ブログネタ
フランス語 に参加中!
Fig79

Les carpes koï colorées, des reines de beauté made in Japan
Spécialement élevées pour leur esthétique, les carpes koï sont devenues emblématiques au Japon.
C’est un concours de beauté sans podium ni tapis rouge mais avec des candidates imperturbables dans des piscines: les carpes koï multicolores (≪nishikigoi≫). Spécialement élevées pour leur esthétique, elles sont devenues emblématiques du Japon, s’exportent avec succès et valent parfois de l’or.
Fleur rouge à la boutonnière et carnet de notes à la main, des juges en complet-cravate font la moue en jaugeant les carpes dans leurs bassins, installés pour l’occasion le long d’une rue piétonne de Tokyo.
Leurs couleurs miroitent au soleil: blanc de nacre, rouge vif, nuages gris comme dans une estampe, calligraphies bleu foncé, jaune doré.
Mais c’est la rondeur du poisson qui compte pour 60% de la note finale, explique à l’AFP Isamu Hattori, président de la principale association japonaise d’amateurs de nishikigoi, qui organise chaque année ce concours à Tokyo, dont l’enjeu n’est pas financier mais une affaire de prestige.
Le contraste des couleurs et les motifs comptent ensemble pour 30%.
Les 10% restants constituent probablement le critère le plus difficile à évaluer pour les profanes: le ≪hinkaku≫, ou ≪prestance≫ de la carpe.
≪Nous avons beaucoup de secrets≫
≪Le hinkaku, les carpes l’ont dans leurs gènes à la naissance ou ne l’ont pas≫, affirme à l’AFP Mikinori Kurihara, éleveur de nishikigoi à Kazo, dans la préfecture de Saitama (nord de Tokyo), qui dit repérer ce caractère parmi ses protégées dès ≪8-9 mois≫.
Dans sa ferme, des milliers de petites nishikigoi frétillent dans des bassins intérieurs à l’eau filtrée, triées par âge et par couleur. Bien plus nombreux, leurs frères et soeurs non sélectionnés ont moins de chance: ils attendent dans de longs bassins extérieurs d’être vendus comme friandises pour poissons tropicaux.
≪C’est un métier vraiment délicat, tellement difficile. Tout est important: le sol, la qualité de l’eau, la nourriture≫, explique M. Kurihara, 48 ans, qui a repris l’élevage de son père et qui initie désormais son fils aîné de 24 ans.
≪Nous avons beaucoup de secrets≫, dit-il avec malice. ≪Mais même si on les révèle à quelqu’un, ça ne marchera pas, il faut le sentir≫, ajoute-t-il.
Impossible aujourd’hui pour un jardin traditionnel japonais digne de ce nom de ne pas avoir un étang avec des nishikigoi. Pourtant, leur création est relativement récente.
Il y a environ 200 ans, des villageois de la région montagneuse de Niigata (nord-ouest du Japon) ont commencé à faire de la génétique sans le savoir, en favorisant la reproduction et le croisement des rares carpes qui n’étaient pas brunes, non plus à des fins alimentaires, mais ornementales.
La passion a progressivement gagné tout le Japon, puis plus récemment d’autres pays asiatiques, notamment la Chine, où les carpes remontant le courant symbolisent la persévérance menant à la richesse, ≪comme des gens gravissant l’échelle sociale≫, relève Yutaka Suga, professeur à l’institut d’études avancées sur l’Asie à l’université de Tokyo, interrogé par l’AFP.
≪Vous oubliez le stress, et vous trouvez la paix intérieure≫
Les exportations japonaises de nishikigoi ont atteint en 2016 un record de 295 tonnes, pour un chiffre d’affaires de 3,5 milliards de yens (près de 27 millions d’euros), un bond de près de 50% comparé à 2007, selon le ministère de l’Agriculture.
Au total, 90% de la production locale est exportée et vendue aux enchères. ≪Les prix sont devenus déments. Aujourd’hui des koï de 2 ans peuvent être vendues 30 millions de yens l’unité (environ 226.000 euros), alors qu’il y a dix ans, 2 millions de yens (15.000 euros) était déjà une somme≫, relate M. Hattori.
Mais comme d’autres le font avec des chevaux de course, les propriétaires étrangers laissent souvent leurs plus belles carpes dans leurs fermes japonaises d’origine, afin qu’elles puissent participer aux prestigieuses compétitions du pays, réservées aux aquaculteurs locaux.
C’est le cas de Yuan Jiandong, un collectionneur chinois de nishikigoi venu à Tokyo voir concourir quelques-uns de ses poissons.
≪Pour moi, ce n’est pas une façon de faire de l’argent, mais de le dépenser pour le plaisir≫, assure en riant ce patron d’une entreprise pharmaceutique de Suzhou, près de Shanghai (est).
Il ne s’agit toutefois pas seulement d’exhiber sa richesse: ≪Quand vous voyez ces beaux poissons onduler dans votre étang, vous oubliez le stress, et vous trouvez la paix intérieure≫, assure-t-il. Ce qui n’a pas de prix...
La chanteuse France Gall est morte
L’interprète de ≪ Résiste ≫, icône des années yé-yé, a succombé à un cancer à l’âge de 70 ans.
La chanteuse France Gall est morte, dimanche 7 janvier, à Paris, a annoncé sa chargée de communication, Geneviève Salama : ≪ Il y a des mots qu’on ne voudrait jamais prononcer. France Gall a rejoint le Paradis blanc le 7 janvier, après avoir défié depuis deux ans, avec discrétion et dignité, la récidive de son cancer. ≫ L’interprète de Poupée de cire, poupée de son et de Résiste avait été hospitalisée mi-décembre à l’Hôpital américain de Neuilly, près de Paris, officiellement pour une infection sévère.
Une famille de musiciens
Isabelle Gall, de son vrai nom, est née le 9 octobre 1947 à Paris. Elle grandit dans l’univers de la musique. Son père, Robert Gall, lui-même chanteur et auteur, avait composé des chansons pour Edith Piaf et Charles Aznavour ; son grand-père avait, lui, cofondé les Petits Chanteurs à la Croix de bois.
Commençant à chanter dès l’adolescence, elle monte sur scène dès l’âge de 16 ans et connaît son premier succès populaire avec Sacré Charlemagne, écrit par son père, qui se vend à plus de deux millions d’exemplaires.
Gagnante de l’Eurovision
En 1965, France Gall remporte le concours Eurovision de la chanson, pour le Luxembourg, en interprétant Poupée de cire, poupée de son, de Serge Gainsbourg. Elle suscitera le scandale en chantant un autre tube écrit par l’auteur-compositeur, Les Sucettes, aux paroles suggestives.
A la fin des années 1960, elle enchaîne les disques et part chanter en Allemagne, mais sans renouer avec le succès populaire de ses débuts. Elle entretient une brève liaison avec Claude François auquel leur rupture inspirera Comme d’habitude. Après Bébé Requin (1967), sa carrière piétine. France Gall vit cinq ans avec Julien Clerc, puis le quitte. Il chantera Souffrir par toi n’est pas souffrir.
La rencontre avec Michel Berger
Sa rencontre avec Michel Berger en 1973 constitue le tournant de sa carrière. Il écrit pour elle La Déclaration d’amour en 1974, un single qui relance durablement sa carrière. France Gall devient sa muse mais aussi son épouse et la mère de ses deux enfants, Pauline en 1978 et Raphaël en 1981.
Elle enchaîne avec lui les succès musicaux : Musique, Viens je t’emmène, Besoin d’amour, Il jouait du piano debout, Tout pour la musique, Résiste, Diego, Evidemment, Ella, elle l’a… La chanteuse participe aussi à la comédie musicale Starmania. Le couple s’investit en Afrique, achète une maison à Dakar et s’engage à travers l’album Babacar, et l’action SOS Ethiopie.
Touchée par des drames personnels
Tout bascule lors que Michel Berger meurt brutalement d’une crise cardiaque en 1992 à l’âge de 44 ans, deux mois après la sortie de leur album Double jeu. Un an après, la chanteuse est frappée par un cancer du sein. France Gall remonte pourtant sur scène jusqu’à un nouveau coup dur, la mort de sa fille Pauline de mucoviscidose en 1997, qui signe sa retraite.
En 2015, à l’âge de 68 ans, la chanteuse avait fait son retour via une vidéo pour la comédie musicale Résiste, qui remettait au goût du jour les tubes du couple qu’elle formait avec Michel Berger.
フランス語
フランス語の勉強?
ガリレオX 第153回「お酒と人類 進化のハッピーアワーとビール・ワインの起源」
人類はいつお酒に出会い、お酒を造れるようになり、そしていつからお酒を飲んできたのか?お酒と人類のつきあいは農耕の始まりより古く、先史時代からだ。ワインとビールの起源の考古学研究が進み、お酒の果たした歴史的役割が見直されている。また植物考古学的な分析も進み、世界最古のビール工房がエジプトで見つかるなどしている。一方、アルコール分解能力はある時、突然変異によってヒトの祖先にもたらされ、生き延びるのに有利に働いたという推論もある。例えばヒトの祖先が樹の上から降りたことにも、定住と農耕を始めたことにも、文字を発明したことにも酒が関与している可能性が高いというのだ。長年、お酒を飲むのはヒトだけとされてきたが、ヤシ酒を飲むチンパンジーも確認された。お酒を飲むことの進化的な起源と、文明史的な起源を探る。
松沢 哲郎 さん(京都大学) 馬場 匡浩 さん(早稲田大学) 赤司 千恵 さん(東京大学総合研究博物館) 小泉 龍人 さん(東京大学東洋文化研究所) キリンビール

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク3▽骨が出す!最高の若返り物質
私たちの全身の「若さ」をつかさどっているのは、実は骨。「記憶力」「免疫力」「精力」などを操っている。どうすれば骨を強くし「若さ」を保ち続けられるのか詳しく伝える
骨は、単なる固いカルシウムのかたまりだと思ったら大間違い。私たちの全身の「若さ」をつかさどっているのは、実は骨だということが、最新の科学から明らかになってきている。骨が操っているのは、「記憶力」「筋力」「免疫力」、そして「精力」。逆に言えば、骨が「老化」のスイッチを押してしまうことも。どうすれば骨を強くし、「若さ」を保ち続けられるのか。骨が持つ知られざるパワーを呼び覚ます方法も、詳しく伝える。
タモリ,山中伸弥,久保田祐佳, 木村佳乃,藤井隆,石田明

あの日を胸に〜阪神・淡路大震災23年「南京町豚饅頭(まんじゅう)屋 曹英生さん」

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿 スペシャル「欲望のユートピア」
科学史に埋もれた闇の事件に光を当てる知的エンターテインメント「フランケンシュタインの誘惑」拡大スペシャル第2弾!今回も第一線で活躍する現役の科学者が分野を超えて集結! 知性とは、感情とは何か? 科学はユートピアを創造できるのか? 科学が強大な権力と結びついた時、何が起きるのか? 番組で取り上げてきた驚がくの“科学史の事件”をもとに徹底的に語り合い、“科学の正体”に迫る! 驚きと発見に満ちた90分!
tomtom @analystTOM
有名な政治家の元に生まれ学校、大学もエスカレーターで勉強しな過ぎて卒業さえ危ぶまれ、就職もコネ、その後は親の秘書、そして選挙は当然親の選挙区の世襲だ
バカ殿とどう違うのか?
何一つ努力もチャレンジも乗り越えた経験のない安倍さんが「誰しもがチャレンジできる機会」って冗談でしかない

山崎 雅弘 @mas__yamazaki
諸外国のメディアは、伊勢志摩サミットの際、安倍首相と神社本庁の繋がりや、なぜG7サミットで諸外国のトップを伊勢神宮に連れていくのかという理由を一本の文脈として報じたが、日本のメディアは当時も今も、文脈に触れず、改憲運動も伊勢神宮参拝もバラバラに報じている。
神社本庁は、前身である三つの神道組織が戦時の国家神道体制下で果たした役割、具体的には神主学徒を含む大勢の若者を戦争に煽動して命を失わせ、国を破滅寸前に追い込んだ責任について、全く反省しているようには見えない。敗戦後も戦中と同じ国家神道のロジックで、戦後の日本を罵倒、誹謗している。
「先の戦争の反省」という時、戦後の日本では軍部の横暴や非人道的行為にだけ強い光が当てられ、侵略戦争を精神面で「大義名分化」し煽動した神社界の責任は巧妙に「影」に隠れる形になっていたように思える。手遅れにならないうちに、今まで抜け落ちてきた「神社の戦争責任」を問う作業が必要だろう。

ナウちゃん(Born This Way) @KS28226613
これを見て、ダウンタウン信者の諸兄は「ほら見ろ、人権派左翼が大騒ぎしただけ」と反論しているようですが、この問題は、ベッキーさんがどう考えているかの問題ではなく、公共の電波で禊と称して女性に暴力を振るうことの是非なのです。そしてそれを笑える人間の精神の頽廃を嘆いているのです。
松井計 @matsuikei
ベッキーにとって禊キックがプラスになるんだからそれでいい、とする議論も因果関係が逆転している。んなものがプラスになるような社会は間違っているんですよ。
ユニフランス東京 @UnifranceTokyo
フランス・ギャルが亡くなりました😢享年70歳。多くのアーティストにインスピレーションを与えながらも、映画には参加することのなかった彼女ですが、こんな映像がありました↓
ゲンズブールに日本語の「夢見るシャンソン人形」を披露するフランス・ギャル https://youtu.be/j2GUQCQ_Fis

さすらい人の谷さんです(青春18きっぷ放浪期間中) @tanisan4649
大阪大学の出題ミスを指摘した吉田弘幸先生。見覚えあるお名前だと思ったら高校時代に背伸びして通ったSEGの先生だった。ここの先生はレベル高いですよ。筑駒とか開成の学生がこぞって通うところ。メンツのためにその鋭い指摘を無視し受験生を翻弄した阪大の罪は重い。
佐々真一 @sasa3341
阪大の件:「複数の答えを正解とした」理由を考えた。まず、S台が提示した答え以外を正解として認めるのは難しい。固定壁は、教科書どおりの、変位でみて固定端(圧力でみて自由端)でよいだろう。それ以外の条件をもった壁を用意するのは現実的にもありえないし、そこが問題ではないだろう。
唯一の可能性は、音叉で正の方向にでる波と負の方向にでる波の位相が逆かどうかで、圧力でみて同相(変位でみて逆相)が自然だし、おそらく実験でもそうだと思う。音叉を90度回転させると、山谷パタンが変わるが、正と負の方向の波の位相は圧力でみて同相なのは変わらない(ように見える)。
しかしながら、音源からでる波の位相の関係は自明ではなく、試験問題としては、問題中で明示しておくべき事項だった。そこで、「音源からでる波の位相の関係」については、受験生がどう考えても(=どう仮定しても)正解とする、という案に落ち着いたのでないか、と推測した。
実際、高校物理風に変位で考えたときに、音源からでる波の位相が変位でみて逆転しているのを理解するのに(僕は)凄く時間がかかった。混乱して、変位でみたときと圧力でみたときで結果が違うのでないか、とか間違った理解にも入り込んだ。(山谷の位置は違うけれど、干渉条件は変わらない。)
また、変位による記述と圧力(密度)による記述の関係は難しく、今回も何度となく混乱した。境界条件は、どの量に対する境界条件なのかを明示する必要があって、例えば、「変位でみて固定端=圧力でみて自由端」だから、量を明示しないままに「固定端 or 自由端?」を問うても問自体が成立していない。


フランスギャルが亡くなったという知らせにびっくり.何年か前に引退との知らせを聞いた時には,悠々自適の生活なのかな?と思っていましたが,そうでもなかったみたいです.昨日の星野仙一に続いて悲しいニュースが飛び込んでくるのもなんだかなぁ・・・70ならまだまだ若いですし.
4月旅行を考えて,とりあえず宿をとりました.

石巻 亡き母を目指す新成人
東日本大震災の被災地、石巻市で7日、成人式が開かれ、新成人たちが復興への思いを新たにしました。
石巻市雄勝地区の成人式は、去年完成したばかりの雄勝小・中学校で行われ、およそ20人が出席しました。
はじめに、震災の犠牲者に全員で黙とうをささげたあと、新成人を代表して、伊勢直也さんが「思い出の校舎も生まれ育った町も一瞬で失い、当時は現実を受け入れることができませんでしたが、その経験を生かして、たくましく生きていきます」と決意を述べました。
出席した新成人たちは、震災当時、中学1年生で、家族を亡くした人も少なくありません。
その1人、牧野陽紗さんは、地元の病院で働いていた母親のまり子さん(当時40)を亡くしました。
牧野さんは、生き残った人から母が患者を避難させるために病院に戻り津波に流されたと聞き、その事実を胸に刻んで暮らしてきました。
牧野さんは、スポーツ選手がけがをした時に施術を行う柔道整復師を目指して専門学校で勉強中で、母のように患者に尽くし信頼される柔道整復師になりたいと考えています。
7日の成人式には、父親の輝義さん(49)も、まり子さんの遺影を持って出席し、娘の門出を見守っていました。
牧野さんは「最後まで患者さんのために働いたお母さんは私の誇りです。自分もお母さんに誇りに思ってもらえるよう頑張るので見守っていてほしい」と話していました。


南三陸町 亡き同級生と成人式
8日の成人の日を前に、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた南三陸町で7日、成人式が行われました。
7日、南三陸町で行われた成人式には、町の中学校を卒業した新成人およそ130人が、振り袖やはかま姿などで出席しました。
式では、南三陸町の佐藤仁町長が「皆さんは震災という考えられないような困難を乗り越えてきました。その経験を糧に、ふるさとの復興にぜひ力を貸してもらいたい」と述べ、新成人たちの門出を祝いました。
このあと、新成人を代表して、阿部愛世さんが「私たちは震災で多くのものを失いましたが、人を思う優しさや困難に立ち向かう強さも学びました。これからは社会人として復興に携わっていきます」と誓いの言葉を述べました。
7日に出席した新成人たちは、震災発生当時は中学1年生で、長引く避難生活の中、生活の拠点を内陸部に移すために転校を余儀なくされる人も多かったということです。
南三陸町の成人式には、震災で亡くなった同級生への思いとともに出席した人がいます。
南三陸町出身の小山康平さん(19)は、中学校の同級生だった三浦辰徳さん(当時13)を震災で失いました。
三浦さんは、中学校の校庭から高台に避難する途中、津波にのまれ犠牲になりました。
小山さんは、地元伝統の踊りの活動などを通じて、亡くなった三浦さんと幼いころからずっと一緒に過ごしてきました。
このため、小山さんたち同級生は、震災後に行われた中学校の修学旅行や卒業式の際も、必ず三浦さんの写真を持って一緒に参加してきました。
生きていればともに迎えるはずだった成人式も一緒に祝おうと、小山さんたちは、7日朝、遺族のもとを訪れて三浦さんの遺影を受け取り、その遺影をもって成人式に出席しました。
三浦さんの母親の芳子さんは「同級生たちの姿をみて、辰徳も生きていればこんなふうに成長したのかなと少し寂しい気持ちもありますが、写真だけでも成人式に出させてもらえればと思っていたので、本当にうれしいです」と話していました。
小山さんは、いま、ふるさとを離れて仙台市にある大学で教員になるための勉強をしています。
いつか教員として町に戻り、亡くなった三浦さんの分までふるさとのために働こうと考えています。
小山さんは「三浦くんは小さいころから家族よりも長い時間を一緒に過ごした仲間でした。写真だけですが一緒に出席できてよかったです。これからも自分たちを見守っていてほしいと思います」と話していました。


震災当時は中学1年 東北の被災地で成人式
 発生からまもなく7年を迎える東日本大震災の被災地で7日、成人式が行われた。新成人は震災当時、中学1年生。「地域を盛り上げたい」と地元に残り続けたり、被災経験を伝える活動をしたりしている若者が復興への決意を新たにした。
 総務省によると、2018年1月1日時点で20歳の新成人は全国で男性63万人、女性60万人の計約123万人。前年とほぼ同数で、総人口に占める割合は0.97%と8年連続で1%を下回った。
 石巻専修大学(宮城県石巻市)で行われた同市石巻地区の成人式には、振り袖やスーツ姿の約870人が参加。冒頭、震災の犠牲者に黙とうをささげた。代表してスピーチした会社員、阿部龍之介さん(20)は「私たちは多感な時期に大切な人を亡くした悲しみや、慣れ親しんだ町を失ったつらさを経験した。この教訓を胸に成人としての自覚を持って歩み始めたい」と誓った。
 丹野将太さん(19)は同市内で家業のノリ養殖を手伝っている。震災前は別の場所で働くつもりだったが、「被災後に周りの人が石巻を盛り上げるために地元に残り続けた。その姿を見て自分も石巻を盛り上げたいと決意した」という。
 東京都内の大学1年、青木采里奈さん(20)は「離れた場所では震災の記憶が薄れている」と感じており、所属する非政府組織(NGO)で経験を伝える活動に取り組む。「水や電気など普段は当たり前にあるものが使えなくなる。震災を知らない人たちと教訓を共有したい」と語った。
 東京電力福島第1原子力発電所事故による避難指示が2017年3月末に一部解除された福島県浪江町では、事故後初めて町内で成人式を開催。自宅が帰還困難区域にある大学2年、山本幸輝さん(19)は代表あいさつで「町民の災害から立ち上がる精神と絆があれば、必ず復興を成し遂げられる」と力強く語った。


被災3県で成人式 新成人が復興に向け決意
8日の成人の日を前に、東日本大震災で被害を受けた宮城、岩手、福島の各県の多くの市町村で7日、成人式が行われ、新成人たちが復興に向けた決意を述べました。
このうち、宮城県七ヶ浜町の成人式には新成人およそ170人が出席し、寺沢薫町長が「震災後の困難をともに乗り越えてきた皆さんが成人式を迎え、感慨深いです。挑戦をおそれず、自分の信じる道を歩んでください」と激励しました。
そして、新成人を代表して中川利樹さんと浅野那未さんの2人が「津波は私たちから大切なものを奪いましたが、多くの方々の努力で新たなふるさとに生まれ変わりました。これまでは大人を見ているだけでしたが、今後は自分たちが一歩踏み出していきたい」と決意を述べました。
ことしの新成人は7年前の震災当時中学1年生で、地元の七ヶ浜中学校では女子生徒1人が犠牲になりました。中学校の校舎も被災し、新成人たちはプレハブの仮設校舎のまま卒業しましたが、今では新しい校舎も完成しています。
亡くなった生徒と友達だったという浅野さんは「できることなら一緒に成人式を迎えたかったです。町の復興を支えるため自分たちに何ができるか考えていきたい」と話していました。


東日本大震災被災地できょう成人式 復興支える若者は減少
東日本大震災の発生からまもなく7年となる中、被害を受けた宮城、岩手、福島の各県の多くの市町村で7日、一斉に成人式が行われます。成人式の対象者は3つの県で震災前より4000人以上減っていて、復興を支える若者をどう増やしていくかが課題となっています。
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島の3県では全体の74%にあたる94の市町村で7日、一斉に成人式が行われます。
各県のまとめによりますと、今年度の成人式の対象者は合わせて5万6060人で、震災前の平成22年度と比べ4500人余り減っています。
県ごとに見ますと、宮城県が震災前より5%余り少ない2万3724人、岩手県が10%余り少ない1万2382人、福島県がおよそ8%少ない1万9954人となっています。
中でも津波や原子力発電所の事故で大きな被害を受けた地域は若者の減少が目立ち、福島県川俣町が震災前の半数以下、岩手県大槌町や宮城県山元町でも40%以上減っています。
ふるさとを離れる新成人も多い中、被災した地域にとっては復興を支える若者をどのように増やしていくかが課題となっています。
亡き母への思いを胸に 式に臨む新成人
東日本大震災で亡くなった母親への思いを胸に成人式に臨む人もいます。
宮城県石巻市の雄勝地区で暮らしていた牧野陽紗さん(20)は地元の「雄勝病院」で事務職として働いていた母親のまり子さん(当時40)を津波で亡くしました。
中学1年生だった牧野さんは母親との突然の別れにショックを受けましたが、後日、生き残った人から母親が患者を避難させるために病院に戻り、流されたと聞き、そのことを胸に刻んで過ごしてきました。
震災のあと父親や弟たちとともに地元を離れ、母親のいない生活に寂しさを感じることもありましたが、「母のように強く生きよう」と心に誓い、家族と支え合ってきました。
牧野さんが今、目指しているのはけがをしたスポーツ選手に施術を行う柔道整復師です。
高校を卒業後、仙台市内の専門学校に進学し、石巻市の自宅から毎日通学して勉強を続けています。
最後まで患者のために行動した母親のように、患者に尽くし信頼される柔道整復師になりたいと考えています。
牧野さんは7日、ふるさとの雄勝地区で開かれる成人式に出席し、自分の夢を母親に報告するつもりです。
牧野さんは「最後に病院で頑張ったように、何事に対してもまっすぐ生きてきたのがお母さんの尊敬するところです。今後もつらいことはあると思いますが、震災を乗り越えた強い気持ちを忘れずに生きていくので『近くで見守ってね』と伝えたいです」と話していました。


<里浜写景>津波しのいだ悠久の記念塔 三王岩(宮古・田老)
 波が彫刻刀となって削り出した巨大な塔がそそり立つ。中央の男岩は50メートル。20階近い高層マンションにも匹敵する。左側の女岩は23メートル、右側の太鼓岩でも17メートルあり、合わせて「三王岩」とあがめられている。
 「子供の頃、この周りは遊び場でした」と岩手県宮古市田老の自営業佐々木均さん(71)が言う。東日本大震災の直後、歩いて三王岩が見える高台に登った。
 津波を受けて岩が崩壊したのではと心配になったからだが、「以前と変わらず悠然とそびえ、左右に波を受け流していた」。
 男岩の岩肌は見事なしま模様。下の方は1億年以上も昔の白亜紀の砂礫(されき)層だという。7年前の津波は太古の地層に激突したはずだが、びくともしなかった。
 三王岩を巨大な津波が襲ったことは、過去にいくどあったことか。ことごとくはねのけてきた歴史が、立ち姿を神々しく彩る。(文と写真 写真部・及川圭一)
<メモ>旧田老町の宮古市田老地区は津波で甚大な被害を受け「津波太郎」と言われたほど。明治三陸(1896年)と昭和三陸(1933年)の両地震では、合わせて約2800人が犠牲に。その後、巨大防潮堤が建設されたが、2011年の東日本大震災でも181人が亡くなった。


阪神大震災23年 尼崎西高「50キロウォーク」 被災地感じ防災意識高める 明石から尼崎、生徒191人参加 /兵庫
 阪神大震災の教訓を風化させず、後世に伝えようと、県立尼崎西高校(尼崎市大島2)の生徒191人が6日、明石市のJR大久保駅前から同校まで約50キロを歩いた。震災の被害が大きかった神戸や阪神間を歩き、ライフラインが断たれた当時に思いをはせながら、防災意識を高めた。
 尼崎西高は2014年から、震災の教訓を南海トラフ巨大地震への備えにつなげようと「震災メモリアル強歩大会」と題して、被災地を歩いている。震災後に生まれた生徒たちに「被災地を身近に感じ、長距離を歩くことで精神的にも強くなってほしい」との思いがあるという。
 生徒らは午前7時半過ぎ、「50キロウォーク実施中」などと書かれたのぼりを手に、JR大久保駅を出発。休憩を取りながら、国道2号線を東進して同校を目指した。
 参加者には東日本大震災の被災地を訪れ、ボランティア活動をした生徒も多い。昨夏、宮城県南三陸町の仮設住宅で被災者と交流した2年生の中本泉紀さん(17)は「東北の被災地ではいまも多くの人たちが不自由な生活を送っていた」と振り返り、「今の神戸にそのような爪痕は感じられないが、多くの場所で道路が寸断したと聞いている。当時の様子を考えながら歩きました」と話した。【生野由佳】


<星野仙一氏死去>感動忘れない 東北各界から哀悼の声「被災者を優しさと強さで照らしてくれた」
 プロ野球東北楽天元監督の星野仙一氏の死去が伝えられた6日、東北の各界には哀悼の意とともに、東日本大震災の被災地を感動で包んだ2013年の日本一の実績を改めてかみしめる声が広がった。
 「東北に夢と感動を与えてくれた。(日本一の)優勝パレードの際、『沿道のファンからありがとうと言われた時、ぐっとこみ上げるものがあった』との言葉が何よりの思い出だ」
 東北楽天を支援する官民組織、楽天イーグルス・マイチーム協議会会長の鎌田宏仙台商工会議所会頭は、星野氏の人柄をしのばせるエピソードを交えた談話を出した。
 同協議会の初代会長を務めた丸森仲吾元七十七銀行会長は「東北楽天を日本一に導き、被災地を大いに盛り上げていただいたことが印象に残っている。まだ若く、楽天のために力を貸していただけると思っていただけに残念でならない」と早過ぎる死を悼んだ。
 村井嘉浩宮城県知事は「監督就任以来、常に被災地を思い、日本一になって被災者を励ましたいという熱い思いで選手と一丸となって戦ってこられた」と振り返り、「卓越した手腕と指導力で日本一へと導き、被災地東北に勇気と元気を与えてくれた」と感謝した。
 郡和子仙台市長は「日本一の栄光を勝ち取ったあの時の感動が昨日のことのように思い出される。避難所訪問などの活動を通じ、被災された方々を温かく励まし続け、優しさと強さで照らしてくれた」と冥福を祈った。


<星野仙一氏死去>被災地のラジオに飛び込み出演「燃え尽きるまで燃えていきたい」と躍進誓う
 星野仙一さんは東日本大震災の被災地にも強い印象を残した。2011年4月8日、宮城県山元町を訪れた際、町の臨時災害FM局「りんごラジオ」に飛び込みで出演。東北楽天監督として初めて迎えるシーズン開幕の4日前に「東北を代表して燃え尽きるまで燃えていきたい」とチームの躍進を宣言し、2年後、チームを初の日本一に導いた。
 星野さんはラジオに出演する前、町沿岸部をコーチや球団スタッフと訪問していた。「こんなことがあっていいのかと、信じられない被害だった」「耐えている方々の姿を見て、勇気を持ってシーズンを戦おうと決意した」。静かな口調でマイクに向かった。
 生出演を終えた後、りんごラジオ局長だった高橋厚さん(75)に「優勝を目指して全力で頑張る」と語った。
 13年、星野さんは約束を果たした。「まさかあの大変な状況から2年で優勝するとは思わなかった。ものすごい人だと思った」と高橋さん。スタッフだった妻の真理子さん(68)は「開幕直前にもかかわらず来ていただき、多くの住民が励まされた」と振り返る。
 10分弱の出演で残した力強いメッセージは、今も住民の心に残っている。


<星野仙一氏死去>評伝 強さと優しさと責任感
 東北楽天を日本一に導いた星野仙一さんが亡くなった。「強さがないと本当の優しさではない」との信念で低迷していたチームを押し上げ、東日本大震災で打ちひしがれていた東北の被災者に勝つ喜びをもたらした。常に強者に挑み続けた闘将は、家族にみとられて静かに70年の生涯を閉じた。
 「お前やせたな。来てくれてありがとう」。昨年11月28日に東京であった野球殿堂入りを祝う会で、星野さんは監督時代と変わらぬ笑顔で語り掛けてくれた。本当は闘病で苦しいはずなのに、そんなそぶりを見せることはなかった。
 決して弱さを見せない人だった。監督就任後の2011年3月11日、大震災が起きた。がれきに埋まった被災地の避難所。悲嘆する大人のそばで無邪気にはしゃぐ子どもたちを見て、思わず涙が出そうになりながら「勝って被災者を癒やす」と自らを奮い立たせた。
 2年後、チームは快進撃を続けパ・リーグを制し、日本シリーズで宿敵巨人を破り日本一となる。勝利の瞬間、実はうれしさはなかったという。「勝つという責任を果たせた」。被災地での誓いを果たせずにいた指揮官は、ようやく苦しみから解放された。
 14年5月には難病の黄色靱帯(じんたい)骨化症などの治療で一時、戦線を離れた。翌15年の続投も既定路線の中、7月に復帰を果たしたが、表情はさえなかった。胸騒ぎを覚えた9月18日朝、星野さんから「体に不安がある。辞める」と退任を告げられた。4年間取材して初めて聞いた弱音だった。
 勝負に徹するため、ベンチでは厳しさを貫いた。一方で、球場を離れると、周囲とのコミュニケーションを大切にし、記者とも親しく接してくれた。豊富な知識と人を引き込む話術で、野球はもちろん、政治や経済、文化、芸術などさまざまな分野について的確に論評し、驚かされた。
 東北での生活も楽しんでいた。「仙台は住みやすい。緑が多くて飯もうまい。ただ、女性は男を見る目がない。俺を一人にしている」とジョークを交えて語った。
 星野さんの好きな言葉は「夢」。1年前、今後の夢を尋ねたことがある。「野球の底辺を広げたい。アマチュアとプロが手を合わせて、子どもたちが野球をやれる環境をつくりたい。今度、仙台でゆっくり話そうか」。そう約束した。
 こんな形で約束が果たせなくなるなんて、本当に悔しい。星野さんの夢の続きを見たかった。(中村紳哉)


<星野仙一氏死去>東北に悲しみ広がる 被災者「自分たちが見られない世界も見せてくれた」
 東北に悲しみが広がった。プロ野球東北楽天を初の日本一に導いた星野仙一さんの死去が伝わった6日、東日本大震災の被災地や、本拠地がある仙台市で早過ぎる訃報を惜しむ声が上がった。
 「東北の皆さんの苦労を少しでも和らげようとやってきた」。2013年の日本シリーズ制覇。星野さんはそう言い男涙を流した。
 「東北を元気にしようという気迫に励まされた」と振り返るのは、東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町から、いわき市に避難している会社員横田友洋さん(27)。「突然過ぎて悲しく、寂しい。星野監督だから日本一になれた」とたたえた。
 明治大野球部の同級生だった三沢市議の堤喜一郎さん(71)は昨年6月、三沢市で星野さんの野球殿堂入りを祝う会を開いた。堤さんは「自分が地元でやれることをやり、彼も応えてくれた。自分たちが見られない世界も見せてくれたし、本当にいい男だった」と言う。
 宮城県南三陸町のファンでつくる「楽天イーグルス南三陸町応援協議会」の小坂克己会長(60)は「被災地を元気づけようと常に先頭に立ってくれた」と感謝する。日本シリーズではパブリックビューイングを設け見守った。「『おらがまちのチーム』になったと実感した。チームには星野さんの被災地への思いを引き継いでほしい」と願った。
 星野さんは監督時代、仙台市青葉区のマンションに暮らした。散歩が趣味で、グルメ。近くの飲食店に足しげく通い、地元の人たちと親交を深めた。
 長年のファンで、名前を店名にした「鮨(すし)仙一」(青葉区)店主の山田定雄さん(61)は「年に数回来店し、昨年5月ころにスタジアムの一室にスタッフ一同を招いて解説してくれた。自分で道を切り開く生きざまが好きだった」と悼んだ。
 「おでん三吉」(青葉区)の田村忠嗣さん(74)は飲食店主でつくる「稲虎応援団」団長。監督就任会見の当日にヘッドコーチの田淵幸一さんと店に来てくれたという。「(1970年代に宮城球場を拠点としていた)ロッテの時は見られなかった日本一を目の前で見せてくれた恩人」と功績をねぎらった。


<星野仙一氏死去>楽天選手ら哀悼と決意 V奪回、闘将に誓う
 東北楽天の元監督、星野仙一氏が死去したことが分かった6日、突然の訃報に接した選手らチーム関係者は悲しみに包まれた。
 「東北楽天ゴールデンイーグルスの精神的支柱だった」。梨田昌孝監督は球団副会長としてチームの強化に尽力した星野氏の存在の大きさをかみしめる。「常に矢面に立ち、われわれを支えてくれた。『星野仙一』のまねはできないが、あの厳しさと威圧感を継承しながら、現場とフロントが一体となり戦っていく」と固く決意した。
 星野氏が監督に就任した3年目の2013年、チームは初のリーグ優勝と日本一に輝き、東北に歓喜をもたらした。
 当時、新人ながら開幕投手に抜てきされた則本昂大は「星野さんがいなければ今の僕はない。感謝しかありません」と語った。藤田一也内野手は「日本一になった時、『ここまで来られたのは一也のおかげ』と言ってもらったのがすごくうれしかった。今も現役でプレーできているのは星野さんとの出会いがあったから」と感謝する。
 星野氏が監督だった時に捕手から外野手に転向し、才能が開花した岡島豪郎は「外野手としての自分があるのは、我慢しながら使い続けてくれたおかげ」と振り返る。今季から選手会長となり、「2013年以来の日本一を報告できるよう、チーム一丸で戦っていく」と言葉に力を込めた。
 16年オフに西武からフリーエージェント(FA)で東北楽天に移籍した岸孝之投手は「FAの時、迷ったら前に進めと言われたことが今でも忘れられない。今年は日本一という形で恩返ししたい」と語った。
 「星野さんのおかげで今の自分がある。自分も星野仙一のような男になりたい。昨年見せられなかった日本一を今年こそ奪回する」。星野氏に見いだされ、チームの中心選手に成長した銀次内野手はこう誓った。
 東日本大震災時に選手会長だった嶋基宏捕手は「今でも大きな声で『嶋』と呼ばれるような気がする。教えていただいた闘う姿勢を忘れず、今年こそ東北を熱くする。いつか監督のような厳しさの中に愛情がある人間になりたい」と闘将の早過ぎた死を悼んだ。


<星野仙一氏死去>突然の訃報 号外で速報
 プロ野球東北楽天元監督の星野仙一さんが死去したことを受け、河北新報社は6日、仙台市青葉区のJR仙台駅前で号外を配った。受け取った買い物客や観光客らから、驚きとともに惜しむ声が上がった。
 仙台市内であった2013年の日本一のパレードで星野さんを見たのが思い出という柴田町の主婦後藤文子さん(70)は「監督退任後も球団副会長として、つい最近まで活躍していたのでびっくりしている。選手一人一人をしっかり指導して、チームと被災地のために貢献してくれた。とても残念です」と悼んだ。
 利府町の実家に帰省中という琉球大1年庄司遼さん(19)=沖縄県中城村=は号外を広げ、日本一を決め胴上げされる星野さんの写真を見つめて「優勝に導いてくれて感謝の気持ちでいっぱいになった当時を思い出す。選手たちには来季、天国の星野さんに日本一を届けてほしい」と話した。


<星野仙一氏死去>「東北熱く」最期まで 選手信じ背中押す「お前らの力なら絶対勝てる」
 「東北を熱くする」。4日に70歳で死去したプロ野球東北楽天の元監督、星野仙一さんは、2010年秋に監督を引き受けた時の約束を、13年に初の日本一達成という形で見事に成し遂げ、東日本大震災の被災者に大きな勇気を与えた。
 震災の発生が思いをより強めた。「勝って希望の光となる」。13年、開幕から24勝無敗だったエース田中将大投手(現ヤンキース)をけん引役に復興の力となった。
 「かつては『監督の命令は絶対』というタイプだったが、13年は丸くなった。『やれ』と言って『はい』と簡単に言わない最近の若者を、押したり引いたりしながらうまく率いた」
 星野さんと中日、東北楽天で監督と選手の間柄だった野球解説者の山崎武司さんは、「闘将」の振る舞いに変化を見たという。
 象徴的なのが13年の日本シリーズだ。勝てば日本一という第6戦、田中投手が160球投げて敗れた。重苦しい空気のロッカールームで、星野さんは選手、コーチにこう呼び掛けた。
 「おい、ありがとう」
 きょとんとした表情の周囲に向かって続けた。
 「だってそうだろう。巨人という王者相手に第7戦まで行けるなんて、お前ら素晴らしい。俺はこんな選手を持って誇りに思う。あしたはもう負けてもいい」
 言った直後、「しまった」と少し後悔したが、その後にうまく締めた。「でも、勝ちたいよな。今のショックをあしたのゲームまでにどう切り替えるかだ。お前らの力なら絶対勝てる」
 選手、スタッフの闘争心に火が付いた。その場の全員から「よっしゃー」と気勢が上がった。
 第7戦。3点リードで迎えた九回、田中投手が異例の連投となる志願の救援登板し王者巨人を倒した。星野さんの体は中日、阪神でなし得なかった日本一の胴上げで宙を舞った。
 14年限りでユニホームを脱ぎ、15年秋からチーム編成の全権を握る球団副会長になっても、現場へのあふれる情熱は衰えなかった。16年11月、西武からフリーエージェント宣言した岸孝之投手(東北学院大出)との交渉で迫った。
 「迷ったら前に進め」
 この言葉に岸は「強く背中を押された気持ちになった」と言い、古里の東北楽天への入団を決意した。
 チームが優勝争いを繰り広げながら3位に終わった17年。年末に病状が悪化してからも、チームへの思いは変わらなかった。球団によると、息を引き取る直前まで「(今月18日の)コーチ会議に出られるかな」と語っていたという。
 18年、その闘志を引き継いだチームが5年ぶりの王座奪還で「闘将」の遺志に応えるシーズンになる。(スポーツ部・金野正之)


<星野仙一氏死去>東北楽天を日本一に導く 闘将、被災地に夢
 プロ野球中日のエースとして「燃える男」、中日、阪神、東北楽天の監督では「闘将」と呼ばれ、2013年に東北楽天を初の日本一に導いた星野仙一(ほしの・せんいち)氏が4日午前5時25分に死去した。70歳。岡山県出身。密葬は6日、近親者で執り行った。後日、お別れの会を開く予定。
 楽天野球団によると16年7月に急性膵炎(すいえん)を発症したことをきっかけに膵臓(すいぞう)がんであることが判明。昨年11月と12月に行われた星野氏の野球殿堂入りを祝う会には出席したが、12月末に病状が悪化したという。
 10年10月に東北楽天の監督に就任。11年の開幕前に東日本大震災が起き、「東北の人に勇気を与えるために、勝たなければならない」とチームを鼓舞し続けた。3年目の13年に田中将大投手(現ヤンキース)らを擁して、球団創設9年目で初優勝を果たし、巨人との日本シリーズも制した。14年限りで監督を退き、15年9月から球団副会長を務めていた。
 岡山・倉敷商高から明治大を経て、1969年にドラフト1位で中日に投手として入団。82年まで中日一筋でプレーした。気迫を前面に出す投球から「燃える男」がキャッチフレーズとなり、特に巨人戦で闘志をむき出しにした。現役時代の通算成績は実働14年で146勝121敗34セーブ。巨人の10連覇を阻止してリーグ優勝した74年には沢村賞と最多セーブに輝いた。
 引退後は87年に中日の監督に就き、12球団で初の戦後生まれの監督となった。翌年にリーグ優勝。96年には中日で2度目の監督に就任し、99年にも優勝を果たした。2002年から阪神を率いて03年に18年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、ダイエー(現ソフトバンク)との日本シリーズで敗退し、直後に健康上の理由で退任した。
 3球団で計17年の監督通算成績は1181勝1043敗53分け。08年の北京五輪で野球の日本代表監督を務め、準決勝で韓国に、3位決定戦でも米国に敗れてメダルを逃した。17年にエキスパート表彰で野球殿堂入りした。
<早すぎる死悼む/ 野村克也・元東北楽天監督の話>
 驚いた。いくら何でも早過ぎる。阪神でも楽天でも私の後に監督となり、優勝につなげた不思議な巡り合わせがあった。お悔やみを申し上げるほかない。
<打倒巨人を前面/ 長嶋茂雄・元プロ野球巨人監督の話>
 あまりにも突然のことで残念でなりません。「打倒巨人」を前面に闘志満々でぶつかってきた投手だからこそ、「さあ仙ちゃん、来い」と心を燃やすことができ、対戦するのが本当に楽しみでした。ご冥福をお祈りします。
<人生の思い出に/ ヤンキース・田中将大投手の話>
 突然のことで信じられません。楽天イーグルスで日本一になり、星野監督を胴上げできたことは僕の野球人生の大切な思い出です。メジャーでプレーすることを応援してくださいましたし、感謝の気持ちでいっぱいです。心よりご冥福をお祈りいたします。


<星野仙一氏死去>「東北の人に勇気を与えるため、俺たちは勝たなきゃいけない」
 星野仙一さんは昨年8月、河北新報創刊120周年を記念した特別対談「東北を熱くする!」で、2011年3月に起きた東日本大震災を乗り越えようとする東北への思いなどを語った。
 震災発生時、チームは兵庫県明石市でのオープン戦中。星野さんは動揺を隠せない選手たちを「こういう時こそ、東北の人に勇気を与えるため、俺たちは勝たなきゃいけない」と叱咤(しった)激励した。同時に、自身も「災難は、それをはねのけられる男たちに降り掛かる。『必ずはねのけてやる』と決心した」と裏話を披露した。
 初の日本一に輝いた13年、開幕戦に際して星野さんは選手らに「(被災者に対しての)本当の優しさとは、強さを見せつけることも必要だよ」と発奮を促したという。
 将来の監督候補について参加者に質問を受ける場面も。「首脳陣になるなら地域の文化、歴史など野球以外のことも勉強しなくてはいけない。監督はおやじであったり、母親であったり、そういう要素を少しでも持っておかないと」と持論を展開した。


河北春秋
 試合に敗れた翌朝はどうしても寝覚めが悪い。采配を振ったわが身を責める。「チクショー、この野郎」。そんなとき、仙台市中心部の自宅マンションからいつも散歩に出た。「東北大の片平キャンパスから広瀬川沿いへ出て山並みを見る。これがいいんだ」▼街角では行きつけのとんかつ屋のおじさんが店の奥で開店準備をしている。鮮魚店は仕入れ魚を忙しく店頭に並べている。「『ヨッシャー』と思う。息遣いを感じて、俺、この人たちのためにも街のためにも頑張ろうって思ってくるんだよ」▼享年70、星野仙一さんの訃報に接し、生前伺った話を思い起こしている。スポーツ部に在籍していた頃、ちょうどプロ野球東北楽天の監督や球団副会長だった。沈む心を闘争心に変えてしまう「燃える男」のパワーの源は街と人であると知った▼中日での鬼気迫る投球、中日と阪神を指揮してリーグ制覇、そして東北楽天で日本一と、まばゆいばかりの大輪が咲いた歩みのなかで、仙台での散歩はささやかな道端の露草だったか。だが、それは「俺は二流投手」と言っていた野球人がユニホームにそっと挿した花だったと思えてならない▼露草の花言葉の一つは「懐かしい関係」という。東北で誰が忘れよう、背番号77。きょうの七草がゆは何と苦いことか。

大震災から2年…星野楽天日本一は「復興の希望に」
 星野仙一氏の突然の訃報は、楽天の本拠地がある宮城県仙台市をはじめ、東北のファンに大きな衝撃を与えた。星野氏は11年の東日本大震災後、選手とともに子供たちや被災者を勇気づけて回った。13年には楽天を初の日本一に導き、東北全体が喜びに包まれた。「街がまだ復興に遠かった時、楽天の強さがとにかくうれしかった」「『ありがとう』の言葉を送りたい」。ゆかりの人々からは、忘れられない思い出とともに、感謝の言葉が聞かれた。
 「楽天の監督に就任したとき、『東北のこんな田舎に大監督が』と思った。『東北を熱くするんだ』と戦ってくれ、本当に感謝している」。東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市在住で、「楽天ファンの会」の田口一之(かずし)さん(54)は、突然の訃報に言葉を失った。
 「昨年の殿堂入りを祝うパーティーの映像では、とても元気そうだった。まさかという気持ちです」。震災後、被害で受けた傷はなかなか消えず、日本一になった13年も「まだ、町も復興という段階ではなかった」という。そんな時、「とにかく強い楽天がうれしかった。毎日、勝敗に一喜一憂していた」と振り返る。試合後の監督インタビューで、星野氏は選手だけでなくファンも鼓舞した。「『一緒に戦おう』というメッセージを、僕らにも送り続けてくれた。チーム、監督、ファンの三位一体でつかんだ日本一だった」。
 星野氏は10年11月、楽天監督となって初めて過ごす仙台の夜に、同市の和食店「おでん三吉」を訪れた。楽天ファンが集うことで知られる。店主の田村忠嗣(ただつぐ)さん(74)は、ヘッドコーチの田淵幸一氏とともに、穏やかな表情で食事をする星野氏に、「大変だと思うけど、頑張って」と声をかけたことを覚えている。
 13年の日本一はスタジアムで観戦。「その時も信じられない気持ちだったが、今も突然すぎて、信じられない。97年に亡くなられた奥さまに、天国で楽天の日本一を自慢してほしい」。
 震災の津波で自宅を失い、仮設商店街で日本一を見守った宮城県南三陸町の及川善祐(ぜんゆう)さん(64)は、「被災者やボランティアの人が抱き合い、涙を流して喜んだ。我々の希望が凝縮された日本シリーズだった」と振り返り、「ありがとうと言いたい」と涙ぐんだ。
 岩手県の達増拓也知事はツイッターで、13年のパ・リーグ優勝と日本一について「復興の大きな希望になりました」と、感謝をつぶやいた。


高齢者宅の除雪、若者が支援 山形大生ら今季初出動
 豪雪地帯の山形県米沢市に暮らす高齢者の除雪作業を手助けする地元の学生グループが6日、今季の活動を始めた。初日は山形大工学部の学生約20人が手分けして市内の1人暮らし世帯計11軒を訪れ、家の周りに降り積もった雪を片付けた。
 今冬の米沢市は昨冬に比べて降雪が早い上に量が多く、高齢者世帯はどこも除雪に苦慮している。学生たちはスコップやスノーダンプを使って約3時間、汗だくになりながら作業に当たった。
 初めて学生ボランティアに除雪を依頼したという主婦渡部みえさん(77)は「4年前に主人を亡くしてから除雪が本当に大変。若い人にやっていただけるのはとても助かります」と喜んでいた。
 山形大工学部の研究室の有志が始めた活動は今年で12年目。現在は米沢女子短大の学生も加わり、「地域高齢者宅除雪ボランティア」として計65人が活動している。今季はこの日を含めて2月まで計5回の作業を予定している。
 除雪作業に伴う高齢者の事故は毎年続いており、こうしたボランティア活動は貴重だ。グループ代表の山形大大学院1年磯恭平さん(23)は「困っている高齢者の方々の力になれればと頑張っている。グループは年々メンバーが増えているので、さらに人数を集めて続けたい」と話している。


激動を越えて 格差是正の流れを確実に
 空前のバブル景気で幕を開けた平成が、深刻な格差と貧困を抱えて幕を閉じようとしていることを、誰が想像しただろう。
 バブル崩壊後に本格化した労働規制の緩和で、正社員になれない非正規労働者が激増した。
 2008年暮れ、リーマン・ショックのあおりで解雇され、住まいも失った非正規労働者らを支える「年越し派遣村」ができた。
 戦後最長の景気拡大期間とされる「いざなみ景気」の下で、雇用が劣化していた実態を如実に示したと言えよう。
 いったんつまずけば貧困に滑り落ちる安全網の弱さが問題化して、およそ10年。この間、貧困は子どもたちの間にも広がっていることが徐々に明らかになった。
 政府は、ようやく格差是正に向けて動きだそうとしている。
 将来世代に負の遺産を残さないためにも、掛け声倒れに終わることがあってはならない。
■非正規の待遇改善を
 政府は、1986年に施行された労働者派遣法を何度も改正し、その対象を拡大してきた。
 派遣労働者、パートやアルバイトなどの非正規雇用は2016年に2千万人を超えた。平成元年である1989年の2・5倍で、全労働者の4割に迫る。
 これほどまで広がった主な理由は、経営側が、雇用の便利な調整弁として活用したからだ。
 非正規労働者はフルタイムで働いても、賃金は正社員の6割を切る。フランスの9割、ドイツの8割にはほど遠い。
 正社員を希望する「不本意非正規」は300万人もいる。
 とりわけ深刻なのは若年層だ。貯金ができず、結婚や出産を諦める。子どもができても教育に目を配る余裕がない―。こうした状態をもはや放置できない。
 通常国会では、正規と非正規の間の不合理な待遇格差を禁じる「同一労働同一賃金」の導入が議論される。
 法律の抜け道をふさいで、待遇改善の実効性を確保しなければならない。企業は、正社員の賃金カットで対応するのではなく、総人件費を増やして労働者全体への還元に努めるべきだ。
■子どもの支援が急務
 貧困の連鎖を食い止めるための子どもへの支援も不可欠だ。
 貧困状態の家庭で暮らす子どもの比率は、15年時点で13・9%に上った。
 17歳以下の7人に1人が貧困状態にあり、特に一人親世帯で2人に1人という高水準が続く。
 生活保護の基準となる最低生活費以下の収入で暮らす、子育て世帯の割合は、道内は2割に迫り、全都道府県で5番目に高い。
 道と札幌市、北大が行った「北海道子どもの生活実態調査」の分析によると、こうした困窮家庭の半数は貯金がなく、各種料金の滞納も多かった。
 親たちは孤立しがちで、うつ病リスクが高く、医療機関の受診を控える傾向がある。
 当事者の努力だけでは立ちゆかない状況なのは明白だ。
 家庭の経済事情にかかわらず、誰もが希望すれば進学できる環境を整える―。
 1年前、安倍晋三首相は施政方針演説でこう宣言した。
 確かに、給付型奨学金の拡充、生活保護受給世帯の進学者への一時金支給など、支援の要請に応える動きも出てきた。
 ところが、生活保護基準の引き下げ、母子加算の減額などは、明らかに逆行している。
 家庭の貧困を放置したままでは、子どもたちの自立は困難だ。
 教育を含め、あらゆる施策に貧困救済の視点を入れ、不利な条件を和らげていく必要がある。
■個人の責任にしない
 格差の固定は働く意欲をそぎ、低賃金は消費をしぼませる。
 特に、若年層が貧困から抜け出せるよう支援する仕組みがないと、最終的には生活保護費が膨らみ、社会保障費は増大する。
 経済協力開発機構(OECD)は、格差の拡大は貧困層の教育投資の不足を招き、結局、経済成長を抑制すると指摘した。
 多くの人の潜在能力が無駄になり、社会から活力が奪われるというのである。
 生まれた環境によって、将来が左右されるような事態は、避けねばなるまい。
 憲法13条は、幸福追求に対する国民の権利は国政で最大限尊重されるとしている。
 その理念を実現するためには、社会の再分配機能の強化が欠かせない。
 その調整に当たることこそ政治の役割だ。
 貧困を個人の責任に押しつけず、あらゆる人に機会を保障するという観点に立ち、政策を洗い直さねばならない。


スパコン助成金詐取 手続きの徹底検証と結果公表を
 経済産業省が所管する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成金6億円余りをだまし取ったとして、東京地検特捜部は詐欺容疑で、スーパーコンピューター開発のベンチャー企業「ペジーコンピューティング」社長の斉藤元章容疑者らを逮捕、起訴した。開発にかかった費用を水増しした虚偽の実績報告書を提出するなどして、複数の助成金を不正に受け取った疑いがある。
 ペジー社など斉藤容疑者が経営に関与する3社には、NEDOからの計35億円以上の助成金に加えて、文部科学省所管の科学技術振興機構(JST)からの約60億円の無利子融資など、国から総額100億円近い資金の投入が決まっていた。一ベンチャー企業への支援としては異例ともいえる厚遇の背景には、安倍政権内の人脈の存在が取り沙汰される。
 東京地検には事件の背後関係も含めて、全容解明に全力を挙げてもらいたい。と同時に、経産、文科両省は助成金交付の選定手続きが適正だったのかを徹底的に検証し、結果を早急に公表しなければならない。
 スーパーコンピューターは現在、膨大なデータを迅速に処理するために必要不可欠なツールになっている。斉藤容疑者はスパコンの小型化や省エネ化の旗手として知られ、ペジー社などが開発した「暁光」は、昨年11月に発表された世界の計算速度ランキングで4位に入った。
 実績があるとはいえ、不正を見抜けなかった経産省の責任は重い。世耕弘成経産相は全ての助成事業で複数の検査員が研究施設を訪問し、見積書や成果、経費などを確認する検査を実施していると説明。今回問題となった事業でも、外部有識者による採択委員会の審査を経るなど定められた手続きを「適正に」行ったとしている。
 林芳正文科相も「開発は着実に進展していると評価されていた」と説明した。だが、両省とも審査の甘さは否定できまい。再発防止のためにも、採択委の議事録など、省内審査の過程を全て公表しなければならない。
 見過ごせないのは、安倍政権との関わりだ。斉藤容疑者は一昨年3月、首相との親密さで知られるジャーナリストと一緒に研究財団を設立。同年秋には政府の有識者会議に入り、麻生太郎副総理兼財務相のスパコン視察の案内役も務めた。麻生氏は昨年5月、国会審議でペジー社のスパコンを評価している。
 仮にこうした人脈が官僚たちに「忖度(そんたく)」され、厚遇につながったとしたら、森友・加計両学園問題に似た構図だ。今月召集される通常国会で野党から追及されるのは避けられまい。曖昧な答弁では国民が納得しないことを肝に銘じるべきだ。
 NEDOやJSTの助成金を巡っては、過去に何度も悪質な不正受給が問題になっている。その反省が生かされていない。今度こそ抜本的な対策を講じなければならない。


3兆円融資は“忖度”か リニア「国策化」の怪しいプロセス
 東京地検特捜部が全容解明に向けて捜査を進めている「リニア疑惑」事件が今年、本番を迎える。総工費9兆円の巨大プロジェクトを巡る疑惑には、単なる「入札談合」では片づけられない「闇」が横たわっている。どう考えたって安倍政権のヨコシマな思惑への忖度がはたらいたとしか思えない――。そんな構図が浮かび上がってくるのだ。
 そもそもリニア中央新幹線の建設計画は、JR東海が全額自己負担を原則に進めてきた。政府もリニア計画に長年距離を置いてきたが、安倍政権がくちばしを入れ始めたのは、国が着工を許可した2014年のこと。
「JR東海が自力で行うとしていることも勘案しつつ、要望を受けて対応を考えていきたい」
 当時、世耕弘成官房副長官は、関西経済連合会のリニア新幹線「国家プロジェクト化」と「大阪・名古屋同時開業要望」に対し、そう語っていた。
「リニア大阪延伸の前倒しは関西財界の悲願でした。その意向を受けて積極的に“ロビー活動”を進めたのが、松井一郎大阪府知事であり、大阪市長時代の橋下徹氏です。2人は安倍首相と菅官房長官と定期的に会食する仲。その席でもリニア前倒しの話題を何度も伝えていたようです」(関西政界関係者)
 リニア大阪延伸の前倒しを決断したのは、ほかならぬ安倍首相だ。16年6月の「骨太の方針」の中で、国が低利で資金を貸し出す「財政投融資」を活用した財政支援を表明。さらに自民党は同年7月の参院選公約に、リニア大阪延伸の前倒しや整備新幹線の建設などのため、官民合わせて「5年で30兆円」の資金を投じることを掲げた。
 加えて同年11月には法改正し、リニア建設に財政投融資を活用できるようにした。その結果、すでに約3兆円がJR東海に貸し出され、大阪までの全線開通時期を当初計画の2045年から最短で8年前倒しされることになった。
■維新の要望の見返りに……
 安倍政権が横から口を挟み、成長戦略に取り入れたことで、リニア計画は文字通り「国家プロジェクト」に格上げされたのだ。政府が静観していたはずの民間の事業が、なぜ「国策」に格上げされ、法をねじ曲げてまで3兆円の国費を投じたのか。ここに、政権の意向をくんだ官邸や国交省などの「忖度」がはたらく余地がありそうなのだ。
「安倍政権が巨額の国費を貸し付けてまで、リニア大阪延伸の前倒しにこだわるのは、まず日本維新の会を味方につけたいためでしょう。リニアを含め、『大阪万博誘致』『大阪・夢洲のカジノ計画』という維新が公約に掲げた3点セットを支援する見返りに、政権運営で維新の協力を引き出す思惑です。事実、維新は与野党対立法案に軒並み賛成し、もはや政権の補完勢力です。9条改憲に公明党が難色を示す中、安倍政権と維新の蜜月はますます深まりそうです」(政界関係者)
 リニア建設は南アルプスの巨大トンネルなど難工事が目白押し。ただでさえ建設業界全体が土木技術者の人手不足に悩まされる中、国がムリを重ねて工期まで縮小すれば、現場は地獄の苦しみである。もはや大手ゼネコンのキャパシティーさえ超え、業界関係者からは「限られた工期、対応できる業者の少なさ、工事の安心・安全などを考えれば、業者間の調整も仕方がない」という開き直った声も聞こえる。安倍首相のヨコシマなリニア国策化が談合の温床を生み出してもいるのだ。
 特捜部も野党も大手メディアも、「リニアの闇」に鋭いメスを入れるべきである。


こんな政権がのさばる国難 安倍1強支配に死角はないのか
 国会を閉じれば内閣支持率は上がる――。疑惑まみれの安倍政権の勝ちパターンについに狂いが生じてきた。
 昨年末の特別国会閉会後に実施された朝日新聞の世論調査では支持が3ポイント減の41%で、不支持は38%。NNN調査では支持が3・3ポイント減の37・8%に下がり、不支持は45・3%に上った。支持率3割台への落ち込みは4カ月ぶりだというが、しぶとく持ちこたえてきたのが不思議なくらいだ。
 国会を紛糾させ、世論のアベ不信が高まるきっかけになったモリカケ疑惑は1年近く経った今でもくすぶり続けている。安倍首相は昨年の通常国会ではドーカツまがいの暴言連発で野党とやり合い、憲法53条に基づく野党の召集要求を4カ月以上放置した揚げ句の臨時国会は、冒頭解散で逃亡。「真摯な説明を丁寧に」と臨んだ特別国会は外遊を言い訳にロクに顔を出さず、出たら出たでゴマカシを重ねた。だから、世論の7割がモリカケ疑惑に対する安倍政権の姿勢を評価せず、6割が22日に始まる通常国会で野党の徹底追及を求めている。
 そうした中で急展開しているのが、スパコン開発企業による国の助成金不正受給とリニア談合事件だ。東京地検特捜部が中心になって進める両事件には、安倍に近い関係者の名前が取り沙汰されている。
 詐欺容疑で特捜部に逮捕されたペジーコンピューティング代表の斉藤元章容疑者は、安倍と麻生財務相と昵懇な間柄の元TBS記者の山口敬之氏と関係が深い。一般財団法人を共同設立するパートナーであり、高級レジデンスの賃料も負担していたと報じられている。
 ペジー社は設立からわずか半年で経産省主管の国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)から最初の助成決定を受け、切れ目なくカネを引っ張ってきた。関連会社は文科省所管の「科学技術振興機構」(JST)から「産学共同実用化開発事業」として計60億円の無利子融資決定を取り付けた。詐欺で巻き上げた血税は100億円を超えるとみられている。
■あらゆる疑惑が安倍首相に通ず
 JR東海が進めるリニア中央新幹線をめぐるスーパーゼネコン4社による談合にもアベ人脈がチラつく。発注側のJR東海代表取締役名誉会長の葛西敬之氏は安倍の後見人で、財界ブレーンとして知られる存在だ。総工費9兆円の巨大プロジェクトには、安倍のツルの一声で財政投融資3兆円が組み込まれた。政治学者の五十嵐仁氏はこう言う。
「あらゆる疑惑が安倍首相に通じる。こんな政治状況は異常です。9月には安倍首相が3選を目指す自民党総裁選が行われますが、これほど疑惑を抱える人物の再選を許し、この国のトップを任せ続けていいはずがない。通常国会で審議される来年度予算案では防衛費が6年連続で増加し、過去最高の5兆2551億円に膨れ上がっている。その一方で、増税や働き方改革などで国民からさらなる搾取を画策し、国民生活を破壊しようとしています」
 安倍1強支配に死角はないかのようだが、支持率がガクッと急落すれば無風再選はあり得ない。抑え込まれてきた党内の不満が噴き出し、総裁選に波乱が生じるだろう。
米下院議員が両にらみ ロシアゲートと中間選挙
 安倍が「信頼できる指導者」と心を寄せるトランプ米大統領の足元は、さらにグラついている。
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は米国が強める敵視政策に怒髪天で、米本土を射程に収める核・ミサイル開発に躍起だ。頭に血が上りやすいトランプは、国際社会が求める対話再開による問題解決には背を向けて「力による平和の維持」を喧伝し、国連安保理による追加制裁措置に踏み込んだ。エルサレムのイスラエル首都認定をめぐっても衝突のタネをまき散らし、世界中で総スカンを食らっている。
 CNN調査では支持率は35%。就任した年の12月のデータとしては、歴代大統領の数字を大幅に下回る。CNNやギャラップが過去50年間に実施した世論調査で、1年目の年末時点の支持率が5割を切ったのは、5代前のレーガン大統領が出した49%のみ。“子ブッシュ”のジョージ・W・ブッシュ大統領はこの時点で86%を記録し、“パパブッシュ”のジョージ・H・W・ブッシュ大統領は71%だった。カーター、クリントン、オバマ大統領も50%台後半で1年目を終えている。
 上智大教授の前嶋和弘氏(現代米国政治)は言う。
「政権の最懸案事項は、トランプ大統領のアキレス腱であるロシアゲートの捜査の進展です。大統領選でロシアと共謀した疑惑で、モラー特別検察官はどこまでトランプ大統領に迫れるのか。長男のトランプ・ジュニア氏や娘婿のクシュナー大統領上級顧問が政権移行期間にロシア側と接触した疑いは、民間人の直接外交を禁じたローガン法に反する可能性はありますが、同様のケースで有罪例はありません。しかし、選挙戦中の連携が立証されれば、国家転覆罪に問われかねない。そうなれば、11月の中間選挙をにらんで鳴りを潜める下院議員も声を上げざるを得ず、弾劾手続きが動き始める可能性はあります」
■トランプと一蓮託生、世界で孤立
 ボスのトランプの命運も分からない中、「100%支持」「完全に一致」が口癖の安倍はひたすら盲従を続けている。
「国際社会で孤立を深めるトランプ大統領を信頼に足ると評する安倍首相は、世界の信頼を失っています。安倍首相は悲願の憲法9条改正に乗り出そうとしていますが、安倍首相が言う通りに北朝鮮問題が緊迫し、半島有事が現実味を帯びているのであれば、自衛隊が米軍と一緒に戦う状況が目前に迫っているということ。日本の平和と安全にプラスに働くのか、マイナスに作用するかは中学生でも分かる。国政を私物化し、国会を空洞化させ、平然とウソを重ねるにとどまらず、平和国家の日本をぶっ壊そうとしている安倍首相、安倍政権をのさばらせることが最大の国難です」(五十嵐仁氏=前出)
 千丈の堤もありの一穴から崩壊す。あまりにうまくいきすぎた安倍政権下の5年間に鬱積した党内の不満を世論のうねりが刺激すれば、その反動で一寸先は闇の政局に突入する。


空母保有検討 なし崩しは許されない
 自衛隊の装備増強へ政府が前のめりの姿勢を強めている。
 戦闘機の発着が可能な空母の保有について検討に入った。「専守防衛」の基本方針からますます懸け離れる。なし崩しに進めてはならない。
 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」を改修する。全長248メートル、最大幅38メートルで、艦首から艦尾まで甲板が貫く「空母型」だ。ヘリコプター14機を搭載でき、5機が同時に発着できる。昨年5月には安全保障関連法に基づき、初の米艦防護の任務に参加した。
 艦首を戦闘機が発艦しやすいように改修したり、甲板を耐熱塗装したりする。艦載機は、短距離で離陸できるF35B戦闘機を想定している。オスプレイのように垂直着陸でき、レーダーに捕捉されにくいステルス性を備える。
 政府はこれまで攻撃型空母の保有は許されないとしてきた。自衛隊は、自衛のための必要最小限度の実力組織であり、装備も必要最小限度とするのが「専守防衛」の考え方だ。攻撃型空母はこの範囲を超えるとの判断である。
 保有に向け、政府は中国の海洋進出への対処を前面に押し出してくる可能性がある。「離島防衛のため」といった説明だ。攻撃型ではなく、防御型の空母と主張することで従来の見解とつじつまを合わせようとするのではないか。
 どう理屈を付けようと、他国の領土を攻撃できる装備であることに変わりはない。運用次第で憲法の枠を逸脱する。
 安保法で自衛隊の活動は大きく広がった。憲法上認められないとされてきた集団的自衛権の行使が可能になっている。政府は敵基地攻撃能力につながる長距離巡航ミサイル導入に向けた経費も予算案に計上した。「必要最小限度」が歯止めなく拡大しかねない。
 安倍晋三首相は年頭記者会見で北朝鮮情勢に触れ「わが国を取り巻く安全保障環境は戦後最も厳しいと言っても過言ではない」と指摘した。その上で「従来の延長線上でなく、国民を守るため真に必要な防衛力強化に取り組む」と述べている。
 政府は今年、防衛力整備の指針である「防衛計画の大綱」を見直す。防衛費は年々、増え続けている。新たな防衛大綱でさらに装備増強が進み、自衛隊が変質していく恐れがある。首相の言う「真に必要な防衛力」とは何か、通常国会で問わなくてはならない。


科学展望 日本は失速、深刻な危機
 今年は明治維新から150年。この間、科学技術の革新が社会の原動力になってきた。今も進歩は人工知能(AI)やコンピューター、ロボットなどで加速している。それを人々の幸福や平和につながるように活用していきたい。しかし、日本の科学はまさに「失速」の深刻な危機にある。
 2000年以降、日本人のノーベル賞受賞者は増え続け17人に上り、日本は科学大国として評価されるようになった。ただ、ノーベル賞は20〜40年前の業績に与えられるケースが多く、現在の実力を反映しない。皮肉にも同じ時期に日本の研究現場の衰退が進んだ。特に04年の国立大学の独立行政法人化以降、運営費交付金が1割も削減され、疲弊した。大学の文部科学省への依存が強まったことは昨年の大量違法天下りで露呈した。
 英科学誌ネイチャーは昨年3月「日本の科学研究は失速」との記事を掲載した。それによると、自然科学系68誌に載った論文の著者は12年から16年まで中国が48%、英国が17%増えたのに、日本は8%減った。政府の科学予算の伸びでも、中国の躍進と対照的に日本の地盤沈下は著しい。量と質共に日本の科学の停滞は否めない。
 予算が抑制されれば「選択と集中」の下、短期的視点が重視され、自由な基礎研究は先細りする。昨年末に助成金詐欺容疑で逮捕、起訴されたスーパーコンピューター開発のベンチャー企業社長には、国から計100億円の資金投入が決まっていた。ばらまきの利権構造と研究費の枯渇は裏表の関係にある。
 研究不正も後を絶たない。昨年は分子生物学で著名な東大教授の論文に捏造(ねつぞう)、改ざんが指摘された。多額の研究費を確保するため無理に成果を示そうとしたのか、教授権限が強過ぎて自由な議論も不足していた。研究環境改革は大きな課題だ。
 安定した研究職に就く若手が減り、30代になっても非常勤職を渡り歩く博士研究者が目立つ。研究者が魅力的職業でなくなった。こうした窮状に対する政策の検証が欠落している。日本の科学の失速は多くの要因が絡み合いV字回復は難しいが、着実に改めていくべきである。
 15年に始まった重力波観測は中性子星合体を突き止め、宇宙のイメージを変えだした。14年に打ち上げた日本の探査機「はやぶさ2」も今夏、小惑星りゅうぐうに達する。科学を台無しにしかねない米トランプ政権を乗り越え、多様な発見が今年も続くだろう。日本も失速から抜け出す道を探る年にしたい。


阪大入試ミス 指摘の講師らは
大阪大学の去年の入学試験で出題ミスがあり、本来なら合格だった30人が不合格になっていた問題で、去年、出題ミスを指摘していた予備校の講師などから「外部からの指摘にしっかりと応える体制を整えてほしい」などの声が上がっています。
この問題は、去年2月に行われた大阪大学の一般入試で物理の試験の設問にミスがあり、本来なら合格していた30人が不合格となっていたほか9人が第1志望の学科に不合格となっていたものです。
これについて去年、大学などにミスを指摘していた、予備校講師の吉田弘幸さん(54)がNHKの取材に応えました。
吉田さんは去年8月から9月にかけて大学と文部科学省に対し、理由を詳しく示して誤りを指摘しましたが、複数回のやりとりのあと、いずれも返信が来なくなり、6日夜になって突然、大学から出題ミスの報告と指摘に感謝するメールが送られてきたということです。
吉田さんは「誤って不合格とされ、1年近く、そのままにされていた受験生のことを思うと、悲しい気持ちになる」と話していました。
また、大阪大学では去年6月以降、吉田さん以外も含めて3回に渡って外部から指摘が寄せられていましたが、大学は去年12月まで本格的な対応を取っていませんでした。
これについて吉田さんは「外部からの指摘があった際、しっかりと検証できる体制を整えてほしい」と述べ、大学側に改善を求めました。
一方、本来なら合格していたはずの第1志望の学科に不合格となり、現在は別の学科に通っている19歳の男子学生がSNSを通じてNHKの取材に応じ、大学から連絡を受けた今の気持ちについて、「正直少しうれしかったですが、普通に第1志望で受かっていたと考えるとモヤモヤする気持ちもあります」とつづりました。
大学では、希望があれば第1志望の学科に移る措置を取ると言うことですが、この学生は「幅が広がった今はもう一度、何を勉強したいかを考え直して選ぶことにします」と書いていました。


入試ミス、誤り再指摘も反応なし 「対応遅い」と予備校講師
 大阪大が昨年2月に実施した入試の出題と採点にミスがあった問題で、誤りを指摘した東京都内の予備校講師吉田弘幸さんが7日、取材に応じた。大阪大からミスを否定する回答があり、改めて詳しく説明するメールを送ったところ、その後は連絡が途絶えたといい「対応が遅すぎる」と批判した。
 吉田さんによると、昨年8月9日、大阪大の問題を解いた際に誤りを見つけ、指摘するメールを大学側に送った。同21日に「誤りはない」とする返信があったが納得できず、誤りを詳しく指摘しながら問いただすメールを23日に送った。だが大学側から反応はなく、9月になって文部科学省にも対応を求めたという。


久米宏 『ザ・ベストテン』での黒柳徹子との掛け合い裏話
 テレビが政治を動かし、時代を動かす──そんな番組は、『ニュースステーション』(テレビ朝日系)以降ない。なぜそれほどの影響力を持ち得たのか、今のテレビとは何が違うのか。初の自伝『久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった』を刊行した久米宏氏が、自身の半生を振り返りながら、「テレビ論」を語った。
 * * *
 テレビではなかなかうまくいかず、「番組つぶしの久米」と言われていたんですけど、萩本欽一さんに呼ばれて司会をやった『ぴったしカン・カン』はたまたまうまくいった。
 そうしたら、生放送の歌番組の司会をやらないか? 黒柳徹子さんが君とコンビを組みたいと言っている、と声がかかった。『ザ・ベストテン』です。台本は曲の順番が書いてあるくらいで、リハーサルも適当。あくまでも本番で勝負しました。
 番組が始まって10分経つと早くも(時間が)押している。僕は司会者兼タイムキーパーですから、必死に遅れを取り戻そうとする。1位の曲を入れないわけにはいきませんから。
 ところが、黒柳さんは時間のことは全然気にしない。押しているのがわかっているくせに、わざとゆっくりしゃべるんです。番組を面白くしようと思って(笑)。
 しゃべりたい黒柳さんと話を止めて次に行きたい僕の勝負。見ている人たちはテンポのいい番組だと思ってくれたと思いますが、現場は常に切迫していました。
 テレビもラジオも、放送は生じゃないとつまらない。今、バラエティはほとんど収録でしょう。2時間モノだったら、3時間半ぐらい収録して、ぶつ切りにしちゃうわけです。あれを生でやったら、どれだけスリリングなことか。
 もちろん、生番組は雑で、仕上がってないし、言い間違いや大失言の可能性もある。スイッチャーのミスもあるし、全然関係ない人が映ってしまうこともしばしばある。でも、だからこそ生番組は面白いんです。■聞き手/柳澤健(ノンフィクションライター)


はしのえみがオススメする鹿児島県民おなじみの「焼きそば」
 NHKの大河ドラマ『西郷どん』の舞台として注目が集まる鹿児島県。そこで、鹿児島県出身のタレントはしのえみが、鹿児島県民おなじみのグルメスポットを紹介する。
■ふるさとレストラン 山形屋食堂
住所:鹿児島市金生町3-1 山形屋1号館7階
 昔懐かしい百貨店のレストランの約300席が、昼どきは満席になるほどの人気。約4割の客が頼むのが、パリパリの揚げ麺にあんをかけた『焼きそば』だ。
「県民なら一度は食べたことがあるはず。好みでかける甘めの三杯酢、私はたっぷりめ!」(はしのえみ)
 昭和33年に誕生した名物『焼きそば』(700円)は3世代に愛される。


「ガキ使」特番でベッキーが受けた“タイキック“に批判殺到。本人は「ありがたかった」と感謝するも… 「痛い、ヤバいこれ」という声とともに崩れ落ちた。
南 麻理江 ハフポスト日本版ニュースエディター
タレントのベッキーが、2017年12月31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のドッキリ企画で、不倫騒動を起こした「禊ぎ(みそぎ)」として、タイ式キックボクサーに蹴られる内容が放送され、Twitter上で賛否を呼んでいる。
■どんな内容だった?
ベッキーが登場したのは、年末恒例の特番「絶対に笑ってはいけない アメリカンポリス24時(日テレ系)」の1コーナー。
ココリコの田中直樹に、タイ式キックボクシングの「タイキック」を仕向けるという役目を終えて安心していたベッキーに「逆ドッキリ」が仕掛けられた。
2016年、人気バンド「ゲスの極み乙女」の川谷絵音さんとの「不倫」が報じられたことを受けて、テロップには「ベッキー 禊(みそぎ)のタイキック」と表示された。
「私はもうスッキリしてるんです」と叫びながらキックボクサーから逃げようとしたベッキーだが、ダウンタウンの浜田雅功らが「あんまり動けへん方がええで」とベッキーを捕まえ、遂に女性ボクサーの強烈な蹴りを腰に受けた。
「痛い、ヤバいこれ」という声とともに崩れ落ちたベッキーの姿が、出演者の爆笑とともに放送された。
■ベッキー「タレントとしてありがたい」
放送後、Twitterでは暴力を通じて笑いをとる様子に対し、「いじめ、集団リンチ、暴行の域にあたる犯罪」「弱い者いじめで笑いを取る日本のバラエティー番組なんて滅べ」「子どもが産めなくなったら、どうするんですか?」といった批判の声が相次いだ。
一方ベッキー自身は、1月6日放送のラジオ番組「ミッドナイト・ダイバーシティー〜正気のSaturday Night(FMラジオ)」に出演した際に、「年末のバラエティー番組の代表格なので、そこに出演させてもらってうれしかったです。逆ドッキリされるっていうのもね、タレントとして本当にありがたかったなと思います」と感謝の気持ちを述べた
■議論は更に加熱「番組の問題性を感じる」
ベッキーの「ありがたかった」という発言を受けて、ネット上では更に議論が加熱。
「タイキック」は、これまでも同番組の人気コンテンツの1つであったことを引き合いに出し、「今回だけ騒ぐのはおかしい」といった声や「他のメンバーも全員ケツバットを食らっている」と投稿するユーザーもいたが、「許されない」と怒りを露わにするユーザーも相次いだ。
ネット上での番組批判を打ち消そうとしたかのようなベッキーの発言に「(番組への)忖度」ではないかと指摘するユーザーもいた。
「ベッキーは番組出演に感謝してるじゃん」って言って蹴りを入れられた事を全く問題視しない人達、本人が告発すると仕事に支障が出るとか想像しないのか。
(ベッキーが)こう言わざるをえない力関係を利用しての暴力に、よけい番組の問題性を感じます。
ベッキーが嬉しかろうが嫌かろうが暴力・差別肯定番組でしかない。それ観て笑える人しかり。
同番組は、ダウンタウンの浜田雅功が米俳優エディー・マーフィに扮して、肌を黒くメイクしたことを受けても非難を浴びている。英メディアのBBCや米メディアのニューヨークタイムズなど、海外メディアから「人種差別的」と批判的な報道もされた


訃報 夢見るシャンソン人形、フランス・ギャルさん70歳
  フランス・ギャルさん70歳(フランス歌手)フランスのメディアによると、7日、乳がんのためパリ郊外の病院で死去。
 47年パリ生まれ。音楽家だった父の勧めで10代からレコードを収録。65年に欧州のポップ音楽コンテスト「ユーロビジョン」で「夢見るシャンソン人形」を歌い優勝。世界的ヒット曲となり、英語、イタリア語、日本語版なども発売された。日本では中尾ミエさんら多数の歌手がカバーした。