ブログネタ
フランス語 に参加中!
水俣病展171202

≪ Nous défendons une liberté d’importuner, indispensable à la liberté sexuelle ≫
Dans une tribune au ≪ Monde ≫, un collectif de 100 femmes, dont Catherine Millet, Ingrid Caven et Catherine Deneuve, affirme son rejet d’un certain féminisme qui exprime une ≪ haine des hommes ≫.
Tribune. Le viol est un crime. Mais la drague insistante ou maladroite n’est pas un délit, ni la galanterie une agression machiste.
A la suite de l’affaire Weinstein a eu lieu une légitime prise de conscience des violences sexuelles exercées sur les femmes, notamment dans le cadre professionnel, ou certains hommes abusent de leur pouvoir. Elle était nécessaire. Mais cette libération de la parole se retourne aujourd’hui en son contraire : on nous intime de parler comme il faut, de taire ce qui fâche, et celles qui refusent de se plier à de telles injonctions sont regardées comme des traîtresses, des complices !
Or c’est là le propre du puritanisme que d’emprunter, au nom d’un prétendu bien général, les arguments de la protection des femmes et de leur émancipation pour mieux les enchaîner à un statut d’éternelles victimes, de pauvres petites choses sous l’emprise de phallocrates démons, comme au bon vieux temps de la sorcellerie.
Délations et mises en accusation
De fait, #metoo a entraîné dans la presse et sur les réseaux sociaux une campagne de délations et de mises en accusation publiques d’individus qui, sans qu’on leur laisse la possibilité ni de répondre ni de se défendre, ont été mis exactement sur le même plan que des agresseurs sexuels. Cette justice expéditive a déjà ses victimes, des hommes sanctionnés dans l’exercice de leur métier, contraints à la démission, etc., alors qu’ils n’ont eu pour seul tort que d’avoir touché un genou, tenté de voler un baiser, parlé de choses ≪ intimes ≫ lors d’un dîner professionnel ou d’avoir envoyé des messages à connotation sexuelle à une femme chez qui l’attirance n’était pas réciproque.
Cette fièvre à envoyer les ≪ porcs ≫ à l’abattoir, loin d’aider les femmes à s’autonomiser, sert en réalité les intérêts des ennemis de la liberté sexuelle, des extrémistes religieux, des pires réactionnaires et de ceux qui estiment, au nom d’une conception substantielle du bien et de la morale victorienne qui va avec, que les femmes sont des êtres ≪ à part ≫, des enfants à visage d’adulte, réclamant d’être protégées.
En face, les hommes sont sommés de battre leur coulpe et de dénicher, au fin fond de leur conscience rétrospective, un ≪ comportement déplacé ≫ qu’ils auraient pu avoir voici dix, vingt ou trente ans, et dont ils devraient se repentir. La confession publique, l’incursion de procureurs autoproclamés dans la sphère privée, voilà qui installe comme un climat de société totalitaire.
La vague purificatoire ne semble connaître aucune limite. Là, on censure un nu d’Egon Schiele sur une affiche ; ici, on appelle au retrait d’un tableau de Balthus d’un musée au motif qu’il serait une apologie de la pédophilie ; dans la confusion de l’homme et de l’œuvre, on demande l’interdiction de la rétrospective Roman Polanski à la Cinémathèque et on obtient le report de celle consacrée à Jean-Claude Brisseau. Une universitaire juge le film Blow-Up, de Michelangelo Antonioni, ≪ misogyne ≫ et ≪ inacceptable ≫. A la lumière de ce révisionnisme, John Ford (La Prisonnière du désert) et même Nicolas Poussin (L’Enlèvement des Sabines) n’en mènent pas large.
Déjà, des éditeurs ¬demandent à certaines d’entre nous de rendre nos personnages masculins moins ≪ sexistes ≫, de parler de sexualité et d’amour avec moins de démesure ou encore de faire en sorte que les ≪ traumatismes subis par les personnages féminins ≫ soient rendus plus évidents ! Au bord du ridicule, un projet de loi en Suède veut imposer un consentement explicitement notifié à tout candidat à un rapport sexuel ! Encore un effort et deux adultes qui auront envie de coucher ensemble devront au préalable cocher via une ≪ appli ≫ de leur téléphone un document dans lequel les pratiques qu’ils acceptent et celles qu’ils refusent seront dument listées.
Indispensable liberté d’offenser
Le philosophe Ruwen Ogien défendait une liberté d’offenser indispensable à la création artistique. De même, nous défendons une liberté d’importuner, indispensable à la liberté sexuelle. Nous sommes aujourd’hui suffisamment averties pour admettre que la pulsion sexuelle est par nature offensive et sauvage, mais nous sommes aussi suffisamment clairvoyantes pour ne pas confondre drague maladroite et agression sexuelle.
Surtout, nous sommes conscientes que la personne humaine n’est pas monolithe : une femme peut, dans la même journée, diriger une équipe professionnelle et jouir d’être l’objet sexuel d’un homme, sans être une ≪ salope ≫ ni une vile complice du patriarcat. Elle peut veiller à ce que son salaire soit égal à celui d’un homme, mais ne pas se sentir traumatisée à jamais par un frotteur dans le métro, même si cela est considéré comme un délit. Elle peut même l’envisager comme l’expression d’une grande misère sexuelle, voire comme un non-événement.
En tant que femmes, nous ne nous reconnaissons pas dans ce féminisme qui, au-delà de la dénonciation des abus de pouvoir, prend le visage d’une haine des hommes et de la sexualité. Nous pensons que la liberté de dire non à une proposition sexuelle ne va pas sans la liberté d’importuner. Et nous considérons qu’il faut savoir répondre à cette liberté d’importuner autrement qu’en s’enfermant dans le rôle de la proie.
Pour celles d’entre nous qui ont choisi d’avoir des enfants, nous estimons qu’il est plus judicieux d’élever nos filles de sorte qu’elles soient suffisamment informées et conscientes pour pouvoir vivre pleinement leur vie sans se laisser intimider ni culpabiliser.
Les accidents qui peuvent toucher le corps d’une femme n’atteignent pas nécessairement sa dignité et ne doivent pas, si durs soient-ils parfois, nécessairement faire d’elle une victime perpétuelle. Car nous ne sommes pas réductibles à notre corps. Notre liberté intérieure est inviolable. Et cette liberté que nous chérissons ne va pas sans risques ni sans responsabilités.
Les rédactrices de ce texte sont : Sarah Chiche (écrivaine, psychologue clinicienne et psychanalyste), Catherine Millet (critique d’art, écrivaine), Catherine Robbe-Grillet (comédienne et écrivaine), Peggy Sastre (auteure, journaliste et traductrice), Abnousse Shalmani (écrivaine et journaliste).
Adhèrent également à cette tribune : Kathy Alliou (curatrice), Marie-Laure Bernadac (conservateur général honoraire), Stéphanie Blake (auteure de livres pour enfants), Ingrid Caven (actrice et chanteuse), Catherine Deneuve (actrice), Gloria Friedmann (artiste plasticienne), Cécile Guilbert (écrivain), Brigitte Jaques-Wajeman (metteuse en scène), Claudine Junien (généticienne), Brigitte Lahaie (actrice et présentatrice radio), Elisabeth Lévy (directrice de la rédaction de Causeur), Joëlle Losfeld (éditrice), Sophie de Menthon (présidente du mouvement ETHIC), Marie Sellier (auteure, présidente de la Société des gens de lettres).
フランス語
フランス語の勉強?
菅 直人 (Naoto Kan) @NaotoKan
希望の党も原発ゼロ法案を準備中です。小泉、細川両元総理が参加する原自連と立憲民主党、希望の党、社民党、共産党など超党派でまとめた共通の原発ゼロ法案を今国会に提出すれば自民党も無視できません。来年の参院選は原発の是非が最大の争点となります。自民党内の原発ゼロ派も動き出すでしょう。

ランチはタコスにしました.先日の500円券が2枚あるのでそれが使えるお店ということで.とはいえタコスの注文の仕方がよくわかりません.お店の人に聞きながらたのみました.おいしかったです.
遅くまで仕事頑張って帰るとお腹がすいています.気がつくと八ッ橋+炭酸せんべいをバキバキと食べてしまいました.

復興のシンボル モアイがお引越し 宮城・南三陸
あの、モアイ像が動きます。宮城県南三陸町のシンボルとして、旧さんさん商店街に展示されていたモアイ像の移設工事が始まりました。
10日は石材業者の手によってモアイ像を囲っていたフェンスの解体作業が行われました。南三陸町のモアイ像は、1960年のチリ地震の際、津波被害から共に復興を目指す友好の証としてチリから贈られたもので、町のシンボルとして親しまれてきました。
その後、東日本大震災の津波被害にあいましたが、支援の一環として再びチリ政府から寄贈を受け、復興へとまい進する南三陸の町を見守ってきました。
新たな移設先は現在の南三陸志津川さんさん商店街の一角です。移設工事は一月ほどかけて行われる予定です。これまでモアイ像があった場所の近くに住む人は「この場所から移ることに一抹の寂しさを感じますけれども、大勢のみなさんに見ていただいて我々に元気を届けていただければなと思います」と話しました。
今回の移設は一時的なもので、町中心部に新たに作られる公園に2020年ごろ再び移設される予定になっています。


河北抄
 <野蒜(のびる)とふ愛(いと)しき地名あるを知る被災地なるを深く覚えむ>。皇后さまが昨年詠まれた数ある歌から選んだ3首のうちの一つだ。宮内庁が先日発表した。
 東日本大震災の被災地に野蒜(東松島市)という地名があったことを皇后さまは震災直後に知ったという。大変な被害だった。だとしても、なぜいとしいのか。
 昨年の歌会始での御歌に答えがある。<土筆(つくし)摘み野蒜を引きてさながらに野にあるごとくここに住み来(こ)し>。ツクシやノビルが生え、まるで野のような御所の庭。ここで暮らして幾年過ぎたか−。
 皇居の自然の中でたくましく生きるノビルと、苦難から立ち上がる野蒜の人々の姿が心の中で重なった。胸が熱くなるような感慨が呼び起こされたのではないか。この2首は一対の作に思える。
 両陛下の被災地への視線には痛みを分かち合う意思がこもる。国民を常に気遣っているからこそ、いたわりが力強い祈りとなって歌に命を吹き込むのだろう。
 歌会始があす12日、皇居で行われる。題は「語」。皇族方や一般入選者が真情を込めた作品だ。心して味わいたい。


【阪神大震災23年 歩いた先に(2)】 もっと優しくすればよかった…母と弟失って初めて気づいた尊さ、小学教諭「大切な人がいる幸せ」語り続け
 身近な命を失い、初めてその尊さに気づいた。阪神大震災で母と弟を亡くした神戸市立美野丘小学校教諭、長谷川元気さん(31)=神戸市東灘区=は、震災体験の語り部として全国各地の学校をめぐっている。「大切な人がそばにいるって幸せなことなんだよ」。震災から得た思いを子供たちに語り続ける。(木下未希)
「あかんかったわ」父に抱きしめられ
 震災があったのは小学2年のとき。木造2階建ての自宅アパートが全壊し、母の規子さん=当時(34)=と末の弟の翔人ちゃん=同(1)=が下敷きになった。
 父の博也さん(66)ががれきの中で2人を捜す間、1つ下の弟と避難先の公園で待ち続けていると、戻ってきた博也さんが声を震わせながら告げた。「あかんかったわ。これからは3人で頑張って生きていこう」。父に抱き締められ、3人で声をあげて泣いた。
 「もっとお母さんに優しくすればよかった」「翔人とたくさん遊んであげればよかった」。初めて気づいたそばにいる人の大切さ。後悔ばかりが募った。
「お母さん」という言葉を聞くだけで…
 学校生活で「お母さん」という言葉を聞くだけで胸が苦しくなった。「自分にはもうお母さんはおらんねや」。校庭の片隅で一人泣いていると、担任の先生が「つらいけど、頑張りや」と励ましてくれた。温かい先生の姿がおのずと将来の目標になった。平成25年、地元の神戸市で小学校教諭としての道を歩み始めた。
 震災で得た教訓を子供たちに伝えようと、26年に語り部活動を行うボランティアグループ「語り部KOBE1995」に加入。全国各地の学校に出向き、周囲への感謝の気持ちや夢を持つことの大切さを伝えている。「周りの人が突然いなくなってしまうことがある。だからこそ、今そばにいる人を大切にしてほしい」と訴え続けてきた。
永遠に消えない悲しみ 「だからこそ向き合い、歩む」ことの大切さ訴え
 27年には、東日本大震災で児童ら84人が津波の犠牲になった宮城県石巻市の市立大川小学校を訪れた。現実を受け入れられない遺族の姿を目の当たりにした瞬間、よぎったのは阪神大震災直後の自分の姿だった。
 「お母さん」という言葉を聞くだけで涙があふれたあの頃−。今でも思い出す度、胸が締め付けられる。
 「大切な人を失った悲しみは永遠に消えない。だからこそ悲しみと向き合い、歩み続けることが大切なのではないか」と強く感じた。
 あれから23年。つらい経験をした自分だからこそできることがあると信じる。
 「震災の経験をもとに、子供たちに人生で大切なことを伝えていきたい。23年間の自分の歩んできた姿が、誰かの希望になれば」
 そう願い、これからも語り続ける。


1・17追悼の集い 遺族代表に崔敏夫さん
 阪神・淡路大震災から23年となる17日、次男秀光さん=当時(20)=を失った神戸市須磨区千歳町の崔敏夫さん(76)が、神戸・三宮の東遊園地である「追悼の集い」で遺族代表としてあいさつする。在日2世の朝鮮人。在日コリアンの代表は初めてで、10日、神戸市役所で会見した崔さんは「6434人の死を無駄にしたくない。大きな責任を感じている」と思いを語った。息子を亡くした自責の念にかられ、自らの使命を問い続けてきた崔さん。当日は「お前の分まで頑張ってるで」。天国の秀光さんにこう呼び掛けるつもりだ。(小林伸哉)
 東京の朝鮮大学校に通っていた秀光さんは、1995年1月の震災前に、成人式出席のため、実家に帰省していた。16日に東京へ戻る予定だったが、体調がすぐれず、崔さんが「つらかったら明日帰ったら」と声を掛けた。秀光さんは16日夜、初めて崔さんを銭湯に誘い、背中を流し、将来を語り合った。
 17日午前5時46分、同区の木造2階建ての自宅を激震が襲った。1階で寝ていた秀光さんは、家屋の下敷きで帰らぬ人に。正義感が強く、大学校で教員になるのが夢だった。「あのとき引き留め、死に追いやった。息子のため、自分に何ができるのか」。常に意識して生きてきた。
 「息子に頑張る姿を見てほしい」。自宅は焼失したが、95年6月に仮設作業場を建て、ケミカルシューズ加工の仕事を再開。区画整理で転居を重ね、自宅再建まで8年を要した。
 「防災には地域のつながりが大事」と、震災前まで自身は縁がなかった自治会を結成し、夜は真っ暗な街に明かりをともした。千歳地区の自主防災委員長として訓練を重ねながら、遺族らの団体「語り部KOBE1995」にも加わり、全国で「人を愛すること、助け合う精神が大事」と訴える。「息子に与えられた使命。命、愛、絆が活動の原点」と振り返る。
 当日は「震災を風化さしたらあかん。命の大切さ、震災の恐ろしさを永遠に語り継ごう。備えれば被害は最小限にできる」と思いを込める。
 「息子に背中を押してもらってる」と崔さん。もし再び会えるなら「『アボジ(お父さん)頑張ってるな』と言ってもらいたい」


「阪神・淡路」被災者を支援 河村宗治郎さん死去
 阪神・淡路大震災の被災者支援を訴え続けた兵庫県被災者連絡会会長、河村宗治郎(かわむら・そうじろう)氏が8日午後11時27分、肝臓がんのため神戸市兵庫区の自宅で死去した。81歳。京都市左京区出身。通夜と葬儀・告別式は近親者で行う。
 学生時代から反戦運動を続け、行政書士の傍ら、1981年に「戦争を起こさせない市民の会」を結成し、護憲や反核を呼び掛けてきた。阪神・淡路大震災で自宅が全壊した後、神戸市兵庫区の本町公園で約5年間テントなどで暮らし、県や神戸市に対し、避難所の環境改善や生活再建支援、住まいの確保などを訴えた。
 被災者の生活再建が求められる中で、神戸市が打ち出した神戸空港建設計画に反対。「神戸空港・住民投票の会」に加わり、民意を問う住民投票の実施などを主張し、署名集めに取り組んだ。
 県や同市などが民間から借り上げ、被災者に賃貸で提供した借り上げ復興住宅の入居期限問題では継続入居を求める運動や相談に尽力。闘病しながら昨年12月まで集会などに出て「神戸市などが被災地で取った被災者支援施策は良かったのかどうか。問わないといかん」などと発言した。


阪神大震災23年 大型ビジョン映像で啓発
 17日で発生から23年を迎える阪神大震災への関心を高めようと、神戸市中心部の大型ビジョンなどで9日、昨年行われた追悼行事「阪神淡路大震災1・17のつどい」の動画の放映が始まった。震災体験がなく、つどいの存在も知らない世代が増えており、つどい実行委が市と共同で初めて実施した。17日まで続ける。
 つどいは同市中央区の東遊園地で毎年1月17日に開催。竹灯籠(とうろう)をともし、発生時刻の午前5時46分に合わせて黙とうして犠牲者を悼む。参列者は震災20年の2015年に10万1000人を記録したが、昨年は4万4000人にとどまった。
 この日はJR三ノ宮駅前の商業施設「ミント神戸」の壁面ビジョンや三宮センター街の大型ビジョンで、参列者が黙とうをささげる姿など1分半の動画を放映した。実行委の藤本真一委員長は「街を行き交う人の目に入ることで、震災を思い返す期間にしたい」と話している。【栗田亨】


生き抜いて 阪神大震災23年 家族の笑顔、命の力 被災者同士で結婚 新川愛さん
新川愛さん(42)
 人工の小川が流れ、子どもの歓声が響く神戸市長田区の水笠通公園。阪神大震災が起きるまで、ここには街があった。新川愛さん(42)=同区=はこの地にあった自宅で被災し、母と祖母を亡くした。一時暮らした避難先で夫修平さん(43)に出会い、娘3人に恵まれた。笑顔あふれる5人家族。その裏側には、つらい記憶を夫婦で受け止めてきた23年の月日がある。この冬、改めて娘たちに伝える。「生きていること、幸せなことは、当たり前じゃないんやで」【道岡美波】
 震災で愛さんの自宅は全壊し、1階で寝ていた母恵子さん(当時55歳)と祖母菊江さん(同87歳)が犠牲となった。以降は、当時19歳の愛さんと2歳下の弟の二人だけの生活。避難所で出会った人たちの助けを借り、親が残した財産やアルバイトで生き延びた。
 8カ月後、自宅跡地に福祉団体が福祉作業所を建て、その2階で一時暮らした。そこで、ボランティアで作業所に来ていた修平さんと出会う。修平さん自身も長田区出身で、地震で自宅が全壊し、勤め先が休業。そんな中でも明るく自分の弟と仲良くする姿に「この人だったら、家族を大事にしてくれる」と感じ、1999年に結婚した。生きるのが嫌で起きられない日もあったが、「思いきり楽しく生きよう」と前を向くようになった。
 一方、震災で肉親2人を失った愛さんにはメディアの取材が殺到。「心の傷口が開いたままでも必要とされるなら、と取材を受けていた。本当は泣きたかっただろうに」と修平さん。愛さんから笑顔が再び消えるのではないか。そんな不安を消し去ってくれたのは、3人の娘たちだった。
 新しい命を授かる度に、愛さんは「すてきなことが始まる」と心が躍った。何事にも全力で取り組む中3の長女真実さん(15)、運動が得意な小4の次女万智さん(10)、そして照れ屋の三女万森(まもり)ちゃん(4)。子育てで「母や祖母がいてくれたら」と思う時もあったが、娘たちは「ママ大好き!」と無償の愛をくれた。
 新川家では、震災の記憶を今も引き継ぐ。生活は2階が中心で、玄関に母と祖母の姓「三上」の表札を並べたのは「天国の2人にそばにいてほしい」という修平さんの考えだ。
 「お母さんが死んでも仲良く生きなあかんで」「いつ人間は死ぬか分からんから、一日一日を大切にするんやで」との愛さんの言葉に、娘たちは命の尊さを感じ取っている。
 家族は毎年1月17日、長田区での追悼行事に足を運ぶ。今年使われるろうそくは、万智さんが学校で作ったもの。「みんなが母や祖母のことをいつまでも忘れずにいてくれる気がして、温かい気持ちになる」と愛さん。これからも笑顔を重ねていきたい、と心から思う。


河北春秋
 一生に一度の喜びがある。例えば若者が人生の扉を開け、祝福で輝く日。昔は男の子が「お山がけ」修行に出るなどの成人儀礼があった。今なら、未来の夢に挑む大学受験がそうか。その喜びをミスや不誠実で奪われた傷心はどう償えるのか▼「受験生の人生を狂わせてしまった」と謝罪したのは大阪大の副学長ら。昨年2月の一般入試の物理で出題ミスをし、本来合格だった受験生30人を不合格にした、と1年近くたって発表した。「問題に誤りがある」と外の指摘を受けながら、作成責任者が認めなかったという▼30人を新たに合格とし、今春の転入学を認めるというが、他の学部や大学に進んだ人もいた。努力がかなわなかったと失望したり、心機一転、別の道を志したり。若者が人生の選択に悩む、かけがえのない時間を奪ったのは名門大の「保身」だったか▼8日の成人の日には、「大人の美しさ」を夢見て選んだ晴れ着を、貸衣装業者の突然の店舗閉鎖で着られなかった女性が横浜市などで相次いだ。1人当たり数十万円を取りながら、責任者は不明に。楽しみだった成人式を泣く泣く諦めた人もいたそうだ▼若者の夢を育てるのも、傷つけて壊すのも大人だ。一生に一度の喜びや旅立ちの日を奪っていい「大人の事情」など、あってはならない。

阪大出題ミスで30人不合格 事後対応の遅れを教訓に
 大阪大の昨年2月の一般入試で出題のミスが明らかになり、不合格とされた30人が追加で合格した。
 阪大は外部からの3回目の指摘でようやくミスを認めた。最初の指摘から半年以上たっており、組織的な対応があまりに遅すぎた。
 原因を徹底究明するとともに、出題を巡る外部からの指摘を検証するシステムを早急に確立すべきだ。
 ミスがあったのは物理で、最初の設問に三つの正答があるのに、正解を一つに限定していた。さらに次の設問はこの解答を前提に作られたため、関連して間違いとなった。
 昨年6月に高校教員らが参加する入試問題検討会で指摘され、8月に予備校講師からも指摘があった。いずれも問題作成責任者の教授2人が検討したが、ミスを認めなかった。
 12月に別の外部の人から詳細な指摘があり、4人の教員が加わって検討して、ようやくミスを確認した。
 阪大は「思い込みがあった」と説明しているが、問題作成責任者だけで検討を続け、組織内で情報共有できず発覚まで時間がかかった。
 出題ミスは予備校などの指摘で明らかになる場合が多い。外部からの指摘を軽く考えたり、判断を一部の教員に任せっきりにしたりしていなかったか。究明が必要だ。
 合否判定に影響する大学入試ミスは後を絶たない。2008、10年には私立大で追加合格者がそれぞれ100人近くに達するミスがあった。
 入試問題作成は厳しく管理される。不正を防ぐための密室作業は仕方ないが、出題の検証制度がないとミスまで密室で処理されかねない。
 不合格となった30人の中には、既に他の大学に進学している学生もいる。追加合格の連絡を受けて、複雑な思いを口にしているという。
 また他の大学に入ったことで、代わりに落ちた受験生がいるかもしれず、影響は30人にとどまらない。
 大学側は、追加合格者の貴重な1年を無駄にしてしまったことを重く受け止め、支援体制を直ちに作り、それぞれの希望がかなうように最大限の配慮をすべきだ。
 13日にはセンター試験が始まり、本格的な入試シーズンに入る。全ての大学が今回のミスの対応を教訓にして、入試への不信感が広がらないよう努めてほしい。


米軍ヘリ不時着 放置できぬ異常事態だ
 沖縄で米軍普天間飛行場に所属するヘリコプターの不時着が続けて発生した。現場近くには、それぞれ住宅やホテルがあった。
 昨年12月、飛行場に隣接する普天間第二小学校に大型ヘリから窓が落下した事故も記憶に新しい。
 米軍の安全軽視の姿勢は一向に改まらず、事故やトラブルが頻発する異常事態を招いていると言わざるを得ない。これ以上、現状を放置してはならない。
 防衛省は在日米軍に対し全ての航空機の安全点検を要請した。米軍は直ちに全機の運用を停止し点検を行う必要がある。
 さらに、人員や装備、訓練などあらゆる角度から安全性の検証を行い、納得のいく対策を日本政府と沖縄県に提示すべきだ。
 8日午後にAH1攻撃ヘリが不時着した読谷村(よみたんそん)の現場はホテルの敷地から250メートルの場所だった。
 同じ日の午前中、その2日前にうるま市の伊計島(いけいじま)に不時着したUH1ヘリをCH53大型輸送ヘリがつり上げて撤去したばかりだった。伊計島の現場も住宅から100メートルしか離れていない。
 CH53も昨年10月の炎上事故や普天間第二小への窓落下を起こした機種であり、つり上げ輸送自体が住民の不安を増幅させた。
 AH1がきのう朝、早々と現場を飛び立ち普天間に戻ったことと併せ看過できない。
 翁長雄志(おながたけし)知事は「県民が日常的に危険にさらされている。日本政府は当事者能力がなく、恥ずかしさを感じてもらいたい」と述べ、政府を批判した。
 米軍から原因についての十分な情報開示がないまま飛行再開を容認してきた政府の姿勢も、厳しく問われよう。
 マティス米国防長官はきのう、小野寺五典防衛相に電話で謝罪を伝えたという。小野寺氏が抜本的な安全対策を求めたのに対して「重要な課題としてしっかり取り組んでいきたい」と述べた。
 その言葉をポーズだけで終わらせないよう、厳格に検証するのが政府の責任である。
 普天間に駐留する米海兵隊に対しては、北朝鮮情勢の緊迫によって訓練が激化し、隊員の疲労につながっているとの指摘もある。
 事実なら、ただでさえ米軍基地の重い負担を背負わされている沖縄県民が、一層の危険と隣り合わせで暮らしていることになる。
 まだ人命に関わる大惨事が起きていないのは単なる偶然にすぎない。このことを日米両政府は改めて認識すべきだ。


米軍ヘリ不時着 基地集中が招いた危険
 沖縄県でまた米軍ヘリコプターが不時着した。トラブルが何度も繰り返されるのは、米軍基地が狭い県土に集中しているからにほかならない。国外・県外移転など抜本的な対策を講じるべきである。
 八日午後、米海兵隊普天間飛行場(宜野湾市)所属のAH1攻撃ヘリコプターが、読谷村の廃棄物処分場に不時着した。リゾートホテルのホテル日航アリビラの敷地から約二百五十メートルの至近距離だ。
 けが人がいなかったのは幸いだが、同飛行場所属機は、UH1多用途ヘリが六日、うるま市伊計島の東側海岸に不時着したばかりである。昨年十月には東村の牧草地にCH53E大型輸送ヘリが不時着、炎上しており、部品落下も相次いでいる。
 機体の点検整備体制に深刻な問題があると、考えざるを得ない。整備不良の米軍機が、日本国民の頭上を飛び交うことなど、もっての外だ。危険な状況を放置してはならない。にもかかわらず、不時着機を含め同型機を在日米軍は既に飛行させている。これは原因究明までの飛行中止を求めた県の要請を無視したことになる。
 米軍機事故が起きると、政府は飛行自粛を要請するものの、米軍側の一方的な飛行再開を繰り返し追認してきた。これで主権国家の政府と言えるのか。
 政府は米軍側の言い分をうのみにせず、日本側として安全を確認できなければ飛行は認めないくらいの強い態度で臨むべきである。
 在日米軍専用施設の約70%が沖縄県に集中している現実から、政府のみならず、本土に住む私たちも目を背けてはなるまい。
 これほど頻繁に事故やトラブルが起き、日々騒音に悩まされ、米兵らによる犯罪が頻発するのは、狭い県土に基地が集中しているからに、ほかならないからだ。
 安倍政権は、普天間飛行場を名護市辺野古に移設すれば、県民の基地負担は軽減されるように宣伝しているが、米軍基地を同じ県内で「たらい回し」しても、沖縄県民にとっては抜本的な負担軽減にはつながらない。同飛行場の国外・県外移設の検討を本格的に始めるべきではないか。
 沖縄県の翁長雄志知事は「県民が日常的に危険にさらされても抗議もできない。日本政府は当事者能力がない」と矛先を政府にも向けている。安全保障のために県民の安全・安心を犠牲にしてもいいはずがない。安倍政権は今度こそ、沖縄県民の声と誠実に向き合うべきである。


米軍ヘリ不時着相次ぐ/政府は毅然とした態度示せ
 危険と隣り合わせの住民の不安はいかばかりか。沖縄県で米軍のヘリコプターの不時着が相次いで起きた。いずれも普天間飛行場(宜野湾市)所属の攻撃ヘリで、住宅やホテルまで数百メートルという程近い場所に降下した。
 「こんなことが続いては、いつか大事故が起きる」「日本政府は米軍にもっと強く抗議してほしい」。米軍に対して煮え切らない態度を示すような政府に対して、住民の怒りの矛先が向くのは当然だろう。不信払拭(ふっしょく)のためにも毅然(きぜん)とした対応を取るべきだ。
 小野寺五典防衛相は9日、マティス米国防長官と電話会談し、再発防止や点検整備の徹底を申し入れたが、むしろ遅すぎた感じだ。
 マティス氏は謝罪して要請に応じたという。しかし、その言葉はにわかに信じられない。これまでトラブルを繰り返しても、米軍はその度に訓練を優先させ、早々に飛行を再開させてきたからだ。
 実際、県の事故原因究明までの飛行中止要請を無視する形で、9日には不時着事故を起こしたヘリをもう飛行させている。
 6日にうるま市の伊計島に不時着したUH1ヘリは、主回転翼の速度超過を示す異常が表示され砂浜に降りた。主翼を取り外し、無残な姿でつり上げられ撤去された。
 2日後に読谷村の廃棄物処分場に降りたAH1ヘリも警告灯が点滅し、切迫した状況の不時着だった。米軍は「事故を避けるための予防的着陸だった」と説明するが、共に機体の整備点検の不徹底を疑わざるを得ない。
 伊計島では昨年1月にもAH1ヘリが動力系統の不具合とみられるトラブルで農道に不時着した。10月に東村の民有地に不時着したCH53大型輸送ヘリは炎上、大破した。
 宜野湾市の小学校の運動場に窓を落下させた大型ヘリの事故は先月半ばだ。それからまだ1カ月もたっていない。
 頻発する米軍機のトラブルの背景には、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮情勢の緊迫化が影響しているとの指摘もある。半島有事を想定した訓練が増加しているという。
 であるなら整備点検漏れというレベルの話ではなく、組織全体の問題として取り組まなければ、解決にはつながらないだろう。体制や訓練のありようを見直さない限り事故はまた起きるのではないか。
 根本的には日本側の事故捜査や検証の権限を阻む地位協定の壁が、常に立ちはだかる。政府は協定見直しを繰り返し要求していくべきだ。
 同県の富川盛武副知事は「これまで以上に突っ込んだ要請をしないと県民が安心して暮らせない」と述べ、米軍と政府、県による協議会の設置を求める考えという。
 基地関連のトラブルに関する地元意見を、米軍の対応に反映させるシステムは最低限必要だ。実効性のある仕組みづくりを急いでほしい。


[米軍ヘリまた不時着]海兵隊移転 具体化せよ
 米軍普天間飛行場のAH1攻撃ヘリ1機が8日午後、読谷村儀間の民間地に不時着した。
 大手のホテル日航アリビラ敷地から、およそ250メートル。「もし、ホテルに落ちたら一発で終わり」だと県ホテル協会の當山智士会長は危機感をあらわにする。
 2日前の6日には、うるま市・伊計島の海岸にUH1連絡輸送ヘリが不時着したばかりである。
 米軍は8日午前、不時着したUH1をロープでくくってCH53でつり上げ、雨の中、風にあおられながら機体をホワイトビーチに運んだ。航路の安全をきちんと確保した上での回収作業だったのか。
 AH1が読谷村に不時着したのは、その数時間後のことである。相次ぐ事故の連鎖は、異常という以外に表現のしようがない。
 CH53大型ヘリの窓(重さ7・7キロ)が普天間第二小学校のグラウンドに落下したのは昨年12月13日。あれから1カ月も経っていない。
 このまま行くと取り返しのつかない事故が起きるのではないか、と多くの住民が感じ始めている。住民の命が危険にさらされている、と危機感を募らせているのである。
■    ■
 小野寺五典防衛相は9日、マティス米国防長官と電話会談し、再発防止や点検整備の徹底を申し入れた。
 在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官は、富川盛武副知事に電話し、相次ぐトラブル発生を謝罪した。
 だが、米軍と政府の再発防止策は、事態を沈静化させるための危機管理的な要素が強く、実効性に乏しい。
 「米軍も日本政府も信用できない」「選挙を意識したパフォーマンス」だと不信感をあらわにする人が増えた。
 米軍ヘリ事故が相次いでいるのはなぜか。一般に指摘されているのは、北朝鮮危機に対処するため訓練が激化していること、国防費削減に伴う機体の老朽化、部品の不足、パイロットや整備士などの負担過重など、である。
 「構造上の欠陥はなく、人為的ミス」だとして米軍が事故機の飛行を早々と再開し、防衛省がこれを追認するというケースが目立つ。しかし米軍や政府のこの言い方はまったく信頼が置けない。
 人為的ミスが原因だとすれば、なぜこれほど頻繁に人為的ミスによる事故が発生するのかを明らかにしなければならない。
 夜間空中給油や敵陣地への夜間低空進入など難易度の高い訓練は、気象変化の影響を受けやすいだけでなく、パイロットの技量にも左右されやすい。
 「練度を維持する必要がある」との理由で対策をおろそかにすれば、事故の再発を防ぐことはできない。
■    ■
 当面の措置として必要なのは、普天間飛行場所属のすべての機種について、一定期間飛行を停止することである。
 その間に、ハード面の機体点検と、パイロットや整備士などを対象としたソフト面の検証を行うこと、その結果を公表すること、を求めたい。
 沖縄の米軍基地の運用を閉鎖的な日米合同委員会だけに委ねず、県が利害当事者として権限を持って発言できるような仕組みをつくることも重要だ。
 もっと根本的な対策は「小さなカゴにあまりにも多くの卵を詰めすぎる」という基地沖縄の現実を改めることだ。
 名護市安部海岸で発生したオスプレイの大破事故、東村高江の牧草地で起きたCH53の炎上事故、県内各地で頻発しているオスプレイやヘリの緊急着陸、不時着は、米軍機の事故がどこでも起こりうることを示している。
 本土に駐留していた米海兵隊は1950年代、沖縄に移駐した。膨大な基地建設が可能だったのは、憲法が適用されず、施政権のすべてを米軍が握っていたからだ。
 その結果、沖縄は、演習場や飛行場と住民地域がフェンスを隔てて隣接するという「基地住接近」のいびつな島になってしまった。
 海兵隊の国外・県外移転を通してこの状態を改善することなしに問題の抜本的な解決を図ることはできない。


沖縄米軍ヘリまた不時着 海兵隊リスク無視するな
 「事故はあってはならない」。その通りである。「米軍の飛行は安全確保が大前提だ」。当然のことである。沖縄県で米海兵隊のヘリコプター不時着が相次いでいる。先月には小学校運動場への窓落下事故も起きた。小野寺五典防衛相が「多すぎる。沖縄の皆さんの心配は当然だ」と憂慮するなら、県が申し入れたように、せめて原因究明まで全米軍機の運用停止を求めるべきでないのか。
 相次ぐトラブルは米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のヘリで発生。6日にはうるま市伊計島の東海岸にUH1ヘリが不時着。大型ヘリにより撤去されたばかりの8日には、読谷村(よみたんそん)儀間の廃棄物処分場にAH1攻撃ヘリが不時着した。現場から約300メートルの所に住宅地、約400メートル地点にはリゾートホテルがある。
 6日の不時着現場は防風林を挟んで民家から約100メートルしか離れていない。
 県内では2004年に沖縄国際大構内に大型ヘリが墜落炎上したのをはじめ、13年にF15戦闘機や救難ヘリが墜落、15年にはヘリ墜落で7人負傷、16年にも新型輸送機オスプレイが不時着大破、昨年10月には牧草地に大型輸送ヘリの不時着炎上事故も起きている。
 国内の在日米軍専用施設の約7割が集中する沖縄の現状は過酷だ。「どこでも生命の危険にさらされている。国民を守る大義のために沖縄が犠牲になっても構わないのか」(伊計自治会長)、「日米同盟が大事なら、負担は国民が等しく受けるべきだ」(読谷村長)と憤るのも当然である。
 防衛省沖縄防衛局によれば、2件のヘリ不時着は警告灯点灯による着陸で、米軍は事故を避ける「予防着陸」と説明している。ならば、なぜこれほど異常が発生するのか。徹底究明しなければ大事故につながる可能性がある。
 日本政府はその都度、米側の説明をうのみにし、飛行の早期再開を追認してきた。今回も小野寺防衛相は「再発防止」を申し入れたが実効性はあるのか。米追従姿勢を改め、日米同盟による地位協定の不平等性を抜本的に見直すべきだ。
 安倍晋三首相は「普天間の危険性除去には辺野古移設が唯一の解決策」と強調する。それは沖縄の置かれた厳しい立場や県民感情の軽視にほかならない。
 米海軍安全センターが発表した2017米会計年度(16年10月〜17年9月末)の事故統計によると、米海兵隊航空機に関し、最も重大な「クラスA」事故は12件発生し21人が死亡。07年以降最悪で、この10年間平均の2倍弱となった。海軍と比べ海兵隊の死亡数は異常に多いとされ、過去6年間では62人に上る。
 事故は世界各地で多発ししている。原因は軍事予算の大幅削減や一度に大量搭乗させる海兵隊の任務形態にあり、機体の整備・点検不足や訓練不足などが影響していると指摘される。
 こうした状況下に沖縄も置かれているとすれば、一層深刻な事故が起きる懸念が増してくる。辺野古移設では、何も解決しない。


米軍ヘリ不時着  安心できる沖縄の空に
 米軍機が相次いで不時着したり、部品を落としたりする状況で、安心して暮らすことはできない。沖縄県民が怒りを募らせるのは当然である。
 沖縄県読谷村の廃棄物処分場に8日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)に所属するAH1攻撃ヘリコプターが不時着した。2人が乗っていたが、けが人はいなかったようだ。
 普天間飛行場の所属機は、事故やトラブル続きである。6日には、うるま市の伊計島海岸にUH1ヘリが不時着したばかりだ。
 昨年12月、CH53E大型輸送ヘリの窓が、飛行場に隣接する小学校に落下し、子どもや家族を不安に陥れた記憶は鮮明である。
 10月には、訓練中に出火したCH53E大型輸送ヘリが東村高江の米軍北部訓練場に近い民間地に緊急着陸して、炎上、大破した。
 ヘリだけではない。2016年12月、輸送機オスプレイが名護市沖で不時着し、大破したのは大きな衝撃だった。その後もオスプレイは、米軍伊江島補助飛行場に緊急着陸するなどのトラブルを起こしている。
 これほど頻発すれば、米軍への不信感は強まる一方だ。
 事故が起きるたびに、米軍は一時的に同型機の飛行を停止するなどの措置を取るが、地元の反発をよそに、短期間で飛行を再開する。
 政府も米軍に対処を要請してきたが、再発を防げないのが実態である。
 翁長雄志(おながたけし)知事が「当事者能力がないことに恥ずかしさを感じてほしい」と非難したのも無理はない。
 小野寺五典防衛相は、マティス米国防長官と電話会談し、抜本的な対策を講じるよう要請した。マティス氏は謝罪し「重要な課題としてしっかり取り組んでいきたい」と応じた。
 しかし、言葉だけでは、県民は納得しない。米軍が実効ある再発防止策を取ることが求められている。
 米軍は軍用機にトラブルは付きものだと考えているのではないか。そうでなければ、日常茶飯事のように不時着などのトラブルが起きるはずはなかろう。
 何よりも優先されなければならないのは、住民の人命と安心できる暮らしだ。そのことを日米両政府は十分、認識すべきである。
 政府は、沖縄県の反対を押し切って、普天間飛行場の名護市辺野古への移設作業を進めているが、飛行場の危険性が依然、解消されていない現状にどう対処するのか。
 沖縄県は政府に、不時着した米軍のAH1とUH1両ヘリについて、原因究明までの同型機の飛行中止と、在沖縄米軍機の緊急総点検などを実現させるよう求めた。
 だが、米軍はそれを無視するかのように、9日も両ヘリの同型機を普天間飛行場から飛行させた。県民の感情を逆なでするのは必至である。
 日米両政府は沖縄の声に耳を澄まさなければならない。


【米軍ヘリ不時着】沖縄軽視の振る舞い断て
 重大事故が相次いでいる沖縄の米軍基地の所属機が、また立て続けに同県内で不時着トラブルを引き起こした。
 沖縄の空に安全域はないことを米軍が自ら示しているに等しい。「本当に言葉を失う」と憤りを表明した翁長知事のコメントが、沖縄県民の心境を代弁する。
 6日、うるま市の伊計島の砂浜にUH1ヘリコプターが不時着したのに続き、2日後の8日にも読谷村の廃棄物処分場にAH1攻撃ヘリが不時着した。
 2機とも宜野湾市の米軍普天間飛行場に所属する。米軍はいずれも回転翼の異常を示す警告が表示されたためとし、事故を回避する「予防着陸」だったと説明する。
 2016年12月に名護市沿岸に輸送機オスプレイが不時着、大破した事故などでも、米軍は予防的措置と繰り返してきた。あたかも、沖縄の安全を優先したかのような説明だが、沖縄が求める「安全」とは懸け離れている。
 沖縄県の調査だけでも、1972年の本土復帰以降、沖縄周辺での米軍機の墜落・不時着事故は500件を優に超える。事故のたびに原因究明と安全対策を訴えてきた沖縄に対し、米側は「人為ミス」などを理由に一方的な説明で押し切り、日本政府も容認し続けてきた。
 読谷村に不時着したAH1攻撃ヘリと同型機が昨年1月にも、うるま市の伊計島の農道に不時着するトラブルを起こしたばかりだ。同じ普天間飛行場所属機で、同様に警告灯が点灯したためとされた。米軍は何をもって安全としているのか。さっぱり分からない。
 昨年12月に普天間飛行場近くの小学校の運動場に米軍ヘリの窓が落下した事故では、米軍が日米で合意した飛行ルートから外れた訓練を常態化させていた実態が問い直された。米軍の訓練優先の姿勢は何も変わっていない。
 米軍ヘリのトラブルが増え始めた背景に、緊迫化する北朝鮮情勢に対応した訓練増加が指摘される。それを理由に沖縄県民の安全を後回しにしていいはずもない。
 日米同盟下で政府の米に対する弱腰対応も常態化している。
 今回の不時着で、機体点検の徹底を申し入れた政府に対し、マティス米国防長官が謝罪したと伝わる。一方で、米軍は読谷村に不時着したヘリを自力飛行で基地に戻した。
 言行不一致も甚だしい。安倍首相をはじめ政府が毎度繰り返す遺憾表明の言葉もむなしくさせる。
 ヘリの窓が落下した小学校などに「やらせじゃないか」といった中傷の電話などが寄せられたという。沖縄の歴史を周知できていない政府の責任はここでも重い。
 国民の命を守るという主権国家として譲れない一線がある。米の顔色をうかがうばかりの姿勢を断ち切らなければ、いつまでたっても米軍の沖縄軽視の振る舞いを正せない。果たせない約束は要らない。


伊計島、読谷村の相次ぐ米軍ヘリ不時着を現地で緊急取材! 未だ占領状態に地元から怒りの声
 沖縄有数の観光地である読谷村のホテルから僅か400メートルの一般廃棄物最終処分場内の芝生に8日、普天間基地所属の米軍ヘリAH1が不時着した。伊計島に同じく普天間のUH1Yヘリコプターが不時着したたった2日後だ。
 この日、18時すぎに地元紙の速報「ヘリ、また不時着 読谷村儀間」が出た直後、筆者は那覇市内から現地に駆けた。そこでは沖縄県警と米軍の規制線を隔てて白いジャンバー姿の警察官と報道関係者が対峙していた。すぐ脇には「ホテル日航アリビラ」の入口を示す立看板。
 若い警察官に「機体を分解しているのか。修理して飛びたてる状況なのか」と尋ねても「自分はここにいるだけなので全く分かりません」と困惑した表情。事故原因を調べる権限があるのは米軍だけで、沖縄県警は不時着機に近づくのを阻止する下請け機関にすぎない。
 道路脇では第一通報者の農家の儀間恭昇さんが囲み取材を受けていた。
「農作業を終えて振り返ると、ヘリがいつもよりも低空で来ていた。そのうち見えなくなって落ちたと思った」と不時着当時の様子を説明。2日前の6日にはうるま市伊計島でヘリが不時着したばかりであることについては、「またかという感じ。米軍は日本の法律を超えた存在で何をやっても許される。菅官房長官は『日本は法治国家』と言って辺野古新基地建設を強行しているが、本当に法治国家なら住民を危険にさらす低空飛行を禁止すべきだ」と語気を荒げた。
 同じ普天間飛行場所属のUH1Yヘリが伊計島に不時着、8日午前中につり上げ撤去が行われた直後であったため、怒りを露わにするのはごく自然に感じられた。
 規制線周辺に報道陣が殺到していたので覗いてみると、共産党の赤嶺政賢衆院議員(沖縄1区)や瀬長美佐緒県会議員や伊佐真武読谷村議ら地元議員が現地調査を求めて沖縄県警と押し問答中。赤嶺氏は伊江島のヘリ不時着現場にも急行、筆者は近隣住民ヒアリングに同行取材させてもらっていたため、「不時着が相次ぎますね」と声をかけると、「米軍ヘリの全機種点検と安全確認がされるまでの運行停止をするべきです。通常国会でも日米地位協定見直しの論議を開始する必要がある」と強調した。
未だ占領状態の日本。沖縄防衛局も飛行停止を要請せず
 同じように米軍が駐留しているイタリアなどは、低空飛行や夜間飛行の禁止など訓練制限(規制)や米軍と共同で事故調査に当たるのは当然の権利となっている。しかし日本だけが未だに敗戦直後と同じ占領国状態になったままだ。
 このことをズバリ指摘したのが、読谷村の石嶺伝実村長。現場確認をした後、囲み取材で次のように語っている。
「立て続けに米軍ヘリが不時着し、極めて異常な状況が起こっている。沖縄は米軍の占領地ではないはずだ。原因究明まで一切の米軍機の飛行を停止してほしい」
 しかし、続いて囲み取材に応じた沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は「近くには大型ホテルがあり、たくさんの住民が暮らしている場所でこのような事案が起きてしまい、申し訳なく思っている」と謝罪した上で、米軍に原因調査の申入れをしたことを明らかにしたが、飛行停止にまでは踏込まなかった。「なぜ飛行停止をすぐに求めないのか」と聞いても、「事故を重く受け止める」という曖昧な回答しか返って来なかった。占領時代の属国的対応を未だに続けている安倍政権の実態が透けて見えた瞬間だった。
 この後、報道陣(フリーの記者は排除)が不時現場近くまで案内されたが、「米兵が機体側から強力なライトを照らして逆光状態にして写真撮影を妨害。これに報道陣が抗議をした」(現場確認をした記者)という。
 調査権限があるのは米軍だけで、日本国民には知る権利など存在しないと言わんばかりの差別的対応といえる。読谷村に不時着したAH1攻撃ヘリは、翌9日朝に離陸して普天間基地に到着した。
●伊計島ヘリ不時着の現場で聞いた住人の憤り。事故は住民より米軍の都合を優先!
 伊計島には不時着の翌7日に駆けつけると、ちょうど共産党調査団が近隣住民(漁民)から道端で話を聞いているところだった。この漁民は、不時着の様子を次のように振り返っていた。
「新年会をしている時に『おかしい』という話になって、身内に現地に見に行かせたのです。ヘリが不時着した昨日(6日)はたまたま新年会があったから海に行かなかったのですが、前日まではあの時間帯は浜で貝を獲っていました。祝いの日には漁をすることを控えるのです。(不時着現場には)オイルフェンスを敷いた上で、ヘリからガソリンを抜いていました。不時着した時間帯は干潮の時間帯だったから砂浜に降りられましたが、満潮時は海水に漬かっていた場所で、漁業権に触れていることになるのです。漁協の組合長には『これは漁民にとっても死活問題。(規制線が張られて)海に行けないのです。だから簡単に処理してはいけない。緊急役員会を開かないといけない』と伝えました」
 1年前にも伊計島の農道にヘリ不時着する事故が起きたが、「自分たちから言わせると、誰が考えてもおかしいさ。今回も1年前も降りようと思えば、演習場の浮原島(うきばるじま)に降りることができたはず」だと言う。浮原島での訓練の帰りらしいからで、なぜUターンをして、すぐ近くの浮原島に降りなかったのか。それは、橋で陸続きになっている伊計島と違って陸続きではないからではないか。トラブル処理に都合がいいので、民家がすぐ近くの伊計島の浜に降りたのではないかと憤っていた。
 地域住民より米軍の都合を優先した疑念が生じていたわけだが、ヒアリング調査に加わっていた伊盛サチ子うるま市議も同じ見方をした。
「陸続きの場所になるべく不時着するというのは、米軍のマニュアルにあるのかも知れません。『緊急着陸』と言ってもすぐに飛び立てる時もあれば、今回のように分解が必要な場合もある。その場合は陸続きではない浮原島に降りたら大変です」
●相次ぐ事故に翁長雄志知事が「日本政府は当事者能力がなく恥ずかしい」」と怒りを爆発
 伊計島は日常的に米軍のヘリが行き交う"通り道”なのだという。
「例えば、普天間基地から(訓練場の)浮原島上空に行く時にここを飛びます。それから辺野古、宜野座、やんばる、東村、いま問題になっている高江のヘリパットに飛んでいくのは、みんな伊計島を通っていくから。だから毎日のように飛んで行く"通り道"になっています。たまたま昨日(6日)は『このヘリコプターはこんな飛び方はないよ』と話をしていました。普段に比べてすごい低空飛行であったのと、機体がふらついてもいました。(新年会で)親戚の間でそういう話をしているうちに、『降りたよ』ということで、確認に行ったのです。(「今回の事故で米軍や防衛省に求めることは? 」との問いに)民家の上には飛んで欲しくない。1年前に農道にヘリが降りた時にも、自分たちは農家ではなくて漁民なのですが、いろいろ話をしました。伊計島には伝統漁法があるわけよ。リーフの上に立って小さい船に網を乗せて、魚が上ってくるタイミングを見て網で巻く。しかしヘリが飛ぶと、せっかく上ってくる魚が音で逃げてしまうのです。だから農家だけでなく、漁民も迷惑、被害を被っています。特に最近は低空飛行がすごいです。辺野古が決まる前は、かなりの高さで飛んでいたのですが、今はヘリの下側がはっきり見えるくらいです。これも辺野古新基地に絡んでいるのではないか」
 伊計島に不時着したヘリは、同じ普天間基地所属のUH1ヘリコプターだが、こちらは自力での離陸不可と判断されてローターなどが分解、運び出された。そして軽量化した本体は8日午前、釣り上げ撤去が行われた。
 いずれの不時着も応急措置はすぐに行われたが、原因調査内容や再発防止策については発表されず、運行停止がされる兆しも全くない。翁長雄志知事が9日、「県民が日常的に危険にさらされている。日本政府は当事者能力がなく、恥ずかしさを感じてもらいたい」と怒りを爆発されたのは当然のことだ。
 他にも沖縄では在日米軍の事故が相次いでいる。2016年12月には名護市でオスプレイが墜落(メディアは不時着、着水と表現)、翌1月、AH1が伊計島に緊急着陸、6月久米島にCH53Eヘリ緊急着陸、さらにオスプレイが6月に伊江島、9月に石垣島に緊急着陸、10月には高江にCH53 Eヘリが不時着炎上、12月には普天間基地近くの保育園の屋根にプラスチック製のCH53Eの装置カバーが落下、その直後には普天間第二小学校のグラウンドに、大型輸送ヘリCH53E の1メートル四方のコックピット窓枠が落下した。
 戦後70年以上経った今も続く占領国状態の中で危険にさらされる沖縄県民――米国に物が言えない安倍政権の属国的対応はいつまで続くのだろうか。(横田 一)


政府、中止求めず 翁長沖縄県知事、続発に「言葉失う」
翁長雄志知事は9日朝、沖縄県うるま市の伊計島と読谷村で米海兵隊ヘリの不時着が連続したことを受け「本当に言葉を失うほどだ。日本政府も当事者能力がないことには恥ずかしさを感じてもらいたい」と述べ、在沖米軍の全機種飛行中止を求める考えを示した。
一方、小野寺五典防衛相は同日午前、米国のマティス国防長官との電話会談で、再発防止策や点検整備の徹底などを申し入れたが、抗議はせず、県が求める全機種の飛行中止も要求しなかった。
マティス氏は「重要な課題としてしっかり徹底していきたい」などと語り、沖縄など基地周辺住民に対し「申し訳ない」などと謝罪した。事故の頻発理由についての説明はなかった。小野寺氏が会談後、記者団に説明した。
県は9日、沖縄防衛局と外務省沖縄事務所、在沖米軍に対し、全米軍機の緊急総点検とその間の飛行中止などを改めて要請した。航空機整備、安全管理体制の抜本的見直しや地元も参加する新たな協議会設置も併せて求めた。
10日に富川盛武副知事が上京して政府に直接抗議する予定。
翁長知事は県庁で記者団に対し「(日本政府が)『負担軽減』『法治国家』という言葉で押し通していくことに大変な憤りを改めて感じている。日本の民主主義、地方自治が問われている。単に一機一機の不時着の問題だけではない」と述べ、沖縄の声が日米両政府に聞き入れられない構造的問題にも言及した。
今後の要請内容について「全機種(飛行中止)を求めてから後の話だ。一つも前に進まないのに、三つも四つも当事者能力がない人(日本政府)に言えますか」とも述べた。
菅義偉官房長官は9日の会見で、相次ぐ事故に「極めて遺憾だ」としたが、再発防止については「ありとあらゆる対策をしっかり講じるよう(米側に)求めていく」と述べるにとどめ、具体策は示さなかった。


佐川国税長官に批判の声やまず 今年の確定申告は混乱必至
「国会でおかしな説明をしていた人がいま国税庁長官をしている。これから確定申告だが、その前にしっかりとケジメをつけないといけない」
 これは、7日のNHK「日曜討論」に出演した立憲民主党の枝野幸男代表の発言。“おかしな説明をしていた人”とはもちろん、財務省の理財局長だった佐川宣寿国税庁長官のことである。
 いよいよ確定申告のシーズンがやってくる。今年は2月16日から3月15日だ。森友問題での佐川氏のデタラメな説明や資料廃棄を理由に、全国の税務署の窓口などで、納税者の“反乱”が拡大、大混乱する可能性がある。すでにこれまでにも税務署には、「来年からは資料を提出しない」「おたくのトップは認められている」などという不平不満の声が寄せられているという。
 佐川氏は昨年11月、全国税労働組合との団体交渉の場に出席。同組合の機関紙によれば、冒頭、次のような弁明があったらしい。
〈現場において納税者から様々なご意見がよせられていることも承知している。職員の皆さんには、特に年明け以降ご苦労をおかけすることとなる。職員の皆さんのご尽力は、納税者と信頼ある税務行政を築くうえで大変重要であり、この件に関して、まず私自身、心から感謝の気持ちをお伝えしたい〉
 長官就任の記者会見も開かず、国会に出てきて説明もしない。逃げまくる佐川氏こそ、税務行政の信頼を失墜させている張本人だ。国税職員は「『ご苦労をおかけする』の一言で済まされるのか」と、さぞ憤ったことだろうが、納税者の怒りは職員以上だ。
 立正大客員教授で税理士の浦野広明氏がこう言う。
「ただでさえ今の税務行政は『弱きをくじき、強きを助ける』になっているのに、そこへ佐川氏のいいかげんな態度が加わり、納税者の苛立ちは増すばかりです。国税庁長官は任期1年が慣例。佐川氏は、『今年6月まであと少し乗り切れば……』という感覚でいるのでは。財務省キャリアの国税庁長官は官僚の中でも特別扱いですから、庶民のことなど眼中にないでしょう。モリカケ問題と連動させて、野党は佐川氏をもっと追及して欲しい」
 通常国会は今月22日召集予定。枝野代表が佐川氏のクビを本気で取りに行くなら、納税者は大喝采だ。


教員働き方改革 「見える化」して対策急げ
 教員の働き方改革に向けた文部科学省の「緊急対策」が昨年末にまとまった。タイムカードの導入などで教員の勤務時間の客観的な把握を進め、勤務時間の上限についても今後、ガイドラインで示すという。
 教員の長時間労働はかねて指摘されながら改善されていない。文科省の調査ではタイムカードやパソコンなどで勤務時間を管理している小中学校は3割に満たない。まずは勤務時間を「見える化」していくことが、長時間労働是正の一歩だろう。
 日本の教員の過重労働は国際比較調査で明らかになっている。海外の公立校では教員の仕事は授業とその準備が中心なのに対し、日本では生活指導や部活動の指導、事務作業なども求められ、業務は肥大化している。文科省の調査では「過労死ライン」とされる月80時間超の時間外労働をする公立校の教員は小学校で3割、中学校で6割に上っている。
 教員の働き方改革をめぐっては、文科省の中央教育審議会(中教審)が昨年12月に「中間まとめ」を出しており、緊急対策はこれを受けたものだ。教員が業務を抱え込んでいることから、文科省は今後、教員が担うべき業務をモデル案として明確にする。時間外の問い合わせに留守番電話やメールで対応したり、夏休みなど長期休業期間には一定の学校閉庁日を設けたりするよう学校に促すとした。
 特に負担が大きいとされる部活動に関しては、外部人材の積極的な活用や複数校による合同チームづくりなどを挙げた。外部人材が教員に代わって顧問を務めたり、大会へ引率したりできる「部活動指導員」制度が昨年4月からできており、2018年度予算案には4500人を配置する経費を盛り込んだ。
 負担軽減に向け、できることから着手してもらいたい。ただ、これだけで長時間労働の是正が進むかといえば疑問も残る。
 「過労死」した教員の遺族らは教職員給与特別措置法の見直しを求めている。本給に4%を上乗せする代わりに残業代を支払わない制度で、長時間労働を助長しているとの指摘がある。1972年の法施行時に比べ、時間外勤務が格段に増えている。見直しに向けた議論を進めるべきではないか。
 部活動の負担軽減は、これまでも休養日を設ける動きなどはあったが、「保護者や地域の期待が大きく休めない」という教員側の声もある。保護者や地域に教員の勤務の実態を正確に伝え、社会全体で考える機運を高めていく必要があろう。
 2020年度以降の新たな学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」が求められ、小学校で英語が教科になる。教員が疲弊していては教育の質向上は望めず、教員を目指す人材確保も難しくなる。働き方改革を急ぎたい。


小泉元首相ら「原発ゼロ」法案 「国民の賛同で必ず実現」
 脱原発運動に取り組む小泉純一郎元首相らが顧問を務める民間団体は10日、国会内で記者会見し「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表した。原発の即時停止を求める内容で、幅広く与野党に法案への支持を呼び掛けたい考えだ。小泉氏は「原発ゼロは国民の多数の賛同を得て必ず実現させる」と強調した。
 民間団体は「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(会長・吉原毅城南信用金庫顧問)。細川護熙元首相も同席した。吉原氏は会見後、原発ゼロ政策の実現を訴える立憲民主党と意見交換する方針。


小泉・細川両元首相 「原発ゼロ」法案の骨子発表
小泉元総理大臣と細川元総理大臣は、国会内で記者会見し、直ちにすべての原発を廃止して、2050年までに自然エネルギーに全面的に転換するための法案の骨子を発表し、法案の策定と国会での審議に各党の協力を呼びかけていく考えを示しました。
法案の骨子は、小泉元総理大臣と細川元総理大臣が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が策定しました。
骨子は、東京電力福島第一原発の事故により原子力発電が極めて危険で、国民に過大な負担を負わせることが明らかになったとして、直ちに原発を廃止し、太陽光などの自然エネルギーの導入を推進して、2050年までにすべての電力を自然エネルギーで賄うことを目指すなどとする、国の基本方針を規定しています。
小泉氏は記者会見で、「今までの言動を見ていると、安倍政権で原発ゼロを進めるのは難しいと思っているが、国民多数の賛同を得て、近いうちに必ず原発ゼロは実現する」と述べました。そのうえで小泉氏は「どの政党であれ、原発ゼロ、自然エネルギー推進に全力で取り組むのであれば、われわれは協力していきたい。国会で議論が始まれば国民は目覚める。粘り強く諦めずに運動を展開していきたい」と述べ、法案の策定と国会での審議に各党の協力を呼びかけていく考えを示しました。
このあと、小泉氏らが顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の関係者が各党を回って骨子の内容を説明し、協力を呼びかけました。
このうち通常国会で「原発ゼロ基本法案」の提出を目指している立憲民主党は「原発ゼロは国民の大きな願いだ」として、推進連盟が策定した骨子も参考にして検討し、今月中に法案を取りまとめる方針を示しました。
官房長官「原発依存度を可能な限り低減」
菅官房長官は午後の記者会見で、「具体的な内容を承知しておらず、コメントは控えるが、政府として徹底した省エネや再生可能エネルギーの最大限の導入に取り組み、原発依存度を可能な限り低減する。そのうえでいかなる事情よりも安全性を優先し、独立した原子力規制委員会によって、安全性が確認された原発のみ地域の理解を得ながら再稼働を進めるという政府の一貫した考え方に変わりはない」と述べました。


チョコでイラク支援を がんの子供に医薬品
 混乱が続くイラクで医療援助をしているNPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク」(JIM-NET、東京)が、冬季限定の「チョコ募金」を呼び掛けている。小児がんの治療を担う現地の病院や難民キャンプに薬品を届けるのが主な目的だ。チョコは北海道帯広市の「六花亭」製のハート形。募金は1口(1缶)550円で4口から受け付ける。缶の絵柄はイラクでがん治療を受けた子供が描いた。
 代表で、長野県茅野市の諏訪中央病院の名誉院長も務める鎌田実さんは「戦渦に巻き込まれ、まともな治療を受けられない子供たちを救うことは、イラクの平和につながる一助になる」と訴えている。
 イラクでは、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘や、スンニ派とシーア派のイスラム教徒による宗派対立などで治安が極度に悪化。戦闘で破壊された病院も少なくない。抗がん剤は高価で慢性的に足りない状態が続いているという。
 国連によると、国内に避難する住民は400万人以上。難民キャンプにとどまり、治療を受けられない子供も多い。
 JIM-NETは、イラク北部クルド人自治区の中心都市アルビルを拠点に活動。2017年1月、がん患者の子供や家族が宿泊できる施設を現地に開設。イラク人スタッフが、入院中の子供たちを対象に院内学級も主催している。2月には、支援してきた子供たちによる絵画展も東京都内で開く。チョコ募金の問い合わせは電話03(6908)8473。


野宿者私物を無断で廃棄「命に関わる」
ホームレスが寝泊まりする横浜市中区の横浜スタジアム周辺で、ホームレスの所有物が無断で処分される動きが進んでいる。支援団体からは「ホームレスの生活と生命を脅かす重大な人権侵害だ」と批判の声が上がっている。
 首都高速道路会社(東京都千代田区)は5日、首都高高架下の道路脇に置かれた毛布や身の回り品が入ったかばんを「廃棄する」として予告なく撤去した。同社が同日付で道路脇の金網に掲げた「警告」には「放置物があった場合は、ただちに撤去し、廃棄します」と記されていた。
 寿支援者交流会(横浜市中区)の高沢幸男事務局長(47)によると、ホームレスの男性2人が5日夕、毛布やかばんを同社に持って行かれた、と申し立てた。
 神奈川新聞社の取材に対し、同社は事前の通告なく毛布などを撤去したことを認めた。4日に同所に人がいるとの情報を受け、「首都高の出口に近く、道路を歩くと危険なため、市などと相談せず独自に判断した」と説明した。
 同じ高架下にある市営駐輪場でも昨年12月上旬から、「(毛布などを)放置した場合は処分します」と記された「注意」が掲げられた。管理する市交通安全協会(同区)は「先月上旬まで野宿していた人がいたので中区役所と連携して退去をお願いした」とする。
 ホームレス支援に当たる市援護対策担当は「現段階では事実関係が分からない」として関係者から詳しく事情を聴き取る方針。市の担当者は「(厳冬期に)毛布がなければ命に関わるのは明らかだ」と語った。
「命関わり言語道断」
 首都高速道路会社がホームレスの毛布などを事前に告知せずに撤去した翌6日朝、横浜の最低気温は0・4度を記録した。寿支援者交流会の高沢幸男事務局長は「凍(い)てつく路上で野宿をする人たちの毛布を奪うのは言語道断。福祉部局と連携してホームレスの生存を脅かすことのないようにすべきだ」と訴える。
 日本弁護士連合会貧困問題対策本部事務局次長の小久保哲郎弁護士は「毛布や衣類の入ったかばんなどはごみではなく私物。手続きを経ずに一方的にごみ扱いして廃棄するのは明らかに違法な財産権の侵害で許されない」と憤る。
 JR大阪駅近くで2003年5月、歩道橋下の柵につり下げられたホームレスの私物を大阪市が事前に告知せずに撤去、廃棄した事案に関わった。「撤去したのが道路上であれば、道路法が定める除去・移転命令、公告、保管・公示、廃棄という手続きを踏む必要がある」と強調する。
 横浜スタジアム周辺では約30人が野宿している。20年東京五輪で野球・ソフトボールの主会場になることもあり、拡張工事が進む。高沢さんは、五輪を名目にホームレスの排除につながることを警戒している。


仏女優ら 世界で広がるセクハラ被害の訴えに懸念の書簡発表
セクハラなどの被害を訴え出る動きが世界的に広がる中、フランスを代表する女優など100人が、この動きについて「まるで大昔の魔女狩りのようだ」などと懸念を示す書簡を発表し、セクハラをめぐる議論に一石を投じることになるのか注目されます。
「女性を口説く権利を守る」と題したこの書簡は、フランスを代表する女優、カトリーヌ・ドヌーブさんやジャーナリストなど100人の女性たちが9日、フランスの有力紙「ルモンド」に連名で発表しました。
ハリウッドの女優たちが映画関係者からセクハラの被害を受けたと相次いで告発した動きは、「私も被害者だ」という意味の「#MeToo」のハッシュタグを伴ってSNSを通じて世界中に広がっています。
これについて、ドヌーブさんらは書簡の中で、「女性に声を上げさせる解放への働きかけは今、逆に作用し、同調しない人を黙らせ、寄り添わない人を共謀者や裏切り者と位置づけている」としたうえで、「まるで大昔の魔女狩りのようだ」と懸念を示しています。
そのうえで、「レイプは犯罪だが、誰かを口説こうとすることは、たとえそれが不器用だとしても犯罪ではない」として、愛情を表現することをためらうべきではないとしています。
過去のセクハラなどの被害を告発する動きが広がる中、フランスでも対策を強めるための法整備に向けて議論が始まっていますが、ドヌーブさんらの書簡がこうした議論に一石を投じることになるのか注目されます。
女性団体「性暴力被害者に寄り添うべき」
フランスを代表する女優などが、セクハラの被害を訴え出る動きが世界的に広がっていることに懸念を示す書簡を発表したことについて、フランスの女性団体のメンバーなどおよそ30人が10日、声明を出し、「誰かを口説く際にも、敬意を持って接するのか、暴力を用いるのかで違いがあるのに、それを混同している」と批判しました。
さらに声明では、「女優たちは、性暴力をわい小化するためにメディアでの知名度を利用している」としたうえで、「多くの女性たちが暴力に苦しんできたことを軽視している」と指摘し、性暴力の被害者の立場に寄り添うべきだと主張しています。


「言い寄ること」とセクハラは違う。カトリーヌ・ドヌーヴらの書簡に対する疑問
 カトリーヌ・ドヌーヴなどの女優やジャーナリスト、映画監督が、ルモンド紙で「#Metoo」運動を批判する書簡が話題になっている。#Metoo運動は昨年、ハリウッドの大物プロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラや性暴力をモデルや女優、従業員らが告発したことで再熱した運動だ。
 ルモンド紙に掲載された書簡には、行き過ぎた#Metoo運動は「ピューリタニズム(潔癖主義)」であり、女性の自立を支援するものというよりは、男性を抹殺し、性の自由を妨害するものだという主張が書かれている。さらにレイプは犯罪であるが、男性が女性に言い寄ることは犯罪ではなく、女性の膝を触ったりキスをしようとしたことが告発されることで、男性が罰せられ、辞職や失職する事態になっているのはおかしくないか、という批判も述べられていた。
 この書簡に対する最も大きな疑問は、「男性は加害者で、女性は被害者」と決めつけている点だ。先日報道があったように、第40代式守伊之助が10代の若手行事にキスをし胸部に触れるといったセクハラを行ったことを日本相撲協会が発表している(小倉智昭のセクハラ軽視と、日本相撲協会の”隠蔽”体質を擁護する姿勢)。これは、加害者も被害者も男性であり、書簡が前提としている「男性は加害者で、女性は被害者」というものではない。男性同士のハラスメント、女性同士のハラスメント、そして女性が男性に行うハラスメントもあり得る。
 また書簡には「男性には女性に言い寄る権利がある」という主張もあるのだが、誰かを口説くことと、相手が望んでいないにもかかわらず膝を触ったりキスをするなど身体への接触を行うことや、性的なニュアンスの言葉で相手を貶めることは、そんなに似ていることだろうか。
 恋愛とセクハラは混同されがちだが、そこには大きな違いがある。セクハラには権力勾配がある。そしてこの書簡は、セクハラなどハラスメントを考える際に見落としてはいけない権力勾配が考慮されていない。
 対等な関係を築いている場合と、取引先と営業担当、上司と部下など権力差のある場合では、同じ行為でも別の意味が生まれてしまうことがある。対等な関係であれば断れるものも、例えば上司から指示された場合、部下は拒絶したらその後なんらかの支障が生じるのではないかと考え断りたくても断れない、という事例は想像するにたやすい。上司がただの恋愛感情のつもりでも、そこに「拒絶させない権力」がある可能性を自覚しなくてはいけない。これを「言い寄る権利」といってしまうと、セクハラが「恋愛関係への発展を目的としたアプローチの中で発生した両者の齟齬」のように捉えられてしまうだろう。
 前述の記事(小倉智昭のセクハラ軽視と、日本相撲協会の”隠蔽”体質を擁護する姿勢)にもある通り、セクハラは深刻な問題と受け止められず、「この程度」と軽視されてしまう風潮がある。事実、この書簡を引いて、やはりセクハラを軽視するような主張がSNSでも多数みられる。
 先にも述べたが、セクハラなどハラスメントはあらゆる上下関係の中で起こりうるものだ。女性の被害を無効化するために男性の被害を持ち出すのではなく、性別に関係なくハラスメント被害をなくすためにどうするかこそ考えていきたい。2018年は、昨年起きた#metoo運動の議論がそうした方向に進展する一年であってほしい。(wezzy編集部)


今度は『ガキ使』黒塗りメイクが物議…なぜ差別的表現が繰り返され、擁護されるのか
 お笑い芸人がアメリカの黒人俳優に扮し、黒塗りメイクをして出演したテレビ番組が、日本在住の米国人作家の指摘をきっかけに、差別的で配慮が足りないなどと批判されている。
差別問題に直面した『Vogue』、アジア・サッカー連盟の対応
 欧米では、非黒人が黒人に扮する「ブラック・フェイス」は、黒人にステレオタイプを植え付け、偏見を助長する差別表現として扱われる。日本テレビの番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』で、浜田雅功さん(ダウンタウン)が米俳優エディー・マーフィーさんに扮して映画『ビバリーヒルズ・コップ』(パラマウント映画)のパロディを演じた問題については、アメリカやイギリスなどでも報じられた。
「知らなかったでは済まされない」「日本は差別的で無知な国だと思われる」という厳しい指摘がある一方、国内からは「差別ではなく、むしろマーフィーさんに対する敬愛の思いが感じられる」「シュワルツェネッガーさんの物まねはOKだけど、マーフィーさんの物まねがダメというのは変」など、批判は納得しがたいとの声もある。
 差別の問題は、それぞれの時代や社会の文化と歴史と分かちがたく結びついている。アメリカは長い黒人差別の歴史があり、白人が黒人に扮した“ミンストレル・ショー”が、白人の目で見たステレオタイプな黒人像を広めたこともあった。ブラック・フェイスに差別を感じ、不快感を抱く感性は、そういう歴史や今も続く黒人差別の体験から生まれてきた。
 このように文化的歴史的な前提が異なるために、差別性を指摘されても、すぐにピンとこないことは、これまでもあった。
 たとえば昨年2月、女性誌「VOGUE」(コンデナスト・パブリケーションズ)に白人モデルが日本の芸者風の出で立ちで登場したところ批判が殺到し、当のモデルが謝罪した。掲載された写真そのものは美しく、少なからぬ日本人が「なぜ、あれがダメなのか」と首を傾げた。
 この時は、ブラック・フェイスと同じように白人の側がアジア人に扮し、白人の側が解釈したアジア人像を見せるイエロー・フェイスや、「日本と言えばフジヤマ、ゲイシャ」といったステレオタイプな表現などが問題視されたようだ。ただ、黄色人種の割合が圧倒的に多い日本で暮らす日本人は(私自身を含めて)、人種ゆえに差別を受ける実体験がないためか、差別性を言われても、なかなか理解できなかった。
 一方、文化や歴史を知って、想像力を働かせば、理解できそうな問題もある。
 4月には韓国で行われたサッカーの試合で、川崎フロンターレのサポーターが掲げた旭日旗が没収され、アジア・サッカー連盟(AFC)は人種や政治的な信条などによる差別を禁じる倫理規定に反したとして、川崎に対し1年間の執行猶予付きで、ホームゲーム1試合を無観客とする処分と罰金1万5000ドルを科した。川崎側は「政治的、差別的な意図はない」と不服申立を行ったが、「旭日旗の掲出は差別的なもので、韓国国民の尊厳を傷つける行為」として棄却された。
 韓国や中国など東アジアでは、日本の軍国主義を象徴するとみなされており、国際サッカー連盟(FIFA)の規定では「攻撃的、挑発的な内容を含んだ横断幕や旗」として扱われる。そうでなくてもナショナリズムをかき立てられるサッカー国際の試合で、その会場に旭日旗が翻れば、韓国では屈辱的な過去を思い起こさせる侮辱と受け止められることは、歴史の知識と想像力を動員すれば理解可能だ。
 ただ、これに納得できない人も少なくなかった。確かに、旭日旗のデザインは、大漁旗や新聞社の社旗にも使われており、今の日本人にとっては必ずしも旧日本軍と直結するものではない。菅義偉官房長官も、この問題を受けて「(旭日旗は)日本国内で広く使用されている」として差別には当たらないという認識を示した。読売新聞は、社説で「旭日旗に差別的な意図はない」と主張し、AFCや問題視した韓国サポーターを批判した。
「差別的な意図はない」からOKなのか
 差別の問題になると、決まって持ち出されるのが、この「差別的な意図はない」という弁明や反論である。ただ、こうした主観的意図を述べることに、果たして意味があるのだろうか。問題とされる表現の多くは、「差別してやろう」という悪意からではなく、格別の自覚なく発せられるもので、「差別的意図はない」という弁明は虚しく響くことが多い。
 たとえば、昨年11月に前地方創生相の山本幸三・自民党衆院議員が述べた「なんであんな黒いのが好きなんだ」発言。同氏は、三原朝彦・自民党衆院議員の政経セミナーの来賓あいさつで、三原氏との交友関係を強調しつつ、同氏が長年続けるアフリカとの交流について触れ、こう言った。
「ついていけないのが(三原氏の)アフリカ好きでありまして、なんであんな黒いのが好きなんだっていうのがある」
 これが報じられると、山本氏は次のように弁明した。
「人種差別の意図はまったくない」
「表現が誤解を招くということであれば、撤回したい」
 格別の「意図」なく、無意識に差別的な発言をしてしまっただけでなく、指摘された後も、問題を自覚できていないようだった。この発言は、山本氏の救い難いまでの無知と認識の甘さを印象づけた。マツコ・デラックスさんは、これにあきれ、「もはやそういう人はこの時代の政治家には不向きなんですよ」と一喝した。同感である。
 特定の表現を差別的・侮蔑的であるとみなすのは、その表現をした当事者の主観ではなく、その社会に共有される倫理観であり感性だ。旭日旗の問題でも、いくら主観的には差別的意図は込められていないと主張しても、そこに他者の尊厳を傷つける差別性や挑発を感じ取るのがアジアのサッカー界の常識的な感覚であるならば、そのような受け止め方をされない表現方法を選択するよう努めていかなければならない。内輪だけに通用する価値観だけでなく、広く外の世界にも目を向けて、そこでの倫理観や感性を身につけていくのが、教養というものではないか。差別性が問われる表現というのは、人権感覚が問われる以上に教養、たしなみの問題だと思う。
 同じ社会であっても、そこに共有される倫理観や感性は、時代によって変化していく。それをつくづく感じさせたのが、昨年9月、フジテレビ系で放送されたバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』内で、同性愛者を揶揄したと批判された問題だ。
 番組では、80〜90年代に流行ったキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」を復活させ、とんねるずの石橋貴明さんが演じた。別のキャラに扮した木梨憲武さんとの間で、「あんた、ホモなんでしょ」「あくまでも噂なの」などといったやりとりを交わした。
 ツイッターなどネット上には、これに不快感を感じた人たちの書き込みが相次いだ。それは、同性愛者自身に限らない。フジテレビにも「同性愛者を笑いものにしている」など、多くの批判が寄せられ、同社は放送翌日に謝罪した。
 30年前には「おもしろい」と笑っていたものに、人々は嫌悪感を覚えるようになったのだ。それはつまり、LGBTを笑いの種にするのは差別であり人権侵害であるという倫理観や、そうしたものを不快に感じる感性が、多くの人々に共有されようになってきたことを示している。フジテレビの対応が早かったのは、同局の中にも、「これはまずい」と感じた人が多かったのだろう。
 このような展開になったのは、性的少数者が直面している差別や困難についての知識が広まってきたためだ。昨今、カミングアウトしたLGBT当事者がさまざまな発言をし、イベントなどの啓発活動が行われ、「アライ(Ally)」と呼ばれる理解・支援者も増えてきた。身近にLGBT当事者の友人がいればなおのこと、その心情を想像し、こういう番組を不快に感じるようになる。知識や体験は、人の倫理観や感性を変えていくのだ。
 もちろん、そうした感覚がすべての人に共有されているわけではない。番組でとんねるずと共演したビートたけしさんは、東スポの連載で「LGBTの団体も喜べばいいじゃん。お笑いで普通にやってるんだから、十分に認めてるってこと」「もうちょっと、笑うような寛容さがほしい」と注文をつけた。
 また、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんはツイッターで「お前だけが被害者面すんな」と、番組を批判するLGBT当事者にかみついた。さらに、そのコメントを批判した認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹さんを、「あれはみんなゲイを笑っているんじゃなく石橋貴明って人を笑ってる。バカが偽善者面して当事者を語るな」と罵った。
 こうした声に共鳴する人もいる。そういう人たちは、おそらく自分が差別に加担しているとも思っていないし、自分の中に差別する心があるのにも気づいていないのではないか。
「日本には人種差別の歴史がない」は本当か?
 さて、ここで冒頭のブラック・フェイスの問題に立ちかえりたい。
 この番組の制作者やエディー・マーフィーに扮した浜田さんに「差別する意図」があったとは思えない。それに、今回の番組で、浜田さんは黒人一般をステレオタイプに表現したのではなく、エディー・マーフィーさんという特定個人のいわば物まねだろう。
 私自身は、表現はできる限り自由であるべきだと考えている。「差別」を理由に、さまざまな表現が使いづらくなるような「言葉狩り」のように、表現を制約するようなことはあってほしくない。それに、黒人の俳優やコメディアンが多い国々では、黒人の著名人の物まねは黒人がやればよいだろうが、日本だとそういうわけにはいかない。欧米での基準をそのまま持ち込んで、表現の選択肢を狭めてしまうことには、違和感がある。
 しかもこの番組は日本語で、日本の国内に向けて放送されている。「ブラック・フェイスは黒人差別が激しいアメリカだから問題になった。アメリカ人は自分たちの価値観を、日本に押し付けないでほしい」という意見は、説得力があると思う。
 その一方で、「これはアメリカの問題でしょ。日本は人種差別の歴史がない」という感覚で、この問題を語っている人が少なくないのも、同じくらいの違和感を覚えている。
 確かに、アフリカや中東、中南米での植民地支配や奴隷制の過去があり、今も人種差別の克服が大きな課題である欧米に比べれば、日本は肌の色に起因する差別を実感する機会が少ない。しかし、だからといって日本人の中に、肌の色で人を差別する心がないというわけではないだろう。
 日本人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親を持ち、2015年のミス・ユニバース日本代表に選ばれた宮本エリアナさんは、次のように語っていた。
<ゴミを投げつけて笑われたり、知らんぷりされたりしました。「色が移る」と言われて、遠足や運動の時間に手をつないでくれませんでした。プールの時間もそう言われました。日本生まれ日本育ちなのに「アメリカへ帰れ!」と言われました>
<外見のせいで受けたつらい経験から、肌の色がコンプレックスに変わっていきました。当時を乗り越えられたのは、お母さんが「あなたの肌は綺麗よ」「みんな羨ましいからそんなことを言うのよ」と、肌の色を褒めてくれていたからだと思います>(2015年8月8日ハフポスト)
 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ、東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉さんもこう言っている。
「正直に言いますけど、ハーフの人はみんな感じていると思います。日本人はいじめ、差別じゃないっていうと思うけど、日本で暮らしている人にはいろんな思いがあるんです。生まれ育ってきても内心どこかで自分自身は日本人とは違う(とみられている)というのがある」(2017年9月5日ベースボールチャンネル)
 在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチなどを考え合わせると、「日本には人種差別の歴史がない」と言うのは、現実を知らないか、自分自身の差別意識から目を背けているかのどちらかではないか。
 また、在留外国人も訪日外国人も年々増えている中、日本の価値観では「差別する意図はない」からそれでよい、とだけ言っていてよいのだろうか、とも思う。最初に問題を指摘したのは、横浜在住のアメリカ人である。しかも、彼のツイッターなどにより、浜田さんのブラック・フェイスの写真は世界に発信された。SNSの世界では、国境は関係ない。
 それに、ブラック・フェイスを差別的に受け止める倫理観や感性を共有しているのは、アメリカだけではない。イギリスも同様だ。そうした価値観はさらに広がり、オランダのクリスマスのお祭りで、サンタクロースの従者として登場する「ブラック・ピート」に対しても批判が起きている。最近のアムステルダムでは、白人が顔を黒く塗って黒人に扮する代わりに、灰色の顔をした煙突掃除のピートが登場した、とイギリスBBCは報じた。
 来年にはラグビー・ワールドカップが開催され、再来年にはオリンピック・パラリンピックで世界中から人が集まる。
 海外での倫理観と感性の変化を知らないまま、日本が全く「差別する意図」なく、むしろ敬愛の情と共にブラック・フェイスで“おもてなし”をしたとしたらどうだろう。ブラック・フェイスに対して、私たちが「保毛尾田保毛男」に感じるような嫌悪感を抱いている倫理観と感性の持ち主たちに、「差別する意図はなかった」という弁明は通用しない。
 ブラック・フェイスは、自身への侮蔑や差別的な表現として少なからぬ人々に不快の念を抱かせることは、実感をもって共感できないとしても、少なくとも教養として知っておくべきだろう。公共の電波を使い、人々の倫理観と感性に大きな影響を与えるテレビ局はなおさらだ。漫然と、面白いからというだけでブラック・フェイスを流し続けるのではなく、こういう企画が上がってきた時に、まずは立ち止まって考える必要はあるのではないか。
 私自身も、今回の問題を機に、自分の中にも差別する心があることを認めながら、時代に合った倫理観と感性とは何なのかを考えていきたいと思う。(文=江川紹子/ジャーナリスト)
●江川紹子(えがわ・しょうこ) 東京都出身。神奈川新聞社会部記者を経て、フリーランスに。著書に『魂の虜囚 オウム事件はなぜ起きたか』『人を助ける仕事』『勇気ってなんだろう』ほか。『「歴史認識」とは何か - 対立の構図を超えて』(著者・大沼保昭)では聞き手を務めている。クラシック音楽への造詣も深い。
江川紹子ジャーナル www.egawashoko.com、twitter:amneris84、Facebook:shokoeg


挺対協など「12・28合意は無効…和解治癒財団を解散せよ」
「日本の自発的措置を待つのは話にならない」 
発表を見守った慰安婦被害者ハルモニ 
「生きている間に日本政府の謝罪を受けられるようにしてほしい」

 カン・ギョンファ外交部長官が9日「韓日慰安婦被害者問題合意」(12・28合意)に対して「日本政府との再協議はない」と明らかにし、合意破棄を要求してきた市民社会団体はいっせいに憂慮の声を上げた。
 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)、日本軍性的奴隷制問題解決のための正義記憶財団などはこの日、共同立場文で「12・28合意は日本軍性的奴隷制問題の解決をなしえないということを明らかにし、日本政府の慰労金10億円を政府予算で充当することは歓迎するが、日本政府の自発的措置だけに期待するのは矛盾した態度」と指摘した。これらの団体は「日本政府が被害者の名誉回復のために努力するだろうと期待するのは話にならない」とし「12・28合意は無効で、これに基づいた和解・癒やし財団も直ちに解散しなければならない」と主張した。
 平和ナビ(蝶々)ネットワークも「12・28合意破棄、和解・癒やし財団解散、10億円返還が含まれておらず失望した」として「今後対応を議論する」と明らかにした。
 「慰安婦」被害者ハルモニも失望したという反応を見せた。京畿道広州市(クァンジュシ)の「ナヌムの家」に暮らしているイ・オクソンさん(91)は「(2015年に朴槿恵(パク・クネ)政府が)当事者も知らないうちに合意したが、合意は無効にしなければならない」と話した。同じ名前の被害者であるイ・オクソンさん(88)は「私たちが望むのは、日本から謝罪を受けることだ。生きている間に謝罪を受けられるようにしてほしい」と話した。
 これに先立つ先月27日「韓日慰安婦被害者問題合意検討タスクフォース」が「12・28合意」の過程で非公開の裏面合意があったと発表した後、挺対協などは政府の後続措置として「12・28合意」の破棄を要求してきた。
チャン・スギョン記者、広州/キム・ギソン記者