ブログネタ
フランス語 に参加中!
ketro2

Le séisme d’Osaka ravive la peur du ≪ big one ≫ au Japon
Alors que le tremblement de terre lundi a fait 5 morts et 370 blessés, des experts estiment qu’un séisme de magnitude 8 ou 9 est à redouter dans les trente ans.
Comme si les répliques ne suffisaient pas. La région d’Osaka, la grande métropole de l’ouest du Japon, et ses 8,8 millions d’habitants (19,8 avec les villes de Kobe et Kyoto) devaient subir, dans la soirée du mardi 19 juin, de fortes précipitations, malheureusement fréquentes en juin, période de mousson.
Pour les habitants affectés par le tremblement de terre de magnitude 6,1 survenu la veille à 7 h 58 et qui a fait 5 morts et quelques 370 blessés, selon le bilan diffusé mardi, la perspective de la pluie s’ajoutait aux incessantes répliques du séisme. L’agence de la météorologie (JMA) en avait détecté vingt-huit en plus de vingt-quatre heures. La plus forte, enregistrée au cœur de la nuit, fut de magnitude 4.
Pluie et séismes augmentent les risques de glissements de terrain. ≪ Soyez attentifs aux alertes d’évacuation des municipalités ainsi qu’aux informations données par la radio et la télévision ≫, a rappelé mardi le porte-parole du gouvernement, Yoshihide Suga.
L’objectif est d’éviter d’aggraver le bilan du séisme dont l’intensité a atteint le niveau 6 – sur l’échelle japonaise graduée de 0 à 7. A 6, explique la JMA, ≪ il est difficile de se tenir debout. Les meubles non fixés peuvent tanguer et tomber. Les portes peuvent être déformées. Les toits et les fenêtres peuvent être endommagés ≫. La plupart des victimes ont subi la chute de murets de béton ou de meubles.
Sans eau ni gaz
Les dégâts aux infrastructures ne sont pas négligeables. Des routes et des ponts sont endommagés. D’importantes canalisations d’eau ont cédé, soulevant des interrogations sur leur mise aux normes antisismiques. Sur le plan économique, la région, très industrialisée, a vu des entreprises comme Panasonic, Honda ou encore Sharp suspendre pendant plusieurs heures les activités de certains sites de production.
Mardi matin, les transports en commun – dont le train à grande vitesse Shinkansen – circulaient de nouveau, faisant espérer aux travailleurs de ne pas revivre le cauchemar de la veille. Contraints de rentrer chez eux à pied, ils avaient formé des files ininterrompues sur plusieurs kilomètres. Le pont de 800 mètres, Shin-Yodogawa, qui enjambe le fleuve Yodogawa traversant la métropole, fut ainsi encombré pendant des heures.
Nombre de foyers, particulièrement à Takatsuki, municipalité du nord-est d’Osaka et la plus proche de l’épicentre, restaient mardi sans eau ni gaz. La compagnie Osaka Gas a mobilisé 2 500 techniciens pour rétablir la distribution aux 110 000 foyers affectés. Les travaux pourraient durer jusqu’à la fin du mois. L’électricité a été rétablie pour quelque 170 000 foyers touchés lundi.
Un peu plus de 350 lieux d’évacuation ont été ouverts. Près de 1 400 personnes s’y sont réfugiées, notamment celles n’ayant pas pu rentrer chez elles lundi soir. Les Forces d’autodéfense ont été mobilisées pour assurer la distribution d’eau.
Pour beaucoup d’habitants, le séisme a ravivé la mémoire de celui de Kobe, proche d’Osaka, qui avait fait plus de 6 400 morts en 1995. D’autres s’angoissent pour l’avenir. ≪ Le grand tremblement de terre de la fosse de Nankai pourrait survenir. Il faut se préparer ≫, s’est ainsi inquiété un habitant d’une soixantaine d’années sur la chaîne publique NHK. Cette fosse longe la côte sud-ouest du Japon jusqu’à son centre. Elle coïncide avec la zone de subduction entre la plaque des Philippines et celle de l’Amour.
Depuis le séisme, le tsunami et la catastrophe nucléaire de mars 2011, les grands instituts d’études sismiques ont revu leurs travaux sur les prévisions des tremblements de terre à venir. Ils redoutent toujours le ≪ big one ≫ attendu à Tokyo, mais s’inquiètent de plus en plus de celui de la fosse de Nankai.
Impact sur l’économie
En décembre 2017, la commission gouvernementale sur les séismes a révisé à la hausse les risques de séismes de magnitude 8 ou 9 pouvant survenir dans les trente ans dans cette zone. Initialement à 70 %, le risque est désormais estimé entre 70 % et 80 %. Le calcul s’appuie sur la périodicité observée des tremblements de terre. Elle est à environ 90 ans pour ceux de la faille de Nankai et le dernier séisme majeur y a eu lieu en 1946.
Le 7 juin, la société japonaise des ingénieurs civils a dévoilé une évaluation des conséquences financières d’un tel séisme, suivi d’un puissant tsunami. La catastrophe causerait des dégâts dont le coût pourrait atteindre 1,4 million de milliards de yens (10 920 milliards d’euros, 2,5 fois le PIB). Outre les dégâts matériels aux infrastructures et aux bâtiments, ce montant inclut l’impact sur l’économie, dont le redressement pourrait prendre 20 ans.
Ces calculs occupent les débats à la télévision depuis le séisme d’Osaka même s’ils sont contestés. Le professeur Robert J. Geller, du département des sciences de la terre de l’université de Tokyo et habitué de ces débats, n’a pas hésité à tweeter : ≪ Les prévisions du gouvernement s’appuient sur la périodicité, une théorie erronée. ≫ Le chercheur est toujours apparu réservé sur les prévisions. Dans un article publié en 2011 dans la revue Nature, il fait remarquer que tous les séismes ayant fait plus de dix morts depuis 1979 étaient survenus dans des zones considérées comme à risque faible. Pour lui, c’est l’ensemble du Japon qui est à risques.
Les prévisions, pour hypothétiques qu’elles soient, bénéficient d’une publicité accrue depuis 2011 et peuvent être utiles pour maintenir en alerte la population. Et les sociétés d’assurances s’appuient dessus pour fixer leurs primes. En janvier, Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co a augmenté les siennes pour certaines régions, notamment le Shikoku, la plus proche de la fosse de Nankai.
フランス語
フランス語の勉強?
雨上がりの「Aさんの話」〜事情通に聞きました!〜腸は第2の脳&社長わらしべ長者
腸は第2の脳だった!お腹をさわるだけでアナタの抱える「本当の悩み」が判明する! 誰でもできる簡単チェック法をご紹介!▽笑い飯西田の変な兜▽社長わらしべ長者 雨上がり決死隊、ケンドーコバヤシ、海原やすよ ともこ、桂三度、笑い飯西田、スーパーマラドーナ ABCテレビ
望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI
#安倍首相 の #ご飯論法 に続き、犬飼さん考案の #信号無視論法 も出てきた。笑。この時の #枝野 議員の質問への首相答弁は酷かった。「枝野氏の持ち時間19分で12分を首相発言が占めた。分析では『青』は4%、『赤』が34%で『黄』が41%。7割以上は意味のないやりとりに」
市民連合 @shiminrengo
加計理事長の緊急会見。午前9時に地元メディアにプレスリリースをして、11時から岡山市内で会見。しかも時間は20分あまりで、内容も乏しい。大阪が地震で大変な状況にあり、今夜はサッカー日本代表のW杯初戦というタイミングで、できるだけ目立たずに会見を開きたいという意図があるとしか思えない。

朝ほぼ同じ時間にグラッときました.こんなに地震がコワいなんて初めてです.テレビで見ていて余震がコワいというのが本当に分かった気がします.
ホコヲWについて考えました.
ミヤのほうではカイ有ブツ無ということになりそうです.
少し頑張ってブツ2回目です.まだまだですが,ちょっと焦り始めています.

<大槌町旧庁舎>解体工事に着手 差し止め判断待たず
 岩手県大槌町は18日、東日本大震災の津波で当時の町長や職員ら40人が犠牲になった旧役場庁舎の解体工事に着手した。拙速な解体に反対する住民団体が解体差し止めの仮処分を盛岡地裁に申し立てる中、司法判断を待たずに工事が始まった。
 午前8時ごろ、工事請負業者の作業員が建物内部に入り、散乱するがれきの分別、搬出など解体に向けた作業を開始した。準備作業には1週間ほどを要し、25日以降に建物の取り壊しを始める予定だ。
 平野公三町長は「解体予算は町議会を通過している。いろいろな声があるのは承知した上で、決意を持って進める。さいは投げられた」と表明。解体日程に変更はないことを強調した。
 一部の職員遺族は、解体前に旧庁舎への立ち入りを望んでいる。だが平野町長は13日に報道機関へ公開したとして、一般町民も含めて内部を公開する考えは「全くない」と述べた。
 遺族の立ち入り希望については「突然の感がある。これまで私に(公開について)話す機会はあった」と不快感を示した。一方、旧庁舎を訪れる人への配慮などを理由に18日までは重機による作業を自粛するよう指示していたと説明した。
 住民団体「おおづちの未来と命を考える会」は仮処分申請とは別に、解体工事への公金支出に違法性があるとして、町監査委員に住民監査を請求している。
 高橋英悟代表は「監査請求も仮処分申し立ても結論が出ていない上、慰霊もせずに工事が始まったことは極めて遺憾」とする談話を出した。


千年希望の丘にキジ舞う 岩沼・玉浦地区
 東日本大震災で被災した岩沼市玉浦地区に市が造成する緑の防潮堤「千年希望の丘」の一角に18日、キジが姿を現した。津波で壊滅的な被害を受けたものの、植樹活動が続けられてきた丘周辺。市民らはキジの出現に「玉浦に昔の自然が戻りつつある」と喜ぶ。
 キジがいたのは南北約10キロにわたって造成中の丘のうち、仙台空港に近い北側のエリア。丘にある防災教育拠点「交流センター」の百井弘館長が出勤時に見掛け、撮影した。「植樹された苗木が育ち、キジが生息しやすい環境になったのかもしれない」と話す。
 千年希望の丘はがれきを盛った高さ約10メートルの津波よけの丘を15基並べ、同約3メートルの遊歩道でつなぐ構想。市民らが2013年から苗木約30万本を植えてきた。


気仙沼 学校のブロック塀点検
大阪府北部を震源とする地震で小学生がブロック塀に挟まれて亡くなったことを受け、気仙沼市は、市内の小学校のブロック塀に危険がないかどうかを確認する安全点検を行いました。
18日の地震で、大阪・高槻市の小学4年生の女子児童が倒れた学校のプールのブロック塀に挟まれて死亡し、気仙沼市は市内の小中学校の周辺のブロック塀について緊急の点検を行いました。
その結果、5校から亀裂が入っているなどの報告があったことから、19日午後、市の教育委員会の担当者がこれらの学校を訪れ、ブロック塀に倒壊の危険がないかどうかを確認しました。
このうち大谷小学校には2人の職員が訪れ、つくってから30年ほどがたったとみられる学校の前にあるブロック塀について、高さや幅などが安全基準に沿っているかや、手で力を加えてぐらつきや傾きがないかなどをチェックしました。
19日の点検では、一部に亀裂が見つかったものの、直ちに倒壊の危険につながるような破損はなかったということで、これから亀裂の補修を進めていくことにしています。
市教育委員会の石川一彦さんは、「子どもたちの安全に関わることなので塀の傾きなどを中心にすばやく正確に点検を進めていきたい」と話していました。
気仙沼市では県教育委員会からの通知を受け、通学路の安全点検なども行うことにしています。
学校のブロック塀などの安全点検をめぐっては、仙台市内の小学校でも、市教育委員会からの通知を受け、19日から教職員などが通学路にあるブロック塀や柵などの安全性について順次点検を始めました。


<大阪北部地震>ブロック塀倒壊恐れ 宮城100ヵ所以上
 大阪府北部地震で、ブロック塀の倒壊による犠牲者やけが人が相次いだ。被害を防ぐ対策は1978年に起きた宮城県沖地震の教訓の一つだが、地震から40年を経ても不十分なままだ。県内でもいまだ100カ所以上で危険な塀の放置が確認されており、専門家は継続的な対策の必要性を訴える。
(報道部・小沢邦嘉)
 78年の宮城県沖地震で犠牲となった28人のうち、ブロック塀や石塀、門柱の倒壊による死者は18人だった。2011年の東日本大震災では倒壊による死者は確認されなかったが、地震の揺れで損傷した塀も多いとみられ、次に地震が起きた際の被害拡大が懸念されている。
 仙台市によると、学校など災害時の避難施設の半径500メートル内か、公道に面する住宅のブロック塀のうち、17年度末時点で少なくとも24カ所が「危険で撤去が必要」と判定された。宮城県によると、仙台以外の市町村でも同じく学校周辺で、撤去または改修の必要があると判定されたブロック塀が88カ所に上る。
 宮城県沖地震を踏まえた対策として、県内の市町村は撤去費の補助金を設けるなどし、03年度以降、計1000カ所以上で取り壊しや改修を進めてきた。
 「危険」と判定された塀の所有者には年に1度、撤去や塀の作り替えなどを求めてきたが、「経済的な事情などを理由に対応していない所有者がいる」(県建築宅地課)のが実情だ。
 ブロック塀の危険性を長年指摘してきた東北工大の最知正芳教授(建築生産工学)は大阪の地震被害について、「宮城県沖地震の後、仙台市や県が発信元となって全国に教訓が広がればよかったが、そうならなかった。やはりまた被害が出てしまった」と語り、対応が滞る現状を危惧する。
 仙台市内で学生と共にブロック塀の状況を毎年調査してきた最知教授は、行政による調査や判定に甘さもあると指摘する。「ひび割れが入った段階で早めの対策が必要。塀を低くするだけでも危険性は小さくなる。災害時の避難路の安全確保のためにも新たな対策を検討し、息長く続けるべきだ」と提言する。


<大阪北部地震>仙台市、被災地支援の先遣隊2人派遣 応援計画を活用
 大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震で、仙台市は18日、災害時に市職員を派遣するための応援計画に基づき、被災地支援の先遣隊として、市危機管理室の職員2人を大阪市役所に送ると発表した。19日朝に出発する。
 東日本大震災の教訓を踏まえ、被災現場のニーズをいち早く把握して具体的な支援に乗り出す。2人は危機管理室を併任する消防職員で、1人は2016年4月の熊本地震でも先遣隊として被災地に送られた。
 市は、各局にも被災自治体の状況把握を指示。先遣隊の情報と合わせ本格的な応援派遣について検討する。今年3月の応援計画策定後、派遣準備をするのは初めて。
 市危機管理室は地震発生から約30分後の午前8時半ごろ、庁内各局との間に応援連絡体制を構築。水道やガスなどの業界団体と情報も共有するよう指示した。危機管理室は「個別のニーズ把握に加え、政令市市長会でも情報収集を急いでいる」と話した。


大阪北部地震/身の回りの安全 再点検を
 都市部を襲う活断層による直下型地震の恐ろしさ、日頃の備えの大切さをあらためて認識させられる地震だ。防災・減災への取り組み、身の回りの安全対策をいま一度点検する必要がある。
 18日に発生した大阪府北部を震源とするマグニチュード(M)6.1、最大震度6弱の地震。高槻市の市立小学校ではプールを囲むブロック塀が倒壊し、9歳女児が犠牲になった。大阪市東淀川区でも80歳男性が倒れた塀の下敷きとなり死亡した。
 地震で倒壊する危険なブロック塀が今なお、子どもの安全を守る学校現場にさえ存在していたことに驚く。ブロック塀や外壁が壊れる被害はこのほかにも相次いだ。
 記憶は40年前、1978年に起きた宮城県沖地震に引き戻される。地震の死者28人のうち、子どもや高齢者ら18人はブロック塀などの倒壊が原因とされた。
 地震を教訓に81年、建築基準法が改正され、ブロック塀や石塀の高さが2.2メートルまでに制限され、鉄筋の使用などが義務付けられた。
 宮城県などは危険なブロック塀の撤去費用を助成するなどの対策を講じた時期もあったが、再設置に費用がかかるなどの理由で撤去しない人もおり、危険箇所が完全に解消されたわけではない。
 2005年の福岡県西方沖地震、16年の熊本地震でもそれぞれ1人が、倒壊したブロック塀で死亡している。ただし、具体的に地域のどこが危険箇所なのか、なかなかうかがい知れない。ブロック塀の耐用年数は約30年。あらためて、老朽化したブロック塀などの調査と点検が必要ではないか。
 危険が潜むのは屋外に限らない。大阪府茨木市と高槻市では、80代の男女が自宅で倒れた家具の下敷きとなり死亡した。家具の固定や避難の方法を確認する。建物の耐震や外壁などの安全性を点検する。できる限り被災を減らすようにそれぞれの立場で周囲の防災力を一層高め、万一に備えるほかない。
 地震の震源は深さ13キロと推定され、比較的浅い地下で起きた「直下型」だ。激震に見舞われた都市部はその機能が一部まひした。
 気象庁は、震源近くの「有馬−高槻断層帯」が関連した可能性を指摘する。周辺には活断層が多く、地下にひずみが集中しているという。専門家は「いつ地震が起きてもおかしくなかった」とするが、直下型地震はいつ、どこで起きるか分からない。揺れへの備えは十分かどうか、一人一人が確認したい。
 気象庁は今後1週間は震度6弱程度の地震が起きる可能性があるとして、注意を呼び掛けている。熊本地震では最初の地震が本震ではなく、2日後に襲った揺れの前震だった。二次災害が出ることのないよう、さらなる地震への警戒を怠らないことが重要だ。


河北春秋
 オレンジ色の炎が木造の古びた民家から上がっていた。住宅が密集した周りの様子もテレビ中継に映り、「早く消火してくれ」と思わず口に出た。阪神大震災で神戸市街を焼いた火災が思い浮かんだ。16日朝、大阪を襲った震度6弱の地震▼「30年以内に70〜80%の確率」と国が発表した南海トラフ地震に関心が集まる中、意表を突くように、関西の大都市圏を襲った直下型地震だ。激しく揺れた建物の中や外で4人が死亡し、多くの負傷者が出た。発達した都市間の鉄道網も止まった▼既視感を覚えたのがブロック塀や石塀の倒壊だ。痛ましいのは、9歳の女児が犠牲になった高槻市の小学校の現場だ。プール脇の高いブロック塀が約40メートルにわたって崩れ、通学中に巻き込まれたという▼塀には明るい森の木々が描かれていたが、安全の配慮はどうだったか。耐震のためブロック塀の高さを2.2メートルまでとし、鉄筋を通し、土台も補強する−などと建築基準法は詳細に定めている。40年前の宮城県沖地震の教訓だ。それが生かされていただろうか▼被災した住宅地のニュース映像にも、耐震基準を満たしているか分からない古そうな民家が映った。避難所づくりや食料確保の態勢は整っているのかどうか。大都市圏の防災の頼りなさが東北から見える。

大阪府北部で震度6弱 大都市直下型の恐ろしさ
 大都市直下型地震がいかに広範な影響を及ぼすかを改めて示した。
 大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が起き、高槻市の女児ら4人が死亡、多数の負傷者が出た。大阪府での6弱の観測は初めて。
 会社員や学生が職場や学校に向かう時間帯だった。JRや私鉄など近畿一円の交通機関がストップし、通勤、通学の移動ができなくなった。
 ライフラインも混乱した。大阪府内を中心に最大約17万軒が停電した。高層のマンションやオフィスビルなどのエレベーターが停止し、閉じ込められた人が相次いだ。
 ガスの供給停止や断水が広い地域で起きている。帰宅に困ったり、食料品や日用品が必要になったりしている人もいる。
 都市機能に大きな支障を来すのが大都市震災である。関係機関は避難所の確保や生活物資の支援などに全力を挙げてもらいたい。
 犠牲になった女児は、市立小学校の倒壊したブロック塀の下敷きになった。通学路に設けられた塀沿いの安全通路帯を歩行中に被災したとみられるという。痛ましい限りだ。
 ブロック塀の設置基準は建築基準法施行令で定められている。塀の倒壊で多くの死者が出た宮城県沖地震後に改正され、規模に応じて鉄筋による補強などが義務づけられた。
 だが、安全が最優先される小学校の施設なのに高さなどの基準に適合していなかった。高槻市長は死亡事故について謝罪したが、法令違反が事故につながった可能性があり、行政責任が厳しく問われる。
 近畿は日本でも活断層が多い地域の一つだ。今回の地震は六甲山地から大阪北部に延びる「有馬−高槻断層帯」のごく近くで起きた。
 震源周辺には、大阪府内を南北に貫くように走る「上町断層帯」など複数の活断層が存在している。今回の地震の影響を受けて活動する可能性を指摘する専門家もおり、今後も警戒が欠かせない。
 東京を襲う首都直下地震は今後30年の発生確率が70%程度と予想されている。東日本大震災で東京は震度5強だったが、大混乱に陥った。
 一極集中が進んだ東京で今回と同じ規模の地震があれば被害は大阪をはるかに上回るだろう。対策の総点検が改めて必要だ。


大阪北部地震/再点検したい日常の備え
 大阪市北区や高槻市など大阪府北部できのう朝、震度6弱を観測する地震が発生し、被害は兵庫を含む近畿一円に及んだ。
 地震の規模はマグニチュード(M)6・1だった。壁の倒壊などで大阪では3人が死亡し、けが人は兵庫や京都を含め300人を超えた。鉄道や道路など交通網の混乱は終日続き、電気やガス、水道などのライフラインは一部で途絶えた。
 気象庁は、今後1週間程度、震度6弱程度の地震が起こりうると警戒を呼び掛けている。
 熊本地震のように、より大きな地震が後に起きることもある。十分な注意が必要だ。
 地震による死者は、壁の倒壊や家具の転倒が原因だった。
 高槻市では小学校のプールのブロック塀が道路側に倒れ、通学中とみられる小学4年の女児が死亡した。大阪市では小学生の登校の見守り活動をしていた80歳の男性が、ブロック塀の倒壊に巻き込まれた。実に痛ましい事故である。
 過去の地震でもブロック塀による犠牲者が出た。そのたびに危険性が指摘されてきた。通学路を中心に危険な塀がないか、早急に点検する必要がある。
 地震は浅い地下で起きた「直下型」で、突如突き上げるような縦揺れに襲われた。兵庫県内でも尼崎、西宮、伊丹、川西市で震度5弱を記録した。23年前の阪神・淡路大震災を思い出した人も少なくないだろう。
 大阪府での震度6弱は観測態勢が整った1923年以降で初めてだ。震源周辺には、神戸市北区から続く「有馬−高槻断層帯」や大阪市の真下を走る「上町断層帯」などの活断層が集中する。他の断層の地震を誘発する可能性も指摘されている。
 朝のラッシュ時の発生で、通勤通学の足を直撃した。JR、私鉄、地下鉄など関西の交通機関をまひさせた。各地で列車に乗客が閉じ込められた。
 関西中枢の交通網が、大きな地震に対して極めてもろいことが示されたといえる。夕刻の発生なら帰宅困難者が大きな問題となっていた可能性がある。
 私たちに油断はなかったか。南海トラフ巨大地震も想定されている。浮かび上がった問題点を再点検し、日常の備えを改めて強化したい。


大阪「震度6弱」 直下型の備え再点検を
 人口密集地の大阪府北部をきのう最大震度6弱の地震が襲った。
 少なくとも4人の死亡が確認され、けが人は多数に上る。
 政府や自治体は、被災者の救命救急、住民の安否確認などに全力を挙げてもらいたい。
 住宅の火災が発生し、鉄道は運転を見合わせ、電気やガス、水道の止まった地域も出た。
 今後1週間程度、同程度の揺れが起きる可能性があるという。
 2016年の熊本地震では2回目の揺れが本震となり、隣の断層が誘発されて動いたことなどが記憶に新しい。
 周辺住民には引き続き、細心の注意が求められる。
 大阪府での震度6弱の地震は、1923年(大正12年)に観測が始まって以降初めてだ。直近には群馬県で震度5弱、千葉県で震度4の揺れが起きている。
 地震は日本のどこでも起こることを認識し、防災体制に不備がないか再点検する必要がある。
 今回の地震は、地下の浅いところで起きた直下型だ。
 大阪府付近は、断層帯が縦横に走っている。甚大な被害が危惧されている南海トラフ巨大地震だけでなく、直下型地震の発生も心配されていた。
 9歳女児が倒壊したブロック塀に挟まれて亡くなった。
 78年の宮城県沖地震では、犠牲になった28人のうち10人以上が塀の下敷きになって死亡し、政府は81年に建築基準法を改正して耐震基準を強化した。
 にもかかわらず、その後も塀の倒壊による被害が後を絶たない。徹底的な検証が必要だ。
 活断層は、道内を含めて全国で2千以上見つかっている。
 200万近い人口が集中する札幌市の地下にも複数の活断層があり、最大で震度7の直下型が予想される。地盤が波打ち、液状化の跡も確認されるなど、過去の大地震の痕跡が残っているという。
 札幌市の場合、とりわけ冬の被害が懸念され、建物に閉じ込められて脱出できず多数の凍死者が出る可能性が指摘されている。
 自治体は、ハザードマップの更新や、避難方法、災害弱者への支援などに気を配り、住民に広く周知する責務がある。
 住民も行政任せにせず、一人一人が主体的に取り組むことが命を守ることにつながるはずだ。
 今回は通勤・通学の途中に揺れに見舞われた。家族の間で避難路や避難場所を決めておくなど、普段からの備えが欠かせない。


大阪で震度6弱 いつ、どこでも起きる
 地震国ニッポン。今度は大阪で起き、広範囲で揺れた。都市直下型地震は被害が大きくなりやすい。それに見合って防災は進化しただろうか。
(1)再び塀は倒れた
 四十年前の一九七八年六月十二日、宮城県沖地震があった。死者二十八人のうち十八人がブロック塀などの下敷きで亡くなった。電気、ガス、水道といったライフラインはズタズタになり、鉄道は止まった。私たちは都市型災害の恐ろしさを知ったはずだった。
 今回の地震で、通学途中の女児と、見守り活動に行こうとしていた男性の二人が塀の下敷きとなって死亡した。宮城県沖地震の教訓を生かせず、命を守れなかったのが残念だ。
 建築物の大きな被害は報告されていない。火災も非常に少なかった。防災力は改善されてきたと考えたいが、ガラスや看板、壁材などの落下はあった。エレベーターに閉じ込められた人もいた。
 気象庁の発表も変わった。
 一昨年の熊本地震までは余震情報だったが、今回は「過去の事例では、大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1〜2割あることから(中略)最大震度6弱程度の地震に注意してください」となった。家屋やビルが傷んでいたら、応急危険度判定士のような専門家に耐震性を判断してもらうことが大切である。
 残念ながら地震は予知できない。今回は有馬−高槻断層帯との関連が注目されているが、同断層帯はZランク、つまり三十年以内の発生確率は0・1%未満。確率上、起きそうもないが、マグニチュード(M)6クラスの地震は、長期評価の対象にもなっていない。いつ、どこでも起きるのだ。
(2)自治体の発信は?
 被災地では混乱が続いている。交通網は乱れ、ライフラインはまだ完全には復旧していない。大都市の場合、経済的な被害は、地震による直接被害だけでなく、地震後の混乱によるものも大きい。日常生活が早く戻ることに期待したい。
 震災ではよく、災害弱者の安全確保が課題となる。早い復旧は災害弱者には特にありがたい。
 訪日外国人が急増しているが、言葉が通じないなら災害弱者になる。大阪だけで年間の訪日外国人の宿泊者数は一千万人を超える。多くは中国、韓国、台湾から。ホテルの中には外国語で対応できるスタッフがいない施設もある。英語だけも多い。
 外国人の中には「日本に来て初めて地震を経験した」という人が多そうだ。その恐怖感を和らげるためにも、多言語で情報を伝える仕組みが必要である。
 インターネットの普及で、災害時にネットを利用することが政府や自治体などで検討されている。情報の提供と収集を狙う。
 例えば、大阪市危機管理室は公式ツイッターで「大阪市内での災害時の情報や防災情報を発信します」と書いてある。だが、直後に「午前7時58分頃に強い地震が発生しました。テレビなどの情報を確認してください」と書き込んだ後、約四時間、情報は出ていない。発生直後に情報を発信するのは、どこの自治体でも難しい。災害対応が一段落したら、ぜひ、検討してほしい。
 ネットの活用を研究、実践している非政府組織(NGO)もある。連携するのも一案だろう。
 防災でよく話題になるのは、首都直下地震と南海トラフ地震。三十年以内の発生確率はそれぞれ70%程度と70〜80%である。この二つの地震の被害想定区域に住んでいない人の中に「自分の住んでいる所は地震はない」との誤解はないだろうか。
 大阪市は従来、南海トラフ地震と併せ市の中心部を南北に走る上町断層を警戒していた。市街地に活断層があるのは、名古屋も京都も神戸も同じである。(3)大地動乱の時代
 南海トラフ地震は、過去にも繰り返し起き、発生前に地震活動が活発化するとの見方がある。東日本大震災によって、日本列島の地殻には大きなひずみが生じ、それがいまだに解消されていないとの指摘もある。
 どこでも起きる可能性があるM6クラスの地震だが、震源が浅ければ大きな揺れを引き起こす。被害は補強されていないブロック塀や転倒防止の対策がない家具など、弱い部分に集中する。
 日本が地震国といっても、大きな地震が続く時期もあれば、少ない時期もある。戦後は少ない方だった。その実体験をもとに油断してはいけない。むしろ「大地動乱の時代」に入ったと覚悟し、日ごろの減災に努めたい。


震度6弱の地震
 きのうは職場や学校に行けなかった人も多いだろう。月曜の朝、鉄道など関西のインフラを直撃した最大震度6弱の地震。大丈夫だった? 大変だったね−会う人ごとに、そんな言葉を掛け合いたくなる今朝である▼止まった列車やエレベーターに閉じ込められた人は、不安な時間を過ごしたことだろう。小欄の筆者は駅のホームにいたのだが、混雑の中にも周囲の人々にはどこか落ち着きがあって、おかげでこちらも冷静になれたように思う▼とはいえまだ安心するわけにはいかない。2年前の熊本地震では、最初の揺れより大きな揺れが次に来た。スマホ以外での家族の連絡方法や避難路の確認、家具の固定、近所の要支援者への声掛け。自分自身がおろそかにしていることの数々である▼震源地の大阪府北部では、温泉施設の煙突が折れたり、ブロック塀が倒れたりした。近年は放置空き家が京滋を含めて各地に増え、倒壊してがれきが道路をふさぐなどの恐れも指摘される▼長く人が住まない木造家屋は、見た目より傷みが進んでいる場合があるという。防災の話はどうしても説教臭くなってしまうが、身近な街の安全点検に生かしたい▼きのうは大丈夫だった?−という会話こそが、何より防災のきっかけになる。気付いたことをお互いに話し合いたい。

大阪北部地震「さらに起こる可能性」 専門家が警戒
 18日に発生した大阪北部地震は、神戸市北部から大阪府高槻市に延びる「有馬―高槻断層帯」の付近が震源だった。関連はまだ分からないが同断層帯は1596年に「慶長伏見地震」を起こし、当時も甚大な被害をもたらしている。専門家は「近畿に活断層がたくさんあり、さらに地震が起こる可能性がある」と強調。将来の発生が予想される南海トラフ地震との関連も指摘した。
 大阪管区気象台によると、今回の地震は東西から断層に力が加わってずれが生じたタイプで、内陸の地震としては一般的という。
 記録の範囲では1923年以来、京滋で震度5以上を記録した地震は関東大震災や阪神大震災などがある。京滋には花折断層帯や琵琶湖西岸断層帯が走り、近畿全体でも活断層は多い。関西大社会安全学部の河田恵昭教授(危機管理)は「今回の地震の影響で、ほかの断層で別の地震が発生するかもしれない」と警戒を促す。
 また河田教授は、今後30年以内に起こる可能性が高いとされる南海トラフ地震の前兆として、近畿でマグニチュード6クラスの地震が頻発すると予想されていると指摘。「今後も同規模の地震は起こる可能性がある」と話した。


大阪地震「大きな余震に備えを」 矢守・京大防災研教授
■矢守克也京都大防災研究所教授(防災心理学)の話
 今回の地震はマグニチュード6・1で、エネルギーとしては阪神淡路大震災や熊本地震の数十分の1以下。この規模でも、ブロック塀などが倒れて3人が亡くなった。水道やガスなどライフラインが止まり、エレベーターに閉じ込められる被害も出ており、深刻に受け止める必要がある。
 今後、大きな余震が起こる可能性がある。しばらくの間、貴重品や必需品をまとめた非常用持ち出し袋を身近な場所に置き、倒れそうな家具のある部屋では寝ないといった対策をしてほしい。
 関西は、国内でも特に内陸活断層の多い地域。花折断層地震などが起きれば、今回よりマグニチュードが大きい可能性がある。余震が落ち着いたら、安全点検が必要だ。ライフラインの配管や橋りょうなどはもちろん、避難路になるような場所や、通学路も重要になる。今回、ブロック塀が倒れて犠牲者が出たが、他にも課題のある場所はあり、幅広くしっかりと点検してほしい。
 家庭での対策として、家具の固定具設置があるが、高齢者には力仕事や高い場所の作業は難しい。そのような作業を中学生や工務店が手伝っている地域もある。この機に支援体制づくりを進めてほしい。
 今回、公共交通機関が広範囲で止まった。関西で帰宅困難者対策は遅れている。来日観光客も増えており、自治体や企業を交え、施設の開放や多言語の案内の充実など本格的に取り組んでいくべきだ。


大阪で震度6弱  引き続き警戒が必要だ
 阪神大震災のあの日の朝を思い出した方も多いだろう。
 大阪府北部を震源地とする震度6弱の地震が発生した。約13キロと浅い地下で起きた直下型で、地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。京都で震度5強、滋賀は5弱だった。
 通勤・通学の時間と重なった。塀が倒れるなどして通学中の9歳女児を含む4人が死亡し、負傷者は300人を超えた。鉄道など交通機関がストップし、市民生活に大きな影響が出た。
 被害の全容はまだ分からない。政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。何より人命第一である。自治体や関係各機関とも緊密に連携し、被害の拡大を防いでほしい。
 大阪府で震度6弱以上が観測されるのは初めてという。気になるのは発生のメカニズムだ。
 震源地の近くには、1596年の慶長伏見地震(推定M7・5)で知られる有馬−高槻断層帯がある。今回の地震の原因となった可能性が指摘されている。
 それ以外にも、阪神大震災を起こした六甲・淡路島断層帯や、上町断層帯など、周辺には活断層が集中している。専門家は「いつ大きな地震が起きてもおかしくなかった」と口をそろえる。
 地震の巣の上に人口密集地が広がる−。そんな地震列島・日本の現実を改めて思わされる。
 引き続き警戒が必要だ。余震はもちろん、別の地震が誘発されるおそれもある。気象庁は今後1週間は震度6弱程度の地震が起こりうるとしている。
 亡くなった人のうち、2人はブロック塀の倒壊で下敷きになったためだった。
 ブロック塀は1978年の宮城県沖地震で大きな被害が出た。国は81年から耐震基準を強化したが、阪神大震災などでも古い塀の倒壊が相次いだ。
 今回再び、危険な箇所が多く残っていることが明らかになった。通学路をはじめ再点検が急務だ。
 家具の固定など身の回りの危険を防ぐ対策も徹底したい。梅雨時でもあり、地盤が緩んだ所での土砂災害にも注意が必要だ。
 通勤・通学時間帯に大都市を直撃した地震はあまり例がない。駅や路上に人があふれ、混乱した。近年急増している外国人観光客が右往左往する姿もあった。
 都市部での避難誘導や情報提供の在り方が問われる。地震列島に生きる私たちの備えは、あらゆる面から万全にしておきたい。


大阪で震度6弱 九州でも改めて「備え」を
 大阪地方できのう、大きな地震が発生した。時間の経過とともに、深刻な被害の規模や様相が明らかになってきた。
 朝の通勤・通学時間帯と重なった。小学4年の女児が倒壊した学校のブロック塀の下敷きになって死亡するなど多数の死傷者が報告されている。尊い命が失われ、痛ましい限りである。
 観測された最大震度6弱は私たちが2005年に経験した福岡沖地震の震度と同じだ。今回も鉄道など主要な交通網が寸断され、都市機能がまひした。
 九州では、最大震度7を2回観測した熊本地震が一昨年4月に起きた。全国には少なくとも2千の活断層が存在する。地震はいつ、どこで起きるか分からない−その教訓をかみしめ、改めて防災・減災に努めたい。
 大阪で当面警戒しなければならないのは、同規模の地震が再び起きる可能性があることだ。
 熊本地震では当初、初めに起きた震度7の揺れが本震とみられていた。ところが2日後に起きた震度7の地震が実は本震で、最初の揺れは前震だと改めて発表された。
 ひとたび大地震が起きればエネルギーが放出され、揺れは徐々に終息へ向かうのではなかったのか−大きな衝撃だった。
 気象庁など関係機関はその後「余震」という言葉の使用を避けるようになった。余震は英語では「アフターショック」だ。直訳すれば「後震」で、前震の対語としては分かりやすい。
 近畿地方は比較的、地震とは縁遠い地域だと思われがちだった。阪神大震災は、その俗説を覆した。意表を突くという点で福岡沖地震や熊本地震のケースと同様ともいえるだろう。
 実際は政府の地震調査委員会によれば、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は、大阪市が56%、神戸市で45%とされていた。
 熊本市の7・6%と比べれば、際立って高い数字であることが分かる。南海トラフ巨大地震の発生予測地域の一部であるためだ。九州では同様に大分市が56%、宮崎市は44%であることをここで再認識したい。
 度重なる地震を受け、建物などの国の耐震基準は強化されてきた。それでも熊本地震では、「震度6〜7程度でも倒れない」とされる基準をクリアした住宅が多数倒壊した。まさに油断大敵である。
 福岡沖地震でもブロック塀の下敷きになった女性1人が亡くなった。建物本体の強度とともに塀などの点検が必要だ。
 熊本地震など九州の災害現場には医療、消防、行政関係者やボランティアが駆け付けてくれた。九州も大阪の被災地からの要望にできる限り応えたい。


大阪で震度6弱 「都市直下」常に警戒を
 まさに不意を突かれた形だろう。きのう朝、大阪で最大震度6弱の地震が起きた。大阪府北部の震源は比較的浅い地下で、警報で知る余裕すらなかった。府内での同規模の揺れは100年近く例もない。3人の死者と数百人のけが人が出て、電車がストップするなど都市機能もまひした。直下型地震の恐ろしさを改めて思い知らされる。
 犠牲者のうち2人の命を奪ったのは道端のブロック塀で、9歳の女児は登校中、小学校のプールの塀の下敷きになった。政府は急きょ、各自治体に学校の安全確保を指示した。各地で地震が起きるたびブロック塀は倒壊していただけに、危険を放置していたのが悔やまれる。
 被災地では余震への警戒が求められている。きのうの揺れが本震とは限らない。2年前の熊本地震では最初の揺れから2日後に震度7の地震が起きた。傾いた家屋に不注意に入らないことなどの教訓を思い返したい。
 1995年に阪神・淡路大震災を経験した関西圏の住民には再びの悪夢といえる。ただ大阪府内の震度6弱は観測態勢が整った95年前から初のケースだ。
 専門家の間では「いつ大地震が起きてもおかしくない」との見方が多かったという。震源付近は断層帯が複数集中しているからだ。気象庁が関与の可能性を指摘する有馬―高槻断層帯は兵庫から大阪まで東西に延び、安土桃山時代に大地震を引き起こしたとの説もある。
 今回の震源は深さ13キロで比較的浅かった。「下からドシンと大きく突き上げられ、その後左右に揺られた」と被災者が語るように断層のずれは瞬時に地表まで届いたとみられる。直下型地震では緊急地震速報も間に合わない。どの地域でも数十年単位の地震周期説にとらわれず、常に警戒心を持っておきたい。
 おとといも、群馬県渋川市で震度5弱の地震が起きたばかりだ。これほど内陸型地震が相次ぐと大地震の予兆ではないかと人々の頭をよぎるのも無理はなかろう。次の東日本大震災や南海トラフ地震への懸念である。
 広島にも影響の大きい南海トラフ地震について、気象庁は今回の地震が「影響を与えることは考えにくい」とした。しかし因果関係を推察する研究者もいる。過去の南海トラフ地震を見ても数十年前から内陸地震が増える傾向があったという。
 折しも今月上旬、南海トラフ地震の被害に関し、土木学会が初の長期推計を公表していた。太平洋に面した高知や愛知から、瀬戸内沿岸の広島まで被害は広範に及ぶという。津波によるインフラ破損などの被害総額は20年間で国家予算の十数倍、1410兆円との見込みだ。
 「南海トラフ地震が起これば日本は最貧国になりかねない」と、土木学会は堤防や道路の強化を説く。必要なインフラ対策を進めるにしても巨額の財源をどうやって確保するか。気になるのは、学会推計に原発事故の被害が示されていないことだ。万一の際、愛媛県の四国電力伊方原発が広島などに与える影響は決して見過ごせない。
 日本列島では直下型地震はいつ、どこでも起こり得る。震災とどう向き合うか、常に考えておかねばならない。防災・減災のまちづくりから被災者の支援の在り方まで、身の回りから幅広く再点検しておきたい。


大阪地震 震度5強観測の旭区・散乱した本と格闘する古書店
 大阪部北部で震度6弱を観測した地震で、震度5強を記録した大阪市旭区の古書店「千賀書房」では18日夜になっても、書棚から落下して床に散らばったり本との格闘に追われていた。18日はやむなく休業。店主の奥野明さんは「お客さんが待っているので、なんとか早く店を再開したい」と表情を引き締めていた。
衝撃で床が見えないほど本が散乱
 「地震のため本の整理が必要となりましたので休業します」。交通網が徐々に運行を再開し、まちに平安が戻りつつあるころになっても、臨時休業の告知を張り出したシャッターの奥で、奥野さんはTシャツ姿で汗まみれになっていた。
 蔵書は10万冊。日ごろは書棚に本が整然と並ぶが、床に散らばった本がうず高く積み上がっている。地震の衝撃で書棚の上部から豪華本や全集などが落下。併せて特注の文庫専用棚がねじ曲がって飛び出し、大量の文庫本が投げ出された。床が見えず、足の踏み場がない。
 地震発生後、奥野さんはビル2階の自宅から1階店舗へ。散乱する本の山に直面し、復旧のためやむなく臨時休業を決定。1冊ずつ方向がバラバラでまとまりのない本を棚に戻す作業は、なかなかはかどらない。記者が午後6時すぎに訪問すると、本の整理を黙々とこなしていた奥野さん。
 「朝からの作業でようやく半分片付いた。待ってるお客さんがいるので、なんとか19日は再開したい」と、表情を引き締めた。
阪神淡路大震災後の耐震工事で被害を軽減
 厳しい表情ながらも、口調の柔らかさには理由がある。創業は1979年。95年の阪神淡路大震災で、店舗は直撃を受けた。
 「書棚そのものが倒れて大きな損害に苦しんだ。改修の際、震災の体験から学び、書棚と天井を連結する耐震構造を取り入れたため、致命的な書棚の倒壊は免れた。教訓を生かすことで比較的軽い被害で済んだと受け止めたい」(奥野さん)
 哲学思想から映画演劇、アイドル写真集やサブカルチャーに至るまで、品ぞろえの間口は広い。店頭のショーウィンドーにはていねいな包装を施した各ジャンルの逸品を展示。地震の衝撃で一部は落下したが、奥野さんは最後にしっかり再配置したうえで店を開けるという。「似た者同士が集まり、濃密に付き合える人間関係が古書店のだいご味」と、本を整理する手に力がこもる。
(文責・岡村雅之/関西ライター名鑑)


菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」
 被災者もガクッときたのではないか。
 大阪府北部で18日朝に発生した震度6弱の大地震。政府は地震直後に官邸の危機管理センターに対策室を設置し、情報収集に乗り出したのだが、緊迫感漂う中でポカをしたのが菅義偉官房長官だ。震度6弱を観測した「枚方市」を「まいかたし」と誤読したのだ。
 ネットでは即座に〈まいかたしって、どこやん?〉〈安倍政権には漢字が読めないヤツが多過ぎる〉などと大炎上。
 ちなみに「枚方市」は、「まいかた」と誤読される機会が多く、市では2016年から、正確な読み方を広めるために『マイカタちゃいますプロジェクト』を開始。現在は〈全国『マイカタちゃいます、』分布図〉と題した全国調査を実施している。その最中に菅長官は「まいかた」と誤読したワケだ。
 枚方市に感想を聞くと、「こちらから(政府に)抗議しております。間違えないでいただきたいと」(広報課)と回答。「まいかた」ちゃうで。


大阪で震度6弱 今後も厳重な警戒必要
 18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とする地震があり、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約13キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。通学途中の女児(9)が崩れてきた外壁の下敷きになるなど4人が死亡、300人以上がけがをした。
 通勤・通学時間帯の都市を襲った地震は、ライフラインを直撃、大阪府だけでなく京都府、兵庫県など広範囲で被害があった。東海道・山陽新幹線は一部区間の上下線、関西の鉄道各社は全線で運転を見合わせるなど交通網は一時まひ状態となり、各地で停電や断水、ガスの供給ストップが相次いだ。建造物が崩壊し、火災も発生した。完全復旧には時間がかかるとみられる。
 今後、1週間程度は震度6弱と同程度の地震が起こる恐れがある。自宅周辺の危険箇所に子どもを近づけないようにするなど細心の注意が求められる。近く関西地方に大雨が降る見通しで、緩んだ地盤の土砂崩れにも警戒が必要だ。
 震源付近には活断層が集中し、特に震源周辺にある「有馬―高槻断層帯」は近年の観測で地下に大きなひずみがあることが分かっており、おおむねM7以上の地震の恐れのある「主要活断層帯」になっていた。今回、どの活断層が原因で地震が発生したかは特定されていないが、専門家からはこの活断層が影響した可能性が指摘されている。
 政府の地震調査研究推進本部の長期評価では、有馬―高槻断層帯に対する今後30年以内の地震発生確率が「ほぼ0%〜0・03%」と低かった。地震の予知は難しく、いつどこで大規模な地震が起きてもおかしくないことを改めて突きつけた。
 主要活断層は全国で113カ所。県内には花輪東(鹿角市)、能代(八峰町―三種町)、北由利(秋田市沖―由利本荘市沖)、横手盆地東縁(仙北市―横手市と横手市―湯沢市)、真昼山地東縁(岩手県西和賀町―横手市)の5カ所ある。
 活断層のある自治体と住民がその存在を意識し、日常の防災対策に生かすことが重要だ。費用面で自宅の耐震化が難しいとしても、タンスなど重い物が倒れないように固定するなどやれることはあるはずだ。
 文部科学省の調査によると、2016年4月に起きた熊本地震では被害が集中した地域の住民の7割が地元に活断層があることを「知らなかった」と回答している。活断層への住民の認識が十分でない中で2度の最大震度7の揺れに襲われ、被害を拡大させた側面があったことを教訓にしたい。
 今後、詳細な調査により被害の拡大が予想される。政府や自治体は被害状況を把握し被害に遭った住民の支援に力を注ぐとともに、ライフラインの早期復旧に全力を挙げてほしい。


大阪で震度6弱 基本の徹底が命を守る
 人々が職場や学校に向かっていた月曜朝の大阪が大きく揺れた。震度6弱の直下型地震が大都市を直撃し、ライフラインが止まった。大動脈の東海道・山陽新幹線も運転を見合わせ、影響は一時全国に広がった。
 幸い住宅の倒壊は少なかったが、倒れた外壁や家具の下敷きになるなどして3人が亡くなった。けが人も多数に上った。
 1995年の阪神大震災を経て、住宅の耐震強度は上がっている。しかし、宮城県沖地震の教訓だったブロック塀の倒壊対策、家の中で凶器になる家具の固定など、身の回りの危険にはまだ手が届いていなかった。
 大阪府で震度6弱以上の地震が観測されたのは1923(大正12)年に観測態勢が整ってから初めて。今後の余震に注意したい。
 火災は少なかった。朝食の火を使う時間帯が過ぎていたことも幸いした。明るくなってからの地震で、落ち着いた行動をとれたことも被害を最小限にとどめた。
 気象庁によると、震源地は大阪府北部で震源は約13キロとごく浅く、地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定されている。近畿から東海、中国、四国など広範囲で揺れを感じた。
 近畿地方は、過去にも1596年の慶長伏見地震、1662年の琵琶湖西岸の地震、1927年の北丹後地震などM7以上の大地震が多発している。
 日本列島でも活断層の密度が高い地域で、今回も活断層が動いたことによる地震と考えられている。この周辺には「有馬−高槻断層帯」「上町断層帯」などがある。今後の調査を待ちたい。
 気象庁は、南海トラフ巨大地震との関連について「今回の地震の震源地や地震の規模を考えると、直接影響を与えるとは考えにくい」と説明している。
 過去に何度も周期的に起きている南海トラフ地震が近づいてくる時期は、近畿周辺の地震が増えてくることが知られている。
 今回の地震が前兆という根拠はないが、さらに大きな地震が起きる危険を指摘する専門家もいる。そのような傾向があることを頭に入れておく必要もあろう。
 南海トラフ地震とともに首都直下地震が警戒されているが、同じような大都市である大阪でも、大地震に無縁でないことを示した。今回の地震は「次」への警鐘だったかもしれない。
 列島各地で不気味な揺れが相次いでいる。もう一度地震対策の点検をしておきたい。命を守るための備えは、基本の徹底から始まることを自覚したい。


【大阪北部地震】警戒を続け対策も急ぐ
 大阪府北部で起きた地震の被害と影響は、広い範囲に及んだ。4人が亡くなり、300人超の負傷が報告されている。亡くなられた方のご冥福を祈り、被災者にお見舞いを申し上げたい。
 被害の全容は、つかみきれない。新たに判明したり、広がったりする可能性がある。揺れが強かった地域は、傷んだ建物の倒壊や土砂災害の危険が懸念される。2年前の熊本地震は「前震」と「本震」の2回にわたり、激しい揺れを観測した。梅雨や台風による雨も心配だ。当分の間、警戒を続ける必要がある。
 死亡した4人のうち、2人は倒れたブロック塀などに巻き込まれた。40年前の1978(昭和53)年に起きた宮城県沖地震をきっかけに、さまざまな対策が取られてきた。しかし、その後も大きな地震のたびに同様の課題が指摘される。
 政府は学校のブロック塀の安全点検などを指示した。建築基準法の施行令には高さ、厚さ、鉄筋などの構造基準を定める。しかし、老朽化した塀が各地に残されているとみられる。基準に沿った正しい施工や、適切な維持管理を確認する仕組みが十分かを検証するべきだ。
 県内には、生け垣を新設したり、ブロックや石の塀を撤去して生け垣を設置したりする住民に、補助金を出す自治体がある。避難場所への道路沿いや学校周辺の実態を官民で調べると同時に、撤去を促す制度の充実が求められよう。ブロックや石の塀以外にも倒れやすい物がないかを確かめる見回りも欠かせない。
 熊本地震から2年、東日本大震災から7年、阪神大震災から23年…。このほかにも、大きな地震が相次ぎ、豪雨もたびたび発生している。災害は忘れたころにやってくるどころか、最近は忘れないうちに、やってくる。
 また、災害は激しさを増すとともに、都市部への人口集中に伴って、被害の中身や程度、範囲も変化している。大阪府北部地震は、多くの人が行き交う都市部の通勤や通学の時間帯に起きた。満員の電車や混雑する駅、大規模な店舗での避難と誘導の在り方、情報提供などの課題を探る努力が大切だ。放置された空き家の被害状況も調べ、今後の対策に役立ててほしい。
 本県は東日本大震災を経験した。大きな災害はしばらくの間、起きないのではないかと思いがちだ。災害は地震だけではない。過去には大雨、大雪、日照り、噴火、高潮、大火などがあった。教訓を読み取り、普段からの備えを心掛けよう。 (安田信二)


大阪の地震 断層の動きなお警戒を
 大阪府で最大震度6弱を記録する地震が起きた。通学中の小学生がブロック塀の下敷きになり命を落とした。見守り活動中の高齢者も塀の倒壊で死亡するなど、痛ましい被害が出ている。
 地下の活断層の動きによって生じた直下型の地震である。大阪府で震度6弱の地震が観測されたのは、1923年に観測態勢が整って以降、初めてという。鉄道が止まり、水道管が破損、煙突が倒れた。都市機能の一部がマヒする事態になった。
 気象庁は、兵庫県から大阪府北部にかけて走る「有馬―高槻断層帯」が関与した可能性があるとしている。安土桃山時代に「慶長伏見地震」を起こした断層だ。地下にひずみが集中していたとの指摘もある。直下型は震源が浅く、真上に当たる地域の揺れが局地的に大きくなる傾向がある。
 大きな地震の後は地下の地盤にかかる力が変化し、近くの断層の活発化を誘発する恐れがある。大阪には他にも多くの断層が走る。今後連鎖的に動くようなことはないか、警戒が必要だ。気象庁は今後1週間程度、同程度の地震発生への注意を呼び掛けている。
 2016年の熊本地震では、九州を横切るように長さ100キロまで震源域が拡大。大分県にかけて活発化した。最初の大きな地震が起きた後、隣接する別の断層で最初を上回る規模の地震が2日後に発生、震度7を記録した。
 気象庁は今回、「防災対応支援チーム」(JETT=ジェット)を5月の発足以来初めて被災地に派遣した。専門性を生かし、不安を抱えながら対応に当たる自治体をバックアップしてほしい。
 活断層は日本列島の至るところに走る。いつどこで動いてもおかしくないことを改めて意識し、地震に備えておきたい。
 ブロック塀の倒壊による被害は過去の地震でも問題になった。構造上の安全性は確認できているか、老朽化したまま放置されていないか。特に通学路について、点検を急がなければならない。
 建物も、倒壊を免れたからといって安心はできない。今回の揺れでダメージを受け、地震に弱くなった家屋もあるだろう。1人暮らしの高齢者など安否確認が行き届きにくいケースは少なくない。自治体は工夫して耐震化などの対策につなげてほしい。
 今後しばらくは雨の多い時季が続く。地震の影響で地盤が弱くなり、土砂崩れが起きる危険性が高まっている地域がある。きめ細かい監視が求められる。


大阪で震度6弱 備え忘れず「減災」に力を
 大きな地震は、いつどこでも起こり得る。備えを忘れず、被害を最小限に抑える「減災」に努めたい。
 18日朝、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震があり4人が死亡した。被害は京都、兵庫など周辺の府県にも及び、負傷者も多数に上っている。
 今後1週間ほどは震度6弱程度の地震が起こる恐れがあるという。警戒を強めながら、復旧に全力を挙げてほしい。
 地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定され、震源の深さは約13キロの直下型だった。
 大阪府で震度6弱を観測したのは観測態勢が整った1923年以降、初めてという。ただ周辺には活断層が多く、いつ地震が起きてもおかしくない場所だったと専門家は指摘している。
 日本には各地に活断層があり巨大地震は度々起きている。最近も震度5前後の地震が、各地で発生している。
 私たちは「地震列島」の上で暮らしている。改めて胸に刻まなくてはならない。自分の身は自分で守ることの大切さも肝に銘じたい。
 今回の地震で見過ごせないのは、亡くなった4人のうち2人が、倒れたブロック塀の下敷きになったことだ。
 高槻市では小学校のプールのブロック塀が倒れ、登校中の9歳の女児が巻き込まれた。大阪市でも、通学中の小学生の見守り活動を続けてきた80歳の男性が犠牲になった。
 通学路や人通りの多い道路沿いに危険な塀はないか。古い塀は本県を含め全国に多数ある。再点検する必要がある。
 自宅で倒れてきた本棚の下敷きになった男性も死亡した。停電や断水、火災も起きた。
 家具に転倒防止器具をつける。非常食を備蓄する。揺れたらすぐに火を消す。減災のため、こうした対応を徹底したい。
 県内では1964年の新潟地震から54年の16日に合わせ、各地で防災訓練が行われた。
 災害弱者である高齢者への支援を含め、地域や職場などで迅速な避難を確認することは重要だ。定期的に実施したい。
 首都直下地震の発生が懸念される中、今回の地震は「帰宅難民」対策など、大都市での地震の課題を突き付けた。
 交通網がまひし、通勤・通学時間と重なったことで混乱に拍車が掛かった。
 マンションや高層ビルなどでエレベーターに閉じ込められるケースも多くあった。
 南海トラフ巨大地震との関連について気象庁は、今回の地震は「直接影響を与えるとは考えにくい」とするが、恐怖を感じた人は少なくあるまい。
 政府は昨年、予知を前提とした地震対策の見直しを決めた。東海地震を含む南海トラフ巨大地震では、発生の可能性が高まる前震や地殻変動の異常現象があった場合に、気象庁が警戒情報を発表することになった。
 だが住民避難の在り方や企業の経済活動への影響など、課題は多い。きめ細かく検討し、速やかに対策を示してほしい。


大阪北部で震度6弱 備えの再確認、徹底したい
 都市直下型の地震が大阪府を襲った。1923年以降で初めて同府で震度6弱を観測、福井県内でも震度4の揺れがあった。高槻市で女児が死亡するなど、痛ましい被害が出ている。
 同府北部は活断層が集中し、いつ大きな地震が起きても不思議でないと指摘されている。2016年の熊本地震は、最初の震度7を観測した地震の約28時間後に本震があったことは記憶に新しい。当面は最大限の警戒が必要だ。防災対応を取ることに「遅すぎて無駄」はなく、やらないよりやる方がよいのは論をまたない。この地震を機に、備えを再確認したい。
 地震の死者は、ブロック塀の倒壊に巻き込まれたり、倒れた家具の下敷きになったりした。
 女児が被害に遭った現場のブロック塀は、写真では内部の鉄筋らしき構造物が折れてしまっているように見える。
 ブロック塀倒壊を巡っては、1978年の宮城県沖地震で10人以上が犠牲になり、その後建築基準法が改正され基準が強化されている。現場のブロック塀の強度はどうだったか。基準を満たしていなかったとすれば、施設管理者は把握していたのか。捜査で明らかにされるべきだ。
 福井県内でも老朽化が進んでいる危険箇所がないか、調査が必須だ。とりわけ、通学経路のチェックは至急完遂する必要がある。
 今回の地震は、水道管の破裂や漏水が各地で起きた。断水が発生した地域も広いのではないか。不意の断水に普段から備える大切さが浮き彫りになった。飲み水、非常食の確保はもちろん、トイレの水が使えなくなることも考慮に入れ、風呂などに日頃からためておくことを習慣づけたい。
 停電も広範囲で、関西電力によれば大阪府と兵庫県の計17万戸以上に及んだ。こうした場合、注意したいのは復旧時の通電火災である。一部破損していたり、他の家具や衣類などと接触していたりする電気製品が作動して出火するもので、住宅から家人が避難していて発見が遅れることも多い。阪神大震災では、原因が特定された建物火災の過半数が通電火災という。避難時にはブレーカーを落としておくことを忘れずに実践したい。
 また、災害時には家族らのいち早い安否確認に迫られる。ところが被災者は、スマートフォンや携帯電話を所持していても、充電できない環境におかれている可能性がある。電話をかけること自体が迷惑となりかねない。
 NTT西日本などは、「災害用伝言ダイヤル(171)」の運用を18日から始めた。ネット上で安否を確認できる「災害用伝言板(web171)」や、携帯大手による伝言板のサービスも提供されている。
 これら通信インフラの活用を含め、家族でいざというときの連絡法などを話し合い、行動をシミュレーションしておくことは重要だ。心構えがあるかないかが、緊急時対応の成否を分けると肝に銘じておきたい。


大阪北部地震 「わがこと」とし備えに心したい
 大阪北部で震度6弱を観測する地震が発生した。4人が死亡し、けが人も多数出ている。被害の全容はまだ不明だが、まずは救命、復旧活動に全力を挙げたい。
 気象庁は「今後1週間程度は最大震度6弱程度の地震が起こる恐れがある」とし、身の回りの安全確保を呼び掛けている。被害が小さかったり、なかったりするように見えても、次に同程度の揺れに見舞われれば、家屋の倒壊などの危険性は一気に高まる。
 思い起こされるのが2年前の熊本地震だ。震度7の地震が2日足らずの間に2度起きた。2度目が「本震」で被害が拡大した。きょうにも現地では降雨が予想されており、地震で緩んだ地盤に大雨が降れば土砂崩れが起きやすい。引き続き厳重な警戒が必要だ。
 大阪府で震度6弱は観測史上初めてで、通勤ラッシュ時を襲った。いつでもどこでも起こりうる地震の怖さを改めて痛感する。愛媛も南海トラフ巨大地震が起きれば甚大な被害が予想されている。すべての人が「わがこと」として受け止め、万が一に向けた備えに心したい。
 今回の地震では、2人がブロック塀の下敷きとなって死亡、その危険性が再び浮き彫りとなった。40年前の宮城県沖地震で塀の倒壊によって大勢が命を落としたことを受け、国は法律を改正。構造上の安全性が確認された場合を除き、塀の高さを2.2丹焚爾砲垢襪茲β竸夢霆爐鮓直した。
 しかし、犠牲者は後を絶たない。住宅の耐震基準に比べ、一般の認知度が低く、基準に合致していない塀は依然多い。今回も耐震が不十分だった可能性があり、重い教訓が生かし切れていないことを憂慮する。倒れた塀は簡単には動かせず、付近の人を巻き添えにするだけではなく、緊急車両の通行や避難の妨げにもなる。補強や撤去が必要な箇所はないか、各地で安全点検を急ぎたい。
 大型地震のたびに起こる断水も解決すべき課題だ。今回も水道管の破損が続出、被害が広がっている。古い管の更新が進んでいないのが要因だ。自治体の財政難が足かせとなり、全国の水道管網のうち、耐震化済みの割合は、4割未満にすぎない。老朽化対策は全国共通の課題として、国が主導し取り組む必要がある。
 地震の後、会員制交流サイト(SNS)上で、悪質なデマが投稿、拡散されていることは看過できない。熊本地震後にも社会問題化したが、混乱に乗じた悪ふざけは、二次被害や復旧の妨げにもなる。一人一人も真偽を冷静に判断し、行動する必要がある。
 国や自治体には、被害の全容把握に努めるとともに、2次、3次被害への備えにも万全を期してもらいたい。その上で、あらゆる角度からの検証を進め、今後の防災・減災の向上に生かさなければならない。


【大阪で震度6弱】警戒緩めず被害抑止を
 大阪府北部を震源とする震度6弱の強い地震が起きた。大阪市などを激しい揺れが襲い、高槻市で通学中だった9歳の女児が倒壊したブロック塀の下敷きになるなど府内で4人が死亡、京都や兵庫も含め多くの負傷者が確認されている。
 発生は午前7時58分ごろで、大都市の通勤通学時間帯に重なり、鉄道など交通機関に大きな影響が出た。停電なども多発し、住宅などの火災や損壊も各地で起きている。
 気象庁は今後1週間ほどは震度6弱程度の揺れが続く可能性を予測している。2年前の熊本地震では震度7の「前震」の2日後に「本震」が起き震災を広げた記憶が新しい。警戒を緩めず、被害を食い止めたい。
 大阪で震度6以上が観測されたのは、1923年に観測態勢が整備されてから初めて。今回の地震は震源の深さ約13キロの「直下型」で、規模はマグニチュード(M)6・1と推定。神戸市有馬温泉から高槻市にかけ東西に走る「有馬―高槻断層帯」付近が震源地とみられる。
 この断層帯周辺には少なくとも過去約3千年に3回の活動跡があり、直近は420年余り前の1596年の慶長伏見地震(M7・5)とされる。政府の地震調査委員会は、30年以内のM7・5程度の地震発生確率を「ほぼ0〜0・03%」と予測してきた。
 この低い確率値は熊本地震にも似る。南海トラフ巨大地震などは「30年以内に70%程度」とされるが、発生確率の低さをもって、防災の遅れなどの理由にはできない。
 大阪府北部には複数の活断層が集まっている。1995年の阪神大震災を起こした活断層との関連や、今後も地震を誘発する可能性を指摘する専門家もいる。
 高槻市で死亡した女児を直撃したのは、市立小のプールのブロック塀だった。大阪市東淀川区では道路脇の塀が崩落し、80代の高齢男性が犠牲になった。学校施設の耐震化やブロック塀の倒壊防止は地域防災の優先課題のはずだ。
 安全基準を満たしていたのか。適切な点検や対策が講じられていたのか。詳しい検証が要る。
 茨木市の住宅では80代の男性が本棚の下敷きになり、亡くなった。これまでの震災でも家具類が倒れかかり、住人が圧死する被害が多発している。家具や電化製品の固定は家庭防災の基本だ。その啓発と普及の取り組みを強めたい。
 政府などが詳細な被害の把握を進めているが、被災者の救済や避難者への対応に万全を期し、インフラなどの災害復旧を急ぎたい。災害弱者の心のケアも含め、過去の教訓を生かすべきときだ。大都市直下型がもたらす、震災の新たな防災課題も見つかるだろう。
 南海トラフ巨大地震との関連について、気象庁は今回の地震が「陸のプレートで起きた」ことから「直接影響を与えるとは考えにくい」との見解を示す。だが、予断は禁物だ。備えを再確認したい。


[大阪で震度6弱] 通勤ラッシュ時を直撃
 大阪府北部できのう、震度6弱の地震が発生し、近畿地方の広い範囲で強い揺れを観測した。
 府内で3人が亡くなったほか、京都、兵庫などを含め多数の負傷者が出ている。
 気象庁によると、震源地は大阪府北部で震源の深さは約13キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.1と推定される。浅い地下で起きた「直下型」の地震である。
 都市部で朝の通勤通学ラッシュ時に当たり、鉄道の運転見合わせなどで交通網がまひ。停電でエレベーターに閉じ込められる人が相次ぐなど大きな混乱を招いた。
 今後1週間程度は同じぐらいの揺れが起きる可能性がある。2年前の熊本地震を思い出してほしい。大きな揺れの後にさらに大きな揺れが起きることもある。
 確かな情報を小まめに把握し備えに万全を期してもらいたい。
 犠牲者のうち9歳の小学女児は登校途中とみられ、学校プールの倒れたブロック塀の下敷きになった。通学路に危険なブロック塀はないか、点検が急がれる。
 80代の男性もブロック塀の倒壊に巻き込まれ、別の80代男性は本棚の下敷きになった。崩れかけた塀や壁には近づかず、倒れやすい家具には注意が必要だ。
 震源地の周辺は大阪府内を南北に走る断層帯や、兵庫県から大阪府へ東西に走る断層帯が集まる地域という。1995年の阪神大震災を引き起こした断層帯との関係を指摘する専門家もいる。
 大震災から23年。被災した記憶がよみがえった人も多かろう。大規模な火災が発生しなかったのは何よりだ。
 近年の観測で地下にひずみが集中していることが分かっている別の断層帯もある。いつ地震が起きてもおかしくない場所だという指摘もあり、気掛かりだ。
 稼働している福井県の関西電力大飯原発3、4号機と高浜3号機に異常はなかった。引き続き安全対策に万全を期してほしい。
 政府は官邸危機管理センターに対策室を設置し、被害状況の把握や被災者の救命救助、適時的確な情報提供を各省庁に指示した。
 被災地との連絡を密にし、早期の復旧に努めてほしい。
 インターネット上には水道管の破損など、被害情報の投稿が相次いだ。ただ、過去には未確認情報をむやみに拡散して混乱を招いた例もある。情報の真偽を確かめた上での活用が求められる。
 日本列島は存在が確認されただけで2000を超える活断層があるとされる。いつどこで地震が起きるか分からない。正確な情報を見分け、身を守ることを心掛けたい。


【大阪北部地震】ブロック塀崩落の無念 「昨年から傾いていた」の証言も
 救えた命もあったかもしれない――。18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で発生した最大震度6弱の地震で、高槻市立寿栄(じゅえい)小学校4年の三宅璃奈さん(9)が、倒れたブロック塀の下敷きになるなど、府内で4人が死亡、2府4県で330人を超える負傷者が出る被害となった。交通網のまひや、断水・ガスの供給停止などライフラインにも大きな影響が出た。三宅さんの体を圧迫したブロック塀にはかねて「不安」がささやかれていたという。
 震源に近い高槻市の寿栄小では、プールのブロック塀がおよそ30メートルにわたって道路側に崩落。道路を歩いていた三宅璃奈さんが下敷きになり、死亡した。
 子供が璃奈さんに遊んでもらっていたという父兄は「璃奈ちゃんは弟がいてるからか、幼稚園のころから面倒見がよくて、ウチの子も遊んでもらった。公文式に通ってて、しっかりした子だった。道を広がったりせず、壁際を歩いてたんだと思うといたたまれない。この間もコンビニで見かけたばかりなのに…」と声を詰まらせた。
 小学校の姉妹教室で、三宅さんと一緒のグループだったという中学生も「いつも明るくて笑顔で、お兄ちゃん、お姉ちゃんが好きなのか、自分から上級生に『遊ぼ』って話しかけてくる子でした。縄跳びや鉄棒を一緒にして、新しい跳び方ができると、うれしそうにしてたのを覚えてます」と語った。
 三宅さんは「朝のあいさつ運動」の当番だったという。近隣住民によると、塀の崩落直後、何人かの大人が駆け寄っていたそうだが「塀も重いから、どないもできんかったみたい。校門に近い方の塀は、下側の塀に引っかかるように倒れて隙間ができてる。もう何メートル、前か後ろを歩いてたら死ぬこともなかったのに…」と唇をかみしめた。
 ブロック塀は以前、網目状のフェンスだったというが「音がうるさいとか苦情もあったみたいでブロック塀になった。外から丸見えってのもあったので、防犯、防音対策って意味では、良かったと思ってたんですけど」(近隣住民)という。
 ブロック塀に関しては、気になる証言も。
 同小に通っていた男子中学生は「去年くらいに友達間で、塀の上の方が道路側に傾いてるって話があった。『地震きたら倒れるなぁ』って言ってたんで、『あー、やっぱり』って思いました」と明かした。
 この地震で高槻市などでは水道管の破裂が起こり、道路の陥没の恐れから通行禁止が相次いだ。ガス管の破損の恐れもあることから、高槻市や隣接する茨木市などでは、断水やガスの供給停止など、ライフラインに重大な影響が出た。影響は場所によりバラつきがあるという。
 住民が「『断水するかも』って話が出て、スーパーやドラッグストアに朝から人が集まっていた」と話すように、小売店の棚からは水やお茶、パン、おにぎりといったものや、手軽に食べられるためかバナナも早々に売り切れていた。
 高槻市内のドラッグストア店長は「午前9時にオープンしたんですが、水はあっという間に売り切れました。明日、十分な量が納品されるかは分からないです」と困惑の表情を浮かべる。
 また、同市内のパン店からは、3斤はあろうかという食パンを手に持った女性が姿を見せた。店内には、菓子パンが数個残っているだけで「いつもより多く作っていますけど、ほとんど売り切れました」(従業員)。
 一方で、前出の三宅さんがよく通っていたというマクドナルドでは「地域の皆さんにお返しできれば」と、水やカップ麺、ガスボンベなどを無料で配布。助け合いも広がっている。
 阪神淡路大震災から23年がたち、震災の風化が叫ばれる中で起きた関西での大地震。交通網がまひし、東海道・山陽新幹線の一時運転見合わせで30万人超、阪急電鉄で約100万人に影響するなどした。
 淀川にかかる新御堂筋の歩道には、かつてないほどのサラリーマンの大行進が見られた。
 電車に乗車中に地震に遭った会社員は「1時間ほど缶詰めにされました。解放された後は、新鮮な空気が吸えて、自由に体が動かせることに感謝しましたよ。こんな時くらい会社も休みたいですけど、そうもいかないですからね」と職場へ向かった。


高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし
 米朝首脳会談とその余波にすっかり覆い隠されてしまっているが、安倍政権が今国会の最重要法案と位置付ける「働き方改革法案」が、19日にも参院厚生労働委員会で可決されそうだ。悪名高き「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」がこのまま成立したら本当にヤバイ。つい先日もズサン調査が発覚したばかりだが、政府が“喧伝”する「1075万円以上」という年収要件が根拠ゼロの上、実際はどうにでも変更可能なデタラメ数字だということも、厚労委の審議であらためて分かったのだ。
 政府は高プロについて「年収1075万円以上の専門職を対象に、労働時間規制を外して自由な時間に働くことを認める仕組み」と説明してきた。そのため、多くのサラリーマンは「1075万円ならオレは関係ない」と思っているだろうが、実はこの数字、法案の条文に明記されているわけではない。
 条文には〈基準年間平均給与額の3倍の額を相当程度上回る水準〉とあるだけで、「基準年間平均給与額」とは厚労省の「毎月勤労統計における支給額」を指す。これには「パート労働者を含む就業形態計」と「パート労働者を含まない一般労働者」のものがあり、政府が基準とするのは、「パート労働者を含む」金額なのだ。
「非正規雇用の多いパートを含めた給与額は、パートを含まない一般労働者の給与額より月額で7万円前後低いのです。今後、非正規雇用が拡大する可能性が高く、基準額がどんどん下がれば、それに伴い高プロの年収要件も下がるのは確実です」(立憲民主党関係者)
 2017年の毎月勤労統計の数字を条文の計算式に当てはめると、「パートを含む」は938万円、「パートを含まない」なら1202万円。すでに1000万円を切ってしまっている。
 その上、毎月勤労統計には通勤手当も含まれているというからメチャクチャだ。
■制度に合わせて都合のいい数字を
 では、「1075万円」という数字はどこから出てきたのか? ナント03年の労基法改正で「専門的な知識、技術又は経験であって高度のもの」という基準を定めた際に大臣告示で設定された金額なのだという。
 15年も前の古過ぎる数字の上、計算式は毎月勤労統計ではなく、人事院の「職種別給与実態調査」がベースだ。なぜに異なる調査をごっちゃ混ぜにするのか。不信感が高まる。加えて、17年の同調査で計算し直すと、1075万円ではなく、1010万円に下がるという。
 つまり、「1075万円」に何の論理的な根拠もないのである。
 労働法制に詳しい法大名誉教授の五十嵐仁氏がこう言う。
「政府がしきりに『年収1075万円以上』と言ったのは、多くの人に『私は無関係』と思わせるためだったのでしょう。とにかく、労働時間規制を外せる制度を新設するという目的が先にあって、それに合わせて都合のいい数字を持ってきた。ひどいやり方です」
 かつて塩崎厚労相(当時)は高プロについて「小さく生んで大きく育てる」と口走った。これが安倍政権の本音だ。高プロの原型である「ホワイトカラーエグゼンプション」が検討された際(05年)、経団連は「年収400万円以上」と主張している。 
 年収要件はどんどん下がる。こんな悪法を成立させたら、フツーのサラリーマンもみな、いつか会社の奴隷にされてしまう。


森友土地「賃料優遇できないか」 昭恵氏付き職員が要望
 学校法人「森友学園」との国有地取引を巡って、首相夫人付き政府職員の谷査恵子氏が財務省に照会していた問題で、財務省近畿財務局が国土交通省大阪航空局に対し、安倍昭恵氏の名前を強調しながら、優遇措置を求める照会内容を伝えていた可能性が浮上した。これまで政府側は「制度に関する問い合わせ」と説明していたが、文書には「貸付料の減免はできないのか」などの要望する表現があった。
 共産党の辰巳孝太郎議員が十八日の参院決算委員会で、国交省の内部文書を入手したとして追及。文書はA4一枚で、作成者とみられる大阪航空局担当課担当者の名前が記されている。二〇一五年十一月十二日に、近財側から電話で報告を受けた内容を記録したことが示されている。
 文書には、学園と国が同年五月に結んだ国有地の賃借契約について、谷氏から「貸付料の減免、土壌汚染対策工事中の免除等はできないのか」といった優遇を求める照会が財務省にあり、「森友に対しては、現行制度上で最大の配慮を行っている」と回答したことなどを記載。「安倍総理夫人は、森友が開校を計画している『瑞穂の國(くに)記念小學院』の名誉校長に就任している」とも書かれていた。
 辰巳氏は「制度照会にとどまらず、近財が賃料減額の要望と受け止めている」と追及。石井啓一国交相は「(質問内容の事前の)通告がなかったので、手元に資料がない」と答弁した。(望月衣塑子)


加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡り、学園の加計孝太郎理事長が19日、突如開いた記者会見に、識者からは疑問や批判が上がった。
 会見の連絡が報道機関に伝えられたのは開催の約2時間前。しかも、開催場所は岡山市の学園本部。元文部科学官僚の寺脇研・京都造形芸術大教授は「東京で加計問題を取材してきた記者が駆けつけられないタイミング。本来なら文科省などで会見に応じて厳しい質問を受けるべきだった」と批判。さらに「謝罪会見なら、もっと早くできたはず。これで説明責任を果たしたことにはならず、国会に招致して説明させるべきだ」と指摘した。
 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、前日に大阪府北部で地震が発生し、さらに当日夜にはサッカー・ワールドカップの日本戦を控えた時期の会見設定を疑問視。「会見が大きく取り上げられないよう、別の話題のある時期をわざわざ狙ったのではないかと勘ぐりたくなる。これで世論の関心が冷めると考えているのかもしれないが、一度国民に起きた疑念は消えない。今後もダメージとして残っていくだろう」と語った。
 一方、文科省の反応は冷ややかだ。ある中堅職員は「この会見を開くのに、なぜ1年以上もかかったのか分からなかった」と、学園の姿勢を問題視。「記憶のない人が1人増えただけ。解決に向けて前進どころか、不透明感が増した」とため息をついた。林芳正文科相は記者団に「加計学園と今治市、愛媛県の話なのでコメントは控える」と述べた。【杉本修作、伊澤拓也】


啓発、環境づくりに力を/政治の男女参画推進
 政治分野の男女共同参画を進める議員立法による法律が成立、施行された。国会や地方議会の女性議員を増やすため、選挙の候補者数を「できる限り男女均等」にするよう政党などに促す内容だ。
 努力義務であり実効性に乏しいとの声もある。しかし、男性が大半を占める政治の姿を変えようと国会が全会一致で表明した意義は大きい。
 当面、来春の統一地方選、夏の参院選の取り組みが注目される。政党、政治団体は男女の候補者数の目標設定に努めることが求められる。
 手を挙げる女性を待つばかりでは、変革は難しいだろう。目標達成に向け、政党や議会が問題意識を共有し、啓発活動や人材の掘り起こし、立候補しやすい環境づくりが急がれる。有権者は、投票の際の判断材料の一つとして、これらの活動をしっかり見極める必要がある。
 女性の政治参画の立ち遅れは何度も指摘されてきた。国際機関が発表した2017年の報告書によると、衆院議員の女性比率10.1%は193カ国中158位。先進7カ国では最低水準にある。
 地方議会も同様だ。全国の女性比率は16年12月時点で12.6%。本県は、県議会と市町村議会の女性が642人中41人で、割合は6.4%と全国を下回る。
 急激に人口減少が進む中、国や地域社会の枠組みを決めていく議会には、多様な民意を反映させる機能が求められる。女性議員の増加がその突破口になることが期待されているが現状は程遠い。
 女性の政治参画が進みにくい背景として「政治は男性のもの」という固定的な考えの根強さが指摘される。家庭生活との両立も難しい。身内の反対や地域のしがらみも多いと聞く。地盤、看板がものを言う政治風土も女性を遠ざけがちである。
 昨年、熊本市議会の女性議員が生後7カ月の長男を連れて議場に入り、混乱する騒ぎがあった。市議の行動には賛否が渦巻いたが、制度が整わないために働きにくい現状に「問題提起をしたかった」とする市議の言い分には耳を傾けるべきところがある。
 出産に伴う休業制度や託児支援などについて、議会は前例がないと排除せず、工夫しようとする姿勢が求められる。場合によっては国内外の先進事例などに学び、思い切った改革に踏み出すことも必要ではないか。


参院選挙制度 改革に値しない自民案
 党利党略があからさまで、一片の改革理念さえ見えない。
 自民党が参院選の「1票の格差」是正に向けた公選法改正案を参院に提出した。公明党も採決で賛成する方向で、会期延長後の今国会で成立する見通しだ。
 自民案は、これまで解消を主張してきた「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区を維持。投票価値の格差を3倍未満に抑えるため、埼玉選挙区で定数を2増やす。
 比例代表の定数も4増やし、比例代表名簿の一部に、各党が事前に定めた順位に従って当選者を決める「拘束名簿式」の特定枠を設ける、との内容だ。
 しかし、この案には問題点が多く、民主主義の土台となる選挙制度をゆがめる懸念が強い。
 比例代表の定数増と特定枠の創設は、合区された選挙区から出馬できなくなる現職議員2人を救済する狙いが透けて見える。さらに個人名投票の多い順に当選する従来の「非拘束名簿式」と「拘束名簿式」が混在することになり、制度の複雑化を招く。
 埼玉選挙区の定数増も、厳しい選挙戦を戦う公明党への配慮が働いたためとみられる。
 「良識の府」とされる参院の選挙制度改革では本来、衆院との二院制における参院の存在意義や果たすべき役割を踏まえた上で議論を重ね、党派を超えた合意を模索するのがあるべき姿だろう。
 自民案は党利党略、お手盛り、ご都合主義の産物と言え、改革の名に値しない。
 参院選挙区の1票の格差を巡っては、最高裁が2010年(最大格差5・00倍)と13年(同4・77倍)の参院選を「違憲状態」と判断。是正を迫られた参院は15年に公選法を改正し合区を導入するとともに、付則で19年の参院選に向け「選挙制度の抜本的な見直しについて必ず結論を得る」と明記した。
 法改正から施行まで1年程度の周知期間を置くことを考慮すれば、選挙制度の見直し期限が切迫しているのは確かだが、自民案は「抜本的」とは懸け離れている。
 自民党は憲法改正による合区解消を唱え、各都道府県の改選定数を1以上とする改憲案をまとめたが、それとの整合性はどうなのか。
 自民案は国会会期末が迫る中で唐突に示された。主要野党は反発、協議継続を求めたが、自民党出身の伊達忠一参院議長は一方的に議論を打ち切った。
 調整役として中立的立場を放棄したに等しい議長の責任も厳しく問われなければならない。


「保守速報」への広告取りやめ相次ぐ 国内最大級のアフィリエイトも提携解除 各企業の動きが注目されている。
Kota Hatachi 籏智 広太 BuzzFeed News Reporter, Japan
エプソンなどの企業が、差別的な記事などが問題視されているまとめサイト「保守速報」への広告出稿を取りやめるなか、国内最大級のアフィリエイトサービスも提携を解除したことがわかった。
そうしたサイトに流れる広告売り上げなど資金を断つことで、ネットに溢れるヘイトやフェイクを断つことはできるのか。各企業の動きが注目されている。
提携を解除したのは「A8.net」。ユーザーからサイトへの広告掲示を問題視する通報を受け、提携を止めたという。
この流れはエプソンが広告を止めたときと同様だ。このような通報が広告を出していた企業や仲介会社に相次ぎ、保守速報上にバナー広告がなくなっている。
保守速報とは
「保守速報」は「政治、東亜ニュースを中心にまとめています」(公式Twitterより)。Twitterのフォロワーが6万人近くいるなど拡散力は高いが、中国や韓国などへの差別的な投稿や、誤情報などを配信し、たびたび問題視されてきた。
2017年11月には、サイト上で名指しされた在日コリアンの女性が「保守速報」を訴えた裁判で、大阪地裁は、記事が人種差別や侮辱にあたると認定。賠償命令を出している。運営側はこれを不服とし、大阪高裁に控訴した。
このサイト上にはさまざまな企業のバナー広告が並んでいた。自動車会社や銀行など、誰でも知っている大企業も多かった。
こうした状態を問題視した一部のネットユーザーが、企業側への通報を始めた。まとめサイトの運営は広告料収入に依存しているため、それを絶つ動きだ。
エプソンは通報を受け、中1日で出稿を取りやめた。BuzzFeed Newsの取材に「弊社の社内規定であるコミュニケーション活動の中立性の維持の観点から出稿を見合わせました」と説明している。
ネット広告の特性上、企業側が自社の広告がどのサイトに掲載されているか、把握できていないケースは多い。エプソンも「自動で掲載されていたため、把握していなかった」という。
動きはアフィリエイト仲介サービスにも
通報の動きは、広告主である企業だけではなく、アフィリエイトを仲介している業者(ASP)にも広がった。
国内最大級の「A8.net」の運営会社「ファンコミュニケーションズ」の広報担当者はBuzzFeed Newsに、保守速報との提携を解除したことを認めたうえで、こう説明した。
「6月5日に保守速報サイトについての問い合わせがあり、その後、社内で調査検討し、提携を解除しました。成果報酬の支払いはありませんでした」
どれほどの契約期間があったのか、どのような根拠で提携を解除したかについては「契約上の守秘義務等の関係」から答えなかったが、「当社では当社の定める規約に反する広告主・メディアの参加は認めていない」と説明した。
「A8.net」は、会員利用規約で「メディア会員としての資格」として以下のようなサイトの運営を禁じている。
こうしたサイトとの提携を事前に防げないのか。担当者はこう話した。
「必ず提携前に事前チェックを行いますが、その後サイトの掲載内容が変わるなどして、チェックを漏れることもあります」
また、掲載企業側は提携先を把握できるが、自動掲載プランもあるために、確認が難しい場合もあるという。