ブログネタ
フランス語 に参加中!
Fig_a_01

La crainte du ≪ meiwaku ≫, ou le comportement étonnant des supporteurs japonais
Des supporteurs japonais, à la fin d’un match en pleine coupe du monde de football, ont été surpris à deux reprises en train de nettoyer le stade. Une initative qui a surpris – voire choqué, dans le bon sens du terme – beaucoup de témoins, mais qui ne serait pas inhabituelle pour la culture japonaise. C’est ce que souligne le père William Grimm, MM, depuis Tokyo, où il constate le refus absolu du ≪ meiwaku ≫, ou le fait de déranger ou irriter autrui. Une tradition de civilité qu’il juge évangélique, et qui remonterait à l’histoire et au contexte de ce pays où les 85 % de régions montagneuses poussent les Japonais vers les villes.
Il y a quelques années, un slogan contre les excès de vitesse était affiché à l’entrée d’une autoroute et demandait : ≪Le Japon est un petit pays. Où courrez-vous ainsi ? ≫ Au Japon, il ne faut en effet pas tant de temps pour arriver à destination, d’où cet appel original à la civilité des conducteurs. De nombreux spectateurs de la coupe du monde de football ont été témoin de cette civilité japonaise. Ils ont même été particulièrement surpris, amusés voire embarrassés, en voyant les supporteurs japonais nettoyer le stade après chaque match auquel ils participent. Un journaliste a d’ailleurs décrit ces scènes comme ≪ choquantes ≫, mais dans le bon sens du terme. Pour l’instant, les supporteurs japonais ont agi ainsi par deux fois. La deuxième fois, ils ont été rejoints par les supporteurs sénégalais, dont l’équipe venait tout juste d’affronter l’équipe japonaise.
Ce pays, en un sens, a commencé à décliner depuis son apogée il y a quelques décennies, quand les experts prédisaient la toute-puissance du Japon (≪Japan as Number One ≫ – Le Japon numéro un). Et il est probable que cela continue, alors que la population devient plus âgée et diminue, tandis que d’autres pays, à commencer par la Chine, prennent les devants sur les plans économique, politique et militaire. Malgré cela, le Japon demeure, et restera probablement l’une des principales puissances économiques mondiales. Face à cette puissance, il est facile d’ignorer deux éléments majeurs de la culture japonaise : la pauvreté et la surpopulation.
≪ Où courrez-vous ainsi ? ≫
Il est également facile d’oublier, ou d’ignorer, que le Japon a été un pays très pauvre durant la plus grande partie de son histoire. Par ailleurs, le pays a peu de ressources naturelles. C’est un archipel montagneux, où les terres arables sont limitées. Le pays est exposé aux tremblements de terre, aux typhons, aux tsunamis, aux volcans, à la famine et aux autres catastrophes naturelles qui ont toujours rendu la vie difficile même aujourd’hui, malgré l’apport des nouvelles technologies. Il y a moins de dix ans, plus de 18 000 personnes sont mortes lors d’un tsunami dans le nord du Japon, provoqué par un séisme. En grande partie, la simplicité de l’architecture et de la vie japonaise, admirée à l’étranger, vient de la pauvreté. Des coutumes comme l’assaisonnement léger de la cuisine japonaise, la consommation de légumes et de poisson crus ou encore les bains publics, viennent sans doute davantage d’un manque de vivres et de bois de chauffage que de la gastronomie ou de l’esthétique.
Il y a également la surpopulation. C’est non seulement un petit pays, mais il est rendu encore plus étroit par ses 85 % de régions montagneuses. Les gens sont donc forcés de s’amasser dans les villes. La zone métropolitaine de Tokyo, qui compte 38 millions d’habitants, est la plus grande du monde. Dès le XVIIIe siècle, durant l’ère Edo, la ville était déjà l’une des plus grandes villes au monde. La vie misérable qu’amenaient la pauvreté et la surpopulation auraient pu conduire à une culture égoïste. D’autres cultures ayant traversé les mêmes épreuves ont d’ailleurs eu tendance à rejeter les demandes sortant du cercle familial, dans un objectif de survie.
En tant que chrétien, je ne peux m’empêcher de penser que l’Esprit Saint a joué un rôle dans le développement de la culture japonaise, pour prendre un chemin complètement différent. Dans la culture japonaise, le péché qui est sans doute le plus réprouvé est le ≪meiwaku ≫, le fait de déranger ou irriter autrui. Afin d’éviter le ≪ meiwaku ≫, chacun doit donc veiller à tout moment à la présence, aux besoins et au confort de son entourage. C’est une façon de maintenir l’harmonie dans la société, dans des situations de conflits d’intérêts. Durant le siècle dernier, en Corée, en Chine et dans le Pacifique, dans sa quête désespérée de nouvelles ressources agricoles et industrielles, le Japon est paradoxalement devenu un ≪ meiwaku ≫ international, une expérience qui a fini par pousser le pays à s’engager vers une vie pacifique. Un autre exemple de l’enracinement de cette nécessité d’éviter le ≪meiwaku ≫ est la campagne anti tabac japonaise. D’autres pays se concentrent sur les dégâts que provoque le tabac pour la santé. Mais la campagne japonaise évoque la fumée et l’odeur des cigarettes qui gênent l’entourage et les mégots de cigarette qui trainent… Et ça marche : le tabagisme diminue.
Les déchets sont, bien sur, un ≪meiwaku ≫. C’était donc presque une seconde nature pour les supporteurs japonais de nettoyer derrière eux à la fin d’un match. Dans un monde hyperurbanisé, chaque société doit apprendre à vivre avec la surpopulation, avec le fait que beaucoup de personnes vivent dans un espace réduit. La solution japonaise offre une réponse au problème en maintenant l’harmonie et le respect dans la société.
Le père William Grimm, MM, est basé à Tokyo
フランス語
フランス語の勉強?
三浦瑠麗 Lully MIURA @lullymiura
杉田水脈議員が詩織さんの件に落ち度云々とコメントしていますが、仮に財布がズボンのポケットからはみ出て気をつけてないうちにスられたとしても、窃盗は窃盗です。また不起訴の事実があっても、TBSの幹部として職を求めにきた人と性的行為をしようとしただけで職務上の倫理違反に問われる件です。

なんだかイヤになるけどどうにかイラレを頑張りました.はぁ〜.
7時過ぎに移動して最近調子が悪いパソコンでいろいろ.Temp削除で容量空きスペース8GB→20GBにすることが出来ました.でもまだ調子悪い感じです.

<旧門脇小保存>擦れ違う思い 住民いら立つ 石巻市側の説明変遷、長期化に徒労感
 東日本大震災で被災し、震災遺構として保存する石巻市の旧門脇小の基本設計を巡る議論が大詰めを迎えている。市側が今月初めて示した計画素案に対し、地元住民らからは校舎の保存方法や、震災当時の状況を踏まえない内容に異論が噴出。市側の説明には変遷も見られ、住民はいら立ちを募らせる。
<曖昧な答え>
 「校舎の残し方がアンバランス。左右対称にするよう何回も言っているのに、市はなぜ反映しないのか」
 17日に市防災センターであった計画素案に関するワークショップで、門脇地区の地元町内会長本間英一さん(69)は、設計を請け負った共同企業体の説明に疑問をぶつけた。 鉄筋コンクリート3階の現校舎は左右対称の構造。計画素案では、保存に消極的な「住民への配慮」を理由に校舎の両端を解体し、校庭の一部に木を植えるイメージを提示。残存させる校舎は東西を3対2の非対称とした。
 本間さんの指摘に対し、共同企業体側は「技術的な面などを考慮して過年度の検討の中で出た」と曖昧な答えに終始した。
 市の従来の説明が覆った点もあった。昨年8月の住民との非公開会合で、市は校舎脇の体育館を市民の活用スペースに充てる考えを示したが、素案では仮設住宅や被災車両を置く展示エリアに変わっていた。
 地元町内会役員の矢野達哉さん(56)は「素案を見て『えっ』と驚いた。ママさんバレーもできると聞いていたのに」といぶかる。
 震災当日の夜の星空を再現するというスペースに至っては「門脇の住民は当時、校舎が焼ける様子や津波を見ていた」などと否定する意見が相次いだ。
 震災の津波と火災で全壊した旧門脇小を巡る議論は、市と住民の間で擦れ違いを重ねてきた。
<要望通らず>
 門脇地区に住んでいた住民が復興街づくり協議会を設立したのは2012年4月。街の再生を願う協議会は2カ月後、門脇小や保育園などを再建し、子育て環境を整えるよう市に求めた。要望は通らず、同校は15年に石巻小と統合された。
 遺構保存の話が持ち上がると、協議会は「(再生する)住宅地に遺構はふさわしくない」と解体を求めた。市は15年に実施した校舎保存に関する市民アンケートで地域住民の賛否が拮抗(きっこう)したことや、公聴会の結果を踏まえ部分的な保存を決定した。
 長期化する議論に、住民の間には徒労感も漂う。70代の男性は「市には何度も要望したが『検討します』ばかりで前に進まなかった。思いは届かないという気持ちは強い」と諦め顔で語る。
 議論の行方が定まらない中、共同企業体は7月8日の次回ワークショップで計画の修正案を示す。


<金のさんま>ファン拡大へ 被災した気仙沼の「斉吉商店」、日本橋三越に7月常設店
 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の水産加工会社「斉吉商店」が来月、東京都中央区の日本橋三越本店に常設店舗をオープンさせる。震災直後に失った販路を取り戻そうと東京で出張販売を続け、縁ができた。気仙沼港に水揚げされた新鮮な魚を使った商品を、首都圏の消費者に提供する。
 1921年創業の同社が市外に出店するのは初めて。オープンは震災から7年4カ月となる7月11日に決まった。地下1階の食品売り場の一角に冷蔵ケースを備え、パートを含む4人で販売する。
 津波で被災しながら、社員が秘伝のたれを持ち出して味を守った看板商品「金のさんま」など約50種類を並べる予定だ。
 同社は津波で工場と倉庫、店舗を失った。2011年7月に製造を再開したものの、市内の販路は途絶えたまま。東京都内のデパートで行われる期間限定の即売会に活路を探った。
 当初、首都圏の購買客は被災地支援が目的とみられたが、味に満足し、インターネット通販で再購入してくれるケースが増えた。口コミでデパート関係者に伝わり、首都圏、大阪などの催事に参加する機会が増加。14年から日本橋三越との付き合いもできた。
 日本橋三越側からは、15年ころから「いつか一緒に常設店舗で仕事がしたい」と誘われていたという。食品売り場に空きができた昨年暮れ、正式に依頼を受けて快諾した。
 日本橋三越の担当者は「鮮度の良い海産物を使った商品が提供できる。(斉吉商店は)常に消費者の思いを考えながら工夫した商品づくりに取り組んでいる」と評価する。
 現在、斉吉商店の売り上げは震災前の8割。東京進出で新たなファンの掘り起こしを目指す。斉藤和枝専務(56)は「全国にはまだ三陸の魚介のおいしさを知らない消費者は多い。丁寧に加工した商品を東京の人たちに楽しんでもらいたい」と話した。


被災農地で菜種刈り取り 名取・北釜
 東日本大震災で被災した名取市北釜地区で6月29日、菜種の刈り取り作業があり、約500キロが収穫された。北釜地区の農業の再生を目指す「ナタネによる東北復興プロジェクト会議」が実施した。
 プロジェクト関係者6人が参加。仙台空港北側の計約0.5ヘクタールの菜種畑にコンバインを入れ、菜種を刈り取った。菜種は農業用の紙袋に入れられ、岩沼市の農事組合法人の設備を借りて乾燥させた。
 菜種は後日、北海道帯広市の工場で搾り、約150キロの菜種油になる。名取市のふるさと納税の返礼品になるほか、七ケ宿町の道の駅で販売される。
 プロジェクトは塩害に強い菜の花による農業再生と養蜂産業の振興が目的。ジャパンローヤルゼリー(東京)と東北福祉大、名取市の農家、七ケ宿町の農事組合法人「千年塾」が2014年から続けている。


カキ養殖用パイプ「豆管」が被災地をつなぐ 映画が縁、仙台・荒浜から南三陸・波伝谷へ贈呈
 東日本大震災で津波被害を受けた仙台市若林区荒浜地区の元住民でつくる「荒浜再生を願う会」が29日、南三陸町戸倉の波伝谷(はでんや)漁港を訪れ、カキ養殖用パイプ(豆管)を地元漁師に贈った。同会が30日に解散するのを前に、震災前後の波伝谷を撮り続けてきた映画監督が両者をつないだ。
 同会のメンバー4人が豆管約1000個を持参し、カキ養殖業菅原幹生さん(41)に手渡した。長さ3センチほどの豆管は、海中で種ガキを付着させる原盤(ホタテの貝殻)を等間隔で重ねるために使われる。
 震災前、約80戸あった波伝谷地区の集落は津波でほとんどが流され、漁業も大きな打撃を受けた。菅原さんは「海が荒れると、原盤が流されることがある。頂いた豆管を使った原盤でカキを育て、いずれ恩返ししたい」と応じた。
 同会は震災後、若林区の深沼海岸の清掃を続けてきた。砂浜に漂着した豆管を拾い集めていたが、用途が分からなかった。メンバーが昨年、映画監督の我妻和樹さん(32)=白石市出身=が製作した波伝谷の漁師が登場するドキュメンタリー映画を見て、養殖用だと知った。
 代表の貴田喜一さん(72)は「映画がつないでくれた縁。震災がなければ今回の出会いはなかった」と話した。我妻さんは「豆管を託したいという思いに応えられて良かった。交流が互いの励みになればうれしい」と語った。


復興芝生が豊田スタジアムへ
東日本大震災で被災した山元町で、津波にのまれた農地を使って栽培されている芝生が、ラグビーワールドカップの会場の1つ、愛知県豊田市のスタジアムに採用され、芝生を出荷する作業が29日から始まりました。
山元町では、地元の人たちを中心に、津波にのまれた農地を使って「復興芝生」を名付けた芝生の栽培に6年前から取り組んでいます。
この芝が、来年9月に日本で開催されるラグビーワールドカップの会場の1つ、愛知県豊田市の「豊田スタジアム」に採用され、29日から出荷作業が始まりました。
作業では、9000平方メートルの芝生をトラクターの後ろに取り付けた専用の機械で幅76センチ、厚さ4センチ長さ10メートルに切り出してロール状にしたあとトラックに積み込み、順次、豊田市に向かいました。
ワールドカップ本番用の芝は、来年夏ごろに張り替える予定だということです。
芝生を栽培した会社の田原健一専務は、「2年11か月をかけ、さまざまな苦労を経て、出荷にこぎ着けました。選手たちがプレーする姿を見て初めて達成感を感じると思います」と話していました。


月浜海水浴場で海開きを前に清掃
東日本大震災で被災した宮城県東松島市の海水浴場で、来月の海開きを前に、地元の人たちが砂浜の清掃を行いました。
東松島市の月浜海水浴場で30日行われた清掃は、訪れた人たちにきれいな海辺を楽しんでもらおうと、地元の人たちや航空自衛隊松島基地の隊員などおよそ150人が参加しました。
参加した人たちはゴミ袋を携えて砂浜を歩き、落ちているペットボトルやたばこの吸い殻、それに流木などを拾い集めていました。
30日は日ざしが強く、参加した人たちはタオルで汗をふいて、水分をこまめに補給しながら作業を続けていました。
東松島市では震災によって砂浜が消滅したり、新たな護岸工事などで海水浴ができなくなりましたが、震災から5年たったおととしから、月浜海水浴場だけが本格的に再開しています。
地元自治会の小野舛治会長は、「景色もきれいで安全な海水浴場なので多くの人に楽しんでほしい」と話していました。
月浜海水浴場の海開きは来月14日で、8月20日まで利用できるということです。


【大阪北部地震】 「2年前の恩返し」熊本市、高槻市に職員派遣
 大阪北部地震で震度6弱を記録した大阪府高槻市に、平成28年の熊本地震で数多くの被災家屋を調査した熊本市の職員3人が駆けつけ、調査活動を支援している。熊本地震で高槻市職員が応援で現地に入ったことへの「恩返し」といい、熊本市の大西一史市長もツイッターで「2年前に全国から受けたご支援を胸に頑張ってほしい」と、被災地で奮闘する市職員たちにエールを送っている。
 熊本市東税務課職員の古嶋佑大(ゆうだい)さん(29)は毎朝、午前9時ごろから高槻市職員2人とともに自転車で高槻市役所を出発。罹災(りさい)証明書の発行を受けるために市民から被害調査の依頼があった家屋を、1軒1軒回っている。
 慣れた様子で住宅のひび割れなどを見て回る古嶋さんは、熊本地震で多くの被災家屋を調査した経験がある。調査に立ち会った住民の女性も「テキパキとして頼もしい」と微笑む。
 熊本市からは、古嶋さんのほか、中央税務課の式守(しきもり)政人さん(26)、課税管理課の上田将人(まさと)さん(26)の3人が27日から高槻市入りし、7月4日まで業務を応援。いずれも熊本地震で被災家屋を調査した経験があり、被災家屋の調査を担当している。
 高槻市の家屋調査申請は28日夕までで1636件。家屋調査は約40人が十数班に分かれて行っているが、経験豊かな熊本市の3人は大きな力になっている。
 調査を担当する高槻市資産税課の永野奈津子課長は「3人は熊本地震で調査の実績を積んでおり、ほかの職員の勉強にもなっている」と話す。
 熊本市からの職員応援は21日から始まり、7月16日まで4回に分けて派遣が予定されている。支援に入っているほかの自治体よりも長期間だ。第1陣は被災ニーズ把握のために管理職らが訪れたが、その後は、被災家屋を調査する職員が3人ずつ入り、熊本市の担当者は「ニーズあれば、さらなる派遣も考えたい」としている。
 高槻市は、熊本地震の後、消防職員ら28人を熊本市に派遣。熊本市によると、今回の応援は、高槻市の浜田剛史市長が、熊本市の大西市長に支援を要請したことを受けて実現した。
 熊本市の防災担当者は「熊本地震で全国から応援をもらった恩返し」と説明。大西市長も自身のツイッターで「大阪で被災した皆さんの為に頑張って欲しいと思います」とつぶやいている。


<大阪北部地震>枚方市に2職員 東松島市派遣へ
 宮城県東松島市は29日、大阪府北部地震で震度6弱を観測した大阪府枚方市に、7月2日から職員2人を派遣すると発表した。被災した住宅やブロック塀の危険度を確認する業務などに当たる。
 枚方市から28日に要請があった。東松島市は工事検査監と建築住宅課の技師を7月2〜11日に現地入りさせる。その後も28日まで交代で職員を送り込む方針。
 枚方市は2015年度から毎年、東日本大震災の応援業務で東松島市に職員を派遣している。東松島市は大阪府北部地震が発生した18日、先遣隊の職員5人を現地に送って被害状況を確認。必要な場合は支援する意思を伝えていた。


働き方改革法が成立/議論の積み重ね なお必要
 安倍政権が今国会の最重要課題と位置付けた「働き方改革関連法」が、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
 政権を揺るがす疑惑や不祥事への追及がやまない荒れ模様の国会で、十分な審議が尽くされたとは言い難い。
 全ての労働者の命と、企業の経営姿勢に関わる歴史的な改革だったにもかかわらず、与党側は衆院の厚労委員会で安易に採決を強行した。数の力で押し通した法律であることを記憶しておきたい。
 そもそも長時間労働の解消や非正規社員の待遇改善、効率性といった労働の本質に関わる幅広い法改正である。1回の国会で結論を出すことに無理があったのではないか。
 しかも8本の法律をひとくくりにしたため、労働規制の強化と緩和の相反する案件が混在し、方向性を一層見えにくくしたと言える。
 多くの局面で論点がかみ合わなかったが、際立ったのは高収入の一部専門職を労働時間規制から外す高度プロフェッショナル制度(高プロ)だ。
 働き方の自由度を高めるためと言う政府に対し「無制限の長時間労働につながり過労死を助長する」と野党が反発した。「成果で評価されたいというニーズはある」との政府説明は、12人に聞いただけのずさんなヒアリングだったことも明らかになった。
 対象職種もはっきりしていない。政府は金融ディーラーや研究開発者を想定するが、制度化されれば収入要件の緩和は必至とみられている。
 政府が高プロにこだわったのは競争力強化を目指す経済界の期待が高かったからだ。
 生産性向上を目的に改革の柱の一つに据えていた「裁量労働制の対象拡大」は調査データのミスが見つかり、法案提出前に削除に追い込まれた。せめて高プロ制度を創設しないと面目が立たないという政府の事情が垣間見える。
 残業時間の罰則付き上限規制は過労死ラインの「月100時間未満」で良かったのか。同一労働同一賃金など他の施策も詰め切れなかった疑問点が少なくない。制度の細部は労働政策審議会の議論や現場の運用に押し付けられた。
 労働法制は労働者の環境の向上のためにある。首相も1月の施政方針演説では「わが国に染みついた長時間労働の慣行を打ち破る」と述べた。
 しかし、過労死で家族を亡くした遺族らが法案に反対を唱え、首相に面談を求めても聞き入れられなかった。いったい誰のための改革なのか。追い詰められ、苦悩の中で過労自殺した電通の新入社員の悲劇に立ち返りたい。
 日本世論調査会の6月半ばの調査では30代以下の49%が「法案は疑問」と回答した。これから働き盛りを迎える世代に理解されていない。
 法律が成立した後も、政府には国民の不安を払拭(ふっしょく)する責任がある。議論の積み重ねがこれからもなお必要だ。


「働き方改革」法が成立 健康と生活を守るために
 安倍政権が今国会の目玉としていた働き方改革関連法が成立した。
 過労死の根絶を求める声が高まるなど、雇用の状況や人々の価値観が大きく変わる中での制度改革だ。時代に合わせて、多様な働き方を実現していかねばならない。
 関連法は三つの柱から成り立っている。残業時間規制、同一労働同一賃金の実現、高度プロフェッショナル制度(高プロ)の導入である。
 残業時間については労働基準法が制定されて初めて上限規制が罰則付きで定められた。「原則月45時間かつ年360時間」「繁忙期などは月100時間未満」という内容だ。
 過労死ラインは月80時間とされており、規制の甘さも指摘されるが、現行法では労使協定を結べば青天井で残業が認められている。長時間労働が疑われる会社に関する厚生労働省の調査では、月80時間を超える残業が確認された会社は2割に上り、200時間を超える会社もある。
 甘いとはいえ残業時間の上限を法律で明記した意義は大きい。
労基署は監督の強化を
 日本の非正規社員の賃金は正社員の6割程度にとどめられており、欧州各国の8割程度に比べて著しく低い。このため「同一労働同一賃金」を導入し、非正規社員の賃上げなど処遇改善を図ることになった。
 具体的な内容は厚労省が作成する指針に基づいて労使交渉で決められる。若年層の低賃金は結婚や出産を控える原因にもなっている。少子化対策の面からも非正規社員の賃上げには期待が大きい。抜け道を許さないための厳しい指針が必要だ。
 これらの改革を着実に実行するには、公的機関による監視や指導が不可欠だ。2015年に東京と大阪の労働局に「過重労働撲滅特別対策班(かとく)」が新設された。検察庁へ送検する権限を持つ特別司法警察職員だが、現在は計15人しかいない。これでは全国の会社に目を光らせることなどできないだろう。
 労働基準監督署による指導だけでなく、労働組合のチェック機能の向上、会社の取り組みに関する情報公開の徹底などが求められる。
 最も賛否が分かれたのは高プロの導入だ。年収1075万円以上の専門職を残業規制から外し、成果に応じた賃金とする制度である。本人が希望すれば対象から外れることになったが、上司との力関係で、高プロ適用を拒否できる人がどれほどいるのか疑問が残る。
 残業代を払わずに長時間労働をさせられる社員を増やしたい経営者側の意向を受けて、安倍政権が関連法に盛り込んだものだ。対象の職種や年収の基準を法律で規定することも一時は検討されたが、省令で決められることになった。
 これでは、なし崩し的に対象が広げられる恐れがある。長時間の残業を強いられると過労死した人の遺族が懸念するのはよく分かる。経営側の利益のために制度が乱用されないよう、監視を強めるべきだ。
多様な労働実現しよう
 一方、働く側からは柔軟な働き方を求める声が高まっている。介護や育児をしながら働く人は増え、地域での活動や副業、趣味などにもっと時間をかけたい人も多いはずだ。
 求められるのは、コスト削減のための制度ではなく、働く人が自分で労働時間や働き方を決められるような制度である。
 時代とともに単純労働は減り、付加価値の高い仕事が増えている。もともと創造的な仕事は労働時間で賃金を決めることが難しい。特に専門性の高い仕事をしている高収入の社員は、経営者に対してもっと発言力を持てるようにすべきだ。
 企業にとっては、労働時間が減り、非正規社員の賃金が上がることで生産性の向上を迫られることになる。長時間労働につながる職場の無駄を見直すことから始め、人工知能(AI)やロボット、ITによって省力化できるものは進めていかねばならない。設備投資の余力のない中小企業への支援策も必要だ。
 政府は今後、自宅での勤務を認めるテレワークなどについても検討する予定だ。今回の改革は初めの一歩に過ぎない。
 労使ともに意識を変える時だ。
 柔軟な働き方を広げていくには、時代のニーズに合った知識やスキルを個々の労働者が身につけられるよう、大学など高等教育や公的職業訓練を充実させないといけない。中高年の労働者も含めて、社会全体でバックアップしていくべきである。


働き方改革法成立/政権の問題体質が集約された
 安倍政権が今国会の最重要課題に掲げた働き方改革関連法が、参院で可決、成立した。
 岩盤に風穴をあける−。安倍晋三首相は4年前の成長戦略で、医療や農業とともに雇用分野の規制改革を打ち上げた。今回の法に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」をその中核と位置づける。
 高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す内容で、長時間労働や過労死を助長するとの懸念が根強い。労働団体や野党は削除を求めたが、政府、与党が数の力で押し切った。
 審議の過程では、根拠となる厚生労働省データの不備や管理のずさんさも判明した。法案を正当化するための後付けだった感が否めない。
 規制の風穴は誰のためにあけるのか。議論が不十分なまま、官僚は「首相の意思」を忖度(そんたく)して動き、政策検証に不可欠な公文書はなおざりにされる。
 森友・加計問題や自衛隊イラク日報隠蔽(いんぺい)などで露呈した政権の問題体質が集約された法律であり、国会審議であった。
      ◇
 2016年10月に明らかになった電通新入社員の過労死で、「働き方改革」に多くの国民が関心を向けるようになった。
 命まで奪う過酷な労働が、著名企業にも浸透していた。残業を減らし、働きやすい環境を整えることの重要性を、社会全体で共有する端緒となった。
 ところが働き方改革関連法案は、罰則を伴う残業時間の上限設定や非正規社員の待遇改善などと高プロ制度を一本化したものだった。
 当初は裁量労働の適用拡大も盛り込まれていた。働き手を守る案と引き換えに、「働かせ過ぎ」を招きかねない施策の受け入れを求めた。
 裁量労働の適用拡大について、首相は国会で「労働時間が短くなるとのデータもある」と答弁した。だが実際は一部データの抽出にすぎず、野党の批判を受け撤回に追い込まれた。
 高プロについても「時間でなく成果で評価される働き方を選べる」と意義を強調したが、厚労省が聞き取りをしたのは、関係者12人だけだった。
 導入ありき。それが大前提と言うしかない。同じ構図は、カジノを含む統合型リゾート施設整備法案にもあてはまる。
 両法案とも、国民が納得できるような合理的な説明に乏しい。共同通信社の世論調査では今国会での成立は不要との回答が7割弱を占める。しかし首相の意向を受けて、政府、与党は成立を最優先する。
 異論に耳を貸さない強硬な政権運営をいつまで続けるのか。これでは政策の多様性や柔軟性を失いかねず、産業構造や社会の重大な変化に対応することは難しい。
言葉が空虚に響く
 直近の世論調査では、安倍内閣の支持率と不支持率は拮抗(きっこう)する。相対的に若年と中年の男性で支持が高く、中年と高齢の女性は低い。女性全体の支持率は男性を8ポイント下回る。
 内閣不支持の理由は「首相が信頼できない」が半数弱を占める。首相の政治姿勢に厳しい目が向いている証しではないか。
 4月に発覚した財務次官のセクハラでは、事実認定や処分に手間取った上、麻生太郎財務相は被害者をおとしめる発言をした。だが首相は事態収拾を麻生氏に任せ、前面に立たなかった。
 副総理の麻生氏は、首相の盟友でもある。「お友達内閣」の延命を、働き方改革や女性活躍に密接に関わるセクハラ撲滅より優先したと国民は受け止めただろう。
 高プロに反対する過労死遺族団体が面会を求めても、首相は拒んだ。改革の風穴は、命を奪うような働き方にこそあけるべきであるのに、当事者の声に真摯(しんし)に向き合わないようでは、「活躍」「改革」「革命」といった言葉が空虚に響く。
国会は責務果たせ
 働き方改革法には47項目の付帯決議がなされた。高プロを導入する全事業所の立ち入り調査や、対象者の同意確認を1年ごとに求めるなど、問題点の多さを与党も認めたといえる。
 高プロの対象業務について政府は金融ディーラーや研究者などを想定するが、詳細は法成立後に厚労省が省令で定める。対象がなし崩し的に拡大しないよう、与野党は制度設計や運用に目を光らせる必要がある。
 強硬な政権運営は、国会の権威も低下させている。森友・加計問題では財務省が改ざん文書を提出し、首相らの答弁の信頼性を揺るがす文書も見つかった。国会は与野党の枠を超えて行政府をチェックし、必要なら是正させる責務を果たさねばならない。
 なによりもまず、安倍政権が自らの姿勢を改めるべきだ。さまざまな意見に耳を傾け、疑問や反論にていねいに答える。その上で国民に理解を得られるよう審議を積み重ね、政策の中身を臨機応変に見直す。
 そうした姿勢に立ち返らなければ、国民の政治不信は募るばかりだ。


働き方改革法成立 過労死防止の決意どこへ
 安倍晋三首相は「二度と悲劇を繰り返さないとの強い決意」で、過労死を招く長時間労働の是正に取り組むのではなかったか。
 むしろ、長時間労働を助長するとの危惧を抱かざるを得ない。
 首相が今国会の最重要課題と位置づける働き方改革関連法がきのう、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。
 首相は「戦後の労働基準法制定以来、70年ぶりの大改革」と胸を張るが、働く側にとっては「大改悪」になる恐れがある。
 残業時間には罰則付きの上限規制が初めて設けられたが、基準があまりに緩すぎる。
 最大の問題は、一部専門職を労働時間規制から外す高度プロフェッショナル制度(高プロ)だ。
 対象者は何時間でも働かされかねない。そんな危うさをはらんでおり、過労死防止に逆行する。
 関連法には、非正規労働者の待遇改善に向けた同一労働同一賃金も含まれている。だからといって、働く人の健康が犠牲にされていいわけがない。
■労基法を壊す高プロ
 命と健康を守るため、長時間労働を抑制する。労働基準法の労働時間規制は、労働者保護の要となる原則と言えよう。
 高プロは、一部とはいえ、これが適用されない例外を設けるという重大な変更である。
 導入に際して年104日以上、4週間で4日以上の休日取得が義務づけられる。
 104日は週休2日とほぼ変わらない。逆に、4日休ませれば、4週間のうち残る24日は連続で働かせることも可能になる。
 ほかにも四つの健康確保措置があるが、一つを選択すればよく、多くの企業は、この中から臨時の健康診断を選ぶとみられる。過労の歯止めとはなり得ない。
 政府は監督を強化すると主張するが、高プロの労働者は規制の対象外だ。労働基準監督署は何を根拠に、企業を取り締まるのか。
 企業は残業代も深夜・休日手当も支払わなくてよい。
 労働時間を管理する義務もないので、実際に働いた時間を把握できなくなる懸念がある。
 これでは取り締まりどころか、労災の認定さえ困難だろう。
 労働者派遣法や裁量労働制と同様、対象がなし崩しに広がる可能性があることも大きな問題だ。
 高プロの対象は「年収1075万円以上」の専門職とされるが、厚生労働省の省令で具体的に決まる。かつて経団連は「年収400万円以上」を提言していた。
 国会審議を経ず、省令によって例外措置が際限なく拡大されれば、労基法は壊されたも同然だ。
■残業規制は甘すぎる
 肝心の残業時間の上限規制は企業側に甘すぎる。繁忙期に月100時間未満、2〜6カ月で月平均80時間まで残業を認めた。
 過労死が労災認定される目安と同じだ。現実には、もっと短い時間でも過労死は起きている。
 死ぬ寸前まで働かせてもいいと、法律でお墨付きを与えるようなものではないか。
 過労が深刻な自動車運転業、建設業、医師には、5年間適用が猶予されたのも疑問だ。これでは過労死防止の実効性は疑わしい。
■一括の手法は強引だ
 関連法には、同一労働同一賃金のように働く人を後押しする制度もある。非正規労働者の賃金水準は正社員に比べ、欧州の7〜9割に対し、日本は6割にすぎない。
 同一労働同一賃金の実現は急務であり、労働者の格差是正に不可欠の改革である。
 財界の宿願だった高プロなどとは切り離してじっくり審議すべきなのに、性格の異なる8本の改正法案が束ねられた。
 安倍政権は、2015年にも10本一括の安全保障関連法を成立させた。働き方改革関連法とともに可決された環太平洋連携協定(TPP11)関連法も10本からなる。強引と言わざるを得ない。
 政府の答弁は論点のすり替えが目立ち、極めて不誠実だった。
 高プロの調査も、対象はわずか12人で、うち9人は、野党が今国会で「働き手のニーズ」を追及した翌日に聞き取りを行ったという。まさに泥縄である。
 参院野党第1党の国民民主党が厚労委員会での採決に応じ、野党の足並みが乱れたのは残念だ。
 労働者の命と健康に関わる問題である。多くの疑念が解消されないにもかかわらず、成立阻止に手を尽くさないなら、働く人からの支持は広がるまい。
 そもそも首相は労働規制を「岩盤」とみなし、その打破を成長戦略に位置付けてきた。発想自体が経済界寄りだ。
 関連法の徹底的な検証に加え、運用を厳重に監視し、過労死根絶に向けた努力を、社会全体で続けねばならない。


働き方改革法 働く人が納得する制度に
 本当に働く人の命と健康を守り、働きがいや幸福を追求する法律なのか。多くの疑問を残したまま、働き方改革関連法がきのう参院本会議で成立した。
 年収1075万円以上の一部専門職を労働時間規制や残業代支払いの対象外とする「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の導入をはじめ、国会で論議が尽くされたとは言い難い。
 関連法に盛り込まれた制度の細部は、厚生労働相の諮問機関で労使代表も参加する労働政策審議会(労政審)の論議に委ねられる。あくまで関連法の枠内だが、働く人が納得できる内容になるか引き続き注視したい。
 安倍晋三首相が「今国会の最重要課題」と位置付けたのに、ずさんで曖昧な答弁を繰り返した政府の責任は重い。厚労省が法案作成や国会答弁の根拠にした労働時間調査では不適切なデータ処理が次々と発覚した。
 高プロ導入の理由付けにしたヒアリングもわずか12人で、制度設計前は1人だけだった。高プロは長時間労働や過労死につながると訴え、首相との面会を求めていた過労死遺族の要望も無視した形だ。丁寧な法整備過程だったとはとても言えない。
 本来なら調査やヒアリングからやり直すべきだが、政府と与党は強引に押し切った。これでは首相の面目を最優先したと指摘されても仕方あるまい。
 関連法には、青天井だった時間外労働(残業)に罰則付き上限規制を設ける規制強化や、非正規労働者の待遇を改善する「同一労働同一賃金」なども盛り込まれた。働く人が待ち望んだ内容である。
 しかし労働時間の規制強化や働く人の保護策と、方向の異なる規制緩和の高プロが8本一括の法律改正に同居したため、国会論議は混迷を極めた。
 高プロが与野党攻防の焦点となる中、繁忙月の残業時間を労災認定基準と変わらない100時間未満などとした規制で十分か−など、強化策を巡る論議は消化不良に終わった。
 高プロを巡っては「望まない人には本当に適用されないのか」「対象が無原則に拡大されないか」など疑問や懸念が拭えない。新たな「働き方」が導入される職場で働く人が不利益を被らない工夫が必要だ。
 参院厚生労働委は28日の採決に合わせて、高プロを導入する全事業所への立ち入り調査を政府に求めるなど47項目にも及ぶ付帯決議を可決した。成立してもなお関連法が抱える課題の多さを象徴している。
 高プロの導入要件など今後、厚労省令で定める詳細な内容は約60件に上る。働く人本位の働き方改革にするために、労政審には徹底的な論議を求めたい。


高プロ強行採決 国民民主の与党アシストの裏に“3党密約説”
 28日の参院厚労委で強行採決された「働き方改革」関連法案。29日の参院本会議で可決され、成立する見通しだ。与党は過労死促進法とも呼ばれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)に対する反対の声を無視し、数の力で押し切った格好だが、看過できないのが、参院野党第1党の国民民主の“裏切り”だ。
 審議すればするほど、高プロの立法事実がないことが明らかになり、政府の答弁も説得力ゼロ。世論の約8割が成立を望んでいないにもかかわらず、国民民主は参院の審議時間が衆院を上回ったことから、舟山国対委員長は「丁寧な審議を重ねてきたのは事実だ」として、採決を容認してしまった。立憲などが提出した島村委員長の解任決議案も、国民民主は「委員長に瑕疵はない」と同調せず、決議案は採決すらされなかった。
 これでは、野党共闘どころか、安倍政権の補完勢力ではないか。衆院の審議で、高プロに徹底抗戦した山井、柚木両議員(国民民主)が、夜の国会前集会で「お叱りは覚悟で来た。思いは皆さんと同じです」と話すと、聴衆から「だったら採決阻止しろよ」と怒声が飛んだのもムリはない。山井は困惑の表情を浮かべ「どうしてああいう対応になったのか。参院側に理由を聞きたい」と話すのが精いっぱいだった。
 だが、国民民主の“裏切り”はこれだけじゃない。ナント! 来週にも開かれる衆院憲法審査会で審議が始まるとみられる国民投票法改正案で、自公との密約がささやかれているのだ。
「自公と国民民主が、国民投票法改正案をめぐり、すでに合意をかわしたという文書の原案があるようなのです。中身は、ただちに、3党で協議機関を設立するという内容と聞いています」(国民民主関係者)
 秋の自民党総裁選で安倍3選の可能性が強まり、自民党内では安倍首相にすり寄る動きが目立ってきた。一方、日経、毎日の世論調査では、国民民主の支持率はゼロだ。与党は国民民主を揺さぶって狙い撃ちし、引っ張り込みさえすれば、今国会で改憲の前提となる国民投票法改正の成立が見えてくると考えているのだろう。相変わらず卑怯なやり方だが、それに乗っかる国民民主もだらしがない。
「国民民主は採決で反対するようですが、今日の動きは明らかに安倍政権を利する動きです。野党であることを捨てたと言っていい。よりによって、過労死を促進する法案をめぐってです。自公からは感謝されても、国民からは総スカンでしょう」(立正大名誉教授・金子勝氏=憲法)
 国民はよーく覚えておこう。


[「働き方」法成立]疑問も不安も消えない
 法律が成立したからといって、疑問や不安が消えたわけではない。
 安倍政権が今国会の最重要課題と位置付けた働き方改革関連法が、労働者側の強い反対を押し切って成立した。
 電通の違法残業事件などをきっかけに長時間労働対策からスタートした議論である。にもかかわらず一括法案という形で高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す高度プロフェッショナル制度(高プロ)が創設されたことは、改革の名に値しない汚点だ。
 高プロについて、政府は「働いた時間ではなく成果で評価する」と意義を強調した。不適切データ問題で法案から削除された裁量労働制の対象拡大も成果で評価する制度だったが、高プロが適用されると休日や深夜労働、休憩などの規制もすべてなくなる。野党が「スーパー裁量労働制」と批判するのはそのためだ。
 労働者の立場の弱さを考えると、残業代を払わずに長時間働かせることができる仕組みにつながりかねない。「過労死が増える」といった過労死遺族らの懸念に正面から応えようとしなかったのは残念である。
 「働き手のニーズ」の根拠とした政府のヒアリング対象が、わずか12人だったこともお粗末すぎる。うち制度設計前に実施したのは1人だけ。労働者の意見を十分に反映させたとはいえない。
 さらに1075万円以上とする年収要件に含まれる手当の種類などの質問に対する答弁も曖昧さを残した。かつて経団連は「年収400万円以上」とするよう提言しており、導入後、なし崩しに適用が広がる可能性がある。
■    ■
 関連法には、青天井だった時間外労働(残業)に初の罰則付き上限規制を設け、正社員と非正規労働者の不合理な格差を是正する「同一労働同一賃金」などの保護策も盛り込まれた。
 働く人の健康を守り、パートや契約社員などの待遇改善を図る方向性には異論はない。
 ただ特例とはいえ、繁忙期に「月100時間未満」まで残業を認めるのは、過労死ラインぎりぎりまで働かせることにお墨付きを与えるものではないか。
 健康や命に直結する問題だけに、実効性に疑問の声が上がるのは当然だ。
 同一労働同一賃金についても責任の程度や転勤があるかないかといった違いよる待遇差は容認するとしており、どの程度格差が解消できるかは不透明である。
■    ■
 与党が数の力で成立を強行したことは、政治不信を深刻化させるもので、その責任は免れない。
 報道各社の世論調査で今国会成立に賛同しない意見が多数を占めているのは、議論が尽くされたとは言い難いからだ。
 法律が通ったから「仕方がない」と、このまま引き下がるわけにはいかない。
 細かい制度設計は今後、労使代表も参加する労働政策審議会で議論される。
 世論と懸け離れた政策の再考を迫る必要がある。


働き方法成立  議論は尽くされたのか
 これで働く人の生活や健康を守ることができるのだろうか。
 政府が今国会の最重要課題とする働き方改革関連法が成立した。
 衆院で12項目、参院では47項目もの付帯決議がなされた。省令で定める内容も60項目に及ぶ。
 それだけ懸念が多く、細部が詰め切れていないのだろう。議論が本当に尽くされたのか疑問だ。
 関連法では、青天井だった時間外労働に初めて罰則付きの上限規制が設けられた。非正規労働者の待遇改善に向けた「同一労働同一賃金」なども盛り込まれた。
 長時間労働が当然とされる日本の労働現場で一定の抑止効果は期待できる。
 ただ、「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」については、労働時間が際限なく広がる心配が拭えていない。
 対象となる職種などは労使でつくる労働政策審議会の議論をふまえて省令で定めるという。付帯決議では、対象業務を具体的で明確にするような省令を求めている。
 省令に委ねれば、国会のチェックもないまま対象範囲が拡大する可能性がある。その歯止めは本来、法に明記すべきでなかったか。省令で明確にするよう付帯決議で迫るのは本末転倒に思える。
 働き方改革関連法は8本の法律を改正する大型法案で、衆参とも約30時間審議された。しかし衆院では森友疑惑などに関する与党側の対応を不満として野党が審議拒否した場面があった。参院でも最終盤で厚生労働委員長の解任決議案を巡って審議が紛糾した。
 党利党略の駆け引きが優先され、「働き方」をめぐる本質的な議論が深められたとは言い難い。
 過密労働への対策として野党が義務化を求めていた「勤務間インターバル制度」は、企業の努力義務にとどまったままだ。
 高プロでは年104日以上、4週間で4日以上の休日取得を企業に義務づけるが、4連休があれば残りは24日連続で24時間勤務させても違法にならないなど、常識的におかしな点が残る。
 働く側が高プロ導入を求める根拠とされた厚労省のヒアリングが12人にしか行われず、導入の前提が崩れる事案も判明した。
 多くの課題や疑問が積み残されたまま、結果的に政府与党に押し切られた格好だ。
 今後は、働く人の立場を守るため、運用の在り方を監視しなければならない。関連法は成立したが、労働者保護に目を向け続けるのも、国会の重要な役割である。


命と健康を守れるのか/働き方改革法成立
 働き方改革関連法が成立した。「労働基準法制定以来、70年ぶりの大改革」と安倍晋三首相がぶち上げ、政府・与党は今国会の目玉に据えた。厚生労働省の労働時間調査で「不適切データ」が次々に見つかり、裁量労働制の対象業務拡大は全面削除に追い込まれたが、野党の足並みの乱れもあり、成立にこぎ着けた。
 与野党の論戦で最大の対立点となったのは、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す高度プロフェッショナル制度(高プロ)の創設だった。野党は「長時間労働や過労死の危険が極めて大きい」などと一斉に批判。政府は「働き手のニーズ」を前面に押し出し反論を展開した。
 ところが参院の審議で高プロの必要性を確認するため厚労省がヒアリングした働き手はわずか12人だったことが明らかになり、首相は望む人が多いからではなく、働き方の選択肢として整備すると弁明せざるを得なくなった。この答弁も含め政府側からの説明には曖昧さやずさんさばかりが目立つ。
 罰則付きの残業時間規制などについても、未消化の論点が残されている。首相は「多様な働き方を可能にする法制度が制定された」と意義を強調したが、働き手の命と健康を守れるのか。政府は法施行までに改めて説明を重ねる必要がある。
 年収1075万円以上で、本人の同意がある場合に適用される高プロを巡っては、対象となる職種や健康確保措置などが焦点となった。加藤勝信厚労相は「年収1千万円以上は給与所得者の3%程度。管理職を除き、業務も絞られるので、さらに限定される」と答弁したことがあるが、具体的には労働政策審議会の議論により、国会審議を経ない省令で定められる。年収要件に含まれる手当の種類などもはっきりしていない。
 このため対象がなし崩し的に拡大していくとの懸念が拭えない。さらに政府は長時間労働を防ぐために「高収入で会社との交渉力がある人」にしか適用しないと強調してきたが、「高収入といっても、しょせんはサラリーマン」と批判の声が上がっている。
 「時間によらず、成果で評価する制度」とも説明されるが、企業にとっては残業代を払わず長時間働かせることができる仕組みで、「4週間で4日以上」の休日という健康確保措置の実効性にも疑問が残ったままだ。


「高プロ」導入 疑問と不安残したまま
 働き方改革関連法案が国会で成立、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す高度プロフェッショナル制度(高プロ)が導入されることになった。
 長時間労働や過労死を助長する可能性が指摘され、議論の過程で疑問点が示された同制度だが、労働界や過労死遺族からの強い反対を押しのけて実現した。
 適用には労働者の同意が必要とされるが、そうだとしても経営側とは事実上対等な関係にあるわけでなく、企業には慎重な対応を求めたい。労使の協議も重要になる。
 対象者は年収1075万円以上の専門職。想定される業務内容は金融ディーラーや経営コンサルタントなどだが、今後、省令によって具体的に定められる。
 経済界のこれまでの発言を見ると、年収要件の緩和や職種の拡大を望んでいるのは間違いない。なし崩し的に拡大することがないよう国に注文したい。
 「残業代ゼロ制度」とも言われる同制度。もともと第1次安倍政権で同様の「ホワイトカラー・エグゼンプション」が検討されたが、断念した経緯がある。
 第2次政権になって、職業を絞るなどして高プロに改め、導入を図った。しかし、野党から批判され、たなざらしに。今国会では、残業時間の上限規制や同一労働同一賃金などを一括化して提出し、成立を目指した。
 「残業代ゼロ制度」は、このように執念深く導入が図られた。ただ、それにしては議論の過程はお粗末だった。
 象徴的なのが、厚生労働省が創設の根拠としたヒアリング。聞き取り調査はコンサルタントらわずか12人で、制度設計前に実施したのは1人だけだった。
 これでは「働き手のニーズによる導入」という説明に納得するのは難しい。実際に適用された後、どんな影響が出るのか、働く人に不安を広げる結果となってしまったのではないか。
 いくつもの内容を盛り込んだ働き方改革関連法案だが、高プロや、結局は断念した裁量労働制適用拡大を巡り与野党が対立したこともあり、他の重要な内容についても議論の深まりが見られなかった。
 来年4月以降の順次施行、適用に向け、各企業は対処の必要に迫られる。人事や賃金制度の専門部署に多くの人員を充てられる大企業に比べ、地方の企業や中小企業は大変だろう。
 例えば同一労働同一賃金に関して最高裁判決で一定の判断が示されたが、企業個々が具体的に対応するに当たっては戸惑いも生じると思われる。国や業界団体などがしっかり支援する必要がある。


[「働き方」法成立] 過労死の懸念は拭えぬ
 多様な働き方は必要だとしても、これが本当に労働者を守る改革と言えるのか。見切り発車の疑念は拭えない。
 安倍政権が今国会の最重要課題に位置づける働き方改革関連法案はきのう、参院本会議で採決され、与党などの賛成多数で可決、成立した。
 長時間労働が慣行となっている日本の労働現場で、残業抑制や過労死防止につながるのかが厳しく問われる。
 政府は施行までに説明を尽くし、幅広い国民の理解を得られるよう努力すべきだ。法律が正しく運用されるために目配りすることも欠かせない。
 関連法は、時間外労働(残業)に初の罰則付き上限規制を設けたり、非正規労働者の待遇を改善する「同一労働同一賃金」を導入したりするのが柱である。
 残業上限は原則「月45時間かつ年360時間」と明記。繁忙期など特別な事情がある場合も年720時間、月100時間未満(休日労働含む)、2〜6カ月の平均で80時間以内(同)とした。
 違反した企業や労務担当者には、6月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されるだけに、一定の効果はあろう。
 争点となったのが、労働時間規制に例外を設ける「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設だ。適用されるのは年収1075万円以上の研究職やコンサルタントなどとしている。
 政府は「多様で柔軟な働き方ができる」と主張するが、野党だけでなく与党からも「分かりにくい」と批判を浴びた。
 驚くのは、厚生労働省が制度導入の根拠とした調査の経緯だ。聞き取ったのはコンサルタントら12人で、制度設計前に実施したのは1人だけ。「制度導入ありき」が見え見えではないか。
 野党が法案から高プロの削除を要求したのは理解できる。過労死遺族らが「長時間労働の歯止めがなくなる」と懸念するのは当然だろう。
 働き方改革を巡る政府への不信感は根強い。
 政府は当初、あらかじめ定めた時間を働いたとみなす「裁量労働制」の適用業種拡大も盛り込もうとした。だが、不適切なデータが多数見つかって断念した。加藤勝信厚労相は厳しい追及に真正面から答えようとしなかった。
 国会審議は与野党の駆け引きに翻弄された。制度のこまかい点は、労使代表も参加する労働政策審議会でのやりとりに委ねられるところも大きい。オープンな場で詰めの議論をしてほしい。


すでに国家的ロスタイム
 ★サッカー・ワールドカップは日本とセネガルが勝ち点4で並んだが大会ルールにレッドカード、イエローカードの数により変動するフェアプレーポイントで日本は奇跡的に決勝トーナメント進出を決めた。その間、日本は0−1でポーランドに敗戦を喫していたがイエローカードを増やさぬため、観客には無気力試合のような時間稼ぎをした。これが国内のみならず、世界中で賛否が渦巻いた。 ★思い出すのは12年に国民栄誉賞を受賞したニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザー・松井秀喜が高校3年生の夏、92年の甲子園でのこと。星稜高校の4番打者・松井に対して相手校は5打席連続敬遠をして松井は1度もバットを振らずに敗退した。当時も大論争が起こる。敬遠は野球のルールだ。相手校の監督は「正々堂々と戦って潔く散るというのもひとつの選択だったかもしれないが、県代表としてひとつでも多く甲子園で勝たせたいと思った」と発言した。 ★今回は世界から非難されるが国内では擁護派が多い。北アイルランド代表のマイケル・オニール監督は英BBCの番組で「指導者として、別の試合で何が起きるかに運命をそっくり預けるとはあぜんとする」と語り、仏スポーツ紙「レキップ」は「残りの15分はあまりにみっともなかった。結果、日本は予選を通過したが、栄誉は伴わなかった」とした。 ★専門家にはそれぞれ理屈や分析もあるだろう。こちらは観客だ。大いに議論すればいい。国民は日大アメフトの悪質ルール違反や大相撲にも大いに議論し批判する。しかし首相・安倍晋三の狡猾な答弁や議会のルール違反、官僚の無気力答弁や公文書改ざんといったレッドカードには口を閉じる。副総理兼財務相は日本対コロンビア戦のあと「ロスタイムの5分、長く感じたろう。(会期)延長も同じ。ロスタイムに下手な失点が起きないように」と軽口をたたいたが、国民の関心がなくなっている段階ですでに国家的ロスタイムではないか。

アメリカンフットボール 悪質タックル 日大理事ら口封じ図る 第三者委が監督指示認定
 日本大がアメリカンフットボール部による悪質タックルの事実解明などを目的に設置した第三者委員会(委員長=勝丸充啓弁護士)が29日、東京都内で記者会見し、中間報告を公表した。内田正人前監督と井上奨(つとむ)元コーチの指示と認定し、日大の関係者や職員が選手らに指示を公にしないよう隠蔽(いんぺい)を図っていた新たな事実も明らかにした。
 第三者委は選手、指導者、関係者ら約70人から聞き取りをした。報告書によれば、井上氏は悪質タックルがあった5月6日の関西学院大との定期戦後の14日、日大三軒茶屋キャンパス(東京都世田谷区)に選手らを呼び出した。そこで待ち構えていた日大関係者が「タックルが故意に行われたものだと言えばバッシングを受けるよ」などと脅して「口封じ」を図った。関係者によると、この人物は内田氏に近いアメフット部OBの日大理事だが、口封じの意図は否定している。
 16日にも日大本部(同千代田区)で職員が数人のアメフット部員に、内田氏の指示を証言しないよう求めた。報告書は「もみ消しを図ろうとしたことは看過できない事実」と指摘した。
 新たにタックル直後、井上氏が左横にいる内田氏に近寄り「やりましたね」と声を掛けると、内田氏は「おお」と応じたことも明らかになった。勝丸氏は「他の選手にも繰り返し、似たような指示が行われていた」と述べ、反則行為を伴う指示が日常的だった実態を明らかにした。
 今後、第三者委は運動部を統括する大塚吉兵衛学長らに聴取してガバナンス体制を検証するほか、再発防止策を講じる。最終報告書の提出は7月末となる。
 日大は「認定された事実関係を尊重し、これを真摯(しんし)に受け止める」とのコメントを発表した。【田原和宏、村上正、松本晃】
第三者委員会の中間報告書 骨子
・タックルは内田前監督と井上元コーチの指示
・2人は指導者の資質を欠き、極めて悪質。弁解は信用できない
・日大関係者が選手らに不当な圧力や口封じ
・部の再建は不当な介入をした日大関係者の影響を排除して行う
・監督選考は外部を交えた公正、公平な委員会の設置を要望する
・選手、父母会、OB、関東学生連盟らが納得できる指導者を選んでほしい


野党の在り方 緊密連携で統一行動を
 延長国会で主戦場となっている参院で、主要野党の立憲民主党と国民民主党が国会戦術の違いから対立を深めつつある。
 与野党の対決法案である働き方改革関連法案の厚生労働委員会採決を前に、参院の野党第2会派の立民が主導して共産党などと委員長の解任決議案を提出。国民は同調せず、付帯決議を行うことと引き換えに採決提案に応じるなど対応が分かれ、与党ペースを許した。
 安倍政権との対決姿勢をとる立民に対して国民が「対決より解決」を掲げているためだが、主要野党の足並みの乱れは結局、安倍政権を利することになる。立民、国民両党の執行部は意思疎通を図り、対立が決定的になるのを回避するとともに、重要な局面では統一した行動をとるよう努めるべきだ。
 立民と国民の路線の違いが鮮明になったのは、国会が延長され、与野党攻防の舞台が参院に移ってからだ。立民が野党第1会派の衆院とは異なり、参院では国民が野党第1会派で、両院で「ねじれ」が生じている。
 このため参院では国民が与党との交渉を担うことになり、国会延長直後、安倍晋三首相出席の予算委員会集中審議や参院議員の大塚耕平共同代表が出席する党首討論の開催で合意し、国会運営が正常化した。
 立民の枝野幸男代表は反発し、22日、大塚氏に電話で国会対応を強く批判。28日になって今度は大塚氏が「こちらが話をする前に切られた」と一方的な電話だったと記者会見で表明。さらに枝野氏が「非公式に他の政党の方と意見交換したことについては外に公開、公表しない前提だ」と不快感を示すなど溝が深まっている。
 対立の直接の要因は衆参両院での野党第1会派のねじれだが、「あるべき野党像」の違いも大きい。立民は安倍政権との全面対決姿勢を鮮明にし、対決法案の廃案を狙った審議拒否を含む日程闘争を辞さない。共産や自由党も共同歩調をとる。
 これに対して、「抵抗野党」を嫌う国民は、審議による問題点の深掘りや修正などの「実績」を目指し、原則として審議拒否は行わない方針を示している。立民が主導して森友学園問題で佐川宣寿・前国税庁長官の議院証言法違反(偽証)容疑での告発を与党に呼び掛けたが、国民には温度差が見られた。
 立民、国民それぞれの主張には理があるが、現在の国会が置かれた状況を見ると、「対決より解決」という国民の理想論が実現するのは難しいのではないか。
 森友、加計(かけ)問題では、偽証が指摘される佐川氏だけではなく、安倍首相をはじめ関係者が野党の追及や報道に説得力のある答弁や説明をせず、ないとされていた文書が次々に出てくるなど、議論の土台が成り立っていないという実態がある。
 審議の場を確保しても、安倍政権が国会での答弁に対する不誠実な姿勢を変えない限り「解決」を得られることはない。
 一方、審議拒否や閣僚不信任、委員長解任などを求める決議案の連発だけで安倍政権の変化を引き出せるわけでもない。
 状況に応じて硬軟織り交ぜた戦術で政権をじりじり追い込むのが正解だろう。そのためには立民、国民の緊密な連携が必須だ。主要野党間でお互いの距離をこれ以上広げる愚だけは犯すべきではない。(共同通信・柿崎明二)


【党首討論】「歴史的使命」投げ出すな
 「党首討論の歴史的使命は終わった」
 今国会2回目の党首討論で、安倍首相はそう述べた。本当に「終わった」のだろうか。
 首相発言は、5月の党首討論で立憲民主党の枝野代表が同じ発言をしたことを逆手に取ったものだ。森友、加計学園の問題などについて、首相は聞かれたことに答えなかったり論点をすり替えたりした。
 今回、枝野氏はその意趣返しをするかのように安倍政権の問題点を指摘する長広舌を振るい、首相に反論時間を与えなかった。疑惑解明に消極的な首相の姿勢に問題はあるにしても、同じ「土俵」に上がってしまっては議論は深まらない。
 党首討論が不要なのではない。求められているのは、互いに議論をかみ合わせる努力や工夫である。
 共産党の志位委員長は加計学園が「実際にはなかった」と釈明した首相との面会を、愛媛県などに報告したことを質問。この作り話によって獣医学部の新設計画が前進し、県や今治市からの補助金が増額されたと主張した。
 加計学園理事長はうそに関与していないのか。うそが獣医学部新設にどう影響したのか。国民の疑念に真摯(しんし)に向き合うなら、県市の担当者や学園理事長の国会招致が必然的に議題に上ってこよう。
 しかし安倍首相は「県や市が主体的に判断することで私はあずかり知らない」と取り合わなかった。これでは議論は進まない。首相のこうした姿勢は今国会を通して一貫しており、党首討論が形骸化している大きな要因となっていよう。
 野党が攻めあぐねる理由には、党首討論の制度上の「欠陥」もある。1回の討論時間が45分と短いことや開催頻度が低いことだ。
 そもそも党首討論は二大政党制の英国がモデル。野党勢力が分散した日本の現状では、野党党首1人当たりの持ち時間はさらに短くなり「時間切れ」が頻発してしまう。
 与野党は2014年に月1回開催で合意したものの、前回5月が1年半ぶりだった。与党側が野党の追及を避けようとしたり、野党側が1回の審議時間がより長い予算委の開催を優先したりするためだ。
 討論時間の延長といった運用改善を棚上げしたまま、「使命を終えた」と断じるのは国民への説明責任を投げ出すに等しい。
 自民党の小泉筆頭副幹事長ら若手有志は、国会改革の一環として党首討論の改善も提言している。2週間に1回の党首討論のほか、閣僚による討論や日中、働いている人がテレビ中継を見やすいよう夜間の開催を求めている。
 開催頻度が高まれば野党党首は交代で出席し、その分、討論時間も増やせよう。議論の充実へ向けて、できることはたくさんあるはずだ。
 もとより一番大切なのは誠実に議論を戦わせ、政治への信頼性を高めていくこと。制度のあり方以上に、政治家の資質が問われている。


「長崎と天草地方の潜伏キリシタン」世界文化遺産に登録
ユネスコの世界遺産委員会は、日本が推薦する「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、12の構成資産すべてを世界文化遺産に登録することを決めました。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、日本が鎖国政策を取るきっかけとなった「島原・天草一揆」で信者たちが立てこもった原城跡や、潜伏キリシタンが外国人神父に信仰を打ち明けた「信徒発見」の舞台となった大浦天主堂、さらに、禁教期にキリシタンが暮らした集落など、長崎県と熊本県の合わせて12の資産で構成されています。
中東のバーレーンで開かれている世界遺産委員会は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、12の構成資産すべてを世界文化遺産に登録することを決めました。
登録の理由としては「17世紀から19世紀にわたる禁教政策の下で、ひそかに信仰を伝えた潜伏キリシタンにより育まれた独特な宗教的伝統を物語るほかに例を見ない証拠である」としています。
今回の登録によって、国内の世界遺産は文化遺産が18件、自然遺産が4件の合わせて22件となります。
潜伏キリシタン遺産とは
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリスト教の信仰が禁じられた禁教期に、厳しい弾圧を受けながらも、日本の伝統的な宗教や社会と共生しながら独自の形で信仰を続けた潜伏キリシタンの歴史を伝えるもので、長崎県と熊本県の合わせて12の資産で構成され、半数は長崎県の離島にあります。
構成資産には、日本が鎖国政策を取るきっかけとなった「島原・天草一揆」で信者たちが立てこもった「原城跡」や、弾圧を逃れて移り住んだ離島の集落、それに、1865年に、潜伏キリシタンが外国人神父に信仰を打ち明けた「信徒発見」の舞台となった「大浦天主堂」などが含まれます。
12の構成資産は次のとおりです。
南島原市の「原城跡」。
平戸市の「春日集落と安満岳」。
平戸市の「中江ノ島」。
熊本県天草市の「天草の崎津集落」。
長崎市の「外海の出津集落」。
長崎市の「外海の大野集落」。
佐世保市の「黒島の集落」。
小値賀町の「野崎島の集落跡」。
新上五島町の「頭ヶ島の集落」。
五島市の「久賀島の集落」。
五島市の「奈留島の江上集落」。
長崎市の「大浦天主堂」。
潜伏キリシタン登録への道のり
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリシタンが潜伏するきっかけとなり、島原・天草一揆の拠点だった原城跡、「信徒発見」の舞台となった大浦天主堂、そして、キリシタンたちが信仰のため潜伏した集落など、主に江戸時代の禁教期のキリシタンに関する12の資産で構成されています。
当初は14の資産で構成されていましたが、2年前にユネスコの諮問機関から「キリスト教の信仰が禁じられた時期に焦点を当てるべきだ」と内容を 見直すよう指摘されたため、地元自治体などが構成資産を見直した結果、禁教との関係を証明するのが困難な2つの資産を外して再び推薦書を提出しました。
名称も従来の「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」から「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に変更しました。
こうした取り組みの結果、先月、ユネスコの諮問機関から「世界遺産にふさわしい」とする最も高い評価を受けていました。
平戸オラショで祝う
12の構成資産のうち2つがある長崎県平戸市では、潜伏キリシタンの末えいの住民が禁教時代から受け継がれてきた「オラショ」と呼ばれる祈りの言葉を唱え、世界文化遺産への登録決定を祝いました。
構成資産のうち「平戸の聖地と集落」がある平戸市では、30日午後、禁教時代から受け継がれてきた信仰などを紹介する博物館でパブリック・ビューイングが行われ、潜伏キリシタンの末えいら、およそ100人がユネスコの世界遺産委員会の審議を見守りました。
そして、午後6時前に世界文化遺産への登録が決まると、大きな拍手と歓声が上がり、くす玉を割って喜びを分かちあいました。
このあと、潜伏キリシタンの末えいの住民5人が、平戸市の生月島で禁教時代から伝承されてきた祈りの言葉「オラショ」を披露しました。
披露された「オラショ」は、祝いの席で唱えられてきたもので、長い迫害に耐えて受け継がれてきた信仰心や世界文化遺産への登録が決まった地元の聖地への思いを今に伝えています。
オラショを披露した56歳の男性は「先祖から代々受け継いできた文化が評価されたのだと思います。オラショを聞くことで潜伏期から信仰を受け継ぎ今も信仰している人がいることを多くの人に知ってほしいです」と話していました。
構成資産の1つ、長崎県平戸市にある「春日集落」の総代の寺田一男さんは「大勢の人が祝福してくれてうれしいです。まずは長い迫害に耐えて信仰を受け継いできた先祖に報告します。これからも禁教時代から続く棚田の景観や文化を守っていきたいです」と話していました。
崎津集落でも喜びの声
熊本県内では唯一の構成資産で、天草諸島・下島の西部に位置する天草市の崎津集落では、地区のコミュニティセンターに地元の人や集落にある教会の信徒などおよそ300人が集まり、立ち見の人も出るほどのにぎわいの中、インターネットによる中継で世界遺産委員会の審議を見守りました。
そして、午後6時前に世界文化遺産への登録が正式に決まると、集まった人たちからは大きな歓声が上がり、一斉に風船を飛ばして決定を祝いました。
その後、天草市の中村五木市長があいさつし、「ここまで来られたのは地域の皆さんに支えていただいたおかげで、本当に感謝申し上げます。世界の宝となった崎津集落を将来に引き継いでいくため、今後もさらなる協力をお願いします」と述べました。
崎津教会信徒会の代表、吉村恵美子さんは「苦難を乗り越えてきたキリシタンの先輩方に心から感謝したい」と話していました。
また、崎津集落の出身で、熊本県大津町から家族で訪れた30代の男性は「ふるさとが世界遺産になってとてもうれしいです。これをきっかけに多くの人が集落を訪れてほしい」と話していました。
長崎県知事「世界の宝になった」
中東・バーレーンの会場で世界遺産の登録の決定を見届けた長崎県の中村法道知事は「世界遺産への登録を目指してから10年以上の歳月がたった。さまざまな曲折を経てきた遺産だけに感慨深い。世界の宝になったので大切に保全管理し、次の世代に引き渡していくことに力を注ぎたい」と話しました。
また、長崎市の田上富久市長は「命をかけて長い間守ってきた信仰の価値を世界の国々に認められた。たくさんの皆さんに長く来ていただける世界遺産にしたい」と話しました。
熊本県議会の森浩二副議長は「長崎から天草という新たなルートが観光の起爆剤になるのではないか」と期待を述べました。
熊本県知事「魅力を国内外に発信」
熊本県の蒲島知事は「推薦書の取り下げや構成資産の見直しという苦渋の決断を経験してきましたが、これらの試練を乗り越え、ついに待ち望んだこの瞬間を迎えることができ、心からうれしく思います。これからも天草市とともに資産の適切な保全を図りながら熊本の魅力を国内外に発信していきます」というコメントを出しました。


長崎・天草「潜伏キリシタン」が世界文化遺産に 隠れキリシタンとは違う?
江戸時代に弾圧を受けながらも信仰を守り抜いた人々の歴史を今に伝えている。
吉川慧
中東・バーレーンで開催中の国連教育科学文化機関(UNESCO)第42回世界遺産委員会は6月30日、長崎県・熊本県の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界文化遺産に登録すると決定した。
日本国内の世界遺産は、今回の登録決定で計22件(文化遺産18件、自然遺産4件)となる。
「潜伏キリシタン関連遺産」は12の遺産から構成される。現存する国内最古のキリスト教会である「大浦天主堂」(長崎市)や、禁教下で潜伏キリシタンとして信仰を守った「天草の崎津集落」(熊本県天草市)など、江戸時代に弾圧を受けながらも信仰を守り抜いた人々の歴史を今に伝えている。
■「潜伏キリシタン」と「隠れキリシタン」では定義が異なる
「潜伏キリシタン」と似た用語で「隠れキリシタン」という言葉があるが、学術的に見ると「潜伏キリシタン」と「隠れキリシタン」は異なるようだ。『山川日本史小辞典』(山川出版社)の「潜伏キリシタン」の項目では、以下のように説明している。
江戸時代、キリシタン禁制に対して、表面的には仏教徒を装いつつ、密かにキリシタンを信仰し続けた人々。(中略)潜伏キリシタンの中には、キリシタン禁制の高札撤去(1873)以降も教会に復帰しない人々がいるが、江戸時代の潜伏キリシタンと区別する意味で彼らを隠れキリシタンとよぶ。
(『山川日本史小辞典』(山川出版社)の「潜伏キリシタン」より)
長崎市国内観光客誘致推進実行委員会では、「潜伏キリシタン」について以下のように説明している。
江戸時代の初期、外海、浦上、天草などの信徒たちは幕府の摘発を逃れるために表社会では仏教徒として生活し、内面的にキリスト教を信仰する潜伏キリシタンとなりました。天照大御神や観音像をマリアに見立てたり、その地域の言葉で祈りを捧げたり、それぞれに独自の信仰の形を形作っていったのです。
江戸時代後期には外海地方にいた潜伏キリシタンたちが五島列島に移住し新しく潜伏キリシタンの集落を作っていきました。明治になって禁教令が撤廃された後も、このような潜伏時代の信仰形態を継承した人々を、かくれキリシタンと呼んでいます。
『ブリタニカ国際大百科事典』などによると、江戸時代の潜伏キリシタンは、土地の習俗や神仏信仰などと結びついたことで次第にキリスト教の教義から離れ、独自の信仰へと発展していった。
そのため、明治以降にキリスト教の禁教が解かれ、再びカトリックの宣教がなされても、カトリックとは一線を画し、独自の信仰様式を継承した人々が残った。これが「隠れキリシタン」と呼ばれる信仰だ。
宗教学者の宮崎賢太郎・長崎純心大学教授は『カクレキリシタン オラショ―魂の通奏低音』の中で、「現在のカクレキリシタンはもはや隠れてもいなければキリシタンでもない。日本の伝統的な宗教風土のなかで長い年月をかけて熟成され、土着の人々の生きた信仰生活のなかに完全に溶け込んだ、典型的な日本の民俗宗教のひとつ」との立場から、隠れキリシタンを信仰する人々を「カクレキリシタン」と片仮名で表記している。現在でも長崎県の生月島や熊本県天草などで、その教えを信仰する人々がいる。
なお、国指定の無形民俗文化財(風俗習慣・祭礼[信仰])としては「かくれキリシタン」と表記される。


世界遺産に潜伏キリシタン 独自信仰の歴史を評価 国内22件目、再挑戦実る
 中東バーレーンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会は30日、江戸時代以降のキリスト教禁制と独自信仰の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)を世界文化遺産に登録すると決定した。2015年に日本政府が推薦した際は登録に至らず、内容を修正した推薦書を提出し直し、再挑戦したことが実を結んだ。
 国内の世界遺産は22件目で、13年の「富士山」(山梨、静岡)以降、6年連続での登録。内訳は文化遺産18、自然遺産4となる。
 潜伏キリシタン関連遺産は、信徒が暮らした「天草の崎津集落」(熊本県天草市)や、現存する国内最古の教会で国宝の大浦天主堂(長崎市)など12資産で構成。幕府による信徒弾圧と潜伏、仏教徒を装うなど独自の信仰形態を生み出した歴史を物語る。
 政府は15年に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として推薦したが、ユネスコ諮問機関から禁教期に焦点を当てるよう促され、内容を見直して昨年、再推薦した。諮問機関は今年5月、「ひそかに信仰を継続した独特の文化的伝統の証拠」と高く評価し、登録を勧告していた。
 来年の世界遺産委では、国内最大の前方後円墳・大山古墳(仁徳天皇陵古墳、堺市)を含む「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)の登録の可否が審査される予定。
 一方、今年6月に推薦をいったん取り下げた自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)について、環境省は早ければ20年夏の登録を目指す方針だ。


ユネスコ 「潜伏キリシタン」を世界文化遺産登録決定
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は30日、バーレーンのマナマで開かれた会合で、キリスト禁教期の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本県)を世界文化遺産に登録することを決めた。日本の世界文化遺産登録は6年連続18件目で、自然遺産も含めた世界遺産は22件目となる。
 文化庁によると、委員会は「キリスト教禁教政策の下でひそかに信仰を伝えた潜伏キリシタンにより育まれた独特の宗教的伝統を物語る他に例を見ない証拠」として登録を決議。審議では「ユニークで傑出した歴史を語る価値のある遺産」などと評価されたという。
 潜伏キリシタン関連遺産は、キリスト教の信仰が禁じられた江戸時代から明治初期の日本で、潜伏キリシタンが地域社会と共生しながら信仰を守り続けた歴史を伝える遺産群。1637年の島原の乱の主戦場となった「原城跡」(長崎県南島原市)や、現存する国内最古の教会で国宝の「大浦天主堂」(長崎市)など12資産で構成する。
 政府は2015年1月、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として14資産を推薦したが、文化遺産の登録の可否を事前審査するユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が「禁教期との関わりに重点を置くべきだ」として見直しを求めた。これを受け16年2月に推薦を取り下げ、17年2月に潜伏キリシタンに焦点を絞った12資産で推薦書を再提出。イコモスが今年5月に「登録が適当」とユネスコに勧告した。
 一方、世界自然遺産に推薦していた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)は自然遺産の登録の可否を事前審査する国際自然保護連合(IUCN)が「登録延期」と勧告したことを受け、6月に推薦を取り下げた。最短で20年夏の登録を目指して再挑戦する。【伊澤拓也】


“文春砲デマ”発言、花角英世・新潟県知事の選対幹部が公選法違反で刑事告発された! 県警・地検の動きは
 6月25日の参院予算委員会で安倍晋三首相は、共産党が独自入手した森友関連の政府側内部文書について「どのようなものか私は全く承知していない」と答えた。佐川宣寿前理財局長らの刑事処分について「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」と記されていたのに、具体的答弁を拒否したのだ。
 都合の悪い事実(不都合な真実)を無視する安倍首相の隠蔽体質は、「新潟県知事選」(6月10日投開票)で初当選した自公支持の元国交官僚の花角英世・新知事も瓜二つ。選対幹部が“文春砲”の名前を使って相手候補者である池田千賀子元県議の下半身ネタをデッチ上げたのに花角知事は「事実関係を承知していない」と繰り返していたからだ。さらに投開票日の当確が出た直後の囲み取材で「事実関係を確認させてください」と調査を約束した(6月12日の本連載39「新潟県知事選で花角新知事陣営がデマ攻撃! 選対幹部が『文春砲が池田候補の下半身スキャンダル』と嘘を拡散」で紹介)が、しかし、この約束も選挙後に簡単に反故にされた。
 花角知事は事実解明どころか「事実関係を承知していない」とだけしか言わなくなったからだ。知事就任翌日の13日に上京し、二階俊博幹事長や安倍首相や菅義偉官房長官との面会を終えた後の囲み取材での筆者の質問に、花角知事は次のように発言を後退させたのだ。
――選対幹部の文春下半身記事化発言、三條新聞に載ったが、選挙違反ではないか。
花角知事 事実関係を承知しておりません。
――日大アメフト部と同じで「選挙違反をしても当選する」という考えなのか。
花角知事 事実関係を承知しておりません。
当確直後に見せた「不都合な真実を直視して説明責任を果たそう」とする姿勢はわずか3日で消え去り、21日の就任後初の定例会見でも皆無だった。筆者は指されなかったので会見終了が告げられた瞬間に同じ質問をした。
――知事、選挙中の文春の下半身ネタデマ発言について一言、お願いしたい。(投開票日の10日に)事実関係を調べると仰いましたが。
花角知事 事実関係を承知しておりません。
――調べるつもりはないのですか。日大アメフト部と同じ「ルール違反をしても当選する」という考えか。
花角知事(無言のまま立ち去る)
 花角知事の正体が浮彫りになっていく。「ルール違反をしてでも勝つ」という日大アメフト部流選挙を展開し、知事ポストを奪取した後は「勝てば官軍」と言わんばかりに知らぬ存ぜぬの姿勢を貫く。そして「新潟では文春砲下半身ネタ絡みの“ハレンチ知事”が二代連続で誕生した」という皮肉な現実も突きつけられた。女子大生買春の文春砲直撃で“初代ハレンチ知事”が辞任したのに続いて、選対幹部が文春砲下半身ネタをデッチ上げた“二代目ハレンチ知事”が汚れた知事ポストに居座り始めたように見ええたからだ。
 県知事選で池田千賀子候補の応援演説をした立憲民主党の辻元清美衆院議員(国対委員長)は、中央とのパイプの太さをアピールした花角陣営に対して、「中央の膿が新潟に還流してくる」と警告を発したが、まさに隠蔽・改竄・嘘八百の安倍首相(政権)の腐敗体質が新潟に流れ込み、県庁内から腐臭を発し始めたといえるのではないか。
花角陣営の選対幹部を刑事告発した市民が「こんな選挙妨害は初めて見た」
 知事会見の翌6月22日、県内在住の一般市民有志8名が“文春下半身ネタデッチ上げ発言”に関する告発状を県警と検察に提出(県警は受理。検察も翌週受理)、県庁内で11時前から記者会見に臨んだ。記者に配布された告発状には、公職選挙法第235条第2項違反の犯罪行為について次のように記されていた。
「被告発人(長谷川克弥)は新潟県知事選挙の候補者である花角英世を支援する確認団体である『県民信頼度ナンバーワンの県政を実現する会』の代表代行であったところ、2018年6月6日正午から自由民主党三条支部事務所で開かれた緊急議員会議の公開されていた冒頭部分において、三條新聞記者も含めた不特定多数の出席者に対して、花角英世への支援を求めつつ、新潟県知事選挙の対立候補者であった池田千賀子に関し、その当選を得させない目的をもって、『文春に選挙後に出るようだ。また、下半身の話だ。そんなことになったらまた選挙になるのではないか』という発言を行った。よって被告発人は、虚偽の事項を公にしたものである」
 告発状には長谷川氏の問題発言を掲載した6月7日付の三條新聞を添付されていたが、質疑応答に入ったところで今回の告発に対する思いを聞くと、市民有志代表から次のような答えが返って来た。
「私たちは公正な選挙を求めて告発をしています。私も2回、選挙のボランテイアをしたことがあるが、このような選挙妨害をあからさまに受けたのは今回の県知事選挙が初めてです。『このままでは公正な選挙が行われなくなってしまう』という危惧を覚え、『不正がまかり通るような選挙は今回限りにして欲しい』との思いから告発しました」
 調査する姿勢が消え去った花角知事の対応についても訊いてみた。こんな答えが返って来た。
「私たちが告発をした『被告発人』の長谷川克弥さんは、花角知事が候補者であった時の確認団体の代表代行(ナンバー2)です。その方の発言について『確認をしない。責任も取らない』ということでは、私は許されないことだと思います。責任をきちんと取っていただきたいと思っています」(一般市民有志代表)
告発で浮かびあがってきた花角陣営の確信犯的な選挙妨害
 告発状には「その後の経緯」と題して、選対幹部のウソがどう広まったのかについても記載されていた。
「被告発人の虚偽の言説は、その後、あたかも花角陣営が確認した事項のように新潟県内外に広まり、選挙期間中に、複数回、新潟市内、三条市内、及び県外、ソーシャルネットワーク(SNS)上で聞くこととなり、選挙運動の大きな妨げとなった。この虚偽の言説の元となったツイートをした匿名アカウント『永田町ウォッチャー(@nagatachowatch)』」は、その発言が虚偽であったことを指摘され、6月5日に当該ツイートを削除している」
 このことについても、長谷川氏への直撃取材と一致する部分があったので以下のような質問をした。
――文春関係者にも聞いたのですが、「企画会議も通っていないし、記者も動いていない」と(答えた)。(10日の投開票日に)長谷川さん本人にも「文春の記者から聞いたのか」と訊いたら、まさにこの告発状にある「『永田町ウォッチャー』が根拠です」と答えた。ツイッター上の匿名の情報をさも事実であるかのように、記者のいる公の場で話すのはかなり確信犯的なやり方ではないかと思うが。
市民有志代表 そこについて私たちは非常に重く見ております。経緯として「永田町ウォッチャー」の方は6月5日に当該ツイートを削除、謝罪ツイートもしている。それにもかかわらず、そういった言説をその翌日(6日)にしたことで、非常に大きいことだと思います。
 まさに確信犯的な選挙妨害(公職選挙法違反)と言わざるを得ない。私の直撃に対して長谷川氏は「文春の記者に聞いたのではなく、(永田町ウォッチャーの)ツイッターに書かれていた噂を話した。噂を広めるつもりはなかった」と反論したが、4万部発行の三條新聞記者ら報道陣がいる「緊急議員会議(選対会議)」で、花角陣営選対幹部の肩書「代表代行(ナンバー2)」を名乗って写真撮影可能な状態で発言すれば、数万人規模の読者(有権者)に広まることなど誰でもすぐに分かる。
菅官房長官と親しい花角陣営選挙プランナーに直撃するも、話のすり替え
 ちなみに新潟県知事選の告示日から現地に張り付き、自民党新潟県連にも出入りしていたのは、選挙プランナーの三浦博史氏。菅義偉官房長官と懇意であることでも知られる。その三浦氏に長谷川氏の文春下半身ネタ記事化デッチ上げ発言について聞いてみたが、「池田陣営の保育園問題はどうなのだ。その取材をしない限り、この件については答えない」と別の問題ではぐらかされ、具体的な回答を拒否された。
三浦氏が取材に応じる前提条件とした「保育園問題」とは、柏崎市立保育園の保育士が園児に候補者の応援をする図画作成を手伝わせたとして地方公務員法の信用失墜行為禁止などで処分されたものだが、選挙結果に影響を与える度合いは天と地ほどの差があるのは明らかだ。「選対幹部の文春下半身ネタ記事化デッチ上げ発言が読者数4万人の三條新聞に掲載されて広まった」という明白な公職選挙法違反と同程度に捉えて取材拒否の理由とする三浦氏は選挙プランナーとして、花角陣営の確信犯的な選挙妨害(選挙違反)を意図的にごまかそうとしているのではないかと疑いたくなる。
「新潟県知事選勝利で安倍首相の総裁選三選の可能性は八割、ほぼ確実となった。敗れていたら政局になっていた」と自民党関係者が振り返るほどの天下分け目の決戦で、菅官房長官と懇意な選挙プランナーが現地に張り付いて花角陣営に助言を与えているなか、選対幹部が白昼堂々と公職選挙法違反を実行に移した。
 安倍首相とその仲間たち(花角知事や三浦氏ら)が、「ルール違反をしても勝つ」という日大アメフト部と二重写しに見えてくるではないか。「官邸と花角陣営が“共謀”した確信犯的公職選挙法違反」という疑いは消え去るどころか、ますます深まるばかりなのだ。この日の告発会見については地元最大手の新潟日報をはじめ、長谷川氏の発言を紹介した三條新聞や毎日新聞新潟版でも報道された。新潟県警や地検の動きが注目される。(横田 一)


NMB48奴隷契約の実態が明らかに! 公正取引委員会が芸能プロの移籍妨害にメスを入れるも、芸能マスコミは…
 SMAP、のん(能年玲奈)、ローラなど、ここ数年、芸能プロダクションとタレントとの間で移籍や独立をめぐる問題が頻発していたが、そんななか、「週刊文春」(文藝春秋)2018年6月28日号に「奴隷契約書を入手」との記事が掲載され、また新たな契約問題が明らかになった。
 その「奴隷契約書」が結ばれていたのはNMB48のメンバー。「週刊文春」は、NMB48メンバーの所属事務所であったKYORAKU吉本.ホールディングス(当時。現在は吉本興業の子会社であるShowtitleに所属)との間で2010年に交わされたという契約書を掲載。記事では、その契約書の画像まで載っているのだが、そこにはこのように書かれていた。
 その「奴隷契約書」が結ばれていたのはNMB48のメンバー。「週刊文春」は、NMB48メンバーの所属事務所であったKYORAKU吉本.ホールディングス(当時。現在は吉本興業の子会社であるShowtitleに所属)との間で2010年に交わされたという契約書を掲載。記事では、その契約書の画像まで載っているのだが、そこにはこのように書かれていた。
〈本契約の終了した場合、その契約終了の原因の如何を問わず、乙は本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず、また、芸能マネジメント会社その他の第三者との間で、乙の芸能活動のマネジメントまたは著作権・著作隣接権・肖像等利用などを目的とした契約を締結することができない〉
 つまり、事務所を離れてから2年間は、いかなるかたちでも芸能活動を行うことができないと契約書で明文化されていたのである。
 前述「週刊文春」記事でも紹介されていたが、昨年4月には、元NMB48の渡辺美優紀の出演するインターネット生放送番組が直前になって放送中止になる騒動もあった。渡辺は山本彩と人気を二分したNMB48の中心メンバーだったが、16年にNMB48を卒業してから本格的な芸能活動はほとんどできていない。
 NMB48を離れても、そのまま吉本系の事務所に所属し続けている限りそのようなことはなく、昨年の選抜総選挙での「結婚スピーチ」が大騒動となった須藤凜々花や、チームMのキャプテンを務めていた山田菜々などは、何の問題もなく芸能活動を継続できている。
 こういった活動の制限は、ファンの間で「二年縛り」と呼ばれ、公然の秘密となっていたものだが、ついにその存在が白日のもとに晒されたかたちだ。
 この契約書に対して「週刊文春」側からの取材を受けた吉本興業の広報担当者は、「今年三月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも二年縛りをなくしています」と回答していた。
 記事のなかでも指摘されているが、吉本興業側がこのように答え、「二年縛り」条項を外した背景には、今年2月に公正取引委員会の有識者会議が、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘した件があるだろう。
 公取委は昨年8月よりこの問題に関する調査を開始。有識者会議を行うなど検討を重ねていたが、公取委がこのような検討に入った背景には、もちろん、本稿冒頭で例示したような、ここ最近頻発している芸能プロとタレントとのトラブルがある。
 公取委は昨夏の調査開始に先立って、委員会内に設置されているCPRC(競争政策研究センター)で、『芸能人はなぜ干されるのか?』(鹿砦社)の著者である星野陽平氏を呼んで勉強会も行っており、そのレポート「独占禁止法をめぐる芸能界の諸問題」には、SMAP、安室奈美恵、江角マキコ、清水富美加をめぐる嫌がらせの事例が並んでいた。
公取委の動きを、大手芸能プロと癒着する芸能マスコミはまったく報じず
「十年契約」という異例の長期契約に加え「二年縛り」で“奴隷契約”と報じられたローラも、昨年8月から所属事務所との間で独立をめぐってトラブルになっていたが、今年の4月に和解している。3月29日付のニュースサイト「SANSPO.COM」では、現在放送されているCMやファッション誌の仕事など事務所がとってきた案件はこれまで通り事務所を通し、ローラ自身がとってきた海外の仕事や香水のセルフプロデュースなどの仕事は事務所を通さないかたちで合意にいたったと報道されている。これも、公取委の指摘は無縁ではないだろう。
 公取委の動きは、芸能プロダクションと所属タレントとの間にある不均衡なパワーバランスを是正する確かな一助となっていたようだ。
 しかし、その一方で、別の問題も指摘されている。
 たとえ法的に認められなくなったところで、プロダクションやテレビ局などが「忖度」し合って事務所を抜けたタレントの仕事を干し上げるような状況が変わらなければ、結局のところ現状のままなのではないかという心配だ。
 報告書では、業界内においてネガティブな情報が出回り、その後の仕事に支障をきたす可能性について考慮するよう記されていたが、その点は今後も課題となる部分だろう。
 そのような懸念が出るのには理由がある。
 昨年7月に公取委が調査検討に入ったニュースを取り上げたメディアはNHKと朝日新聞だけで、他はほとんど取り上げていないのだ。とくに民放は、このニュースを一秒も報じていない。民放のワイドショースタッフが苦笑しながら語る。
「それはそうでしょう。テレビはこういう芸能プロの圧力、嫌がらせの共犯者のようなものなんですから。報道なんてできるはずがない。うちの番組では、最初から企画にもなっていません」
 こういった事情がある以上、先にあげたような懸念は払拭されているとは言い難い。たとえ、契約書に明記されたかたちで移籍制限のようなものが行われなくても、事務所の言い分に従わずに移籍したら業界から干されると認識させられていれば、事務所に不満があっても行動に出ることは難しい。
 確かな一歩は踏み出せたが、まだまだ課題は多そうだ。(編集部)