars 1958. Il basculera dans le camp révolutionnaire dont il deviendra un personnage incontournable, le ≪ commandant Segundo ≫. C’est lui que le ≪ Che ≫ enverra dans leur pays d’origine pour allumer la révolution. Lui encore dont le corps ne sera jamais retrouvé, contrairement à celui du ≪ Che ≫.
Dans une version plus physique encore, Les Derniers Jours de Che Guevara, de Frédéric Faux, nous entraîne en Bolivie, dans ces ultimes maquis qui scelleront son destin. A pied, sous le soleil brulant d’une jungle hostile, l’auteur suit pas à pas les traces, ou ce qu’il en reste, d’un ≪ Che ≫ qui voulait créer une base arrière pour ses révolutions futures, avant de devenir le perdant tragique de sa propre épopée.
Au final, pas un seul paysan bolivien ne rejoindra la troupe. Même quand le ≪ Che ≫ fait office de dentiste (surnommé ≪ Sacamuelas ≫, ≪ l’arracheur de dents ≫), les villageois resteront imperméables aux bienfaits du socialisme pronés par ≪ Ramon ≫ ou ≪ Fernando ≫, ses noms de guerre. ≪ Même si certains avaient pu être intéressés, on ne pouvait pas se décider comme ça en quelques heures, témoigne Reynaldo Changaraï. On ne pouvait pas non plus les rejoindre plus tard. Pour aller où ? Ils n’avaient même pas de campement. ≫
Marcela Iacub rate sa cible
Deux ouvrages encore, aux antipodes cette fois. Celui de Jean Ortiz assume son engagement et son coté thuriféraire de la cause guevariste. Celui de Marcela Iacub veut la tuer dans l’œuf. L’écrivaine et juriste s’essaie aux ressorts psychologiques de celui qu’elle considère comme un Saint-Just tropical qui vivait ≪ en marge des vivants ≫. Une sorte de génie du narcissisme à l’esprit détraqué, selon elle, dont la finalité, à l’instar des kamikazes islamistes d’aujourd’hui, a passé sa courte vie à chercher de bonnes raisons pour la sacrifier.
On sait combien le commerce constant de l’asthme avec l’asphyxie a donné à Guevara une espèce de complicité avec ≪ la grande faucheuse ≫, une certaine légèreté de l’être, comme une désinvolture pour se lancer dans les aventures les plus périlleuses. Mais il faut creuser plus avant, chercher l’explication dans l’exigence éthique du personnage, radicale, intransigeante. Le ≪ Che ≫ était totalitaire, mais pas terroriste. Son expédition bolivienne n’était pas une mission suicide, comme l’a rappelé encore récemment Jon Lee Anderson – que Marcela Iacub cite à plusieurs reprises. Le ≪ Che ≫ est avant tout l’homme d’une époque. C’est ce qu’oublie l’auteure. A force de ne pas contextualiser son sujet et d’accumuler les erreurs factuelles, son ≪ Che ≫ finit hors sol, loin de sa cible. Les énigmes, s’il en reste, sont à chercher ailleurs.
フランス語
フランス語の勉強?
歴史秘話ヒストリア「世界が驚いた3つのグレートウエーブ 葛飾北斎」
今年、ロンドン大英博物館の特別展でも大人気!江戸の浮世絵師・葛飾北斎。北斎といえば「神奈川沖浪裏」、“グレートウエーブ”として「モナリザ」にならぶ世界的名画にもあげられるこの絵は、なぜ描かれたのか?制作の陰にあった40年の悪戦苦闘ー四苦八苦の修行時代、西洋との出会い、ライバルの活躍。北斎の「波」は初め小さくも、ついには富士山をも飲み込む大波へ。知られざる作品も紹介、3つの大いなる「波」誕生秘話。 井上あさひ
歴史秘話ヒストリア「おんなは赤で輝く 北斎の娘・お栄と名画のミステリー」
世界の巨匠、葛飾北斎。その北斎に「影武者」がいた!?「影武者」とは、葛飾応為(かつしか・おうい)、すなわち娘のお栄(おえい)。ふたりはまさに“光と影”。浮世絵に隠されたお栄の痕跡を4K映像と最新の科学調査で徹底検証!さらに、お栄が晩年の北斎とともに滞在した信州・小布施を井上あさひアナが探訪。北斎最後の大作と、そこに込められたお栄の創作への情熱に触れる。謎の天才絵師・お栄と父・北斎の絆の物語。 井上あさひ
東北の心が紡ぐ「花は咲く」from NHK杯フィギュア・スペシャルエキシビション
2016年1月9日に岩手県・盛岡市アイスアリーナで行われた復興支援のNHK杯フィギュア・スペシャルエキシビション。世界のトップスケーターたちが集ったこのイベントで、東北ゆかりの荒川静香、本田武史、鈴木明子、羽生結弦の4人がスペシャルプログラムとして「花は咲く」を披露。その舞台裏も含め感動の演技を紹介。4人が氷上にささげた復興への祈りを届ける。 荒川静香,羽生結弦,本田武史,鈴木明子, 片山千恵子
なるみ・岡村の過ぎるTV【ビートたけし登場!!大阪人の悩みをたけしがズバリ解決】
“ビッグ過ぎるゲスト”ビートたけしが2年ぶり2度目の登場!!恋愛・仕事・お金・親子など…大阪の芸人や大阪人の悩みをビートたけしが(秘)体験談を交えながら過激に解決! なるみ 岡村隆史(ナインティナイン) すっちー 横山太一(ABCアナウンサー) 斎藤真美(ABCアナウンサー) ビートたけし
『大阪人がビートたけしに聞いて欲し過ぎる悩みスペシャル』 ダメ男に悩む30歳女性や親の借金を背負った若手芸人、威厳のなさに悩む会社員男性など、大阪人や大阪芸人の悩みにビートたけしが過激トークでアドバイス!たけし自身の恋愛エピソードや母親との感動秘話も! 番組HP  https://www.asahi.co.jp/sugirutv 公式twitter @sugirutv #過ぎるTV をつけてつぶやこう!


なんだか疲れている感じです.仕事ないので部屋で本を読んだりのんびりしました.
でも患部が圧迫感でなんとなく違和感があります.それに散乱??してしまいます.うーん・・・

震災犠牲者にささげる 鎮魂の祈り込め版画1000枚製作
 東日本大震災の犠牲者を悼む気持ちを表そうと、名取市の美術家跡部邦明さん(78)が鎮魂の版画1000枚を完成させた。甚大な被害を受けた同市や石巻市で教諭を務めた経験から、犠牲となった関係者に思いをはせ、5年以上かけて仕上げた。今後開く個展で一部を展示するつもりだ。
 版画のタイトルは「レクイエム −鎮魂の木版画−」。最大で縦約30センチ、横約45センチの版木を76個彫り、1個につき30枚、黒一色で和紙に刷った。その後に筆を使って色付けし、厚手の紙に切り貼りして1枚の版画にした。
 版木にはそれぞれ丸や四角、波形など、震災から浮かび上がる心象を彫り、彩色や貼り方も変えた。1000枚のうち、一つとして同じ作品はない。
 創作を決意したのは2011年3月11日。停電などで情報が遮断される中、津波で大勢の犠牲者が出たことを車のラジオで聞いた。「作品を通して鎮魂の祈りをささげるしかない」と、1000枚の版画制作を誓ったという。
 構想を経て3日後に版木を彫り始めた。年齢もあって目が疲れ、体にこたえる「修行のような制作」だったが、教員時代の教え子や同僚の訃報に接したこともあって創作に没頭。16年7月に1000枚の制作を達成した。その後は制作過程や震災への思いを執筆するなどしてきた。
 跡部さんは「惨事を経験した一人として、震災を後世に伝える責務があるとも考えた」と話す。書きためた原稿は年末以降に出版する。作品の一部は18年4月から仙台市青葉区の晩翠画廊で開く個展で公開することにしている。


“天国に届け光の絵” 竹駒神社で「灯りのみち」始まる
 東日本大震災で被災した岩沼市を元気づけようと、同市の児童が描いた絵をあしらったあんどんをともすプロジェクト「灯(あかり)のみち」が8日、竹駒神社の参道で始まった。9日まで。
 市内4小学校の高学年児童が描いた約220枚の絵を使い、約60個のあんどんを製作。参道の両端に並べて点灯すると、風船や虹などさまざまな絵やメッセージが浮かび上がった。
 岩沼小6年岩佐菜々子さん(12)は絆という文字を中心に、アニメ「となりのトトロ」のキャラクターを描いた。「震災で犠牲になった方が絵を見て、天国で笑顔になってくれたらうれしい」と話した。
 プロジェクトは2013年に始まり、今回で5回目。復興支援に取り組む日本サインデザイン協会(東京)が手掛けた。
 あんどんの設置は午後1〜9時で、午後5時半ごろに点灯する。


<台風10号豪雨>待ってた!岩泉ヨーグルト 1年1ヵ月ぶり販売
 昨年8月の台風10号豪雨で被災した岩手県岩泉町の第三セクター岩泉乳業は8日、人気商品「岩泉ヨーグルト」の販売を約1年1カ月ぶりに再開した。道の駅「いわいずみ」では、待ちわびていた買い物客がまとめ買いした。
 午前8時半の開店直後に訪れた岩泉町小本(おもと)の工藤正さん(67)は「粘りがあって口当たりの良い味が好き。他のヨーグルトに浮気せず待っていた」と話した。
 道の駅いわいずみの茂木和人店長は「人気商品が復活してうれしい。ヨーグルトの生産に関わる酪農家らと岩泉の復興をPRしたい」と語った。
 岩泉乳業は台風豪雨による小本川の氾濫で工場が浸水。操業を停止していたが、9月29日に新第2工場が本格稼働した。11月には全国各地の取扱店でも販売を再開。本社工場が再稼働する12月には「岩泉牛乳」の販売も再開する。


ネパール大地震記録映画「世界で…」復興の姿東北の力に 被災3県で上映
 約9000人が犠牲になった2015年のネパール大地震を題材に、被災した村の復興を描くドキュメンタリー映画「世界でいちばん美しい村」の上映会「東北キャラバン」が12〜19日、東日本大震災の被災3県の9市町で開かれる。
 映画は、写真家石川梵さんが監督。女優の倍賞千恵子さんがナレーターを務める。108分。
 舞台はヒマラヤ奥地のラプラック村。標高2200メートルにある村は大地震で家屋が倒壊し、孤立する。壊滅状態から復興に向けて歩む過程を14歳の少年の家族などの姿を通じて追い掛けた。美しくも厳しい自然を生きる村人の絆を描く。
 石川さんは地震直後、取材のため村に入り、復興支援として村の実情を内外に伝える映画を製作。今年3月に公開され、全国36の映画館で上映された。
 石川さんは東北の被災地で多くの人に見てほしいと「東北キャラバン」を企画。「ネパールは東北の被災地を支援し、復興を祈ってくれた国。同国の人々の生き方が、東北復興の力につながればうれしい」と話す。
 上映会の後、石川さんのトークと映画のエンディング曲を歌う花巻市出身の音楽ユニット「*はなおと*」のライブがある。
 入場無料。映画上映の日時と場所は次の通り。
 ▽12日午後2時と6時、福島県矢吹町中央公民館▽14日午前10時半、石巻市のIRORI石巻▽同午後5時半、気仙沼市のみゆき国際コミュニティスタジオ・グッパル▽15日午後4時、陸前高田市の広田地区コミュニティセンター▽16日午後4時半、大船渡市の大船渡高・夕星ホール▽同午後6時半、大船渡市営川原アパート▽17日午前10時半、岩手県大槌町の大槌たすけあいセンター▽18日午後5時半、岩手県岩泉町のてどの蔵▽19日午後6時、岩手県葛巻町公民館


<衆院選青森>市民団体が「市民連合あおもり」結成 護憲勢力結集へ
 民進党と希望の党との合流により野党共闘が頓挫した青森県で護憲勢力を結集させようと、県内各地の市民団体のメンバーが8日、「市民連合あおもり」を結成した。衆院選では共産、立憲民主、社民の3党を支援する。
 市民連合には現時点で、「青森県九条の会」メンバーや反核燃運動に関わる弁護士ら約30人が個人で参加。立憲主義を掲げる野党と市民との共闘を目指し、(1)憲法9条を含む憲法改正の反対(2)安保関連法などの白紙撤回(3)原発ゼロの実現−など7項目の政策を掲げる。ホームページでの声明発表、独自のビラ配布などで市民に情報を提供する。
 市民連合は同日、青森市で記者会見し、投票先は参加する各自の判断に任せることを説明した。参加者の一人、「津軽9条の会」共同代表の神田健策弘前大名誉教授(68)は「安保関連法を容認する希望の党は支援できない」と断言した。
 実施予定だった旧青森4区補選に向け、県内では津軽9条の会が8月中旬ごろから民進、共産、社民の3党との協議の場を設けてきた。同会が安保関連法廃止などを盛り込んだ政策を示し、大筋での合意に至っていたところ、唐突に衆院解散が決まった。
 前後して県内各地の9条の会は連名で、衆院選で県全域での野党共闘を成立させるよう各党に申し入れた。活動を本格化させようとした矢先、県内の民進党の候補予定者が希望の党から立候補することが決定。共闘は白紙に戻ったが、全国各地で護憲勢力による共闘の動きが活発化するのを受け、県内でも「市民連合をつくるべきだ」との声が高まり、結成に至った。
 神田氏は「判断に迷っている県民にアピールしていく」と強調。「いずれは仙台市長選のように、候補者の擁立を要請することも考えている」と述べた。


衆院選に問う 森友・加計問題/情報開示と説明責任どこへ
 国民の疑念が一向に晴れない。「森友学園」の国有地売却問題と「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題である。臨時国会の冒頭での衆院解散は、一方的な「議論封じ」に映った。安倍晋三首相の政治姿勢が改めて問われることになる。
 今月中には国有地売却の会計検査院報告と獣医学部開設の認可判断が出る見通しだ。野党に追及される前に解散し「みそぎ」を済まそうとでもしたのならば、国会軽視と言われても仕方があるまい。
 共同通信社の9月下旬の世論調査では、約8割が政府の説明に「納得できない」と答えた。首相に近い民間人のために政治家や官僚が立ち回り、両学園に便益がもたらされた−。そんな構図を国民は疑っているのではないか。
 安倍首相は解散発表の会見で、「野党の批判を受け止めながら、国民に説明する」と謙虚に語ったが、一向にその気配が見えてこない。
 新たな事実も明らかになっている。8億円の値引きがされた問題では、森友学園前理事長の籠池泰典被告=詐欺罪などで起訴=と、財務省側が価格協議を行っていた音声データが見つかった。
 「ゼロ円に」「1億3千万円以下は無理」などのやりとりの録音があり、「事前の価格交渉はない」としていた財務省の国会答弁と食い違う。
 森友学園側は、この協議以前から新設を目指す小学校の名誉園長だった安倍首相夫人の昭恵氏の名前に触れ、強気の交渉をしていたとされる。
 国家戦略特区制度による学部新設の門戸が加計学園だけに開けられた問題。その究明もストップしたままだ。
 安倍首相は7月の閉会中審査で「学園の計画を初めて知ったのは今年1月」と明かした。加計学園の加計孝太郎理事長は昨年、この問題で関係3閣僚と相次ぎ面談している。長年の友人の首相が計画を知らないのは不可解だ。
 「私から指示や依頼を受けた人は1人もいないんです」と安倍首相は自身の潔白を繰り返すが、事の本質は公正・公平なはずの行政がゆがめられたのかどうかにある。
 最高権力者の周辺で特定の人が優遇されることがあったとしたら、国に対する信頼は根底から崩れる。国民の不信感がそこに向けられていることを認識すべきである。
 特区の事業認定に当たって透明性を高める対策案の検討を首相が指示したという。存否確認のずさんさが問題になった公文書管理の見直し作業も行われている。
 必要な対応だが、公表されていない文書や語られていない事実がまだあるはずだ。加計理事長や昭恵氏の国会招致を行わないまま、解明の議論を止めるわけにはいくまい。
 政治に求められるのは情報開示と説明責任の真摯(しんし)な姿勢だ。そして議論の場を確保する努力を怠らないこと。10日に公示される衆院選ではその当たり前のことが問われる。


週のはじめに考える 政治に良識取り戻すため
 衆院選があす公示されます。従来にも増して混沌(こんとん)とした中での選挙ですが、政治に「良識」を取り戻すため、論戦に耳を傾け、主張を吟味しなければ。
 振り返れば、一カ月前の九月上旬、今のような政治状況を、誰が想定できたでしょう。
 東京都知事の小池百合子代表率いる「希望の党」が慌ただしく結成され、前原誠司新代表を選んだばかりの民進党は分裂し、多くは希望の党に合流。それ以外は枝野幸男元官房長官率いる「立憲民主党」と無所属に分かれました。本格的な野党再編の始まりです。
◆慎むべき解散権乱用
 引き金を引いたのは、安倍晋三首相による衆院解散でした。解散理由に、消費税増税分の使途変更の是非を国民に問うとともに、北朝鮮対応に向けた政権基盤の強化を挙げました。自ら「国難突破解散」と名付けます。
 とはいえ、野党側の憲法五三条に基づく臨時国会召集要求を三カ月以上放置し、召集した途端、審議を全く行わない冒頭解散です。憲法の趣旨に反し、とても良識ある判断とは言えません。
 衆院は「常在戦場」とはいえ唐突感が拭えません。国難と言うなら首相がすべきは解散でなく、国会審議ではなかったか。
 野党側の選挙準備不足を突いた「抜き打ち解散」であり、学校法人「森友」「加計」両学園の問題をめぐる追及を避けるためと指摘されても仕方ありません。
 衆院解散は、国民の代表たる議員を行政が失職させる行為です。憲法に定めがある内閣不信任の場合以外では、政府提出の予算案や重要法案が否決されたり、国論を二分する問題が生じた場合に限るべきではないか。良識ある政治に戻すには、解散権の乱用は厳に慎むべきです。選挙戦を通じて、議論を深めたらどうでしょうか。
◆原発依存はいつまで
 衆院選は国政のかじ取りを託す政権選択選挙です。政権側は首相の解散判断に加え、安全保障関連法の成立強行など強引な国会・政権運営を続け、九条など憲法改正に踏み込もうとする「安倍政治」そのものの是非が問われます。
 選挙戦の構図は、政策に若干の違いがあるものの、おおむね「自民党・公明党」「希望の党・日本維新の会」「立憲民主党・共産党・社民党」の三極に分かれます。
 私たち有権者は、各党の公約集を読み比べたり、政党・候補者の訴えに耳を傾けて、大切な票を投じなければいけません。少し面倒でも未来への私たちの責任です。
 例えば、消費税です。自公両党は二〇一九年十月に予定されている10%への引き上げを前提に使途変更や軽減税率の実施を訴える一方、野党側は増税凍結や中止を求めます。増税は景気を冷やし、前提の行政改革や歳出削減も進んでいない、などの理由からです。
 消費税は低所得者の実質的な税負担が重くなる逆進性も指摘されます。増税が妥当なのか。税の在り方は議会制民主主義の成り立ちの根幹に関わります。決めるのは有権者の責任であり、権利です。
 原発については、重要な基幹電源と位置付ける自民党以外の各党は、原発ゼロや既存原発を徐々になくす脱原発を公約しています。
 一度事故が起これば、人々から故郷を奪い、その処理に多大な国民負担を強いる原発に依存し続けることが正しいのか。自民党政権が続く限り、原発がなくならない現実を直視して、投票行動を決める必要があります。
 気掛かりなのは、希望の党が首相指名候補を明示していないことです。小池氏は首相指名の前提となる衆院選への自らの立候補を否定し、「選挙の結果を踏まえて考えたい」と述べています。安倍氏以外の自民党議員の首相擁立を想定しているのかもしれません。
 しかし、政権選択選挙と位置付け、安倍政権打倒を目指す以上、首相指名候補を掲げて有権者に審判を仰ぐのが常道ではないか。結成間もないとはいえ、政党としての責任を放棄してはならない。
◆「安倍政治」への審判
 突然の解散による政治の混乱は首相に責任があるとはいえ、五年近くの「安倍政治」に有権者が審判を下す機会でもあります。
 「国難」と喧伝(けんでん)する政権側の思惑や、眼前の慌ただしい展開に惑わされることなく、各党・候補者の公約や政治姿勢を見極めたい。
 各党の政策集は多岐にわたります。どの政党・候補者に投票するか、悩ましいところですが、すべての政策に同意する必要はありません。重視する政策を「じぶん争点」に設定し、自分の考え方に近い投票先に決めればいいのです。
 あすから投票日までの間は、未来を決める準備期間と考えれば、混沌の中にも光が見えます。有権者一人一人の深慮の積み重ねが、政治に良識を取り戻す大きな力になると信じています。


日本の岐路 首相の討論会発言 これが丁寧な説明なのか
 選挙構図が二転三転する中、各党の立場や争点がようやく見えてきたのは確かだろう。衆院選の公示(10日)を前に日本記者クラブが主催する党首討論会がきのう開かれた。
 しかし唐突に衆院解散に踏み切った安倍晋三首相の説明は相変わらず説得力を欠いた。
 臨時国会での質疑を封じて解散を表明した際、首相は国会など必要ないといわんばかりに「選挙は民主主義における最大の論戦の場だ」と言い切り、加計学園や森友学園問題の「疑惑隠し」ではないと力説した。
 それでは討論会での説明が国会に代わるものだったろうか。
 加計問題に関して首相は「私が影響力を行使したわけではない」と、これまでの国会答弁を繰り返した。加えて、首相寄りの関係者の証言がもっと報じられていれば国民の理解は進んだ−−とマスコミに責任を転嫁するような反論も展開した。
 また森友問題では、首相の妻・昭恵氏の国会招致について「私が代わって十分に説明している」と引き続き拒否する考えを示した。
 「丁寧に説明する努力を積み重ねたい」という首相の約束はどこへ行ってしまったのか。これでは国民の不信感が消えるはずがない。こうした首相の姿勢も含め、引き続き衆院選の焦点となるだろう。
 首相は北朝鮮問題を挙げて「国難突破解散」だと言う。討論会では今後、北朝鮮情勢はさらに緊迫するとの見方を示した。今のうちに衆院選を行い、国民の信を得て乗り切りたいとの考えかもしれない。
 だが、そうした情勢分析をしているのなら、まず国会できちんと説明するのが筋だ。説明もなく「国難」と不安をあおって選挙に臨むというのは、やはり順番が逆だ。
 一方、希望の党の小池百合子代表は、選挙後の首相指名で党として誰に投票するか、「選挙の結果も見ながら進めていく」と重ねて語った。
 小池氏は選挙後、仮に安倍首相が退陣する事態となったら、自民党、もしくは自民党の一部と連携する可能性も否定していないようだ。
 ただし、こうしたあいまいな姿勢は有権者には分かりにくい。小池氏自身が出馬せず、しかも政権選択選挙だと言う以上、首相候補は衆院選投票前に決めておくべきである。


衆院選あす公示/国の大きな分岐点に立って
 衆院選があす公示される。
 総選挙は常にこの国のあしたを占う大切な機会だ。だが今回の選挙結果は、いつも以上に日本の分岐点となる重大な意味を持つのではないだろうか。
 景気回復、原発、社会保障、緊張高まる国際情勢…。課題は多い。さらに70年間、平和の基礎として存在していた憲法について、改正の是非が争点とされる。それだけに、未来を誰に託すのかが重要となる。
 政党と候補者はそれぞれの主張を丁寧に訴え、政策が実現すればどんな社会が訪れるのかを語らねばならない。論戦を通じて国の将来像を競い合うことが求められている。
 有権者はその主張をよく聞き分け、政策を比べる必要がある。選挙戦はわずか12日間。よりよい選択のために本質を見極める時間としたい。
      ◇
 安倍晋三首相にとっては、政権を奪回した時から数えて5回目の国政選挙である。過去4回の衆参両院選挙はいずれも圧勝だった。今回も解散を表明した時点では、野党の準備不足や政権の支持率回復などから、「今なら勝てる」と胸算用していたとされる。
 ところが、少しばかり様子が違ったようだ。東京都議選で旋風(せんぷう)を起こした小池百合子東京都知事が再び、政権批判の「受け皿」をつくったためだ。希望の党である。
 首相の“奇襲”によって追い詰められた野党第1党の民進党は、希望の党に事実上吸収される道を選んだ。小選挙区で与野党が「1対1」で争う構図が現れかけたが、小池氏が「排除の論理」でリベラル派を選別し、立憲民主党が誕生した。
 その後の曲折を経て、「自民・公明」対「希望・維新」対「立憲民主・共産・社民」の三つどもえで選挙戦に突入することになった。
問われる「安倍政治」
 少し安倍政権の5年間を振り返ってみたい。
 景気回復を訴え、「アベノミクス」をかざして選挙を勝ち抜いてきた。だが、実際に手をつけたのは、特定秘密保護法、安全保障関連法、「共謀罪」法だった。高まる反対や不安の声に耳を貸さず、圧倒的な議席で押し切ってきた。
 国民の多くが納得していない「森友・加計(かけ)」学園問題では、「丁寧に説明する」と言いながら、解散でその機会を閉じた。
 衆院選では、こうした「安倍政治」の姿勢と手法の是非が問われることになる。
 この解散を首相は「国難突破解散」だと説明した。「国難」とは北朝鮮問題と少子高齢化だと主張する。
 確かに核開発とミサイル発射を繰り返す北朝鮮情勢は、緊張の度を増している。だが、少子高齢化の進行も含め、政権を担ってきた5年間に「国難」へと拡大したのではないのか。
 自民は首相が悲願とする憲法改正を公約の重点項目とし、正面に押し立てた。野党の希望と維新も改憲の姿勢を明確に示している。
 与党の公明は9条の改正に距離を置く。立憲民主や共産、社民は改憲に慎重または反対の立場だ。ただ改憲を掲げる候補者が多数派という、これまでにはない選挙だということを、念頭に置く必要がある。
 消費税も大きな争点だ。10%へ上げる増税分の使い道を変えたいので、首相は「国民に信を問う」としている。
 国の借金返済から幼児教育の無償化などへの変更を歓迎する人は少なくないだろう。一方で、国と地方を合わせて1千兆円もの債務を抱える財政の立て直しも待ったなしである。
 野党は2019年10月に予定されている消費税増税の「凍結」や「中止」を求めている。これもツケを先送りするわけで、子や孫の世代に負担を押しつけることにならないのか。
 各党は耳に聞こえのよい政策のサービス合戦に陥らないよう、政策を練り上げるべきだ。
劇場型に流されず
 「日本をリセットする」「しがらみ政治からの脱却」…。小池氏の口から出る言葉は小気味よい響きを伴う。希望の結党宣言を首相の解散表明と同じ日にぶつけるなど、メディアを意識した戦術は「小池劇場」とも称される。
 小泉純一郎元首相が断行した郵政選挙を思い起こす。郵政民営化に反対する候補者には「刺客」を送り込み、「小泉劇場」と呼ばれた。その「刺客」第1号が、小池氏であった。
 師である小泉氏の教えを意識してか、小池氏は今回、入党希望者を「排除」し、一部には「刺客」を立てる。
 郵政選挙の熱気はやがて冷め、日本はいまだ景気回復を果たせていない。
 小池氏は「リセット」し、「脱却」した後の国をどうしようというのか。政権を目指すというのなら、その姿を明確に語らねばならない。
 聞きたいことは多い。劇場型に流されることなく、しっかりと吟味したい。


衆院選あす公示 看板より中身を問いたい
 第48回衆院選が、あす公示される。解散後、構図が揺れ動き続けた中で迎える、異例の選挙戦だ。
 野党第1党だった民進党が分裂し、2大政党を軸とする図式は崩れた。かといって直前に旗揚げした新党は、理念や政策がなお定まっていない。
 結果次第で、国政の枠組みは大きく変わり得る。それは憲法や安全保障といった、国の基盤にも関わってくる。
 きのうの党首討論では各党が、「この国を守り抜く」「国民ファースト」「まっとうな政治」などの看板を掲げた。
 だが各党の公約には、財源の裏付けや実現時期が不明確な主張も目立つ。選挙戦を通じて具体化の道筋を誠実に説明してほしい。
 私たち有権者にも、時代の節目の選挙になるという認識が必要ではないか。各党各候補の政策と政治姿勢に、いつにも増して目を凝らしたい。
立場見えぬ第3の極
 今回の選挙の構図は「3極」と言われる。
 だがよく見れば「2・5極」、あるいは「2極プラスX」に近づいているとも言えまいか。
 ひとつの極は、自民、公明両党の与党勢力である。
 改憲を巡る温度差を抱えながらも、ともに安倍晋三政権を引き続き支える基本姿勢で一致する。
 その与党と対峙(たいじ)しているのが、立憲民主、共産、社民の野党3党によるもうひとつの極だろう。
 自民党を中心とする現体制の転換を目指して選挙協力の構築を急いでいる。
 気になるのが、希望の党を軸とする勢力だ。希望の小池百合子代表は、「安倍1強の政治を正す」と述べている。
 だが選挙後、首相に誰を指名するのか、いまだに明らかにしていない。選挙結果次第では、日本維新の会や日本のこころとともに自民党との連携を探るのではないか。そんな見方が消えない。
 選挙後の立ち位置が曖昧では「政権交代」の看板も色あせよう。
 選挙協力を進める立憲民主、共産、社民の各党も基本政策で開きがある。政権選択の選挙に臨む以上、政権構想の明示を求めたい。
改憲の議論は生煮え
 首相は解散にあたり、改憲を争点と位置づけなかった。
 一方で自民党は改憲を公約の柱に据えた。結果次第で発議に動く可能性がある以上、有権者も選挙後を見越した判断を求められる。
 首相は一連の討論で、現行の9条の条文を維持した上で自衛隊を追記する持論に触れる一方、「憲法審査会の中で議論が進んでいくことを期待したい」と述べた。
 首相案には自民党内にも、従来の自民党草案と矛盾するとの批判がある。公明党の山口那津男代表は、自民党内の議論が成熟していないとして、発議について「そういう段階ではない」と述べた。
 首相が言葉を濁すのも、議論が生煮えの現状を首相自身が自覚している表れだろう。これでは党の公約に掲げたからといって、信を問うたとみなすことはできない。重ねて指摘しておきたい。
 消費税を巡っては、10%への引き上げを前提に教育無償化への使途変更を主張する自公両党と、増税の凍結を打ち出した希望、立憲民主党などで立場が分かれた。
 だがいずれも、併せて求められる財政再建との両立の具体策は示せていない。財政の将来像をどう描くのか、説明が聞きたい。
 原発政策でも、再稼働一辺倒の姿勢や「原発ゼロ」の看板だけでなく、再生可能エネルギーへの転換の工程など、エネルギー政策の全体像の提示が求められる。
民意反映に生かそう
 忘れてはならないのは今回の選挙戦が、野党が憲法に基づいて求めた臨時国会を、首相がいわばすっ飛ばす形で始まった事実だ。
 一切の審議に応じなかった理由はやはり、学校法人「加計(かけ)学園」「森友学園」を巡る問題や、陸上自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)にふたをすることにあったと言わざるを得ない。
 為政者の権力を背景に、行政の公平が恣意(しい)的にゆがめられたとすれば、民主政治の根幹が揺らぐ。
 しかし首相の釈明はきのうも「私が影響力を与えたことは証明されていない」と通り一遍だった。
 日報隠蔽は、実力組織の海外派遣という重い判断の是非に関わる情報が国民から遮断され、それを閣僚が見過ごした疑いがある。
 本来ならいま国会で、そういった問題が議論されていなければならないところだ。その国会を軽視し、内閣に召集を義務づけた憲法の規定をないがしろにした首相の判断に、理があるとは言えない。
 だが選挙戦に入る以上、大切なのは民意を国政にしっかり反映させることだ。「政治の世界の離合集散」という冷めた見方ではなく選挙に正面から向き合いたい。


衆院選あす公示  未来に目を向け選択しよう
 「この解散は、国難突破解散であります」。安倍晋三首相が臨時国会冒頭の解散に出て、半月もたたないのがうそのようだ。
 それほどに、政界の動きはめまぐるしかった。
 野党への不意打ちを狙ったであろう首相の戦略が期せずして、党勢の低迷する民進党を希望の党との合流に走らせた。かつて政権を担った野党第1党が、政策のすり合わせもなく新党に吸収されるさまに、有権者はあっけにとられたに違いない。
 選挙の構図は一変した。民進の非合流組による新党立ち上げもあり、「自民・公明」「希望・維新」「共産・立憲民主・社民」の3極対決となった。
 一連の動きを、政治のダイナミズムと見ることも、票欲しさのドタバタ劇と見ることもできよう。政治不信が深まったかもしれない。そもそも、解散権の在り方自体が問われる、「大義なき」選挙である。
 とはいえ、政権をかけた舌戦はあす始まる。じっくり耳を傾けて決断を下したい。
 真摯に響く言葉こそ
 世界に例のない高齢化・人口減少の進行を、首相は北朝鮮問題とともに「国難」と呼んだ。だが対応が後手に回り続けた第一の責任は、政治にあるのではないか。
 年金や医療、介護の給付が膨らむ一方、これらの支え手は少子化で減っている。足りない分を借金で補うのも限界に近い。国と地方の借金は1千兆円を超えている。
 制度を維持していくには、給付を見直し、支え手を広げる必要がある。年齢や性別、障害のあるなしにかかわらず能力を生かせる環境づくり、それを後押しする経済・教育政策、負担を分かち合う税制、歳出改革−。課題は目の前に積み上がっている。
 ところが、今回も聞こえてくるのは、易(やす)きに流れるかのような声ばかりだ。消費増税一つをとっても、借金の穴埋めに充てるはずの増収分の使い道変更、増税自体の凍結といった公約が並ぶ。一方で代わりの財源案や財政再建策はというと、効果、実現性などの点で疑問符をつけざるを得ない。
 急な解散の流れで与野党ともに党内の議論が不十分、あるいはほとんどないまま掲げた公約項目も少なくない。論戦が低調にならないか心配だ。原発・エネルギー、貿易、金融政策など、複雑で重要なテーマが果たしてどこまで踏み込んで語られるだろうか。
 給付を増やす、負担を減らすといった言葉の軽さを、有権者は見透かしている。より真摯(しんし)に響く言葉が、私たちの投票の判断材料になるだろう。
 憲法、「1強」を問う
 今回、どうしても目を離せないテーマが憲法改正だ。
 2014年衆院選、16年参院選の結果、改憲に前向きな勢力が両院で3分の2以上を確保した。ただ、改憲が選挙の争点として明確でなかったこともあり、国会の議論はあまり進んでこなかった。
 今度の投票結果によっては、それが一気に加速することも考えられる。安倍政権下の改憲に反対してきた民進の分裂、希望との合流を受けて、勢力図が大きく塗り変わりかねないためだ。
 改憲勢力が「自衛隊明記」や「9条改正を含む改憲論議」を公約に明示している点でも、前回選挙とは様相が異なる。
 昨年の安全保障関連法施行で集団的自衛権の行使が可能になり、日米同盟は一層、深化している。そうした中での9条改正は、戦後日本の平和主義の根幹、国のかたちに関わる、極めて重要な争点といえる。
 安保関連法は今も評価が分かれる。私たちは、政権が再び異論や懸念を置き去りにして、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法を成立させるのを見てきた。森友・加計学園をめぐる問題でも、政権の不誠実な対応が目立った。これらに象徴される「1強のおごり」も、あらためて有権者の審判を受けることになろう。
 「危機」の先を見て
 今夏、北朝鮮は日本上空を通過する弾道ミサイルを2度発射し、核実験を強行した。米領グアム沖への発射もちらつかせ、緊張はかつてなく高まっている。
 核・ミサイル問題の解決は、日米韓3カ国の連携を軸とする外交努力によるのが基本だ。この点で各党に政策の違いを出す余地は少ない。むしろ、「危機」に対して従来の安保政策をどう変えようというのか、その政策は北東アジア全体の安定に資するのかが問われよう。
 世界経済の復調に伴い、戦後2番目の長さになったとされる国内の景気拡大も、地方では実感が乏しい。どの党も地方の力を生かすというものの、決め手を欠く。
 「投票したくても自分たちの思いの受け皿がない。政治には期待できない」。そんな声もある。
 大都市への人・モノ・投資の集中は容易に止まりそうにない。ただ、草の根の声を票にしなければこの先はもっと変わるまい。
 政治に、というよりも、未来に目を向けるのだと捉えて、この選挙に向き合いたい。主役は、私たち有権者なのだから。


衆院選あす公示 選択眼に磨きをかけたい
 ■2017衆院選■
 衆院選があす公示される。
 日替わりメニューのように与野党入り乱れての慌ただしい動きが続く。政界の流動化と再編が同時進行する中で迎える異例の政権選択選挙といえるだろう。
 だからこそ、有権者として「印象操作」に踊らされることなく、政党や候補者が何を訴え、何に口を閉ざすのか見極めたい。
 安倍晋三首相が突然、衆院解散を表明したのは先月25日だった。まだ2週間しかたっていない。
 この間、想定外が次々に起きた。小池百合子東京都知事が国政新党「希望の党」を結党したかと思えば、民進党の前原誠司代表がその希望への合流を表明。枝野幸男元官房長官らはリベラル新党「立憲民主党」の結成へ動いた‐。「一寸先は闇」という政界の格言を地で行く展開である。
 私たち有権者にも反省すべき点がある。ムードで「チルドレン」と呼ばれる政治家を生まなかったか。政策以前の不祥事や暴言・失言が横行するような政治には今度こそ決別したい。
 首相と与党が「1強政治」に安住し、野党第1党の民進党が低迷を脱しきれない間に、国政の課題は一段と深刻化した。北朝鮮情勢をはじめ、少子高齢化と社会保障、経済再生と財政再建、原発再稼働の是非とエネルギー政策など文字通り「待ったなし」である。
 首相が悲願とする憲法改正は争点になるか。獣医学部新設の加計(かけ)学園問題など政権に絡む疑惑も解明できないままだ。
 「1強」下で停滞していた政界は▽自民、公明の与党▽候補者をすみ分ける希望の党と日本維新の会▽野党連携を再構築する立憲民主党と共産、社民両党‐の三つの極に分かれた。再編の終着点はなお見通せない。行き場を決められない無所属の候補予定者も多い。
 政界が新たな秩序を求めて流動化しているとすれば、私たち有権者は選択眼に一層磨きをかける必要がある。そんな緊張感をもって論戦に耳を澄ましていきたい。


[衆院選 9条改憲]沖縄は視野にあるのか
 憲法改正を巡る議論が大きな転換点を迎えている。民進党の分裂と希望の党の誕生によって、改憲を巡る政治地図は大幅に塗り替えられた。
 自民党は選挙公約の重点項目に今回初めて、9条への自衛隊明記を含む憲法改正を掲げた。
 希望の党は9条を含めた改正論議を進める、との公約をまとめた。日本維新の会は9条を含む改憲に積極的だ。
 安倍晋三首相は選挙後の希望、維新との連携を期待する。仮に自民党が現有議席を減らしたとしても、野党を含む改憲勢力で3分の2を超える議席を確保すれば、改憲の展望が開ける、との読みだ。
 だが、事はそれほど単純ではない。連立政権を支える公明党は「国民は自衛隊を憲法違反とは考えていない」として9条改憲に慎重な姿勢を崩していない。
 民進党は合流前、安保法制に反対し、安保法制を前提とした安倍政権の下での改憲には反対する、との方針を掲げていた。方針転換に対する有権者の風当たりは強い。
 自民党も決して一枚岩ではない。安倍氏は憲法記念日の5月3日、党内論議も経ず、国会の憲法審査会の頭越しに、9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する改憲案を打ち出した。石破茂・元防衛相らから強い異論が出ている。
 安倍政権の下での、安倍政治の総決算としての、安倍氏主導の改憲−その是非が問われている。
■    ■
 7、8両日の党首討論で、憲法改正を巡る各党の立場の違いが鮮明になった。
 希望の小池百合子代表は、自衛隊の存在を書き加えることで「防衛省と自衛隊の関係はどうなるのか」と疑問を提起した。
 立憲民主党の枝野幸男代表は「違憲の安全保障関連法を追認することになる」と自衛隊明記に反対。共産党の志位和夫委員長は「海外での武力行使が無制限に可能になってしまう」と懸念を示した。法曹界の圧倒的多数から違憲の疑いを指摘された安保関連法が、改憲との関係で選挙の争点に浮上しそうだ。
 戦力の不保持と交戦権の否認をうたった1項、2項を維持したまま自衛隊の存在を明記した場合、自衛隊はいかなる存在になるのか。
 「自衛のための必要最小限度の実力で、憲法が禁じる戦力には当たらない」というのが現行の憲法解釈である。
■    ■
 自衛隊を憲法に書き加えるのであれば、戦力でないことをはっきりさせるため、自衛隊ができることをいちいち憲法に列記しなければならないはずだ。安倍氏はシビリアン・コントロール(文民統制)の原則を盛り込むと言うが、恣意(しい)的な解釈の余地を残すのは極めて危険である。
 それよりも何よりも沖縄では、改憲より先に憲法の完全な適用こそ優先されるべきである。沖縄代表不在の国会で成立した現行憲法は、施政権が返還されるまで沖縄に適用されず、今も「半憲法状態」が続いているのだから。


あす公示 日本の針路決める自覚を
 憲法の下で70年以上にわたり平和の歩みを重ねてきた戦後日本の歴史に、大きな転換をもたらすことになるかもしれない。
 国民が、政治や政治家に何を求めるのか。その根本がこれまで以上に問われることになろう。
 衆院選の公示が、あす10日に迫った。22日に投開票される。
 安倍晋三首相が決めた唐突な解散、野党第1党の分裂と新党旗揚げによる急激な勢力構図の変転。国民生活と遊離したような政治を見せつけられる中で迎える選挙である。
 一方で今衆院選の持つ意味は重みを増している。「安倍政治」の在り方に加え、憲法改正問題が大きな焦点になってきたからだ。
 8日の党首討論で、首相は「日本の未来を決める選挙」と強調した。その認識に異論はない。
 ただし有権者にとって大切なのは、首相や政権の姿勢を見極めることだ。その上で、次世代のためにどんな国を望むのかを冷静に考えなければならない。
◆安倍政治と小池政治
 選挙戦は、3極が争う構図になる。自民と公明の両政権与党、希望の党と日本維新の会、それに立憲民主党と共産党や社民党による共闘勢力である。
 本県小選挙区では希望の党からの立候補はなく、民進党系は立憲民主党または無所属での出馬となる見通しだ。
 ただ選挙結果によっては、希望の党が政界再編や政策決定のキャスチングボートを握る可能性もある。代表である小池百合子東京都知事の手法や公約に目を凝らさなければならない。
 今衆院選の最大のテーマはやはり「安倍政治」だ。1強政権の長期化で「おごり」や「緩み」の見える政権への審判である。
 選挙で「経済」を前面に掲げて勝利し、その数の力で安全保障関連法や「共謀罪」法を成立させる。森友、加計問題を丁寧に説明すると言いながら、冒頭解散で臨時国会の審議を封じる。
 安倍政治が抱える問題の本質は異論や批判に真摯(しんし)に向き合わない独善的姿勢である。与党内でも首相をただす動きはほとんどうかがえず、1強を許してきた。
 希望の党は政権への対決姿勢を鮮明にする。だが、衆院選に向かう小池氏の対応もまた、異論を切り捨てる「1強」を志向しているように映る。
 民進党との合流では「排除の論理」を振りかざし、候補者絞り込みの条件として「ワンボイス(一つの声)で戦えるかどうか」を強調した。公認の見返りの政策協定書は「踏み絵」とも評された。
 多様な意見があり、自由な議論が保障されてこそ政治のバランスは保たれる。多くの国民の思いに沿うものにもなるだろう。希望の党がその寛容さを備えているのかどうか。大きな気がかりである。
◆9条も重要な争点だ
 もう一つ気になるのは、小池氏が選挙後の自民党との連携可能性に含みを残していることだ。
 自民党は衆院選の公約に改憲を盛った。首相提案の9条改憲を受けた自衛隊明記も含まれる。
 希望の党も公約で「自衛隊の存在を含め、時代に合った憲法の在り方を議論」とし、9条についても論議を進める姿勢だ。現行の安保法制については「憲法にのっとって適切に運用」とうたう。
 立憲民主党は安保法制前提の9条「改悪」反対を訴え、共産党と社民党も改憲に反対だが、希望の党の登場は9条の今後にどんな影響を与えるか。
 戦争放棄と戦力不保持を掲げた9条は、平和憲法の骨格といえるものだ。改憲のテーマとするなら丁寧に議論を深めた上で判断しなければならない。
 解散前の「改憲勢力」は、衆参両院で国会発議に必要な3分の2を占めていた。選挙を経てそれが維持されるかも焦点である。
◆県民に丁寧な説明を
 首相は説得力に欠ける理由で解散に踏みきった。野党第1党は突然の合流話浮上で混乱し、結局は分裂した。県民の間にも大きな疑問があるに違いない。
 県内の立候補者には、疲弊する地方立て直しの具体的な政策を語ると同時に、いまの政治状況に対する自らの見解を有権者にきちんと説明するよう求める。
 「安倍政治」や民進党の分裂をどう考えるか。新党や無所属で出馬した理由。これからどんな政治を目指すのか−などである。
 「永田町の論理」優先のような政治に距離を感じる県民は多いだろう。政治の信頼が問われていることを忘れてはならない。


社会保障 甘言で不安は拭えぬ
 衆院選があす、公示される。
 安倍晋三首相は、消費税増税分の使い道を変えることについて信を問う―を解散の理由とした。国と地方の借金の穴埋めに充てる予定だった増収分を、幼児教育の無償化などに回すという。
 子育て世代の負担軽減はいいとしても、それだけで暮らしの安心は望めない。首相の言う「全世代型社会保障」は何を指すのか。
 社会保障の全体像が見えないのに、税や社会保険料の改定が先に立ち、国民の負担感は高まっている。間近に迫る超高齢社会への不安感を強めてもいる。
 財源確保に伴う“痛み”も含め、各党は選挙戦で構想を具体的に示してほしい。
 消費税増税は2012年、当時の民主、自民、公明の3党合意で路線が敷かれた。
   <3党合意がほごに>
 税率を14年4月に5%から8%へ、15年10月に10%へ上げる。増収分14兆円の8割は社会保障の財源不足を補っている借金を減らすのに使い、残りで社会保障の充実を図る計画だった。
 約束を破ったのは安倍首相だ。デフレ脱却が危うくなるとし、10%への引き上げを2度にわたって延期。5兆円余の増収が当てにできなくなった。
 低年金で暮らす人への「年金生活者支援給付金」、高齢者の介護保険料の軽減策は先送りされ、年金受給に必要な保険料納付期間を短縮する時期もずれ込んだ。
 一方で政府は、社会保障給付費の伸びを抑えるため、医療では70歳以上を対象に高額療養費の自己負担の上限額を引き上げ、75歳以上の高齢者の保険料を軽減する特例を縮小した。
 介護でも、介護報酬を減額したり、40〜64歳が払う保険料を収入に応じた計算方式に切り替えたりしている。月額保険料は上がり続けており、サービス利用料の自己負担割合も増した。生活保護費は引き下げられている。
 医療、介護の自己負担や社会保険料は、消費税よりも逆進性が高いと指摘される。経済的な負担感から介護サービスの利用を控えるなど、必要な人に保障が行きわたらない事態が生じている。
 現役世代は、納めている税や社会保険料に見合うサービスが還元されているという実感が薄い。保育園の入所選考に落ちて「日本死ね」とつづった匿名のブログは母親たちの共感を呼び、国会でも取り上げられた。
 高齢化率は今後、ますます高くなる。膨らむ社会保障費の天井が見えない不安は、生活保護受給者へのいわれなき非難となって表れてもいる。
 教育費の無償化も大切な施策だけれど、財源を消費税増税分に絞って訴えるのでは、論議の幅を狭めることになる。
   <財源確保の道筋は>
 社会保障の財源を消費税に頼るとしたら、税率を30%にしなければ間に合わないとする識者もいる。無償化に踏み切るとしても、所得税の累進性や個人と法人の資産課税を強化するといった、税制全体の見直しが欠かせない。経済力に応じた高齢者の負担増も避けられないはずだ。
 さらに借金を重ね財政収支を悪化させれば、次世代に付けを回すことになり、将来の社会保障給付もおぼつかなくなる。首相が10%への増税延期を決めてから3年。政府も与党もこの間、真剣に議論を重ねてきたのだろうか。
 同じことは野党にも言える。希望の党は消費税増税を凍結すると公約し、立憲民主党も「直ちに引き上げられない」とする。ならば、恒久的な財源をどう確保するのか、税制のあり方を含めて納得のいく説明を聞きたい。
 負担を巡る議論を持ち掛ける前提として、社会保障制度全体の「メニュー」を示す必要がある。先に「料金」だけ取るのでは国民の理解は得られまい。
 社会保障給付費は年1兆円以上増えているにもかかわらず、生活に窮している人たちの状況にあまり改善が見られない。
   <改善しない生活苦>
 非正規雇用の割合は労働者の4割に上る。生活保護受給世帯のうち、現役世代を含む世帯が16%を占めている。所得の格差を表す相対的貧困率は他の先進国に比べ高い水準で推移し、一人親世帯で50・8%と突出している。
 社会保障を支える現役世代の生活苦が見えてくる。安定した就労を促し、実質所得を上げていく取り組みが急務だ。社会人が技術や知識を学べる場、親の介護や病気などで離職した場合の公的な生活保障の拡充も要る。
 社会保障制度の構築は、税制や労働政策、現場を担う地方自治と密に絡む。社会の構想力に基づいた政策体系が求められる。
 聞こえのいい部分だけ主張するのでは国民の不安は拭えず、政治不信を深めることになる。


衆院選あす公示 冷静に政策を見極めたい
 衆院選が10日公示される。不意打ちの解散表明に加え、民進党の解党、そして相次ぐ新党結成、離合集散―。この2週間のめまぐるしい変化に、戸惑う国民も少なくないはずだ。各党が掲げた公約は大慌てでつくられ、肉付けが不十分と言わざるを得ない。
 各党は説得力のある政策を明確に示し、論戦を深めるべきだ。有権者は22日の投票に向け冷静に吟味し、候補者の声に耳を傾けなければならない。各人の1票には、次代を担う子どもたちにどんな未来を残せるのかが掛かっている。
 希望の党代表の小池百合子東京都知事に報道への露出度を奪われた安倍晋三首相。街頭演説で「ただ当選するために右往左往している姿を国民に見せるべきではない」と言い放ったが、こうした状況をつくったのは首相の唐突な解散判断なのは明らかだ。野党の準備が整わないうちを狙った「自己都合」解散である。
 問われるべきは、こうした「安倍1強」体質だ。5年近くの間、国政選挙では経済最優先を主張しながら、安全保障関連法や「共謀罪」法などを「数の力」で制定した。森友・加計学園問題では、首相らに近い人物を優遇するよう行政をねじまげた疑惑が浮上。「丁寧に説明責任を果たす」と言いながら疑惑隠し解散に及んだ。北朝鮮の脅威を声高に言うのならば、選挙で政治空白をつくるべきではなかった。
 もちろん、安保政策などでは評価の声もあるだろう。首相の言うように、民主党政権時代よりも多くの経済指標が改善しているのも事実だ。実績や問題点をじっくり見極め、今後も託すか否か判断したい。
 一方、「政権選択選挙」を掲げる小池氏の言動も読めない。自身の出馬は否定しながら、選挙後の首相指名選挙に誰を立てるのかも明かさない。「選挙の結果次第」というのは無責任に映る。自らが近い自民前職や公明擁立の選挙区に対抗馬を立てないなど、選挙後の連携もにおわせる。こうした姿勢はマイナスイメージにつながらないか。民進党出身者に迫った「政策協定書」もしかりだ。
 国民、有権者は選挙に分かりやすさを求めているはずだ。その点「自民・公明」「希望・維新」「立憲民主・共産・社民」の3極が争う構図には、すっきりしたという人も少なくないだろう。選挙後にこうした構図が変わるようなら有権者無視とならないか。
 各党の公約はどうか。2019年10月の消費税増税に関しては、与党は増収分の一部を教育無償化や子育て支援に充てるとする。片や野党は増税自体を凍結するという。増収分は借金返済に充てると決まっていたのに、ともに国と地方の借金が1000兆円に及ぶ現状に目をそむける格好だ。
 「改憲・護憲」「安全保障」「社会保障」「原発政策」など各党の公約を国民、県民は、候補者の人となりも含め冷静に判断する必要がある。論戦や主張、政策を丹念に読み解き、1票につなげてもらいたい。


希望の党の公約 安倍政権との対立軸明確にせよ
 小池百合子東京都知事が率いる希望の党が衆院選の公約を発表した。2年後に予定されている消費税増税の凍結や、2030年までの「原発ゼロ」実現など、自民党との違いを訴える半面、9条を含む改憲論議を積極的に進めるとし、違憲の疑いが極めて濃厚な現行の安全保障関連法も容認する。
 「安倍政権に批判的な有権者の選択肢になる」と立ち上げた割に、公約の中身は対立軸がはっきりしない。選挙戦では、より具体的な政策論争で違いを際立たせなければならない。
 党の立ち位置自体を明確にすることが不可欠だ。
 安倍晋三首相が提唱する憲法9条への自衛隊明記については「国民の理解が得られるかどうかを見極めた上で判断する」と玉虫色の表現にとどめ、方向性を示さないまま「改正の大きなうねりをつくる役目を果たす」とする。安保法も「憲法にのっとり適切に運用する」という。これでは「自民の補完勢力」との批判は免れまい。
 消費税増税の凍結は、増税分の使途変更を訴える自民と同様に、財政再建問題の先送り。原発ゼロも目標年度こそ掲げているものの、工程表は示していない。どちらも説得力のある、より具体的な政策を示すべきだ。
 気になるのは、これらの公約を小池氏らごく一部だけで決めたとみられる点だ。突然の衆院解散で、選挙までの時間がなかったのは確か。しかし、候補者は公認の見返りに提出を求められた政策協定書で、決定前から「公約を順守する」ことを誓わされている。いわば白紙の委任状に等しい。
 公認候補の6割弱を占める民進党出身者は、改憲や安保法について、これまでの主張を大きく変えることになる。「変節」の理由をきちんと有権者に説明しなければならない。希望が今後、党としてまとまっていけるかどうかがかかっている。
 小池氏が首相候補を明言しないことも、党内に疑心暗鬼を生んでいる。「衆院選の結果を見て考える」と、自民との連携も示唆する。小池氏の「胸三寸」で決まるような仕組みは支援者も納得できまい。同じ「安倍政権打倒」を掲げながら、民進出身者が多い立憲民主党の候補に「刺客」を立てる選挙戦術にも疑問が残る。
 森友・加計両学園問題に関する情報を全て公開するなど「透明性の高い政治を実現する」とも主張する。その点に全く異論はない。ただ小池氏の言行不一致が気掛かりだ。豊洲市場移転問題など、都政の重要政策の決定経緯について、十分な説明責任を果たしていない。
 まず足元の党内で透明度を高めなければならない。所属議員の議論を重ねて、党の規約や意思決定の仕組みを早急に整えるべきだ。党内民主主義の確立を急ぐ必要がある。
 異論を許さない自民の「安倍1強」のように、希望を「小池1強」体制にしてはならない。


【衆院選あす公示】安倍政治の継続か否か
 衆院選があす公示され、22日の投開票に向けて選挙戦が始まる。
 衆院選は政権をどの党、誰に託すのかの選挙だ。2014年12月の前回衆院選から3年近くになる。これまでの安倍政治をどのように評価するかが、最大の争点であることはいうまでもない。
 安倍政治の特徴は強権的な姿勢にある。憲法や国会審議をないがしろにする手法といってもよい。国民の懸念や疑問を置き去りにして、強引に成立させた特定秘密保護法、安全保障法制、そして「共謀罪」法が最たるものだ。強引さは今回の「大義のない」解散にも表れた。
 解散がなければ、臨時国会で真相解明をさらに進めなければならなかった森友・加計(かけ)問題を忘れるわけにはいかない。公正な行政への疑念を生じさせた問題は、安倍「1強」体制の産物ともいえる。
 多くの有権者が投票の際に重視するとしているのが景気や雇用などの経済対策だ。5年近くになる「アベノミクス」で、大企業などは潤ったものの、国民の多くは恩恵を実感できないでいる。
 年金・医療や少子化対策などの社会保障への関心も当然ながら高い。現在、そして将来への不安が個人消費などに影響を及ぼしているのは間違いない。安倍首相は消費税増税時に税収の使途を大幅に変更する方針を打ち出したが、財政健全化は先送りとなる。どう財源を確保するのかを含めて重要な争点だ。
 このほか、教育や働き方改革、格差の是正、そして地方の再生など、将来の世代を含めた私たちの暮らしを左右することになる重要なテーマが数多くある。
 様変わりした戦いの構図も見逃せない。希望の党の結成と、それに伴う民進党の事実上の解党によって、3極が争う形となる。政権与党の自民党と公明党、希望の党と日本維新の会、そして立憲民主党と共産党、社民党のまとまりだ。
 選挙公約を見ると、自民党と希望の党は消費税増税と原発政策で対立するが、改憲と安保法制への姿勢では大きな違いはない。安保法制などで主張が異なる立憲民主党などとの差異の方がより明確だ。
 選挙の結果、改憲勢力がさらに膨らむ可能性がある。改憲は国会による発議を経て、最終的に国民投票で決めるとはいえ、この国の針路に深く関わる国会審議が加速していくことも予想される。
 そうであるなら、改憲に前向きな各党はその内容とともに、目指す国の姿をより明確にしていく必要がある。公約に掲げた他の政策でも、与野党を問わず多くの曖昧な点があることは否めない。各党、各候補者は選挙戦を通じて、具体的に語るよう求めたい。
 今回の衆院選は、5年近く続いた安倍政治の継続を望むのか否かを問うと同時に、この国が進む方向を選択する意味も持つ。有権者は公約を点検し、舌戦にしっかりと耳を傾けて、投票に臨みたい。


柏崎刈羽原発「合格」 審査に疑問、廃炉の道を
 「再稼働ありき」としか言いようがない。原子力規制委員会が出した結論は、厳正かつ慎重な審査からは程遠く、不信感が残る。
 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けて規制委が事実上の「合格」を出した。重大事故対策が新規制基準に適合しているとの判断だ。
 審査の焦点は「適格性」だった。福島第1原発で未曽有の事故を起こした当事者である東電が、再び原発を運転する資格があるかどうかだ。
 規制委は当初、厳しい姿勢で臨んでいた。田中俊一委員長(当時)は7月に東電の経営陣から直接聴取し、その不十分な取り組みに「第1原発の廃炉に主体的に取り組む覚悟と実績を示せない事業者に再稼働の資格はない」とまで断言していた。
 しかし、田中氏は退任直前の9月に方針を転換した。東電が「廃炉をやり遂げる」との文書を出して決意表明をすると、具体的な方策が示されていないにもかかわらず、条件付き容認に転じ、再稼働にお墨付きを与えた。
 極めて不可解だ。9月末には福島第1原発の建屋から高濃度の汚染水漏れの恐れがあるミスが発覚したが、4日の規制委では議論を避けた。
 相次ぐトラブルを検証することもなく、まっとうな判断が出せるのか。結論を急ぐ規制委には疑問符が付く。
 そもそも廃炉作業は遅々として進んでいない。使用済み核燃料の取り出し開始時期も3度目の延期となり、3年遅れの2023年度に先送りされた。
 福島県では今なお数万人が避難生活を強いられている。人災によって人生を変えられてしまった人たちに対して、東電は誠意を持って十分な補償と責任を果たしているだろうか。
 事故後もトラブルや情報隠蔽(いんぺい)が次々と発覚している。企業体質が安全優先主義に変わったかどうかは不透明だ。
 規制委が合格を出しても、直ちに再稼働できるわけではない。何よりも地元の同意が欠かせないからだ。
 新潟県の米山隆一知事は同意には第1原発事故の検証が必要で、3〜4年かかるとの立場だ。地元・柏崎市の桜井雅浩市長は再稼働の条件として、1〜5号機の廃炉計画を2年以内に提示するよう求めている。
 国内の原発が全て停止していた時期でも電力不足は起きなかった。再稼働を急ぐ理由は、消費者本位ではなく、巨額な廃炉費用に困る東電が経営立て直しの収益源とするためではないか。
 世界のエネルギー政策の潮流から、日本は後れを取っている。外国の電力会社は再生可能エネルギーに比重を移しつつある。コストがかかる原発は経営の観点からも重荷でしかないのだ。
 脱原発を求める過半の世論にも応え、全ての原発を廃炉にすべきだ。


電通違法残業有罪 働く人に犠牲を強いるな
 将来のある若い女性が、どうして自ら命を絶つまでに追い詰められたのか。教訓をくみ取り、二度と悲劇が起きないようにしなければならない。
 違法残業事件で労働基準法違反罪に問われた広告大手電通に対し、東京簡裁が求刑通り罰金50万円を言い渡した。
 事件は2015年12月に、24歳だった新入社員の高橋まつりさんが過労自殺したのが発端だ。亡くなる前の1カ月の残業は105時間に達していた。
 判決は、電通が高橋さんら社員4人に違法な時間外労働をさせたとし、「尊い命が奪われる結果まで生じていることは看過できない」と批判した。
 電通には社員の健康管理を軽視する風潮があったとされる。14、15年の2回、労基署から違法残業の是正勧告を受け、16年には、13年に亡くなった若手男性社員が過労死と認定された。
 業務の見直しに取り組んでいるというが、どれだけ実効が上がっているのか。判決を重く受け止め、まずは社内の意識改革を徹底する必要があろう。
 高橋さんの自殺後も、過労死・過労自殺は後を絶たない。16年度の認定数は未遂を含めて計191件に上った。それも氷山の一角にすぎないというから、事態は深刻である。
 背景に、長時間労働に寛容な日本の企業風土があるのは間違いない。人員削減や成果主義の行き過ぎも指摘されている。
 求められるのは、企業が古い体質から脱却し、利益優先の姿勢を改めることだ。働く人に犠牲を強いる社会であってはならない。


安倍と小池は同根、大政翼賛会的議会に注意
 ★公示直前の民進党が希望の党にのみ込まれたことは疑問が解けるにつけ、前原誠司、小池百合子の両代表が、野党共闘で共産党と組むことをよしとしないという政治的思惑と、その共闘推進者を排除することで、保守、リベラルの選別が容易になり、有権者にも喜ばれ、候補者も堂々と保守政治家として活動できるという一石二鳥、ウィンウィンのプランだった。 ★ところが有権者は民進党をウイングの幅広い国民政党とみていて、外部招聘(しょうへい)の大物・小池を代表に招き、保守系2大政党として野党第1党として政権交代を担う「健全野党」としてスタートし、うまくいけば政権奪取も可能という“希望”を抱いていた。有権者は希望の党が自民党の2軍だとか、自民党の1派閥になりたがっているとはにわかに信じられなかったものの、自民党も持て余すウルトラ右翼や維新との選挙協力を敷くにつれ、現実を実感する。まさに“リアルな安全保障”を感じ、逃げ出す民進議員を見て現実を知る。 ★その間、小池が「排除」や丸のみなど「さらさらない」と民進党議員を選別するさまを見るにつけ、小池と首相・安倍晋三が同根であると知る。過日、首相が「こんな人たち」と演説し、国民から猛反発を食らったことがあったが、権力者による峻別(しゅんべつ)が優性思想につながり、格差を拡大させ、森友・加計疑惑のような権力者と近い人たちにだけ与えられる恩恵であり、優遇がその根底にある。国民を経済力と思想で分ける価値観を共有する国家像を持つ2人に違和感を感じない希望の議員たちも、いずれ峻別されていくことだろう。まだ、自民党の方が自由と博愛とバランスがある。ただ両党が選挙後組むようだと大政翼賛的な議会になりかねない。政治の化学反応に要注意だ。