ブログネタ
フランス語 に参加中!
1955浅草

Le Japon peut-il survivre sans immigrés ?
ENQUÊTE Confronté à un déclin démographique sans précédent, le Japon a entrouvert ses frontières pour tenter de répondre aux besoins de main-d'oeuvre de ses entreprises. Mais la peur des étrangers empêche pour l'heure le pays de se lancer dans une véritable politique migratoire.
Il était temps de partir. Ses trois enfants grandissaient et les revenus de la famille ne suffisaient plus. En 2007, à l'âge de trente-sept ans, Grace a demandé un passeport pour la première fois à Manille et s'est embarquée pour Tokyo. Sa belle-soeur, déjà sur place, lui avait trouvé une famille française cherchant une nounou anglophone. Un emploi qui lui permettait d'obtenir l'un des rares visas de travail accordés, à l'époque, aux travailleurs étrangers par les autorités japonaises. ≪ Mon salaire était alors de 180.000 yens [1.400 euros] par mois, c'est sept fois ce que je gagnais aux Philippines ≫, se souvient-elle aujourd'hui. Au début, son mari et son fils aîné ont espéré la rejoindre, mais ils n'ont jamais pu obtenir le précieux sésame et ont abandonné l'idée.
L'an dernier, sa nièce a profité d'un bouleversement de la politique nippone et a pu obtenir un visa de ≪ stagiaire technique ≫ pour travailler pendant cinq ans maximum sur une ferme de Fukuoka, au sud du pays. ≪ Les choses ont changé. Il y a maintenant plein d'entreprises qui demandent des étrangers ≫, assure Grace. ≪ Le gouvernement ne le reconnaîtra jamais, mais il a été obligé de lancer une politique migratoire ≫, confirme le professeur Atsushi Kondo, de la Meijo University, à Nagoya.
Fermé pendant des décennies à la main-d'oeuvre étrangère non qualifiée, le Japon multiplie désormais les initiatives pour recruter des travailleurs - de manière temporaire, assure Tokyo - dans le reste de l'Asie et en Amérique latine. Depuis 2012, le nombre d'actifs immigrés a augmenté de 600.000 dans l'Archipel pour atteindre, selon les statistiques gouvernementales, 1,3 million en fin d'année 2017. En seulement cinq années, la part des étrangers dans la population active nippone est ainsi passée de 1 % à 2 %. Et ce ratio va continuer de croître au fil du déclin démographique du pays.
Fonte de la population active
Alors que les baby-boomeurs qui avaient fait bondir la croissance japonaise dans la seconde moitié du XXe siècle partent en masse en retraite depuis 2010 et que le faible taux de natalité ne permet plus de les remplacer, le pays doit encaisser un effritement accéléré de sa population active alors que la croissance reste soutenue . Déjà décimés, les rangs des 15-64 ans vont encore fondre de... 15 millions d'individus d'ici à 2040.
Pour compenser ces départs, le gouvernement repousse l'âge de la retraite et encourage, avec un certain succès, le retour vers l'emploi de personnes sorties des statistiques. Des centaines de milliers de femmes, anciennement ≪ au foyer ≫, ont ainsi repris des contrats à temps partiel depuis 2013. Des grands-pères de plus de 70 ans continuent de conduire leurs taxis la nuit à Shinjuku. Et les restaurants ont facilité les petits jobs pour les étudiants. Mais ces artifices ne suffisent pas.
Mesuré à 2,2 %, le chômage est tombé à son plus bas niveau des vingt-cinq dernières années. Et à chaque centaine de demandeurs d'emplois correspondent désormais 160 offres de poste. Du jamais-vu. ≪ On ne s'en sort plus, soupire le patron d'une société de commerce en ligne. Informaticiens, secrétaires, livreurs... On ne trouve plus personne.
Lobbying des entreprises
Sur les chantiers des Jeux Olympiques de Tokyo 2020 , les géants du bâtiment sont inquiets. Un tiers des ouvriers dans le secteur de la construction a plus de 55 ans. Les moins de 30 ans ne représentent que 11 % de leurs effectifs. Dans les maisons de retraite, où arrivent de plus en plus d'anciens, 40.000 postes sont déjà vacants. Selon les projections du ministère de l'Economie, ce sont... 790.000 personnels qui manqueront en 2035.
A la même période, des milliers de fermes auront fermé, faute de paysans. Leur moyenne d'âge atteint déjà 67 ans. ≪ Les grandes entreprises et les fédérations professionnelles ont tiré l'alarme. Elles exigent des solutions du gouvernement ≫, résume Atsushi Kondo. ≪ La Chambre de commerce et d'industrie du Japon qui regroupe les PME est particulièrement virulente et a activé son lobbying auprès du parti majoritaire, le LDP ≫, confirme Daniel Kremers, un spécialiste des questions d'immigration au German Institute of Japanese Studies de Tokyo.
Sous pression, le gouvernement de Shinzo Abe a dû accepter d'ouvrir progressivement ses frontières. Il a d'abord élargi le programme des ≪ stagiaires techniques ≫. Initialement lancée, sur un périmètre réduit, dans les années 1990, cette politique se propose d'accueillir, pour un maximum de cinq ans, des jeunes travailleurs venus d'Asie du Sud-Est afin d'officiellement leur ≪ offrir ≫ une formation technique, utile plus tard au développement de leur propre pays.
Avec cette excuse de la ≪ coopération internationale ≫, Tokyo a pu venir en aide aux secteurs de la construction, de l'agriculture et à des centaines d'usines dans les secteurs du textile, de l'agroalimentaire ou de l'automobile. Nissan ou encore Mitsubishi ont ainsi utilisé ce réseau pour compléter leurs chaînes d'assemblage. Actuellement, 260.000 personnes, essentiellement venues du Vietnam, de Chine, des Philippines ou encore d'Indonésie travaillent sous ce statut.
≪ Aide au retour vers la patrie ≫
Pour combler les pénuries de main-d'oeuvre dans les restaurants et les magasins, qui ne peuvent légalement pas accueillir de ≪ stagiaires ≫, l'exécutif a aussi favorisé l'emploi d'étudiants étrangers. Leur visa leur donnant désormais le droit de travailler au maximum 28 heures par semaine. Ils touchent le salaire minimum : 880 yens de l'heure, soit 7 euros.
A Osaka, les comptoirs des konbinis, les supérettes ouvertes 24 heures sur 24, sont de plus en plus tenus par des Birmans, des Népalais ou des Chinois, qui se doivent de parler en japonais pour ne pas traumatiser les clients. Dans les 17.200 supérettes FamilyMart de l'Archipel, plus de 5 % des caissiers sont maintenant des étrangers.
Chez Tokoya, un coiffeur de la gare d'Otsuka, le patron a, lui, profité des nouvelles facilités faites aux descendants de Japonais partis s'installer à l'étranger avant la Seconde Guerre mondiale. Il a ainsi embauché deux ≪ nikkeiji ≫ - ≪ gens d'origine japonaise ≫ - venus du Pérou. Joaquin a débuté en mars, dans le salon où travaillait déjà son oncle, après avoir pu prouver qu'il avait eu un grand-père japonais.
Lancé dans les années 1990, ce programme, présenté comme ≪ une aide au retour vers la patrie ≫ par Tokyo pour dissimuler ses objectifs économiques, a attiré, au fil des ans, plus de 470.000 personnes, venues essentiellement du Brésil et du Pérou. Et le gouvernement de Shinzo Abe vient d'assouplir ce programme, en juillet, pour faciliter l'emploi des descendants de quatrième génération ayant vécu au Japon avec leurs parents.
Variables d'ajustement
Le ministère de l'Economie n'a toutefois que des attentes limitées pour ce nouvel assouplissement. Les ≪ nikkeiji ≫ se souviennent qu'ils avaient été incités à repartir après la crise financière de 2007 et l'envolée des licenciements. Tokyo avait même offert des billets d'avion aux volontaires au départ pour alléger la pression sur ses propres systèmes de protection sociale.
Une absence de solidarité qui avait écoeuré beaucoup des ≪ descendants ≫ et avait relancé le débat sur l'hypocrisie de la stratégie japonaise. ≪ Le Japon ne peut pas survivre sans travailleurs étrangers, mais il ne veut pas l'admettre et ne fait donc rien pour eux ≫, s'agace Ippei Torii, un activiste à la tête du Réseau de solidarité pour les migrants du Japon (SNMJ).
Tokyo ne traite les travailleurs étrangers que comme des variables d'ajustements temporaires à ses problèmes de main-d'oeuvre et refuse absolument de présenter ces différents programmes comme de l'immigration. ≪ Nous ne faisons pas une politique migratoire ≫, a encore martelé, cet été, le Premier ministre, Shinzo Abe, après avoir présenté un nouvel assouplissement qui devrait, cette fois, permettre d'attirer 500.000 travailleurs étrangers supplémentaires d'ici à 2025 sur des visas de quelques années.
Une politique d'immigration, ce serait une politique qui accepterait des étrangers sans fixer de limite de temps à leur séjour. Le Japon n'adoptera pas ce genre de solution ≫, a asséné le chef du gouvernement, qui ne veut pas effrayer son électorat très conservateur.
Crainte et refus de l'intégration
A droite, comme à gauche, le mot ≪ imin ≫ - ≪ immigré ≫ - reste ainsi banni des discours. Trop sensible. ≪ Les politiciens entretiennent l'idée que le peuple japonais serait mono-ethnique et qu'il faut préserver cette homogénéité. Mais c'est une illusion ≫, s'agace Ippei Torii, qui rappelle les habituels discours japonais sur les risques sociaux liés à l'immigration.
Pointant des exemples occidentaux, les commentateurs s'inquiètent d'une éventuelle poussée de la délinquance, d'une ruine des services sociaux, dont les étrangers voudraient abuser, ou même de l'apparition d'un terrorisme islamiste. ≪ Les élites évoquent souvent l'arrivée massive de travailleurs turcs en Allemagne pour expliquer que les politiques migratoires se soldent par des échecs ≫, précise Daniel Kremers.
Enfermé dans cette logique, Tokyo n'a dessiné aucune politique d'intégration qui suggérerait que ces travailleurs pourraient être amenés à rester dans le pays à vie. ≪ Le problème, c'est que les travailleurs ne sont dès lors pas protégés par le système. Il y a de nombreux abus ≫, détaille le président du SNMJ. Chaque mois, dans ses locaux près du parc d'Ueno, il reçoit des jeunes étrangers maltraités par leurs employeurs japonais.
Abus et scandales
Leur visa ne les autorise à travailler que pour une seule entreprise pendant toute la durée de leur séjour. S'ils cherchent à changer, c'est l'expulsion. Les patrons peuvent donc tout leur imposer. ≫ Des heures supplémentaires non rémunérées, de mauvais traitements, d'énormes retenues sur salaire pour payer leur dortoir ou leur repas. ≪ Ces jeunes sont très endettés car ils doivent rembourser, dans leur pays, les sommes exigées par l'agent qui leur a trouvé une place au Japon ≫, explique l'activiste. Le ticket d'entrée se négocierait en ce moment à 7.500 euros aux Philippines. Et le gouvernement japonais n'a que peu de moyens pour contrôler ces abus.
Début 2018, plusieurs scandales ont réveillé l'opinion publique. Un sous-traitant du chantier de démantèlement de Fukushima a employé des stagiaires vietnamiens près des réacteurs détruits. Ailleurs, ce sont les salaires trop faibles qui sont dénoncés. Et les jeunes réalisent que d'autres pays asiatiques touchés par un effondrement de leur natalité, tels que la Corée du Sud, commencent à offrir de meilleures paies ou des statuts plus protecteurs.
Yuriko vise, elle, l'Australie. ≪ J'en ai marre maintenant ≫, souffle la jeune employée d'une boutique de téléphonie mobile. Elle est née, il y a vingt et un ans, à Saitama, juste au nord de Tokyo dans une famille de ≪ nikkeijin ≫ péruviens. Elle n'est jamais allée au Pérou et a suivi toute sa scolarité ici. Un japonais parfait. L'uniforme bleu marine impeccable des employées. Mais, officiellement, elle reste une étrangère. Elle se fait parfois contrôler par la police. ≪ Quand j'étais étudiante, les restaurants me refusaient des petits boulots. Je n'avais pas la bonne couleur de peau et ils me le disaient. ≫ Elle vient d'entamer le parcours du combattant pour obtenir la nationalité nippone. ≪ Si j'obtiens le passeport, je m'en vais. Probablement pour toujours.
Yann Rousseau
フランス語
フランス語の勉強?
松本創 @MatsumotohaJimu
神戸から船で着いた関空。第一ターミナルは閉鎖されて伽藍堂。向かいのエアロプラザも、歩いてるのは空港職員、エアラインや国交省近畿運輸局の職員、警備員、それに迷子のようにスーツケースを押してさまよう外国人客ぐらい。バーガーキングと松屋など数軒だけ開いてて、従業員食堂状態だった。
JR、南海とも閉鎖中の関西空港駅。国内線・国際線ともpeach以外はほぼ欠航。第二ターミナルを回り、バスで連絡橋渡ってりんくうタウン駅へ。

丙午太郎 @Hinoeuma2011
実際に稼働する前から地盤沈下・・・大型車両が出入りしたら更に沈むんじゃないの?第2の関空だな。 #豊洲市場 の一部が #地盤沈下 ひび割れにより5cmの段差
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「安倍総理は二年前の2016年12月に行われた日露首脳会談のあと、テレビ番組で『北方領土に関して本格的な領土交渉に入った』と述べられました。あの時から二年間の『本格的な領土交渉』の内容について教えて下さい。その成果は?」と、記者は質問したらどうか。無能なトップをいつまで担ぎ続けるのか。
この差って何★お彼岸に気になる墓参り&仏壇の作法・しきたりの差に川田も仰天SP
仏壇前で「おりん」をチンチンチーン…はNG!仏壇に故人の写真を飾って…これもNG!いい作法ダメな作法の差★割り箸の形の差におもてなしの心の差★おはぎ&ぼた餅の差
★お彼岸の差 まもなく秋のお彼岸…お墓参り&仏壇の作法・しきたりの差
★お墓参りで…A:立ったまま拝む B:目を開けたまま拝む C:お願いごとをする どれがNGでどれがOK?★仏壇前で…A:ライターで線香に火をつける B:ふっと口で線香の火を消す C:チーン…と「おりん」を鳴らして拝む どれがNGでどれがOK?★見た目がまったく同じあんこの菓子…「おはぎ」と「ぼた餅」秋のお彼岸にお供えするならどっちが正解?
★イズミの差 泉ピン子と和泉元彌…同じイズミなのに泉さんと和泉さんがいる!この差って何?
★最初に誕生したのは「泉」さん…でもとある事情で全員「和泉」に改名することに!その驚きの理由とは?★全員「和泉」に改名したはずなのに、いまだに「泉」さんがいるのはなぜ?泉ピン子、本当は「和泉ピン子」??★日本人の名前の由来が面白い!★
★割り箸の差 四角い割り箸に斜めにカットされてる割り箸、両端が細くなっている割り箸…この差って何?
★千利休が考案した割り箸のおもてなしの心がスゴすぎる★ 加藤浩次&川田裕美 土田晃之・上地雄輔 ◇番組HP http://www.tbs.co.jp/konosa/ 番組公式フェイスブック https://www.facebook.com/konosa.tbs

教えてもらう前と後【長嶋一茂と痛風(秘)対策★サザエさんのヒミツ★最新文房具】
仰天の新事実!本当に怖い痛風▼博多華丸・大吉(秘)福岡自慢▼文房具の進化と暴走族▼その時ニッポンが動いた!アメリカ同時多発テロの悲劇▼世界の安全を担う日本の最新技術 滝川クリステル 博多華丸・大吉 伊藤洋一 大竹真一郎 高畑正幸 小堺一機 田中道子 長嶋一茂 和田アキ子
知らないとコワイ!痛風 ★厳しい残暑が続くこの時期こそ要注意!&食事やアルコールとの関連性を医師の大竹真一郎先生が解説。 ★「最も効果的な対策法」と「実はキケン!な飲み物」とは?
世界の中心は福岡! ★博多華丸・大吉が自信を持っておススメする博多発祥の名産“サザエさん”を紹介!?…実はサザエさん発祥の地は、東京の桜新町ではなく福岡だというのだ。家系図を紐解きながら、そのルーツを紹介する!
その時、日本が動いた! ●暴走族がキッカケとなり日本の文具が大きく進化した!? …このトンデモナイ話を文房具ライターの高畑正幸先生が解説。1960〜80年代や最新文房具も紹介します! ●「2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件を機に日本の町工場が世界の安全を担うようになった」…当時のニュース映像を振り返りながら、その経緯をジャーナリストの伊藤洋一先生に教えてもらいます。 番組HP http://www.mbs.jp/maetoato/
あるジャンルのスペシャリストが登場し、独自の視点で選んだ“決定的瞬間”を紹介する。番組のみどころは一度見たVTRをスペシャリストが解説し、知識を得たうえでもう一度同じVTRを見ること・・・「教えてもらう前と後ではあなたの世界がガラリと変わる!」を合言葉に、見方が一変する“知のビフォーアフター”体感を、メインMCの滝川クリステルとレギュラー出演の博多華丸・大吉が皆様にお届けする!


東日本大震災から7年6か月になります.被災地と言えば東北の太平洋沿岸部という感じだったのですが,この間いたるところで災害があってどこも被災地になっています.わたしが住んでいるマンションの裏の一軒家は台風の後取り壊していましたから大阪も被災地と言って間違いないでしょう.自身もありましたし.そういうわけで何ともなく複雑な気持ちです.
10%割引き券があるので,バターせんべい・リンゴドレッシングなどを買いに行きました.買い物は楽しいです.

<震災7年半>私の復興・幸せのかたち その後(上)
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年半。2015年9月に連載を開始した「私の復興」は丸3年となり、これまでに計37人を紹介した。それぞれが感じる復興度は前に進んでいるか。あらためて6人に受け止めを尋ねた。
◎希望と感謝着実に前へ 宮城県女川町・かまぼこ屋「高政」社長・高橋正樹さん(43)
 有名建築家が手掛けたJR女川駅舎や周辺の観光・商業施設を、家族連れが今日も楽しそうに散策している。7年目に入った女川町の復興計画は順調に進んでおり、復興度は3年前から大幅増の87.5%とした。
 震災で町は建物の8割と人口の1割を失い、自分も祖父と同級生を亡くした。絶望に押しつぶされそうな状況で、父をはじめ町商工会の長老たちは、復興計画をわれわれ若手に委ねた。
 経験も人脈もなかったが「こうありたい」という希望だけはあった。犠牲になった人々や支援者への感謝につながると思い、集客や販路拡大イベントなどさまざま企画を練った。
 今年4月に父から正式に家業を受け継いだ。良くも悪くも、女川は漁業一本のシンプルなビジネスモデルの町。魚を捕り、かまぼこに加工し、売る。その一つ一つが復興への確かな足跡になると信じている。
◎津波の怖さ語り続ける 陸前高田市・包装資材販売業・米沢祐一さん(53)
 陸前高田市のかさ上げした中心市街地に19年3月、包装資材販売「米沢商会」の店舗を再建する予定。人口減などで不安は大きいが、それ以上に「頑張ろう」という気持ちだ。
 被災した店舗ビルで語り部を続けている。話すことで亡くなった人や生活を鮮明に思い出せる。震災時に小学生だった学生の訪問が増えてきた。事実をそのまま伝えているが、「どうしたら相手の印象に残るか」をより考えるようになった。
 7月に参加した市民講座で、広島市の高校生が原爆体験者から聞いた話を基にリアルな絵を描く活動を知った。ただ話すのではなく、気持ちをしっかり伝えることが大切だと学んだ。
 津波で両親と弟を亡くし、復興度が100%になることはない。それでも、長女(7)が大きくなって津波の怖さをきちんと理解し、孫にも伝われば復興を感じられるのかなと思う。
◎食品通じて人を笑顔に 仙台市青葉区・会社員・佐藤亜記さん(18)
 宮城農高を今春卒業し、仙台市内の食品メーカーに就職した。高校時代は、津波に遭った旧校舎の桜の植樹などに奮闘。被災者に桜湯を振る舞う活動を通して「食で人を笑顔にできる仕事に就きたい」と考え、新たな一歩を踏み出した。
 かまぼこ作りを先輩から学ぶ。被災地での経験が糧になった一方、「今もつらい思いをしている人は多いだろう」と感じる。復興の受け止め方は難しい。支援活動が自己満足になっていなかったか、自問する。
 市内の自宅に被害はなく、訪れた被災地はごく一部だ。入社後、職場の工場は震災の揺れで大きな被害を受けたと知った。まだ自分が知らない影響の大きさを、あらためて痛感する。
 できることは何か、思案し続けている。まずは多くの人においしい商品を届けたい。震災について、自分の目で見て考えることも忘れずにいたいと思う。


<震災7年半>元岩手県職員 漁業女子が奮闘「浜の再生へ共に」
 東日本大震災から7年半がたった大船渡市三陸町綾里地区で、本気の覚悟を秘めた「漁業女子」が奮闘している。26歳の見習い漁師高橋典子さんは元岩手県職員だ。浜の再生に向け、76歳の先輩漁師中島重男さんと船を出す。
 7日午前5時すぎ、綾里漁港から沖合3キロのポイントに着いた。水深約80メートルの海底に仕掛けた籠を次々引き上げる。「これも大きいぞ」。大漁のアナゴに2人の笑い声がはじけた。
 今春、地元水産会社に入社し、第18新栄丸(2.5トン)の操縦を任されるようになった。
 アナゴの生態に関する論文を読み込んだ。地形を分析し、仕掛けを改良した。緻密な仕事ぶりは、やはり公務員仕込みだ。「風や波の向き、潮の流れ、海水温。海の条件は毎日違う」と勉強熱心な高橋さんに、中島さんも舌を巻く。
 花巻市生まれで、子どもの頃から公務員志望だった。2014年に県庁職員となって大船渡地域振興センターに赴任。休日を利用して知り合いの漁師がいる綾里地区に通ううち、浜のとりこになっていった。
 ホタテ養殖を手伝ったり、定置網の漁船に乗せてもらったり。2級小型船舶免許を取得し、潜水士の資格も得た。17年に県庁へ異動して自動車関連産業の担当になった後も、魚を取ったときの「わくわく感」(高橋さん)が忘れられなかった。
 知人の漁師は「女で漁師はできねえ」と反対したが、やると決めたら突き進む。今年3月、県を辞して浜に舞い戻った。
 不思議そうに「おめぇ、どこの嫁だ?」と尋ねていた浜の人たちが、いつしか「今日はどれだけ取れた?」と聞くようになっていた。重い漁具を運ぶのにてこずっていると、誰かが手を差し伸べてくれる。
 沖では漁獲を競い合う。おかに上がれば助け合う。そんな浜の流儀が大好きだ。「いつか、浜で一番の漁師になりたい」と勝ち気に夢を語る。
 綾里地区は津波で27人が犠牲になり、漁港が被災、漁船も多数流失した。漁師も震災前に比べて随分減ってしまった。ここ数年は不漁が浜に影を落とす。
 「暗い話ばかりだけれど、一緒に浜を育み、再生に向かいたい」と高橋さん。「漁師の家に嫁いで、自分の船を持つのが目標です」と語り、からっと笑った。


<震災7年半>復興関連予算 総額35兆円 11〜19年度国支出見通し 執行率7年連続60%台
 東日本大震災の被災地に投入された国の復興関連予算が、2019年度までに総額35兆円を超える見通しになっていることが分かった。震災発生から11日で7年半。巨額の財源が積み上げられた一方、執行率は11年度から7年連続で60%台に低迷し、現実の復興に直結していない実態もある。(震災取材班)
 復興関連予算は、増税などを原資に国が復興特別会計として一般会計と別に管理する復興予算に加え、福島第1原発事故に伴う除染費や中間貯蔵施設整備費など東京電力に求償する経費、国が発行する復興債の償還費を含む。
 これまでの支出済み額は、前半の集中復興期間(11〜15年度)だけで計27兆6231億円。後半の復興・創生期間に当たる16、17年度(計5兆1485億円)を合わせると、32兆7716億円に達した。
 主な使途は「被災者支援」「住宅再建・復興まちづくり」「産業・なりわいの再生」「原子力災害からの復興・再生」の主要4事業。岩手、宮城、福島3県を中心に自治体の財政負担を減らすため、震災復興特別交付税にも充てられた。
 復興庁は18年度当初予算に1兆6357億円を計上し、3252億円の震災復興特別交付税も措置した。今年8月末に示された19年度概算要求額は1兆5420億円で、19年度末までの歳出総額は35兆円を超えるとみられる。
 被災地では、膨張した予算を円滑に執行できる体制が今も整っておらず、毎年ほぼ3分の1が単年度で消化しきれていない。防潮堤や住宅の整備、区画整理事業、福島の帰還促進事業などが停滞する現状に、被災自治体では復興期間が終了する21年度以降も、国に財政支援の継続を求める動きが広がっている。
 復興庁の担当者は「特定復興再生拠点の整備を進める福島を中心に、どのような事業が残るのか関係自治体にヒアリングを実施し、財源の在り方も含めて検討する」との考えを示す。
[復興予算]震災当時の民主党政権は2011年度からの5年間で19兆円を確保。自民党は12年度の政権交代後、26兆円に拡大した。16年度からの5年間は6兆5000億円が必要と試算し、一部は地元負担が生じている。20年度まで10年間の総額は32兆円を見込む。財源は復興債の発行や政府資産の売却のほか、所得税を25年間、住民税を10年間増税するなど、全国民に薄く広く負担を求めている。


<震災7年半>被災跡地 ハーブの庭に 神社周辺に来春植栽
 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県山元町花釜地区で、地区住民らが今月、地元の青巣稲荷神社にハーブを中心とした庭を造る「鎮守の森ハーブガーデンプロジェクト」を始めた。神社周辺はかつて集落があった場所で、住民らは被災沿岸部に庭仕事を楽しむ人々が集う日を思い描いている。
 神社で2日に行われた地鎮祭に、プロジェクトを進める同町の非営利団体「ノワイヨノットハーバルアーツ」のメンバーや住民ら約30人が参加。来春のハーブ植え付け開始に向け、スタートを切った。
 花釜地区で夫とデザイン会社を経営する岩佐ゆみさん(49)がノワイヨノットの代表を務める。専門の資格を生かし、ハーブを使う植物療法などを仕事として続けてきた。津波で自宅が浸水しながらも、震災後は地元で、ハーブ製品などを使った支援活動を行った。
 造園予定地は神社境内北隣の数十アール。元宮司の居宅や畑などがあった場所で、現在は住宅建築が制限されている第1種災害危険区域(津波防災区域)に指定されている。
 構想を知った地元の普門寺住職坂野文俊さん(55)が計画を後押ししようと、岩佐さんに神社関係者を紹介した。坂野さんらは既に土の搬入を始め、今後は庭師にアドバイス受け、計画を具体化する。
 氏子総代長の渡辺正俊さん(77)は「ここを離れた人も、荒れ地のままでは寂しいと感じると思う。植物が植えられるのはとてもいいことだ」と期待する。
 プロジェクトの中心となるノワイヨノットのノワイヨはフランス語で種、ノットは英語で結び目を意味する。岩佐さんは「さまざまな人が垣根なく集い、植物に触れ合える場にしたい」と話す。


<震災7年半>途切れた橋 つながる橋 気仙沼
 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた気仙沼市本吉町小泉地区。最大20メートルの津波に襲われ、約7割の家屋が被災した地域では震災から7年たった今も津波の傷痕が色濃く残り、復旧、復興に向けた工事が続く。
 損壊したままとなっているJR気仙沼線の橋が、バス高速輸送システム(BRT)の専用道に生まれ変わるのは2019年度以降。国道45号の小泉大橋は津波で流失したが昨年度新たに完成し、周辺工事が終わり次第、使用が始まる。
 宮城県が小泉海岸に整備した海抜14.7メートル、長さ800メートルの防潮堤は今年5月に完成。来夏には、震災前の10年に約5万人の海水浴客が訪れた小泉海水浴場が再開する予定だ。住民らは「少しずつ地域に活気が戻りつつある」と期待する。


<震災7年半>生活回復実感度頭打ち? 岩手被災者5.4ポイント低下
 東日本大震災で被災した岩手県沿岸部で、生活基盤の回復を実感する人の割合は7月時点で81.3%となり、前回(1月)に比べて5.4ポイント低下したことが県の調査で分かった。回復実感は2015年から増加傾向にあったが、時間の経過に伴って現れた新要因により、頭打ちになったとみられる。
 「回復した」は前回比7.8ポイント増の29.7%だったが、「やや回復」は13.2ポイント減の51.6%にとどまった。県は回復実感が低下した背景に「災害公営住宅の家賃不安」「仮設住宅にとどまる被災者への配慮」を挙げた。
 県復興推進課は「目に見える部分の復興が進んだ分、自分の将来や周囲の状態に関心を向ける余裕が生まれ、回復実感が上げ止まりになった可能性がある」と分析する。
 「回復」「やや回復」の合計は、調査を始めた12年2月で26.2%。13、14年は50%前後で推移し、15年以降は毎回増加していた。
 調査は、沿岸12市町村に居住または就労している153人に調査票を郵送して実施した。回収率は83.7%。12〜14年は年4回、15年以降は年2回実施し、今回が20回目。


東日本大震災7年半 76歳医師、避難者の健康支え 浪江
 2011年3月の東京電力福島第1原発事故以来、避難生活を強いられている福島県浪江町津島地区の住民たちを支える医師がいる。関根俊二さん、76歳。21年前に同地区の津島診療所に赴任し、内陸に約30キロ離れた同県二本松市の仮設診療所で診察を続けている。長引く避難生活の中で健康を害したり、伴侶を亡くしたりした住民は多い。東日本大震災から7年半の11日も、笑顔で患者を迎えた。
 「薬はちゃんと毎日のむんだよ」。11日午前、二本松市の復興住宅「石倉団地」にある浪江町営の仮設津島診療所。訪れるのは、近隣に避難する町の住民だ。患者の家族構成や友人関係なども把握している関根医師は、雑談を交えながら診察する。
 同県本宮市に避難している紺野礼子さん(83)は「ここに来るときは話をするのも楽しみ。長いこと診てもらっている先生だから気持ちが落ち着く」と話す。紺野さんは震災の翌年、50年以上連れ添った夫を亡くした。不安が膨らんでいた頃、関根医師に「先生はいつまでいてくれるんですか」と尋ねたことがある。「診療所があって、みんながいる限りここにいるよ」。関根医師は笑って答えた。
 関根医師は1997年、当時勤めていた国立病院から津島診療所に着任した。任期が終わりに近づき、後任も決まっていた11年3月、原発事故が起きた。
 事故後、避難を余儀なくされ、行政施設や旅館に臨時の診療所を構えた。薬剤や機材が足りず、救急車を手配できないときには、消防車に布団を敷いて患者を搬送した。
 復興の進展に伴い、診療所も仮設住宅、復興住宅と移転した。避難指示区域内にあった医療機関で、7年半にわたり休止することなく診察を続けているのは津島診療所のみだ。
 長期の避難生活で、経過する年数以上に早く衰え、亡くなる患者が多くなった。農作業などで元気に動き回っていた人が、避難生活を始めてからあっという間につえをついたり、寝たきりになったりした。酒ばかり飲んで生活習慣病になった人もいた。原発事故前の津島では考えられない姿だった。
 「診療所がある限り、避難者の健康をできるだけ守りたい」。20年来、住民を診察し続けたからこそできることがある。原発事故に翻弄(ほんろう)された住民を見守り続けたいと考えている。【高橋隆輔】


「苦しみ、抱え込まないで」=いわき市の語り部男性・福島−東日本大震災
 東日本大震災は11日で7年半を迎えた。福島県いわき市の大谷慶一さん(69)は、語り部として年間100回ほどの講演を行い、目の前で知人を失った経験を伝え続けてきた。「苦しい気持ちを一人で抱え込まないで」。つらい思いをあえて口にすることで、癒える傷もあると訴える。
 大谷さんは、被災地の視察に訪れた学校や企業、防災関係者らに対し、2013年から体験を語ってきた。全国各地から出張講演を依頼されることも多く、これまで10万人近くに話をしたという。
 11年3月11日。大谷さんは津波が迫る中、近所に住む90代の女性を背負って高台を目指した。しかし、途中で女性は背中からずり落ち、目の前で濁流にのみ込まれた。「あの時の老人の瞳は、片時も忘れたことがない」と話す。
 周囲に自身の経験を語ることができず、助けられなかったとの思いに悩み苦しんだ。毎朝起きると枕は汗でびっしょりとぬれていた。
 12年8月、友人に泣きながら、あの日の出来事を打ち明けた。「苦しい思いが少し楽になった」といい、語り部になる大きなきっかけとなった。
 大谷さんは妻加代さん(66)とともに、被災地を訪れるツアー参加者らに、自身の経験を伝えている。特に中高生が相手の時は、「苦しい気持ち、つらい気持ちを一人で抱え込んではだめだ」と強調する。
 人間関係や勉強など、悩みを打ち明けることをためらう子どもたちに、大谷さんは語り掛ける。「話すことで肩の荷が下りますよ」。


東日本大震災7年半 原発汚染土の処理 再利用事業頓挫も
 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の処理問題が、東日本大震災から7年半たっても進まない。福島県外の自治体では公園などでの仮置きが長期間続き、環境省は埋め立て処分などの判断を促すガイドライン策定を検討するが、住民の反発を恐れる自治体は対応に苦慮する。同県内では汚染土の再生利用を目指す実証事業が進む一方、反対運動で計画が頓挫する例も出てきた。
県外「埋め立て処分」検討は16%
 除染で生じた汚染土は福島県外7県で推計約33万立方メートルあり、放射性物質汚染対処特措法上、汚染土の処分は当該自治体の役割とされる。環境省は今月3日、これらを保管する53市町村などへのアンケート結果を公表。埋め立て地を取得して最終処分を検討しているのは全体の約16%にあたる10自治体にとどまった。一方で、多くの自治体から「住民の不安感、拒絶感で合意は困難」とする意見が相次ぎ、処理に関する明確な判断を避けている。中には国や東電の施設内で埋め立て処分するよう求める自治体もあった。アンケート結果について同省の担当者は「安全性に対する住民の理解が進んでおらず、合意形成には基礎的な説明から必要になる」と話し、自治体の判断だけで処分を実行に移す難しさを認める。
 環境省は汚染土を地中に埋め立て、その際の放射線量や地下水への影響を調べる実験を8月から茨城県で始め、栃木県でも準備中だ。結果は年度内に専門家会議へ報告し、埋め立て方法や放射線量の基準などをまとめたガイドラインを自治体へ示す方針だ。
県内の再生利用、住民反対で頓挫
 一方、汚染土が最大2200万立方メートルに上ると推計される福島県では、第1原発周辺の双葉、大熊両町に環境省が設けた「中間貯蔵施設」での汚染土などの保管が昨年から本格化する。特措法に基づき、国は30年後に汚染土を県外へ搬出し、最終処分しなければならない。保管量を少しでも減らすため、同省は放射線量が低い汚染土を土木資材などへ活用したい考えだ。
 しかし、汚染土を盛り土や花畑の造成などに使うため、地元の同意を得て安全性を確かめる「実証事業」が進んでいるのは南相馬市と飯舘村だけ。道路の盛り土としての実証事業を始める予定だった二本松市では、農業や観光への風評被害を恐れる住民の反対もあり、同省は今年度の工事をあきらめ、業者との契約を解除する方針。計画は事実上、頓挫している。二本松市の計画について、環境省の担当者は「まだあきらめたわけではないが、住民に説明をすると『中間貯蔵施設に持って行くはずではないのか』などと批判される。30年後の県外処分も含め、息の長い取り組みであることを理解してもらうしかない」と話す。【五十嵐和大】


東日本大震災7年半 災害住宅、空室対策が急務
 東日本大震災の発生から11日で7年半。被災地のインフラづくりは着々と進み、被災者向けの住宅も2018年度末までには必要戸数の整備がおおむね完了する。しかし、各地に建設された災害公営住宅は空室が目立ち、入居者の家賃負担も大きな課題となっている。原発事故で避難指示が出た自治体では、今も生活再建の道筋が見えない地域が残ったままだ。
 被災者の入居を前提とした災害公営住宅の整備は各地で進んだが、7年半の時間経過は、この災害公営住宅にも重い課題を突きつけている。
 一つは入居率の問題だ。災害公営住宅は被災者の意向調査などをもとに計画戸数がまとめられた。本来なら入居率は限りなく100%に近づくはずだが、3県の入居率をみると、9割を上回るのは約96%の宮城のみ(入居予定含む)。岩手は87%(県の整備・管理分)、福島も約88%と9割に満たない。市町村別では宮城も90%をわずかに超す程度のところが多い。
 「当初は入居を希望していても、計画の遅れなどに伴い入居を断念したり、子どもが転校を嫌がったりする場合が多い」(ある自治体の担当者)ためだ。高齢者のみの世帯が入るケースもあり「入居後に死亡したり、介護施設に移ったりする人もいる」(同)ことも、空室が増える要因だ。
 災害公営住宅の建設費の大半は国が補助する。しかし、維持管理にかかる費用は将来的に自治体が負担せざるを得ない。空室が増え家賃収入などが見込みよりも減れば、住環境の悪化にもつながりかねない。
 各自治体は被災者以外も入居対象に加えて動き出している。宮城県内では仙台市や気仙沼市などが既に一般公募を実施。気仙沼市では「被災者だけの入居率は92%程度だが、100戸程度を一般公募した結果、全体での入居率は97%」という。
 年月の経過は入居者の家賃にも影を落とす。収入が一定水準を超える入居者の家賃は、入居4年目から引き上げられ、低所得者についても入居6年目以降は国の家賃補助が段階的に縮小される。各自治体は家賃上昇に歯止めを掛ける対策にも追われている。
 岩手県は今年1月、県営の災害公営住宅で家賃に上限を設ける減免措置を発表。宮城県内でも多くの自治体が家賃据え置きを決めている。このうち気仙沼市は世帯収入に関係なく入居から10年目まで家賃を据え置く。
 こうした措置に伴う気仙沼市の減収額は総額で21億円余り。制度の内容に差はあるが、同じく独自の家賃減免策を実施する石巻市では減収額は49億円にのぼる。被災地の自治体に7年半の「重み」が様々な形でのしかかろうとしている。
 災害公営住宅の整備状況 災害公営住宅は震災被災者向けに自治体が主体となって整備を進めている。被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県でみると、今年3月末時点で岩手で約5800戸、宮城で約1万5800戸の建設が計画され、完成戸数の割合を示す進捗率は7月末時点で91.1%、98.4%。福島では原発事故に伴う避難者向けなど約7900戸が計画され、完成戸数は計画に近づきつつある。


東日本大震災7年半 避難者数なお5万8000人
 東日本大震災の発生から11日で7年半を迎える。復興庁によると、全国の避難者数は約5万8000人(8月現在)で、この半年間で約1万5000人減少した。岩手・宮城・福島の被災3県でプレハブの仮設住宅に暮らす被災者は5623人(8月末現在)に上り、復興への道のりは半ばだ。
 災害公営住宅(復興住宅)は計画戸数3万178戸(調整中を含む)に対し2万9124戸(7月末現在)が完成し、進捗(しんちょく)率は96.5%。内訳は、岩手91.1%、宮城98.4%、福島(原発避難者向け)96.3%で、遅れていた半島沿岸部などを中心に整備が進む。
 一方、被災地では高齢化が進む。被災3県によると、大きな被害が出た42市町村のうち高齢化率が公表されている35市町村の8割以上で全国平均(27.9%)を超えている。
 東京電力福島第1原発周辺では事故後、福島県内11市町村に政府の避難指示が出された。昨春までに当初の7割で避難指示が解除されたが、放射線量の高い帰還困難区域が7市町村で残る。避難指示解除地域でも住民登録者数に対する実際の居住率は2割程度にとどまっている。
 政府は岩手、宮城の仮設住宅を復興・創生期間が終了する2020年度までに解消する方針だが、福島では21年度以降にかかる見込み。被災者が自力で住宅を建設するための宅地整備は3県で90.6%となっている。
 警察庁によると、10日現在の震災による死者は1万5896人、行方不明者2536人、負傷者6157人。復興庁によると、震災関連死は10都県で3676人(3月末現在)に上る。【百武信幸、宮崎稔樹】


“広がる ひまわりの種” 東日本大震災から7年半 宮城 亘理町
東日本大震災から7年半となる11日、宮城県亘理町では、幼稚園から避難する途中、津波の犠牲になった娘の墓で静かに手を合わせる母親の姿がみられました。
亘理町の高橋ひろみさんは、幼稚園に通っていた長女のひな乃さんを震災の津波で亡くしました。ひな乃さんは当時5歳で、幼稚園にいる時に地震が起き、バスで避難する途中、津波に襲われました。
高橋さんは月命日には必ず墓を訪れていて、11日は、ひな乃さんが大好きだったチョコレートを供えて、静かに手を合わせていました。
震災のあと、高橋さんは、同じように子どもの命を失ってほしくないという思いを込め、ひな乃さんの笑顔をひまわりの花に重ねて、種を配る活動をしています。ひまわりの種には、子どもの命を守るために防災や避難について考えてほしいとメッセージが添えられていて、高橋さんは、インターネットやイベントの会場などで呼びかけ、賛同してくれた人に種を配っているということです。
ことしは、震度6弱の地震があった大阪 高槻市に住む女性からも地震のあと、高橋さんの種から咲いたひまわりが写っている写真が届くなど、活動は全国各地に広がっています。
高橋さんは「地震から津波まで1時間あったが、皆が迷って動けなかった。何かあった時ではもう遅いので、何か起きる前に防災について考えてほしい」と話していました。


【想う 8年目の被災地】 9月 「届けたい」語りで、写真で
 □佐藤美香さん(43)、珠莉さん(11)
 ■「お姉ちゃん、楽しいことたくさんあったよ」
 夫の転勤で静岡県から石巻市に引っ越してきた。長女の愛梨ちゃんは日和幼稚園に入園。運動が好きで背はクラスで2番目に高く、活発な子。3つ違いの妹、珠莉(じゅり)さん(11)は対照的に引っ込み思案な子。
 「姉妹で性格がこんなに違うんだなって。動と静という感じですね」
 母の佐藤美香さんは話す。幼い珠莉さんはお母さんのまねをして、お姉ちゃんを「あいり、あいり」と呼んでいた。
 「お姉ちゃんと『柿の種』を食べてるとき、私はいつもピーナツばかりもらって食べていたな」
 珠莉さんは思い出す。
 平成23年3月11日。愛梨ちゃんはいつも通り、幼稚園に向かった。震災後、火災でこげ、横転した幼稚園バスの中で発見された。友達と抱き合うようにして息絶えていた。6歳だった。
 「この家の屋根がこれで、この電柱がこれ…」
 町歩きの語り部として活動する美香さんはバスの発見現場で、震災前後の写真を交互に見せて、語る。
 あの日、揺れに襲われた後、バスは園児を親元に返そうと園を出発した。
 「なんでバスは出発したのか。幼稚園にいれば無事だったんですよ」
 頭の中を駆けめぐる「なんで」。今も解けない。
 震災当時のまま幼稚園はある。震災による建物の被害はなかった。窓ガラスも1枚も割れていない。閉園した園庭には雑草が茂る。
 「避難する必要もない場所に愛梨はいたんです。大川小学校、七十七銀行女川支店、山元町の自動車学校。数々の津波訴訟がありますが、建物が被災していないのは日和幼稚園だけ。大人の責任で子供の命が奪われることはあってはなりません」
 震災当時、3歳だった珠莉さんは11歳になった。
 「楽しいことがたくさんあった。お姉ちゃんも生きていたら楽しいことがたくさんあったんだろうなと感じます」
 白いデジタルカメラを取り出す。2年ほど前から持ち歩き、撮りためた写真は何千枚にも及ぶ。
 珠莉さんの写真展が8月に開かれた。愛梨ちゃんが生きていたら、14歳。だから14枚の写真が選ばれた。テーマは「届けたい」。
 小さなバスケットに入ったお菓子の写真。愛梨ちゃんの好物を供える。
 「お姉ちゃん、もらうね」
 勉強に疲れると、甘いお菓子でリフレッシュする。
 お花見に行ったときは愛梨ちゃんの分のお弁当と大好きだったイチゴを。人気グループ「EXILE(エグザイル)」のコンサートで東京ドームに行ったときはあいにくの雨。ホテルの窓からの1枚。双眼鏡は「お姉ちゃんも見えるように」と。
 傍らでほほえむ愛梨ちゃんの写真はいつも同じ。
 「一番優しく笑っているから」
 珠莉さんは語る。
 白い花の写真。愛梨ちゃんが亡くなった場所に一輪咲いた花が、今年も咲いた。美香さんが優しくそっと、手で包み込む。
 黒こげの上履き。愛梨ちゃんの遺品だ。今年、震災伝承館「南浜つなぐ館」に寄贈する前日に自宅で撮影した。
 「小さなころは見せないようにしていた」
 美香さんは言う。姉が「助けて、助けて」と声を上げていたときにすぐ側にあったもの。それでも珠莉さんは見たいと言った。
 「お姉ちゃんも他の子も、熱かっただろうな」
 そうつぶやく。
 語りで、写真で。親子は震災と、愛梨ちゃんの生きた証しを伝え続けてきた。
 「愛梨が生きていたらどうだったか、日々考えています。愛梨がいなくなった世界で、私自身の人生も変わりました」
 そして少し言葉に詰まったあと、続けた。
 「被災地が移ろいでいる」
 大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号、そして、北海道で震度7を観測した地震…。今年だけでも、多くの災害が被災地を生んだ。
 「被災地という言葉を聞いてどこを連想するかはそれぞれになっています。東日本大震災が過去のものになってきていると感じることもある。7年半という月日、そういうことなのかもしれません」
 でも、という。
 「当事者は決して忘れることはありません。愛梨の命を無駄にしたくないのです。震災の話を知ってもらって災害時に生かしてほしい。届けたいのです」(塔野岡剛)
                   ◇
 さとう・みか 熊本県出身。語り部のほか、愛梨ちゃんの発見現場で咲いた花を通じて防災を呼びかける「アイリンブループロジェクト」の副代表を務める。
                   ◇
 さとう・じゅり 小学5年生。プロジェクトの応援隊長として宮城県七ケ浜町で写真展を開催した。


南三陸の海岸で行方不明者捜索
東日本大震災の発生から7年半となる11日、津波の被害を受けた南三陸町の海岸で、いまも行方不明になっている人たちの捜索が行われました。
南三陸町戸倉地区の滝浜漁港の海岸には、11日朝、5人の警察官が集まりました。
警察官たちは海に向かって黙とうしたあと、捜索を始め、海岸の砂利や石を熊手や手でかき分けながら、いまも行方不明になっている人たちの手がかりがないか、目をこらして探していました。
捜索を行った海岸は3年前にも捜索が行われましたが、その後、漂着物が流れ着いていることなどから、今回も捜索が行われました。
県によりますと、県内では、震災の津波で、先月末現在でいまも1223人の行方がわかっておらず、このうち南三陸町では211人の行方がわかっていません。
被災地の沿岸部は防潮堤の工事などのため捜索できる範囲が狭まっていて、手がかりは年々見つかりにくくなっているということです。
南三陸警察署の千葉茂地域課長は、「防潮堤工事が進み、捜索できる範囲が限られているが、いまも家族の帰りを待つ方々のために、捜索にあたりたい」と話していました。


東日本大震災7年半
東日本大震災の発生から11日で7年半です。
災害公営住宅の整備はほぼ完了しましたが、岩手、宮城、福島の3県ではいまだに5500人余りが仮設住宅で暮らしているほか、人口が流出し、空き地が目立つ地域もあり、暮らしや生活環境をどのように再建するかが課題となっています。
7年半前の平成23年3月11日、東北沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、高さ10メートルを超える津波が押し寄せて、総務省消防庁によりますと、およそ12万棟の住宅が全壊しました。
復興庁などによりますと、被災者向けの災害公営住宅は、ことし7月末の時点で計画の97.2%にあたる2万8841戸が完成しています。
また、かさ上げや山を切り開くなどして整備した宅地は、岩手、宮城、福島の3県で計画の90.6%にあたる1万6508戸が完成し仮設住宅の入居者はこの1年で1万4000人あまり減りました。
しかし、8月末の時点で3県で依然として5565人が仮設住宅で暮らしているほか災害公営住宅でも自治会の組織化が進まず、高齢者の孤独死が相次いでいます。
また、復興に時間がかかる中で元の土地に戻るのを断念する被災者も多く、この7年半に女川町で40.1%、福島県川内村で30.4%、岩手県大槌町で25.7%人口が減っています。
また、かさ上げして整備した土地に空き地も目立っている地域もあり暮らしや生活環境をどのように再建していくかが課題となっています。


震災遺構 公開・保存決定は7件
東日本大震災の教訓を伝える「震災遺構」として、県内で自治体が保存を決めた建物は先月末時点で7件、整備を終えて公開されたのは2件にとどまっていて、震災の記憶を後世にどう伝えていくかが課題になっています。
県のまとめによりますと、先月末までに、震災の教訓を後世に伝える「震災遺構」について、県内で保存が決まっている建物は7件で、このうち仙台市の荒浜小学校と東松島市のJR野蒜駅の駅舎はすでに整備を終えて公開されています。
また、石巻市の大川小学校と門脇小学校気仙沼市の気仙沼向洋高校、山元町の中浜小学校、女川町の女川交番の5つの建物で保存が決まっています。
一方、職員ら43人が津波で犠牲になったとされる南三陸町の防災対策庁舎は、2031年まで県が管理・保存する形を取り、震災遺構とするかどうか議論を続けています。
また、保存が決まっても遺族感情や保存費用の問題などが議論になることも多く、石巻市の門脇小学校は保存する規模やどの程度公開するかなどが議論になっています。
震災からまもなく7年半がたつ中で、震災の爪痕を残す建物は次々と解体されていて、震災の記憶を後世にどう伝えていくかが改めて課題となっています。


東日本大震災7年半 被災地で遺族が祈り
 9月11日で東日本大震災の発生から7年半です。被災地では遺族らが慰霊碑などに足を運び、亡くなった人たちに祈りを捧げています。
 宮城県気仙沼市の杉ノ下地区。津波で犠牲となった住民93人を弔うため建てられた慰霊碑を遺族が訪れていました。
 母を亡くし、今も妻が行方不明の佐藤信行さんです。震災から7年半を迎えた9月、ようやく仮設住宅を出ました。時が流れ、地区の風景は変わっても月命日には必ずここで手を合わせています。
 一方、宮城県南三陸町戸倉の海岸では、警察による行方不明者の捜索が行われました。警察官らは海岸に漂着した木くずなどをかき分けながら行方不明者の手がかりにつながるものがないか探していました。この場所での捜索は2回目となりますが、南三陸町の沿岸では、各地で防潮堤の工事が行われていて立ち入って捜索できる範囲が狭まってきているということです。 東日本大震災で、宮城県内では関連死を含め1万566人が亡くなり1223人が行方不明のままとなっています。


震災7年半 祈りをささげる
東日本大震災の発生から、11日で7年半になります。
県内の犠牲者は、震災関連死も含めて5100人以上にのぼり、被災地では家族を亡くした人たちが墓参りに訪れて、祈りをささげています。
このうち宮古市の震災による死者は、関連死を含めて475人に上り、今も94人が行方不明となっています。
宮古市田老地区の道の駅では、地元の農家が震災からの節目となる11日にあわせて、早朝からヒガンバナなどを並べました。
農家の野崎由美子さん(66)は、「遺族の方たちが穏やかな気持ちになってほしいと花を選んでいます。震災のことはいつまでも忘れないようにします」と話していました。
また、高台にある「常運寺」の墓地を訪れた近くに住む松本律子さん(71)は、津波で亡くなった69歳だった夫の征治さんと5歳だった孫の拓磨君のお墓に、2人が好きだったコーヒーとりんごジュースを供えたあと、静かに手を合わせていました。
征治さんは、地元の児童館に預けていた拓磨君を迎えに行って、津波に襲われたということです。
松本さんは、「震災から7年半たっても、いつか戻ってくるのではと思ってしまう自分がいます。2人に喜んでもらえるよう、体力の続くかぎりはお墓参りを続けたい」と話していました。


7年半たった陸前高田は
東日本大震災の発生から11日で7年半。
再建が進められている陸前高田市の中心市街地の周辺では、11日朝も8時頃から工事の作業が始まり、ショベルカーで盛り土をならしたり、すでにかさ上げの済んだ敷地を整備したりする様子が見られました。
中心市街地には、去年4月にオープンした商業施設の周辺に新たな商店が徐々に増えているほか、JR大船渡線BRTの新しい駅舎の整備が進められるなど、かさ上げ地での復興の動きが盛んです。
工事の様子を眺めていた市内に住む70代の女性は、「この辺はだいぶ変わりました。新しい町ができていくのはいいんじゃないかと思う。長いようで短い、もう7年半たったのかなと思う」と話していました。


仮設住宅閉鎖後の支援が課題
東日本大震災の発生から11日で7年半です。
国は、今年度末にも災害公営住宅の整備など住宅に関する事業をほぼ終えるとしていますが、県内では4000人以上が仮設住宅で暮らしています。
国は2021年3月までに仮設住宅の解消を目指していて、退去を迫られる人にどこまで支援を行えるかが今後、課題となってきます。
県内で仮設住宅に暮らす人はことし8月末の時点でみなし仮設も含めて1929世帯の4143人にのぼっています。
被災者の住宅確保のために国などは県内で5800戸あまりの災害公営住宅と、防災集団移転などによるおよそ7500戸分の住宅地などの整備を進め今年度末までにほぼ終了する見通しで、これに伴って仮設住宅の閉鎖も進められています。
しかし、整備された住宅地は土地の所有者がすでにほかの場所で再建したり、住宅を再建するか迷ったりしているなどの理由で空き地となっているところも少なくありません。
仮設住宅の入居期限をめぐっては県は沿岸部の6市町について、住宅の工事が遅れている場合や入居予定の災害公営住宅が完成していない場合などは2020年3月まで延長することにしていますが、対象はごく一部にとどまる見通しです。
国は2021年3月までに仮設住宅の解消を目指していて、退去を迫られる被災者への支援をどこまで行えるのかが今後の課題となってきます。


震災7年半 行方不明者一斉捜索
東日本大震災と原発事故から11日で7年半です。
県の沿岸部では、いまも行方がわからない196人の捜索が行われています。
警察によりますと、県内では震災による津波などで1614人が犠牲となり、いまも196人の行方がわかっていません。
11日は県内の沿岸部の7か所で、警察や消防などおよそ100人が行方不明者の捜索を一斉に行いました。
このうち、東京電力福島第一原子力発電所から北におよそ3キロ離れた双葉町の沿岸部では、警察と消防およそ40人が捜索にあたりました。
被災地支援のため山口県や山梨県などから出向している警察官10人も参加し、はじめに、犠牲となった住民に黙とうを捧げました。
津波と原発事故による被害を受けた双葉町では、町の全域が避難区域となっていて、いまも4人の行方がわかっていません。
警察官たちはくわを使って砂浜を丁寧に掘り起こして、行方不明者の手がかりがないか探していました。
山梨県警察本部から出向している、双葉警察署復興支援係の有賀真巡査部長(34)は、「行方不明者の方の家族の人たちの希望になるよう、一つでも手がかりとなるもの見つけたいです」と話していました。


モニタリングポスト 継続の声
原発事故のあと県内に設置されたモニタリングポストのうち、国が、放射線量が一定以下になった地域で撤去する方針を決めたことについて、NHKが、対象の47市町村にアンケートを行った結果、およそ7割にあたる33の市町村が反対と答えました。
原子力規制委員会は、ことし3月、福島第一原発の事故のあと県内の学校や保育所などを中心に設置したおよそ3000台のモニタリングポストのうち、原発周辺の12市町村を除いて、放射線量が基準を下回った地域にあるおよそ2400台を3年かけて撤去する方針を決めました。
NHKが対象となる47市町村にアンケートを行った結果、撤去に「反対」と答えたのは、福島市やいわき市などおよそ7割にあたる33市町村にのぼりました。
反対の理由について自由記述で尋ねたところ、廃炉作業が続いている中での撤去は時期尚早、モニタリングポストで、放射線量の値を見て安心したいという住民が多いなどの意見がありました。
一方、「賛成」と答えたのは、鮫川村、金山町、檜枝岐村の3つの町村で、「どちらとも言えない」や「検討中」としたのが、相馬市や南会津町など11市町村でした。
県内では、国による住民説明会が続いていますが設置の継続を求める声が多く、国は、方針を見直すことも含め対応を検討することにしています。


河北抄
 「観音様」は、一心にその名を唱えれば現世でも御利益があるとされ、古くから親しまれてきた。救うべき相手の個性や状況に応じ、千手観音や十一面観音のように変化(へんげ)する。
 仙台市宮城野区榴岡の孝勝寺本堂に先月下旬、遷座された慈母観音像は母親のような慈愛の心を表す。日蓮宗総本山久遠寺(くおんじ)(山梨県身延町)が他の宗派と協力して3年前、陸前高田市の妙恩寺に悲母観音像を安置したのに続き、東日本大震災の復興を願って制作した。
 立ち姿の悲母観音像に対し、台座に腰を掛けてゆったりと右脚を折り曲げている。半眼で柔和な表情を浮かべ、清浄の象徴であるハスの花を持つ。
 制作を担当した彫刻家柳本伊左雄さんは「膨大な作業が必要だった」と遷座式で振り返った。像は高さ2.8メートル。多くの教え子がヒバ材に何度も下塗りし、金箔(きんぱく)を使って七宝の文様を施した。
 きょうで大震災から7年半。たくさんの祈りを込めた慈母観音像と静かに向き合いたい。寺の法事などがなければ、平日の日中に参拝できる。


東日本大震災7年半 進まぬ除染土処理 再利用事業頓挫も
 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の処理問題が、東日本大震災から7年半たっても進まない。福島県外の自治体では公園などでの仮置きが長期間続き、環境省は埋め立て処分などの判断を促すガイドライン策定を検討するが、住民の反発を恐れる自治体は対応に苦慮する。同県内では汚染土の再生利用を目指す実証事業が進む一方、反対運動で計画が頓挫する例も出てきた。
県外「埋め立て処分」検討は16%
 除染で生じた汚染土は福島県外7県で推計約33万立方メートルあり、放射性物質汚染対処特措法上、汚染土の処分は当該自治体の役割とされる。環境省は今月3日、これらを保管する53市町村などへのアンケート結果を公表。埋め立て地を取得して最終処分を検討しているのは全体の約16%にあたる10自治体にとどまった。一方で、多くの自治体から「住民の不安感、拒絶感で合意は困難」とする意見が相次ぎ、処理に関する明確な判断を避けている。中には国や東電の施設内で埋め立て処分するよう求める自治体もあった。アンケート結果について同省の担当者は「安全性に対する住民の理解が進んでおらず、合意形成には基礎的な説明から必要になる」と話し、自治体の判断だけで処分を実行に移す難しさを認める。
 環境省は汚染土を地中に埋め立て、その際の放射線量や地下水への影響を調べる実験を8月から茨城県で始め、栃木県でも準備中だ。結果は年度内に専門家会議へ報告し、埋め立て方法や放射線量の基準などをまとめたガイドラインを自治体へ示す方針だ。
県内の再生利用、住民反対で頓挫
 一方、汚染土が最大2200万立方メートルに上ると推計される福島県では、第1原発周辺の双葉、大熊両町に環境省が設けた「中間貯蔵施設」での汚染土などの保管が昨年から本格化する。特措法に基づき、国は30年後に汚染土を県外へ搬出し、最終処分しなければならない。保管量を少しでも減らすため、同省は放射線量が低い汚染土を土木資材などへ活用したい考えだ。
 しかし、汚染土を盛り土や花畑の造成などに使うため、地元の同意を得て安全性を確かめる「実証事業」が進んでいるのは南相馬市と飯舘村だけ。道路の盛り土としての実証事業を始める予定だった二本松市では、農業や観光への風評被害を恐れる住民の反対もあり、同省は今年度の工事をあきらめ、業者との契約を解除する方針。計画は事実上、頓挫している。二本松市の計画について、環境省の担当者は「まだあきらめたわけではないが、住民に説明をすると『中間貯蔵施設に持って行くはずではないのか』などと批判される。30年後の県外処分も含め、息の長い取り組みであることを理解してもらうしかない」と話す。【五十嵐和大】


<北海道地震>段ボールベッド提供次々 震災機に発案「避難生活を改善」
 段ボール製の簡易ベッドが、北海道の地震の被災者が身を寄せる避難所に導入されている。東日本大震災時の教訓を踏まえて開発され、医師らが普及に努めてきた。現地派遣された石巻赤十字病院(石巻市)の植田信策副院長は「避難生活を改善し、被災者の災害関連死や健康被害を防ぎたい」と語った。
 大規模な土砂崩れがあった北海道厚真(あつま)町の町総合福祉センター。10日午前8時すぎ、植田副院長ら日赤のスタッフがホールに大量の段ボールを運び込んだ。避難者らが組み立て、約2時間でベッド150床が完成した。
 センターに身を寄せた約460人の多くは、これまで硬い床に布団を敷いて過ごしていた。同町の農業犬飼ミイコさん(83)は「床は冷たくて起き上がるのもつらい。暖かいベッドで楽に寝起きできる」と喜んだ。
 床から高さがあるためほこりを吸い込む量が少なく、ベッドでの就寝は肺炎などのリスクが軽減される。起き上がりが簡単でエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓(そくせん)症)や生活不活発病の予防効果もあるという。
 簡易ベッドは東日本大震災の避難所で被災者の低体温症が相次いだのを受け、段ボール箱製造「Jパックス」(大阪府)が開発。業界団体や避難所・避難生活学会に所属する医師らが普及を進めてきた。
 日赤による北海道地震の被災地への搬入は8日に始まり、厚真町を含め計約300床を届けた。道内にはまだ約2000人が避難生活を続けており、11日にも500床が追加配送される見込みとなっている。
 業界団体は27道府県と200以上の自治体と防災協定を結び、非常時にベッドを優先的に有料で提供する。西日本豪雨でも岡山、広島、愛媛3県に計約4000床を送った。今回、北海道への提供も協定に基づいている。
 植田副院長は「協定のおかげで迅速に搬入できた。避難所では雑魚寝ではなくベッドで寝ることを常識にしたい」と力を込めた。(報道部・高橋公彦)


<北海道地震>石巻赤十字病院のDMAT隊員帰還
 最大震度7を記録した北海道の地震を受け、7日に現地入りした石巻赤十字病院の災害派遣医療チーム(DMAT)の隊員3人が同院に戻り、10日、活動を報告した。
 3人は9日まで、札幌市の札幌医大に設置された札幌医療圏活動拠点本部で圏内の医療機関の被災状況を調査した。停電で電話が通じなくなった機関を訪ねるなどし、48施設の状況を確認。人工呼吸器の患者をドクターカーで転院させたり、照明を確保したりした。 報告会で、救命救急センターの瀬尾亮太医師(32)は石橋悟院長ら約90人に現地の状況などを伝えた。
 瀬尾医師は「道全域が停電し、人工呼吸器や透析の患者の対応が焦点だった。比較的早く復旧して落ち着いたが、長引けば、より大規模な支援が必要になっていた」と振り返った。
 同院は現在、医師ら11人を派遣している。


震源特定できない原因 首都圏も危ない“隠れ活断層”の脅威
 最大震度7の強烈な北海道胆振東部地震の震源は、いまだに特定されていない。地震調査委員会は、発生現場近くの「石狩低地東縁断層帯」ではないと言ったきり。6月の大阪府北部地震(最大震度6弱)も、周辺の有馬―高槻断層帯や生駒断層帯が動いた証拠はなく、震源の特定は迷宮入りの様相だ。どうやら、2つの大きな直下型地震は、名前も付けられていない“隠れ活断層”の仕業であることが濃厚だ。 政府の地震調査研究推進本部の用語解説では「我が国の陸域には約2000の活断層があるとされています」とある。立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)がこう言う。
「『約2000の活断層』は、発見できた数に過ぎません。これらは一部が表土に露出していたり、埋まっていても容易に確認できた断層です。このほかに、確認できていない断層が少なくとも数万個以上はあると考えられています。さらに、活発なプレートの動きが日本列島を刺激して、新たな断層も生まれています。われわれは地上にいる限り、地下の活断層をほとんど把握していないと認識すべきです」
 数万個のうち、たった2000の活断層しか知らないのだから、震源を特定できないのもうなずける。地道な調査で、隠れ活断層をコツコツ見つけるしかないわけだが、至難の業だ。とりわけ、火山灰が堆積している地域は活断層を見つけるのが難しい。九州、東北、北海道のほか、関東ローム層の首都圏が挙げられる。
「東京の山の手エリアは富士山、箱根山、浅間山などの火山灰で覆われていて、7〜14メートルほどの層になっている。その下の活断層を確認することは、現在の技術ではほとんど不可能です。また、首都圏はビルや住宅などが立ち、地表を塞いでいる。調査のためにわざわざ掘り起こすというわけにはいきません」(高橋学氏)
 隠れ活断層がある以上、直下型地震はいつ、どこで起こってもおかしくない。とすると、原子力規制委の新規制基準は滑稽に見える。基準では「活断層」の真上に原発の重要施設の建設を禁じているが、あまたの隠れ活断層は視野の外だ。2つの地震は、隠れ活断層の脅威を見せつけた。もはや、日本中のどこを探しても、原発を置ける場所はないんじゃないか。


苫東厚真“全面復旧11月以降”
世耕経済産業大臣は11日の閣議のあとの記者会見で、地震の影響で運転が停止している北海道最大の火力発電所、苫東厚真火力発電所の復旧について、1号機が9月末以降、全面的な復旧は11月以降にずれ込むという見通しを示しました。
その上で北海道内の節電要請について、少なくとも週内は20%の節電目標を求めるとしました。
この中で世耕経済産業大臣は苫東厚真火力発電所の復旧見通しについて、「昨夜、北海道電力から受けた報告では苫東厚真火力発電所の1号機は9月末以降、2号機は10月中旬以降、4号機は11月以降の稼働となるとされた」と述べました。
その上で世耕大臣は、「苫東厚真火力発電所の復旧時期は『少なくとも1週間以上』としてきたが、当初の見込みよりかなり後ろ倒しになった。政府としても出来るだけ早期の稼働になるよう必要なバックアップをしていきたい」と述べました。
そして世耕大臣は、北海道内の節電要請の見通しについて、苫東厚真火力の復旧が遅れる一方で別の水力発電所の稼働などが見込まれるとした上で、「京極揚水発電所の2号機の稼働が今週14日に予定されているが、その14日までは2割の節電目標に協力していただく必要がある。今週14日以降は節電の動向を踏まえ入念に打ち合わせて方針を決めたい」と述べました。
また、10日の節電率が11%から16%となったことについて世耕大臣は、「2割を目標として取り組むが、需給ギャップを埋めるという意味では一定の成果が出ている」と評価したうえで、「特に産業部門の大口需要家は当面の操業停止や生産ライン縮小のほか、操業を夜間にシフトするなど大きく貢献してもらっている。一方で、家庭や店舗、オフィスなどの取り組みはまだ道半ばだ」と述べ、家庭や店舗などにいっそうの節電を呼びかけました。


広域停電の恐怖 分散型電源の構築急げ
 北海道の震度7の地震で、生活を大きく直撃したのが、道内全域295万戸で発生した広域停電だった。
 ほぼ復旧したが、後遺症は続く。供給力を十分に提供できないとして節電が求められている。期間は少なくとも1週間となる見通しだ。
 地域全体の停電という異常な事態は、電気のない一日が現代社会をいかに混乱させるかを如実に示した。教訓を生かして再発防止を図り、将来の供給体制を考えなければならない。
 今回の停電は、発電所の集中が災いした。道内電力の半分を供給していた苫東厚真火力発電所が地震で損壊して停止。これが引き金になって電力の需給バランスが崩れ、システムの影響で他の火力も次々と緊急停止した。
 苫東厚真火力に集中していた背景には、発電能力の大きい泊原発が停止中だったこともある。このため早期再稼働を求める声も出る。ただ、再稼働したとしても、大規模発電所集中という課題に変わりはないのではないか。
 東日本大震災では東京電力福島第1原発事故が発生。その結果、事故機を含む同原発の6基と福島第2原発の4基が廃炉に追い込まれた。原発集中立地の負の面が出たとも言える。
 震災後、重要性が強調されるようになったのが小規模分散型電源の配置だ。そのためには再生可能エネルギーの普及拡大が不可欠だが、思ったようには進んでいない。
 原因の一つに送電の問題がある。再生エネの発電事業者が送電線に接続しようとしても、保有する大手電力会社から「容量に空きがない」との理由で断られる事例が起きている。つなげるために億単位の関連工事費を請求されることもあったという。
 原子力や火力などの発電所がフル稼働する前提で大手電力が空き容量を算出していたこともあり、再生エネの研究者らは「実際の利用率は少なく、まだ受け入れる余地がある」と指摘。空き容量算定に絡む運用ルールが4月から変更された。適正運用による既存設備の十分な開放のほか、送電網増強を求めたい。
 一方、電力を利用する側も万が一の事態に備えたい。北海道では医療機関に危機感が募った。一定規模ながら非常用電源のない施設では、検討が必要ではないか。
 また、情報収集の要となっているスマートフォンが電池切れで使えなくなった人が続出し、充電できる場所を探して右往左往した。公的機関が災害時の情報を発信しても受信できない状況は被害を増幅させる。公共施設などでの非常用大型バッテリー配備や、個人としても乾電池式充電器の携行などを考えたい。


【北海道の大停電】危機想定は十分だったか
 日常の生活や社会がいかに電力に頼っているか。ライフラインの安全管理を再確認したい。
 最大震度7を記録した北海道の地震は、道内全域で一斉停電するブラックアウトを引き起こした。ほぼ解消してきたとはいえ、全面復旧にはなお時間がかかる。
 電力需要のピークが供給力を上回る可能性があるとして、北海道電力は事前に時間や地域を定めて電気を止める「計画停電」も選択肢に挙げる。道民生活への影響はあまりに大きい。説明を尽くし、節電にも理解を得ながら、供給体制の再整備を急がなければならない。
 全域停電に陥ったのは、震度7が直撃した厚真(あつま)町にある苫東厚真火力発電所が止まったためだ。道内の電力需要の約半分を担う発電所の停止で電力需給のバランスが崩れ、他の発電所が連鎖してダウンした。
 運転停止中の北電泊原発の再稼働のめども立たない中、一極集中型になっていた電力供給体制のもろさが露呈した。
 北電は苫東厚真火力発電の全3基が同時に停止する事態も想定していなかったという。自然災害や事故による大規模停電は阪神大震災や東日本大震災、海外の大都市でも起き、その教訓からの防止対策が問われてきたはずだ。
 災害などの緊急時に本州側から電力融通を受けるため敷設した送電網も機能しなかった。青森県とつなぐ海底ケーブルの北海道側の設備が、停電で作動しなかったからだ。せっかくのバックアップ体制を骨抜きにした。
 北電のリスク管理は十分だったのか。検証が求められる。
 大規模停電は、電力依存が高まる市民生活を直撃した。日常生活に不可欠になったスマートフォンの充電ができなくなり、通信や災害情報を得る手段が断たれ、混乱を深めた。非常時の電源のインフラ整備が課題として指摘される。
 高度な医療機器の広がりで、病院の電力ニーズも高まっている。今回の停電で各病院はそれぞれ非常用電源でしのいだが、仮に大規模停電が長引けば、治療が止まり、患者を移す病院もなくなる。停電対応のシミュレーションを見直すよう訴える声も上がる。
 道は平常時より2割の電力削減が必要とし、北電とともに節電への協力を呼び掛ける。地震から5日目のきのう朝、厚真町は冷え込んだ。北の冬は早い。電力供給の不安定な状況が続き、計画停電が実施されるような事態は避けなければならない。命に関わる。
 地震で施設が損傷した苫東厚真火力発電の耐震対策はどうなっていたのか、再発防止策は。泊原発は外部電源を一時喪失した。大規模停電の長期化を想定した危機対応は―。北電はその説明責任も負う。
 四国も北海道と同様に本州と海で隔てられている。地域の電源、電力の安全・災害対策、さらに各家庭の備えを改めて点検したい。


北海道震度7 大半は窒息死 土砂流入、逃げる間もなく
 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の地震で、死亡した41人の大半が土砂に生き埋めになったり倒壊した家屋の下敷きになったりしての窒息死だったことが捜査関係者などへの取材でわかった。最も被害の大きかった厚真町では死者のうち60代以上が4分の3を占めていた。同町では住民の半分以上が犠牲になった地区もあり、未明の地震で逃げる間もなかったとみられる。
 死者のうち9割近い36人が震源に近い厚真町に集中。地震は人々が就寝中の6日午前3時7分ごろに発生。関係者によると、死者の多くは土砂に埋まっていたり、倒壊した家屋に胸などを圧迫されたりしていた。町によると、住民人口34人の吉野地区では19人が犠牲になり、最年少は16歳だった。
 厚真町以外の死者は、苫小牧市2人と札幌市、むかわ町、新ひだか町各1人。札幌市の男性(53)や苫小牧市の男性(56)は、家の中に積まれていた大量の本などの下敷きになって死亡しており、いずれも窒息死とみられる。
 1995年の阪神大震災では、死者の約半数が65歳以上の高齢者で、倒壊した家屋などの下敷きになる「窒息・圧死」が全体の7割以上を占めた。2011年の東日本大震災では、岩手、宮城、福島3県の死者に占める65歳以上の高齢者は半数以上に達し、津波などに伴う水死が約9割に上った。【真貝恒平、森健太郎】


北海道地震 厚真町避難所で温かい炊き出し
 最大震度7を観測した北海道厚真町では朝晩の冷え込みが厳しくなり、避難所の炊き出しで温かいご飯を受け取り笑顔を見せる人たちの姿が見られた。
 同町総合福祉センターでは避難者らも手伝いながら、自衛隊員が1日3食の日替わりメニューを用意してきた。3人の子どもと夫と避難する深沢章子さん(44)は、「断水で水が出なくて料理が作れないので、炊き出しは本当にありがたい。いろいろな人たちに支えられていると感じる」と話した。【山崎一輝】


北海道地震 山崩れ一階の父犠牲に 前夜の笑顔忘れぬ
 北海道胆振地方を震源とする最大震度7の地震に見舞われた厚真町では36人が犠牲になった。自宅が土砂崩れに巻き込まれて亡くなった同町桜丘の中田一生(かずのり)さん(76)の長男一好(かずよし)さん(50)は11日、初七日を前に初めて町内の墓地を訪れた。【岡崎英遠、一宮俊介】
 多くの墓石が倒れる中、中田家の墓は地震前と変わりがなかった。「これで父の遺骨を納められる。広々とした厚真の空の下の方が父も喜ぶだろうから」と澄んだ秋空を見上げた。
 一好さんは6日未明、自宅2階の自室で、父は1階の和室で寝ていた。突然「ダダダダダッ」というごう音が響き、立つこともできない激しい揺れに襲われた。家はどんどん傾き、「ドスン」という衝撃とともに揺れが収まった。携帯電話の明かりを頼りに周りを見渡すと、父の寝ていた方向に家が潰れていた。
 「おやじ、返事せえ」と何度も叫んだが、耳をすましても声は返ってこない。
 「おやじを殺してしまう。助けられない」。涙が止まらなかった。
 夜が明けて外に出ると、自宅の裏山が崩れ、木が何本も1階に突き刺さっていた。近所の住民や親戚が駆け付け、「何としても一生さんを出さないとダメだ」とスコップで掘り続けた。自衛隊も加わり、父が見つかったのは午前10時ごろ。「みんなのおかげで一番早く見つけてもらえた」。土の中から見つかったパジャマ姿の父は、かすり傷はあったものの寝ているような顔つきだった。「でも、父は苦しかったのかなとも考えてしまう」
 弟家族は札幌で暮らし、母が14年前に他界してから、ずっと父子2人で暮らしてきた。父は子ども思いで、一好さんが大人になってからもずっと気遣ってくれた。地震前夜、健康診断の再検査を受けて帰宅した一好さんが「問題なかった」と父に伝えると、「良かった良かった」と喜んでくれた。その時の父の顔が忘れられない。
 突然の地震で父も自宅も失った。「この先の自分の将来について、今は何も考えることができない。ただ父の遺骨だけはこの地においておきたい」。そう思っている。


北海道地震 主要活断層動いた可能性を否定できず
 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は11日、北海道厚真町で震度7を観測した地震について、震源近くの主要活断層帯「石狩低地東縁断層帯」の一部が動いた可能性を否定できないとの見解を明らかにした。6日の臨時会合では断層帯と別の断層で発生したとの見方を示していた。
 一方、国土地理院は調査委に地震を起こした断層の推定結果を報告。それによると断層は長さが南北約15キロで、1.2メートル程度、上下方向にずれ動いていた。また地球観測衛星「だいち2号」の画像を解析したところ、震源から南東の厚真町やむかわ町の一部では最大で約7センチ隆起していた地域があったとしている。
 地震調査委によると、石狩低地東縁断層帯は地下約25キロまでしか延びておらず、震源は深さ約37キロだったことから、「この活断層帯が動いた地震ではない」としていた。しかしその後、地震が浅い領域でも続いたり、国土地理院の分析で動いた断層の上端が深さ約15キロと推定されたりしたことで、これまで知られていなかった断層帯の一部が地下深くでずれ動いた可能性も否定できなくなったという。
 地震調査委は、今回の地震との関係を否定できない石狩低地東縁断層帯(南部)によって引き起こされる地震の最大マグニチュード(M)を7・7と想定。今後30年の発生確率を「やや高い」グループに分類している。
 調査委は今後、まだ動いていない部分の同断層帯が活動する可能性もあるとして、引き続き警戒を呼びかけている。【池田知広】


【台風21号被害】関西でまだ6860軒が停電 電柱の復旧作業にまだ時間がかかる箇所も
関西電力「全力で作業にあたる」としている
9月4日の台風21号の影響で、関西では約6800戸で停電が続いています。
全面復旧のめどはまだ立っていないということです。
【停電の住宅に住む男性】
「ろうそく2本か3本立てて食事をしている。食事が済んだら何もできない」
関西電力によると、台風21号の影響で関西では午前11時20分の時点で、あわせて約6860戸で停電が続いています。
停電が続く京都市左京区花脊地区の一部の住宅では、非常用の発電機で、風呂や洗濯などはできる状態になりましたが、通信などは途切れたままで、区役所に設置された衛星電話を使っているということです。
関西電力は電柱の復旧作業などに時間がかかるため、「まだ全面復旧の見通しは示せない」としながら、「全力で作業にあたる」としています。


3万軒停電も大阪放置 松井知事は万博アピール外遊に大忙し
「(連絡橋への)タンカーの衝突さえなければ、今の時点で復旧がかなっている」――。先週、近畿地方を襲った台風21号の影響で関西国際空港の連絡橋にタンカーが衝突した事故を巡り、こう語った松井一郎大阪府知事(54)。現在、大阪万博への支持を要請するため欧州を訪問中なのだが、この被災地放置の外遊に批判が集まっている。
 松井知事が欧州へ出発した9日、大阪府内は約3万軒が停電中だった。関西国際空港はいまだに全面復旧のメドが立っておらず、府内の一部地域のインフラもメタメタだ。
 庶民が苦しんでいる状況にもかかわらず、松井知事は大阪を離れることについて、出発前の会見で「この時点で訪問をキャンセルすれば、都市として脆弱だと思われる」などとウルトラCの言い訳を連発。加えて、「タンカーの避難失敗がなければ、もう関空は今、多分、8割方は回復しているという状況だと思う」などと不満タラタラだった。
 しかし、松井知事が災害対応でやったことは、6日に首相官邸を訪れ、支援要請をしたことぐらい。その翌日には何事もなかったかのように、沖縄入りし、県知事選の与党候補を応援。そして、今は欧州を訪問中で、16日まで大阪を留守にする予定だ。
 災害対応を優先すべきなのに、被災地を置き去りにして万博をアピールしに外遊しているのだからどうかしている。政治評論家の山口朝雄氏がこう言う。
「常識的に判断すれば、外国訪問をキャンセルして災害対応に専念するのが当然でしょう。よくもまあ『訪問を取りやめると都市として脆弱だと思われる』などという屁理屈を思いついたものです。災害対応そっちのけで外遊する理由にはなりません。知事という立場である以上、陣頭指揮を執って災害対応にあたるのが当たり前です。安倍政権と同様に、一党独裁のようになっていい気になっているのではないか。周囲に松井知事の言動をいさめる人間もいないのでしょう。府民が怒って当然です」
 国民より外遊、府民より楽しい外遊――。安倍首相と松井の発想はソックリだ。


関空便を大阪と神戸に 残る課題
関西空港を発着していた便を、大阪空港と神戸空港に振り分けることについては、受け入れ態勢の調整や夜間の騒音などの課題もあります。
今回、国土交通省は国際線の振り分けも計画していますが、大阪空港と神戸空港には国際線の定期便が乗り入れていないため、税関と入国管理、それに検疫を行う施設がありません。
このため、審査を行うスペースが新たに必要になるほか、対応する職員を確保しなければならないため、国土交通省は現在、それぞれの業務を担当する省庁と調整を行っています。
さらに、市街地にある大阪空港では、騒音対策のため運用時間が午後9時までに限られていることから、国土交通省は発着便数を増やすため、空港の周辺の自治体でつくる協議会に対して、運用時間を午後10時まで1時間延長することを要請しています。
協議会では運用時間の延長については「慎重に検討したい」としていて12日に会合を開き、対応を検討することにしています。


関空連絡橋 鉄道、月末に再開も 国交省
 台風21号の強風でタンカーが衝突した関西空港連絡橋について、国土交通省は11日、破損した道路部分の橋桁の撤去を12日から始めることを明らかにした。天候が順調なら、14日に撤去が完了。道路部分の奥にある鉄道の運行は、当初見通しの10月上旬から約1週間前倒しされ、今月中に再開できるという。
 道路部分の橋桁は、タンカーの衝突で押し込まれ、鉄道部分にせり出している。撤去作業は、道路部分を管理する西日本高速道路が担当。破損した橋桁をクレーンでつり上げて撤去した後、鉄道部分の橋桁を設置し直す。
 11日の記者会見で、石井啓一国交相は「週内にも(浸水した)A滑走路と第1ターミナルの南半分の暫定運用を再開できるよう取り組む」と述べた。【花牟礼紀仁】


関空、露見した「国際空港」としての巨大欠点 今でも情報発信は最悪の状態のまま
さかい もとみ : 在英ジャーナリスト
台風21号による想定外の高潮で大きな被害を受けた関西国際空港。すでに一部の便の運航が再開しているが、完全復旧にはまだまだ時間がかかりそうだ。目下、空港の運営会社は、9月14日頃とされる第1ターミナルの暫定運用開始に向け、「着実に前進中」と説明している。
今回の被害により、順調に増加してきた、いわゆるインバウンド需要にブレーキがかかることも危惧されている。地域経済へのダメージを最小限に抑えるためには一刻も早い復旧が求められるが、なお連絡橋の改修など多くの課題が残っている。ハードだけではなく、ソフト面でも課題が山積している。情報発信の面で、「国際空港としてやるべきこと」ができていないのだ。
初動の情報発信に難点
台風21号は9月4日の日中、関西圏を襲った。それ以後、関空を取り巻くさまざまな被害が明るみに出る中、世界各地の空港では「KIX(航空業界で使う、関空を示す3レターコード)へどうやって乗客を飛ばすか?」で頭を悩ます事態が続発した。
「『とりあえず明日の再開はない』ってどういうことなの? 滑走路や駐機場は水浸し、空港への橋も破損しているのに、明後日になってどうやって使えるようになるわけ?」
9月5日、筆者はロンドン・ヒースロー空港にある欧州系航空会社のカウンターに行って、旧知の職員に関空行き旅客の取り扱いについて尋ねてみたところ、こんな言葉が返ってきた。
関空は5日の時点で、「6日中の再開はなし」とだけ発表。「閉鎖となる期間」について、タイムラインをしっかり示していなかった。
「明日はダメだけど、明後日どうなるか説明してくれないから、一応飛ばす準備はしなきゃいけない。しかも状況がわかってない日本人顧客が次から次へとやって来るし……」(ヒースロー空港のカウンター職員)
その後、航空各社は9月11日ごろまでの関空便をとりあえず欠航とする方向で態度を固め、行き先を振り替えた上で「とにかく日本のどこかへ顧客を送る」という現実的な対応を開始した。
航空会社によって代替便提示へのケアがおざなりだったり、振替便の席が取れずやむなく現地滞在を延ばしたり、日本国内の全く違う空港へ飛ぶことになった旅客もいたようだが、何らかの形で日本にたどり着けたようだ。各航空会社は、手数料無料での払い戻しやルート変更などに応じており、顧客の便宜を図っている。
関空滞留の中国人、領事館のサポートで脱出
高潮による浸水に加え、タンカーの衝突で橋が破損したことで、空港施設内には一時8000人もの人々が滞留していた。
シャトルバスや神戸空港への高速船を使った懸命の救助活動で、ほぼ全員が5日夜遅くには空港島から脱出できた(ちなみに25人ほどの訪日客が「行くところがない」という事情でターミナル内に残ったという)。
果たして、関空の職員らは言葉が通じない訪日客にどのようなケアを行ったのかを調べるため、筆者はアジア各国の人々によるSNS上の書き込みをあちこちチェックしたが、その中から意外な事実を見つけた。
駐大阪中国領事館が空港に残る自国民のために「救出作戦を行った」という報告が書かれていたのだ。あれこれ調べたところ、同領事館は関空サイドと水面下で交渉を進める一方、大型バスをかき集め、4日の夜から未明にかけて対岸でスタンバイ、翌朝(5日)の救出開始を目指した、という。
遅れがあったものの、11時半ごろには最初の一団を乗せることができ、同日深夜までに計1044人の「同胞」を救うことができた、としている。なお、このバスの利用者の大多数は中華人民共和国籍だったが、中には香港、マカオ、そして「台湾パスポート」の人々が若干ながら混ざっていたという。
関空に滞留していた中国人男性は「空港の放送機器やWi-Fiが壊れて情報が取れない中、どこからともなく『大使館の人々が我々を助けに来る』と口コミで伝わってきた」と語っている。
なお、他の国の在阪公館による目立った動きは見当たらない。中国人団体といえば、これまでも日本国内のあちこちの空港でいろいろな問題を起こして来たが、今回は領事館が事態を重く見て、いち早く手を打った格好となったようだ。
第1ターミナルの基礎インフラはほぼ確保
関空は9月10日現在、2007年に完成した「2期島」の施設を使って部分的な運用が進められている。各種報道でも伝えられているように、第1ターミナル(以下、T1)とA滑走路がある「空港島」はかねて地盤沈下が著しく海面からの高さが1〜2メートルしかないため、それが原因で今回のような大規模な浸水が起きた。
一方、第2ターミナル(T2)がある2期島は海面からの高さが最も低いところでも4.6メートルあったことから高潮被害がほとんど起こらなかった。
その結果、格安航空会社・ピーチの離発着はT2を使い、既にフル稼働に近い形で行われている。隣接する貨物航空会社Fedexの運航も行われており、そこだけを見たら「関空の完全復活は間近か」とさえ思えるほどだ。
しかしT1は「まるで別の空港」と思うほどの惨状を呈している。今回の高潮被害で、建物の地下にあった防災センターや通信設備が浸水してしまい使用不可能になった。変電設備も故障したため、館内放送が流せなくなり、閉鎖当時にターミナル内に滞留した人々への案内が非常に困難になった。
ところで、関空は日本初となるコンセッション方式で運営権の売却が行われた結果、2015年秋からオリックスとヴァンシ・エアポートのコンソーシアムである関西エアポート株式会社(KAP)が44年間の運営権を獲得、現在同社によって運営が行われている。KAPの会見で何度となくフランス人で共同CEOのエマヌエル・ムノント氏が顔を見せるのは、ヴァンシ・エアポートの親会社である建設大手ヴァンシ(Vinci)がフランスを本社拠点としているからに他ならない。
KAPは9月8日、T1の施設の回復状況についての説明を行った。それによると、7日までは、エスカレータとエレベーターの監視設備が水に浸かり、正常に動かせない状況にあったほか、照明はターミナルの中央部などで停電。防災や空調設備も浸水による被害を受けていたが、11日には照明と防災設備が回復、空調とエレベーターが一部改修中だが、エスカレーターが動くようになったという。
また、肝心の電力供給についてはターミナル地下にあった送電用変電設備6基のうち、3基が浸水で故障したが、山谷佳之CEOは8日の会見で「いずれも部品の交換で対応できる状態」としているほか、連絡橋を通じて流れてくるガスや上水道の供給に無事を確認。さらに空港島内のゴミ焼却場や下水処理施設の再開にも目処がついていることから、とりあえずターミナル本体のライフラインの整備には光が見えていると言えそうだ。
気になるA滑走路の排水状況だが、8日の時点ですでに非常用電源が確保できたことから、それまでのポンプ車使用からモーターを使った排水を実施。KAPは「10日までに滑走路、誘導路、エプロン部分の排水と清掃は終わった」と明らかにしている。
しかし、9月14日がメドとされるT1の暫定運用開始時の規模については依然として誰にもわからない状況だ。9月8日の会見で山谷CEOは、「被害が少ないT1南部分(国際線)を先行で開けたい」という意向を示しているが、「空港内にあるさまざまな機器や設備のテストを同時に行なっている状況で、1時間ごとにいろいろな結果が上がってくる」のが現状とも説明している。
11日の時点で、駐機場(スポット)の復旧作業が着々と進んでおり、先行的に使用する予定のT1南部分とターミナル中央部にある国内線用のスポットはほぼすべて使える状況にあるというが、それ以外の施設や機器類の復旧の進展にも左右されるため、実際のところは「フタを開けてみないとわからない」というのが本音とみるべきだろう。
また、A滑走路の両端にあるILS(計器着陸装置)が故障しており、仮に14日ごろにT1の暫定運用にこぎ着けたとしても「当面はカテゴリー1での使用となる(ムノント共同CEO)」と説明している。
ちなみに「カテゴリー」とはILSの精度のことで、数字が大きいほど性能が上がり、天候が悪くても着陸ができる。関空のA滑走路は本来「カテゴリー2」で運用されて来たが、仮にカテゴリー1での着陸となると視界不良時には降りられないという問題も生じるわけだ。
鉄道は4週間で直るのか?
しかし関空の施設全体をフル稼働させるのに必要不可欠なのは本土側との交通アクセスの確保だ。
せっかく空港ターミナルがフル稼働のレベルに戻せたとしても、道路や鉄道の補修が進まなければ空港に行きたくても行けない、何かの都合で渋滞にはまって飛行機に乗れない、といった事態も想定される。T1の暫定運用を始めるにしても、一定の交通インフラの確保は不可欠だ。現在、りんくうタウン駅まではJRも南海も乗り入れており、そこからシャトルバスで空港島へ向かうようになっているが所要時間にはかなりの余裕をみる必要があるという。
石井啓一国土交通相は9月7日、関空の復旧計画を発表した中で「空港アクセス鉄道は4週間以内に復旧」と目標を述べたが、現状としてタンカーがぶつかった道路部分の橋桁は線路側へと張り出しており、一見して大きなダメージを受けたことは明らかだ。
さらにややこしい問題が一つ残されている。連絡橋はKAPでなく、国の資産となっており、改装作業の進捗についても「国にお任せ」というのが現状だ。関西経済をけん引する大きなムーブメントと言えるインバウンド客の維持に加え、大阪万博の誘致成功も目指すさなかにあって、関空の復活成功のカギを握る連絡橋の再開に向けての工事は「国としての最優先事項」として進められることになるのだろうか。
ムノント共同CEOは当面の交通アクセスについて、T1の暫定運用開始時に空港まで鉄道が使えないことを念頭に「シャトルバスとリムジンバスなど道路を使った輸送の最適化について検討したい」との考えを述べている。
伊丹と神戸への便数振り分けはあるのか?
関西圏には関空のほか、国内線専用の伊丹空港と神戸空港の計3空港が運用されている。現在、3空港が民営化されておりいずれもKAPの傘下となっている。「同じ会社が運営しているのなら、関空で飛べない分を他に振り分ければいいじゃないか?」という論議が盛んに行われており、これを受け、KAP側も関空の全面再開までの暫定措置という見地で「運航可能便数」について具体的な試算を行った。
その便数は、すでに各種メディアで報じられているように、「2空港で1日当たり70便(離発着それぞれを1便と数える)が可能」というもので、内訳は伊丹に40便、神戸に30便だとしている。KAPはこの試算について「国内・国際線や機体の大小(席数)を問わず、ざっくりとした目安」と説明。しかし、いずれの空港がある自治体も運用時間の延長に難色を示していること、さらに国際線の運航には税関、出入国管理、検疫(CIQ)といった空港内設備の改装も必要となり、「2空港への振り分け」を実行に移すまでのハードルは依然として高い。
これについてKAPのムノント共同CEOは「T1の再開状況のスピードを見極めながら進めたい」とした上で「就航地などの最適化に努める」と述べており、2空港への振り分けの是非については依然として慎重であることを伺わせる。ただ一方で、神戸空港を運航拠点(ハブ)とするスカイマークの佐山展生会長はかねて神戸の国際化に意欲を見せており、今回の関空便の振り分けを機に、一気に国際空港としての整備を行う可能性もあろう。
とりあえず9月14日ごろには、T1のいずれかの部分を使って部分的な再開にこぎ着けることを目下の目標としている。関空は近隣諸国のインバウンド需要が大きいとはいえ、国際空港である以上、やはり花形である欧米との長距離便が一日も早く飛んでほしい、というのが関係者の願いでもある。
しかし長距離便は、乗組員のやりくりや機内食の準備、貨物の装填など運用面において短距離便とは比べ物にならないほど広範な準備が必要となる。そんな事情から、ムノント共同CEOは「欧米便を関空へ再乗り入れさせるのは、やはり後回しになると考えざるを得ない」との現実的な見方を述べている。
ちなみに中長距離便の多くは現在、中部国際空港(セントレア)を代替発着地として飛んでいる。例えば、デルタ航空のホノルル便は、もともと関空発着だった旅客の予約をそっくりそのまま中部便に振り替えたし、関空とフランクフルトを結ぶルフトハンザは中部便の増便および機材の大型化を図って輸送力の確保に努めている。
ユニークなところでは、本来関空に発着するLCC・エアアジアXのホノルル便が現在、中部を拠点に飛んでおり、ややもすると「東海圏からのハワイ行きがふだんより安く行けるチャンス」という状況が生まれている。
外国語による情報発信に依然問題も
関空の発着便は以下のような流れで徐々に増えている。以下はKAPが発表した旅客便のリストを元にまとめたものだ。
・9月7日(再開初日)…全て国内線で出発7便、到着12便
・9月8日…国際線出発8便、到着6便。国内線出発16便、到着17便
・9月9日…国際線出発14便、到着14便。国内線出発21便、到着21便
・9月10日……国際線出発・到着各15便。国内線出発・到着各21便
・9月11−13日……国際線出発・到着各9便。国内線出発・到着各22便
このように、台風被害後3日間で最初のフライトを飛ばしたことは評価できるが、KAPは各種の情報発信は依然として不得手なようだ。
例えば、その日の就航予定が空港の案内ウェブサイトで告知されているが、トップバナーの表示からpdfフォーマットのお知らせをダウンロードするだけ、という仕組みだ。非常時なのでサイト運営者の手が普段のようにかけられないという事情があるにせよ、仮にも国際空港の顔となるサイトなのだから「もう少しなんとかならないのか」という気がしてならない。
さらに困ったことに、外国語による案内の中身は日本語ページの情報量と比べて著しく薄い。日本語版には関空をその日に出入りする予定の便とその時刻がエクセルのフォーマットですべて記載されている一方、外国語版はT2への乗り入れが想定される各社サイトへのURLが表記されているに過ぎない。
しかも韓国語版については、英語のものがそのまま貼り付けられている。「情報が欲しくて困っている旅客」が多いいまの状況でこそ、より具体的で細やかな情報発信が求められると考えるが、逆にスカスカな情報を公表するにとどまる現状を見ると、果たして「再開後にインバウンド客を盛り返す気が本当にあるのかな?」と疑いの目を向けずにはいられない。
想定外の大きな被害を受けた関空だが、関係者の努力で再開に向け着実に前へと進んでいることは間違いない。しばらくはインバウンド需要の収縮や関空行き旅客の他空港への振替による混乱は続くことはやむを得ないだろうが、改装や修理が手抜きや無理な突貫工事がないよう確実な形で進められることを望みたい。
筆者も、ヒースロー空港の空港職員らと「KIX行きの荷物をようやく流せるようになったね」とおしゃべりできる日が一日も早くやって来ることを期待している。


関空孤立も北海道停電も、前から「指摘されていた弱点」だった では、なぜ改善できなかったのか
町田 徹 経済ジャーナリスト
強い勢力を保ったまま近畿地方を直撃した台風21号と、北海道で観測史上最大の震度を記録した北海道胆振東部地震――。
先週、日本列島を相次いで襲った大型の自然災害は、多くの死傷者を出す一方で、西の空の玄関・関西国際空港と北のライフラインである北海道の電力ネットワークの脆弱性を浮き彫りにした。いずれも、平時の備えを怠っていた感は否めず、十分な安全マージンの確保が急務となっている。
本当の原因は…?
まず、関空の最新状況と被害が深刻になった原因を見てみよう。
台風21号の影響で、関空では先週火曜日(9月4日)午後、強風で流されたタンカーが激突して連絡橋が破損したのに続き、その1時間後には滑走路に茶色い濁流が流れ込んだ。すっかり冠水したA滑走路の水深は、40〜50センチ・メートルに達したという。そして、関空は午後3時に閉鎖され、約3000人の利用客が取り残される事態に陥った。
深刻な被災状況を受けて、安倍晋三首相は翌6日午前の「豪雨非常災害対策本部会議」で、「(関空の)国内線(の運航)を明日中に再開し、国際線も準備が整い次第再開する」と復旧を急ぐ考えを表明。7日には、被害の少なかったB滑走路を使い、日本航空と関空を拠点とするLCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションの2社が、なんとか19便の運航に漕ぎ着けた。さらに8日になると、全日本空輸も加わって国際線を含む合計47便を運航したという。
しかし、復旧はまだ緒に就いたばかりだ。平時には、貨物を含む1日の発着数が500回を超える関空の実情を考えると、再開分はいまだに1割に満たず、本格復旧には程遠い。
石井啓一国土交通大臣は7日の記者会見で、被害が大きかったA滑走路の暫定運用開始は9月中旬にずれ込むとの見通しを語り、近隣空港の代替利用も模索せざるを得ないと説明している。
これまでのところタンカーが連絡橋に激突した原因は不明だが、滑走路が冠水した原因は明らかだ。高潮・高波に伴う海水の侵入を阻む護岸対策が不足していたのだ。
住宅街に建設したことで発着時間を制限せざるを得なかった大阪国際空港(伊丹空港)の轍を踏むまいと、関空は計画段階から1日24時間いつでも離着陸ができる空港を目指し、騒音を理由に住民から訴訟を起こされないよう、陸地から5キロ近く離れた泉南沖の海上を建設候補地とした。
しかし、この場所は平均20メートルと海上島建設地としては水深が深いばかりか、海底の土壌も約18 メートルの粘土層など軟弱な土壌が堆積する場所だった。つまり、当初から空港の建設に不向きな立地とされていたのだ。
実際、今回冠水がひどかったA滑走路がある1期島は、今なお1年におよそ6センチ・メートルのペースで地盤の沈下が続いており、通算の沈下はおよそ3.4メートルに達したという。
もちろん、まったく護岸工事をやっていなかったわけではない。関空では、「50年に1度の高波にも耐えられる対策を打つ」ことを目指して、2004年から護岸を海面から約5メートルの高さまでかさ上げした。1961年の第2室戸台風の記録(最高潮位293センチ・メートル)を考慮した対策だったという。
しかし、今回はそれを上回る329センチ・メートルの潮位に見舞われて、滑走路や駐機場が冠水する事態に見舞われてしまったのである。
今後も地盤沈下は続くとみられるうえ、南海トラフ地震が起きれば大津波の襲来もあり得るのが関空だ。十分な安全マージンを確保する対策を講じるか、さもなければいっそ近隣空港に機能をシフトすることも視野に入れざるを得ない状況だ。
停電はまだまだ長引く可能性
もう一つ浮き彫りになったのは、北海道全域で停電が起き、その影響が長引きそうだという電力インフラの脆弱性だ。
北海道を先週木曜日(9月6日)午前3時過ぎに襲った北海道胆振東部地震は、南部の厚真町(あつまちょう)で観測史上最大の震度7を記録。震源近くにあった北海道電力最大の火力発電所「苫東厚真火力発電所」を運転停止に追い込んだ。被災時点で全供給力の4割前後を賄っていたとみられる大型火力発電所がダウンした結果、道内全域の電力の需給バランスが崩れた。
このため、道内の全発電所が運転を次々と停止し、北海道電力の管内全域が停電するブラックアウトが発生。一時、全道の295万戸すべてが停電する事態に陥った。
その後、北海道電力は復旧を急いだ。同社の発表によると、先週金曜日(9月7日)15時現在、自社の8ヵ所の火力発電所と47ヵ所の水力発電所などを稼働して合計で314万キロ・ワットを確保、155万6000戸の停電を解消したという。
同じく7日の夕刻に記者会見した世耕弘成経済産業大臣は、「あらゆる努力を積み重ねて、明日(8日)中には最大360万キロワット程度の供給力を確保して、これによって北海道全域のほぼ295万戸へ電力供給が再開できる見通しが立った」と力説した。被災前日のピーク時の380万kWに迫る供給力を回復できると言うのである。
しかし、これで万全とは決して言えない。
実際、世耕大臣自身も同じ記者会見の場で、週明けの需要の上振れや老朽化した火力発電所の脱落の可能性を示唆したうえで、「再度、大規模な停電が起こるリスクもある」ため、「1割程度の節電が必須」なほか、「計画停電など、あらゆる手段の準備を進めたい」と明かした。節電目標はその後20%に引き上げられた。
結局のところ、全道停電という異常事態から迅速に復旧したかに見えても、まだ安心できず、影響が長引く可能性があるのだ。
なぜこれほどまで長引くのか…
では、なぜ、これほど影響が長引くのだろうか。これまでに明らかになっているだけでも、大別して2つの問題がありそうだ。
第一は、1、2号機のボイラー損傷、4号機のタービン付近の火災と、続々と主力の苫東厚真火力が大きな被害を受けたことが明らかになる一方で、苫東厚真火力のバックアップ役を果たせる発電設備を北海道電力が保持していないことである。
仮に、そうした設備を保持していれば、これほど影響が長引くことを懸念する必要はなかっただろうし、そもそも苫東厚真火力がダウンした際にそうした設備を速やかに運転できていれば、あのブラックアウトも避けられた可能性がある。
第二は、本州と北海道を結ぶ送電網が「北海道・本州間連系設備」の1系統しかなく、その容量が60万kwと小さい問題だ。本州と四国を結ぶ送電網が3系統、容量にして430万kwあることと比べても、あまりにも不十分と言わざるを得ない。来年3月には、北海道と本州を結ぶ送電網が青函トンネルの空きスペースを利用する形でもう1系統新設されることになっているが、その容量も30万kwと小さく抜本的な改善策とは言い難い。
実は、東日本と西日本では電力の周波数が異なっており、2011年の東日本大震災で関東や東北が電力不足に陥った際に、西日本から十分な電力の融通を受けられなかった反省から、本州と北海道を結ぶ送電網の整備も含めて、電力の広域融通体制の整備の必要性が幅広く指摘されてきた。
それにもかかわらず、この程度の対策しか講じていないのはあまりにも不十分。あの震災の教訓を生かしていないと批判されても仕方がないだろう。
関係者の中には、北海道電力が保持する泊原発が稼働していれば、こうした問題を避けられたという主張もあるかもしれない。が、泊原発は何年も運転を停止したままで、運転再開のめどはたっていないのだから、バックアップの発電設備や電力融通のパイプの強化は不可欠だったはずである。
電力融通のための送電網拡充については、かつては地域独占体制が否定されかねないとの懸念から、現在は下手に容量を拡大すると電力自由化が加速しかねないとの懸念から、関係電力会社の間には陰に日向に反対を続けるムードが強いと聞く。
経済産業省・資源エネルギー庁がそうした業界のエゴを黙認してきた問題も含めて、平時の備えを怠ってきたことが北海道の電力供給の危機対応力不足の根底にある。
不十分な安全マージンしか確保していなかった関空の護岸対策も含めて、平時の対応が問われている。