ブログネタ
フランス語 に参加中!
誰もがサンタ_鶴屋171202

Johnny Hallyday et les femmes : de Sylvie à Laeticia, son "ange gardien"
Sylvie, Nathalie, Adeline, Laeticia... La France aura vibré au rythme des coups de foudre du chanteur, entre soif de liberté et quête éperdue d'un foyer.

Jusqu'à sa rencontre avec Laeticia en 1995, la vie amoureuse de Johnny aura connu moult rebondissements, quatre mariages dont deux avec la même femme, deux enfants, une multitude de flirts et quelques très belles histoires. Cette difficulté à construire un foyer, le rockeur l'avait analysée au micro d'Antoine de Caunes au début des années 1990 : ≪ Je suis passé à côté de mon adolescence et c'est sans doute pour cela que j'ai ressenti le besoin de créer une famille toute ma vie... ce que je ne suis pas vraiment arrivé à faire. Mon père ne m'a pas élevé, ma mère n'avait pas le temps de s'occuper de moi. Dès 5 ans, j'ai été trimballé un peu partout dans le monde par mes parents adoptifs. Je n'ai pas eu d'enfance normale par rapport aux autres qui vont à l'école, qui font des boums. Du coup, je n'arrive pas à m'installer longtemps quelque part ou avec quelqu'un. C'est vrai que je ne tiens pas en place... ≫
Johnny Hallyday a 18 ans lorsqu'il rencontre son alter ego féminin, Sylvie Vartan. Ils sont jeunes, beaux et connaissent un succès fulgurant. De leur mariage en 1965, ou débarqueront 4 000 fans survoltés, à la naissance de leur fils, David, le 14 août 1966, et jusqu'à leur divorce en 1980, leur union ressemble à un tourbillon. Début 1981, Johnny s'offre un mariage éclair de deux mois avec Élisabeth Étienne, dite Babeth, une jolie brune, avant d'enflammer les unes des magazines avec la femme dont il a toujours dit qu'elle était celle qui l'a le plus impressionné, l'actrice Nathalie Baye. Derrière cette idylle improbable sur le papier, se cache une profonde histoire d'amour. On a longtemps caricaturé, à tort, l'attirance entre l'intello éprise de nature et le fauve instinctif vivant pour sa musique, sa bande de potes et ses virées à moto. Mais Johnny est aussi un passionné de cinéma, dévorant trois ou quatre films par jour et rêvant secrètement à une carrière d'acteur. ≪ Elle a fait de moi un homme ≫, dira-t-il. Elle lui ouvrira les portes du septième art, ensemble ils auront Laura, née en 1983 - dont le prénom inspirera un tube -, qui deviendra la belle actrice que l'on connaît. La rupture avec Nathalie Baye le laisse anéanti, aux prises avec ses démons et ses paradoxes : un rêve de famille stable, mais pas la vie qui va avec.
≪ Je suis seul ce soir, y a-t-il quelqu'un pour me tenir compagnie ? ≫
Pourtant Johnny n'aime pas être seul. Dans les années 1990, le rock(co)eur d'artichaut enchaîne les liaisons plus ou moins passionnées : Leah, une top-modèle canadienne ; Linda Hardy, Miss France 1992 ; Gisèle Galante, qu'il promet d'épouser, avant d'annuler le mariage ; sans oublier Adeline Blondieau, saison 1 et 2, la fille de son meilleur ami Long Chris, qu'il va épouser deux fois en quatre ans. Elle a 3 ans lorsque, sur le ton de la plaisanterie, il lui promet un jour de l'épouser et d'être son prince charmant. Seize ans plus tard, il tient sa promesse. En juillet 1990, la jeune fille de 19 ans se marie à Ramatuelle, dans une robe Nina Ricci, avec le chanteur de presque trente ans son aîné. Une union sous le signe de la passion, qui s'achèvera deux ans plus tard, pour rebondir en mai 1994. Les amants terribles, partis en virée à travers les États-Unis, se remarient à Las Vegas. De retour en France, Johnny, bravache, multiplie les interviews en expliquant qu'Adeline est la femme de sa vie. La saison 2 ne durera pas un an. Quelque temps plus tard, foulant la scène du parc des Princes devant un public féminin en délire, il clamera : ≪ Je suis seul ce soir, y a-t-il quelqu'un pour me tenir compagnie ? ≫ Car, malgré cette apparente instabilité sentimentale, il n'a toujours pas renoncé à son désir de cellule familiale. Son métier a des exigences. Les femmes de sa vie aussi. Et les deux semblent définitivement incompatibles.
Début 1995, le Tout-Paris glousse d'une nouvelle idylle. La gamine s'appelle Laeticia, elle a 20 ans, des anglaises, des taches de rousseur et serait dingue de son rockeur. Le 25 mars 1996, Johnny Hallyday s'offre un cinquième mariage, sur lequel personne ne mise. Et pourtant : elle sera la mère de ses deux dernières filles, sa meilleure amie, son ange gardien... Bref, la femme de sa vie.
She Broke Japan’s Silence on Rape
TOKYO — It was a spring Friday night when one of Japan’s best-known television journalists invited Shiori Ito out for a drink. Her internship at a news service in Tokyo was ending, and she had inquired about another internship with his network.
They met at a bar in central Tokyo for grilled chicken and beer, then went to dinner. The last thing she remembers, she later told the police, was feeling dizzy and excusing herself to go to the restroom, where she passed out.
By the end of the night, she alleged, he had taken her back to his hotel room and raped her while she was unconscious.
The journalist, Noriyuki Yamaguchi, the Washington bureau chief of the Tokyo Broadcasting System at the time and a biographer of Prime Minister Shinzo Abe, denied the charge and, after a two-month investigation, prosecutors dropped the case.
Then Ms. Ito decided to do something women in Japan almost never do: She spoke out.
In a news conference in May and a book published in October, she said the police had obtained hotel security camera footage that appeared to show Mr. Yamaguchi propping her up, unconscious, as they walked through the hotel lobby. The police also located and interviewed their taxi driver, who confirmed that she had passed out. Investigators told her they were going to arrest Mr. Yamaguchi, she said — but then suddenly backed off.
Elsewhere, her allegations might have caused an uproar. But here in Japan, they attracted only a smattering of attention.
As the United States reckons with an outpouring of sexual misconduct cases that have shaken Capitol Hill, Hollywood, Silicon Valley and the news media, Ms. Ito’s story is a stark example of how sexual assault remains a subject to be avoided in Japan, where few women report rape to the police and when they do, their complaints rarely result in arrests or prosecution.
On paper, Japan boasts relatively low rates of sexual assault. In a survey conducted by the Cabinet Office of the central government in 2014, one in 15 women reported experiencing rape at some time in their lives, compared with one in five women who report having been raped in the United States.
But scholars say Japanese women are far less likely to describe nonconsensual sex as rape than women in the West. Japan’s rape laws make no mention of consent, date rape is essentially a foreign concept and education about sexual violence is minimal.
Instead, rape is often depicted in manga comics and pornography as an extension of sexual gratification, in a culture in which such material is often an important channel of sex education.
The police and courts tend to define rape narrowly, generally pursuing cases only when there are signs of both physical force and self-defense and discouraging complaints when either the assailant or victim has been drinking.
Last month, prosecutors in Yokohama dropped a case against six university students accused of sexually assaulting another student after forcing her to drink alcohol.
And even when rapists are prosecuted and convicted in Japan, they sometimes serve no prison time; about one in 10 receive only suspended sentences, according to Justice Ministry statistics.
This year, for example, two students at Chiba University near Tokyo convicted in the gang rape of an intoxicated woman were released with suspended sentences, though other defendants were sentenced to prison. Last fall, a Tokyo University student convicted in another group sexual assault was also given a suspended sentence.
“It’s quite recent that activists started to raise the ‘No Means No’ campaign,” said Mari Miura, a professor of political science at Sophia University in Tokyo. “So I think Japanese men get the benefit from this lack of consciousness about the meaning of consent.”
Of the women who reported experiencing rape in the Cabinet Office survey, more than two-thirds said they had never told anyone, not even a friend or family member. And barely 4 percent said they had gone to the police. By contrast, in the United States, about a third of rapes are reported to the police, according to the Bureau of Justice Statistics.
“Prejudice against women is deep-rooted and severe, and people don’t consider the damage from sexual crimes seriously at all,” said Tomoe Yatagawa, a lecturer in gender law at Waseda University.Ms. Ito, 28, who has filed a civil suit against Mr. Yamaguchi, agreed to discuss her case in detail to highlight the challenges faced by women who suffer sexual violence in Japan.
“I know if I didn’t talk about it, this horrible climate of sexual assault will never change,” she said.
Mr. Yamaguchi, 51, also agreed to speak for this article. He denied committing rape. “There was no sexual assault,” he said. “There was no criminal activity that night.”
‘Not a Chance’
Ms. Ito had met Mr. Yamaguchi twice while studying journalism in New York before their encounter on April 3, 2015.
When she contacted him again in Tokyo, he suggested that he might be able to help her find a job in his bureau, she said. He invited her for drinks and then dinner at Kiichi, a sushi restaurant in the trendy Ebisu neighborhood.
To her surprise, they dined alone, following beer with sake. At some point, she felt dizzy, went to the bathroom, laid her head on the toilet tank and blacked out, she said.
When she woke, Ms. Ito said, she was underneath Mr. Yamaguchi in his hotel bed, naked and in pain.
Japanese law describes the crime of “quasi-rape” as sexual intercourse with a woman by “taking advantage of loss of consciousness or inability to resist.” In the United States, the law varies from state to state, with some defining the same crime as second-degree rape or sexual assault.
The police later located a taxi driver who recalled picking up Ms. Ito and Mr. Yamaguchi and taking them to the nearby Sheraton Miyako Hotel, where Mr. Yamaguchi was staying.
The driver said Ms. Ito was conscious at first and asked to be taken to a subway station, according to a transcript of an interview with the driver. Mr. Yamaguchi, however, instructed him to take them to his hotel.
The driver recalled Mr. Yamaguchi saying that they had more work to discuss. He also said Mr. Yamaguchi might have said something like, “I won’t do anything.”
When they pulled up to the hotel, the driver said, Ms. Ito had “gone silent” for about five minutes and he discovered that she had vomited in the back seat.
“The man tried to move her over toward the door, but she did not move,” the driver said, according to the transcript. “So he got off first and put his bags on the ground, and he slid his shoulder under her arm and tried to pull her out of the car. It looked to me like she was unable to walk on her own.”
Ms. Ito also appears incapacitated in hotel security camera footage obtained by the police. In pictures from the footage seen by The New York Times, Mr. Yamaguchi is propping her up as they move through the lobby around 11:20 p.m.
Ms. Ito said it was about 5 a.m. when she woke up. She said she wriggled out from under Mr. Yamaguchi and ran to the bathroom. When she came out, she said, “he tried to push me down to the bed and he’s a man and he was quite strong and he pushed me down and I yelled at him.”
She said she demanded to know what had happened and whether he had used a condom. He told her to calm down, she said, and offered to buy her a morning-after pill.
Instead, she got dressed and fled the hotel.
Ms. Ito believes she was drugged, she said, but there is no evidence to support her suspicion.
Mr. Yamaguchi said she had simply drunk too much. “At the restaurant, she drank so quickly, and in fact I asked her, ‘Are you all right?’” he said. “But she said, ‘I’m quite strong and I’m thirsty.’”
He said: “She’s not a child. If she could have controlled herself, then nothing would have happened.”Mr. Yamaguchi said he had brought her to his hotel because he was worried that she would not make it home. He had to rush back to his room, he said, to meet a deadline in Washington.
Mr. Yamaguchi acknowledged that “it was inappropriate” to take Ms. Ito to his room but said, “It would have been inappropriate to leave her at the station or in the hotel lobby.”
He declined to describe what happened next, citing the advice of his lawyers. But in court documents filed in response to Ms. Ito’s civil suit, he said he undressed her to clean her up and laid her on one of the beds in his room. Later, he added, she woke and knelt by his bed to apologize.
Mr. Yamaguchi said in the documents that he urged her to return to bed, then sat on her bed and initiated sex. He said she was conscious and did not protest or resist.
But in emails that he exchanged with Ms. Ito after that night, he presented a slightly different account, writing that she had climbed into his bed.
“So it’s not the truth at all that I had sex with you while you were unconscious,” he said in a message on April 18, 2015. “I was quite drunk and an attractive woman like you came into my bed half naked, and we ended up like that. I think we both should examine ourselves.”
In another email, Mr. Yamaguchi denied Ms. Ito’s allegation of rape and suggested that they consult lawyers. “Even if you insist it was quasi-rape, there is not a chance that you can win,” he wrote.
When asked about the emails, Mr. Yamaguchi said a full record of his conversations and correspondence with Ms. Ito would demonstrate that he had “had no intention” of using his position to seduce her.
“I am the one who was caused trouble by her,” he added.
Shame and Hesitation
Ms. Ito said she rushed home to wash after leaving the hotel. She now regards that as a mistake. “I should have just gone to the police,” she said.
Her hesitation is typical. Many Japanese women who have been assaulted “blame themselves, saying, ‘Oh, it’s probably my fault,’” said Tamie Kaino, a professor emeritus of gender studies at Ochanomizu University.
Hisako Tanabe, a rape counselor at the Sexual Assault Relief Center in Tokyo, said that even women who call their hotline and are advised to go to the police often refuse, because they do not expect the police to believe them.
“They think they will be told they did something wrong,” she said.
Ms. Ito said she felt ashamed and considered keeping quiet too, wondering if tolerating such treatment was necessary to succeed in Japan’s male-dominated media industry. But she decided to go to the police five days after the encounter.
“If I don’t face the truth,” she recalled thinking, “I think I won’t be able to work as a journalist.”
The police officers she spoke to initially discouraged her from filing a complaint and expressed doubt about her story because she was not crying as she told it, she said. Some added that Mr. Yamaguchi’s status would make it difficult for her to pursue the case, she said.
But Ms. Ito said the police eventually took her seriously after she urged them to view the hotel security footage.
A two-month investigation followed, after which the lead detective called her in Berlin, where she was working on a freelance project, she said. He told her they were preparing to arrest Mr. Yamaguchi on the strength of the taxi driver’s testimony, the hotel security video and tests that found his DNA on one of her bras.
The detective said Mr. Yamaguchi would be apprehended at the airport on June 8, 2015, after arriving in Tokyo on a flight from Washington, and he asked her to return to Japan to help with questioning, Ms. Ito said.
When that day came, though, the investigator called again. He told her that he was inside the airport but that a superior had just called him and ordered him not to make the arrest, Ms. Ito said.
“I asked him, ‘How is that possible?’” she said. “But he couldn’t answer my question.”
Ms. Ito declined to identify the investigator, saying she wanted to protect him. The Tokyo Metropolitan Police would not comment on whether plans to arrest Mr. Yamaguchi were scuttled. “We have conducted a necessary investigation in light of all laws and sent all documents and evidence to the Tokyo Prosecutors’ office,” a spokesman said.
‘I Have to Be Strong’
In 2016, the most recent year for which government statistics are available, the police confirmed 989 cases of rape in Japan, or about 1.5 cases for every 100,000 women. By comparison, there were 114,730 cases of rape in the United States, according to F.B.I. statistics, or about 41 cases per 100,000 residents, both male and female.
Scholars say the disparity is less about actual crime rates than a reflection of underreporting by victims and the attitudes of the police and prosecutors in Japan.
Over the summer, Parliament passed the first changes to Japan’s sex crime laws in 110 years, expanding the definition of rape to include oral and anal sex and including men as potential victims. Lawmakers also lengthened minimum sentences. But the law still does not mention consent, and judges can still suspend sentences.
And despite the recent cases, there is still little education about sexual violence at universities. At Chiba, a course for new students refers to the recent gang rape as an “unfortunate case” and only vaguely urges students not to commit crimes.
In Ms. Ito’s case, there is also a question of whether Mr. Yamaguchi received favorable treatment because of his connection to the prime minister.
Not long after Ms. Ito went public with her allegations, a Japanese journalist, Atsushi Tanaka, confronted a top Tokyo police official about the case.
The official, Itaru Nakamura, a former aide to Mr. Abe’s chief cabinet secretary, confirmed that investigators were prepared to arrest Mr. Yamaguchi — and that he had stopped them, Mr. Tanaka reported in Shukan Shincho, a weekly newsmagazine.
The allegations did not affect Mr. Yamaguchi’s position at the Tokyo Broadcasting System, but he resigned last year under pressure from the network after publishing an article that was seen as contentious. He continues to work as a freelance journalist in Japan.
Ms. Ito published a book about her experience in October. It has received only modest attention in Japan’s mainstream news media.
Isoko Mochizuki, one of the few journalists to investigate Ms. Ito’s allegations, said she faced resistance from male colleagues in her newsroom, some of whom dismissed the story because Ms. Ito had not gone to the hospital immediately.
“The press never covers sexual assault very much,” she said.
Ms. Ito said that was precisely why she wanted to speak out.
“I still feel like I have to be strong,” she said, “and just keep talking about why this is not O.K.”
Hisako Ueno contributed reporting.
フランス語
フランス語の勉強?

朝はトーストです.買い物は歩いて行きました.たぶん20分くらい.結構ありました.生姜焼き・卵焼き・スープを作ってもらい2人で食べました.美味しかったですよ.
その後大掃除.窓拭いたり流しを洗ったり.ちょっと疲れたかな❓
イルミネーションを見に,市電で市役所前まで移動です.ドルフィンポートで日本酒+梅酒を買いました.天文館公園のイルミネーションを背景に2人で写真とってもらいました.天文館食堂で晩ご飯食べて帰りました.

気仙沼・津波に耐えた並木 伐採の桜に新たな命を 土木事務所が無償提供
 県気仙沼土木事務所は来年1月、東日本大震災の津波に耐えながら県の河川堤防の建設に伴い伐採された気仙沼市神山川沿いの桜の木を無償提供する。
 同事務所が提供するのは直径10〜20センチ、長さ90センチの幹50本と、直径20〜30センチ、長さ45センチの150本。11月に伐採されたソメイヨシノ39本のうち、工事を請け負った業者が状態の良い幹を選び、使いやすいように切った。木工品やまきストーブでの利用を見込む。
 神山川左岸約600メートルの桜並木は、地元住民が40〜50年前に植栽し、手入れをしてきた。津波をかぶった後にも花を咲かせ、被災した人たちを勇気付けた。
 県は当初、全ての桜を切る予定だったが、地元の反発を受けて計画を変更。震災後の隆起分を考慮し、一部は残す方針を決めた。
 希望者は同事務所のホームページから申込書を入手し、搬出予定車両、利用目的などを記入してファクスなどで申し込む。受け付けは1月4〜15日で先着順。居住地は問わない。
 19、20日に市内の保管場所で引き渡す。本数などは同事務所で調整し、営利目的には提供しない。
 同事務所は「神山川の桜に対する愛着を持つ住民は多い。活用してほしい」と呼び掛ける。連絡先は同事務所0226(24)2564。


<回顧17みやぎ>(14完)気仙沼大島大橋/祝賀機運 行政水差す
 転勤で気仙沼市に引っ越してきた3月29日は、地元にとって50年来の悲願である「希望の架け橋」がつながった日でもあった。
 気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ「気仙沼大島大橋」が架設され、2018年度末の完成に向け、いよいよカウントダウンが始まった。地元はどこか華やいだ雰囲気があった。
 橋をくぐるクルージングは評判を呼び、橋の人気にあやかるメニューを考案する焼き肉屋もあった。島民を対象にした初の見学会には予想を上回る320人の住民が集まった。
 そんな地元の盛り上がりに水を差したのが行政だった。11月18日にあった島内の説明会で、市は橋の完成と同時期のオープンを目指した観光拠点「大島ウエルカム・ターミナル」の供用開始が20年度までずれ込む見通しを明らかにした。関連した県の事業が20年度まで遅れるのが影響した。
 東日本大震災後、気仙沼市の観光客数は落ち込んだままだ。16年の観光客数は135万3500人と震災前10年(254万600人)の53.3%にとどまる。
 大島大橋の開通は市の交流人口拡大に向けた起爆剤としての役割を担う。市が離島に橋が架かった他地域の状況を参考に算出した予測によると、開通直後のピーク時、1日あたり大島大橋の交通量は約1万200台に達するという。
 ゴールデンウイークであったり、夏休みであったり、19年度は多くの観光客が島を訪れるだろう。だが、この需要を取り込む施設が島にはできない。特に、観光拠点に商業モールを建設する予定だった島の商店主らの落胆は大きい。
 県、市は責任の重さと島民の痛みをどれだけ感じているのだろうか。
 「県の事業が進まなければ動けない」(市担当者)、「当初の計画に無理があった」(県気仙沼土木事務所)。取材で聞いた責任を押し付け合うような発言からは、住民に寄り添う本来あるべき行政の姿勢はみじんも感じられなかった。
 事業の遅れを検証し、善後策を探る県と市の調整会議の初会合が今月26日にあった。担当者は一様に「整備日程を一日でも早めたい」と口をそろえる。
 単なるリップサービスに終わり、地元を再び失望させることだけは許されない。県、市双方の力量と真剣さが問われている。(気仙沼総局・大橋大介)
[メモ]長さ356メートル。橋脚間の長さは297メートルで東日本では最長のアーチ橋。県が進める東日本大震災の復興事業に位置付けられる。東北で離島の架橋事業は初めて。旧大島村が1951年に架橋を構想。67年に県の発展計画に盛り込まれた。


<大槌復興刺し子>好調 無印良品とコラボ第4弾発売
 東日本大震災で被災した岩手県大槌町の女性たちでつくる「大槌復興刺し子プロジェクト」と、生活雑貨店「無印良品」によるコラボ商品の第4弾が発売された。国内外の店頭に並べられており、女性たちは「刺し子を広く知ってもらうきっかけになる」と喜ぶ。
 両者の協力関係は2013年に始まった。今回作ったのは、舟形ミニバッグ(4900円)舟形ポーチ(2900円)三角ミニポーチ(1500円)の3種類で計2600個の限定商品。それぞれ海とつながりのある漁網、波、塩をイメージした柄を手縫いした。
 無印良品での取り扱いは、国内は東京のみで有楽町と池袋西武の2店舗。海外はイギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインの計23店舗に広がった。
 プロジェクトでは、20〜80代の約30人が刺し子を手掛ける。生産の指揮を執った佐々木加奈子さん(40)は「一針一針を大事にしながら仕上げた」と語る。
 これまで無印良品との共同企画でコースター、ランチョンマット、バッグなどが誕生した。昨年は大槌の女性たちがヨーロッパに行き、刺し子のワークショップも開いた。
 無印良品を展開する良品計画(東京)の担当者は「被災地支援で始まった企画だが、女性たちの技術は年を追うごとに向上している。商品の売れ行きは毎年好調だ」と話す。
 大槌復興刺し子プロジェクトは11年6月に発足。NPO法人テラ・ルネッサンス(京都市)が運営する。売り上げの一部が女性たちの工賃となり、これまで186人に計3075万円を支払った。


<ふるさと息づく 岩手・大槌>(中)震災/慰霊碑建立 津波へ戒め
 東日本大震災で人口の約1割に当たる1285人が犠牲になった岩手県大槌町。内陸部に位置する金沢(かねざわ)地区も無縁ではなかった。
 2011年3月11日夜、民生委員の佐々木成子さん(73)は自宅の隣にある集会施設に1台の車が止まっているのに気付いた。
 中には夫婦がいた。命からがら津波の難を逃れ、車中に泊まるという。「入って休んで」。大急ぎで施設の鍵を開け、ストーブをたいた。
 次の日から金沢に続々と避難者が押し寄せてきた。みんなが口々に「町がなくなった」と言う。3カ所の避難所で一時350人以上が寝起きを共にした。親戚や知人の家に身を寄せた人は、3月21日時点で275人を数えた。
<地域挙げ支援>
 沿岸部が壊滅した大槌。ライフラインが途絶える中、金沢では地域を挙げて避難者支援に奮闘する日々が始まった。
 佐々木さんら民生委員は毎日、避難者向け支援物資を沿岸被災者が身を寄せている家に届けた。住民は自宅からコメや毛布を持ち寄り、避難所などで炊き出しをした。まきで湯を沸かし、避難者を自宅の風呂に招く人もいた。
 避難所の開設は7月末まで続いた。食料確保などに奔走した農業兼沢平也さん(70)は「被災していない自分たちが助けなければ。その一心で頑張るだけだった」と振り返る。
 昨夏、町補助事業を活用して震災犠牲者の慰霊碑を建立する計画が持ち上がった。金沢でも震災時に仕事で海の近くにいるなどした2人が亡くなっている。
<聞き取り実施>
 「それだけじゃない。就職や結婚で出て行った出身者も大勢犠牲になった」と臨済宗大勝院の住職、谷藤邦緒さん(66)。兼沢さんらと全世帯にアンケートを実施し、碑文の内容や建立場所を決めた。
 地区住民のほとんどが檀家(だんか)という大勝院の一角に碑は完成し、今年8月に除幕式があった。交通量の多い県道沿いで目に付きやすい。お盆には他地区から手を合わせに来る人の姿もあった。
 「地震があったら津波が来ると考えよ」「何度も津波が来る。一度逃げたら戻るな」。碑には震災の規模や町の被災状況とともに八つの戒めを刻んだ。
 谷藤さんは「次に大地震が起きたとき、仕事や通院で海沿いにいるかもしれない。墓参りに来た住民が改めて犠牲者に思いを寄せ、備えの気持ちを新たにしてほしい」と願う。


河北春秋
 東日本大震災で深刻な被害があった気仙沼市中心部の内湾地区。いまだに更地の場所や、津波の傷痕を残す建築、あるいは逆に再建された真新しい建物などが目立つ。そんな中にも所々、趣のある商家を見つけては港町として栄えた歴史を体感し、ほっとする▼今月17日、地区に残る国登録文化財の六つの建物を巡るイベントがあった。いずれも被災し海外の財団の支援を受けるなど再建・修復作業に入り、そのうち3棟で完了している。造り酒屋や陶器店、魚問屋などを回り、クイズを交えて学んだ▼修復中の1軒である米穀店では親子土壁塗り体験会も開催。「安波山の裾野に広がった気仙沼の街は、変形の敷地に建てられた建築が多い」などと説明を聞いた。参加した同市九条小4年の吉田菜穂子さんは「こてを使ってうまく塗れたよ」と笑った▼企画したのは市民や建築家、被災建築所有者らが震災後に結成した「気仙沼風待ち復興検討会」。菅原千栄会長は「建物を通じて、今も息づく地域の成り立ちを伝え、にぎわいを取り戻したい」と力を込める▼会員たちは内湾地区自体を一つの文化財「風待ち復興ミュージアム」として、観光客や市民に楽しんでもらいたいと夢見る。修復完了には、まだまだ支援が必要とか。ぜひ、あなたも協力を。

<今年の水揚げ>3年連続不漁響く女川、サンマ1万トン割れ気仙沼、ブランド化が奏功の石巻、サバ・カツオけん引した塩釜
 宮城県内の主要4魚市場は28日、今年の業務を終え、水揚げ実績がまとまった。サンマが歴史的な不漁となり、主力とする女川の水揚げ量は東日本大震災が起きた2011年を除くと06年以降で最低となった。気仙沼は初めてサンマが1万トンを割った。石巻はブランド化などが奏功し、震災後で最高の水揚げ額となった。塩釜はサバ、カツオがけん引し、数量・金額とも前年を上回った。
●女川
 女川魚市場はサンマの3年連続不漁が響き、水揚げ量は前年比18.8%減の3万5618トンにとどまったが、金額は1.0%増え80億5568万円となった。
 数量は主力のサンマが31.0%減の9516トンと激減したのが影響したほか、カツオやイサダなど多くの魚種が不漁だった。ただ、魚価が高く推移し、金額は目標の80億円を達成。養殖ギンザケは19.3%増の34億2100万円だった。
 加藤実専務は「水産加工会社にとっては不漁に加え魚価が高く、大変厳しい状況だ」と話した。
●気仙沼
 気仙沼市魚市場の水揚げ量は前年比2.4%減の7万3870トンで、金額は5.4%減の188億5145万円だった。震災前の10年比で数量は71.3%、金額は83.8%の水準。
 サンマは大不漁で前年比28.2%減の9676トン。1万トンを初めて割った。平均単価が上がったため金額は21億2738万円で9.6%減にとどまった。一本釣りと巻き網を合わせた生鮮カツオは不調だった昨年とほぼ同水準(1.7%増)の1万9779トン。21年連続の日本一は達成した。気仙沼漁協の臼井靖参事は「サンマとカツオが不調だった。来年は回復してほしい」と話した。
●石巻
 石巻魚市場の水揚げ量は11万2656トン、金額は208億3217万円で、前年を数量で18.1%、金額では25.1%上回った。
 金華サバや、国の「地理的表示保護制度(GI)」に登録された銀ザケ「みやぎサーモン」など高級魚のイメージ戦略に注力。サバは数量では前年比で5.4%減ったが、単価が上昇して金額は5億700万円増の31億3600万円。銀ザケは約6億円増の27億8500万円。マダコが豊漁で前年比6.5倍の609トン、金額は7.5倍の5億7000万円を記録した。
 佐々木茂樹常務は「寒流系のサンマやスルメイカは振るわなかったが、暖流系の魚が水揚げ全体を底上げした」と語った。
●塩釜
 塩釜市魚市場の水揚げ量は前年比4.2%増の2万2557トン、金額は3.3%増の107億3565万円となった。
 好調だったのはサバの巻き網。数量は震災後最多だった前年を47.5%上回った。カツオの一本釣りも68.9%増で順調だった。一方、主力のマグロはえ縄の水揚げ量は11.6%減と低迷。近海の漁場が形成されなかった。巻き網の水揚げ量は5.9%増で、相場が高値で推移したため金額は約4割アップした。
 魚市場管理事務所の担当者は「サバやカツオなどの水揚げが増えており、主力魚種になるよう力を入れたい」と話す。


安倍政権/国民の声聞こえているか
 5年目の第2次安倍政権は、一時支持率が下落し、盤石だった「1強」の足元が揺らいだ。それでも安倍晋三首相が解散に踏み切った衆院選は、野党の分裂などで自民党が圧勝した。憲法改正の発議に必要な3分の2の勢力を確保し、首相は悲願の改憲に踏み出すとみられる。
 ただその勝利は、野党がひと固まりとなって戦わず、票差以上に議席数が増幅される小選挙区制度にも負うところが大きい。国民の声をしっかりと聞かなければ、大きな揺り戻しが起きるだろう。
 年初の国会は、「安倍1強」を象徴するように首相ペースで始まった。ところが、文部科学省の天下り問題や防衛省でPKO日報を隠蔽(いんぺい)した疑いが浮上する。さらに森友学園への国有地売却問題と、加計(かけ)学園の獣医学部新設に関する疑惑がクローズアップされた。
 「もり・かけ」問題は、首相や昭恵夫人とつながりのある人物が関与していたため、国会で厳しい追及にさらされた。「記憶にない」「記録を廃棄した」とする首相の側近や官僚の答弁は、「忖度(そんたく)」という言葉を流行語にした。首相自身も「謙虚」とは程遠い言動があり、国民は不信感を強めていく。
 重要法案では、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法の改正案が焦点となった。野党の反対にもかかわらず、自民、公明などは審議を打ち切り、禁じ手の「中間報告」の手法で成立させた。またも数の力で押し切る姿勢に、政権の支持率が下がったのは当然だろう。
 国会が終わって突入した東京都議選は、小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」が躍進し、自民は歴史的な惨敗を喫した。有権者は不満の「受け皿」を求めていたといえる。
 安倍首相は9月末、衆院を解散し、消費税増税分の使途変更などを理由に挙げた。
 野党は、勢いに乗る小池氏が「希望の党」を設立する。民進党は合流を図ったが、小池氏の「排除の論理」で立憲民主が誕生し、希望と無所属に3分裂した。結局、希望は失速し、野党は共闘できず与党の大勝を許すことになった。政権批判の国民の意思を受け止められなかったことを猛省するべきだ。


ニッポンの大問題 安倍一強と国会の劣化
 安倍晋三氏が再び首相に就いて五年。このまま続投すれば歴代最長も視野に入りますが、眼前に広がるのは「安倍一強」がもたらした国会の惨状です。
 国会は今年三回開かれました。一月召集の通常国会と、安倍首相が冒頭、衆院解散に踏み切った九月の臨時国会、衆院選後の十一月に召集された特別国会です。会期は三国会を合わせて百九十日間。首相の政権復帰後、最も短い会期の年となりました。
 野党側は通常国会閉会後、憲法五三条に基づいて臨時国会を召集するよう求めていましたが、首相は三カ月間も放置し続け、召集した途端の冒頭解散です。
◆野党の召集要求を放置
 野党側は「森友」「加計」両学校法人をめぐる問題と安倍首相らとの関わりを追及しようとしていました。国会を開かなかったり、会期を短くした背景に、追及を避ける首相らの狙いがあったのかもしれませんが、召集要求の放置は憲法軽視にほかなりません。
 「内閣の助言と承認」に基づいて天皇が国事行為を行うと定めた憲法七条に基づく衆院解散も、慣例化しているとはいえ「解散権の乱用」との批判が続いています。
 衆院解散は、立法府を構成する国会議員の職を、行政府の内閣が一方的に奪う行為だからです。
 内閣不信任決議の可決や信任決議案の否決という憲法の規定に基づくものでなければ、政府提出の予算案や重要法案が否決された場合や、国論が二分されて国民に判断を仰ぐ必要がある場合など、大方の国民が納得できる相当の理由が必要でしょう。
 首相は国会議員から選ばれる必要があります。閣僚の過半数も同様です。政府は国会が決める法律や予算に従って行政権を行使します。国会は憲法上、内閣に優越するように見えます。何せ、国会は「国権の最高機関」ですから。
◆下請け機関と化す与党
 国会議員の多くは政党所属ですから、この権力構図は気圧配置にならい「党高政低」と呼ばれ、長らく政権の座にあったかつての自民党では、これが当然でした。
 しかし、この力関係は「政高党低」へと徐々に変化し、二〇一二年の第二次安倍政権の発足以降、特に顕著になりました。
 背景にあるのが平成に入ってからの政治改革です。自民一党支配下での疑獄事件を機に、政治腐敗をなくすには政治に緊張が必要だとして、政権交代可能な二大政党制を目指して衆院小選挙区制と、政党助成制度が導入されました。
 政党・政策本位の制度への転換です。確かにこの制度の導入後、疑獄事件は鳴りを潜めました。
 同時に、選挙での政党による公認と、政治資金の配分という政治家の政治生命を左右する権限が、首相を頂点とする政権中枢に過度に集まってしまいます。
 首相やその周辺の機嫌を損ねるような言動をすれば、自らの政治生命が絶たれるかもしれない。そんな空気が政権与党、特に自民党議員の間にはびこっているからこそ「安倍一強」とされる政治状況が生まれ、増長するのでしょう。
 首相は野党の主張に耳を貸そうとせず、謙虚な姿勢で、丁寧に説明すると言いながら、野党議員に対する国会答弁は尊大です。
 特定秘密保護法や安全保障関連法、「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法など国の将来を左右する重要法案では採決強行が繰り返されました。そこにあるのは首相官邸の意向を追認する下請け機関と化した与党の姿です。
 極め付きは安倍首相の改憲発言です。歴代首相は憲法改正への言及を避けてきました。首相や閣僚らには憲法尊重・擁護義務があり首相による改憲発言は憲法に抵触しかねないからです。
 今、自民党内で首相の改憲発言に、面と向かって異を唱える議員はほぼいません。いくら自民党が「改憲政党」だとしても、現行憲法を軽んじるような言動を、許してはいけないのではないか。
 首相官邸の振る舞いに国会が注文をつけられない。それは立法、行政、司法が互いを監視し、均衡を図る三権分立の危機です。国会の劣化と言ってもいい。
◆行政に「民主的統制」を
 主権者である国民が、その代表で構成する国会を通じて行政権力である内閣を民主的な統制の下に置く。これは権力を暴走させないための重要な仕組みであり、先の大戦の反省に基づくものです。
 平成の政治改革が始まって二十年以上がたちますが、そろそろ弊害にも目を向け、改善策を講じなければなりません。安倍政治がその必要性に気付かせてくれたのだとしたら、せめてもの救いです。
       ◇       
 平成の時代もあと一年余り。いまだ解決されない、また新たに浮上した「ニッポンの大問題」を読み解き、読者とともに考えます。


【2017回顧(上)】国会の劣化を招く強引さ
 国会をないがしろにすることばかりの1年ではなかったか。
 学校法人「森友学園」への国有地売却、「加計学園」による獣医学部の新設、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報に関してなど、国会では政権の姿勢を問われる問題が取り上げられた。
 目立ったのは、批判を受けようとせず、正面からの議論を避ける安倍首相らの姿である。森友問題で首相は「私や妻、事務所が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と述べながら、解明に消極的なままだ。
 稲田元防衛相は、戦闘が起きるなど現地では緊張高まる厳しい情勢だったにもかかわらず、「9条の問題になるので武力衝突という言葉を使っている」とした。PKO5原則と憲法9条への抵触を避けようとの思惑で詭弁(きべん)を繰り返した。
 他にも隠蔽(いんぺい)、強弁など不誠実さばかりが印象に残る。議論が深まらなければ、国会審議は形骸化し、機能不全に陥るのではないか。
 「共謀罪」法の採決では、自民が参院の委員会での採決を省き、本会議に持ち込む「中間報告」の強硬手段に出た。森友問題などを追及しようという野党からの臨時国会召集要求はたなざらしにした上、首相が冒頭で解散した。衆院選後は、慣例で野党に多く配分されてきた質問時間を数の力で減らした。
 民主主義が機能するためには「健全な野党が必要だ」―。
 「鉄の女」といわれた英国のサッチャー元首相が残した言葉である。論戦を繰り広げ、問題の中身を掘り下げてこそ、国民の理解は広がる。その過程を積み重ねることで民主主義は確かになる。
 当然、野党の存在が問われるべきだ。だが民進党は立憲民主党、希望の党、無所属の会などに分裂した。なお離党と合流が続く。
 その存在の軽さが首相の「1強政治」による強引さを許しているといっていい。ひいては国会の劣化にも結び付いていないか。
 官僚の態度にも疑問が残る。佐川宣寿・現国税庁長官は森友側への国有財産の売却を巡り、平然と「資料を破棄し、面会記録は残っていない」。全体の奉仕者である官僚に開き直りとも取れる態度を許しては、国会の権威が保てまい。
 首相は衆院選で森友、加計問題への批判をそらし、東京都議選の大敗からの挽回を図ったのだろう。唐突に少子高齢化などを「国難」と表現し、教育無償化を打ち出した。
 消費税率10%への再増税による税収の一部を、債務返済に充てず教育無償化の財源に転用するとした。財政健全化と引き換えに掲げた公約で、衆院選を戦った形である。
 12月初旬の世論調査では、森友問題に対する会計検査院の報告が出た後の首相の説明に、75%が不十分とした。加計問題に関する政府の説明には66%が納得していない。
 首相は丁寧、謙虚を心掛けると口にする。だが、その姿勢によっては民意は離れかねない。


加計・森友学園疑惑 首相の不誠実際立つ一年だった
 安倍晋三首相の指示や官僚による忖度(そんたく)で、行政がゆがめられたのではないか―。加計・森友学園問題は、ついに疑惑が拭えないまま越年となりそうだ。
 首相は自身の国会対応について「国民から疑念の目が向けられるのはもっとも」「おごりがあった」と反省し、「丁寧に説明する」と約束した。だが本心からそうは思っていなかったと見え、丸1年近く野党の追及から逃げ続けた。問題をうやむやにしようとし、政治不信を招いた責任は極めて重い。このまま幕引きを図ることは到底許されず、来年こそ、国民の疑問に、謙虚に、真摯(しんし)に答えなくてはならない。
 首相の「腹心の友」が理事長を務める加計学園を巡っては、何度も却下されてきた今治市への獣医学部設置のための特区申請が、なぜ一転し認められたかが問題の焦点だ。政府は新たに国家戦略特区を設け、「ライフサイエンスなど新分野の需要がある」など4条件を満たしたからとする。だが、その後の文部科学省の大学設置・学校法人審議会で「需要が不明」と疑義が出て、認定手続きの不透明さが一層増した。政府が「加計ありきではない」と強弁しても納得できるはずはない。誰が、どんな事実に基づき判断したのかを記録文書で明らかにすべきだ。
 疑惑のうちに来春の開学が決まったが、学生や市民にとっても望ましい状況とは言えない。真相解明の一つの鍵となるのが特区申請前に市職員が首相官邸を訪れ、協議した内容だ。官邸が構想段階で市職員と会う「特別扱い」をなぜしたのか疑問が残る。面会したとされる当時の首相秘書官は国会の答弁で「記憶にない」を連発、市は面会相手を明かさない。市は今からでも情報を公開し、学園理事長も公の場で申請の経緯を説明せねばならない。
 森友学園への国有地払い下げ問題でも、特別扱いが鮮明になった。定期借地契約や分割払いを認められたのは、近年では森友学園だけ。地中のごみ撤去費用について、森友側には約8億円と示したが、別の学校法人には8430万円と見積もっていた。会計検査院が「値引きの根拠は不十分」と指摘したにもかかわらず、検証と原因究明を拒む首相の姿勢は看過できない。
 大阪地検特捜部は籠池泰典前理事長を詐欺の疑いで7月末に逮捕、起訴し、勾留は5カ月間に及ぶ。一方、財務省や国土交通省の担当者への背任容疑の告発状も受理した。行政の信頼を揺るがし、公金に関わる重要な問題を「トカゲのしっぽ切り」で終わらせてはならない。徹底した捜査で、不可解な特別扱いの真相を明らかにするべきだ。
 与党からは「いつまで議論を続けるのか」との声もある。だが、終わらない原因は、首相や官僚の不誠実な対応にある。首相は改めて関係省庁に調査を求め、メモ類の提出も指示する責務がある。問題に終止符を打てるのは、首相しかいない。


大学設置審 「加計、新設条件満たさず」 複数委員が認識
 加計(かけ)学園の獣医学部新設計画について、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)の専門委員会で審査に携わった複数の委員が毎日新聞の取材に応じ、「獣医学部新設の前提となる4条件を満たしていない」との認識を示した。設置審の答申を受け、文科相は11月に認可したが、1人は「本来なら来年度も再度審査すべきだった。時間切れになった」と語り、来春開学の日程が優先されたことを示唆した。
 文科省は27日、今年度の設置審の議事要旨を公開した。加計学園に関する記述は17行しかない上、獣医学の専門家が実質的な審査をした専門委員会(14人)の議事要旨は「自由闊達(かったつ)な意見交換を妨げる」などを理由に非公開とされた。
 政府は2015年、特区制度での獣医学部新設について「獣医師が新たに対応すべき具体的な需要がある」「既存の大学・学部では対応が困難」など4条件がそろった場合に検討すると閣議決定。今年1月に加計学園が事業者に選ばれ、計画が4条件を満たしているのを前提に設置審で審査された。
 設置審は教育課程や設備が大学設置基準に適合しているかを判断し、4条件は審査の対象外だが、委員の一人は「最初から4条件を満たしていないと思った。『他大学にできないことをする』というが、このカリキュラムでできるのかとの疑問があった。募集する学生数(140人)も多い」と話した。
 設置審は翌年春の開学に間に合うための通常の認可期限となる8月末、加計学園の計画について判断を保留し、修正を求めた。この委員は、修正後の計画も「熟度が高くなかった」とし、「時間切れで認可になってしまった。本来なら来春に再度、審査すべきだと思った」と話した。
 別の委員は加計学園の計画について「(学部が新設される四国での)需要をきちんと説明していない。これまで50年以上も認めていなかった新設を認めるのだから、公明正大にやるべきだ」と指摘。認可答申の結論については「審査意見に対して学園側が計画を修正した以上、認めざるを得なかった」と語った。他のある委員は「修正した計画を学園が履行できるのか、最後まで確証がなかった」と振り返った。【水戸健一、伊澤拓也】


[性被害「#Me Too」]告発支援できる社会に
 まっすぐ前を見つめる女性5人と腕だけの6人目−。年末に「今年の人」を発表した米タイム誌は、セクハラや性暴力被害を告発する運動に加わった6人が表紙を飾った。テーマは「沈黙を破った人」。顔と名前を公表し証言した人と、匿名の人、どちらも尊い存在であるとのメッセージを表明した。
 運動は「#Me Too」(ハッシュタグ・ミー・トゥー=私も)と呼ばれ、今や国境を越えた広がりを見せる。この種の証言が、これまでほとんど表面化しなかったことを考えると、運動はまさに世界に風穴を開けた。
 きっかけは米国の女優たちが、ハリウッド映画界の大物プロデューサーの長年のセクハラを訴えたことだ。運動が波及したヨーロッパでは、告発された著名人が次々と社会的地位を失った。
 日本でも、人気ブロガーが、会社員だったころのセクハラ被害をインターネットに投稿したことが火付け役となって、共感が広がっている。
 告発から分かったのは、セクハラや性暴力が、職場や学校など「外」にとどまらず、家庭など「内」でも起きていること。女性や女児に限らず、男性や男児、性的少数者も被害を受けている。
 場面や被害の多様さを見れば、男女や個人の問題ではなく社会の問題だと知る。
 一方、日本では訴えと並行して被害者への誹謗中傷も増えている。欧米とは異なる反応で、「証拠を出せ」「警察に行けばいい」など告発自体への批判や、被害者に責任を転嫁する声が後を絶たない。
 性暴力被害者が沈黙する理由が、ここにある。
■    ■
 来沖したインドの作家ウルワシ・ブタリアさんは、「被害者の落ち度を問うのは全くの理解不足」と話す。
 セクハラや性暴力は、上司と部下、教師と生徒、大人と子ども、面接官と求職者、兵士と市民など、権力・腕力の明らかな不均衡の下で起きる。加害者と被害者には歴然とした力の差があり、ターゲットにされれば、防ぐことはとても難しいという。
 そのブタリアさんが「性被害者の支援を学びたい」と訪れた沖縄には、これまでにも、顔や名前を出し、または匿名で、米兵やあるいは身近な人からの性暴力を公表した人々が存在する。
 その結果、米兵による性犯罪の多発が県民の目に見えるようになり、他方では、県のワンストップ支援センター設立につながった。
■    ■
 「#Me Too」に代表されるような被害者の証言は、セクハラや性暴力がはびこる社会を変える力を持っている。端緒となった米国では、複数の議員が辞任に追い込まれたほか、米議会の「説明責任法」が議員のセクハラを隠蔽(いんぺい)しかねないとして法改正する動きも出てきた。
 日本はどうか。今年7月には、性犯罪を厳罰化する改正刑法が施行された。110年ぶりの大幅改正だが、被害者の抵抗の度合いで性暴力を認定する「暴行脅迫要件」が残るなど課題も多い。社会を変える第一歩として、尊い告発を支援したい。


「性的指向」が初めて判決文に刻まれた府中青年の家事件を振り返る【SHIPにじいろキャビン10周年記念シンポジウム】
 みなさん、こんにちは。中京大学の風間孝です。今日は私が大学4年生のときに参加していた、同性愛者のグループ「動くゲイとレズビアンの会」(以下、OCCUR)のメンバーとして遭遇した「府中青年の家事件」について話したいと思います。私はこの事件に、1990年から97年の間、裁判という形で関わってきました。
 最初にOCCURが結成された1986年当時の同性愛者を取り巻く状況についてお話をします。例えばフェミニストの上野千鶴子さんは『女という快楽』という本に、こんな風に論評をしていました。
「私は内在するヘテロ指向性を重視する。この見地から私はホモセクシャルを差別する」
 また上野さんは、ゲイは女嫌いの人、レズビアンは男嫌いの人とも語っていました。ゲイであることを悩んだ時、性に関する思想を知ろうと思い、フェミニズムの本を読むことがあると思います。しかし当時は、そういった本にこのようなことが書いてあった。そうした時代でした。
 また85年には、男性同性愛者がエイズの一号患者に仕立て上げられるという出来事もありました。その頃、男性同性愛者は献血拒否の対象になっており、疫学研究の調査の中で「ハイリスクグループ」として排除の対象ともなっていました。精神医学においても、「同性愛は異常性欲・性倒錯」とみなされていましたし、司法でも離婚に関する裁判の中で、同性愛者であった夫について「性的に異常な性格」と判決文に書かれていました。
 これからお話する府中青年の家事件の裁判は、こうした時代背景の中で始まったということをまずはおさえてください。
「まったく疲れちゃったよ」
 ことの発端は、1990年2月11〜12日に、OCCURが東京都府中青年の家で合宿をしたことに始まります。
 当日は他にも、大学の合唱サークル、小学生のサッカークラブ、そしてキリスト教団体が府中青年の家を利用していました。私とOCCURの代表が、利用団体のリーダーが集まるリーダー会に参加したとき、自分たちは同性愛者の団体であり、同性愛者の人権のための活動をしていると自己紹介しました。その場では取り立てて反応はなかったのですが、その後、廊下を歩いていた高校生のメンバーがキリスト教団体の人から「こいつらホモ」と言われる出来事が起こります。その高校生は、記憶を辿ってみると、お風呂場を覗かれて笑われるなど、実は他にも嫌がらせを受けていたことに気づいていきます。
 「OCCUR」という名称で府中青年の家を利用していたので、リーダー会参加者以外のひとは、私たちが同性愛者の団体であるとはわからなかったはずです。つまり嫌がらせはリーダー会がきっかけとなって起きたことになります。そこで、私たちはリーダー会を主催した府中青年の家側に臨時のリーダー会を開くよう求めました。不在であった所長の代理で対応した係長は非常に物分りがよく、私たちにこんなことを言いました。
「私は長年障害者の問題に携わってきたから君たちの問題もよくわかる。君たちの要望にそって対処しましょう。他の団体がリーダー会での自己紹介をどのように伝えたのか調べます」
 いま振り返ると、府中青年の家で受けた嫌がらせは、明らかなセクシュアル・ハラスメントです。これまでセクハラに関する事件に携わったことがありますが、加害者は大概、自分の加害行為を認めません。府中青年の家事件でも同様でした。他の団体に話を聞いた係長は「他の団体はそんなことを言っていない」と私たちに報告し、さらに「君たちのせい」と直接的には言わなかったものの、「まったく疲れちゃったよ」と言いました。
 この発言にOCCURのメンバーが怒り「こんなことで疲れていたら、わたしたちは20年間疲れてきたんだから、首を吊ってますよ」と発言すると、係長は「そんなこと言ったら社会から孤立するぞ」と言って部屋から出ていってしまいました。
 その後に開かれた臨時のリーダー会でキリスト教団体の2名は、「リーダー会以外で同性愛者の団体が来たことは話していない。服装や素振りで同性愛者だとわかったのかもしれない。女装していれば誰だってそう思う」と言いました。しかし私たちは女装していたわけではありません。さらにその2名は「同性愛者は誤った道を歩んでいる人びとです」、「女と寝るように男と寝るものは憎むべきことをしたので必ず殺されなければならない」と聖書のレビ記を読み上げはじめました。
 当然、我慢できるようなものではありません。しかし私たちがどんな気持ちになったかを話したいというと、係長にそれを遮られるなどされて、頭にきた私たちは席をたちました。こうして青年の家での合宿は終わりました。
「青少年の健全育成に正しくない影響を与える」
 一週間後、メンバーで集まって今回の事件をどう受け止めるかを話し合いました。嫌がらせを受けた当事者は、他の団体からの嫌がらせも我慢できないが、むしろ係長の行為のほうが許せない、と言っていました。係長は「障害者の問題に携わってきたから君たちの問題もよくわかる」と言いますが、少数者の問題として重なるところはあっても、障害と同性愛は別個の問題です。他の団体からの嫌がらせはもちろん我慢できるようなものではありませんが、むしろ知ったかぶりをして対応した係長に私たちは強く怒ったといえるでしょう。
 1ヶ月後、事件当日は不在だった所長と交渉をもつことになりました。所長がそこで述べたのは、「府中青年の家で起きたことはいたずらや嫌がらせだったかもしれないが、差別ではない」「職員の対応は適切だった」「青少年の健全育成に正しくない影響を与えるので、次回からの利用はお断りしたい」というものでした。
 所長のこうした対応に接して、OCCURのメンバーだけでは限界があると思い、中川重徳弁護士に代理人を頼み、上の部署にあたる教育庁に連絡を取りました。しかしそこでも社会教育課長から「まじめな団体だっていってるけど、本当は何をしている団体かわからない」「イミダス(現代用語辞典、詳しくは後述)なんかをみると、OCCURも何のために青年の家を利用するんだか疑わしい」「お風呂場でいろいろあったっていうけど、そっちの方が何かそういう変なことをしていたんじゃないでしょうか」といったことを言われました。
 最終的に1990年4月26日、東京都教育委員会での審議で、OCCURの府中青年の家の利用拒否決定がくだされました。
 その際に東京都教育委員会が持ち出したのが「男女別室ルール」です。
「青年の家は『青少年の健全な育成を図る』目的で設置されている施設であり、男女が同室で宿泊することを認めていないが、このルールは異性愛に基づく性意識を前提としたものであって、同性愛の場合異性愛者が異性に対して抱く感情・感覚が同性に向けられるのであるから、異性愛の場合と同様、複数の同性愛者が同室に宿泊することを認めるわけにはいかない」
 この決定のあと、『内外タイムズ』は「見たかゲイパワー 都庁仰天 レズと手を組んだ“人権闘争”のてん末」、『日刊ゲンダイ』は「ゲイに押しかけられた東京都の動転 施設を貸せ、貸さないで大騒ぎ」といった見出しで、都の利用拒否を報道しました。
提訴の際にとった3つの戦略
 事件からほぼ一年後の91年2月12日、私たちは提訴を行いました。提訴に向け、私たちは3つの論点について話し合いました。
 一つ目は、同性愛をどう表現するか、という問題です。
 当時、同性愛については「異性への嫌悪が核となる感情」だとか、異常性欲、性的倒錯、性的嗜好、性的志向といった様々な表現が乱立していました。私たちは、同性愛と異性愛を対等であり、異性愛者が府中青年の家を利用できるなら同性愛者も使えるはずという観点から、どういう表現を使用するべきかを話し合います。その中で出会った英語の文献に使われている「セクシュアル・オリエンテーション」という言葉を、「好きになる方向性をあらわす概念だから、指向という言葉がいい」ということで「性的指向」と訳し、訴状に書き込むことにしました。
 二つ目は、男女別室ルールへの反論方法です。
 「そもそもなぜ男女が同室で泊まれないのか」と反論した場合、いつまでたっても「なぜ同性愛者は利用できないのか」という議論に行き着かない可能性があります。そこで、「男女別室ルール」そのものを問題にするのではなく、「複数の同性愛者はなぜ同じ部屋に泊まれないのか」に焦点を当てることにしました。男女、ジェンダーの問題ではなく、セクシュアリティ固有の問題として語るという戦略をとったわけです。
 そして三つ目は、既存の学問的な権威に対しても取り組む、という点です。
 裁判に勝つために、OCCURはメディア、学会、『イミダス』を出版している出版社、文部省に対しても働きかけました。最終的に、イミダスを出していた出版社はそれまで書かれていた「男性ホモの場合は脅迫的で反復性のある肉体関係がつきまとい、対象を変えることが多い」を削除し、「同性愛も異性愛も人間の性のあり方のひとつと考えるのが妥当だろう」という文言を付け加えます。広辞苑からは「異常性欲」という表現を削除してもらい、文部省の指導書では倒錯型性非行のページに書かれていた同性愛の項目自体を削ってもらいました。
ゲイ・コミュニティからのバッシング
 提訴の際、私たちは顔と名前を出して記者会見を行いました。その結果、多くの同性愛者がこの裁判のことを知り、法廷には100人ほどの、同性愛者あるいは支援者が駆けつける様になったのだと思います。ILGA日本は、裁判を支援する決議をあげてくれました。
 大手紙の多くは、この記者会見をもとにした報道を流しています。ちょうどその時、サンフランシスコでドメスティックパートナー制度(婚姻関係にないパートナーもカップルとしての権利を認めるという制度)が始まったこともあり、日米を比較する報道があった一方、ワイドショーやテレビニュースでは、正確さを欠いた、人権問題として捉えられていない報道がありました。例えば、「動くホモとレズビアンの会」という不正確な名称を使う。私と代表で受けたインタビューでインタビュアーが急に「お母さんがかわいそうだ」と泣き出す。バラエティ番組で「おかま特集」が組まれ、「ある事件を契機に立ち上がったおかまたちがいる。そのおかまたちは、『動くゲイとレズの会』」と流される、などいろいろです。
 一方、ゲイ・コミュニティからも、OCCURに対する風当たりの強い反応がありました。
 タレントのおすぎさんは『薔薇族』の連載で「私たちは同性愛者の団体ですって“青年の家”に泊まって親睦会をするなんていうのはいかがなもんでしょうねえ。この事件は、端から、公共施設を相手取って、団体の存在を宣伝したかったというのかしら…。それだと、ちょっと卑怯な手段をとったものね。」(「おすぎの悪口劇場」『薔薇族』90年8月号)と書いていましたし、ゲイバーで「裁判の支援をしている」と話した知り合いが、その場にいたお客さんからことごとく批判されたこともありました。「青年の家を利用し、そこで同性愛者の団体だと自己紹介したOCCURに問題がある」という風潮は非常に根強かったんですね。
「同性愛者は有害」に戦略を変えた東京都の敗訴
 肝心の裁判ですが、東京都は、OCCURの「同性愛者が泊まるとどんな問題が起きるのか」という問題提起に対してあくまで「男女の問題」としてしか反論してきませんでした。要するに「私たちは同性愛に偏見があるのではなく、青年の家には男女別室ルールがあるので、利用をお断りしているだけですよ」という態度を一貫してきたわけです。
 しかし一審判決で負け、高等裁判所での二審になると東京都は戦略を変えてきます。その時に出てきたのが「同性愛という性的指向を、性的自己決定を十分に持たない小学生や青少年に知らせること自体問題である」という主張です。「同性愛者は有害だ」という主張に転換したわけです。さらに「平成二年当時の我が国における同性愛者に関する知識を基準とすると、同性愛者が青年の家を宿泊利用することが、小学生を始めとする青年の家の他の利用者の健全育成に悪影響をおよぼすと判断したことはやむを得なかった」とも言い始めました。
 こうした主張に対し、高等裁判所は私たちが使用した「性的指向」という言葉を用いて、こんな判決を下しました。
・同性愛は人間が有する性的指向のひとつであって、性的意識が同性に向かうものであり、異性愛とは、性的意識が異性に向かうものである
・従来同性愛者は社会の偏見の中で孤立を強いられ、自分の性的指向について悩んだり、苦しんだりしてきた
・同性愛者団体メンバーが性行為のなされる具体的な可能性の有無を判断することなく、安易に「同性愛者」と「男女」を同列に扱っている
・嫌がらせは青少年を拒否する理由にはなっても同性愛者を拒否する理由にはならない
・都教育委員会を含む行政当局としては、少数者である同性愛者を視野に入れた、きめの細やかな配慮が必要であり、同性愛者の権利、利益を十分に擁護することが要請されているのであって、無関心であったり、知識がないということは許されない
 そして裁判所は、東京都に対しOCCURに対し16万7200円の支払いを命じます。東京都は上告をせず、府中青年の家事件の裁判は終わりました。
カミングアウトした途端に奪われる「自由」の枠を問う
 最初にお話したように、事件の発端はOCCURメンバーへのセクシュアル・ハラスメントでした。同じようなハラスメントは現在も日本各地で毎日のように起こっているでしょう。多くの人は、自分の居場所を維持するために、ハラスメントに対する怒りややるせなさを我慢していると思います。自分の怒りを表現するのが難しいという現状は、高裁判決から20年経った今でも変わっていません。
 また、当時、OCCURが青年の家で自己紹介したことに対して、「同性愛に理解のない人の前でした、配慮の欠いた行動であり、OCCURは嫌がらせを我慢するべきだった」という意見は根強いものでした。しかしこういう被害者非難こそ、嫌がらせの背景にあるホモフォビアや同性愛者への偏見を明らかにすることを困難にしているものであり、性的マイノリティの問題を人権問題として表に出すことを妨げています。
 私は、カミングアウトした側がたたかれることの背後には「カミングアウトしなかったら差別されずに楽しく生きていける」という考え方があるのだと思います。
 私たちはリーダー会で自己紹介する前に、同性愛者の団体であることを話すべきか議論しました。当時OOCURは年に3度ほど勉強会の合宿を民間施設で行っていましたし、電話相談も受けていました。そういう積み重ねの中で、公に、一歩ずつカミングアウトしていこう、と考えて、同性愛者の団体であると自己紹介するという結論に至ったのです。
 自己紹介をしなければ、問題なく青年の家を利用できたのかもしれません。しかしその自由は、カミングアウトした途端に奪われる「自由」です。そういう意味でこの裁判は、カミングアウトの問題、許容された枠の中で生きることから、その枠自体を問うという、意義のあるものだったのだと思います。


隙あらば逃げたい希望結党メンバー
 ★民進党が機関決定した、希望の党と立憲民主党の旧民進党系3党統一会派構想。衆院選前の民進党の状態まで戻そうという民進代表・大塚耕平のもくろみだが、立憲が断ることを見込んで、希望の合流だけでも実現したいとしているが、それ自体が大塚の求心力を低めたといっていい。党がバラバラになって、党内をグリップする立場になかった二線級が権力を握って混乱させているのは、希望代表・玉木雄一郎も同様だ。 ★民進は拡大役員会で、各党に年末年始も働きかけを続けると確認した。大みそかもホテルに陣取って説得するという。ご苦労なことだが、必死なのは民進と希望がすでに草刈り場になっているからだ。既知の通り、立憲から出たい者はいない。民進が希望とだけ組むと、民進議員は立憲に逃げ出すだろう。つまり、今の主導権は立憲にある。しかし解せないのは、希望の対応だ。民進の政策などに反対し、当時の党代表・小池百合子への踏み絵と呼ばれた政策協定にサインした段階で、ルビコン川は渡ったはずだ。 ★ところが、希望の内部は玉木の指導力のなさも相まって、今やチャーター(結党)メンバーでもグラグラした状態。最低でも民進との統一会派を組みたいのが本音。選挙の時には排除されず、“選ばれた”保守系候補者だった彼らも、今では隙あらば逃げ出そうという考え。「党としては一緒になれないものの、民進系3党が固まっていれば地元も何とかなる」(希望関係者)。結果、立憲と民進の統一会派が実現、希望は割れるのではないか。安保容認派の細野豪志や前原誠司ら一部の第2自民党派が残って、後は民進系の何らかの受け皿探しをするのではないか。政界は一寸先は闇だが、覚悟のない政治家の醜態を年末まで見せられる国民はうんざりだ。

海外回顧 「力こそ正義」から脱却を
 力こそ正義−。そんな乱暴な考えが、再び国際社会を揺さぶり始めた年。2017年は、そう記憶されるかもしれない。
 主役を挙げるとすれば、まずは、この人をおいてほかにはいない。1月に米国の第45代大統領に就任した共和党のトランプ氏である。
 「米国第一」を掲げ、執務初日、環太平洋連携協定(TPP)から離脱する大統領令に署名。6月には地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から、10月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)からの脱退を表明し、米国第一主義をいよいよ鮮明にしている。
 しかし内政では、ロシアによる大統領選干渉疑惑などがくすぶっており、まれにみる低支持率が続く。
 政権運営が一向に安定しない中、今月6日には、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、商都テルアビブにある米大使館を移転させると宣言した。中東情勢に大きな混乱をもたらす一方的な態度表明である。
 国連総会の緊急特別会合では、認定の撤回を求める決議案が圧倒的多数の賛成で採択された。各国の声を無視していては、いずれ孤立を深めることになろう。
 何かと対米追随が指摘される日本も、この問題に関しては米国に同調しない立場だ。当然の判断であり、事実上、仲介役の地位を失った米国に代わって、中東和平で存在感を示すべき時ではないか。
 東アジアでは、「力を通じた平和」を唱える米国の脅威に対抗するとして、北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させている。こちらも国際社会の懸念はどこ吹く風である。過去最大規模の核実験を行ったほか、弾道ミサイルの発射を繰り返している。
 挑発行動をやめない北朝鮮を翻意させるには”後見人“である中国が重要な鍵を握っている。ところが、その動向には、きなくささすら漂う。
 5年に1度の共産党大会で政権基盤を盤石にし、「1強体制」を確かにした習近平総書記は、「強国建設」を声高に叫ぶ。欧州までも視野に入れた現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を提唱し、南シナ海の海洋権益確保も狙う。周辺国の不安を顧みることなくアジアでの新秩序確立に力を注いでいる。
 経済的にしろ、軍事的にしろ、大国が身勝手な行動を取れば、行き着く先は、人類が2度までも経験した大戦の歴史が示す通りだ。
 分断や排除の論理が大手を振って歩き始めた世界で、一筋の光となったのは核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル賞受賞だろう。一人一人の良心が国家を動かし、核兵器禁止条約の採択にこぎ着けた。
 この1年、ないがしろにされてきた国際協調、共存の思想をいま一度、世界の本流に引き戻さなければならない。「平和国家」日本の果たすべき役割は大きい。


マルチ商法「ジャパンライフ」の陰にまた昭恵夫人が登場
 高齢者をターゲットにマルチ商法を展開してきたジャパンライフが、銀行から取引停止処分を受け倒産した。日刊ゲンダイは、同社が長年、問題ビジネスを継続できた背景に時の政権との“癒着”があった可能性を報じてきたが、安倍首相との蜜月がうかがえる写真がネット上に出回っている。
 写っているのは、モリカケ疑惑でも問題視された昭恵夫人だ。笑顔を浮かべる夫人の隣にいるのは、10月27日に消費者庁から3カ月間の一部業務停止命令を受けた「48ホールディングス(HD)」の淡路明人会長である。48HDは「公開前に購入すれば、1カ月半後には10倍に値上がりする」などとウソを言って仮想通貨を販売。マルチ商法まがいで3万5000人の会員をかき集め、この2年で約220億円を売り上げたという。
 ジャパンライフと48HDには接点がある。48HDの渡部道也社長はかつてジャパンライフの取締役を務めていたのだ。
「2016年のジャパンライフの会社案内で、渡部氏は『取締役香港支社長』の肩書で紹介されています。ジャパンライフの山口隆祥会長と関係が深く、ネットワークビジネス業界では知られた存在です」(専門紙記者)
 淡路会長については、毎年4月に首相が主催する「桜を見る会」で、安倍首相や菅官房長官と一緒にいる写真までネットに出回っている。
 ジャパンライフは安倍政権との蜜月関係を背景に問題ビジネスを続けてきたのか。実は、安倍官邸も事が大きくなるのを恐れているという。
「消費者庁は17年3月に行政処分を下した後、新たな追加措置を検討していた。しかし、官邸からストップがかかったといいます。当時はモリカケ疑惑が国会で紛糾中。官邸は、ジャパンライフ問題を突くと、新たな疑惑が噴出しかねないと判断したとみられています」(永田町関係者)
 結局、消費者庁は今月15日に1年間の一部業務停止命令を下したが、これが“ユルユル処分”なのだ。
「ジャパンライフは16年末に1回目の行政処分を受けた後も、手を替え品を替え、ビジネスを続けてきました。一部業務停止命令など、痛くもかゆくもないということです。事を荒立てたくない官邸が消費者庁と“調整”し、処分の程度を緩くした可能性があります」(前出の永田町関係者)
 ところが、今月20日に被害対策弁護団が告発したことで事態は動き、大手メディアもこの問題を報じ始めている。ある野党議員は「通常国会で追及する」と意気込む。新たな“アベ友”疑惑が、年明けの国会で炎上するかもしれない。


韓国の「慰安婦日韓合意」検証は事実だ! 安保法制でも暗躍した安倍側近・元外務官僚が米国の意を受け秘密交渉
 文在寅大統領になって、見直しの動きが強まっていた慰安婦問題をめぐる2015年日韓合意だが、ここにきて大きな動きがあった。韓国の検証チームが、合意交渉は当時の朴槿恵大統領と安倍晋三首相の「側近による秘密交渉」で、元慰安婦の意見が十分反映されなかったと指摘したのだ。これに対し日本政府は猛反発。河野太郎外相は「(合意変更になれば)日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とコメントし、安倍首相は「平昌五輪に行くのは難しい」などと信じられない恫喝方針を表明している。
 マスコミも同様だ。「国と国の約束を守らない韓国の態度はおかしい」「日本国民の韓国不信が高まる」などと一方的に韓国を批判している。
 しかし、この日本側の言い分は明らかにおかしい。「日韓合意は朴槿恵大統領と安倍晋三首相の側近による秘密交渉によるもの」という韓国政府の検証結果はまぎれもない事実であり、韓国から見直しの動きが出てくるのは極めて正当で、むしろ遅すぎるといってもいいほどだ。
 まず、簡単に振り返っておくと、15年の日韓合意は、日本政府は韓国政府が設立する元慰安婦を支援するための財団(和解・癒やし財団)に10億円を拠出し、一方の韓国政府はソウルの日本大使館前の少女像について関連団体と協議したうえで「適切に解決されるよう努力する」とし、日韓政府は「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決」を確認するという内容だった。
 だが、本サイトはこの合意が締結された直後から、合意をした日韓両政府を厳しく批判してきた。それは、合意の内容が日本の真摯な反省にもとづくものではなく、アメリカ側からのプレッシャーにしぶしぶ従い、カネで慰安婦問題を封じ込めようとするものだったからだ。
 米政府は当時、日本政府に慰安婦問題で謝罪をすることを厳しく要求していた。2015年10月に、オバマ大統領が朴大統領との首脳会談後の会見で「歴史的問題の決着」を強く求めたことは有名だが、それ以前から、国務省のダニエル・ラッセル東アジア・太平洋担当国務次官補やダニエル・クリテンブリンク国家安全保障会議アジア上級部長、そのほか国務省幹部がしきりに日本政府に圧力をかけていた。
 そして、その米国国務省の圧力の窓口となっていたのが、今回、韓国政府の検証報告で「秘密交渉を行った」とされた「安倍側近」の谷内正太郎国家安全保障局長、そして兼原信克内閣官房副長官補という、元外務官僚コンビだった。
安保法制を主導した谷内正太郎国家安全保障局長が日韓合意でも米国の
 実は本サイトは、2年前の日韓合意締結直後からこの2人の元外務官僚が米国の意向を受けて動いていたことを掴み、こんな裏を報道していた。(リンク
〈谷内氏、兼原氏の元外務官僚コンビは、現在、安倍外交を事実上牛耳っているとされる存在。米国と太いパイプをもち、その意向を受けて、日米ガイドライン、安保法制を主導したことで知られる。今回の慰安婦問題日韓合意でも、この2人が中心になっていたという。
「今回の合意の原案をつくったのは、兼原副長官補、裏交渉をして準備を整えたのは谷内局長です。当然、米国と密に連絡を取りながら進めていたはずです。実際、米国政府も少し前から、日韓両国が28日に合意をして歓迎表明をするシナリオをほのめかしていましたからね」(官邸担当記者)〉
 これは韓国サイドも同様で、やはり米国から相当なプレッシャーを受け、朴大統領の側近でイ・ビョンギ国家情報院長(当時)が交渉にあたった。まさに、合意は国民不在の米主導による秘密交渉だったのである。
 しかも、その合意内容もひどいシロモノだった。たしかにこのとき、岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相との共同記者会見で発表された談話には、「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」「安倍内閣総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する」という記述があった。
 だが、そこには、河野談話にあった強制性を認める文言はまったくなく、安倍首相自身が実際に公の場で「元慰安婦たちへのおわびと反省」を語ったわけでもなかった。その後も安倍首相は一切謝罪の言葉を述べず、元慰安婦たちが首相による「おわびの手紙」を求めた際も、国会答弁で「毛頭考えていない」と全否定した。
 にもかかわらず、10億円の拠出で「最終的かつ不可逆的に解決される」と、“慰安婦をめぐる韓国からの要求を今後一切受け付けない”ことを示す文言までが盛り込まれたのだ。
 韓国の元慰安婦がいちばん求めているのは、日本政府が慰安婦問題で強制性があったことを認め、実際に安倍首相が“心からの反省”を示すことなのに、それをせずに、こんな合意をするというのは、それこそ日韓両政府が札束で慰安婦問題にフタをしようとしたと言われてもしようがないだろう。
少女像を合意に含め、カネで慰安婦問題を封印しようとした日韓両政府
 しかも、最悪なのは、この合意のなかに、在韓国日本大使館前の少女像をめぐる項目があり、韓国政府が「関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する」と表明していたことだ。
 安倍政権や日本のマスコミは少女像をさも“反日の象徴”“日本への嫌がらせ”のように扱っているが、これは彫刻家によるれっきとした美術作品=表現芸術で、その資金は市民による募金である。民主主義国家ならば当然尊重すべき、国民の「表現の自由」の範疇だ。
 少女像の制作者である彫刻家キム・ソギョン氏とキム・ウンソン氏夫妻は、日韓の慰安婦問題だけに取り組んでいるのではなく、ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺の加害意識も正面から受け止め、謝罪と反省の意味を込めた「ベトナムのピエタ像」の制作も行なっている。つまり、少女像は決して“反日の象徴”ではなく、正式名称の「平和の碑」の名のとおり、戦争を憎み、犠牲者を悼み、世界の平和を希求する思いが込められているのだ。
 たとえば、同じように平和の象徴である広島の「原爆の子の像」(禎子像)について、原爆を投下したアメリカが「10億円を出すから像を撤去しろ」などと言って日本政府が「解決」を約束したら、わたしたちはどう思うだろうか。「なんでそんなことを勝手に決められなければならないのだ」と激怒するはずだ。
 ところが、日韓両政府はこの表現の自由への侵害、平和を思う人々の内心を圧殺する条件を約束してしまったのだ。
 こんな内容の合意について、韓国国民が「合意見直し」の声をあげ、文在寅大統領がそれに応えようとするのは、民主主義国家の代表としては当然の姿勢ではないか。
 だが、安倍政権と日本のマスコミは、そうした問題の本質を一切無視して、韓国政府の見直しの動きを「約束違反」などとヒステリックに攻撃するばかりだ。
 それは、今回だけではない。日本政府やマスコミはこの間もずっと同じような攻撃を韓国に行なってきた少女像が撤去されないことについて、「契約不履行」だと糾弾。昨年末、韓国の市民団体が釜山に新たな少女像を設置すると、駐韓大使の一時引き上げや日韓通貨スワップ協議の中断などの対抗措置を断行。露骨に韓国政府に圧力をかけてきた。
 しかし、韓国側の慰安婦問題に対する強硬姿勢はむしろ、安倍首相の歴史修正主義が招いたものだ。
韓国側の強硬姿勢を招いたのは、安倍首相の歴史修正主義だ
 日本軍が韓国はじめアジア各地に慰安所を設置し、現地の女性をかき集めていたことは、中曽根康弘元首相も手記で得意げに語っていたように、歴史的な事実だ(過去記事参照)。
 しかし、安倍首相は、若手議員のときから「(慰安婦だという人の中には)明らかに嘘をついている人たちがかなり多くいる」「実態は韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやっているわけですね」(『歴史教科書への疑問─若手国会議員による歴史教科書問題の総括』より、勉強会での安倍の発言)と主張するなど、露骨なまでの慰安婦否定論者であり、首相になってからは「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定するなど、慰安婦問題を矮小化することに血道を上げてきた。
 そして、安倍首相にくっついている自民党の極右政治家連中も同様に、慰安婦の軍関与を否定し、「慰安婦は金目当ての売春婦」というような誹謗中傷、デマをふりまき続けてきた。
 こうした姿勢は第二次政権で「当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」「安倍内閣総理大臣が心からおわびと反省の気持ちを表明する」とした2015年日韓合意の後もまったく変わっていない。
 前述した軍関与の否定や誹謗中傷はもちろん、朝日新聞の誤報をあげつらうことで、あたかも慰安婦問題そのものがでっちあげであるかのような印象操作まで行なってきた。
 少女像の設置運動の高まりは、こうした安倍政権への反発という部分が非常に大きい。日韓合意への反発も同様だ。実際は、安倍首相に反省のかけらもなく、米国のご機嫌取りのために10億円支払ってやったというくらいの認識しかないことを韓国国民に見透かされているのだ。
 日本のマスコミは他国の「約束不履行」をなじる前に、まず、自国のトップのグロテスクな歴史修正主義を批判すべきではないのか。(編集部)


景気拡大なのに実質賃金が下がるアベノミクスの本質 「3%賃上げ」の虚実
石水喜夫:大東文化大学経済研究所兼任研究員
景気拡大が続いているのに、実質賃金が低下する過去の景気拡大局面では見られなかった事態が続いている。政府は失業率や求人倍率の改善を喧伝するが、なぜ、アベノミクスのもとで賃金は上がらないのか。労使関係に詳しく労働経済論などの専門家でもある石水喜夫・元京大教授(現・大東文化大学経済研究所兼任研究員)がアベノミクスの「不都合な真実」を3回にわたって解説する。
労働力は他の商品とは違う。「労働市場論」という知的欺瞞
 賃金の行方に多くの人々の関心が集まっています。来春闘でも政府は経済界に賃上げを求めています。
 私たちの賃金は、これからどうなるのでしょうか?
 これまでの賃金の動きを振り返り、今後を見通すために、経済分析への期待は大きいでしょう。
 ところが、経済を分析する場合、どのような分析枠組みを用いるかによって、結論が大きく左右されてしまうという問題があります。特に賃金の分析では、注意が必要です。
 たとえば、経済学には「労働市場論」という考え方があって、労働市場で雇用と賃金が決まるという分析装置が用いられます。
 この分析装置には、一般の商品のように需要と供給の関係で価格が決まり、労働力が不足すれば、賃金が上がるという因果関係が組み込まれています。
 こうした関係を経済原則として、当然視する向きもあるでしょう。
「なぜ人手不足なのに賃金は上がらないのだろう?」という問いに、多くの人が心惹かれるとするなら、日本の社会では、それだけ多くの人が「労働市場論」を信じていると言うこともできます。
 この問いかけは、労働市場で賃金が決まることを前提としているからです。
 人が働くということを労働力の供給と見なすことはできないとか、たとえ労働市場というものを仮定したとしても、労働市場で雇用や賃金は決まらないとか、さらには、労働市場で雇用と賃金が決まるとは考えるべきではないなど、「労働市場論」に代わる考え方はたくさんあります。
 しかし、今の日本社会では、あたかも「労働市場論」が真理であるかのごとく前提とされているところに、大きな問題が潜んでいるのではないでしょうか。
既存の経済学の枠組みでは雇用の実態を見誤る
 日本経済や、雇用、賃金の実際の状況はどうなのでしょうか。
 2013年以降の景気回復を解説する場合に、有効求人倍率の上昇とか、雇用情勢の改善といった語り方が好まれてきました。
 経済活動を、生産回復の面から解説するなら、鉱工業生産指数を用いてもよさそうな気がするのですが、鉱工業生産指数は、2014年に前年比プラスとなった他はマイナスで、ようやく2017年にプラスが見込まれるようになったものです。
 経済情勢の「改善」というメッセージを打ち出すには少々、「不都合な指標」といえます。
これに対し、雇用情勢を示す指標は力強く改善してきました。
(注)
(1)数値は四半期の季節調整系列である。
(2)シャドーは景気後退過程を示している。
 有効求人倍率は、景気循環の拡張過程である第14循環のピーク(1.08倍)を超え、21世紀に入って最高値を更新するとともに、2017年には、ついにバブル期(第11循環)のピーク(1.45倍)をも突破して、1.5倍台へと突入したのです。
 有効求人倍率が労働市場における労働力需給を示していると考えるなら、2017年には、バブル期並みの賃金上昇率が達成できることになります。
 しかし、現状の賃上げが、バブル期の足下にも及ばないことは誰でも知っています。
 また、「異次元緩和」を続ける金融政策でも、不都合な事態が広がっています。日本銀行がこれだけ多くの貨幣を供給しても、目標通りには物価が上昇してこないのです。
 経済学には、先ほどの「労働市場論」と同じように、「貨幣数量説」というものがあって、物価は供給された貨幣量に連動すると考えられています。
「労働市場論」や「貨幣数量説」の思考の道筋からすれば、雇用情勢の改善によって労働力需給は逼迫し、貨幣供給によって物価上昇も展望されるから、労働組合はより高い賃金の獲得に尽力しなくてはならない、という「物語」が作り出されてしまうのです。
 経済学は、人々の思考を縛り、ある特定の社会認識を生み出し、そして、ある特定の行為を命ずる、というような危険な性格を持っています。
 本当に大切なことは、既存の経済学の枠組みに囚われることなく、もっと柔軟に経済指標を分析することなのではないでしょうか。
「不都合な事実」も含めて、日本経済の真の姿を描き出し、今後に向けた対応を真摯に検討していくことが求められます。
求人倍率や失業率の「改善」は一部職種の特殊要因も大きい
 よく目を凝らしてみると、「高い」と言われる有効求人倍率にも、実は、そうでもないところがあるのです。
 有効求人倍率は、様々な職業からなる求人倍率の平均値ですが、今回の景気拡張過程では、建設関連の職業で大きく上昇しました。
(注)
(1)常用有効求人倍率とは常用有効求人数を常用有効求職者数で除した値であり、職業別有効求人倍率は常用有効求人倍率で示されている。
(2)有効求人倍率には一般の有効求人倍率と常用有効求人倍率とがあり、一般は常用と臨時・季節を合わせたものである(常用とは雇用契約において雇用期間を定めないか又は4か月以上の雇用期間が定められているもの、臨時とは雇用契約において1か月以上4か月未満の雇用期間が定められているもの、季節とは季節的な仕事に就労するか季節的な余暇を利用して一定期間を定めて就労するもの[期間は4か月未満、4か月以上の別を問わない])。
(3)2016年度(第16循環の拡張過程における直近)の有効求人倍率は1.39倍、常用有効求人倍率は1.25倍(両倍率のギャップは0.14ポイント)、2006年度(第14循環のピークで第16循環の値により更新されるまでは2000年代で最も値が高かった時期)の有効求人倍率は1.06倍、常用有効求人倍率は1.02倍(ギャップは0.02ポイント)であった。
(4)職業別有効求人倍率を用いた求職者5分位階級は職業別有効求人倍率をもとに有効求人倍率が低い職業から順に並べ、それぞれの有効求職者数によって5等分し、低い方から順番に第喫位、第曲位、第景位、第己位、第五分位とした。
(5)(4)における各分位の推計にあたっては、各分位間にまたがる職業については、求職者数をもとに線形補間法で按分した。
 アベノミクスの「三本の矢」の経済政策は、金融緩和、財政発動、規制緩和、の三つですが、公共事業のための財政発動も進められ、建設関連職種を中心に求人は増加してきました。
 しかし、事務や組み立てなど、求人倍率の低い職業を希望する求職者にとっては、事態はそれほど改善していません。
 21世紀に入り最高水準に達した2016年度の値を、第14循環のピーク時(2006年度)と比較してみると、求人倍率の低い層では大した違いはなく、求人倍率の高い層でより高くなって、平均値で見求人倍率が引き上げられています。
 これらに加えて、近年では、契約期間の短い臨時労働者の求人も多くなり、臨時・季節を除く常用有効求人倍率は、一般の有効求人倍率ほどには高くない、という事実も指摘できます。
「労働市場論」を前提にすれば、高い賃上げのために、労働力需給が引き締まっているというストーリーは都合がよく、有効求人倍率の上昇は、そうした都合に答える指標の動きといえます。
 こうした状況のもとで、有効求人倍率の上昇をはやし立てる雰囲気が作られ、その内実は語られることが少なくなっていくわけです。
 また、失業率の改善についても、今回の拡張過程では特異な状況が見られます。
 雇用者数の増加により失業者は減っていきますが、今回の雇用増加は、成長率が高まったことによるものではないのです。
 雇用の増加は、成長率が低い割に労働力需要が膨らみすぎたことによって引き起こされました。これを「雇用弾性値の上昇」と言います。
(注)
(1)景気拡張過程のうち、雇用者数が増加している期間について推計した。
(2)第16循環の景気拡張過程については、2012年の第源揚彰から2017年の第胸揚彰までの期間とした。
(3)雇用者数は四半期の季節調整値を用い、起点を100.0とした指数を線形関数で特定し、その傾きを年率換算してして雇用者数の増加率とした。
(4)GDP(国内総生産)は実質の四半期季節調整系列を用い、起点を100.0とした指数を線形関数で特定し、その傾きを年率換算してGDPの増加率とした。
(5)雇用弾性値は(3)の雇用者数の増加率を(4)のGDPの増加率で除した値とした。
 第16循環では、小売業や飲食サービス業で雇用増加が加速しています。今回の拡張過程では、消費支出は低迷しているのですが、消費が低迷するもとで、消費関連産業の雇用が拡大するという動きが見られるのです。
 2014年4月の消費税率の引き上げは、売り上げ鈍化という形で、小売、飲食の現場を直撃することになりました。労働者は、そこからの回復に懸命に取り組み、仕事はますます忙しくなっています。一方で事業者は生き残るために人手を増やしサービスを良くしようとして、過当競争に陥り、競争の激化と人手不足の悪循環が生じることとなりました。
 雇用増加の裏には、こうした厳しい現実があります。
「雇用情勢の改善」を表面的に語るエコノミストは、人々の生活や労働の実態に関心があるわけではなく、金融政策の成果にのみ関心があるのだと言ってよいでしょう。
翻弄されてきた労働組合 「官製春闘」のもと、実態を語れず
 一体、この間、労働組合は何をしていたのでしょうか。
 本来、労働組合とは、労働者の実情を「言葉」の力によって描き出し、社会に問題提起していく存在だったのではないでしょうか。
 2013年以降の賃金交渉では、従来、労使で行われてきた交渉に政府が関与し、「デフレ脱却」のために経営に賃上げを求めたことから、「官製春闘」と呼ばれてきました。
 もちろん、このように言われることを潔しとしない組合役員はいるでしょう。
 しかし、現実に、政府のデフレ脱却路線に組み込まれてしまったことは、政策当局と一緒になって、賃上げの成果を誇らねばならないことを意味していたのです。
 この過程で生じたことは容易に想像できます。
 たとえば、消費税率の引き上げは、2014年4月の税率引き上げまでの駆け込み需要とその後の反動減をもたらしましたが、労働組合は反動減の事実から目をそらしたのではないでしょうか。
 もし、消費税率引き上げ後の経済停滞を認めてしまったら、翌年の賃上げに力を込めることはできなかったからです。
 また、2015年の経済は低迷し、賞与もマイナスに転じましたが、この事実は、受けとめることすらできなかったのではないでしょうか。
 権力とともに賃上げに取り組んでしまうと、「賃金は上昇した」という結論以外を受け入れることはできなくなってしまうのです。
 賃上げの結果ばかりに気が取られ、社会の現実に向き合うことを次第に忘れて行きます。これは、かつて国民が、広く大本営発表を真実として受け入れた心理状態と似たようなものだと思います。
景気拡張過程で実質賃金が低下 アベノミクスの「隠された本質」
 一体、今、日本社会では、どのような事態が進行しているのでしょうか。
 第16循環の拡張過程では、確かに名目賃金は0.6%(年率)上昇しました。しかし、物価はそれ以上に上昇し、実質賃金上昇率は△0.8%(年率)となったのです。
 景気拡張過程に実質賃金がマイナスとなったような歴史は存在しません。
(注)
(1)賃金は現金給与総額で、産業計、事業所規模30人以上の四半期の指数(季節調整値)を用いた。
(2)各景気循環の拡張過程についてみたものである(第16循環は2017年第技揚彰までの期間とした)。
(3)変化率は、起点を100の指数系列として推計した線形関数の傾きとし、年率に換算した。
(4)消費者物価上昇率は名目賃金上昇率から実質賃金上昇率を差し引いた値とした(消費者物価指数のうち帰属家賃を除く総合に該当するもの)。
 バブル崩壊前までは、物価上昇率を超えて名目賃金の上昇が達成され、実質賃金上昇率も高い伸びを示していました。
 1991年のバブル崩壊は、日本の労使関係に大きな衝撃を与えたのですが、実際の賃金交渉パターンに影響を与えたのは、不良債権問題などで経済停滞する中で無理に「財政構造改革」を押し進めた1997年の経済失政と、その後の非正規雇用化の進展です。
 物価は低下に転じ、平均賃金も低下する場合が出てきました。ただし、実質賃金の上昇率はプラスを維持していたのです。
 現在の第16循環で進行していることは、名目賃金上昇率に対し、物価上昇率が大きいということです。
 これは、今までにない新しい事態の出現であり、巧妙に隠されたアベノミクスの本質でもあります。
 超金融緩和で円安の流れを作り維持することで、輸出企業の生産を支え経済を活性化させようとしますが、輸入物価の上昇や資源価格の上昇を招き寄せてしまっているのです。
 もちろん、物価上昇率は、日本銀行が目指す「2%」に比べれば小さいのですが、労働者が獲得する名目賃金の伸びに比べれば大きな数字です。
 そして、実質賃金の低下は、企業収益の改善に大きく貢献し、輸出の増加にも寄与しています。
 金融の異次元緩和を通じた円安傾向と輸入物価の上昇は、2013年から明らかになりました。
 2014年4月の消費税率の引き上げには、価格転嫁の環境を整えるためにも、国内物価の上昇傾向は不可欠であり、円安による輸出の促進、財政による下支えによって総需要の拡張傾向が生み出され、輸入物価の上昇など諸コストの増加は、消費者物価に転嫁されました。
 また、円安によって、日本の株価に割安感が生まれ、株式市場も活況を呈するようになったのです。
 こうして、政府は、予定通りに消費税率を引き上げ、企業は価格転嫁を進めました。
 しかし、働く人たちは、わずかばかりの賃上げを手にしたものの、より多くの支出を余儀なくされ、物価上昇によって実質所得を収奪されることとなったのです。


日本の政党は“右往左往”してる──パックンが「リベラル/保守」の矛盾をズバリ衝く!
小池百合子氏の「リベラル排除」発言と、その結果生まれた立憲民主党の躍進で今年の政治のキーワードのひとつになった「リベラル」。
だが、よく考えてみると日本における「リベラル」の定義は曖昧(あいまい)で、何を指しているのかよくわからない。
そこで「週プレ外国人記者クラブ」第102回は年末スペシャル編として、来日24年のアメリカ人マルチタレント、「パックンマックン」のパックンこと、パトリック・ハーラン氏に話を聞いた。
***
―日本では「リベラル=左」っていう意味で使われていると思います?
パックン 個人的には同義語だと思うんですけど、日本の皆さんは左というと社会主義、共産主義に近いものをイメージするんじゃないでしょうか。だけど、今の日本の共産党はそこまで左じゃないですよ。党綱領に自衛隊を廃止するとは書いていないでしょう。
ゆくゆくは全ての国が軍を持たない世界を作りたいという理想を掲げているだけで、それに対して「自衛隊がないと困るでしょ!」って反論するのはちょっと幼稚な主張だと思います。日本のリベラルといえば、立憲民主党とか社民党になるんじゃないかな。
―言ってみれば、日本のリベラルは「中道左派」とか「保守の中のやや左寄り」くらいの位置づけかも。
パックン そうですね。日本は右が左で、左が右。右往左往してる! だって今、自民党は教育無償化しようとしてるじゃないですか。これ、思い切り左がやる政策ですよね。一方で、立憲民主党は同性婚を公約に挙げていない、これは右です。基本的に欧米のリベラルは同性婚を今すぐ認めるべきという主張ですから。
―日本のリベラル/保守の不思議なところはまさにそこですね。主義主張がゴチャゴチャに混ざり合っている。
パックン これは、戦後ずっと続いている「一党一強」による弊害だと思います。結局、自民党しか政権を担わないから、教育無償化みたいに本来は野党が主張していた政策も自民党の都合次第で「パクられて」しまう。そうなれば、野党の存在意義も特色も出せません。
その結果、混在する野党は票割れしていまい、自民党は40%程度しか得票率がないのに与党で70%以上の議席を確保している。これは選挙制度の問題でもあると思いますが、一党一強の政治体制のおかげで、与党・野党間の主張の違いが際立たない。
―とはいえ、「保守」を自認する自民党政権下でも、20年くらい前までの日本はアメリカみたいな「格差社会」ではなく、国民皆保険制度が整備されていたり、それなりに弱者への配慮もある国だった。自民党の55年体制というのは、保守政権がやっている一種の社会主義だったんじゃないか?という見方もあります。ひと昔前の自民党って、それなりに「リベラル」だったんじゃないか…と。
パックン まさにそう!
―ただ、その自民党もここ20年ほどで大きく変質していませんか? まさにアメリカの経済的保守に近づいているというか。
パックン 安倍政権は法人税を下げて、消費税を上げようとしていますしね。まさにその通りで、僕が日本に来てからの20数年間で「これはアメリカのパクリだな」っていう動きがたくさん見られます。
小泉政権が「民営化、民営化!」と言っていたのはアメリカの保守派の文言のコピーだったし、安倍首相の「日本を取り戻す」も、共和党のジョン・マケインが選挙キャンペーンで使っていた「テイク・バック・アメリカ」そのまま。共和党の演説で聞くような表現が増えてきています。明らかにアメリカを見ていますよね。
先述したように、共和党は「神の党」ですが、「軍の党」でもあります。いつも軍軍軍軍軍軍軍軍!言うんです。例えば、野党が軍事費を削減しようとすると「国のために命をかけている軍人を危険にさらしたいのか! 防弾チョッキのお金も削るのか!」というような論調で猛反対する。いやいや、そうじゃなくて装備は減らさず軍人の数を減らせばいいんじゃないかと思うんですけど。
自民党も同じ論理ですよね。集団的自衛権の議論の中で、邦人が乗っているアメリカの輸送船を警護できないのはおかしいでしょ!とか。共和党のレトリックとそっくりなんですよ。
さて、「リベラルとは何か?」に話を戻しましょうか! 「リバタリアニズム」という言葉もありますよね。リベラリズムが自由主義なら、リバタリアニズムは「自由至上主義」とでも訳したらいいのか、極端に「小さな政府」を志向して、軍も持たない、所得税もない、あらゆる規制を撤廃してすべて自由であるべきという考え方です。
この「リバタリアン」と言われる人たちは、例えば麻薬は取り締まらなくていいと考えるから左に近い。でも、企業に対する規制も全部撤廃したいという点では右です。軍を持たないというのは左、信仰の自由のために黒人にサービスを提供しないお店があってもいいと考える…これは右です。だから、リバタリアンの皆さんの考え方は共和党、民主党双方に含まれるんですけど、この人たちがどっちに票を入れているかというと大体、共和党です。
―アナキスト(無政府主義者)の右版っていう感じですね。
パックン なんでそうなるかっていうと、共和党はこの辺のコミュニケーション戦略が本当に巧くて、「自由」という言葉すら保守のものにしているんですよ。
―え、どうしてそんなことになっちゃうの?
パックン 「自由、幸福の追求」の保障です。わかりやすい実例を挙げますと、今年、コロラド州のケーキ屋さんの訴えが連邦最高裁まで行ったんです。ある日、ふたりの男性が来店して「結婚式のケーキを作ってほしい」と言った。それに対して、キリスト教徒であるこのケーキ屋さんは「自分は同性婚には反対なので、信仰の自由のためにケーキは作れない」と拒否したんです。
―つまり、自分には「同性愛者にケーキを売らない自由」があるんだ、と。LGBTの権利か、個人の信仰の自由か…というわけですね。
パックン そういうことです。それから、「アファーマティブ・アクション」という弱者への優遇措置があるんですが、例えば、同じ成績の黒人と白人が大学に入学願書を出すと、黒人が優先される。歴史的に黒人は多くの重荷を背負ってきたので、格差や差別の是正のために優先的にチャンスを与えられるという、真っ当な考え方です。
ところが、不合格にされた白人の身にもなってみろ、この人の「権利」や「自由」が侵害されているじゃないか!と保守派は主張するわけです。虐(しいた)げられた白人、虐げられたキリスト教徒の自由を共和党は守る。だからトランプは自由のためにイスラム圏からの移民を国内に入れないわけです。
―今日は「リベラルとは何か?」というテーマでいろんな話をしてきましたが、ひとつハッキリしたのは「自由って難しい」ってことですね。そう考えると「リベラル」という言葉の曖昧さは、そのまま「自由」という言葉の曖昧さでもあるんだなぁ。
パックン 「自由」だけじゃなく「保守」という言葉もそうですよね。保守とは何か? 本来は現状を守るとか、古き良きを守るとかいう意味でしょうけど、日本の保守もアメリカの保守も「改革、改革!」と言っています。それ、保守じゃないじゃん!っていう。
―安倍政権は目下、「人づくり革命」とか「生産性革命」に躍起ですからね。こんな革命だらけの保守なんて聞いたことない。戦後ずっと続いてきた平和な時代を守ろうというのが保守なのかと思いきや、戦後を全部否定したりね。
パックン そうそう、「戦後レジームからの脱却」ですね。この辺のマジックワードも、まさにアメリカのレトリックを倣(なら)っていると思います。
―最後に今後、日本のリベラルにパックンが期待することは?
パックン 僕は番組などで野党の皆さんにお会いするたびに「いつでも政権交代ができるようにちゃんと準備してください。本気で政権を獲ろうと対立してください」と言っています。自民党は本当に巧みです。野党のいいアイデアはすぐに自分のものにする。野党はそこに負けないで、自民党にマネされないブランディングをするべきです。
先ほども言ったように、ここ20年、自民党はアメリカの共和党のマニュアルを使って戦略を立てているように見えます。でも、実際には共和党の政策って矛盾だらけですよ。例えば、「環境保護法」という名で公害に対する規制を緩和したり、まるでジョージ・オーウェルのディストピア小説『一九八四年』が現実のものとなったようです。
―安倍首相の国会答弁も矛盾だらけですよね。
パックン 言葉には「意味」があるべきです。「矛盾している言葉を使ってはいけない」と野党は強く訴えないといけない。徹底的に突っ込んだ上、批判するだけじゃなくて代替案を出して、与党に勝つビジョンを示してほしい。そうすれば、選挙はもっと有意義なものになり、投票率も上がるでしょうからね。(取材・文/川喜田 研 撮影/保高幸子)
●パトリック・ハーラン  1970年生まれ、米国コロラド州出身。ハーバード大学卒業後、1993年に来日。吉田眞とのお笑いコンビ「パックンマックン」で頭角を現す。最新刊『世界と渡り合うためのひとり外交術』(毎日新聞出版)など著書多数。BS−TBS『外国人記者は見た+日本inザ・ワールド』(毎週日曜夜10時〜)のMCを務めている


日本側「挺対協説得」「性奴隷の単語禁止」…ほとんどすべて聞き入れた韓国側
非公開の“裏合意”の内容を見ると
12.28合意反対を憂慮する日本に
韓「関連団体説得に努力する」
第3国の少女像」に対する不満には
政府が支援しないという文句入れる
「性奴隷という単語は使うな」の要求にも
「公式名称は慰安婦被害者」と応答
合意後大統領府、外交部に指示
「国際舞台で慰安婦発言するな」
政府・団体の活動に自ら足かせ

 2015年12月28日ユン・ビョンセ外交部長官と岸田文雄日本外相が共同記者会見で発表した韓-日「慰安婦」被害者問題関連合意は、両国が合意した内容の一部に過ぎなかった。 韓-日日本軍慰安婦被害者問題合意検討タスクフォース(以下TF)のオ・テギュ委員長は27日、TF検討結果報告書を発表する席で、12•28合意の”裏合意”について「(双方が合意内容を)口頭で発表する前に『これは発表し、これは発表しない』ということを確認したもの」として「法律的に口頭合意」であると確認した。 これまで政界と市民団体から多く提起されてきた”裏合意”の存在が事実として露になったのだ。 既に知られている「平和の少女像」問題以外にも、結果的に「慰安婦」問題を巡る韓国政府と市民社会団体の活動を制約した内容も含まれており、論議が予想される。
■ 「少女像適切に解決の努力」など裏合意
 TFが明らかにした12•28合意の”裏合意”の核心は、2015年12月ユン・ビョンセ外交部長官と岸田文雄日本外相が韓-日外交長官会談で言及した内容のうち非公開に分類された部分である。
 当時日本側は12•28合意発表によって「慰安婦」問題は最終的・不可逆的解決になるわけだから、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)などの団体が合意に対する不満を表明した場合韓国政府がこれらを説得してくれるよう願うという立場を明らかにした。 また「在韓日本大使館前の少女像をどう移転するのか、具体的な韓国政府の計画」を尋ね、第3国での「慰安婦」記念碑等の設置は「適切でない」と言った。
 日本側は「韓国政府が今後『性奴隷』という単語を使わないよう希望する」という意思も明らかにした。 TFはこのような日本側の発言に韓国側が対応する形式で非公開言及内容が構成されていると伝えた。
“裏合意”には韓国側が日本政府の着実な措置履行を前提に、12•28合意発表で「慰安婦」被害者問題の最終的・不可逆的解決を確認し、「関連団体」などの説得のために努力すると答えたものと出ている。 日本側の要求と異なり挺対協など団体を特定してはいないが、TFは「日本側の希望を事実上受容れた」と判断した。 大使館前の少女像と関連しては12•28合意当時のユン長官の発表内容と同一の内容が非公開部分に入っている。 韓国政府が「日本政府の憂慮を認知して関連団体との協議等を通して適切に解決されるように努力」するという内容だ。 TFは韓国政府の「具体的移転計画」を問う日本側の質問に韓国政府が同じ返答をしたことに注目した。 朴槿惠政権は2015年4月に拒否した第3国での「慰安婦」記念碑設立の動きに対する立場表明を、協議最終段階で「支援しない」という文句を入れる方式で行なった。「性奴隷」という表現を使わないという約束はしなかったが「公式名称は『日本軍慰安婦被害者問題』のみ」と確認した。
■ 「外交部も非公開合意の弊害認知」
 2015年4月の第4次高位級協議でこのような内容が暫定的に妥結された後、外交部が内部会議を通して修正または削除が必要な4つの事項を整理したという点は注目される。 外交部が整理した内容には、第3国の「慰安婦」記念碑と「性奴隷」表現の問題が含まれ、少女の像関連の言及もあった。 TFは「外交部が非公開合意内容が問題を引き起こす可能性があることを認知していたということを示すもの」と指摘した。
 これ以外にも“裏合意”には、12•28合意によって日本政府の予算で設立することにした「慰安婦」支援目的財団に関する詳細な措置及び財団設立関連論議で日本側が「(被害者への)現金の支給は含まない」という表現を削除する過程などの議論記録も含まれているとTFは明らかにした。 また両国は「発表内容に関するメディア質問時の応答要領」を前もって作成し、12•28合意における日本政府の法的責任など敏感な事項に対する共同返答を調整したことが明らかになった。
 TFは「韓国政府は公開された内容以外の合意事項があるのかという質問に対し、少女の像と関連してはそんなものはないと答えながらも、挺対協説得、第3国の少女の像、「性奴隷」の表現と関連した非公開内容があるという事実は言わなかった」と指摘した。さらに、“裏合意”部分で韓国政府が日本側の要求を事実上受容れたものと評価した。
■ 自ら足かせをはめる
 12•28合意により朴槿惠政権は、「慰安婦」問題を巡り自ら政府の活動範囲を制限する結果を招いただけでなく「慰安婦」被害者と支援団体の活動にも足かせをはめることになった。
 合意以後大統領府が「国際舞台で慰安婦関連発言はするな」という指示を外交部に下したということは今回明かされた事例の一つだ。 TFはこれによって「まるでこの合意を通じて国際社会で慰安婦問題を提起しないと約束したという誤解をもたらした」と指摘した。
 実際韓-日両者の次元で日本政府の責任・謝罪・補償問題を解決するための12•28合意は、以後「慰安婦」被害者問題と関連して国際社会で韓国政府の行動に変化をもたらした。 合意の翌年である2016年3月、ユン長官はスイスジュネーブで開かれた国連人権理事会の高位級会議演説で「慰安婦」問題について何ら言及しなかった。
 またこの日の女性家族部発表に寄れば、朴前大統領は合意直後の去年1月、「慰安婦」被害者記録物のユネスコ登載支援事業と関連して「支援中断」の指示をしたことが明らかになった。去る10月末にユネスコは結局、日本軍「慰安婦」被害者記録物の世界記憶遺産登載を保留した。
キム・ジウン記者