ブログネタ
フランス語 に参加中!
熊手浅草180318

Japon 1968 : la révolte étudiante la plus longue et la plus violente du monde
Au printemps 68, la révolte étudiante éclate au Japon, sur fond d’opposition à la guerre américaine au Vietnam. Un an de grèves et de combats, très violents, entre forces de l’ordre, factions d’extrême gauche et d’extrême droite. Une violence qui continue après la fin du mouvement, quand quelques anciens étudiants se radicalisent pour former des groupuscules terroristes. Parmi eux, l’Armée rouge japonaise, responsable de l’attentat de l’aéroport Lod - Tel Aviv en 1972.
Comme souvent, la mobilisation étudiante de 1968 au Japon part d’un évènement anecdotique. En France, ce sont les étudiants de la faculté de Nanterre, en banlieue parisienne, qui veulent avoir le droit d’aller voir les filles dans leurs dortoirs. Au Japon, c’est l’augmentation des frais d’inscription à l’université qui à partir de 1965 fait monter le mécontentement chez les jeunes Japonais. Sont notamment touchées ≪ les classes les plus défavorisées de la population japonaise, qui accèdent pour la première fois aux études supérieures ≫, souligne Michaël Prazan, documentariste et écrivain, auteur du livre Les Fanatiques : Histoire de l’armée rouge japonaise.
Opposition à la guerre du Vietnam
Les grèves et manifestations étudiantes de 1968 se déroulent sur fond d’anti-américanisme et de refus de la guerre du Vietnam.
Les Japonais et les Américains sont liés depuis 1952 par un traité de défense, qui est renouvelé en 1960. Un traité fortement contesté par les étudiants et les partis de gauche aussi devant leur vive opposition le président américain Dwight Eisenhower devra annuler son voyage dans l’archipel. ≪ Le mouvement étudiant japonais, évidemment de gauche, est à la fois opposé aux conservateurs, au réarmement du Japon et à la guerre du Vietnam ≫, résume Franck Michelin, professeur d’histoire du Japon à l’Université de Teikyô.
Pour ce qui est de la guerre du Vietnam, les Japonais sont aux premières loges : la grande île du Sud, Okinawa, est le siège de la principale base américaine en Asie orientale, et c’est de là que partent les B-52 pour aller bombarder le Vietnam. ≪ Le Vietnam est pour le Japonais l’équivalent de ce qu’était le Japon 20 ans avant, quand c’est lui qui était sous les bombes ≫, analyse Franck Michelin : ≪ L’ utilisation du napalm par les Américains renvoie à la destruction des villes japonaises par les bombes incendiaires – il faut dire que le napalm a d’abord été utilisé d’une façon massive sur le Japon en 1945 ≫. Un napalm qui, dans les années 60, transite par Tokyo avant d’être envoyé à Saïgon… Les mouvements pacifistes américains et japonais se coordonnent rapidement, les Japonais cachant les déserteurs américains et leur fournissant des papiers.
Dans la jeune génération japonaise, ≪ travaillée par l’air du temps, notamment la révolution cubaine, bref dans un contexte d’extrême gauche, une révolte se met en place ≫ explique Michaël Prazan. Qui note des ≪ causes indirectes ≫ quasi similaires à celles qui ont abouti à la naissance des mouvements étudiants en Allemagne, en Italie et dans une moindre mesure en France avec la guerre d’Algérie : ≪ un passé colonial, un passé nationaliste – ce qu’a été le Japon avant-guerre, et c’est aussi contre la génération des parents que s’élèvent les étudiants ≫.
La révolte
A partir de 1965, depuis en fait l’augmentation des frais d’inscription à l’université, la colère monte chez les étudiants, jusqu’à l’explosion de 1968. L’étincelle, c’est la révélation d’un scandale qui touche le plus grand établissement du Japon, l’université Nichidai, qui rassemble à l’époque 100 000 étudiants et qui est plus ou moins réservée aux petites classes moyennes provinciales. En avril 1968 un des étudiants, Akita Meidai, révèle que les autorités de l’université, ≪ sous couvert de l’augmentation des droits d’inscriptions, sous couvert de rendre des diplômes, ont touché de l’argent sur le dos de ces étudiants qui sont parmi les plus défavorisés. Et ça, ≫ souligne Michaël Prazan, ≪ c’est ce qui va véritablement finir de mettre le feu aux poudres et déclencher un certain nombre de manifestations monumentales, d’occupations des universités et de batailles rangées contre les CRS japonais (les Kidotai).
170 universités sont touchées à travers tout le Japon, précise Franck Michelin. Certains veulent changer la société, les plus radicaux veulent installer un régime communiste dans le pays… Tous ces mouvements étudiants ont une échéance : 1970, date à laquelle le traité de sécurité nippo-américain doit être une nouvelle fois prolongé. C’est aussi contre cette prolongation qu’ils manifestent, dénonçant une mise sous tutelle du Japon par les Américains. Ce qui n’empêchera pas les mouvements d’extrême gauche de se diviser et de se combattre entre eux. Ils se battront aussi contre des factions d’extrême droite manipulées par des personnalités du Parlement voire du gouvernement.
Répression
Le mouvement est beaucoup plus long qu’en Occident. D’autant que certains le font même remonter à 1965, avec le début des manifestations et des coups de force. En tous cas les universités se mettent en grève au printemps 1968 et la dernière évacuation, la plus violente et la plus médiatisée, sera celle en janvier 1969 à Tokyo de l’amphithéâtre Yasuda de l’Université Todai (l’équivalent de l’ENA). ≪ Les étudiants se sont retranchés dans le bâtiment principal ≫, raconte Franck Michelin. ≪ C’est une espèce de tour. Il a fallu les déloger : les forces de l’ordre ont utilisé des lances d’incendies, et les ont bombardés sous des tonnes d’eau jusqu’à ce qu’ils ne puissent plus résister ≫. Michaël Prazan évoque une véritable ≪ guerre urbaine ≫ avec cocktails Molotov, jets d’acides par des hélicoptères… L’amphithéâtre Yasuda est vidé, tous ses occupants, des étudiants de bonne famille, arrêtés. L’échec de cette bataille marque la fin du mouvement.
Terrorisme
En France, on a en 68 cet énorme mouvement qui a pour ambition de changer la société, et qui va avoir une influence relativement longue ≫, analyse Franck Michelin. ≪ Alors qu’au Japon, c’est finalement une espèce d’émeute qui tourne mal et qui pousse une partie des gauchistes à se radicaliser ≫. Quelques anciens étudiants entrent alors dans la clandestinité, dans différents groupes qui prêchent la lutte armée. Le plus connu, la Fraction armée rouge, détournera vers la Corée du nord un Boeing 727 d’un vol intérieur de la Japan Airlines. Après une vague d’arrestations, la FAR devient l’Armée rouge unifiée, et sa branche internationale l’Armée rouge japonaise devient l’une des Armées rouges les plus radicales dans le monde. Elle s’alliera avec le Front populaire de libération de la Palestine (FPLP) pour commettre en son nom l’attentat de l’aéroport de Lod, à Tel Aviv, qui fera 26 morts et 80 blessés.
Franck Michelin note qu’il est étonnant de voir que les trois pays alliés pendant la Seconde Guerre Mondiale et qui ont été défaits (Allemagne, Italie, Japon) ont nourris les trois extrêmes gauches les plus violentes dans le monde. Il évoque, parmi les explications avancées, ≪ le fait que la violence politique avait été imposée par des régimes fascistes auparavant, et qu’elle avait probablement imprégné les rapports sociaux.
L’évènement le plus traumatisant pour les Japonais reste celui de l’hiver 1972. Une trentaine de membres de l’Armée rouge unifiée, âgés de 20 à 25 ans, se retrouvent dans les montagnes de Nagano pour préparer une révolution armée. Ils ont réussi à se procurer des armes, entre autres en attaquant des commissariats ou des dépôts d’armes. Mais au lieu de planifier de nouveaux attentats, ils finissent, sous les ordres de leurs chefs, par s’entretuer. C’est un véritable massacre : quatorze d’entre eux dont une femme, enceinte de neuf mois, tombent sous les coups de leurs camarades qui les torturent à mort et les enterrent à la va-vite dans les sous-bois. ≪ C’est une révélation d’horreur pour les Japonais ≫, souligne Michaël Prazan : ≪ ≫.
Quel héritage ?
Selon le documentariste, ce massacre absurde a discrédité toutes les demandes, toutes les revendications portées par le mouvement étudiant : ≪ Cela va faire tomber la mémoire même de ce mouvement dans les oubliettes. C’est l’inverse qui s’est passé en France, en fait : les avancées sociétales que Mai 68 a produites sont revendiquées aujourd’hui. Au Japon, on ne peut revendiquer quoi que ce soit de cet héritage à cause de cet évènement.
Un évènement qui pour Michaël Prazan va discréditer toute la gauche, qu’elle soit révolutionnaire, communiste ou socialiste. Et fera d’ailleurs chuter le plus grand parti politique d’après-guerre, le Parti communiste japonais, qui ne s’en relèvera pas : ≪ Je crois au fond que le mal est encore plus grave que cela, je crois que cela a durablement discrédité la politique et l’engagement politique ≫.
Pour Franck Michelin, au contraire, les Japonais n’ont jamais considéré les étudiants comme représentatifs de la gauche japonaise, ≪ qui n’avait rien à voir avec le mouvement : la gauche a périclité plus tard, et pour des raisons différentes ≫. L’universitaire précise qu’au Japon il n’y avait pas particulièrement de tabou sur le sujet, et évoque une sorte de nostalgie de Japonais ayant vécu 68 ; une période vue comme un peu étrange et exotique par les Japonais d’aujourd’hui, qui ne la comprennent plus vraiment.
De fait, Michaël Prazan a retrouvé au début des années 2000 Akita Meidai, cet étudiant ≪ honnête et sympathique ≫ qui avait révélé le scandale des achats de diplômes et des examens truqués de l’université Nichidai, ce qui l’avait propulsé à la tête du mouvement étudiant. Akita Meidai, auquel beaucoup d’étudiants et sans doute une partie de la population japonaise s’étaient identifiés, est devenu garagiste dans sa ville d’Hiroshima, dans l’anonymat le plus total : ≪ Je l’ai retrouvé en lointaine banlieue d’Hiroshima, dans ce petit garage où il vivait seul. Il sortait d’une longue période alcoolique. On voit bien la différence de traitement qu’il peut exister entre un Cohn-Bendit en France et un Akita Meidai au Japon. Tout cela est évidemment révélateur de l’héritage de 68, dans un cas comme dans l’autre…
フランス語
フランス語の勉強?
谷津憲郎 @yatsu_n
強制起訴となった東電幹部訴訟。東電社内でも15・7メートルの津波高を前提に対策を考えたが、元副社長から見送りを指示され、担当社員は「力が抜けた」「その後の会議の記憶が残っていない」と証言。生々しい。

東日本大震災から7年1か月になりました.忙しい月火が済んで一息といったところ.何も思い出す余裕がないというのではないですが,結構それに近いかも?時々よくわからず思い出して悲しくなってしまいますが.
「字の出る線香」がないことに気が付き,あわてて阪神に買いに行きました.

月命日に亡き妻と父へ祈り
11日は、東日本大震災の発生から7年1か月となる月命日です。
震災の津波で大きな被害を受けた山元町では妻と父を亡くした男性が墓の前で静かに手を合わていました。
山元町出身の岩佐正志さん(67)は、震災の津波で町内の自宅にいた妻の政代さん(当時59)と父の※いな治さん(当時84)を亡くしました。
岩佐さんは震災後、仙台市の息子や孫との同居を始めましたが、妻や父と暮らした山元町の近くで余生を過ごしたいと、およそ1年後に隣町の亘理町に自宅を再建し、月命日には欠かさずに墓を訪れています。
11日も墓を訪れた岩佐さんは2人の遺影とともに津波で大破した車の写真を置きました。
この車は2人を連れて旅行に行った思い出深いものだということで、墓には2人とのつながりを感じていたいという思いを込め車の部品も入れているということです。
そして、政代さんが好きだったチョコレートと※いな治さんが好きだった酒を供えると静かに手を合わせて祈りをささげていました。
岩佐さんは、「おととい孫も小学3年生になって、みんな元気だよと報告しました。震災から7年1か月ですが、まだそばに戻ってくるような気がします。自分の体が動く間は、忘れないようにここに通い続けたいと思います」と話していました。
※「いな」は「胞」の下に「衣」
南三陸町入谷地区に暮らす阿部高枝さん(68)は震災の津波で夫の敏勝さん(当時64)を亡くしました。
阿部さんは夫とともに南三陸町で建設会社を立ち上げ、30年以上、仕事場でも家でも一緒に過ごしてきました。
月命日の11日、阿部さんは自宅近くの寺にある敏勝さんの墓を訪れ、一緒に暮らす子どもや孫の近況を報告しながら墓のまわりを掃除して花を手向けました。
そして敏勝さんが好きだったお酒とたばこを供えたあと、何度も涙をぬぐいながら静かに手を合わせ祈りをささげていました。
阿部さんは「あの日の朝、自宅の玄関で夫を見送ったときから私の中では時間が止まっていて7年たってもここにくると涙が出てしまいます。ずっと見守っていてくださいとお願いしました」と話していました。


南三陸町の海岸で不明者捜索
東日本大震災の発生から7年1か月の月命日となる11日、津波で大きな被害を受けた南三陸町の海岸で警察による行方不明者の捜索が行われました。
南三陸町の歌津地区にある石浜漁港近くの海岸では11日朝、警察官6人が海に向かって黙とうをささげました。
そして、警察官たちは道具を使って海岸の石をかき分けたり、流木を持ち上げたりして、今も行方が分からない人たちの手がかりを探していました。
震災の発生から7年あまりが経過したいまも、宮城県内の行方不明者は1200人以上に上り、南三陸町でも依然211人の行方が分かっていません。
11日の捜索の結果、長さ5センチから15センチほどの骨のようなものが8本見つかったということで、警察はこのあと詳しく調べることにしています。
捜索にあたった南三陸警察署の千葉茂地域課長は、「どれだけ時間がたっても家族の帰りを待つ住民の方たちの気持ちは変わらないと思います。少しでも手がかりが見つかるようこれからも捜索を続けたい」と話していました。


気仙沼 仮設住宅撤去で校庭戻る
気仙沼市の小学校で、校庭に建っていた仮設住宅の撤去が震災から7年が過ぎてようやく完了し、広くなった校庭を子どもたちが駆け回りました。
気仙沼市の大谷小学校では縦100メートル、横150メートルほどの校庭に仮設住宅が180戸建てられ、学校では校舎の裏にあるおよそ50メートル四方の空き地を仮の校庭として使っていました。
しかし入居していた被災者が退去し、仮設住宅の撤去が先月までに完了したことから、この春休みの間に校庭は元どおりに整地され、震災から7年を経て、学校に戻されました。
11日は新年度最初の授業日で、休み時間になると子どもたちが一斉に校舎から飛び出し、子どもたちは、サッカーや鬼ごっこをしながら広い校庭をめいっぱい駆け回っていました。
来月には運動会が開かれ、これまではできなかった地域の人たちが参加する綱引きなども復活するということです。
3年生の女の子は、「広くなってとっても楽しいです。でも、ここの仮設住宅で育ったので、なくなったのはちょっと寂しいなと思います」と話していました。
小松幸恵教頭は、「あたりまえのことができることがとても幸せだと感じています。ここで生まれ育った子どもも多く、この場所で楽しい思い出を作ってもらいたい」と話していました。


月命日で亡き母の墓参り
11日は東日本大震災の発生から7年1か月になります。
月命日にあわせて、大槌町では震災で母親を亡くした男性が寺を訪れ、墓前で手をあわせました。
大槌町内の福祉施設で働いている佐藤孝夫(44)さんは、東日本大震災の津波で69歳だった母親のテツ子さんを失いました。
月命日の11日は大槌町町方地区にある寺を訪れ墓前に花を手向けたあと、静かに目を閉じて手を合わせていました。
当時、佐藤さんは、テツ子さんと2人で高台に避難しましたが、テツ子さんは忘れ物をしたと、自宅に戻ってしまったということです。
テツ子さんはその後、行方がわからなくなり、遺体が見つかったのはおよそ2か月後の5月でした。
佐藤さんは、なぜあの時母親と一緒に避難しなかったのか考えると今でも胸が苦しくなるといいます。
それでも、災害公営住宅での新しい暮らしも始まり、忙しく仕事をする中、墓にもようやくテツ子さんの名前を刻むことができました。
墓参りを終えた佐藤孝夫さんは、「一緒に避難しなかったことは、いまでも悔いが残っています。一生忘れることはないでしょう」と話していました。


震災7年1か月 不明者の捜索
東日本大震災から7年が過ぎ、岩手県沿岸での警察による行方不明者の捜索は、今年度から各警察署が捜索の日程などを判断することになりましたが、月命日の11日も沿岸のすべての警察署が捜索にあたっています。
岩手県では、今も1115人の行方が分かっていません。
このうち県内で最も多い419人が行方不明となっている大槌町の海岸には、20人の警察官などが出て、震災の犠牲者に黙とうをささげたあと砂浜で捜索にあたりました。
捜索では、砂浜一帯を熊手でかき分けたり深さ10センチほど掘り起こしたりして手がかりが埋まっていないか探していました。
県警察本部では毎月11日に実施してきた沿岸の5つの警察署による一斉捜索を、今年度からは各警察署の判断での実施としましたが、捜索の継続を要望する住民からの声などを背景に、11日も沿岸すべての警察署から55人が出て集中捜索を行っています。
釜石警察署地域課の佐藤颯人巡査は千厩警察署から異動してきたばかりだということで、「被災地で勤務する警察官として参加する捜索は初めてになる。少しでも手がかりを見つけて被災地の皆さんに寄りそっていきたい」と話していました。


震災7年1か月 不明者の捜索
東日本大震災と原発事故から11日で7年1か月です。
福島県内の沿岸部では、各地で、いまも行方がわからない人たちの警察による捜索が行われています。
このうち、福島県いわき市で、震災の津波で最も大きな被害を受けた平薄磯地区の海岸には、いわき中央警察署の警察官14人が集まって捜索を行いました。
この地区ではいまも9人の行方がわかっていません。
11日ははじめに全員で海に向かって津波の犠牲者に黙とうを捧げました。
そして、くわや棒を使って砂浜を掘り起こして、行方不明者の手がかりがないか探していました。
警察によりますと、県内では津波に巻き込まれるなどして1614人が死亡、いまも196人の行方がわかっておらず、警察では今後も捜索を続けていくことにしています。
捜索を指揮したいわき中央警察署の半澤晃警備課長は、「薄磯海岸も復興が進み、捜索できる範囲は限られてきていますが、行方不明の方の家族の気持ちは変わらないと思います。手がかりを一つでも見つけるという思いで捜索を行っていきたい」と話していました。


「みんな元気だよ」「なぜあの時」東日本大震災から7年1か月
11日は、東日本大震災の発生から7年1か月となる月命日です。被災地では、各地で家族を亡くした人たちが墓の前で手を合わせています。
思い出の写真とともに
山元町出身の岩佐正志さん(67)は、震災の津波で町内の自宅にいた妻の政代さん(当時59)と父の※いな治さん(当時84)を亡くしました。
岩佐さんは震災後、仙台市の息子や孫との同居を始めましたが、妻や父と暮らした山元町の近くで余生を過ごしたいと、およそ1年後に隣町の亘理町に自宅を再建し、月命日には欠かさずに墓を訪れています。
11日も墓を訪れた岩佐さんは2人の遺影とともに津波で大破した車の写真を置きました。
この車は2人を連れて旅行に行った思い出深いものだということで、墓には2人とのつながりを感じていたいという思いを込めて車の部品も入れているということです。
岩佐さんは政代さんが好きだったチョコレートと、いな治さんが好きだった酒を供えると静かに手を合わせて祈りをささげていました。
岩佐さんは「おととい孫も小学校3年生になって、みんな元気だよと報告しました。震災から7年1か月ですが、まだそばに戻ってくるような気がします。自分の体が動く間は、忘れないようにここに通い続けたいと思います」と話していました。
※「いな」は「胞」の下に「衣」
「なぜあの時…」いまでも悔い
大槌町内の福祉施設で働いている佐藤孝夫さん(44)は、東日本大震災の津波で69歳だった母親のテツ子さんを失いました。
月命日の11日は大槌町町方地区にある寺を訪れ、墓前に花を手向けたあと静かに目を閉じて手を合わせていました。
当時、佐藤さんはテツ子さんと2人で高台に避難しましたが、テツ子さんは忘れ物をしたと、自宅に戻ってしまったということです。
テツ子さんはその後、行方がわからなくなり、遺体が見つかったのは、およそ2か月後の5月でした。
佐藤さんは、なぜあの時母親と一緒に避難しなかったのか考えると今でも胸が苦しくなるといいます。
それでも、災害公営住宅での新しい暮らしも始まり、忙しく仕事をする中、墓にもようやくテツ子さんの名前を刻むことができました。
墓参りを終えた佐藤孝夫さんは、「一緒に避難しなかったことは、今でも悔いが残っています。一生忘れることはないでしょう」と話していました。
「少しでも手がかりを」行方不明者の捜索
宮城県南三陸町の海岸では、警察による行方不明者の捜索が行われました。
南三陸町の歌津地区にある石浜漁港近くの海岸では11日朝、警察官6人が海に向かって黙とうをささげました。
そして警察官たちは道具を使って海岸の石をかき分けたり流木を持ち上げたりして今も行方がわからない人たちの手がかりを捜していました。
震災の発生から7年余りが経過した今も宮城県内の行方不明者は1200人以上に上り、南三陸町でも依然211人の行方がわかっていません。
11日の捜索の結果、長さ5センチから15センチほどの骨のようなものが8つ見つかったということで、警察は、このあと詳しく調べることにしています。
捜索に当たった南三陸警察署の千葉茂地域課長は、「どれだけ時間がたっても家族の帰りを待つ住民の方たちの気持ちは変わらないと思います。少しでも手がかりが見つかるよう、これからも捜索を続けたい」と話していました。
仮設住宅撤去の校庭 子どもたちが駆け回る
宮城県気仙沼市の小学校で、校庭に建てられていた仮設住宅の撤去が震災から7年がすぎてようやく完了し、広くなった校庭を子どもたちが駆け回りました。
気仙沼市の大谷小学校では、縦100メートル、横150メートルほどの校庭に仮設住宅が180戸建てられ、学校では校舎の裏にあるおよそ50メートル四方の空き地を仮の校庭として使っていました。
しかし入居していた被災者が退去し仮設住宅の撤去が先月までに完了したことから、この春休みの間に校庭は元どおりに整地され、震災から7年を経て、学校に戻されました。
11日は新年度最初の授業日で、休み時間になると子どもたちが一斉に校舎から飛び出し、子どもたちは、サッカーや鬼ごっこをしながら広い校庭をめいっぱい駆け回っていました。
来月には運動会が開かれ、これまではできなかった地域の人たちが参加する綱引きなども復活するということです。
3年生の女の子は、「広くなってとっても楽しいです。でもここの仮設住宅で育ったので、なくなったのはちょっと寂しいなと思います」と話していました。
小松幸恵教頭は「当たり前のことができることがとても幸せだと感じています」と話していました。


カフェで味わう復興米…盛岡で開店
大槌で発見…震災生き抜いた稲
 東日本大震災の津波で実家を流された大槌町出身の菊池真帆さん(47)が先月、実家跡で見つかった稲から育った「大槌復興米」を提供するカフェを盛岡市で開いた。11日で震災から7年1か月。菊池さんは「沿岸の大槌町と内陸の人を結ぶ憩いの場にしたい」と願う。
「憩いの場に」
 「このお米、母が見つけたんですよ」。7日昼、盛岡市菜園にできた店は、18席がほぼ埋まっていた。看板メニューの定食を食べ終えた客から米の銘柄を尋ねられると、エプロン姿の菊池さんがうれしそうに説明を始めた。
 2011年3月の震災で大槌町は大きな被害を受けた。安渡地区で一人暮らしをしていた母、妙さん(77)は無事だったが、高校生まで過ごした実家は流失した。盛岡市に住んでいる菊池さんは、震災の約1週間後に町を訪れ、変わり果てた古里の光景を見て「現実とは思えなかった」という。
 7か月後の11年10月に妙さんから電話があり、実家の玄関跡で3株の稲を見つけたと聞いた。津波で全て流された場所に稲穂が実っていたことを知り、身震いした。妙さんによって「大槌復興米」と名付けられ、翌年春から町内の水田で栽培が始まった。
 復興米は生産が年々増加。県内外の小中学校の給食で使われ、復興米を使った日本酒も誕生した。震災で元気がなくなった母が、復興米を通じた交流で笑顔を取り戻していく姿を見て、菊池さんは「復興米には何か特別な力がある」と思うようになった。
 昨年9月、長年の夢だったカフェを始めるため、教員として勤めていた大学を退職した。震災から年月がたち、内陸部では被災地への関心が薄れていると感じていた。管理栄養士の資格を生かして栄養バランスのよい食事を提供しながら、「食を通して被災地に関心を持ってもらいたい」と、大槌復興米を使うことにこだわった。
 3月1日の開店以来、被災して内陸に移り住んだ人も訪れ、連日にぎわっている。店名は「すばらしい場所」を意味する「Maho―ROBA(まほろば)」。レジカウンター近くには、実家跡で見つかった稲から刈り取った稲穂を飾っている。「海水に浸った場所で育った力強さを感じてほしい。復興米で大槌を発信しながら、訪れる人にとって『まほろば』な場所にしたい」という。
 営業は午前11時〜午後6時半。復興米を使ったメニューは午後2時半までのランチタイム限定。日曜日と第2、第4月曜日は休み。問い合わせは同店(019・613・6252)へ。(押田健太)


<慰霊碑をたどる>8年目の被災地(5完)人が集う開かれた場に
◎「市民協働」東松島市
 東日本大震災で犠牲になった1099人の名前が刻まれた芳名板に、遺族や市民らが歩み寄る。大切な人の名をなでたり、写真に収めたり。
 東松島市野蒜地区の復興祈念公園に建立された慰霊碑。「『血の涙』が止まらない日々を繰り返すことがあってはならない」。昨年11月5日にあった式典で、地元県議高橋宗也さん(56)が約600人の参列者を前に誓った。
 津波で長女沙織さん=当時(22)=を亡くしている。「安全安心なまちづくりを進めていく」。高橋さんが言葉を継いだ。
 慰霊碑建立の過程では、市が進める「市民協働」の手法が生かされた。
 市は2016年12月〜17年2月、「震災復興モニュメント検討委員会」を開いた。広く知見を取り入れるため、市内の自治会長や震災語り部ら男女7人を委員に選出。設置方針やコンセプト、仕様、保存の在り方などを議論した。
 慰霊碑は高さ1.4メートル、幅13メートル。芳名板は地区ごとに五十音順で並ぶが、位置を入れ替えることができるようにした。「家族が離れ離れにならないようにしてほしい」という遺族の要望に検討委や市が応えた。
 副委員長を務めた相沢良章さん(61)は議論で、碑の周辺にも気を配った。高齢者や脚の不自由な人のため通路にスロープを設けたらどうか。芝生の維持管理はどうするか。委員の話し合いでより良い方策を探ったという。
 相沢さんは大曲浜地区にあった自宅が流され、長女ミキさん=当時(28)=を亡くしている。「祈念公園が慰霊・鎮魂の場であるとともに、普段は親子連れが遊べるような開放的な場になれば」と思い描く。
 祈念公園は総面積約1.6ヘクタール。慰霊碑が立つ広場、JR仙石線旧野蒜駅舎を改修した震災復興伝承館、震災遺構として保存される旧野蒜駅プラットホーム、駐車場などで構成される。
 現地には近隣自治体はもちろん、国外からも視察に訪れる人が後を絶たない。
 石巻市の斎藤義樹さん(41)はその一人。同市の石巻南浜津波復興祈念公園整備に向け、伝承の在り方を探るメンバーだ。
 住民の声も踏まえ、花を挿す所を設ける。芳名板に名前を刻むか否かを遺族に確認する。2月上旬に東松島の慰霊碑を訪れ、その手法に刺激を受けた。
 斎藤さんは「祈念公園整備には多様な意見を反映させる仕組みが必要。慰霊碑やモニュメントを建てた後の維持管理や運用も含めて、より良くするための話し合いが大事だ」と実感を込めた。(報道部・水野良将)


岩沼・集団移転跡地のパークゴルフ場活気呼ぶ
 東日本大震災で被災した岩沼市玉浦地区6集落の集団移転跡地に、元住民たちがパークゴルフ場を完成させた。津波の威力を減衰させる緑の防潮堤「千年希望の丘」の公園内で、被災者の生きがいづくりを目的に市が設置と管理を許可した。元住民たちは「災害危険区域を有効活用し、健康増進につなげたい」と力を込める。
 オープニングセレモニーと初ラウンドが1日、現地であり、集団移転先の玉浦西地区の住民ら約30人が参加。「下っているから気を付けて」「ナイスパー」などと掛け声が響く中、ホールインワンも飛び出し、各ホールは和やかな雰囲気に包まれた。
 パークゴルフ場は旧長谷釜集落にある千年希望の丘の多目的広場約2ヘクタールを活用。2コース計18ホールあり、玉浦西地区の住民が直径約20センチのカップを設けるなどして3月中に造った。普段は広場で、住民らが使用する際にカップのふたを開ける。市は実証実験として2023年まで用地を貸し出し、需要を調べる。
 同市の災害危険区域は沿岸部の南北約10キロにわたる。多くは千年希望の丘として造成中だが、整備された広場はあっても利用者や訪問者は少ない。「人気のあるパークゴルフ場にし、人が集まる場所にしよう」。高齢化が進む集団移転先の住民の体力向上にもなるとして、玉浦西まちづくり住民協議会が動いた。
 協議会の小林喜美雄会長は「多くの方にパークゴルフを楽しんでもらい、長谷釜に、にぎわいを取り戻したい」と意気込む。
 市は景観の改善や心の復興を目的として、ほかにも集団移転跡地の活用を進めており、玉浦地区にはヒツジ牧場や風車、ソバ畑などがある。


<陸前高田>市民体育館が再建、温水プールを併設
 東日本大震災の津波で全壊した岩手県陸前高田市の市民体育館が高台に再建されて10日、市総合交流センターとして開館した。愛称は「夢アリーナたかた」で、温水プールや多目的ホールを併設した。
 施設は鉄筋コンクリート一部鉄骨で延べ床面積約1万600平方メートル。用地取得や造成を除く建物整備費は58億円で、国の災害復旧費や復興交付金を充てた。年間の維持管理費は8000万〜9000万円を見込む。
 開館式典で戸羽太市長は「地域活力復興の活動拠点となるような施設運営を心掛ける。市民の心の復興に寄与したい」と述べた。


東日本大震災から7年1か月 月命日に
 東日本大震災の発生から11日で7年1か月です。被災地では、月命日に合わせ墓参りする人の姿が見られました。
 宮城県名取市閖上にある東禅寺にも、震災で大切な人を亡くした人たちが訪れ、墓前に線香をあげ静かに手を合わせていました。
 東禅寺では、震災の津波で約450基あった墓石のほとんどが流されるなどの被害を受けました。住職の三宅俊乗さんも震災当時寺にいた両親を津波で失いました。
 一方、南三陸町歌津の海岸では月命日に合わせ、警察官6人が津波で行方不明となった人たちを捜索しました。11日の捜索では、複数の骨がみつかり、ヒトの骨かどうかなど警察で鑑定することにしています。県のまとめでは、3月末現在、南三陸町で211人、県全体では、1224人が行方不明のままとなっています。


<私の復興>避難所の経験伝える
◎震災7年1カ月〜石巻市 3.11メモリアルネットワーク副代表 山田葉子さん(50)
 「私にやれることがあるなら、やる」。東日本大震災の伝承活動に携わる山田葉子さん(50)=石巻市=は7年前、なりわいを失った一人の被災者だった。逃れた避難所で得た経験と縁が、支援者、震災伝承者としての使命を目覚めさせた。
 山田さんは、被災者ケアを続ける看護系の一般社団法人キャンナス東北(石巻市)でコーディネーター長を務める。語り部としても活躍し、被災地で伝承活動に取り組む個人・団体をつなぐ連携組織「3.11メモリアルネットワーク」が昨年11月に発足すると、副代表に選ばれた。
 震災前は家族ですし店を営んでいた。石巻市渡波の自宅兼店舗は津波が2階まで襲い、全壊。山田さんは家族を連れて渡波小体育館に避難した。津波が押し寄せたものの屋内にはほとんど濁流が入らず、難を逃れた。
 体育館はそのまま避難所になった。山田さんの兄は透析患者だった。避難所にいた看護師に相談すると、「もっと透析が必要な人がいるはずだから探して」と頼まれた。
 当時、体育館と校舎には約2000人の避難者がいた。気が遠くなる作業だったが「幸いペンと紙はある」と覚悟を決めて校内を歩き回り、名前と年齢、避難場所を聞き取った。
 看護師にメモを渡すと、今度は救護スペースに来る被災者の対応を任された。医療チーム到着後は支援物資の受け入れなど避難所本部の仕事を託された。
 震災前は自治会など地域活動に積極的だったわけではない。だが、渡波で生まれ育ち、すしの配達などで顔見知りは多い。「動ける人が動けばいい」。結局、避難所が閉鎖される2011年10月まで、被災者支援に奔走した。
 避難所の出会いが縁で11年12月からキャンナス東北に勤務。最初の研修の際、法人代表から「あなたの経験はちゃんと伝えなくてはいけない」と言われた。
 「避難所運営を経験したからこそ見えたことがいっぱいある。それは伝えたい」。避難所では県外から派遣された応援職員を被災地に案内した経験もある。13年3月、語り部の依頼を受け始めた。
 県外に出向くなどして主に被災体験や避難所運営の在り方を語る。苦労したトイレの対応についても問題意識を持ち、備蓄の必要性を説く。
 活動を通じ、震災伝承に関わる仲間ともつながった。16年度は震災伝承の在り方を考える石巻市の検討会議メンバーとして議論に加わった。
 「最初に避難した体育館から活動の幅がどんどん広がった」と山田さん。「避難後の守られた命をどうするか。避難所運営や外部支援の在り方を含め、被災体験だけではない震災の話を伝えていきたい」と自らの役割を自覚する。(石巻総局・鈴木拓也)
●私の復興度・・・70%
 2015年3月に仮設住宅から災害公営住宅に移り、住宅再建は果たした。ただ、キャンナス東北は支援団体なのでいつかは役割を終えて解散する。先のことを考えると不透明な部分がある。支援者として関わる機会が多く、自分自身の被災と向き合えていない面もある。精神的にも波があるので、30%はまだ復興していない。


八戸バイオマス発電が稼働 年間発電量2万7000世帯分見込む
 住友林業(東京)と住友大阪セメント(同)、JR東日本(同)が共同設立した八戸バイオマス発電(青森県八戸市)が、八戸港近くの八戸市河原木で営業運転を始めた。地元の青森県三八上北地域の間伐材などを燃料に、年間発電量は一般家庭約2万7000世帯分を見込む。
 敷地面積2万460平方メートル、出力1万2400キロワット。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を使い、新電力に全量売電する。
 石炭など化石燃料を使わず、木質チップなどバイオマス燃料だけを年間約13万トン使用。全量を住友林業子会社のみちのくバイオエナジー(同)から購入する。
 営業運転開始は1日。10日に施設を公開した八戸バイオマス発電の山本稔之社長は「地域や森林の活性化に貢献できるといい。重大事故を起こさないよう業務に当たりたい」と話した。
 バイオマス発電所は住友林業グループで4カ所目、JR東は初めて。県内での稼働は津軽バイオマスエナジー(平川市)に次いで2カ所目となる。


<仙台高松発電所>市民団体、住友商事に再考求める
 四国電力が、仙台市宮城野区の仙台港で計画する石炭バイオマス混焼火力発電所「仙台高松発電所」(仮称)の事業から撤退を表明したのを受け、市民団体は10日、発電所計画を継続させる住友商事に事業からの撤退を求めた。
 「仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会」の共同代表、長谷川公一東北大大学院教授は「四電の撤退を歓迎する。事業のパートナーである住友商事にも撤退の英断を強く求めたい」と訴えた。
 建設計画は市条例に基づく環境影響評価(アセスメント)の手続きで、アセスの実施項目をまとめた方法書の審査を終えた段階。市の審査会からは「蒲生干潟など周辺環境への影響を調査してほしい」など厳しい注文が相次ぎ、計画は予定より1年ほど遅れている。
 アセスを実施する市の担当者は「住友商事が事業化に向けて検討すると聞いている。『市民の不安払拭(ふっしょく)に最大限努める必要がある』ことなどを求めた昨年8月の市の意見書に基づき、進めてほしい」(環境共生課)と話した。


<仙台高松発電所>四国電が撤退表明 採算不安視、住友商事単独で推進
 四国電力は10日、住友商事と仙台市宮城野区の仙台港で進めていた石炭バイオマス混焼火力発電所「仙台高松発電所」(仮称、出力11万2000キロワット)の建設計画から撤退すると発表した。電力全面自由化後の価格競争で採算が厳しくなると予想され、判断した。住友商事は今後も、発電所建設に向けた検討を継続する。
 仙台高松発電所は2021年度上期をめどに営業運転開始を目指していた。完成すれば、四電にとって初の供給エリア外の電源となる見通しだった。
 仙台市内で記者会見した四電の担当者は撤退の理由について、20年開催の東京五輪の影響などで発電所建設費用の増大が見込まれると説明。「20年、30年と競争力のある単価で電気を提供できず、十分な事業性が見込めない」と語った。
 両社が市に昨年提出した環境影響評価(アセスメント)方法書には、周辺環境への影響を懸念する住民から約380件の意見書が提出されていた。四電側は「(地元の反発などの影響が)ゼロではない」とも述べた。
 住友商事は単独で計画を進め、年内に市へ評価準備書を提出する方針。記者会見に同席した住友商事の担当者は「事業の採算を検討していく」と話した。アセス手続きが滞っているため18年度下期を予定していた着工は遅れが見込まれる。
 仙台港では関西電力系の石炭火力発電所「仙台パワーステーション」(11万2000キロワット)が昨年10月に営業運転を開始し、住民らが運転差し止めを求め仙台地裁で係争中。環境省は、地球温暖化をもたらす二酸化炭素排出抑制の観点から石炭火発の計画見直しを求めている。


東電社員“専門家が厳しい指摘”
福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、東京電力の津波対策の担当者が10日に続いて証言しました。
担当者は、事故が起きる前に巨大な津波を伴う地震の可能性が指摘されていたことについて、「複数の専門家から、『無視するなら証拠を示す必要がある』という厳しい指摘を受けていた」と証言しました。
東京電力の元会長の勝俣恒久被告(78)、元副社長の武黒一郎被告(72)、元副社長の武藤栄被告(67)の3人は、原発事故をめぐって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴されています。
事故の9年前、平成14年には、政府の地震調査研究推進本部が、福島県沖で巨大な津波を伴う地震が起きる可能性を示していましたが、元会長など3人は、「専門家の見解が分かれていたためすぐに対策をとれなかった」として、無罪を主張しています。
11日、東京地方裁判所で開かれた6回目の審理では、10日に続いて、東京電力で津波対策を担当していた社員が証言しました。
社員は、事故の3年前、平成20年に、東京電力が福島県沖の地震を津波の想定に取り入れることを保留したことについて、「複数の専門家から、『無視するなら証拠を示す必要がある』などという厳しい指摘を受けた」と証言しました。
その一方で、東日本大震災で実際に巨大な津波が起きたことを問われると、「あの日の津波はさらに大きいもので、自分たちが想定していた津波とは違っていた」と述べました。
次回は17日に審理が行われ、同じ社員が証言する予定です。


「津波対策不可避」08年9月資料作成 原発事故公判 東電社員が証言
 福島第一原発事故を防げなかったとして、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(78)ら旧経営陣三人の第六回公判が十一日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。十日に続いて証人として出廷した東電社員が「津波対策は不可避」と記した社内向けの資料を二〇〇八年九月に作成したと証言した。
 検察官役の指定弁護士の尋問に答えた。
 証言によると、社員は〇八年六月、国の地震調査研究推進本部(地震本部)の長期評価を基に、最大一五・七メートルの津波が原発の敷地を襲うとした試算を武藤栄元副社長(67)に報告。同年九月に福島第一原発で開かれた説明会用に資料を作成した。
 資料には「地震本部の見解を否定するのは難しい」と記載され、社員は公判で「見解を採用した場合に津波がどんな水位になるか説明した」と話した。
 指定弁護士が法廷のモニターに示した議事録によると、説明会には福島第一原発の所長らが出席。津波に関する検討状況の部分には「機微情報のため資料は回収。議事メモには記載しない」と記されていた。


河北抄
 「福島を風化させない益田市民の会」という住民団体がある。益田は島根県西部の人口4万7千ほどの小都市だ。
 福島第1原発事故の教訓を忘れまいと3年前に現地視察した市民らが結成。原発問題や防災の歴史を学んでいるという。「自分たちで意識して周りに伝えなければ」と会メンバーが語っている。
 以上のことは、先日送られてきた島根県の地方紙、山陰中央新報の記事で知った。同県には全国で唯一、県庁所在地に立地する島根原発(松江市)がある。関心は高いのだろう。9日には大きな地震があり、まさに「わがこと」になった。
 東日本大震災の風化が懸念されている。しかし、地震災害や原発に対する意識は私たちが考えている以上に、列島の隅々に根付いているようにも思える。
 熊本地震から間もなく2年になる。住まいの再建や応援職員の不足など、東北を追うように同じ課題に直面していると聞く。手を携え復興を前進させたい。
 山陰や九州のまちで、人々はそれぞれに災害と向き合っている。「風化はさせない」。そんな意気込みが心強い。


加計学園は「首相案件」/官邸主導で獣医学部設置か
 最初から最後まで「首相案件」だったのではないか。そう思わせる新たな文書の存在が明らかになった。
 学校法人「加計学園」が、国家戦略特区制度を活用して愛媛県今治市に岡山理科大獣医学部を新設した計画を巡り、中村時広知事はきのう記者会見し、文書が備忘録として存在していたと認めた。
 文書は2015年4月に県や今治市職員、学園幹部が官邸を訪れた際のやりとりで、当時の首相秘書官が「本件は首相案件」と述べたと記されている。国家戦略特区の活用を勧める発言もあった。
 同学園の学部新設が、官邸主導で進められた可能性が高まったといえる。
 学園の加計孝太郎理事長と数十年来の友人でもある安倍晋三首相は、学部新設について自らの指示や関与を一貫して否定してきた。「首相案件」だと言う秘書官の発言をどう説明するのか。
 学園と今治市は07年に構造改革特区での獣医学部の新設を申請し、その後も却下され続けた。流れが変わったのは安倍政権が推進する国家戦略特区に切り替えた15年からで、17年1月の特区諮問会議(議長・安倍首相)で申請が認められた。タイミングがあまりにも符合し過ぎている。
 「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと記された文書も昨年5月に見つかっている。官邸を軸にした「加計ありき」の特例シフトがあったことが強くうかがわれる。
 岩盤規制を打ち破るトップダウン型の国家戦略特区に政権の意向が反映されやすいのは致し方がない。それだけに、選考にあたっては公正さが求められるはずだった。
 しかし新設計画では、応募要件に「広域的に獣医学部が存在しない地域」「開学時期は18年4月」などの枠がはめられ、結果として加計学園しか応募できなかった。
 事業者選定に当たっては、「既存の大学で対応できない需要がある」など新設4条件を詳細に協議した形跡がなかった。大学設置・学校法人審議会による最終的な審査では当初8件の是正意見が指摘されたにもかかわらず甘い解釈で及第点を与え、認可するよう文部科学相に答申した。
 首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は「記憶の限りでは(愛媛県職員らと)会ったことはない」と面会そのものを否定している。国会の場での説明は不可欠だろう。
 開学早々、新キャンパスで学ぶ第1期生たちは戸惑っているはずだ。早く落ち着いた環境で学ばせたい。
 そのためにも、安倍首相は率先して疑念解消に努めなければならない。政策を無理強いし、官僚を圧迫していないか。不公正な行政手続きや、事実の隠蔽(いんぺい)はなかったか。公文書を巡る各省の不祥事を招き、政権と官僚とのいびつな関係をつくってしまった責任を受け止めねばなるまい。


加計・森友問題 政治の圧力 疑いさらに
 学校法人「加計(かけ)学園」が今春、愛媛県今治市に開設した獣医学部の認可を巡り、県が従来「ない」としてきた文書が存在していた。
 県や市の職員が特区認可の陳情のため、2015年に首相官邸などを訪れた際の面会記録である。
 当時首相秘書官の柳瀬唯夫経済産業審議官が「本件は、首相案件」と述べたと記されている。愛媛県の中村時広知事はきのう、県職員が作った備忘録だと説明した。
 官邸の圧力により行政の公正がゆがめられたのではないかという疑念を裏付ける内容だ。
 森友学園問題では地中ごみ撤去を巡り、財務省が学園側に虚偽の説明を指示した事実を認めた。
 いずれも最終的な責任は安倍晋三首相にある。きょうの衆院予算委員会で、自ら約束した「丁寧な説明」を尽くしてもらいたい。
 面会記録の内容は一部報道で明らかになった。中村知事は記者会見で、県としては保管していないと述べる一方、職員が報道内容を事実と認めたと言明した。
 柳瀬氏の発言として「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つこと」など、官邸が計画を主導したことをうかがわせる文面である。
 ところが柳瀬氏はきのう「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とのコメントを発表した。
 これまでも国会で「会った記憶はない」と繰り返してきたが、矛盾をどう説明するのか。野党側は柳瀬氏の証人喚問を求めている。与党は早急に応じるべきだ。
 この問題で首相はこれまで、「私から個別具体的な指示はしていない」と関与を否定してきた。
 だが直接の指示がないのに「首相案件」とされ、異例の認可につながったとすれば、まさに忖度(そんたく)が行政をゆがめたことになる。首相自身が究明を尽くすのが筋だ。
 政治の圧力を証言した前川喜平前文部科学事務次官に対してはその後、中学校で講師を務めた授業に文科省が干渉した問題もある。
 こういった経緯のすべてが国民の不信を深めていることを、政府は重く受け止めねばならない。
 森友問題では財務省理財局が8億円の値引きを正当化するため、ごみ撤去に「トラック何千台も走った気がする」という虚偽の口裏合わせを学園側に求めていた。
 国民の財産を管理する財務省が安売りを主導する事態がなぜ生じたのか。首相夫人の昭恵氏が名誉校長を務めていた事実が影響したのか。国会は徹底究明すべきだ。


内閣府が助言 「加計ありき」より濃く
 加計学園の獣医学部新設をめぐり、内閣府幹部が自ら学園側に「国家戦略特区の手法を使いたい」と提案していたのは「加計ありき」を如実に物語るものだ。「優遇」疑惑は一段と深まった。
 このような出来レースまがいの行為が行われていたのでは「行政手続きがゆがめられた」(前川喜平・前文部科学省事務次官)との批判に、反論などできるはずはあるまい。
 今回、焦点が当たった国家戦略特区は、国主導、トップダウンでテーマや地域が決まるため、これまでも恣意(しい)性や不透明さが指摘されていたものだ。
 小泉政権が導入した構造改革特区や菅政権の総合特区が、自治体側の規制緩和要望を受けて検討するのとは対照的である。
 愛媛県と今治市は二〇〇七年から一四年まで計十五回、構造改革特区で獣医学部開設を申請したが、毎回却下されていた。
 それが国家戦略特区になった途端、認められた格好である。その裏で、実は国家戦略特区を所管する内閣府の幹部が具体的なアドバイスを含めて戦略特区申請を提案していたというのである。
 政府関係者によれば、一五年四月に学校法人「加計学園」や愛媛県、今治市の担当者が内閣府で特区事業を担当する藤原豊・内閣府地方創生推進室次長(当時)と面談。藤原氏は「要請の内容は総理官邸からと聞いている」と発言したとされる。
 続いて一行は柳瀬唯夫・首相秘書官(当時)とも面会し、その際の記録文書の存在も明るみに出た。それには安倍晋三首相の秘書官が「本件は、首相案件」と語ったとの記載がある。昨年五月に文科省から流出した文書の「(早期開学は)総理のご意向」との内容と符合するものである。
 柳瀬氏は新設に反対する日本獣医師会への対策や国家戦略特区でのカリキュラムの工夫といったことも指南した。これでは受験生にあらかじめ解答を教えるようなもので、出来レースもいいとこだ。
 新たにこれだけ疑惑の材料が加わった。それでも首相は「(獣医学部新設に)私が関与したと言った人は一人もいない」との言い逃れを続けるのか。四十年来の友人である加計孝太郎・理事長を優遇する意向は本当になかったといえるのか。
 疑惑の解明には加計氏らの国会での証人喚問しかない。それを実現するのは首相をおいていない。逃げていては終わらないのだ。


愛媛県の文書に「首相案件」 加計開学で決着ではない
 学校法人「加計学園」の獣医学部が今月開学し、学部新設をめぐる一連の問題に幕引きを図ろうとしてきた安倍政権側の思惑は外れた。
 2015年4月に愛媛県と今治市の職員と学園幹部が首相官邸を訪れた際の「備忘録」の存在が報じられ、中村時広・愛媛県知事が認めた。今治市が国家戦略特区への指定を申請する2カ月前のものだ。
 この文書によると、面会当時の柳瀬唯夫首相秘書官(現・経済産業審議官)が「本件は、首相案件」だとして国家戦略特区での実現を強く勧めたことになっている。
 面会自体を否定してきた政権側の言い分と真っ向から食い違う。柳瀬氏は「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とのコメントを出したが、根拠を示さずに記憶だけで文書の記録を否定しても説得力はない。
 加計学園の獣医学部新設をめぐっては、許認可権限を持つ文部科学省に「首相官邸から圧力がかかり、行政がゆがめられた」と前川喜平前文科事務次官が批判している。「総理のご意向」だとする内閣府職員の発言も文科省の文書に残されていた。
 その背景には、安倍晋三首相が「腹心の友」と呼ぶ学園理事長との関係がある。県の文書には、首相と理事長が会食した際に学部新設が話題に上ったことを示す記述もあった。
 ところが、政権側は前川氏の主張を全面否定し、安倍首相は加計学園が特区の対象事業者になっていることを認定当日の昨年1月20日まで知らなかったと国会で答弁している。
 悲願の獣医学部誘致に「加計ありき」で取り組んできたのは愛媛県であり、首相の知らないところで県・市側の努力によって実現したというのが政権側の説明だ。
 県の文書の内容はこの説明と大きく矛盾している。
 文書によれば、柳瀬氏の方から「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」だとけしかけたとされる。これが事実なら、むしろ積極的なのは国側であり、特区認定も国主導だったことになる。
 衆院予算委員会ではきょう首相の出席する集中審議が行われる。言った、言わないの水掛け論ではもう済まされない。徹底究明が必要だ。


森友・加計問題 「首相案件」とは何なのか
 不祥事と疑惑がこれでもかとばかりに次々と噴出する。安倍晋三政権は、まさに不信の底なし沼に陥った様相である。
 きのうは、首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」が、政府の国家戦略特区制度を活用して愛媛県今治市で開学した獣医学部新設を巡る問題で新たな展開があった。
 愛媛県や今治市の職員ら一行が2015年4月2日に首相官邸で当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官と面会した際、柳瀬氏から「本件は首相案件」と伝えられた、などと報道された。愛媛県の中村時広知事は記者会見で、面会時のやりとりを県職員が備忘録のメモとして作成したことを認めた。中村氏の聞き取りに職員が「自分が書いた」と認めたという。
 柳瀬氏は昨年、国会で「お会いした記憶がない」と答弁し、きのうも同様のコメントを出した。県職員のメモと柳瀬氏の記憶と一体どちらが正しいのか。
 意味深長な「首相案件」とは何なのか。獣医学部新設に首相周辺や官邸が関与したのか。疑惑は一層深まったといえよう。
 学校法人「森友学園」への国有地売却問題も新事実が判明した。財務省が国会で、値引きの根拠となったごみの量を過大にみせるよう昨年2月、学園側に口裏合わせを求めたことを認めた。驚くべきことだ。
 国民の共有財産である国有地を管理する財務省が約8億円もの値引きを正当化しようとして「『(撤去費が)相当かかった気がする。トラック何千台も走った気がする』といった言い方をしてはどうか」と偽るように持ちかけていた。
 学園側は口裏合わせを断り、売却担当の同省近畿財務局も協力を拒んだという。いずれにしても、値引きの根拠がでたらめだったことを物語る。
 財務省は背任と受け取られかねない破格の値引きにとどまらず、口裏合わせや決裁文書改ざんという不正に手を染めた。国民への背信ではないか。もし与野党伯仲や衆参ねじれの政治状況なら内閣総辞職にも発展しかねない異常な事態といえる。
 森友・加計問題に限らない。防衛省では「なかった」とされたイラク派遣に関する陸上自衛隊の日報が次々に見つかった。厚生労働省でも働き方改革を巡る国会論戦で「なくなった」としていた労働時間の調査データ原票が出てきた。
 長期に及ぶ「1強政権」で、不都合なものはなかったことにする。文書やデータは都合のいいものだけを表に出す−そんな不誠実やご都合主義がまん延してはいないか。行政の不正にメスを入れ、ゆがみをただすのは政治の責任だ。


[首相案件文書]深まった「加計ありき」
 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡り、当時の首相秘書官が「本件は首相案件」と発言した文書があったことが明らかになった。
 これまで「ない」とされてきた記録文書が実は作成されていて、その内容は「加計ありき」の疑いをさらに深めるものだった。 
 文書の存在は、朝日新聞がきのうの朝刊で報じ表面化した。
 加計学園が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際、秘書官が「本件は首相案件」と述べたとの報道である。国の関係部署に状況を説明するため愛媛県が作成したという。
 中村時広・愛媛県知事は同日、記者会見を開き、職員が備忘録として作成したことを認めた。ただし備忘録は保管義務がなく、県庁内では現時点で存在が確認できなかったという。
 昨年の国会で野党は官邸訪問の事実関係を厳しく追及した。当時、柳瀬氏は「会った記憶はない。記録は取っていない」と説明。今回の問題発覚後も、「記憶の限りでは」と前置きし面会を否定するコメントを発表している。 
 両者の言い分は食い違っていて、どちらかがうそをついていることになる。
 中村知事は「間違いなく担当者が備忘録として作成した」と述べている。なかった発言を記録に残すわけがないというのが世間一般の受け止めではないか。
■    ■
 政府の国家戦略特区制度を活用した加計学園の獣医学部建設では、新設条件を満たしていたかなどの疑惑が取り沙汰されてきた。安倍晋三首相の長年の友人が学園理事長を務め、官邸の関与が指摘されていたのだ。
 今治市が国家戦略特区に指定されるのは、「首相案件」発言から8カ月後のことである。その後、話はとんとん拍子で進んでいった。
 特区を担当する内閣府が「総理のご意向」などを盾に文部科学省に早期開学を迫った文書もある。菅義偉官房長官は「怪文書」と一蹴したが、前川喜平・前文科次官の証言をきっかけに文書の存在が確認された。
 疑惑にふたをしようとしたとしか思えない当時の対応を振り返れば、問題を起こした政府に真相究明を任せることはできない。
 柳瀬氏の証人喚問はもちろん、国会の中に第三者による調査委員会を立ち上げ、徹底的に調査する必要がある。
■    ■
 「森友学園」への国有地売却に関し、財務省がごみ撤去費用を値引きした根拠について、森友側に口裏合わせの依頼をしたことが判明したばかりだ。 
 公文書を隠そうとしただけでなく、都合のいいように改ざんし、さらにうそを強要するという底なしの偽装工作である。
 公平・公正であるべき行政のゆがみは、「1強」のおごりにどっぷりとつかる安倍政権の体質と無縁ではない。
 行政に対する信頼が根底から揺らいでいる。


加計「首相案件」文書 国会で徹底解明を急げ
 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、国家戦略特区での事業者選定に「一点の曇りもない」としてきた安倍晋三首相の説明を揺るがしかねない文書の存在が明らかになった。
 愛媛県と地元今治市の職員らが2015年4月、官邸で特区担当の首相秘書官と面会し、「本件は首相案件」と伝えられたとの内容が記されていた。きのう愛媛県の中村時広知事が会見して、県職員が備忘録として書いた文書であることを大筋で認めた。
 加計学園の加計孝太郎理事長は首相の友人で、何らかの便宜が図られたのではないかと昨年来、国会を紛糾させてきた。
 首相はこれまで自らの関与を否定し、事業主体の決定まで学園の計画を知らなかったと答弁してきただけに「首相案件」という文言を記した文書が作成されていた意味は重い。
 面会の時期にも大きな問題がある。県・市が特区に手を挙げる前のことだった。首相を傍らで支える秘書官が官邸に招き入れ、助言までしたのはなぜか。野党がかねて指摘しているように、事業者選定が「加計ありき」で進んだのではないかという疑念の再燃は避けられまい。
 当時秘書官の柳瀬唯夫経済産業審議官は昨年7月、参院予算委員会で「会った記憶はない」と否定した。官邸の入館記録は「廃棄された」とする政府の説明は都合が良すぎないか。
 首相の答弁にも疑いが生じそうだ。昨年の国会審議では、加計学園が特区の事業主体に決まる17年1月まで計画を知らなかったと強調していた。特区諮問会議の議長は首相で、学園理事長との親密さを考えれば、にわかには信じがたい。
 加計学園問題を巡る疑惑は今回に限った話ではない。内閣府が「総理のご意向」などを盾に文部科学省に早期開学を迫った経緯を記した文書も昨年見つかり、前文科次官は「行政がゆがめられた」と証言した。
 しかし政府は根拠を示さず疑惑をことごとく否定し、野党の質問に真剣に取り合おうとしなかったように映った。国民の不信感は高まっており、首相のみならず、与党も重く受け止めねばならないだろう。
 柳瀬氏はきのうも面会を否定したが、改めて国会で真実を明らかにする必要がある。加計理事長らも呼んで、きちんと経緯を聞くべきだ。真相解明と政治の信頼回復が急務であり、国会の存在意義も問われている。
 猛省は愛媛県にも求められる。昨年5月、市民団体の加計学園関連文書の情報公開請求に「廃棄済みのためない」と答えていた。本当にしっかり捜したのか。きのうの知事会見であっさり認めたのは奇異に映る。
 国民の知る権利や文書管理の在り方にも関わる問題だ。知事が言うように入学式を終えた獣医学部の新入生には責任はないが、もっと早い段階でしっかり調べるべきだった。県議会にも徹底調査の努力を求めたい。
 「森友文書」の改ざん発覚や防衛省・自衛隊のイラク派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)などで、国民は安倍政権をどこまで信じていいのか、分からなくなっているのではないか。野党からは内閣総辞職を求める声も上がっている。
 「首相案件」とは何なのか。中身や経緯を明らかにすることがトップの責任である。


「首相案件」の全容解明を/加計疑惑再燃
 学校法人・加計学園の獣医学部新設計画を巡って、2015年4月に愛媛県や今治市の職員が官邸で安倍晋三首相の当時の秘書官に面会した際のやりとりを記録した文書が明るみに出た。昨年、野党は官邸訪問の事実関係を追及。秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は「会った記憶はない」とし、内閣府も「承知していない」とした。
 学園理事長は首相の友人。今治市が国家戦略特区に指定される8カ月余り前の官邸訪問は「加計ありき」で行政がゆがめられたとされる疑惑で大きな焦点だ。文書には「本件は、首相案件」「文科省は反対しないはず」など柳瀬氏の発言があり、愛媛県の中村時広知事は「職員が備忘録として作成した」と述べた。
 柳瀬氏は改めて面会を否定したが、文書は詳細で、県側がうそを書く理由はない。森友学園への国有地売却に関する財務省の公文書改ざんや口裏合わせ、防衛省・自衛隊によるイラク派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)などで国会と国民を欺いてきた行政に対する信頼は根底から揺らいでいる。そうした中、加計疑惑が再燃した。新学部設置を巡り首相官邸の関与など何があったか全容を解明する必要がある。
 国家戦略特区制度の下で加計学園が計画した獣医学部新設を巡っては、特区担当の内閣府が「総理のご意向」などを盾に文部科学省に早期開学を迫った経緯を記録した文科省文書が出てきた。菅義偉官房長官は「怪文書」と取り合わなかったが、文科省の調査で文書の存在が確認され、前文科次官前川喜平氏が国会で首相側近からの働き掛けを具体的に証言した。
 しかし政府はさしたる根拠も示さずに疑惑をことごとく否定。多くの疑問が手つかずのまま残った。その一つが15年の官邸訪問だ。昨年の国会で取り上げられ、首相は記録を確認し「会っていない」と断言。面会したのではないかと追及された柳瀬氏は「記憶にない」「記憶する限り、会っていない」と繰り返した。
 新たな文書によると、県と市、学園の幹部らが柳瀬氏と内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊氏と面談。柳瀬氏は「死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」とし、藤原氏も「かなりチャンスがあると思ってよい」と話した。
 野党は柳瀬氏の証人喚問を要求している。今度こそ、徹底解明を期待したい。


加計獣医学部 「首相案件」だったのか
 加計学園問題を巡り新たな文書が明らかになった。獣医学部の新設地である愛媛県の職員が作成したものだ。
 首相秘書官が「首相案件」と述べたとの記載があった。中村時広知事が記者会見を開き、存在していたことを認めた。当時の秘書官は発言を否定している。国会で真相を突き止めなくてはならない。
 政府の国家戦略特区制度により愛媛県今治市に新設された。国内での獣医学部新設は1966年以来、52年ぶりだ。なぜ加計学園だけに認められたのか、理事長が安倍晋三首相の友人だったことから疑念が生じている。
 文書は職員の備忘録として存在していたという。2015年に県や市の職員らが首相官邸を訪れた際のやりとりの記録だ。当時、首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官が「本件は首相案件」と述べたとされている。
 備忘録は保管義務がなく、県庁内で現時点では存在が確認できなかったとしている。
 17年に地元の市民団体が新設計画に関する全文書の情報公開を請求した経緯がある。官邸の訪問記録について県の担当者から「廃棄済み」と伝えられていた。
 昨年の国会審議で、面会相手ではないかと野党に指摘された柳瀬氏は「会った記憶はない」などと答弁していた。
 文書が存在するとの報道を受けて「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」と改めて否定するコメントを発表した。「首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません」とも言い切っている。
 発言があったのか、はっきりさせなくてはならない。
 新設について政府は適正だったとするものの、選定の過程には疑問が残ったままだ。既存の大学では対応が困難―といった新設の4条件を満たす明確な根拠は示されていない。
 文部科学省が内閣府とのやりとりを記した文書には「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などの文言があった。新設計画は公正、公平に進められたのか。愛媛県の文書によって疑念はさらに深まった。
 獣医学部は今月、開学した。だからといって、うやむやにはできない。国会に関係者を招致し、事実関係を問う必要がある。野党6党は柳瀬氏らの証人喚問を要求する方針で一致した。国会答弁が正しかったのかが問われている。与党も解明に尽くすべきだ。


「首相案件」文書 加計ありきの疑念深まる
 国会答弁に合わせて、公文書が改ざんされる。いったん「ない」とされていた文書が、1年もたってから出てくる。政府の不祥事が相次いでいる。
 国民の不信は高まる一方だろう。政府側の言い分を素直に受け入れる国民は、もはやほとんどいないのではないか。
 学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設した計画を巡り、新事実が判明した。
 愛媛県職員が2015年4月に官邸を訪問し、当時の柳瀬唯夫首相秘書官(現経済産業審議官)と面会した際に作成した文書に、柳瀬氏が「本件は首相案件」と述べたとの記述があったことが分かったのだ。
 中村時広・愛媛県知事によると、文書は県職員の備忘録として、口頭で報告するために作られたメモだという。県側はこれまで「ない」としていた。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては、加計孝太郎理事長と安倍晋三首相の親密な関係から、そもそも計画が「加計ありき」で進められたのではないかとの疑念が持たれてきた。
 文部科学省では、計画について内閣府とのやりとりを記録したとされる文書が見つかった。そこには「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と記されていた。
 今回のメモも、それと符合する。首相や官邸は一貫して「加計ありき」を否定し続けてきたが、改めて疑問を抱かせる内容である。
 柳瀬氏はコメントで、「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」と否定した。
 さらに「首相案件」と述べたとの記載について「この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ない」と強調している。
 柳瀬氏は昨年の国会でも面会を否定していた。
 面会はしたのか、していないのか。「首相案件」と言ったのか、言っていないのか。いったいどちらが本当なのか。疑念は深まるばかりである。
 素朴に考えて、愛媛県職員が備忘録に事実と異なる内容を記載する動機は想像しにくい。だが、柳瀬氏の主張通りなら、県職員が「うそ」を書いていたことになる。
 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざんでは、首相夫人である昭恵氏に触れた部分が削除されていた。
 なぜ、安倍首相に近いところで、さまざまな問題が起きるのか。「首相案件」を巡る疑惑が後を絶たないことが、政治を停滞させている。その現状に強い危機感を持つ。
 財務省の改ざんを受け、理財局長として売却問題の国会答弁に当たった佐川宣寿前国税庁長官が証人喚問された。
 野党は今回の問題でも柳瀬氏らの証人喚問を求める方針で一致した。見過ごせない事実が判明し、言い分が食い違っている以上当然のことだ。
 徹底的な真相究明こそ、国会に課せられた責務である。


加計学園疑惑再燃 一連の経緯再検証すべき
 財務省や防衛省・自衛隊などの公文書に関する不祥事が相次ぐ中、今度は加計(かけ)学園疑惑が再燃した。
 学園が愛媛県今治市に獣医学部を新設した計画が国家戦略特区制度の認定を受けたのは昨年1月。その2年近く前の2015年4月に、当時安倍晋三首相の秘書官だった柳瀬唯夫現経済産業審議官が「首相案件」と述べたと記す文書が存在していたと一部で報じられた。
 愛媛県の中村時広知事は「備忘録」とする一方、県や今治市の職員が官邸で柳瀬氏と面会したことを事実上認めた。備忘録とはいえ「間違いなく担当者が作成した」とも述べている。文書は特区制度の審議前の段階で「加計学園ありき」の筋書きがあったことをうかがわせる。
 学園の加計孝太郎理事長は、首相の数十年来の「腹心の友」で、度々ゴルフや会食を共にする間柄。学園と愛媛県、今治市は2007年から14年まで計15回、構造改革特区で新設を申請してきたが、全て却下されてきた。文書の存在で、首相が関与していたのか、それとも官僚が首相に忖度(そんたく)してのことなのかが再び問われる。
 報道によれば、文書は15年4月2日に県や市、学園の関係者らが官邸を訪れ、面会した柳瀬氏の発言を県職員が記録したとされる。柳瀬氏の「主な発言」の書き出しに問題の「本件は首相案件」とある。
 さらには「国家戦略特区でいくか、構造改革特区でいくかはテクニカルな問題であり、要望が実現するのであればどちらでもいいと思う」「現在、国家戦略特区の方が勢いがある」と記載している。新設計画は戦略特区諮問会議の認定、文部科学省の大学設置審の答申を受け今春開学した。とりわけ特区審議では、文書が示すような流れで進められたとの疑いを持たざるを得ない。
 文書は保管義務がなく、県庁内では確認できなかったという。柳瀬氏はこの日の面会に関し、昨年7月の参院予算委員会で「会った記憶はない」などと答弁。報道を受けたコメントでも改めて否定した。
 加計学園問題では、特区担当の内閣府が「総理のご意向」などと文科省に早期対応を迫った文書が見つかり、前川喜平前文科次官が首相側近からの働きかけなどで「行政がゆがめられた」と証言。安倍首相が学園の特区事業者認定をするまで、学部の新設計画を知らなかったと答弁したことにも疑問符がついたままだ。そうした疑問に対して政府は何ら根拠も示さず、「記憶にない」「記録がない」とことごとく否定し、解明にも背を向けてきた。
 15年4月の官邸訪問もその一つだった。文書は大学誘致を進めたい一心の愛媛県職員の手によるもの。柳瀬氏の発言を聞き逃すまいと書き残したはずだ。一連の経緯を再検証する必要がある。ただ、国会や国民を欺いてきた政府の調査では無理がある。全容解明に向け国会に特別委員会などを設けるべきだ。


加計疑惑再燃/真実はどうか再検証を
 学校法人・加計学園の獣医学部新設計画を巡って愛媛県の中村時広知事が、2015年4月に県や今治市の職員が官邸で安倍晋三首相の当時の秘書官に面会したことを事実上認めた。昨年の国会で野党は官邸訪問の事実関係を追及。秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は「会った記憶はない」とし、内閣府も「承知していない」とした。
 学園理事長は首相の友人。今治市が国家戦略特区に指定される8カ月余りも前の官邸訪問は「加計ありき」で行政がゆがめられたとされる疑惑で大きな焦点だった。「本件は、首相案件」など柳瀬氏の発言を含め、一部で報じられた文書について中村知事は「間違いなく担当者が備忘録として作成した」と述べた。
 ただ文書は県庁に残っていないという。柳瀬氏は改めて面会を否定している。真実はどこにあるのか。森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざんや口裏合わせ、防衛省・自衛隊によるイラク派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)などで、国会と国民を欺いてきた行政に対する信頼は根底から揺らいでいる。そうした中、加計疑惑が再燃した。
 もはや問題を起こした府省に調査を手掛ける資格はないと言わざるを得ない。獣医学部は開学し、入学式も行われたが、新学部設置を巡り首相官邸の関与など何があったか全容を解明する必要がある。国会は特別委員会を設置するなど速やかに態勢を整えるべきだ。
 国家戦略特区制度の下で加計学園が計画した獣医学部新設を巡っては、特区担当の内閣府が「総理のご意向」などを盾に文部科学省に早期開学を迫った経緯を記録した文科省文書が出てきた。菅義偉官房長官は「怪文書」と取り合わなかったが、文科省の調査で文書の存在が確認され、前文科次官前川喜平氏が国会で首相側近からの働き掛けを具体的に証言した。
 自ら議長を務める特区諮問会議で17年1月に学園が事業者に決定されるまで学部新設計画を知らなかったとした首相答弁にも疑問が投げ掛けられた。理事長の加計孝太郎氏は16年、首相と少なくとも7回、食事やゴルフを共にし、8月の内閣改造後に農相や文科相、地方創生担当相に相次いで面会していたからだ。
 しかし政府はさしたる根拠も示さずに疑惑をことごとく否定。野党の質問に正面から答えようとせず、解明にも背を向け、多くの疑問が手つかずのまま残った。その一つが15年の官邸訪問だ。
 昨年の国会で取り上げられ、首相は記録を確認し「会っていない」と断言。面会したのではないかと追及された柳瀬氏は「記憶にない」「記憶する限り、会っていない」と繰り返した。愛媛県と今治市は訪問の事実を認めたが、面会の相手や内容、さらに学園関係者が同席していたかどうかは明らかにしなかった。
 知事は面会に関し、どのような報告を受けたか明言を避け、面会相手の発言については相手、つまり柳瀬氏が説明すべきだとの立場を取った。ただ「県の職員はきちんと報告する」と強調しており面会の事実は間違いないだろう。
 面会の5日後、首相は花見で加計氏と会っている。「仕事の話はしなかった」としたが、それも含め一連の経緯を再検証する必要がある。


加計文書に「首相案件」 官邸の関与疑惑が一層強まった
 極めて早い段階から「加計ありき」だったのではないか。政治権力によって行政がゆがめられた疑惑がさらに強まった。
 学校法人「加計学園」の今治市への獣医学部新設を巡り、県や市の職員、学園幹部が当時の首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官らと面会した際の備忘録が確認された。文書は2015年4月2日の首相官邸でのやりとりを示し、柳瀬氏が「本件は首相案件」と述べたと記している。
 中村時広知事は県の担当職員が作成したことを認めた。安倍晋三首相の関与については「分からない」とするが「県の職員は真面目。(自分で書いたと言っている)職員を信じている」と強調。文書の中身を事実上認めた形だ。
 文書に示された15年4月といえば、まだ政府が獣医学部新設の4条件さえ示していない。県や今治市が国家戦略特区の提案をする2カ月も前のことだ。にもかかわらず、首相秘書官が面会した上、内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊氏が「かなりチャンスがあると思っていただいてよい」と発言している。
 首相の「腹心の友」が理事長を務める学園を、首相官邸の働き掛けで特別扱いしたのではないかとの疑惑は、高まる一途。首相がこれ以上説明から逃げ続けることは許されない。森友学園に関する文書改ざんや自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)など、次々と疑惑が噴出。異常事態であり、政権の政治責任を厳しく問いたい。
 安倍首相は、学園が事業者に決まった昨年1月の特区諮問会議まで学園の新設構想を知らなかったと発言しているが、疑義が募る。柳瀬氏は「自分の記憶の限りでは」と前置きした上で面会を否定するが、文書とつじつまが合わない。証人喚問で説明を尽くすべきだ。
 中村知事は備忘録について関係省庁での状況説明で活用した可能性に言及した。安倍首相は自ら指示して省庁の調査をやり直す必要がある。
 これまでにも特区担当の内閣府とのやりとりなどを記録した文部科学省の文書が判明。「総理の意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと記されていたことが既に明らかになっている。前文科事務次官の前川喜平氏は昨年7月の国会で、在任時の16年9月に和泉洋人首相補佐官から「総理は自分の口からは言えないから」と手続きを促されたと説明。さまざまな疑惑は拭えていないままだ。
 県はこれまで面会記録はないとしていた。しかし今回、担当職員に聴取したことで文書作成の事実が判明した。対応が不十分だったと言わざるを得ない。改めて徹底調査を求める。
 中村知事は「学生のプレッシャーとなることを心配する」と述べている。県民の信頼を得て学生に大学生活を堂々と送ってもらうためにも、国に真摯(しんし)な対応を求めるだけでなく、県も主体的な情報公開に努めねばならない。


【森友口裏合わせ】値引き根拠の偽装工作だ
 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省が巨額値引きの理由としてきたごみ撤去について、森友側にうその口裏合わせを求めていた。同省が認めた。
 当時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の事実に反した国会答弁に合わせるため、森友側に大量撤去したと説明するよう要請していたという。売却手続きを担当した同省近畿財務局にも同じ口裏合わせを迫っていた。
 森友、近畿財務局とも事実と違うと応じなかった。疑惑の核心である8億2200万円もの値引きの不当性を、財務省が自ら認めたにも等しい。関係者に虚偽説明をさせてまで国会や国民を欺こうとしていた。悪質極まりない。
 昨年2月17日の国会で野党議員が「約8億円かけてごみを搬出するとダンプカー4千台になる。実際に確認したのか」と追及した。これに佐川氏が「適正な価格で売った」と説明し、同20日に「近畿財務局が確認した」と答えた。
 同じ20日、財務省理財局の職員が森友の当時の弁護士に「『(撤去費用が)相当かかった気がする。トラック何千台も走った気がする』といった言い方をしてはどうか」と依頼したという。露骨なまでのアリバイ工作だ。
 ところが、その思惑が外れると、佐川氏は国会で「どういう撤去をしたか確認する契約上の義務はない」などと述べ、答弁を修正した形跡もある。うそにうそを重ねていく状況が浮かぶ。
 口裏合わせを認めた同省の太田充理財局長は佐川氏の答弁を「事実関係を十分に確認せず答弁した」と釈明し、「職員が答弁との整合性を取ろうとした」と不正行為を認めた。平謝りで陳謝の言葉を重ねたが、説明通りに受け止められない。
 佐川氏は常に断定口調で値引きの疑惑を否定する半面、決裁文書改ざんや口裏合わせの事実は自ら明かしてこなかった。虚偽答弁の疑いを一層強くする。
 佐川氏が土地売却価格の正当性を訴えた同じ国会で、安倍首相は「私や妻が関係していたならば、首相も国会議員も辞める」と断言した。そうした答弁を起点にするように、口裏合わせや決裁文書改ざんが始まったように見える。
 決裁文書改ざんでは、国有地売却への関わりが問われる安倍昭恵首相夫人と森友との親交ぶりを示す部分が削られていた。なりふり構わないような口裏合わせは値引きの根拠を偽装するためではなかったか。疑惑は底なしの様相を呈する。
 財務省の隠蔽(いんぺい)体質は根深い。口裏合わせ工作も報道がなければ、闇に葬られていただろう。自浄意識が欠如している。
 自衛隊の日報隠蔽などもまたぞろ発覚している。行政府への国民の不信は深まるばかりだ。国会の監視機能が問われている。国権の最高機関として危機感を持って真相解明に臨むよう重ねて求める。


[森友口裏合わせ] 8億円の根拠が崩れた
 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省の常識外れの対応が明らかになった。
 「ごみの撤去費用が相当かかった、トラック何千台走ったといった言い方をしてはどうか」
 財務省理財局の職員が、森友側にこう持ちかけていた。ごみの処分量をごまかすため、口裏合わせを依頼していたという。
 ごみの処分量は、土地を売却した際に値引きした約8億円の根拠である。8億円分のごみは本当にあったのかと疑わざるを得ない。「適正な価格で売った」という財務省の説明が根底から崩れたことになる。
 土地は評価額9億5600万円から、ごみの処分費用8億円余を差し引いて1億3400万円で売却された。この8億円の値引きに対しては、これまでも再三疑義が指摘されてきた。
 会計検査院は昨年11月、ごみ処分量の推計根拠が定かでなく、実際の処分量は推計の3〜7割だった可能性があるとする検査結果を公表した。
 また、昨年2月には衆院予算委員会で野党議員が「約8億円かけてごみを搬出するとダンプカー4000台になる。確認したか」と追及した。これに対し、当時の佐川宣寿理財局長は「8億円は(国土交通省)大阪航空局が専門的知識に基づき計算した」と正当性を主張している。
 値引きが適切なら口裏を合わせる必要はない。だが、理財局職員はその3日後、森友側に口裏合わせを持ちかけた。佐川氏の答弁との整合性を取ろうとしたのだとしても、あまりに常軌を逸しているといえる。
 8億円の根拠が崩れた今、土地取引を巡る疑惑はますます深まり、疑問は膨らむ一方だ。口裏合わせを誰が指示したのか、その背景についても明らかにしていかなければならない。
 佐川氏が正当性を主張した同じ日に、安倍晋三首相は国会で「私や妻が関係していたならば、首相も国会議員も辞める」と言い切った。首相の発言が口裏合わせの依頼につながった可能性もある。
 財務省は国有地売却を巡る決裁文書を国会に開示する際、複数回登場する「安倍昭恵総理夫人」「特例的な内容」との記述を削除していた。政権に影響が及ばないよう官僚が忖度(そんたく)したことをうかがわせる改ざんである。
 共同通信の世論調査では、森友問題に関して証人喚問を受けた佐川氏の証言に、72%が「納得できない」と回答している。官僚の暴走と片付けず、政治の責任で真相を解き明かすべきである。


加計疑惑再燃 真実はどこにあるのか
 学校法人・加計(かけ)学園の獣医学部新設計画を巡って、2015年4月に愛媛県や今治市の職員が官邸で安倍晋三首相の当時の秘書官に面会した際のやりとりを記録した文書が明るみに出た。昨年、野党は官邸訪問の事実関係を追及。秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は「会った記憶はない」とし、内閣府も「承知していない」とした。
 学園理事長は首相の友人。今治市が国家戦略特区に指定される8カ月余り前の官邸訪問は「加計ありき」で行政がゆがめられたとされる疑惑で大きな焦点だ。文書には「本件は、首相案件」「文科省は反対しないはず」など柳瀬氏の発言があり、愛媛県の中村時広知事は「職員が備忘録として作成した」と述べた。
 柳瀬氏は改めて面会を否定したが、文書は詳細で、県側がうそを書く理由はない。真実はどこにあるのか。森友学園への国有地売却に関する財務省の公文書改ざんや口裏合わせ、防衛省・自衛隊によるイラク派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)などで国会と国民を欺いてきた行政に対する信頼は根底から揺らいでいる。そうした中、加計疑惑が再燃した。
 もはや問題を起こした府省に調査を手掛ける資格はないと言わざるを得ない。獣医学部は開学し、入学式も行われたが、新学部設置を巡り首相官邸の関与など何があったか全容を解明する必要がある。国会は特別委員会を設置するなど速やかに態勢を整えるべきだ。
 国家戦略特区制度の下で加計学園が計画した獣医学部新設を巡っては、特区担当の内閣府が「総理のご意向」などを盾に文部科学省に早期開学を迫った経緯を記録した文科省文書が出てきた。菅義偉官房長官は「怪文書」と取り合わなかったが、文科省の調査で文書の存在が確認され、前文科次官前川喜平氏が国会で首相側近からの働き掛けを具体的に証言した。
 自ら議長を務める特区諮問会議で17年1月に学園が事業者に決定されるまで学部新設計画を知らなかったとした首相答弁にも疑問が投げ掛けられた。理事長の加計孝太郎氏は16年、首相と少なくとも7回、食事やゴルフを共にし、8月の内閣改造後に農相や文科相、地方創生担当相に相次いで面会していたからだ。
 しかし政府はさしたる根拠も示さずに疑惑をことごとく否定。野党の質問に正面から答えようとせず、解明にも背を向け、多くの疑問が手つかずのまま残った。その一つが15年の官邸訪問だ。
 昨年の国会で取り上げられ、首相は記録を確認し「会っていない」と断言。面会したのではないかと追及された柳瀬氏は「記憶にない」「記憶する限り、会っていない」と繰り返した。愛媛県と今治市は訪問の事実を認めたが、面会の相手や内容、さらに学園関係者が同席していたかどうかは明らかにしなかった。
 新たな文書によると、県と市、学園の幹部らが柳瀬氏と内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊氏と面談。柳瀬氏は「死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」とし、藤原氏も「かなりチャンスがあると思ってよい」と話した。
 面会の5日後、首相は花見で加計氏と会っている。「仕事の話はしなかった」としたが、それも含め一連の経緯を再検証する必要がある。野党は柳瀬氏の証人喚問を要求している。今度こそ、徹底解明を期待したい。(共同通信・堤秀司)


加計は「首相案件」の衝撃 良識ある官僚の反乱が始まった
 プッツン切れても当然だ――。
「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設をめぐり「首相案件」と記された県側作成の記録文書が残っていた一件。愛媛県の中村時広知事は10日、「当時の担当職員が(面会内容を)会議で口頭説明するための備忘録として作成した文書」と認め、「県の職員は文書をいじる必然性は全くない」と述べた。つまり、「備忘録」にウソを書く必要性はなく、文書の信憑性は極めて高いということだ。やはり安倍首相は“腹心の友”に便宜を図っていたわけだ。
 10日の朝日新聞によれば、2015年4月2日、愛媛県と今治市の課長や加計学園事務局長が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と官邸で面会。柳瀬氏は「本件は『首相案件』となっており、内閣府藤原次長(地方創生推進室次長=当時)の公式ヒアリングを受けるという形で進めてください」と言ったという。
 10日は東京新聞も、加計がらみのスクープを飛ばしている。内閣府の藤原豊次長が同じ15年4月2日、愛媛県今治市職員に「要請の内容は総理官邸から聞いている」として、国家戦略特区の利用を助言したと報じた。 これらは、16年9〜10月に内閣府側が「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」などと発言したとされる文科省の記録とピッタリ符合する。その1年半前の時点で、すでに「首相案件の加計ありき」だったことになる。
 朝日も東京新聞も情報ソースは「政府関係者」。このタイミングで次々と新しい材料が暴露されるのは、安倍政権に“忖度”を続けてきた官僚たちの反乱ではないのか。
「『記録がない』と言い続け、決裁文書改ざんまでして安倍政権を守ろうとした前国税庁長官の佐川さんが、結局は証人喚問にさらされ、刑事訴追まで現実味を帯びてきている。それでいて政権側は、官僚が悪いというスタンスを鮮明にしています。官僚としては、『やってられるか』という気分です。出世第一に考える幹部は、どう振る舞えばいいのかオロオロしていますが、ノンキャリアやキャリアの若手はこのままでは官僚組織が崩壊してしまうという危機感を抱いています。彼らの中から、政権に不都合でも真実を明らかにしようという動きが出ているのだと思います」(元文科省審議官の寺脇研京都造形芸術大教授)
■前川前次官は「佐川氏、柳瀬氏に同情」
 10日の「野党合同ヒアリング」で、「ご自身は首相案件と聞いたことがあるか」と問われた内閣府地方創生推進事務局の塩見英之参事官は「個人の思いは別にして、内閣府としてどう認識していたかは、私の一存では答えられない」とシドロモドロ。
 聞いていないなら否定すればいいのに、できない。かといって「全くない」なんて言い張れば、後々どんな文書が飛び出すか分からない。そんな複雑な心情なのだろう。
 10日、国会内のシンポジウムに出席した前川喜平前文科次官は「佐川さんも、柳瀬さんにも同情を禁じ得ない。悪い人じゃないのに。政権のせいで。かわいそうだ」と語った。官僚たちはもはや安倍首相に忖度しても、微塵もいいことはないと分かったはずだ。安倍首相ではなく、良識ある官僚が今後、すべての膿を出し切ることになるのではないか。


政権は官僚の行動原理を利用…霞が関の公文書“暗黙ルール”
第2回
 公文書管理法第1条には、公文書は「健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」であると書いてある。しかし、官僚たちはそう考えていない。公文書は、「官僚の利権を守るための大事な財産」だと考えられているのだ。
 霞が関における公文書に関する暗黙のルールを私なりに整理するとこんな感じだ。
 仝文書は原則として公開しない。公開する場合でも、黒塗り部分を多くする。情報公開・個人情報保護審査会への諮問が必要となる審査請求がなされない限り、余計な譲歩はしない。だ簑个妨開できない情報は、個人的なメモ扱いとし、公文書としては存在しないことにする。ジ開が避けられない公文書には、問題のない内容だけを記す。Ω開する場合もなるべく時間をかけて出す。
 例えば、私が経産省で働いていた時、ワープロソフトの「ワード」を立ち上げると、デフォルトで白紙のワード文書の上欄外に「非公開」を示す文言が表示された。公開文書とするためには、いちいちその表示を消す必要がある。これは、上記ルール,鮗┐垢發里澄また、審議会の議事録は、問題となりそうな記述を削り、開催日からかなり時間を経て公開される。これにより、ニュース価値はほとんどなくなる。これは上記ルールイ鉢Δ乏催する。
 官僚が文書の公開に消極的なのはなぜか。それは、情報を出さなければ、責任を問われる可能性が低くなるからだ。特定秘密保護法を作ったのは、特に戦争や原発など、後で大きな責任を問われるような問題について、重要な情報を長期にわたって秘密にするためだ。それによって、安心して戦争を始められるし、事故の責任追及を恐れずに原発を稼働させることができる。
 逆に言えば、公文書を公開するのは、将来自分たちが何かの責任を問われる可能性を高くする「危険行為」だということになる。
 実は、これは政治家にも共通する。首相や各省大臣など行政に関わる政治家は、自分たちが関係した行政行為に関して、後で責任を追及されないように、なるべく記録は残して欲しくないし、公開も避けて欲しい。だから、官僚たちは、政治家の意図も忖度しながら、情報を隠そうとする。
 安倍政権は、官僚たちのこうした行動原理をうまく使っている。秘書官などが、「問題を起こさないようにしてくださいね」と念を押せば、具体的な指示を出す必要はない。官僚たちは、それが官邸や大臣の意向だと思えば、それを錦の御旗として、せっせと隠蔽・改ざんに励むのである。


これが「首相案件」の始まりだった? 柳瀬唯夫首相秘書官が、安倍首相、加計理事長と一緒にゴルフに興じた日
 いったいどこまで嘘に嘘を重ねるつもりなのだろう。昨日、愛媛県の中村時広知事がその存在を認めた柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と愛媛県や加計関係者の面会記録について、安倍首相は「愛媛県が作成した文書についてはコメントを控えたい」と逃げつつ、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の「首相案件」などの発言を「あり得ない」などと否定した。
 また、面会記録には、安倍首相と加計理事長が会食の席で獣医学部の開設をめぐって相談していた事実が書かれており、を安倍首相の虚偽答弁が明らかになったが、安倍首相はあいかわらず「加計氏とは相談や依頼があったことは一切ない」「具体的なことは一切、話していない」「(加計学園の獣医学部新設計画を初めて承知したのは、2017年の)1月20日」と強弁し続けた。
 じつは永田町では、昨晩の段階から「官邸は面会記録について、なんといわれようと否定し続ける方針を固めた」という情報が流れていた。つまり予定通りだったというわけだが、それにしても、安倍首相の答弁はあまりにひどかった。
 なにしろ、加計学園選定のプロセスに不正がなかったことを主張するなかで、安倍首相はその根拠としてこんなことを口走ったのだ。
「4月からすでに開校しているという事実もある」
 開校しているから不正はないって、何を言っているのだろう。無理やり開校させたのはあんたじゃないか。
 さらに笑ったのは、「元上司として柳瀬秘書官の発言を信頼している」というセリフだった。これ、昨日の会見で中村知事が述べた「(職員を)全面的に信用している」という言葉の明らかなパクリだろう。しかも、中村知事の言葉には重みがあったが、嘘のために剽窃した安倍首相の言葉はまさしくペラペラだった。
安倍首相と官邸スタッフ勢揃いのゴルフに加計理事長がなぜか参加
 だいたい柳瀬首相秘書官の否定は「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」と「記憶にない」と逃げるだけのもので、なんの説得力もない。マスコミの「絶対に会っていないということか」という質問には、はっきり答えられなかった。一方、「首相案件」発言は愛媛県というれっきとした自治体が、文書に残していて、その正当性を知事も保証している。
 にもかかわらず、安倍首相は「柳瀬秘書官の発言を信頼している」などと言い張ったのだ。
 しかも、希望の党の玉木雄一郎代表が「私、残念です。日本の総理が嘘をついているかもしれないと思って質問するのは」と述べると、安倍首相はキレはじめ、こうまくし立てた。
「私に対して嘘つきと明確におっしゃった。嘘つきと言う以上は明確に私が嘘をついているという証明を示していただかなくてはならない」
「私も若い議員のときにいろんなことを言ったが嘘つき呼ばわりは滅多にしなかった」
 最近も公判前の民間人・籠池泰典氏を「詐欺師」呼ばわりしておいて、よくもまあ言ったものだ。だが、愛媛県が作成した面会記録は、内閣府や農水省、文科省にも配られているものであり、もし、この記録のなかに書かれている内容が嘘ならば、とっくにそれらの省庁内で問題になり、安倍官邸まで話が上がっているはずだ。それを無視して記録とはまったく異なる主張をいまだ繰り返すということ自体が、安倍首相が「嘘つき」であるという証拠ではないか。
 繰り返すが、この面会記録の内容が嘘であることはまず考えられない。柳瀬首相秘書官は明らかに安倍首相の命を受け、「首相案件」として加計学園の獣医学部開設に全面協力していた。
 実際、安倍首相が柳瀬首相秘書官を加計学園に引き合わせ、協力体制がスタートした具体的な日時まで、浮かび上がっている。
 じつは、2013年5月6日、柳瀬首相秘書官、加計理事長、安倍首相がともにゴルフに興じているのである。
柳瀬首相秘書官と加計理事長を引き合わせたのは安倍首相か
 この日は、萩生田光一・前官房副長官が安倍首相と加計理事長とのスリーショットをブログで公開していた、あのバーベキューの翌日にあたる。同日のゴルフコンペについては、昨年末に発売されたノンフィクション作家・森功氏の『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(文藝春秋)が詳しく紹介しており、同書によると、この日、安倍首相や加計理事長、萩生田前官房副長官のほか、昭恵夫人や萩生田夫人、加計理事長の後妻、さらに今井尚哉氏や柳瀬氏といった首相秘書官らも参加していた。
 当時は、第二次安倍政権が発足して半年が経った頃で、これまでさんざん獣医学部開設の申請を却下され続けてきた加計学園が、安倍首相の力を借りて、今度こそ、開設を実現しようと仕切り直していた時期。そんな時期に、官邸スタッフ勢揃いのゴルフに加計理事長を参加させたというのは、偶然とは思えない。これは官邸スタッフに対する「俺の腹心の友に協力しろ」という無言の呼びかけであり、安倍首相はこのゴルフで、特区担当の柳瀬氏と加計理事長を引き合わせた上で「よろしく頼む」と指示したのではないか。
 きょうの集中審議では、安倍首相は追及を受けても質問とは関係ない答弁をだらだらと繰り返し、一方で安倍首相の背後から首相秘書官がヤジを飛ばすという前代未聞の一幕もあった。いかに安倍首相および官邸が追い詰められているかがよくわかる。
 ちなみに、本日、「月刊Hanada」が編集した『財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史』(飛鳥新社)なる断末魔の叫びのような書籍が発売されたのだが、そこに奇しくも安倍首相が2005年に「諸君!」(2009年休刊)に発表した文章が再録掲載されていた。タイトルは、「逃げる気か、朝日!」。
 朝日のスクープから逃げまくる醜態をさらしたその日に、こんなタイトルの安倍首相の手記が載った本が書店に並ぶ。まるでよくできたギャグのようだ。(編集部)


首相案件文書で安倍首相の虚偽答弁が決定的に! 安倍首相と加計理事長が会食で獣医学部新設を相談していた
 朝日新聞が朝刊でスクープした、加計学園問題での安倍首相の関与を決定づける「首相案件」文書問題だが、夕方になって、新たな“爆弾”が投下された。
 朝日新聞がデジタル版で、この文書の全文を公開したのだ。そこには、官邸や政権幹部の直接関与を裏付ける記述、さらには、これまで安倍首相が言い逃れしてきた答弁が完全に虚偽だったという事実が克明に刻まれていた。
 そもそも、朝日が朝刊で報じたのは、2015年4月2日、愛媛県や今治市の職員、加計学園幹部と、当時の柳瀬唯夫首相秘書官、内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(いずれも当時)との面会記録。柳瀬秘書官の「本件は、首相案件」などの発言が記録されていたと報じた。文書が本物だとすると、柳瀬秘書官の昨年国会の「会った記憶はない」との答弁は虚偽だったことになる。
 そして、愛媛県の中村時広知事はきょうの会見で、担当職員が「備忘録」として作成していたと認めた。県職員が柳瀬秘書官と面会したかについては「コメントできない」と言葉を濁したが、「県の職員は文書をいじる必然性は全くない」「県庁職員は真面目な職員。しっかりと、報告のために記述したものであることは間違いない」」と明言して、逆に「国が正直に言ったらいいのではないか」と返した。文書の信ぴょう性は確実になったといっていいだろう。
 朝日が畳み掛けたのは、この知事会見のあとだった。朝日新聞デジタルで中村知事が認めた「備忘録」の内容を全文公開。それは、朝刊以上に決定的な内容が含まれていた。それは、こんな記述だ。
〈加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったとのことであり、その対応策について意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった。〉
安倍首相は「加計理事長とは獣医学部の話をしたことがない」と言っていたのに
 そう、この首相案件文書に、安倍首相と加計孝太郎理事長の会食の席でのやりとりが書かれていたのだ。しかも、その記述を普通に解釈すれば、こういうことになる。愛媛県や今治市の職員、加計学園幹部と、当時の柳瀬唯夫首相秘書官らが官邸で面会した4月2日の少し前、安倍首相と加計孝太郎理事長が会食していた。その席で、安倍首相は加計理事長に「下村さんが加計学園は課題への回答もなくけしからんと言っている」と、下村文科大臣及び文科省への対策の必要性を伝えていた。そこで、加計学園幹部が4月2日の面談でこの件を持ち出し、県職員らが柳瀬秘書官に「対応策」を相談。柳瀬秘書官から、「国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明せよ」とのアドバイスを受けた。
 いくつもの重大事実がここには記されている。とりわけ注目したいのは、この記録によって、安倍首相の国会での虚偽答弁が立証されてしまったことだ。
 安倍首相は、昨年7月24日の衆院予算委の閉会中審査で、今治市が国家戦略特区に正式に決定した2017年1月20日に加計学園が申請者であると初めて知った、加計理事長との間で、獣医学部を作りたいといった話は一度もなかったと答弁していた。また、7月25日の参院予算委の閉会中審査でも、友人である加計理事長との関係を問われ、「相談や依頼は一切なかった。相手の立場を利用しようとするということなら、もう友人とは言えない」と語っていた。
 さらに昨年3月13日の参院予算委では、社民党の福島みずほ議員から追及された安倍首相は、激昂しながら、こう答弁していた。
「何か確証もつかずにこの国会の場において何か問題があったかのごとく、私と彼が会食、彼は私の友人ですよ、ですから会食もします、ゴルフもします。でも、彼から私、頼まれたことありませんよ、この問題について。ですから、働きかけていません。これはっきりと申し上げておきます」
 しかし、繰り返すが、愛媛県の面会記録によれば、安倍首相は加計学園が国家戦略特区に申請するよりも前、少なくとも2015年4月段階で、加計理事長に獣医学部新設をめぐる下村文科相の動きを伝え、文科省対策の必要性をアドバイスしていた。これはつまり、加計学園に特区申請の意志があることを知っていたのはもちろん、獣医学部新設について、加計理事長としっかり「相談」までしていたということではないか。
安倍首相と加計理事長の“相談会食”のあと、文科省と下村大臣の態度が一変!
 さらに、この面会記録の記述をめぐってはもうひとつ、重大な疑惑が浮かび上がっている。それは安倍首相と加計知事長が会食した時点では、文科省と下村大臣が加計学園に対して「けしからん」というくらい怒っていたのに、4月2日の面会時点では、柳瀬秘書官が〈文科省についても、いい大学を作るのであれば反対しないはず〉と明言するほど、状況が好転していたことだ。
 しかも、この4月2日の面会を昨年7月にスクープした「週刊朝日」によると、面会の途中、下村博文文科相がやってきて、「やあ、加計さん。しっかりやってくれよ」と挨拶したという。
 これはつまり、この間に、安倍首相が加計理事長だけでなく、下村大臣及び官邸にも働きかけをして、両者を手打ちさせていたということではないのか。今回、面会記録が出てきたことで、こうした安倍首相の直接的な働きかけも大きな問題になるはずだ。
 安倍首相は昨年3月13日の参院予算委ではこんな大見得も切っていた。
「(加計学園の獣医学部開設を)働きかけているというのであれば、何か確証を示してくださいよ。私は、もし働きかけて決めているのであれば、やっぱりそれは私、責任取りますよ。当たり前じゃないですか」
 ぜひ、責任をとってもらおうではないか。(編集部)


司法取引◆冤罪生まない仕組み整えよ◆
 司法取引を導入する改正刑事訴訟法が6月1日に施行される。容疑者や被告が他人の犯罪を明かし、捜査・訴追に協力する見返りに、検察官は起訴を見送ったり、求刑を軽くしたりする。正式には「証拠収集等への協力および訴追に関する合意制度」と呼ばれ、贈収賄や詐欺、企業による経済犯罪、薬物・銃器犯罪などを対象にしている。
組織犯罪捜査に効果
 欧米で広く行われてきたが、日本では、自分の利益のために他人を売るということに反発が根強かった。法制審議会特別部会で、取り調べの録音・録画により供述が得にくくなるとして検察が制度導入を強く主張。2016年に改正刑訴法が成立した。
 組織的な犯罪の捜査に効果があるとされるが、虚偽の供述によって犯罪に無関係の人が巻き込まれ、冤罪(えんざい)につながる危険が伴う。このため容疑者・被告と検察官の協議や合意に弁護人が立ち会い、3者が署名した書面で合意内容を明らかにするほか、虚偽供述に5年以下の懲役を科すなどの仕組みが整えられた。だが、まだ不十分だ。最高検は先に全国の地検と高検に供述が信用できるか、見極めるよう通達を出した。慎重な運用や客観的な証拠の収集に努めるのはもちろんだが、合意に至る過程の透明化を図るなど冤罪防止でさらに知恵を絞る必要がある。
 司法取引は共犯者の訴追を目的に行われることが多いとみられ、協議の過程で検察官は先方から提示された協力内容や供述の信用性を聴取と裏付け捜査で判断。容疑者・被告側は見返りとなる有利な扱いを確認し、その上で双方が取引に合意すると、合意内容書面が作成される。協議はどちらが申し入れてもいい。
協議過程の記録残せ
 振り込め詐欺事件などでは末端の容疑者を逮捕しても、首謀者にたどり着けないことが多い。企業犯罪でも、上層部の関与を追及するのは難しい。司法取引を使えば、捜査の進展を期待できよう。しかし冤罪を生む危険と隣り合わせであることを忘れてはならない。
 もともと検察官には起訴するかどうかで幅広い裁量があり、事実上の司法取引はこれまでもあったとされる。14年前に北九州市で起きた放火殺人事件では、実兄を殺害し自宅に火を付けたとして逮捕・起訴された女性被告の裁判で検察側が、警察署の留置場で被告から殺害を告白されたとする女性を証人申請した。この女性は被告と同房で「告白を毎日のように聞かされた」と証言したが、裁判所は「身柄留置を捜査に乱用するのは、捜査手法として相当性を欠いている」と批判。証言の信用性を認めず、無罪判決を言い渡した。
 司法取引の運用には節度が求められる。供述調書は作成されず、録音・録画の対象にならない。問題が起きたときに協議過程の詳細な検証ができるようにするため、全ての記録を残すことが必要だ。


松本 刑務所の中学校で2人が入学式「成長したい」
 全国唯一の刑務所内中学校で知られる長野県松本市立旭町中学校桐分校の今年度入学式が10日、松本少年刑務所(松本市桐)の講堂で行われた。入学生は1955年の開校以来、最少の2人。さまざまな理由で満足な教育を受けられず、刑を受けて更生に取り組む2人は「励まし合って、1年間しっかり学び、成長したい」と誓った。
 入学生は、全国各地の刑務所の希望者から選ばれ、刑務作業をせず、12科目を1日7時限ずつ学ぶ。昨年度まで754人が卒業した。
 今年の入学生は50代の本科生1人と、形式的に義務教育を修了していても、実質は十分な教育を受けなかった20代の聴講生1人。本科生は外国籍で、母国で革命が起きて生活が不安定になり、中学に通うことができなかったという。出所後も日本で暮らすことを望んでおり、「社会人として認められる仕事に就くためにきちんと勉強したい。家族とともに幸せに生きていきたい」と札幌刑務所から移ってきたという。
 聴講生は松本少年刑務所の受刑者で、「出所した後、自分の子どもに勉強を教えることができたらうれしい。過去に勉強することから逃げ出した自分を見返してやりたい」と入学を望んだという。
 式では受刑者らが見守る中、中林勝彦校長が「これまで学べなかった悔しさ、劣等感をバネにし、己に勝つという心を持ち続けてほしい」と励ました。本科生が誓いの言葉として「これまで勉強できなかったことで負い目を感じてきた。支えてくれる多くの方に心から感謝したい」と述べた。【小川直樹】


ゆず「ガイコクジンノトモダチ」はやっぱり「愛国心扇動ソング」だ! 中立を装うもネトウヨ的被害妄想と靖国美化
 今月4日に発売された、ゆずの最新アルバム『BIG YELL』に収録された楽曲が、「愛国心扇動ソング」ではないかと物議を醸している。
 それは「ガイコクジンノトモダチ」という楽曲。北川悠仁が作詞作曲を手がけたこの楽曲は、タイトルの通り〈外国人の友達ができました〉とのフレーズから始まり、〈外国人の友達が言いました/「私、日本がとても好きなんです。あなたはどこが好きですか?」/僕は少し戸惑った だって君の方が/日本の事をよく知ってそうだから〉と続く。
 いきなり流行りの「日本スゴイ」を感じさせる歌詞だが、サビではもっと直接的なフレーズが飛び出してくる。
〈この国で生まれ 育ち 愛し 生きる/なのに どうして胸を張っちゃいけないのか?/この国で泣いて 笑い 怒り 喜ぶ/なのに 国歌はこっそり唄わなくちゃね/平和な日本 チャチャチャ/美しい日本 チャチャチャ〉
 この歌詞について、映画評論家の町山智浩氏が同日、「総理とご飯食べてないか」とツイートした上で、「『国歌はこっそり歌わなくちゃ』なんて、どっかの国に占領されたレジスタンスか? 現実は、君が代に起立しない教師は減給されるのに」とツイートしていたが、そのとおりだろう。
 国旗国歌法成立以降、この国の教育現場では君が代の斉唱が強制され、拒否した教師は処分を受けることが当たり前になり、大阪では教師が本当に歌っているかどうかをチェックする監視システムまでつくられた。また、スポーツの国際大会では、日本代表選手が「君が代」をハッキリ口を開けて歌わなかったために、袋叩きにあうという事態もしばしば起きている。いったいどこをどう解釈したら、「国歌はこっそり歌わなくちゃ」という話になるのか、意味がわからない。
右だの左だの関係ないと中立を装いながら、ネトウヨ的論理で極右に誘導
 2番も同じだ。こちらは〈外国人の友達が祈ってくれました/「もう二度とあんな戦いを共にしないように」と〉というセリフから、〈TVじゃ深刻そうに右だの左だのって/だけど 君と見た靖国の桜はキレイでした〉と唐突に靖国神社をもちだし、再びサビで、今度は国家の代わりに国旗を持ち出し、〈国旗はタンスの奥にしまいましょう/平和な日本 チャチャチャ/美しい日本 チャチャチャ〉としめる。
 たしかにこれ、どう読んでも愛国心扇動ソングだろう。しかも、そのロジックは、現実には“愛国心が強制される”状況が進行しているのに、“愛国心が抑圧されている”と被害妄想をわめきたてるネトウヨとそっくりだ。
 ところが、ネット上では“ゆずは別に右でも左でもない、国を愛する素朴な気持ちの行き場のなさを歌っただけ”“歌詞は中立的、なぜ叩かれなければいけないのか”“靖国だの国歌だのという単語が出てきただけで左翼は発狂し過ぎ”といった内容の擁護論、愛国ソング批判への反論が溢れかえっている。
 たしかに、北川は歌詞で〈右だの左だの〉と書いてイデオロギーを超えたような体をとっている。サウンドもアコースティックギターの弾き語りを中心にすえた、ゆずのイメージど真ん中の優しい曲調だ。
 しかし、実際のメッセージはまったく逆だ。〈右だの左だの〉関係ないと言いながら、国を愛することを絶対的真理のように描き、国民の命を国家に捧げさせるために作られた靖国神社をまるでイデオロギーと無関係な「不戦の誓い」の場所のように登場させる。イデオロギーを隠しながら、素朴で善意のあるファンを「思いっきり右」の価値観に誘導していく構造になっているのだ。
 しかも、そこには“愛国心を表現することが抑圧されている”というような完全に間違った前提、ネトウヨ的知識がすりこまれていく。
 そういう意味では、つるの剛士の手法に似ていて、むしろ、露骨に右派思想を煽る百田尚樹や櫻井よしこらよりも、タチが悪いとも言えるだろう。
安倍極右政権に迎合すると仕事が増える、愛国ビジネスマーケティング
 それにしても、ゆずというか北川悠仁はなぜ、こんな歌詞を書いたのか。たしかに、北川自身がもともと右派的思想の持ち主だったというのはあるのかもしれない。北川の母は新興宗教「かむながらのみち」の教主であり、本人も信者だが、この「かむながらのみち」は日本会議に参加している解脱会という宗教団体から分派した宗教で、真言宗をベースとしながらも、天照大御神を祀るなど、国粋主義的な傾向が強いといわれている。
 また、北川の公式サイトの06年の「diary」では〈今年も呼人さんと靖国参拝!〉と書いて、プロデューサーの寺岡呼人氏と靖国に赴いたことを報告するなど、ひんぱんに靖国参拝をしていることも、ファンの間では知られた話だ。
 しかし、だとしても、北川はこれまで、そうした政治的メッセージを一度も、発していなかった。それが突然、どうしたのか。
 おそらく、それはマーケティング的な戦略にもとづいたものではないか。実は「ゆず」は、3年前に1度紅白に落選するなどここ数年人気が頭打ちで、北川はこれからの方向性を模索し、試行錯誤を繰り返していた。北川は、ウェブサイト「ORICON NEWS」のインタビューでこのように話している。
「進むべき道の先が二つに分かれていて、一つは「老成する道」。今の状態を保って、それまでのゆずのイメージを大事にしていくやり方ですよね。もう一つが、「イメージを壊してでも新しいことに挑戦していく道」。僕は、ゆずにまだまだ可能性があると思った。もっと面白いことができるはずという予感がしていて」
 このインタビューの言葉からも北川の焦りは伝わってくるが、その北川が現状打破のきっかけとして考えついたのが、安倍政権的な「右の空気」に迎合した政治メッセージソングだったのではないか。
「こういう歌詞を唄うことで、みんながゆずに対して思ってることを壊したかったんだよ」
「こうやって思ってることをはっきり言うことも、ゆずとしてやり続けていくべきだと思ってる。ボロカスに叩かれるかもしんないけど(笑)。」
「音楽と人」18年5月号に掲載されているインタビューで、北川は「ガイコクジンノトモダチ」についてこう語っていたが、いま、起きている状況は逆だ。政権批判をしているタレントやミュージシャンが「芸能人が政治を語るな」「政治に音楽を持ち込むな」という批判を浴びて、テレビから姿を消す一方で、安倍政権に迎合するような保守的発言を口にするタレントや芸人は各方面でひっぱりだこになっている。ケント・ギルバートのように、落ち目でメディアから完全に消えていたのに、ネトウヨ化によって完全に復活してしまったケースもある。
 今回、ゆずが映画評論家の町山氏から「総理とご飯食べてないか」とつっこまれていたことは先に紹介したが、北川にはもしかしたら、国家的イベントや安倍政権周辺のビジネスに食い込もうという狙いがあったのかもしれない。ジャーナリストの志葉玲氏は、〈改憲を目指す安倍政権が芸能人の取り込みをはかる中、「僕らにも声かけてよ!」的なセールスに見えるわけ〉と書いていたが、そこまで露骨でなくとも、2020年の五輪に向けて、愛国エンタメはますます盛り上がるだろうし、こうした政治姿勢を打ち出しておけば、国のプロジェクトに参加できるチャンスもどんどん広がってくる。
 前出の「音楽と人」インタビューで北川は「ガイコクジンノトモダチ」について、このように解説していた。
「これは清志郎さんの〈あこがれの北朝鮮〉じゃないけど、文章にして読み上げるとかなり危険そうな内容も、ポップソングにしちゃえば、何だって歌にできるな、と思って書いてみたんだよね」
 あのね、忌野清志郎は「サマータイムブルース」や「原発音頭」で敢然と反原発を主張し、「君が代」パンクバージョンで「君が代」の権威を相対化しようとしたんだよ。ビジネス狙いで安易にネトウヨ的愛国ソングをつくったあんたといっしょにしないでくれ。(編集部)


本業なし非常勤講師の急増で、日本の大学が「崩壊」する
舞田敏彦
<日本の大学では90年代以降、大学教員に占める非常勤講師の割合が急増し、待遇の悪さなどから講師の間に不満が高まっている>
京都大のiPS細胞研究所の助教が、論文の捏造と改竄が見つかって懲戒解雇された。有期雇用で「成果を出さなければ契約が更新されない」という焦りがあったのではないか、と言われている。最近の大学では不安定な有期雇用のポストが増え、多くの若手研究者が不安を抱えながら研究に励んでいる。
教壇に立つ教員も同じだ。大学の教員は、専任教員と授業をするためだけに雇われている非常勤講師の2種類に分かれるが、近年では後者の比重が増している。2016年の統計で見ると、専任教員(1)が18万4273人、非常勤講師が16万2040人だ。現在では、大学教員の半数近くが非常勤講師ということになる。
非常勤講師は、作家や研究所勤務などの本業がある「本務あり非常勤講師」(2)と、それがなく薄給の非常勤講師をメインに生計を立てている「本務なし非常勤講師」(3)に分かれる。
大学教員は(1)〜(3)の3つに分類される人々で構成されているが、四半世紀ほどの間に内訳がどう変わったかをみると<表1>のようになる。(1)の本業あり非常勤講師には、大学の専任教員が講義をしているケースは含まない。
1989〜2016年にかけて大学教員は2倍に増えたが、増加が著しいのは非常勤講師、それも本業なし非常勤講師だ。専業の非常勤講師は1万5689人から9万3145人と6倍近くに膨れ上がっている。今や大学教員の半数が非常勤講師、4分の1が定職なしの非常勤講師で、平成の初期の頃とは状況が大きく変わっている。非正規雇用の増加が問題となっているが、それが最も顕著なのは学問の府の大学かもしれない。
専業非常勤講師の激増は、90年代以降の大学院重点化政策により、行き場のないオーバードクターが増えていることによる(「博士を取っても大学教員になれない『無職博士』の大量生産」2018年1月25日)。今では薄給の非常勤講師の職も奪い合いで、採用時に給与すら聞けない異常事態になっている。
また、状況がどれほど酷いかは専攻によって異なっている。10の専攻について、本務教員と専業非常勤講師の割合の変化が分かる図を作ってみた。横軸に前者、縦軸に後者の割合をとった座標上に1989年と2016年のドットを配置し、線でつないだグラフだ。矢印の末尾は1989年、先端は2016年の位置を表す。
全ての専攻が右下から左上に動いており、専攻を問わず本務教員率の減少、専業非常勤講師率の増加が進んでいることがわかる。
こうした変化が最も顕著なのが、赤色の人文科学系だ。平成の時代にかけて、本務教員の比率は51.9%から31.9%に減り、代わって専業非常勤講師の比率が21.6%から57.7%に増えている。この専攻では、教壇に立つ教員の半分以上が、不安定な生活にあえぐ本業なしの非常勤講師だ。
図の斜線は均等線で、この線よりも上にある場合、本務教員より専業非常勤講師が多いことを意味する。人文科学系と芸術系はこのラインを越えてしまっている。筆者が出た教育系はあとわずかだ。今後、この傾向はますます進行するだろう。
■学生:「先生、質問があるのですが、後で研究室に行っていいですか」
■講師:「私は非常勤なので、研究室はない」
■学生:「では、ここで聞いていいですか」
■講師:「時間がない。これから別の大学に移動する」
これから先、各地の大学でこういうやり取りが交わされる頻度が多くなるだろう。学生にすれば、何度もこのような拒絶反応を示されたら、勉学の意欲も萎えてくる。
専業非常勤講師の側はと言うと、待遇の悪さに不満を高じさせ、投げやりな態度で授業を行っている者もいる。非常勤講師組合のアンケートの自由記述をみると、「専任との給与差を考慮して、質の低い授業を提供すべきと考えてしまう」「もらえる分だけしか働きたくない」といった記述が多々みられる(首都圏大学非常勤講師組合『大学非常勤講師の実態と声2007』)。
多くの授業を専業非常勤講師に外注している大学でこうした講師が増えているとしたら、空恐ろしい思いがする。まさに「大学崩壊」だ。
大学の学士課程教育の質的転換が叫ばれているが、<図1>のような「非常勤化」現象がそれを阻んでいる。職なし非常勤講師(バイト教員)が全体の半分、7〜8割を占めるような大学で「学士課程教育の質的転換」ができるかどうかは疑問だ。人件費の抑制も度が過ぎると、大学教育の根幹を揺るがすことになる。