ブログネタ
フランス語 に参加中!
茶屋町キャンドルナイト180601

≪ La pratique du football, qu’il faut différencier du spectacle, est un champ de lutte ≫
Peut-on être de gauche et aimer le football ? Peut-on aimer le football sans cautionner les dérives du football-business ? Le football peut-il s’abstraire des rapports de forces politiques et sociaux ? Autant de questions qui se posent de manière récurrente, notamment lors de l’organisation de grands événements sportifs comme la Coupe du monde qui se joue à l’heure actuelle en Russie. Pour tenter d’aborder ces questions de manière originale, nous avons rencontré Mickaë Correia, journaliste à CQFD et auteur d’une remarquable Histoire populaire du football, qui prend à contrepied une vision ≪ par en haut ≫ de ce sport ultra-populaire, et propose de stimulantes réflexions quant à la place du football dans nos sociétés. À noter : Mickaë Correia sera présent, parmi d’autres invitéEs, lors de notre prochaine université d’été.
Ton livre s’appelle ≪ Une histoire populaire du football ≫. On voit immédiatement la référence à d’autres ≪ histoires populaires ≫, ≪ des États-Unis ≫ chez Howard Zinn, ≪ de l’humanité ≫ chez Chris Harman ou ≪ de la France ≫ chez Gérard Noiriel (qui paraîtra en septembre prochain). Pourquoi as-tu voulu te situer dans cet espace critique en racontant une histoire populaire du football ?

Je suis convaincu, avec d’autres bien sûr, que l’histoire est un champ de bataille, on le voit bien aujourd’hui avec les figures réactionnaires et caricaturales qui sont Lorànt Deutsch et Stéphane Bern, mais aussi que l’histoire est toujours écrite par les vainqueurs, ou du moins les dominants. Dans le football c’est pareil : il y a une histoire officielle du football, avec les grands championnats, les grands clubs, les grands joueurs, qui est en réalité l’histoire d’un football professionnel, un football d’élite, qui sert un football qui est avant tout un divertissement marchand. Ce que je voulais faire moi, c’est une autre histoire, par en bas, qui démontre que la pratique du football, qu’il faut différencier du spectacle, est un champ de lutte : l’histoire du football comme pratique est une histoire d’accaparement, de dépossession, de réaccaparement et que, contrairement au discours dominant, c’est quelque chose de très politique, qui a été un vecteur d’organisation collective, de lutte, d’émancipation, etc. Le football a toujours accompagné les luttes sociales, les grands soubresauts de l’histoire, on l’a encore vu récemment avec les ≪ printemps arabes ≫ de 2011 [voir ci-contre] ou le mouvement de la place Taksim en Turquie en 2013. C’est ce que j’ai voulu raconter, ces pratiques, qui sont aussi des pratiques de lutte, pour que le plus grand nombre les connaisse, se les approprie, et pour que l’on s’en inspire.
Comment analyses-tu le -désintérêt, voire le mépris qui peut exister dans une certaine gauche par rapport aux sports populaires, et notamment le football ?
Il faut à ce sujet mobiliser l’histoire, car souvent on la connaît peu. Ce débat sur la place du football dans la société a été posé, au sein du mouvement ouvrier, dès le début du 20e siècle. Pour parler de la France, à l’époque le football est surtout sous le giron du patronat industriel et de l’Eglise, et le débat va se poser dans le mouvement ouvrier : le football devient un sport populaire, notamment chez les ouvriers, que faire avec ça ? Il va y avoir des débats acharnés, que l’on retrouve même dans les pages de l’Humanité . Certains affirment que le football est quelque chose qui inculque, par nature, la compétition, qui efface les distinctions de classe, tout le monde se retrouvant sous le même maillot, ce qui en fait un outil de contrôle social : au lieu de se syndiquer, de participer aux luttes, l’ouvrier préfère, sur le rare temps libre qu’il a, jouer au football. D’autres gens, parmi lesquels un journaliste de l’Huma, vont expliquer que les ouvriers aimant de toute évidence le foot, la question est plutôt de savoir comment les retirer des griffes du sport corporatiste de l’usine et de l’Église, et comment donner un autre sens politique au football : ce dernier n’est pas nécessairement un outil de contrôle social ou une façon d’apprendre la division du travail, et peut être une bonne école de la coopération, d’apprentissage de la construction et de l’action collectives, du fait de se sacrifier pour le collectif, etc.
Avec des résultats concrets ?
Dès 1908, des clubs ≪ rouges ≫ et une première fédération sportive ouvrière vont naître. C’est au départ quelque chose de modeste, une poignée d’équipes de foot, mais petit à petit on va avoir un véritable mouvement ouvrier sportif, qui va d’ailleurs suivre l’évolution du mouvement ouvrier. Lors du congrès de Tours en 1920, le mouvement ouvrier sportif va scissionner en deux, avec une fédération sportive socialiste et une fédération sportive d’obédience communiste. Ces deux fédérations vont regrouper environ 200 équipes de football, qui vont être un important espace de recrutement militant. Faire venir les ouvriers dans ces clubs est un moyen de les politiser, c’est également une manière de mettre en scène la culture ouvrière : maillots rouges et/ou noirs, clubs de foot dans les noms desquels on retrouve les mots ≪ étoile ≫, ≪ travail ≫, socialiste ≫, etc. Lorsque l’on organise des matchs ou des tournois, on arrache les drapeaux bleu-blanc-rouge et on les remplace par des drapeaux rouges, on chante l’Internationale avant les matchs, des discours politiques précèdent et/ou suivent les matchs, etc.
Et quand je dis que cette histoire suit l’évolution du mouvement ouvrier, c’est très concret en 1934 avec, dans la dynamique du Front populaire et des appels à l’unité face au fascisme, la création de la Fédération sportive et gymnique du travail (FSGT), issue de la fusion entre l’Union des sociétés sportives et gymniques du travail (USSGT, socialiste) et la Fédération sportive du travail (FST, communiste). Et certains militants vont aller voir leurs camarades en leur disant que l’unité politique est possible puisqu’elle a pu être réalisée dans le sport, au sein d’une fédération qui compte alors plus de 100 000 adhérents.
Et les critiques disparaissent ?
Non, elles existent toujours, et vont connaître un nouveau développement dans les années qui suivent Mai 68, avec notamment des sociologues freudo-marxistes, dont l’un des plus connus est Jean-Marie Brohm, qui vont développer une critique radicale du sport. Ils expliquent que le sport est un nouvel opium du peuple, et que l’idéologie sportive est une idéologie capitaliste et fascisante. C’est une théorie salutaire, très séduisante, qui va irriguer jusqu’à aujourd’hui tous les mouvements de gauche, notamment à propos du caractère aliénant du sport. Et c’est quelque chose que l’on retrouve à une grande échelle, je pense par exemple à la figure du ≪ beauf ≫ de Cabu, du supporter de foot raciste, etc. Cela se développe d’autant plus que la France n’est pas un grand pays de football comme l’Italie, l’Angleterre ou l’Espagne, et qu’on a par ailleurs très peu de figures publiques, d’intellectuels, qui vont affirmer leur amour du foot. A part Camus, Pasolini, Semprun, pas grand monde.
Penses-tu pour autant que tout soit à jeter dans cette critique ? La dimension aliénante du sport est indéniable, avec l’esprit de compétition, le chauvinisme, etc.
Cette théorie critique est intéressante mais je trouve qu’elle jette le bébé avec l’eau du bain. C’est une confusion entre d’une part le sport-spectacle, le foot-business et, d’autre part, le foot comme une pratique. Car le football reste avant tout une pratique ≪ pauvre ≫ : tu as juste besoin d’un ballon, les règles sont assez simples, etc. Je trouve en outre que d’un point de vue militant, le rejet en bloc du foot est une aberration stratégique et politique : aujourd’hui, l’élément culturel le plus structurant dans les classes populaires et chez les jeunes des quartiers populaires, c’est le football ! Et c’est fou que la gauche ne s’y intéresse pas… Cela a été un des moteurs pour l’écriture de mon livre : le football est un terrain de rencontre, de dialogue, un moyen d’aller discuter avec notamment des jeunes dans les quartiers populaires, un point d’accroche génial. Je considère qu’un coche a été manqué par la gauche dans et depuis les années 1970, qui est à mettre en relation avec l’évolution sociologique de la gauche et même de l’extrême gauche, moins ancrées dans les milieux populaires, davantage issues des classes moyennes.
Mais penses-tu vraiment qu’à l’heure du football-business, des milliards investis dans le football, les processus que tu as décrits concernant la première moitié du 20e siècle pourraient être reproduits ? Même dans les petits clubs amateurs, le football-spectacle a des répercussions sur les aspirations des jeunes qui viennent y jouer, avec cette idée que si tu veux vraiment t’accomplir, il faut aller dans un ≪ grand ≫ club. Comment imaginer des clubs qui proposent un ≪ autre football ≫ dans de telles conditions ?
En réalité l’autre football existe déjà, et a toujours existé. Il y a pour commencer tout le football en dehors de l’institution, en dehors de la fédération, que l’on connaît peu mais qui est un phénomène massif. On a un regard très européen sur la question, mais si tu regardes le foot dans le monde, c’est quelque chose qui est très largement en dehors de l’institution : au Brésil par exemple, l’endroit où le foot est roi, le foot est avant tout un sport de rue ; il y a plus de 200 millions de Brésiliens, et à peine 2 millions de licenciés dans les clubs, ce qui indique que le football au Brésil, c’est d’abord et avant tout celui qui se pratique de façon sauvage, dans les rues, c’est l’âme même du football brésilien. Le plus grand championnat amateur au monde se déroule là-bas, c’est une compétition ultra-populaire, et même des types comme Neymar viennent d’un foot amateur très particulier qui vient de Sao Paulo. Tu as aussi l’exemple du Sénégal, sur lequel je travaille, avec les ≪ navétanes ≫, un championnat inter-quartiers qui est organisé à l’échelle nationale pendant la saison des pluies, avec plus de 3 500 clubs qui ont 500 000 joueurs affiliés, soit 10 fois plus que la Fédération sénégalaise de football, laquelle essaie, avec son plus gros partenaire Orange, de mettre la main sur ce championnat sans y parvenir car ceux qui l’organisent refusent les logiques commerciales.
En France aussi, à une moindre échelle, tu as des phénomènes de ce genre : le nombre de licenciés à la Fédération stagne, car il y a un football qui se joue dans la rue, un vrai football populaire. Il faut comprendre que dans des familles pauvres, où il y a pas mal d’enfants, payer des licences à tout le monde ce n’est pas évident, mais c’est aussi que pour certains jeunes, avoir des horaires stricts d’entraînement ça emmerde, etc. Aujourd’hui, le nombre de gamins qui jouent au foot toute la journée, surtout le week-end, en étant complètement hors institution, c’est énorme, tu n’as qu’à regarder la banlieue parisienne… Et dans l’équipe de France aujourd’hui, tu as des joueurs comme Pogba, Dembele, qui ont appris le foot dans la rue, au pied des immeubles.
Après évidemment, tu vas avoir des modèles issus du star--system qui vont servir de référence, mais après tout le football, c’est une culture de masse, comme le -cinéma, la musique, etc., et on sait que même dans les trucs les plus underground du cinéma ou de la musique, on va toujours puiser dans des grands référentiels : le football populaire, alternatif, et le football marchand, ne sont pas deux sphères étanches. Et on voit bien que le football institutionnel va à son tour puiser dans l’imaginaire de la rue, comme les grandes marques d’équipement de sport.
Une dernière question, concernant les supporters et les clubs de supporters. Lorsque l’on regarde les stades, on est obligé de constater que certains clubs de supporters sont de véritables viviers pour l’extrême droite, ce qui est un argument utilisé par les personnes les plus critiques du football. Ce phénomène explique aussi une certaine appréhension, voire un rejet, de la part de gens de gauche, pour lesquels cette implantation de l’extrême droite dans les tribunes serait la démonstration qu’il n’y a pas, bien au contraire, d’essence progressiste du football. S’agit-il d’un phénomène intrinsèquement lié au foot, est-il davantage lié aux conditions politiques, économiques et sociales, ou est-ce que c’est un peu des deux ?
Un peu des deux en réalité. Dans la culture ultra, mais aussi le mouvement hools, duquel sont issus les hooligans, il y a un attachement au club, et donc à un certain territoire, mais aussi à une certaine identité, la ville, le club, etc. Et c’est certain que ces deux thématiques, territoire et identité, peuvent être facilement tirées à son profit par l’extrême droite, qui peut aisément les manipuler. Et c’est malheureusement ce qui s’est passé. Le mouvement hooligan anglais a été infiltré par les groupes d’extrême droite anglais, néonazis, dès la fin des années 1970, à la faveur de la crise économique et de la politique ultralibérale et répressive de Thatcher. Cela s’est aussi passé en Italie dans le mouvement ultra, avec une infiltration des tribunes par les mouvement fascistes à la fin des années 1990, qui ont fait basculer des tribunes plutôt de gauche, comme à l’AS Roma.
Pour moi c’est un phénomène très intéressant car les questions d’identité et de territoire sont en quelque sorte des angles morts à gauche, des synonymes de repli, ce que l’on peut comprendre dans une période de délire identitaire et de racisme anti-migrants. Mais l’identité peut aussi être quelque chose de collectif, de très inclusif. Et c’est pareil pour le territoire, qui peut être le support d’un imaginaire politique très intéressant. L’exemple que je donne souvent, un peu pour provoquer, c’est la Zad de Notre-Dame-des-Landes, où il y a vraiment un territoire qui a été défendu en portant un imaginaire politique assez fou, qui a été porteur d’un véritable mouvement social largement soutenu. Alors qu’il s’agissait bien d’une lutte ancrée dans un territoire, mais un territoire ouvert à l’autre, avec l’affirmation d’une identité particulière, mais une identité collective, ancrée dans une histoire sociale, l’histoire des luttes paysannes, etc. Moi je suis supporter du Red Star de Saint-Ouen, et on est attachés à notre tribune, à notre stade, et ce n’est pas anodin, car il est lui-même attaché à une histoire particulière, une histoire sociale, la Résistance, etc. On défend une tribune exempte de répression policière, exempte de comportements racistes, sexistes ou homophobes. On a nous aussi une identité et un territoire à part entière : ce n’est pas un terrain spécialement propice à l’extrême droite, les mouvements de gauche doivent aussi s’approprier cette culture et ces lieux, qui peuvent en outre être des lieux de support mutuel où se développe un imaginaire politique beaucoup plus plaisant que celui de l’extrême droite.
Propos recueillis par Julien Salingue
フランス語
フランス語の勉強?
福島をずっと見ているTV vol.73▽楢葉町の未来。どんな町にしたいですか?
2015年9月に避難指示が解除された楢葉町。去年4月には小中学校が再開、生活インフラを一カ所に集めたコンパクトタウンの商業施設もまもなくオープンする。現在町の人口は、震災前の4割ほど。除染作業などに携わる人や農業関係者など県外からの移住者も増えているという。この町とつながる人々が描く未来の話を聞きながら、番組MC箭内道彦さんとゲストの松田晋二さん(塙町出身のミュージシャン)は、何を思うのか… 猪苗代湖ズメンバー/THE BACK HORN…松田晋二, 箭内道彦,合原明子, 相沢舞
ハートネットTV▽千原ジュニア「B面談義」濱田祐太郎が!人生100年時代
千原ジュニアがタジタジに?!「日本酒と呼吸器が欠かせない」NPO法人理事長など、濃過ぎるコメンテーターが、エッジの効いたトークをする「B面談義」。今回はKABA.ちゃんが初登場!“女性として生きる老後の悩み”を激白。ゲストは、ひとり芸のコンテストでグランプリに輝いた“ほぼ全盲の漫談家”濱田祐太郎!「見えないネタは笑える?笑えない?」赤裸々な談義の世界にウェルカ〜ム! 濱田祐太郎, 弁護士…大胡田誠,南和行,NPO法人理事長…海老原宏美,KABA.ちゃん,吉原シュート,諭吉, 千原ジュニア, 三ツ矢雄二
今夜も生でさだまさし「〜北の国から2018夏・函館〜」
今夜も生でさだまさし〜北の国から2018夏・函館〜今年も生さだが北海道にやってきた!函館の美しい夜景を一望できる五稜郭タワーより生放送!特別史跡・五稜郭にさだまさしの歌声が響き渡る!PRコーナーでは函館局キャスターたちが命名150年目で注目の集まる北海道・函館の魅力を紹介する。前回波紋を呼んだ「ちだまさし」の謎も明らかに…? さだまさし, 井上知幸,住吉昇
サンデーモーニング
米中が貿易戦争に…?高まる緊張・背景は▽移民親子分離に批判▽がん患者にやじ▽熱狂ロシアW杯初戦勝利▽今夜対戦セネガルは▽交流戦▽ルール違反? 関口宏 橋谷能理子 唐橋ユミ 伊藤友里 水野真裕美(TBSアナウンサー) 張本勲(他) 三枝成彰 ◇番組HP http://www.tbs.co.jp/sunday/ 西野哲史 金富 隆
明日へ つなげよう 証言記録▽暴走する原発に突入せよ〜事故拡大防いだ下請け企業
原子炉建屋の相次ぐ爆発で危機に陥った福島第一原発。東京電力社員の多くが被ばくし人手が不足するなか、自ら志願し現場に突入した下請け企業の技術者がいた。任務は、メルトダウンが進む原子炉内部の状況を見極めるのに欠かせない、水位計の中から僅かに残った正常な計器を見つけ出すこと。ガイガーカウンターが鳴り響く暗闇を全力で走り点検に成功、事故拡大を防いだ技術者たち。今初めて明かされる下請け企業のプロたちの証言。 守本奈実
梁英聖@『日本型ヘイトスピーチとは何か』(影書房) @rysyrys
バスケ留学生選手の審判殴打事件で、学校が即座に留学生を帰国させることを公表した理由として、差別が殺到したことが挙げられているようだ。
もし学校が差別から留学生を守り切れないなら、その学校は最初から留学生を受け入れる資格がない。留学生は人間です。
学校は学生の安全を守る責任がある

ARICヘイトウォッチチーム @AricHateWatch
学校は外部からの人種差別にはっきり反対し差別から生徒を守るべき。スポーツ強化のために留学生を受け入れ、事件の原因として教育環境の不十分さを認めながら、差別に負けて「はい帰ってください」はありえない。

今日もまた仕事.なんだかおかしくなりそうです.日曜仕事がデフォルトになってしまっています.うーん.今日はダンメンを書きました.疲れました.
携帯に知らない番号から電話がありました.どうもあやしい電話だったみたいです.
仕事メールを書いて今日のお仕事はおしまいにしました.

<南三陸・荒嶋神社>復興の象徴・鳥居再建へ 来夏完成を目標に若者ら募金活動企画
 宮城県南三陸町志津川の荒島に鎮座する荒嶋神社の鳥居再建プロジェクトが本格的に始動した。東日本大震災の津波で流失した鳥居の再建に向け、地元の若手が中心となって募金活動を企画。来年7月に行われる宵宮祭までの完成を目指す。
 震災の津波で荒島の入り口に建っていた高さ9.6メートルの朱色の鳥居は土台を残して流失した。神社の組織運営を担った本浜契約講が震災の影響や高齢化を理由に2012年に解散。周辺の復旧工事もあり、再建に動きだせずにいた。
 昨年、神社の総代を若手中心に再編。30〜40代の氏子が16年に結成した「南三陸五社之氏子青年会」の後押しもあり、再建費の見積もりなどの準備を進めてきた。
 青年会を中心に1日、荒嶋神社鳥居再建プロジェクト実行委員会が発足。メンバーの佐藤太一さん(33)は「力を合わせ、神社の象徴である鳥居の再建を支援したい」と意気込む。
 鳥居は高さ5.3メートルで、再建費は500万円を見込む。町民や町内の企業をはじめ、フェイスブックを使って広く町外にも寄付を呼び掛ける。以前の土台は震災の記憶を後世に伝えるために残し、その近くに新たに建てる。
 志津川の本浜地区にあった荒嶋神社は1960年のチリ地震津波後の区画整理で荒島に移った。昔から漁師の信仰が厚く、今も新しい船で海に出る際は荒島の周囲を回って漁の安全や豊漁を祈願する。
 実行委員会長を務める荒嶋神社の工藤庄悦宮司(46)は「荒島周辺の海水浴場や公園の整備が終わり、ようやく動きだせる状況になった。鳥居再建は神社を守っていく一歩になる」と話す。募金に関する連絡先は実行委事務局0226(46)2037。


いしのまき復興マラソン開幕 初日のウオーキングに200人参加
 東日本大震災からの復興の姿と支援への感謝を発信する第4回いしのまき復興マラソン(石巻市、市体育協会、河北新報社など主催)が23日、石巻市で開幕した。初日のウオーキングの部に約200人が出場し、震災の爪痕が随所に残る被災地を歩いた。
 石ノ森萬画館を発着点とした湊、南浜、門脇の各地区を通る約8キロのコース。出場者は津波火災に見舞われた旧門脇小、震災遺構の「本間家土蔵」、整備が進む南浜地区の津波復興祈念公園エリアを経由し、ゴールを目指した。
 完歩した仙台市宮城野区の会社員馬崎秀明さん(45)は「復興と健康をキーワードに初めて参加した。来年以降も訪れ、復興する姿を見続けたい」と話した。
 市総合運動公園では大会ゲストランナーの谷川真理さんによるランニング教室があり、ランナー約80人がアドバイスを受けた。
 2日目は総合運動公園を発着点に、メインのハーフマラソンなど18種目を実施。計約1800人がエントリーしている。会場からは石巻市内を巡る無料シャトルバスが運行され、いずれも中央2丁目の「復興まちづくり情報交流館 中央館」、いしのまき元気市場を結ぶ。


<あなたに伝えたい>責任を全うした姿、誇らしく
◎浜名紀雄さん(南相馬市)から淳一さんへ
 紀雄さん 淳一は一人息子。小さい時はやんちゃで活発だったけれど、手のかからないしっかり者。嫁とも仲が良く、朝早く2人で仏壇に手を合わせていました。消防団でリーダー役を果たしていたね。
 揺れた時は勤務先の浪江の工場にいて、消防団の招集を受けたようです。「みんなを集めていてくれ」。消防団の仲間が見せてくれたメールにそうありました。気をもみ急いで帰ったんでしょう。淳一らしい。
 家族で捜しました。浪江町で渋滞する対向車線を横目に、車で役場へ病院へ。早く見つけたい一心で。渋滞が東京電力福島第1原発事故の避難の列だとは、全く気付きませんでした。
 見つけたのは9日後。沿岸の国道6号沿いに、うつぶせで倒れていました。
 顔は見なくても分かったよ。息子だもん。眠るよう。離れるのがつらくて納骨には時間がかかったな。
 経営するカラオケ店を継いでほしかった。断られたけれど、震災後、お母さんから「『俺がやるしかないか』と話していた」と聞いてうれしかったよ。
 2013年、南相馬市原町区に新居を建てました。一角は淳一のスペース。帰宅後にビールを供えて写真の顔を見るのが日課。震災前は互いに忙しく、擦れ違いが多かったから。
 今年、消防団が殉職団員の顕彰碑を建ててくれたよ。責任を全うしようとしたお前の姿は誇り。だけど、一度も仏壇に手を合わせていない。もう戻らないと認めたくないんだ。
◎消防団のリーダー役 しっかり者の息子
 浜名淳一さん=当時(42)= 南相馬市鹿島区の自宅で父紀雄さん(75)、母シゲ子さん(73)と妻との4人暮らしだった。地元消防団の活動のため、福島県浪江町の職場から車で地元に戻るさなか、津波に遭ったとみられる。当時の自宅も津波に流された。


被災した大学生が教師への夢語る
東日本大震災の被災地などで、NHKのイベントや番組を楽しんでもらおうという催しが名取市で開かれ、被災した大学生が、教師となって防災教育の重要性などを次の世代に伝えたいと夢を語りました。
この催しは、NHKが「公開復興サポート」と名付け、東日本大震災や熊本地震の被災地で行っているもので、13回目の24日は、名取市の各地でNHKのイベントや番組の公開収録が行われました。
このうち、名取北高校では、「クローズアップ現代+」の武田真一アナウンサーが司会を務め、被災した大学生などが参加して、トークイベントが行われました。
この中で、震災で名取市閖上地区の自宅を流された大学2年生の女性は、「被災したあと、小学校の先生が優しく寄り添ってくれたことをきっかけに教師を目指している。防災教育や人の支えの重要性を次の世代に伝えたい」と述べました。
また、親友を亡くしたという大学4年生の男性も、子どもの夢を応援できるような教師になりたいと話していました。
話を聞いた柴田町の50代の女性は、「震災を人生の転機にしたのはすばらしいと思いました。夢に向かって頑張って欲しいです」と話していました。


瑞巌寺 ”大修理”終え落慶法要
国宝の本堂など10年がかりの「平成の大修理」を終えた松島町の瑞巌寺で、24日、落成を記念する法要が行われました。
伊達政宗の菩提寺として知られる松島町の瑞巌寺は、国宝に指定されている本堂や門などの老朽化が進んだため、10年がかりで大規模な修復工事「平成の大修理」を行ってきました。
24日は、屋根のふき替えや耐震補強などを行い新たに生まれ変わった本堂で、落成を記念する「落慶法要」が営まれました。
法要では、はじめに伊達家の18代当主伊達泰宗さんが、香をたいて政宗の霊前に供えました。
このあと、全国各地から駆けつけた僧たちが、列を作って経を唱えながら、本堂をめぐり、境内は厳かな雰囲気に包まれていました。
初めて瑞巌寺を訪れたという女性は、「震災で被災し、松島町に移住してきました。貴重な建物なので末永く残していってほしい」と話していました。
松島町では、観光客の数が震災前の8割程度にとどまっていて、町は大修理を終えた瑞巌寺をPRしながら、観光客を増やしていきたいとしています。


<戊辰戦争150年>「恩讐越え国発展に尽力」白虎隊生存者の孫が講演
 戊辰戦争で集団自刃した会津藩白虎隊士の中で唯一命を取り留めた飯沼貞雄(旧名貞吉)の孫で、東日本大震災当時に石巻赤十字病院長だった飯沼一宇(かずいえ)さん(77)=仙台市太白区、東北大名誉教授=の講演会が23日、仙台市青葉区の北山市民センターであった。
 飯沼さんは、貞雄が戦後に電信技師となり、敵方の長州藩だった山口県などで勤務した後、最後の赴任地仙台で晩年を過ごしたことを説明し、「生き延びた以上は、戦争の恩讐(おんしゅう)を越えて国の発展に尽くしたいと考えたのだろう」と語った。
 「ならぬことはならぬ」で知られる会津藩士の子弟が学ぶ教え「什(じゅう)の掟(おきて)」にも触れ、「禁止事項の列挙と思われがちだが、本質は各人に責任の全うを求める点にある」と解説。自身が被災地医療に携わる上で、教えが一つの指針となったと振り返った。
 同センターと市民グループ「北山ガイドボランティア」の主催で、市民約60人が聴講した。


<大阪北部地震>命守れず悔しい 塀以外も点検を
◎15年に危険性指摘/仙台の防災アドバイザー吉田亮一さん
 大阪府北部地震で高槻市寿栄小4年三宅璃奈さん(9)がブロック塀の下敷きになり死亡した事故で、2015年に同校に危険性を指摘した仙台市在住の学校防災・地域防災アドバイザー吉田亮一さん(60)が23日、河北新報の取材に「守れたはずの命。悔しい」と述べた。全国的に校舎内の危険箇所が見過ごされているとして、早急な対応を求めた。(聞き手は報道部・吉田尚史)
 −学校側に具体的にどのような指摘をしたのか。
 「防災教室の講師として同校を訪れ、通学路を点検した。プール脇のブロック塀は古く、非常に圧迫感がある高さ。防犯のためフェンスだった部分に後付けで設置されたとの説明を受けたが、時期を尋ねても把握していなかった」
 「大きな地震で倒壊する恐れがあるため、設置年を調べ、耐震診断を受けるようアドバイスした。市教委は棒でたたくなど簡易な方法で安全確認したというがナンセンス。指摘が生かされず本当に悔しい」
 −今回の事故を機に、全国で通学路の緊急安全点検が進められている。
 「問題は校舎内にもある。建物自体は耐震化が進み、窓ガラスの飛散防止フィルムなども施されているが、教室や廊下の危険性が見落とされている」
 「廊下は消防法で通路・避難路と位置付けられているが、展示物や金魚鉢などが置かれていることもある。家庭科室では棚のミシンが滑り落ちる危険性をいつも指摘している。食器棚を固定していても、観音開きの扉は鍵が掛かっていないと皿が飛び出してくる」
 −どんな対策が必要か。
 「学校は危機感を持ち、想像力を働かせて教室内を360度見渡して点検してほしい。PTAも子どもたちが安全に学べるよう点検に参加すべきだ。安全分野を担当する教員の研修内容も確認が必要だろう」
[よしだ・りょういち]仙台市出身。保育園理事長の傍ら、2009年から15年まで消防庁防災アドバイザー(宮城県登録)。12年から国の実践的防災支援事業に協力し、教員研修会などの講師も務める。60歳。


ブロック塀倒壊 命守るため点検と安全対策急務
 大阪府北部地震で小学4年の女子児童がブロック塀の下敷きになり死亡した事故は、人災の側面が大きいことが分かってきた。塀は違法建築で、過去にあった複数の点検で危険性が見逃されてきた。適切な措置が取られていれば、悲惨な事故を防げた可能性がある。ずさんな安全管理を長年続けてきた学校、行政の責任は重い。
 全国の学校で緊急点検や安全対策が進んでいる。しかし、校内の確認だけでは不十分で、通学路まで対象を広げる必要がある。また安全性が確認されていないブロック塀は地域に数多く存在している。膨大な作業になるが、守れる命を守るため点検と補修、撤去が急務だ。
 大阪府高槻市の寿栄小学校では、少なくとも2回はブロック塀の危険性を把握し、対策を講じる機会があった。まず2015年に防災専門家が講演のため訪れた際に危険性を指摘し、学校側に撤去を促した。市教育委員会の職員は点検したが、建築士などの資格はなく、目視や棒でたたく簡易な手法だった。
 3年に1度の法定点検は13年度は未実施で、17年1月に16年度の点検を実施したが、目視で損傷や劣化を確認しただけだった。専門家の指摘を受けていたことを踏まえると、怠慢な対応であり、危機意識が低すぎる。市教委や学校の安全対策への本気度を疑わざるを得ない。
 ブロック塀はもともと、建築基準法に違反していた。塀の基礎部分は高さ1.9辰如△修両紊棒瀉屬靴討い森發毅院ィ境辰離屮蹈奪部分を足すと3.5辰砲覆蝓■押ィ沖丹焚爾箸いΥ霆爐鯆兇┐討い拭9發毅院ィ沖辰鯆兇┐訃豺腓棒瀉屬決められている、「控え壁」と呼ばれる補強材もなかった。
 ブロック塀と基礎部分をつなぐ鉄筋の長さが短く、脆弱(ぜいじゃく)な構造も問題が大きい。大阪府警が業務上過失致死容疑で現場検証し、構造や設置された時期を詳しく調べている。公共施設で起きた重大な事故であり、原因究明と再発防止に向け、徹底した捜査をしてほしい。
 全国で行われている緊急点検で、建築基準法の基準に不適格なブロック塀が相次いで確認されている。愛媛県内では松山市の2小学校で不適格な塀があったとして、市教委が撤去する方針を発表した。県内の他の自治体でも目視の検査が実施されている。全国の小中学校で耐震化が進められ、校舎や体育館は毎年耐震化の状況が確認されていたが、倒壊したような塀は対象外だった。災害はいつ起きるか分からず調査を急ぎたい。
 今回の地震では、民家のブロック塀でも倒壊事故が起きた。国は全国の塀の所有者向けに点検ポイントを公表し、自治体を通じ安全確認を要請した。耐震性が高くない構造物は塀だけではない。建物外壁や看板、自動販売機など身近な物が災害では凶器に変わる。地域を挙げて危険な場所を洗い出し、減災につなげることが不可欠だ。


福島第2原発廃炉 汚染水対策を絡めるな
 東京電力が福島第2原発の廃炉方針を表明した。第1原発による惨禍を考えると、再稼働は事実上難しかった。
 3年前に第2原発を視察した際、東電から「最大の使命は、プールで管理している使用済み燃料の冷却維持」との説明を聞いた。第1原発と同様、津波に襲われ原子炉の冷却機能を一時喪失した経緯があり、対策を強化しての管理は切実な命題に感じられた。
 そんな中で再稼働を目指す時をじっと待っていたのかもしれない。しかし、その時は訪れなかった。4基は運転開始から30〜36年が経過しており、原則40年の運転期間に近づきつつあることも判断材料になっただろう。
 廃炉は福島県が求めてきたことでもあり、当然だ。ただ、判断は遅すぎたのではないか。気になるのはこの時期に表明した背景だ。
 第1原発に大量に保管される汚染処理水との絡みが指摘されている。特別な装置で浄化処理しても除去できない放射性物質トリチウム(三重水素)を含む水だ。原発の通常運転でも発生するトリチウムは基準値を下回れば海洋放出が認められ、原子力規制委員会は基準以下に薄めて放出するよう求めてきた。
 一方、東電は主体的には方針を打ち出さないまま推移。そんな中で昨年、川村隆会長が報道機関のインタビューに「(放出の)判断はもうしている」と述べた。
 この発言に対して「新たな風評被害を生む」と漁業関係者らが反発。全国漁業協同組合連合会が抗議し、東電は釈明を迫られた。問題の難しさが改めて示された形で、本県でも気にかける漁業関係者がいることだろう。
 そこで、「第2原発廃炉」を交渉カードにするのではないかとの見方が出ている。10月には福島県知事選がある。県内全基廃炉を掲げて初当選し、再選出馬を表明した現知事にとって廃炉方針提示は大きな成果。その代わり、汚染処理水放出に知事らの協力を得たいという思惑が透けて見えるという。
 地元にとっては放出しないに越したことはない。しかし、東電が検討するなら、まずは地元や漁業者への丁寧な説明が欠かせない。そして、放出と第2原発廃炉は別問題だ。交渉カードにすることは、さらなる反発を招く結果になるのではないか。
 それにしても、第1、第2合わせて10基もあることは、廃炉作業の極めて厳しい道のりを予感させる。
 事故後、福島県は「原子力に依存しない社会づくり」を掲げ、「再生可能エネルギーの飛躍的推進」を図っている。同分野で東北のけん引役となることを期待しつつ、廃炉の進展を見守りたい。


仏アストリッドの計画縮小 「見果てぬ夢」浮き彫りに
 原発の使用済み核燃料を全量再処理し、取り出したプルトニウムを高速増殖炉で再び使う。事実上破綻している日本の「核燃料サイクル」政策にさらなるほころびが生じた。
 廃炉が決まった高速増殖原型炉「もんじゅ」の後継として日本が協力を表明しているフランスの高速実証炉「アストリッド」計画の大幅な縮小方針だ。
 出力は当初予定の3分の1以下で「もんじゅ」より小さい。これで実証炉としての役割を果たせるのか。疑問の声が上がるのは当然だ。
 しかも、アストリッドを建設するか否かを決めるのは2024年。次の実用炉を造るかどうかの決定は60年ごろ。ゴーサインが出たとしても実際に造るのは80年ごろという。
 ここから浮かぶのは高速炉先進国のフランスでさえ実用化を念頭においていないということだ。アストリッド縮小の背景としても「実用炉には緊急性がない」と認めている。
 かつて核燃料サイクルが構想されたのは、ウランが不足し燃料のリサイクルに経済性が生まれると考えられたからだ。しかしウランは十分にあり、一方で、高速炉の実現は難しく、経済的にも見合わないことが明らかになった。米英独など主要国が撤退したのはそのためだ。
 原発の先行きが不透明で、財政状況も厳しい日本が、アストリッド計画に費用負担して参加する意味があるとは思えない。参加はやめ、サイクル政策そのものからの撤退へかじを切る好機とした方がいい。
 サイクルには別の側面もある。再処理によって生み出されるプルトニウムが核兵器に転用できることだ。
 このため日本政府は「利用目的のないプルトニウムは持たない」を原則としてきたが、すでに英仏に37トン、国内に10トン、計47トンものプルトニウムを保有する。青森県の再処理工場が稼働すれば、さらに増える。
 本命の高速増殖炉が頓挫した今、プルトニウムを消費できる頼みの綱は普通の原発で燃やす「プルサーマル」だが、これも進むめどはない。
 政府の原子力委員会はプルトニウム削減の指針をまとめるというが、サイクル政策を変えずに小手先で対応するのは限界だ。核拡散を懸念する米国や近隣諸国からの批判が強まる前に、路線変更が必要だ。


週のはじめに考える 千もの針が突き刺さる
 イタイイタイ病が全国初の公害病に認定されて五十年。その激痛は今もなお、形を変えてこの国をさいなみ続けているようです。例えば福島の被災地で。
 息を吸うとき、
 針千本か 二千本で刺すように
 痛いがです
 富山市の富山県立イタイイタイ病資料館。入り口近くの壁に大きく書かれた患者の言葉が、わが身にも突き刺さってくるようです。
 イタイイタイ病。あまりの激痛に、患者=被害者が「痛い、痛い」と泣き叫ぶことから、地元紙が報じた呼び名です。
 富山平野の中央を貫く神通(じんづう)川。イタイイタイ病の発生は、その流域の扇状地に限られます。
◆「公害病」認定第1号
 被害者は、川から引いた水を飲み、稲を養い、川の恵みの魚を食べる−、生活の多くの部分を川に委ねた人たちでした。
 川の異変は明治の末からありました。神通川の清流が白く濁るのに住民は気付いていたのです。
 大正期にはすでに「奇病」のうわさが地域に広がり始めていたものの、調査は進まず、「原因不明」とされていました。
 原因が上流の三井金属鉱業神岡鉱山から排出される鉱毒だと明らかにされたのは、一九六〇年代になってから。亜鉛の鉱石に含まれるカドミウムという毒物が体内に蓄積され、腎臓を痛めつけ、骨に必要な栄養が回らなくなったために引き起こされた重度の「骨軟化症」だったのです。
 イタイイタイ病を発症するのは、主に三十五歳から五十歳くらいの出産経験のある女性。全身に強い痛みを覚え、骨が折れやすくなるのが主症状。くしゃみをしただけで折れてしまうといわれたほどに、もろくなるのが特徴でした。
 全身に七十二カ所の骨折をした人や、脊椎がつぶれ、身長が三十センチも縮んだ人もいました。
 六八年五月、当時の厚生省は見解を発表し、その病気は鉱石から流れ出たカドミウムが原因の「公害病」だと結論づけました。
 公害病認定第一号−。「人間の産業活動により排出される有害物質が引き起こす健康被害」だと、初めて認められたのです。
 これにより、被害者の救済と補償を求めて起こした裁判も七二年八月、原告側の完全勝訴に終わり、被害者団体と原因企業の三井金属鉱業側との間で結ばれた“約束(協定)”に基づいて、神通川の水は再び清められ、美田は回復されました。
 しかし例えば、資料館が制作した「イタイイタイ病に学ぶ」と題する案内ビデオは、このようなナレーションで結ばれます。
 「イタイイタイ病は終わったわけではありません−」
◆環境の時代への転換点
 企業活動との因果関係を明らかにした公害病認定は、環境行政の画期的転換点になりました。
 被害者救済や再発防止は政府の責任で進めていくという方向性が定められ、七〇年の「公害国会」につながりました。
 イタイイタイ病、水俣病、新潟水俣病、四日市ぜんそく−。これら四大公害病が社会問題化する中で、すでに六七年八月に公害対策基本法が施行されていました。
 ところがそれは「経済の健全な発展との調和」を前提とする不完全なものでした。経済優先の考え方が、まだ残されていたのです。
 イタイイタイ病の認定などを受けた「公害国会」では、関連する十四の法律が成立し、「調和条項」も、その時削除されました。
 ところが二〇一一年三月十一日、そのほころびは再び露呈することになりました。
 福島第一原発事故で広範囲に飛び散り、海にも流れた放射性物質は、多くの人にふるさとを失わせ、農業者や漁業者を今も苦しめ続けています。
 公害対策基本法のもと、汚染を規制するはずの大気汚染防止法や水質汚濁防止法の対象からは、放射性物質が除外されてしまっていたのです。
 福島の事故のあと、放射性物質の「監視」や「報告」が義務付けられはしましたが、規制基準や罰則規定は今もありません。
◆福島に届いていない
 福島原発の廃炉は、まだめどさえ立たぬまま、北陸で、四国で、九州で、「経済優先」の原発再稼働が進んでいます。「調和条項」がまだ生きているかのように。
 被害者救済、再発防止をめざして生まれた四大公害病の“レガシー(遺産)”は、福島には届いていませんでした。
 資料館を出たあとも、「痛い、痛い」と訴える被害者たちの文字通り悲痛な叫びが、追いかけてくるようでした。
 公害病認定半世紀。その声に耳をふさぐわけにはいきません。 


デマの拡散/悪意ある情報を許さない
 大阪北部地震では、会員制交流サイト(SNS)が災害情報で大きな役割を果たした。
 被災地の自治体や首長は市民への情報伝達にツイッターなどを積極的に活用した。一方、被災した住民からは水道管破裂などの被害情報が伝えられた。
 ただ、人々が頼りとしたインターネット空間に、うそや差別を助長する情報も飛び交っていたことは見過ごせない。地震直後に「シマウマが脱走した」「京阪電車が脱線した」など全く虚偽の情報が流された。
 ネットでは有益な情報とともにデマも瞬く間に拡散していく。災害時の活用を進める一方で、そうした問題もあることを認識しておく必要がある。
 2年前の熊本地震では「ライオンが放たれた」という情報が被災地に大きな混乱を招いた。動物園には一晩で100件以上の電話が殺到し、投稿した男が逮捕される事件に発展した。
 デマには、こうした意図的な作り話をフェイクニュースとして流すほか、誤解や勘違いから広がるケースもある。
 情報が限られた非常時に、人はデマを信じやすくなる。それでも信頼できる情報なのか、発信元や報道機関のニュースをもとに、真偽を見極めることを心掛けたい。
 深刻なのは、大きな地震が起きると差別をあおるデマが繰り返されていることだ。
 ヘイトスピーチ対策法の施行から2年が過ぎたが、今回も「在日外国人のテロに注意」などと根拠のない偽情報が出た。人々の不安が高まる災害時に乗じた極めて悪質な行為である。
 95年前の関東大震災では「朝鮮人が暴動を起こす」といったデマが流布され、多数の人々が殺された。このことを忘れてはならない。
 熊本地震などの教訓から、法務省や大阪府は未確認の情報をむやみに拡散しないよう注意喚起した。放置すれば弊害が大きい悪質なデマは、明確に否定する対応もとるべきではないか。
 デマは一度世に出ると、発信者が訂正しても拡散し続ける。大切なのは受け手が反射的に広げないことだ。ネット社会にふさわしい情報リテラシーを高めたい。


海のプラごみ 危機感持ち積極対策を
 深刻な海洋汚染の要因であるプラスチックごみの削減は、国際社会の喫緊の課題だ。特に、微粒子状のマイクロプラスチックは、生態系への影響も大きい。
 ところが、日本の姿勢は驚くほど消極的と言わざるを得ない。
 今国会で初めてマイクロプラスチック対策を盛った改正海岸漂着物処理推進法が成立したが、規制ではなく、事業者に排出抑制の努力義務を課すにとどまった。
 相前後して開かれた先進7カ国(G7)首脳会議では、米国とともに、プラスチックごみ削減の数値目標策定を促した「海洋プラスチック憲章」への署名を拒み、批判を浴びている。
 本来、海洋国家として、海の環境を保全する国際的な動きを主導すべき立場にあるはずだ。
 政府は今後、使い捨て容器包装の削減などを柱とする「プラスチック資源循環戦略」を策定する方針だ。後ろ向きの姿勢を改め、実効性ある具体策を早急に示さなければならない。
 海のプラスチックごみを巡っては、海鳥やウミガメがレジ袋を誤食するといった例が知られる。
 近年、問題視されているのは、波や紫外線で5ミリ以下に砕けたマイクロプラスチックだ。洗顔料などに添加される研磨剤や、化学繊維のくずも含まれる。
 これが厄介なのは、回収が困難な上、ダイオキシン類などの有害物質を吸着する性質があり、食物連鎖の中で蓄積が進む点だ。
 魚や貝からの検出例も広がり、人体への影響が懸念される。
 既に、欧州連合(EU)は、30年までに使い捨て容器包装をやめる方針を決め、新たな規制案を加盟国に示した。インドや台湾なども全廃方針を打ち出している。
 これに比べ、日本の対応の鈍さは際立っている。
 「海洋プラスチック憲章」の署名を拒んだのは、規制に消極的とされる米国への追随だろう。
 政府は「国民生活・経済への影響を精査する」と言うが、この問題は近年、G7首脳会議でもたびたび取り上げられてきた。
 調整の時間は十分あったはずで、政府の言い訳にはほとんど説得力がない。そもそも、日本が使い捨てプラスチック製品の使用量が米国に次いで多いことの自覚も、欠いているのではないか。
 プラスチック製品は社会の隅々に行き渡っており、使い捨て文化から脱却するには、暮らし全体の見直しが不可欠だ。消費者もまた意識改革を求められている。


反セクハラ条約  国内法の整備は急務だ
 「現行法令でセクハラ罪という罪は存在しない」−。安倍晋三政権が先月、麻生太郎財務相の「暴言」を擁護するかのような政府答弁書を閣議決定した。
 確かに日本にセクハラ行為そのものを禁止する法律上の規定はない。とはいえ答弁書からは政官界の感覚の鈍さが垣間見える。法の不備でセクハラがなくならないとすれば、女性の社会進出が著しい世界の潮流に日本は取り残されかねない。
 国際労働機関(ILO)は先ごろ、セクハラ、パワハラといった職場での暴力やハラスメントをなくすための条約をつくる方針を決めた。拘束力を持つ条約を制定すべきだとした委員会報告を踏まえ、来年の年次総会で条約採択を目指すという。
 ハラスメントは人間の尊厳や人格を踏みにじり、職場環境の悪化を招く。世界各地で性被害を告発する「#MeToo」運動も広がっている。
 そんな中、国際社会がハラスメントの根絶に向け、拘束力のない勧告と組み合わせて初の国際基準制定に踏み出したことを歓迎したい。
 だが、ILOの場で条約制定を強く訴えた欧州諸国などと比べ、日本政府の消極姿勢が際立った。国際感覚の欠如を否めない対応だったと言えよう。
 日本は国内法が未整備な状態では条約による国際基準に対処できないとして、勧告にとどめるよう求めた。条約が採択されても批准しないのではないか、とみられているのは残念だ。
 厚生労働省によると、全国の労働局に寄せられた2016年度のセクハラ相談は7526件に上った。被害に遭って心身に大きなダメージを受けても泣き寝入りしている人は多いとみられ、氷山の一角にすぎない。
 前財務事務次官のセクハラ問題を受け、野田聖子女性活躍担当相が「罰則付きの法整備」に意欲を示した。しかし議論が進まず、尻すぼみになった。
 セクハラへの緊急対策は主に研修を通じた官僚の意識改革にとどまった。さて政府は今後、野田氏が盛り上げた対策強化の流れをどう生かすのだろうか。
 セクハラ罪を設けている国もある。例えばフランスは禁止法から一歩踏み込んだセクハラ罪を1992年の刑法改正で創設した。犯罪として刑事罰を科すとともに、刑事、民事両面で被害者を保護している。とりわけ職権乱用によるセクハラなどは刑が重いという。
 男女雇用機会均等法はセクハラやマタハラに対し、事業主に必要な措置を講じるよう義務付けているものの、これで十分とは言えない。職場に限定せずあらゆる場面でハラスメントを一掃する罰則付きの法整備を急ぐべきだ。被害者を救済する仕組みも欠かせない。
 ILOが条約制定の方針を打ち出し、ハラスメント撲滅は今や世界共通の課題となった。その定義や防止策、支援措置など国際基準が明確になれば日本も無視できまい。
 反ハラスメントを目指す世界的な動きを好機と捉え、政府は国内法の整備に本腰を入れるべきである。セクハラ、パワハラ対策を表面的な取り繕いで済ませてはならない。


Twitter Japanは差別ツイート放置の一方で、差別批判をロック! 背景に上層部とネトウヨ、自民党との親和性か
 最近また、Twitter上で、差別やヘイトスピーチを批判している複数のアカウントがロックされるという異常事態が起きている。言っておくが差別やヘイトスピーチを投稿しているアカウントではない、それを批判しているアカウントが日本のTwitter運営元であるTwitter Japanによってロックされているのだ。
 ヘイトスピーチ問題をもっとも早くから取材してきたジャーナリスト・安田浩一氏もまた、今回、Twitter Japanからアカウントのロックをされてしまった一人だ。安田氏は本サイトにそのときの状況をこう振り返る。
「数日前、普段のようにスマートフォンでTwitterを見ようとしたところ、突然『このアカウントはロックされています』というような表示が出ました。その下には、私が2014年に投稿したツイートが記されていたのですが、その内容というのは、在日コリアンを誹謗中傷、罵倒する差別的なツイートに対して、私がそれを引用したうえで批判したというものでした。どうも、運営者はこれを『差別的言動』などとして、私のアカウントをロックしたようなのです」
 つまり、ネトウヨの差別ツイートを批判的文脈で引用し、これに対して異を唱えたツイートが、不可解にも「差別的言動」と判断されたというのである。しかも、差別ツイートに対する安田氏の批判は「死ね」などというような暴力的な内容ではなかった。
 安田氏によれば、Twitter Japanからの通知には、異議を申し立てる連絡をするか、該当のツイートを削除するかの選択肢が設けられており、異議申し立ての方法がうまくいかなかったのでツイートを削除したところ、ロックが解除されたという。
 本サイトは、安田氏以外にもロックされたユーザーに話を聞いたが、やはり似たような状況だった。運営側がツイートの内容を人的に判断しているのか、それとも機械的に判別しているのかは不明だが、差別を批判する言論に対してロックをかけるというのは、控えめに言っても理解できない。
 しかも、不可解なのは、こうしたヘイトや差別を批判するツイートがことごとくロックされている一方で、多くのヘイトや差別ツイートがロックされずに放置されていることだ。安田氏もその点を強く批判する。
「先日の大阪北部地震の際にも、『地震が起こると在日が犯罪に走る』とか『外国人がコンビニ強盗を始める』などといった悪質なデマが流れましたが、こちらはロックされることもなく野放しになっています。強調したいのは、こうしたヘイトクライムにつながるデマやヘイトスピーチにしっかり対応するのが運営者の責務であるということ。私がロックされたことより、そちらの方がよほど腹ただしいです」
 安田氏の指摘する通りだ。事実、現在も〈日本が嫌なら朝鮮に帰れ〉などといったヘイトツイートそのものが、誰にでも見えるかたちで大量に垂れ流されている状態だ。
 そんなことから、一部では「Twitter Japanは、恣意的に差別に批判的なユーザーを取り締まっているのではないか」という疑念の声もあがっている。
Twitter Japanの代表取締役・笹本裕氏は、自民党の勉強会で講師を務めたことも!
 こうした疑念に拍車をかけているのが、Twitter Japanの上層部の姿勢だ。昨年には、同社の上級役員が『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社)などのヘイト本で知られるケント・ギルバート氏らのツイートに「いいね!」をしていたことが一部で取り沙汰され、「Twitter Japanの上層部はヘイトする側に加担しているのではないか」という批判の声があがっていた。
 さらに、今回のアカウントロック問題が取り沙汰されるなかで、Twitter Japanの代表取締役・笹本裕氏が2017年4月、自民党本部の勉強会に呼ばれ、「Twitterの現在と政治での活用」なる講演を行なっていたという事実が拡散。「Twitter Japanは安倍政権に忖度して、政権に批判的なリベラルを標的にしているのではないか」という見方も広がっている。
 これらはもちろん、ただの憶測でしかないし、邪推だと信じたい。しかし、同社の上層部のヘイトや差別に対する姿勢が非常に甘いことは事実だ。 
 たとえば、同社の笹本代表取締役は、ヘイトツイートを特集した昨年11月21日放送の『クローズアップ現代+』(NHK)でのインタビューで、このように発言していた。
「ヘイト自体は残念ながら僕らの社会のひとつの側面だと思うんですね。それ自体がないものだっていうふうにしてしまっても、実際にはあるわけですから。それ自体を認識しなくて社会が変わらなくなるよりは、それはそれでひとつあるということを認識して、社会全体が変えていくということになればなあとは思いますね」
 放送当初から、この笹本氏の発言には少なからぬ批判の声があがったが、あまりに当然だろう。
 笹本代表は一見、正論風に語っているが、「ヘイトが社会にあると認識させること」を理由に、ヘイト野放しを正当化する、どうかしているとしか思えない。そもそも、ヘイトを批判しないで放置していたら、逆にそれがヘイトであることすら認識されないまま拡散されていくだけではないか。ようするに、笹本代表のこうした無責任な姿勢がヘイトツイートを放置させているのである。
 しかも、信じがたいのは、Twitter Japanは前述したように、ヘイトを放置する一方で、それこそ「ヘイトの存在を認識させる」ためにヘイトを批判しているアカウントを次々とロックしていることだ。いったいこれをどう説明するのか。
 Twitter Japanはこうした疑念や不信感を払拭するために、まずアカウントのロックの理由を可視化すること、そして同時にヘイトに対して、明確な判断基準を示しながら、オープンなかたちで毅然とした対応をすべきだろう。(編集部)


「沖縄のこころ」 基地なき島の実現誓おう
 戦後73年の沖縄全戦没者追悼式の平和宣言で、翁長雄志知事は昨年に続いて「沖縄のこころ」という言葉を口にした。それは悲惨な戦争の体験から戦争の愚かさ、命の大切さという教訓を学び、平和を希求する県民の思いのことだ。
 翁長知事は平和宣言で、県民がこの思いをよりどころにして、焼け野原から「復興と発展の道を力強く歩んできた」と述べた。しかし、その「沖縄のこころ」は、戦後から現在に至るまで、ないがしろにされ続けてきた。
 日本の国土面積の約0・6%でしかない沖縄に、米軍専用施設の約70%が集中して存在している。そのことによって生じる事件、事故、環境破壊などで県民は苦しめられ、生命と財産を奪われた。
 この1年間だけでも、基地に起因する事故によって、何度も住民の生命が危険にさらされた。昨年10月、東村高江の牧草地に米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターCH53Eが不時着し、炎上した。12月には宜野湾市の普天間第二小学校の運動場にCH53Eの窓が落下し、近くの保育園でもヘリの部品が見つかった。
 今年1月にはうるま市、読谷村、渡名喜村で米軍ヘリが相次いで不時着した。6月には嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄本島沖の海上に墜落した。事故原因も明らかにされないのに、2日後には同型機の飛行が再開されている。
 そして日本政府は8月17日、名護市辺野古の新基地建設で埋め立て予定海域に土砂を投入する。この間の世論調査では県民の70〜80%が辺野古移設反対の意思を示しているにもかかわらずだ。どこまで「沖縄のこころ」を踏みにじれば気が済むのか。
 翁長知事は新基地建設について「唯一の解決策といえるのか」「沖縄の基地負担軽減に逆行しているばかりでなく、アジアの緊張緩和の流れにも逆行している」と批判し、新基地阻止について「私の決意は県民とともにあり、これからもみじんも揺らぐことはない」と断言した。会場からは大きな拍手が湧き起こった。「沖縄のこころ」がここにあるからだろう。
 安倍晋三首相はあいさつで「沖縄の方々には、永きにわたり米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいている。この現状は何としても変えていかなければならない」と述べた。その取り組みが辺野古新基地建設の強行だというのか。県民を愚弄(ぐろう)するにもほどがある。
 相良倫子さん(浦添市立港川中3年)が朗読した平和の詩「生きる」は、こう詠まれている。
 「心から誓う。私が生きている限り、こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを」
 慰霊の日に誓いたい。沖縄を二度と戦争の島にしない。そしていつか、基地のない平和な島にすることを。


[全戦没者追悼式]この訴え 届け全国に
 戦後73年の「慰霊の日」。梅雨が明け、真夏の強い日差しが照りつける中、各地でおごそかに慰霊祭が営まれ、平和への思いを新たにした。
 野ざらしになった遺骨を納めるため、戦争が終わった翌年に建立された糸満市米須の「魂魄の塔」。慰霊搭の原点ともいえるこの場所は、早朝から香煙が絶えることはなかった。
 まんじゅうのように盛り上がった芝の周りには枕くらいの大きさの氷や、小菊の花束、バナナなどの果物が供えられた。
 平和祈念公園に建つ「平和の礎」にも、家族連れが次々と訪れた。
 沖縄戦で亡くなった24万余の人々の名が刻まれる刻銘碑。じっと名前を見詰め、指を折って何かを数えるしぐさのお年寄り。三線を取り出し碑の前で合奏する人々。何年たっても戦争で肉親を失った悲しみが癒えることはない。
 平和祈念公園で開かれた沖縄全戦没者追悼式。この場の空気は、県内のどの慰霊祭とも異なっていた。
 翁長雄志知事と県遺族連合会の宮城篤正会長が、そろって基地問題を取り上げたからだ。 
 宮城会長は「戦争につながる新たな基地建設には断固反対する」と遺族としての決意を述べた。
 翁長知事は平和宣言で、「沖縄のこころ」に触れながら、こう力を込めた。
 「辺野古に新基地を造らせないという私の決意は県民とともにあり、これからもみじんも揺らぐことはありません」
■    ■
 知事にとって1期目の任期最後の平和宣言である。膵(すい)がんを公表し抗がん剤治療を続ける中、この日は直前までかぶっていた帽子を脱いでマイクの前に立った。
 落ち着いた表情ながら、その話しぶりは決然として、強い意志と覚悟を感じさせるものがあった。
 知事は、米朝首脳会談が開かれるなど東アジアを巡る安全保障環境の大きな変化に触れ、「20年以上も前に合意した辺野古移設が唯一の解決策といえるのか」「緊張緩和の流れに逆行している」と訴えた。
 移設計画の見直しを求める翁長知事の平和宣言を、安倍晋三首相や小野寺五典防衛相はどう受け止めたのだろうか。
 安倍首相はあいさつで「できることはすべて行う」と基地負担の軽減に全力を尽くすと語ったが、具体性はなかった。
■    ■
 激しい地上戦があった沖縄では、生活の場が戦場になり、県民の4人に1人が犠牲になった。
 戦後、沖縄を占領した米軍は、住民の土地を一方的に囲い込んで基地にした。生活の場の軍事化が進んだのだ。
 そして今また、米軍再編という名の新たな軍事化が、日米両政府によって強行されているのである。
 「沖縄の基地問題は、日本全体の安全保障の問題であり、国民全体で負担すべきもの」という翁長知事の指摘を、私たちもまた全国に向かって投げ掛けたい。


沖縄慰霊の日 政府はなぜ寄り添わぬ
 壮絶な地上戦に巻き込まれ、犠牲になった島人は安らかに眠れているだろうか。沖縄はきのう慰霊の日を迎えた。73年前の3カ月に及ぶ戦闘により、日米双方で死者は20万人を超え、県民の4人に1人が命を奪われた。あらためて胸に刻みたい。
 悲劇はそこで終わってはいない。国内の米軍専用施設面積の70・3%がこの地に集中するのは、日本の主権回復後も沖縄は米国の施政権下に置かれ、強制的な土地収用によって米軍基地が次々と造られたためである。その歴史も含めて、沖縄を思う日でなければならないだろう。
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設は、重大な局面を迎えている。安倍政権が昨年4月に強引に着手した護岸造成工事が進み、後戻りできなくなる土砂投入が目前に迫った。反発する沖縄県は、国との訴訟で相次ぎ敗訴し、苦しい状況が続いている。
 そんな中でも、翁長雄志(おなが・たけし)知事は移設反対を貫く構えのようだ。きのうの全戦没者追悼式での平和宣言でも「決意は揺らぐことはない」と言い切った。
 翁長氏は移設反対を最大の公約に掲げて当選し、残る任期は半年を切った。埋め立て承認の撤回を「必ずやる」と明言している。膵臓(すいぞう)がんを先月公表したが、病魔と闘いながら究極のカードをいつ切るのか。注目せずにはいられない。
 移設阻止のもう一つの切り札とされるのが県民投票である。先月から市民グループが署名集めを始めた。政権の強引な姿勢に対して「投票で民意を示すしかない」との声が広がっており、早ければ12月にも実施される見通しだ。県民投票で移設反対の意思が示されれば、国も無視はできないだろう。
 移設先の地元である名護市では、2月の市長選で反対派の現職が敗れた。移設反対の声は根強いが、着々と進む護岸工事を目の当たりにし、市民には諦めムードも漂っているという。
 市長選後、政府は前市長時代に中止した米軍再編交付金について、約30億円を交付する方針を決めた。アメをちらつかせて国策を押し進めようとしていると非難されても仕方あるまい。
 翁長氏は、平和宣言で東アジアの安全保障環境の変化にも言及した。「20年以上も前に合意した辺野古移設が、普天間問題の唯一の解決策と言えるのか」との訴えには、うなずける面がある。国民全体に向けて、沖縄の基地の現状を「真摯(しんし)に考えてほしい」と語った場面には鬼気迫るものがあった。
 式に出席した安倍晋三首相は「沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と述べた。ならば、沖縄に負担を押し付ける基地強化の必要性や妥当性をいま一度吟味すべきではないか。
 朝鮮半島の非核化を目指す米朝協議は今後も予断を許さないが、東アジア情勢は激変の可能性をはらんでいる。緊張緩和の流れを追い風に、在日米軍基地の在り方についてトランプ大統領に再考を促すこともできよう。それが、安倍首相が繰り返す「できることは全て行う」という文言の実行に他ならない。
 政府は、埋め立ての土砂投入を8月17日に始めると通知している。もし実行すれば、海を元に戻すのは難しくなる。沖縄の民意や国際情勢を踏まえ、自重すべきである。


[沖縄慰霊の日] 歴史と現状を直視する
 沖縄の歴史と現状を直視し、安全保障の在り方を見直す日にしなければならない。
 沖縄県はきのう、太平洋戦争末期の沖縄戦で亡くなった人々をしのぶ「慰霊の日」を迎えた。
 最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で追悼式があり、非戦の誓いを新たにした。
 戦後73年たっても、沖縄の現実は厳しい。国土面積のわずか約0.6%に米軍専用施設面積の約70.3%が集中する。住民は基地があるゆえの事件事故、騒音などに苦しみ続けている。
 多くの県民が施設の縮小や撤去を求めているのとは裏腹に、北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の軍備拡張など、日本を取り巻く安全保障環境の悪化を理由に強化されてきたといえる。
 だが今、東アジア情勢は激変する兆しを見せている。
 今月12日に行われた初の米朝首脳会談で、トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、朝鮮半島の非核化など平和共存に向けた交渉を進めることに合意した。これまでの敵対関係が融和に向かう可能性がある。
 こうした情勢を踏まえ、沖縄県の翁長雄志知事は「米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設はアジアの緊張緩和の流れに逆行し容認できない」と批判した。
 その上で、「沖縄の米軍基地問題は日本全体の問題で、国民全体で負担すべきだ」と訴えた。沖縄の悲痛な叫びである。
 これに対し、安倍晋三首相は「沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と言いながら、辺野古移設に向けて工事を進めている。
 まさに米朝首脳会談の日に合わせるかのように、埋め立て用の土砂投入を8月に実施すると県に通知した。既に始まった護岸造成に加え、本格的な埋め立て工事は県民の反発を強めるだけだ。
 政府は県との対立を深めるのではなく、今こそ立ち止まって見直すべきだ。必要なのは沖縄に過重な負担を強いるのではなく、日本全体の防衛戦略を描き直すことである。
 在日米軍の地位や基地運用の取り決めを定めた「日米地位協定」の改定にも、政府は取り組むことが必要だ。
 沖縄県は昨年9月、17年ぶりに独自の見直し案をまとめ日米両政府に提出した。米軍施設外の事件や事故で日本の当局が捜査を主導できるようにするといった内容など11項目にわたる。
 内容は主権国家としての当然の権利にすぎない。日本政府は当事者能力を発揮する必要がある。


沖縄慰霊の日 非戦の構想、日本が主導を
 太平洋戦争末期の沖縄戦の終結から23日で73年。沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の石碑「平和の礎(いしじ)」に、今年も新たに判明した戦没者58人の氏名が刻まれ、総数は24万1500人を超えた。慰霊の日に、あらためて非戦を誓いたい。
 沖縄に集中する在日米軍専用施設は、北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の軍備拡張など日本を取り巻く安全保障環境の悪化を理由に維持・強化されてきた。
 その東アジアの情勢が今、大きく動きだしている。米朝首脳会談の実現で、北朝鮮を巡る緊張は緩和に向かう可能性が生まれた。1953年から休戦状態にある朝鮮戦争の終結も視野に入る。
 東シナ海と太平洋の境界に位置する沖縄本島は、地政学上の戦略的重要性が指摘されてきた。米陸軍戦史局の沖縄戦の記録も「沖縄は中国沿岸と日本本国両方に前進できる線上にあった」と記している。その地理的な条件は今も変わらない。
 だが、はっきりしているのは沖縄を再び紛争の地とする選択肢はあり得ないということだ。地理的条件は沖縄が東アジアの経済や人的交流の拠点となり得る可能性を示すものでもある。朝鮮半島の冷戦構造が大きく動く機会を捉え、平和と自由経済を発展させる新しい国際秩序の構築を目指すべきだ。非戦の構想は日本が主導したい。
 沖縄は本土決戦を遅らせるために戦地となり、米軍との激しい地上戦で県民の4人に1人が亡くなったとされる。
 戦後、住民が暮らしていた土地に米軍基地が建設され、今では在日米軍専用施設の約7割が沖縄に集中する。安全保障上の負担を沖縄に押し付ける構図だ。
 朝鮮戦争も沖縄に深い関わりがある。沖縄の米軍嘉手納基地や普天間飛行場は朝鮮戦争時に結成された国連軍が使用できる基地でもある。有事の際は北朝鮮の攻撃目標になるとされてきた。
 経済面での歴史も指摘したい。朝鮮戦争による特需は日本経済復興の足がかりとなった。大手建設会社の社史が「建設業界も朝鮮戦争時の沖縄米軍基地工事を契機に活況を呈した」と記録するように、朝鮮戦争を背景にした米軍基地工事によって本土の建設会社は利益を上げた。ここにも沖縄の負担の上に本土が潤う構図があった。
 米朝協議の行方とその影響は楽観視はできない。トランプ米大統領は在韓米軍の縮小検討を示唆する。朝鮮半島から米軍が退けば、有事対応への懸念が強まり、在日米軍の強化や自衛隊の役割拡大の議論につながる可能性もある。中国も軍備拡張を続けている。この地域を巡る各国の駆け引きは激しくなるだろう。
 しかし、沖縄にこれ以上の負担を押し付けるのは無理がある。今必要なのは本土を含めた総合的な安全保障戦略だ。
 日本政府は普天間飛行場を名護市辺野古へ移設し、大規模な施設を造る工事を進めている。しかし東アジアが緊張緩和に向かい、対話と協力の地域環境が生まれるならば、基地強化は見直すべきではないか。
 ところが政府は米朝首脳会談の日に、辺野古沖を埋め立てる土砂投入を8月に行うと県に通知した。翁長雄志(おなが・たけし)県知事は前知事の埋め立て承認を撤回する意向を示して対抗する。県との対立を深めるのではなく、激変する安保環境を見据えた将来構想を政府に求めたい。(共同通信・川上高志)


負担軽減「でたらめ」 参列者、首相発言に怒り
 沖縄全戦没者追悼式のあいさつで、西普天間住宅地区跡地の引き渡しなど基地の負担軽減の成果を強調した安倍晋三首相。しかし翁長雄志知事をはじめ県民の多くが反対し負担増と訴える名護市辺野古の新基地建設や、米軍機の不時着や墜落など度重なる事故については一言も触れなかった。知事の平和宣言とは対照的にまばらな拍手。会場からは、安倍首相に直接ぶつけるように「すぐ帰れ」「うそつき」などと非難する声が飛び交った。首相の言葉に参列者は「矛盾している」「でたらめだ」と憤りをあらわにした。
 那覇市の高良勇さん(76)は、首相あいさつが始まって5秒ほどで席を立った。「いつも同じことしか言わないから聞きたくない」。インドネシアのジャワ島で亡くなった父は遺骨も返ってきていない。「西普天間の返還といっても、大きな基地を辺野古に造ろうとしている」と怒気を込め、会場を後にした。
 沖縄戦で親族7人を失った大城頼子さん(81)=那覇市=は「戦没者の無念を思うと胸がつぶれる」という首相発言に「感情も行動も伴わない。でたらめだ」と切り捨てた。
 魂魄の塔で手を合わせていた金城正則さん(67)=那覇市=は「負担軽減と言いながら基地被害にも触れていない。真実味がない」と批判。「沖縄に基地は必要ない。政府が基地を沖縄に置いておきたいだけだ」と眉をひそめた。


あすへのとびら 減らない過労死 長時間労働に罪の認識を
 「夫が『もう仕事が嫌です。生きていることに疲れました』とメールの下書きを残して自殺した」―。
 過労死弁護団全国連絡会議が長野を含む33都道府県で、16日に実施した過労死110番に寄せられた相談だ。
 合わせて103件。うち13件が過労死とみられる案件だった。
 1988年6月の第1回から30年。同年11月、全国の遺族が労働基準監督署に一斉に労災申請する行動につなげ、過労死が社会問題化するきっかけをつくった。
   <企業に根深い病巣>
 これまで受け付けた相談は約1万2千件。年間の件数や内容の傾向は大きく変わらない。厚生労働省に過労死、過労自殺(未遂を含む)と認定された件数も、年約200件前後で推移している。
 長時間労働を強いられた末に脳や心臓を病んだり、精神障害を発症したりして、失われた命。弁護士らは認定数は「氷山の一角」と指摘している。
 国は違法残業を繰り返す企業に是正勧告するなど、過労死防止に取り組んできた。14年には防止を「国の責務」と明記した過労死防止法も施行された。
 それでも減らないのはなぜなのか。広告大手電通の新入社員だった高橋まつりさんが長時間労働の末、15年12月に自殺した事件に、その一因がうかがえる。
 電通には50年代に当時の社長が示した「鬼十則」という仕事の心構えがあった。「取り組んだら放すな、殺されても放すな」などの言葉が並び、社員手帳に掲載されていた。高橋さんの自殺以降「命より大切な仕事はない」と批判を浴び、手帳から削除した。
 「鬼十則」は、91年に自殺した同社の男性社員の両親が、電通に損害賠償を求めた訴訟でも問題になり、最高裁は2000年の判決で電通の過失責任を認定した。
 それなのに、高橋さんの自殺まで残っていた。判決後、別の会社の幹部が「鬼十則」を社員に持たせて過重労働を課し、自殺に追い込んだことも分かっている。
 「鬼十則」は電通だけの体質ではない。最高裁判決でも変わらない企業の姿勢。その根本にある病巣は根深い。
 高橋さんの自殺以降、長時間労働が再び問題化。労働時間の管理を徹底する企業が増えたとされる。それでも16日の過労死110番には「タイムカードを押した後も働いている」「(労働時間の)日報を(修正できるよう)シャープペンシルで書くように指示されている」などの訴えが相次いだ。
 過労死弁護団全国連絡会議幹事長の川人博弁護士は「企業は社員に長時間労働を課すことで利益を確保するという『神話』から脱却できていない。日本の経営者は経営哲学が貧困だ」と指摘する。
 厚労省の昨年11月の重点監督でも、対象となった7635事業所のうち、66%で違法残業などの違反が確認されている。
 一部専門職に対して労働時間規制を外す高度プロフェッショナル制度の新設を含む働き方改革関連法案も、成立する見通しになっている。長時間労働を助長し、過労死をさらに招く懸念が大きい。
 無償サービスを際限なく求める消費者の意識が企業の低価格競争を招き、そこで働く労働者の長時間労働につながる構造も否定できないだろう。
   <かなわない願い>
 国は90年代末まで、過労自殺を個人の責任として、労災認定をしなかった。そこに道を開いたのが99年3月に長野地裁で判決が出た「飯島過労自殺訴訟」だ。
 夫を過労自殺で亡くした飯田市の飯島千恵子さんが、労災と認めなかった労働基準監督署長の処分取り消しを求めた。
 判決では長時間労働と自殺の因果関係を認め、処分を取り消した。国は控訴せず判決は確定。その後、過労自殺について労災認定基準を制定している。
 飯島さんは陳述書で「(夫の)残業がなくなって早く家に帰ってきますように、と祈ったかつての我が家のような家庭があってはならない」と述べている(川人博「過労自殺」第2版)。
 飯島さんの願いは判決から20年近くたっても実現しないままだ。
 7年前に息子を亡くした長野市の男性は「社員があってこその企業。気持ちよく仕事ができれば企業は伸びることを忘れてほしくない」と話す。
 過労死をなくすには、企業の意識改革や厳密な残業時間規制、終業と始業の間に一定の時間を空ける勤務間インターバルの義務化などが必要だろう。消費者も「サービスは有償」という認識を持たなくてはならない。
 長時間労働は人の死を招く。このことを忘れず、「過労死ゼロ」の実現を目指して、社会全体で繰り返し議論していく必要がある。


[参考人にやじ] 議員としての見識疑う
 あまりに心ない言葉であり、見識を疑う。国会議員としての資質が問われていることを厳しく受け止めるべきだ。
 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の審議中、参考人として発言していたがん患者に、自民党の穴見陽一氏が「いいかげんにしろ」などとやじを飛ばしていたことが分かった。
 患者団体からの反発を受けて、穴見氏は「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省とともに深くおわびする」と謝罪し、衆院厚生労働委員会委員長が厳重注意した。だが、それで十分なのか。
 受動喫煙対策を巡っては、昨年5月の自民党会合でも、大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなくていい」という趣旨のやじを飛ばし、党東京都連副会長を辞任した。
 自民党内には、委員会が招いた参考人への敬意も、受動喫煙対策の重要性への認識も欠いている議員がいると言わざるを得ない。党として厳正に対処するべきだ。
 やじは、参考人の日本肺がん患者連絡会代表の長谷川一男さんが屋外の喫煙場所のあり方について「なるべく吸ってほしくないが、喫煙者にとって吸う場所がないと困るという気持ちも分かる」と述べていた際に起きた。
 穴見氏は「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いでつぶやいた」と釈明する。しかし、長谷川さんの発言には、喫煙者への配慮が感じられる。穴見氏が参考人の意見に真摯(しんし)に耳を傾けていたとは思えない。
 衆院を通過し、参院に送られた健康増進法改正案では、客席面積100平方メートル以下の既存飲食店は例外的に喫煙を認めた。
 一方、穴見氏は面積にかかわらず禁煙となる大手ファミリーレストランチェーンの代表取締役相談役である。規制にかかる当事者が発したやじであることは特に見過ごせない。
 法案は今国会で成立する見込みだ。学校や病院、行政機関の屋内を完全禁煙とする。他方、100平方メートル以下の既存飲食店で喫煙が認められれば、飲食店の55%が例外となるといわれる。大きな抜け穴であり「ざる法」と呼ばれても仕方あるまい。
 飲食業界や一部の自民党関係者は「吸う権利を認めるべきだ」と主張する。だが、受動喫煙対策は「吸う権利」を否定するものではなく、非喫煙者の「吸わない権利」を守るためのものである。
 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、実効性のある内容にできるのか。参院での丁寧な議論が求められる。


麻央さんに麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」偲ぶ会でスピーチ
 昨年6月22日に乳がんのため亡くなった小林麻央さん(享年34)を「偲(しの)ぶ会」が23日、都内で行われた。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)、長女の麗禾ちゃん(6)、長男の勸玄君(5)ら家族のほか、麻央さんの友人や仕事仲間ら200人以上が出席。姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(38)は悲しみをこらえ、ユーモアあふれるスピーチを披露した。
 天国の妹に語り掛けるような、優しい口調だったという。非公開で開かれ、麻央さんの友人や仕事仲間らが多く集まった会。関係者によると、麻耶はスピーチで「私と海老蔵さんが付き合っているとか、私が振られたということになっちゃってる」と週刊誌などでの報道に触れ、「そういう報道が出ないように、麻央ちゃん見守っていてね」と話して笑いを誘った。
 明るく、食べることが大好きだった麻央さん。麻耶は「ピザとかジャンクフードが好きでした。食べる時に麻央を思い出してください」と出席者に呼び掛けた。
 会場では麻央さんの写真が大きなモニターに映し出され、出席者がピンクや黄色のカーネーションを次々に献花。麻央さんの活躍をまとめた映像が流れると、麗禾ちゃん、勸玄君は泣きながら、ママの姿を見守った。中には家族も見たことがない未公開映像もあり、「勸玄が大きなイチゴを一人で食べたの」と喜ぶ麻央さんの笑顔に海老蔵は目頭を押さえていたという。
 会の最後にあいさつを行った海老蔵は「本当は通夜や告別式に合わせてこういう会をやるべきだったのですが、私にも家族にもそういう余裕がなくて。だけど、1年たった今だからこそのこの会なんです」と思いを吐露。「自分が一番つらい時にも、私を支えたいと言った彼女の強さ。やっぱり素晴らしい人だった」と亡き妻に感謝した。
 出席者は「しめやかな中にも笑顔があふれる温かい会でした」と明かした。


カジノ法案/依存症対策がまだ不十分だ
 カジノ解禁を柱とする統合型リゾート施設(IR)整備法案には、数多くの疑問や問題が残されたままだ。法案の内容について、国民の理解が十分に深まったとは到底言えない。そもそも、国会を延長してまで成立を急ぐべき法案なのかという疑念も指摘せざるを得ない。
 法案は衆院を通過し論戦の舞台は参院に移っている。衆院内閣委員会での審議はわずか18時間で、政府与党は審議を打ち切って採決を強行。今国会での成立を図るが、さまざまな疑問にもっと丁寧に向き合うべきだろう。
 カジノは刑法が禁じている賭博の場となる。それを合法化するのがIR法案だ。安倍晋三首相は「世界中から観光客を集める」として、成長戦略の柱に位置づけている。
 しかし、ギャンブルに頼る観光や経済の振興が、果たしてまっとうな成長戦略と言えるのだろうか。カジノがない現在でも、日本を訪れる外国人観光客は過去最高を更新し続けている。
 賭博を例外的に合法化とする要件として、法務省は「目的の公益性」「射幸性の程度」、依存症対策などの「副次的弊害の防止」など、8項目を掲げた。
 これを受ける形で、IRの基本理念を定めたIR整備推進法は付帯決議で、8項目の観点から刑法との整合性が図られるよう「十分な検討を行う」と明記したはずだ。しかし、政府はこれらの要件について国会で踏み込んだ議論は避けてきた。
 IR法案にはカジノ事業者が利用客に賭け金を貸し付ける制度も盛り込まれた。競馬など既存の公営ギャンブルでは許されていない制度だ。政府は日本人客には一定の預託金を求めた上で貸すと説明するが、事業者は預託金を超えて貸すこともできる。
 客が借金で賭博を続け、借金を返すためにさらに深みに陥る恐れもある。多重債務やギャンブル依存症を助長しかねない制度ではないか。
 法案では、ギャンブル依存症への対策として、日本人客の入場はマイナンバーカードで本人を確認し、「週3回かつ28日間で10回」「入場料6000円」などと規定。政府は「世界最高水準の規制」と胸を張る。
 しかし、年間120日まで入場できる仕組みが、どれほど依存症防止に実効性があるのか明らかではない。政府からはこれまで説得力のある説明はなく、はなはだ心もとないと言わざるを得ない。
 法案では、法成立後に国会に諮らず、政令や省令、規則で定める項目が331項目に上ることも分かった。審議が深まらない一因でもある。
 カジノ解禁に対する不安や疑問は根強く、その払拭(ふっしょく)のためには与野党ともに十分な審議を尽くす必要がある。世論に背を向けたまま、急いで成立を図るような法案ではないのではないか。