ブログネタ
フランス語 に参加中!
仙台・虎屋横丁180806

Dix mots que l'on doit aux Japonais
≪Soja≫, ≪origami≫, ≪karaoké≫... Les locuteurs du pays du Soleil levant nous ont transmis un bel éventail de mots japonais. Les connaissez-vous ?
C'est un bonhomme jaune qui a séduit la planète. Un visage souriant, triste ou mécontent qui a bouleversé le monde numérique et ses modes de communication. En presque vingt années, l'emoji s'est imposé dans toutes les conversations. Allant même jusqu'à investir la publicité et le grand écran. Une révolution linguistique et artistique tout droit venue du Japon. Le mot est issu des termes: e, ≪dessin≫ et moji, ≪lettre≫, note Le Petit Robert. L'origine est étonnante mais elle n'est pas unique en son genre.
Anglais, russe, arabe, italien, espagnol, allemand, chinois.... La langue française abrite une constellation de langages. Une myriade de petits mots qui se disent et s'écrivent au quotidien. C'est le cas par exemple de ≪cravate≫ venu de Croatie, des ≪nouilles≫, cuisinées en Allemagne ou encore du ≪café≫, né de la langue arabe. Le japonais ne fait pas exception. Le pays du Soleil levant nous a en effet transmis une centaine de termes. Des plus courants ≪kawaï≫ ou ≪kawaii≫ (mignon) aux plus surprenants, comme le ≪mikado≫ (souverain), désignant un ≪empereur du Japon, autrefois chef spirituel du shintoïsme≫ au XIXe siècle. Tour d'horizon.
Suivez les conseils d’un expert pour acheter du vin à des prix raisonnables qui gagnera en valeur au fil des années !
Je découvre
● L'art culinaire
En 2011, la France comptait 1.580 établissements proposant des sushis. Sept ans plus tard, les restaurants sont sur le déclin, indique Bernard Boutboul, directeur du cabinet spécialisé Gira Conseil. Mais l'intérêt pour ses mets, lui n'a pas changé. A fortiori parce que ≪les Japonais favorisent une alimentation naturellement hypocalorique, dépourvue de sucre, de fromages, de fritures et de confiseries≫, explique la médecin nutritionniste Sophie Ortega dans son livre Secrets santé et minceur du Japon (Leduc.s).
Les Japonais sont à l'origine du ≪miso≫, une préparation à base de pâte de soja fermenté; des ≪makis≫, abréviation de maki zushi ≪sushi en rouleaux≫; des ≪teriyaki≫ de teri ≪laqué≫ et de yaki ≪grillé≫; du saké, né sous la forme ≪saqué≫ en France au XVIIe siècle ou bien encore, des ≪sushis≫, ≪sashimi≫, ≪gyoza≫ tous trois nés dans la deuxième moitié du XXe siècle dans les dictionnaires. Les ≪ramen≫ et les ≪mochi≫, quoique très courants, restent pour leur part inconnus du Petit Robert. Idem pour Le Petit Larousse.
Il y a plus étonnant toutefois que ces grands absents. Les mots ≪soja≫, ≪kaki≫ et ≪tofu≫ sont en effet tous trois nés en français par l'intermédiaire de la langue japonaise. Le ≪soja≫, explique Le Trésor de la langue française, viendrait probablement du néerlandais soja, au japonais shōyu ≪sauce de soja≫ et celui-ci au chinois (en cantonais tséung-yau, en mandarin chiang-yu, littéralement ≪huile de soja≫, de chiang ≪soja≫ et yu ≪huile≫). Attesté au XVIIIe siècle, le mot se prononce ≪sogea≫ en France et ≪soya≫ au Canada.
À noter que l'expression ≪tchin-tchin≫ n'est pas japonaise, mais chinoise. La formule, prononcée ≪qing qing≫, est utilisée pour inviter quelqu'un à boire. Elle proviendrait de ≪tsing tsing≫ qui signifie ≪salut≫ en pidgin de la région de Canton, en Chine. Il est préférable de ne pas l'utiliser au Japon d'ailleurs. ≪Tchin-tchin≫ y signifie ≪pénis≫... Utilisez plutôt son équivalent ≪Kampaï≫.
● L'art martial
Sojutsu, Ninjutsu, Naginatajutsu, Hojōjutsu, Battōjutsu, Battōjutsu... Les tatamis français se sont japonisés en quelques décennies. Et bien que certains mots issus du pays du Soleil levant restent encore inconnus des dictionnaires, on note pléthore de sports. Pensons au ≪sumo≫, attesté en 1863 sous la forme ≪soumo≫ (lutte); au ≪jujitsu≫, (1903) d'abord écrit jujëtsu, c'est-à-dire ≪art de la souplesse≫; au ≪judo≫ (1931) qui veut dire ≪principe de la souplesse≫; au ≪karaté ≫ (1956); à ≪l'aïkido≫ (1961) qui signifie ≪la voie de la paix≫; au ≪kendo≫ (1970) qui a pour sens ≪voie du sabre≫.
À noter que le ≪kung-fu≫, le ≪taï-chi-chuan≫ ne sont pas japonais, mais chinois. Le ≪kung-fu≫, sport proche du karaté, est attesté depuis 1970 dans les dictionnaires français. Le ≪taï-chi≫, gymnastique et série de mouvements lents, date quant à lui de 1978. Précisons enfin que le ≪ping-pong≫ ne vient pas de nos voisins asiatiques, mais des Anglais. Le mot est né de deux onomatopées et remonte à l'année 1901.
● L'art, du papier à la musique
Haruki Murakami en littérature, Hayao Miyazaki au cinéma, Yayoi Kusama en art, Akira Toriyama, Eiichiro Oda, Masashi Kishimoto en manga... Les artistes japonais font intimement partie du paysage culturel mondial. Une place de choix qui tend à s'étendre chaque année en France. La Japan expo (grand-messe du manga, des jeux video et des animés japonais), les festivals, les expositions, les longs-métrages... sont autant de signes de la vitalité des créateurs issus du pays du Soleil levant. Le français d'ailleurs, a adopté nombre de leurs mots.
Notons en littérature le terme ≪haïku≫. Né en 1922, le mot caractérise un poème classique de dix-sept syllabes réparties en trois vers. Exemple: ≪Mes larmes grésillent / En éteignant / Les braises≫, (Matsuo Bashõ). Le mot ≪origami≫ est également issu du japonais. Attesté en 1954, origami est formé de ori ≪plier≫ et de kami ≪papier≫. Il désigne l'art traditionnel du papier plié, note Le Petit Robert. Précisons également que si les mots ≪shôjo≫, ≪shônen≫, ≪seinen≫ (les trois grands genres du manga, ≪image dérisoire≫) ne font encore partie des pages des thésaurus, ils ont largement intégré les parlers des amoureux de la bande dessinée japonaise.
Notons en musique le mot ≪karaoké ≫. Attesté en 1985, le terme vient de kara ≪vide≫ et de oke ≪orchestration≫. Le mot ≪geisha≫, qui peut qualifier une femme jouant le rôle d'hôtesse dans une maison de thé, caractérise également au Japon une chanteuse, une danseuse et une musicienne, souvent d'éducation raffinée, indique Le Trésor de la langue française. D'abord écrit ≪guécha≫ en 1887, le mot a rapidement évolué pour donner l'orthographe ≪geisha≫ que l'on connaît encore aujourd'hui.
A noter que Le Petit Robert donne une définition moins enjolivée que celle du Trésor de la langue française. Selon le dictionnaire, la geisha peut aussi désigner une femme ≪qui divertit les hommes par sa conversation, sa musique et sa danse≫. Un sens qui ne trompe pas toutefois Le Trésor de la langue française. Dans sa colonne ≪synonyme≫, le thésaurus propose un seul mot: ≪prostituée≫.
フランス語
フランス語の勉強?
明日へ つなげよう「北の鉄人 7年の夢〜釜石の復興にかけたラガーマン〜」
来年、日本で開催されるラグビーワールドカップ。12会場の1つに選ばれたのが、津波被災地の岩手県釜石だ。7月、復興スタジアムが完成。こけら落としの8月、かつて“北の鉄人”と呼ばれ、7年連続日本一を成し遂げた新日鐵釜石ラグビー部のOBが記念の試合に臨んだ。震災直後からW杯釜石誘致を掲げて奔走してきたV7戦士の石山次郎。複雑な住民感情、仲間との葛藤、復興にかけた情熱。釜石のラガーマンたち、7年の物語。 高橋克典
テレメンタリー 「カナリアたちの叫び」
北海道倶知安町で人気のスイーツの店。菓子職人の藤井隆良さんは、店先から流れてくるにおいで体調を崩す。化学物質過敏症と診断された。日本では6万7000種類以上の化学物質が使われているという。化学物質は「香料」の成分にもなっているが、香料による害は今「香害」と呼ばれている。しかし、香料が原因なのか、厚生労働省などでは「発症メカニズムは分かっていない」としている。化学物質過敏症をめぐる問題を伝える。 五十嵐いおり 北海道テレビ放送
バリバラ「相次ぐ大規模災害 障害者は…」
地震、台風、豪雨、この夏相次いだ大規模災害で多くの障害者も被災した。北海道地震で起きた停電、人工呼吸器など命に関わるものが使えなくなった時にどうやって助けを求める?「避難行動要支援者名簿」のあり方を考える。西日本豪雨の被災地、岡山県倉敷市真備町では精神障害のある人たちが通う作業所が地域の復興に向けて立ち上がった。今後災害が起きたとき、障害者が生きのびるために何が大切かを改めて考える. ジミー大西, 山本シュウ,大西瞳, 玉木幸則, 岡本真希, 神戸浩,ベビー・バギー
NHKスペシャル マネー・ワールド〜資本主義の未来〜第2集▽仕事がなくなる!?
爆笑問題と共にお届けする、経済エンターテインメント。第2回は、AIやロボットが私たちの懐に与える衝撃。人間の仕事をAIやロボットが担うようになり、私たちは富を生み出せなくなるという時代が目前に迫っている。AIロボットが幅を利かせる近い未来、私たち人間はどのようにして生きていけばよいのか、知恵を振り絞って考える。ゲストは、ソフトバンクグループ社長の孫正義さんと、国立情報学研究所教授の新井紀子さん。 爆笑問題(太田光・田中裕二), 孫正義,国立情報学研究所教授…新井紀子, 守本奈実
ヤン ヨンヒ @yangyonghi
日本語が発展途上中の外国人と、彼らに失礼な態度をとる人を見るたびNY生活時の自分を思い出す。英語の先生が「英語力であなたの知性や人間性を判断したりしないから。発音や文法なんて気にせず安心して自分の考えを話しなさい。NYは言葉を待ってくれる街よ」と言ってくれた時は本当に救われた。
菅野完事務所 @officeSugano
つーかね、教育勅語の内容とか歴史的経緯とかの遥か以前の話として、「両院の圧倒的多数で廃止が決議された法律が、復活決議もされることなく、現場運用が開始される」って、めちゃくちゃ恐ろしいでしょう。
異邦人 @Beriozka1917
安倍首相は、毎月1億円もの税金を使途不明で湯水のように使っていながら、国が放置した社会的矛盾の結果としての子ども食堂にはポエムを送るだけ。大学への公財政支出を減らしておきながら、ノーベル賞科学者には祝電を入れるだけ。何でも安上がりに済ませるばかりで、とても一国の首相とは思えない。
立川談四楼 @Dgoutokuji
「基礎研究は無駄だが、無駄の中に大きなものが。基礎研究を長期にサポートして、若い人が人生をかけてよかったと思えるような国になることが重要」とノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏。このフレーズを受賞者の口から毎回聞く。安倍さんは祝福の電話はするが、予算を増やすとは決して言わない。
Nobuyo Yagi 八木啓代 @nobuyoyagi
ノーベル平和賞、2年連続で安倍政権は必死でシカト


クリーニングに出していたパンツ2本.かけつぎのお店を聞いたけどよくわかりませんでした.天一の向かいっていうけど・・・
別のスキャナ装置で頑張りました.
早くリンゴを魅せて,というメール.うーんんん.

インドネシアに心寄せ 地震・津波震災時の恩返しを 気仙沼で募金など支援広がる
 インドネシア・スラウェシ島の地震と津波を巡り、東日本大震災の支援を機に同国とのつながりが深まった宮城県気仙沼市で、支援の動きが広がっている。同国の寄付金を使い再建した気仙沼図書館は激励の寄せ書きやメッセージカードを受け付け、市内各地に募金箱が設けられた。

 漁業や水産業でインドネシア人が働いていた縁で、震災直後の2011年6月にユドヨノ前大統領が気仙沼市を訪問。同市は20年東京五輪・パラリンピックに向けたインドネシアの「復興『ありがとう』ホストタウン」となった。
 気仙沼図書館は震災で被災。同政府の寄付金1億6000万円を活用し今年3月に再建した経緯がある。
 同市気仙沼小の5、6年生9人が5日、気仙沼図書館を訪問。縦1メートル、横1メートルの布に「これまで応援ありがとう。今度は私たちが応援します」「つらい現実に負けずに頑張って!」などのメッセージを書いた。
 気仙沼小には支援の一環で、ジャカルタ市民から千羽鶴や楽器などが贈られた。津波で自宅が被災した5年の吉田麻尋さん(11)は「みんなつらい思いをしているはず。早く笑顔を取り戻してほしい」と願った。
 児童らは手作りの募金箱2個を図書館に置いた。6年の熊谷錬君(11)は「復興に向けて頑張ってほしい」とエールを送る。市は5日、市役所や大島出張所、市立病院など8カ所に募金箱を設置した。
 ホストタウンの協議で12日にインドネシア入りする菅原茂市長が寄せ書きなどを関係者に渡す予定。熊谷英樹館長(64)は「震災時、世界中からの支援に市民は励まされた。今度はわれわれが応援する番だ」と語った。


インドネシア地震死者1763人 スラウェシ島、5千人不明情報も
 【ジャカルタ共同】インドネシア国家災害対策庁は7日、スラウェシ島を襲った地震と津波で、死者が114人増え1763人になったと発表した。液状化現象の被災地などで計約5千人が行方不明との未確認情報があることも明らかにしたが、避難した住民らも含まれているとみられ、正確な行方不明者数の把握を進めている。
 対策庁によると、7日時点で確認できている行方不明者は265人。
 中スラウェシ州パル郊外のプトボ地区やバラロア地区では、液状化現象などで多数の家屋などが土砂に埋まった。地元からの情報では、両地区を合わせて約5千人の行方が分からないという。


インドネシア地震 「泥が津波のように、村が消えた」
スラウェシ島、液状化現象による地滑りが発生
 【シギ県(スラウェシ島中部)小泉大士】「大量の泥が津波のように押し寄せ、村が消えた」。インドネシア・スラウェシ島で9月28日に発生した大地震で、液状化現象による地滑りが発生したとみられるシギ県ジョノオゲ村。幹線道路沿いにあったはずの民家や教会、モスク(イスラム礼拝所)、食堂などが数キロ先まで流され、想像をはるかに超える惨状を呈していた。7日現在の死者数は1763人だが、犠牲者がさらに増えるのは確実だ。
 無数の陥没や地割れができた道路は、小さな橋を渡ると突然消えていた。目の前に広がるのはトウモロコシ畑。のどかな農村風景に見えるが、村で家畜を飼っていたマデ・ウィダナさん(52)は「このトウモロコシ畑はあそこから流されてきた」とはるか遠くの丘のふもとを指さした。
 ウィダナさんによると、地震発生時、激しい横揺れに続いて「地面が割れ、大量の泥や水が噴き出した」。住宅街は跡形もなく、大量の泥や水に覆われた。点在するココナツの木も流されてきたという。
 津波にさらわれたような惨状だが、住民らは「津波じゃない。ここは沿岸から遠い内陸。村は泥の波にのみこまれた」と繰り返した。
 幹線道路脇にあった教会では当時、高校生ら約200人が泊まりがけで聖書を学ぶキャンプに参加していた。90人が助かったが、残りは行方不明だ。生存者の父親(51)によれば、地中から噴き出した泥は「高さ約10メートルはある教会の屋根まで達した」。
 教会の屋根部分は、元の場所から約2・5キロも流されていた。壁が大破し、周囲にはクリスマスの飾りなどが散乱していた。長女メルシーさん(17)が行方不明のジョニ・タトゥンダさん(48)は「娘の着替えが入ったバッグが見つかった。どこかにいるはずだ」と疲れ切った表情で語った。家族ら12人で震災の翌日から捜しているという。
 ジョノオゲ村から約3キロ離れたランガレソ村でもトラックが泥に埋まっていた。農家のイクラムさん(56)は「暗闇の中、『助けて』という声がする方向にロープを投げた」。父親に抱かれた赤ん坊を含む約30人を救出したが、これまでに20人が遺体で見つかった。
 液状化とみられる被害はパル市郊外のペトボ地区(1747棟)でも発生。水田の先は崩れて地表がむき出しになり、最大7メートルの高低差ができていた。民家は津波に襲われたように土台から流され、約740棟が泥にのまれたという。あまりの惨状に手が付けられないのか、重機による捜索作業も行われていなかった。
 住民のイルワンさん(27)は「1000人近くが埋まっているはず。一夜にして集団墓地になってしまった」と肩を落とした。


女川原発1号機/廃炉検討は当然の選択だ
 東日本大震災で停止している女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)について、東北電力が廃炉を検討すると表明した。廃炉となれば、東北電としては初めてとなる。
 1号機の状況を考えれば、当然の選択とも言える。最終的な判断はこれからというが、1号機の「余命」からみて、再稼働に踏み切るのは現実的ではないだろう。
 1号機は1984年6月に営業運転を始め、既に34年が過ぎている。東北電の原発4基の中では最も古く、国内で稼働する39基のうち8番目の古さだ。
 東京電力福島第1原発事故を受けて、原子力規制委員会が定めた新規制基準では、原発の運転期間は原則40年。規制委が認めれば1度だけ最長20年間延長できる。ただ、基準を満たすには、巨額の安全対策費が必要で、ハードルは高い。延長には特別点検もクリアしなければならず、追加投資は避けられない。
 規制委による再稼働審査が進む女川2号機は2013年12月の審査申請から5年近くがたち、想定以上に長期化している。再稼働は20年度以降となる見込みだ。
 東北電は2号機に続き3号機の再稼働に向けても審査申請の準備を進めている。その後に1号機の再稼働を目指したとしても、残された稼働時間は極めて短いと予想される。東北電は1号機が稼働できる期間とコストをはかりに掛け、廃炉検討に入ったとみられる。
 1号機は震災で被災している。タービン建屋地下1階では、高圧電源盤から火災が発生。原子炉建屋の天井クレーンが損傷するなど、経年劣化の問題が浮上していた。出力は52万4000キロワットで、女川原発3基のうち2号機、3号機(ともに82万5000キロワット)より小さく、電力供給面での影響は限られる。
 そうした状況を勘案すれば、廃炉は既定路線だったようにも思える。
 ではなぜ、最終判断を前に廃炉の検討を明らかにしたのか。「2号機再稼働への理解を促す思惑があるのでは」という臆測が出ている。
 2号機再稼働を巡っては、その是非を問う住民投票条例制定を目指す仙台市の市民団体が、県条例制定の直接請求に必要な署名集めを展開している。
 再稼働の地元同意を得る手続きでは現在、立地する女川町と石巻市だけが事前了解の対象だ。だが、再稼働審査に合格した東海第2原発(茨城県東海村)では、周辺自治体の了解も必要となった。東北電と宮城県は女川原発再稼働について、県民の声に耳を傾け、周辺市町の同意も得るよう力を注ぐべきだ。
 仮に1号機廃炉となれば、長い時間と膨大な費用を要する。その負担は住民にも跳ね返ってくるだけに、幅広い理解が得られるよう丁寧な説明が欠かせない。


<山形大の迷走>検証・学内ハラスメント(中)打算 最先端研究 守りたい
<センター長擁護>
 「蓄電分野は山形大の有望株。大学はセンター長に気を使っている」
 山形大xEV飯豊研究センター(山形県飯豊町)のパワハラ問題で7月、加害側となったセンター長に対する約1万円の減給処分が発表されると、学生や保護者の間で冷ややかな受け止めが広がった。「重い処分で出て行かれたら困るのだろう」
 センター長は、民間企業でリチウムイオン電池の主要部材となる電解液に添加剤を混ぜて性能を高める「機能性電解液」の事業化に成功した。その実績が評価され、2011年に山形大に招かれた経緯がある。
 大学は09年、外部から優れた人材と研究開発資金を積極的に獲得する姿勢を明確に打ち出した。基礎研究から事業化までの一体的な推進が目標だ。国内最先端のリチウムイオン電池研究開発拠点となる飯豊研究センターは、その柱の一つに位置付けられた。
 大学は飯豊町内で50年以上操業していた照明器具工場が13年に撤退したのを受け、跡地へのセンター建設を町に提案。町は15年度からセンターを核に蓄電関連企業の集積で地域活性化を目指す「飯豊電池バレー構想」を推進している。
 町が施設に寄せる期待は大きかった。町の広報誌(16年1月号)は、センター長と後藤幸平町長の「新春対談」を特集。「町人口の1%を博士にしたい」。センター長は壮大な夢を語っていた。
 研究センターの建設費15億円は山形大が8億円、町が7億円をそれぞれ負担した。大手メーカーをはじめ既に約50社が共同研究に加わっている。
 電気化学分野の研究者は「飯豊研究センターは、その成り立ちからセンター長ありきの施設」と指摘。「パワハラ行為があっても大学は擁護せざるを得なかったのだろう」と解説する。
<組合の告発無視>
 センターでは、パワハラ被害を訴えた職員3人が相次いで退職している。事態を重く見た同大職員組合は昨年5月以降、センター長の行為を把握しているかどうかを問う小山清人学長宛ての質問書を2度提出している。
 質問書は当事者からの相談を基に「パワハラが常態化していたことは疑いの余地がない」と強調したが、大学の反応は冷淡だった。「ハラスメントについては大学の懲戒規程に基づき適正に対応している。個別の案件については(パワハラの)存否を含め回答しかねる」。足元からの告発は事実上、無視され続けた。
 最終的に大学が学内調査に乗り出したのは昨年11月。組合が職員への暴言を記した書き置きや張り紙の画像を証拠として公表し、社会的な批判が強まった後のことだった。
[山形大xEV飯豊研究センター]山形大と山形県飯豊町が2016年1月に整備した。「xEV」は電動輸送機器の総称。同7月には、研究成果を一部事業化する大学発ベンチャー企業「飯豊電池研究所」がセンター内に発足。センター長が全額出資し、社長には山形銀行山形成長戦略推進室の長谷川貴一氏が就いた。


<戊辰戦争150年>全殉難者安らかに 仙台で節目の慰霊祭
 戊辰戦争で戦死した仙台藩士ら全ての犠牲者を弔う「戊辰の役百五十年全殉難者慰霊祭」が6日、仙台市青葉区の瑞鳳殿敷地内にある弔魂碑の前で行われた。仙台藩志会を中心とする実行委員会の主催。藩志会の会員や戦死者の子孫、一般参加者ら約100人が参列し、しの笛の演奏が流れる中、碑の前に献花して冥福を祈った。
 慰霊祭は2016年以降、明治新政府側の戦死者や民間の犠牲者も含め全ての殉難者を対象としている。仙台藩と敵対した薩摩藩士の子孫も出席した。
 伊達家18代当主で藩志会総裁の伊達泰宗さん(59)は「(新政府と戦った)奥羽越列藩同盟は本来は平和のための非戦同盟だった。理想の国づくりを目指し、志半ばで倒れた多くの殉難者に哀悼の念をささげる」と祭文を読み上げた。
 実行委員長で、高祖父が白河で戦死した岩渕仁さん(73)は「仙台藩は戦争回避へ向け和平を何度も嘆願したが、かなわなかった。最悪の人災である戦争を二度と繰り返してはならない」と式辞を述べた。
 戊辰戦争で仙台藩は、新政府に朝敵とされた会津藩と庄内藩を擁護し、列藩同盟の中心的な役割を担った。東北各地の戦場に派兵したが旧暦9月15日(10月30日)に降伏した。弔魂碑は1877(明治10)年建立で、戦死した藩士1260人らをまつる。


<奥羽の義 戊辰150年>(22)手薄突き新政府軍 一気に
◎第4部 会津戦争/母成峠の戦い
 1868(慶応4)年旧暦8月21日。新政府軍は会津若松を目指し、郡山市と福島県猪苗代町にまたがる母成(ぼなり)峠(972メートル)を急襲した。
 二本松城を落とした新政府軍が次に標的としたのは仙台や米沢ではなく「本丸」の会津だった。新政府の諸藩は南国が多く、冬の到来前に決着を急いだと言われる。会津藩は主要な街道の守備を固めていたが、難路の母成峠は手薄で虚を突かれた。
 新政府軍は板垣退助(土佐藩)、伊地知正治(薩摩藩)率いる兵3000。会津藩側は旧幕臣大鳥圭介の伝習隊を主力に仙台、二本松両藩の援軍や山口次郎(旧名斎藤一)、土方歳三ら新選組の計800だった。
 戦いは午前9時ごろ、濃霧の中、砲撃戦で始まった。当初は高所に陣取った会津藩側が有利だった。しかし地元の猟師を道案内にした新政府軍に背後を突かれると混乱に陥り、猪苗代方面に敗走した。
 新政府軍のルートは、かつて伊達政宗が会津の葦名氏を破った際に通った「伊達路」と呼ばれる道だった。猪苗代地方史研究会の江花俊和会長(75)は「母成峠進攻を提案した伊地知の頭には当然、政宗の成功例があったはずだ」とみる。
 峠には今も会津藩が築いた防塁や砲台の跡が残る。同研究会は熱海史談会(郡山市)と共に「戊辰戦争150年会津藩母成峠陣跡保存協議会」を設立、遺構の管理に努める。1978年には110年間所在不明だった戦死者の埋葬地も発見した。「母成峠は新政府、会津藩双方にとって重要な一戦。会津藩の悲劇の始まりでもある」と江花さんは言う。
 峠を突破した新政府軍は猪苗代湖の北側を休まず進攻、翌22日午後4時ごろ、川村純義(薩摩藩)の隊が湖の北西、日橋(にっぱし)川に架かる十六橋(会津若松市、猪苗代町)に到達した。
 会津兵は足止めしようと石組みの橋を壊す作業中だったが、集中砲火を浴びて退却せざるを得なかった。会津若松に至る要路の橋を占拠されたことで、戦火は予想外の速さで鶴ケ城下に迫ることになる。(文・酒井原雄平)
[母成峠]東南側が険しい谷、北西側がなだらかな傾斜となっている。頂上周辺に古戦場碑や東軍(会津藩側)殉難者慰霊碑が立つ。会津藩が築いた防塁は南北に全長384メートル。このうち北側部分は上杉景勝時代の1600年に築かれた遺構を再利用している。
 十六橋 平安時代初期に弘法大師が村人の不便解消のため16の塚を作って橋を渡したのが始まりとされる。1880(明治13)年、猪苗代湖から取水して郡山方面に供給する安積疎水事業で十六橋水門が作られ、現在も湖の水位調整に使われている。


<北海道地震>土砂災害22カ所が警戒区域未指定 うち3カ所で7人犠牲
 震度7の地震を観測し、住民36人が土砂崩れによって死亡した北海道厚真町で、住宅近くの「土砂災害危険箇所」の43カ所で土砂崩れが起き、うち22カ所は土砂災害防止法で避難計画策定などを義務付けられる「土砂災害警戒区域」に未指定だったことが7日、道関係者への取材で分かった。少なくともうち3カ所で計7人が犠牲になっていたことも共同通信の調査で判明した。
 東京農工大の石川芳治名誉教授(砂防学)は「地震を想定に入れることは困難だが、災害の場所は大雨と地震で重なる部分が多い。指定が進んでいれば、対策を取るなどして被害が軽減された可能性はある」と指摘している。


北海道地震 札幌の86歳男性、被災6市町に9億円寄付
 9月6日の地震で被災した自治体の復興に役立ててもらおうと、札幌市豊平区の男性が6日、札幌市や北海道厚真町、安平町など6市町に総額9億円を寄付した。
 男性は以前不動産業などに携わっていた札幌市在住の小竹正剛さん(86)。札幌市に5億円を、残る4億円は建物などの被害の状況に合わせて北広島市、厚真町、安平町、日高町、むかわ町に配分し、被災者支援に充てられるという。
 札幌市中央区の市民交流プラザで感謝状の贈呈式があり、小竹さんは「お金は使って初めて価値が出る。被災した方が一日も早く元の生活に戻れるように使っていただきたい」と話した。市によると、小竹さんはこれまでも市に計12億円を寄付しており奨学基金などに使われている。【野原寛史】


コープ、北電に賠償請求へ 停電で9億6000万円損害
「電源集中でリスク高く」
 コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。
 コープは全道に展開する108店舗や物流センター、加工工場で、地震後に停電し、冷蔵・冷凍庫が使用できなくなった。損害は店舗分だけで約9億円に上るという。
 北海道新聞の取材に対し、大見英明理事長は「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」として、北電への賠償請求が必要だと判断した。地震により損傷した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町)への電源の偏りを念頭に、「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」と主張。損害賠償の請求を通じて、電源の分散化を求めるなど電力供給のあり方についても、問題提起したい考えだ。
北電経営陣の責任問題にも
 コープ以外でも、停電で深刻な打撃を受けた企業や団体の中には、北電の責任を追及する動きがある。一部の農協では、生乳廃棄などの被害に対し賠償を求める声が上がっているほか、道内に工場を持つ食品関連メーカーも損害額の算定を急いでいる。
 ブラックアウトについては、技術的経緯の検証が進んでいるが、コープさっぽろが損害賠償の請求に動くことで、北電の経営陣の責任問題も浮上しそうだ。


東京五輪経費 一体いくらかかるのか
 2020年東京五輪・パラリンピックの開催にかかる費用の膨張が止まらない。
 会計検査院の検査結果で、国の支出額が約8011億円に上り、大会組織委員会が公表していた約1500億円を大きく上回っていることが分かった。
 組織委が昨年末、大会経費の総額を1兆3500億円と発表し、その後、東京都が関連経費約8100億円を追加した。これに検査院の指摘分を加えると約2兆8千億円。3兆円規模である。
 1年たたぬうちに、倍以上に膨らんだことになる。招致段階の7340億円に比べれば4倍だ。
 目指していたはずの「コンパクト五輪」とはほど遠い。
 経費の試算額は、早くから複数の数字が取りざたされてきた。開催に必要な施策はどんなもので、いくらかかるのか。正確な全体像が国民には分からない。
 組織委と国、都は経費をあらめて精査し、国民に実態を隠さず説明を尽くすべきだ。
 検査院は、昨年国会に提出された「大会の準備や運営推進に関する取り組み状況の報告」にある70施策を基に、直近の5年間に国が支出した経費を算出した。
 この中には、大会運営にかかわるセキュリティー対策などが含まれている一方で、天然痘ワクチンの備蓄といった関連が薄いとみられる事業もあった。
 五輪を予算獲得の名目に利用していないか。各省庁は事業の中身をいま一度吟味し、透明性を高めなければならない。
 組織委は、国や都が行う道路整備や既存施設の改修などは、五輪に合わせて実施するものであっても「行政サービス」として直接の大会経費に算入していない。線引きが極めて曖昧だ。
 都が追加した関連経費も、大会経費とは別と解釈しているようだが、国民にとって五輪にかかる金であることに変わりはない。
 過去の大会も経費が膨らみ、開催都市の財政を圧迫し、招致都市が減っている。このため、国際オリンピック委員会にとってもコスト削減が最重要課題だ。
 東京大会も巨額な予算への批判を避けるため、直接経費と関連経費を切り分けて節約をアピールする思惑がにじむ。
 だが、恣意(しい)的な線引きを続ければ、経費の増大に歯止めがかからなくなる恐れがある。
 このままでは、国民の不信は募るばかりだ。納得できる詳細な負担額を示す必要がある。


週のはじめに考える 未来を拓く答えがある
 高齢者の自立した生活をどう支えていくのか。注目されている大分県での介護支援の取り組みを通して、知恵と工夫の大切さを考えてみました。
 高齢者がなるべく介護保険サービスを使わずに、元気で暮らし続ける。そのために介護事業者や自治体、住民が一体となってその実現を目指す。大分県での取り組みはまさにそうです。
 大分市のデイサービスセンター「楽(らく)」はバリアー(障害)ばかり。段差があるし階段は急で室内には手すりもありません。歩くことを促しています。
 主に要介護度の軽い人が利用するデイサービスの多くは昼食や入浴などを提供し、利用者はレクリエーションを楽しみます。
◆リハビリに励む施設
 でも「楽」は違いました。踏み台昇降器などが並び利用者はリハビリに励んでいます=写真。利用者は「畑に行きたい」「買い物をしたい」などの思いを目標にしています。杖(つえ)をつきふらついていた人が数カ月のリハビリ後、すたすたと歩きだします。介護の必要度の軽い利用者でみると九割が改善したといいます。
 運営する事業者「ライフリー」の佐藤孝臣さんは、体を動かす機能を作業を通して改善させる作業療法士です。かつて勤務した病院で退院後に状態が悪くなりまた入院してくる人の存在が気になりました。体を動かす機会が減り足腰が弱ることに気付きました。
 高齢者の負担を減らす「お世話型介護」では状態を悪化させてしまいがちです。そこで佐藤さんはこの施設の運営を始めました。
 体を動かすことを求められるリハビリに抵抗を感じ利用初日でやめてしまう人はいます。一方で、元気になった“卒業生”を見て来る人もいるようです。
 自治体も支えます。介護保険サービスの利用はケアマネジャーがその人に合ったケアプランを作るところから始まります。プランは効果的に自立を支えるものにする必要があります。
 その点検は介護保険を運営する市町村の役目です。大分県の市町村はケアプランを個別に点検する関係者の会議を開いています。
 特徴は管理栄養士や歯科衛生士、作業療法士など多職種が参加すること。さまざまな専門家の目で利用者の状態を把握し一緒に考えます。できたプランは利用者を支えることになります。
 自立支援の強化に最初に動いたのは県でした。高齢化で介護費が増加、六年前に保険料をそれまでより約三割引き上げる必要に迫られました。初めて県平均で月五千円を超え、「衝撃が走った」と県福祉保健部の長谷尾雅通部長は明かします。県が専門職の団体に働き掛け市町村につなげました。
 財政課題はどの市町村も同じだからこそ危機感の共有が大切、都道府県の役割も小さくありません。財政難を嘆くのではなく、どう介護保険と高齢者の自立を支えるか、自治体はよく考えてほしい。
◆「元気の循環」がある
 自立支援はまだあります。
 例えば、人口約二万八千人の国東市は体操教室や住民の食事会、畑作業の手伝いなど助け合いの場をつくっています。運営は住民たち。リハビリで元気になった高齢者が出番を得て元気を保てます。
 「楽」の職員には“卒業生”もいます。自立できれば介護の支え手にもなれます。
 自治体が高齢者を元気にするプランを考え、事業者が実践し、住民が支えています。もし、ひとつでも滞ると元気が失われます。元気は循環するのです。
 その効果でしょう。要介護認定を受ける高齢者の率は、二〇一一年度末に県平均20・1%でしたが、一六年度末以降18%と全国平均の18・4%を下回りました。
 もちろん重度の人や疾患を抱える人は介護が必要です。費用の抑制が目的でもありません。
 「自立の押しつけ」はできません。「楽」はそうしていますが、本人の希望と同意を尊重し、リハビリが可能か見極める手法の活用も必要です。支援を広げるのなら、この精神と技術がセットでなければなりません。
 要介護認定数は全国で約六百四十六万人、うち軽度の要支援は約百七十七万人います。もはや介護保険だけで支えきれません。
 高齢者が元気な地域の実現はどの自治体でも大きな課題です。介護と高齢者に対する考え方を元から見直してみる。人材不足と財政難に向き合いながらどう取り組むのか、未来を拓(ひら)く答えのひとつになるのではないでしょうか。


[ムクウェゲ氏ら平和賞]紛争下の性暴力と闘う
 今年のノーベル平和賞は、紛争下の性暴力に、勇気を持って立ち向かう2人に授与することが決まった。コンゴ(旧ザイール)で民兵から性暴力を受けた被害女性の治療に尽力してきた産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)の拉致から生還し、性暴力根絶を訴えるイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)だ。
 今年は戦時の性暴力を非難する国連安全保障理事会決議の採択から10年の節目に当たる。ノーベル賞委員会は、2人が身の危険を顧みず、戦争犯罪と闘い、被害者のために正義を追求したと授賞理由を明らかにした。女性たちの苦しみに目を向けさせる意義ある授賞である。
 コンゴ東部で鉱山資源を巡り1990年代から政府軍と反政府武装勢力が戦闘。「世界のレイプの中心地」「少女や女性にとって世界最悪の場所」といわれるほどだ。
 ムクウェゲ氏は99年、コンゴ東部の主要都市ブカブでパンジ病院を設立。性暴力被害者を5万人以上受け入れてきた。手術だけでなく、深く傷ついた女性のケアや生活面の支援も続ける。武装集団に襲われ亡命したが、地元女性らに心を動かされ帰国した。
 ムラド氏はISの迫害を受けたイラク北部のクルド民族少数派のヤジド教徒である。2014年にISが同派を襲撃。家族を殺され、奴隷として拘束された。脱出後、ドイツを拠点に、筆舌に尽くしがたい自らの体験を証言。ISの蛮行を世界に告発し、裁くことを訴えている。
 性暴力の根絶に向けて日本を含む国際社会の強い取り組みを求めた授賞でもある。
■    ■
 ノーベル賞委員会は「戦争の武器として性暴力が使われるのは終わらせようと努力してきた」と両氏をたたえた。
 性暴力は強姦(ごうかん)や性奴隷、強制売春などが含まれ、国際人道法で禁止された戦争犯罪である。「戦争の武器」と呼ばれるのは、被害者と家族を苦しめ、地域社会に恐怖を植え付けることによって、支配するからである。
 コンゴやイラクだけではない。ISの支配下にあったシリア、中央アフリカ、マリなどでも多発している。行方不明者もなお多数に上る。
 ミャンマーでもイスラム教徒少数民族ロヒンギャの女性らへの性暴力が伝えられる。
 国連総会は15年に6月19日を「紛争下の性暴力撲滅国際デー」に制定したが、紛争地で女性の人権を踏みにじる性暴力はやまず、根絶への道は遠いのが現実だ。
■    ■
 戦時中の旧日本軍の「従軍慰安婦」制度も女性に対する重大な人権侵害である。
 沖縄戦から米軍施政権下、復帰を経ても米兵による性暴力が後を絶たない。紛争地でもないのに起きるのは軍隊が性暴力を本質的に内包しているからと言わざるを得ない。
 加害者の責任は問われなければならない。日本は被害者支援で協力できるだろう。
 昨年来、性被害を告発する「#MeToo」(「私も」の意)運動が世界で広がっている。紛争下でも、日常でも、性暴力を許さない社会をつくらなければならない。


ノーベル平和賞 性暴力根絶する契機に
 卑劣な性暴力を根絶するために国際社会は行動を―。そんなメッセージが込められているのだろう。
 ノルウェーのノーベル賞委員会は、2018年のノーベル平和賞を紛争下の性暴力と闘う男女2人に授与すると発表した。アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲさん(63)と、イラクのクルド民族少数派ヤジド教徒のナディア・ムラドさん(25)である。
 ムクウェゲさんは、1990年代から政府軍と反政府勢力による戦闘が続くコンゴ東部で、暗殺未遂に遭いながらも、性暴力被害者の治療に尽くす。自身が設立した病院に5万人以上の少女や女性を受け入れ、心のケアや生活支援にも当たる。
 イラクを逃れ、今はドイツを拠点に人権擁護活動を展開するムラドさんは、ヤジド教徒を敵視する過激派組織「イスラム国」(IS)に家族を殺され、自らは拘束されて性奴隷にされ、レイプや拷問を繰り返し受けた。何とか生還した後は、国連などで体験を語り、性暴力根絶を訴える活動を続ける。
 ノーベル賞委員会は「身の危険を顧みず戦争犯罪と闘い、被害者のために正義を追求した」と2人を評価した。勇気ある行動に敬意を表したい。
 受賞の知らせに、ムクウェゲさんは「紛争で傷ついた全ての女性にささげる」と強調。ムラドさんも「全ての被害者と分かち合う」との声明を発表し、国際社会に加害者の処罰や被害者の支援など、早急な対応を求めている。国際社会はその訴えに真剣に向き合わねばならない。
 紛争地では、銃や爆弾で街を破壊し、命を奪うだけでなく、地域社会を破壊するため、レイプなどの性暴力が「武器」にされている実情がある。それを国際社会が深刻な問題として捉えるようになったのは、近年になってからだ。
 国連安全保障理事会で「紛争下の性暴力防止に関する決議」が採択されたのは2008年。紛争下の性暴力は「戦争犯罪」であり、「人道に対する罪」「ジェノサイド(大量虐殺)」だとした。性暴力をなくすことが国際平和の前提であるとの認識も明確にした。しかし、今なおムラドさんが体験したような蛮行は絶えない。
 ノーベル賞委員会は授賞理由の中でも、今年が決議から10年の節目であることに言及した。国際社会はいま一度、こうした認識を共有せねばなるまい。
 戦時の性暴力は長く世界の歴史においても繰り返されてきた。今回の平和賞がそんな人類の歴史の暗部にも光を当てる意味は大きい。
 レイスアンデルセン委員長は異なる地域の2人を同時に選んだことについて「われわれが直面しているのはコンゴやイラクが個別に抱える問題ではなく、世界共通の問題であることを示した」と述べた。「女性への虐待に目を向けることが重要」とし、性被害を告発する運動として世界に広がる「#MeToo」(「私も」の意)運動とも共通する、との考えも示した。
 性暴力はいかなる状況にあっても人間の尊厳を脅かす許されない行為である。日本を含む国際社会が性暴力の問題をわがことと捉え直し、根絶に向けた取り組みを急ぐ必要がある。平和賞をその契機にすべきだ。


ノーベル平和賞 性暴力根絶への契機に
 今年のノーベル平和賞が、紛争下の性暴力と闘う2人に贈られることが決まった。
 受賞するのは、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)で被害女性の治療に尽くしてきた男性産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏と、過激派組織「イスラム国」(IS)に拘束された際の体験を語り、性暴力根絶を目指して活動するイラク人女性ナディア・ムラド氏だ。危険を顧みず、被害者救済のために声を上げ、力を注いできた2人の功績は大きい。
 ムクウェゲ氏は、政府軍と反政府武装勢力の戦闘が続き女性への性暴力が絶えないコンゴ東部の都市に病院を設立。これまで5万人以上の被害者を受け入れ、治療に当たるとともに心理カウンセリングや生活支援などを行ってきた。
 ムラド氏はイラク北部の少数民族で、ISに拉致されて性暴力を受けた。約3カ月後に脱出し、ドイツを拠点に女性・子どもの人権保護活動を展開。実名を公表して自身の体験を赤裸々に証言するなど、少数民族が迫害を受けていることも含め悲惨な現実を伝え続けている。
 これまで主に内戦の和平合意や核軍縮などを平和賞の対象としてきたノーベル賞委員会が今回、紛争下の性暴力という暗部に焦点を当てたのは異例だ。背景には、性暴力が後を絶たず、世界にまん延していることが挙げられる。
 国連が今年3月に発表した報告書によると、アフリカや中東、アジアで50ほどの過激派、武装勢力が性暴力に関与した疑いがあるという。2人の受賞を、そうした絶望的な状況を改善していく契機にしなければならない。国際社会は今回の平和賞を踏まえて結束し、性暴力の根絶に全力を挙げてほしい。
 欧州連合(EU)欧州議会は、優れた人権活動をたたえるサハロフ賞を2014年にムクウェゲ氏に、16年にムラド氏に贈っている。ノーベル賞受賞決定を受け「2人の勇気とくじけない強さ」をあらためて称賛した。ほかにも賛辞の声が相次いでおり、2人の活動が世界に与えた影響の大きさを感じる。
 ノーベル賞委員会のレスアンデルセン委員長は、性被害を告発する取り組みとして広がる「#MeToo(「私も」の意味)」運動にも言及。女性への虐待に目を向ける点で、今回の平和賞受賞者の活動と共通しているとした。
 昨年秋に米映画界から始まり、性的暴行やセクハラを受けた女性の告発が相次いだ「#MeToo」運動は、以前は語られにくかったセクハラ被害が「私も」の合言葉の下で徐々に語られることにつながり、実態を浮き彫りにした。
 性暴力に尊厳を奪われ、泣き寝入りを強いられるような社会は変えていかなくてはならない。今回の平和賞が、人々の人権意識を高めるきっかけになればと思う。


ノーベル平和賞 性暴力根絶へ国際社会は行動を
 銃や爆弾だけでなく、性暴力が「戦争の武器」として使われる実態を改めて直視し、国際社会が行動を起こさなければならない。
 今年のノーベル平和賞に、性暴力の根絶に向けて尽力する2人が決まった。
 その一人、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏は、被害に遭った女性たちを5万人以上受け入れ、治療にとどまらず、心理面や生活面からも支える。イラクのクルド民族少数派ヤジド教徒のナディア・ムラド氏は、過激派組織「イスラム国」(IS)から受けたレイプなどの暴力の実態を白日の下にさらし、告発を続けている。
 武装勢力からの攻撃や圧力による身の危険や、周囲の差別にも屈せず、2人が命がけで戦争犯罪と闘い続ける姿勢に敬意を表したい。
 世界では今も、アフリカや中東、アジアを中心に性暴力が蔓延(まんえん)している。今回の受賞は、歯止めがかからない現状への警鐘にほかならない。
 紛争下の性暴力は、レイプや強制売春などで女性の尊厳を踏みにじるだけでなく、戦闘員が子どもや夫の目の前で襲うことで、地域社会や集団にも恐怖を広める戦術として使われる。許し難い戦争犯罪であることは言うまでもない。
 内戦が続くコンゴ東部では、国内でレイプされた女性が20万人を超えるとの推計がある。イラクのヤジド教徒は、ISに連れ去られた3千人以上が行方不明のままとされる。
 報復や差別を恐れて被害者が沈黙を余儀なくされる中、2人が声を上げ続けるのは、悲惨な現状を打破したいという強い危機感からに違いない。
 紛争下の性暴力に関しては、1998年、国際刑事裁判所の設立を定めたローマ規定で重大な国際法違反とされた。2008年の国連安保理決議でも、戦争犯罪であり、国際的な安全保障上の脅威だと認めている。だが、各国の関心は高まっているとは言えず、「人道危機」をここまで放置した国際社会の責任は重い。
 ムクウェゲ氏は12年の国連の会合で「欠けているのは政治的意志。行動が必要だ」と批判している。まずは国際社会で実態を共有し、監視体制や、加害者を罰する司法制度の強化などに取り組む必要がある。
 犯罪を生む背景には、レアメタル(希少金属)を巡る獲得争いがある。スマートフォンなどのハイテク機器に欠かせず、コンゴ東部は豊富な産出地。武装勢力が鉱山を不法占拠し、鉱物の密輸を資金源にしている。先進国が輸入によって間接的に武装勢力を支えている側面は否めない。
 日本人の生活とも無縁ではなく、無関心でいることは許されない。国際社会と協調して紛争の政治的解決に積極的に関与し被害者の医療ケアなどの人道支援を進めなければならない。


ノーベル平和賞 性暴力根絶へ本格支援を
 性暴力の根絶へ、国際社会が真剣に取り組む、その契機としなければならない。
 今年のノーベル平和賞に、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)の医師デニ・ムクウェゲ氏(63)と、イラクの女性人権活動家ナディア・ムラド氏(25)の受賞が決まった。
 命の危険を顧みず戦争犯罪と闘い、性暴力の撲滅に向けて努力してきたことが評価された。2人の勇気をたたえるとともに、この問題を巡って今後、日本は何をなすべきか考えたい。
 紛争下での性暴力は、過激派組織「イスラム国」(IS)が勢力を広げたシリアやイラクなどで深刻化した。最近でもミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの女性らの被害が伝えられる。
 一向に後を絶たないのは、性暴力が人々に恐怖心を植え付ける「戦争の武器」となっているからだ。1990年代から政府軍と反政府武装勢力の戦闘が続くコンゴでは、集団レイプが頻発し、女性の人権侵害は世界最悪レベルといわれる。
 ムクウェゲ氏は99年、東部の主要都市ブカブに産婦人科治療を目的とした病院を設立し、これまでに5万人を超す被害女性や子どもの支援に当たった。被害者に代わって国連などで人権侵害を告発、加害者の処罰を訴えているが国際社会の動きは鈍い。
 紛争は鉱物資源、とりわけ豊富なレアメタル(希少金属)を巡る利権争いが原因だ。先進国の鉱物需要が、武装勢力を資金面で下支えしているともいえる。
 先進国の責任は重い。「紛争鉱物」として欧米諸国は市場から排除し始めたが、十分ではない。日本も含めて対策を徹底させる必要があろう。
 一方のムラド氏は、クルド民族少数派ヤジド教徒で性暴力の被害者でもある。2014年8月、生まれ育ったイラク北部の村でISに肉親を殺され、自らは「性奴隷」として捕らえられた。
 レイプや拷問に耐え、約3カ月後にISの支配地域を脱出。ドイツを拠点に、女性や少数派の人々を守る活動に乗りだし、米議会などで体験を証言してきた。
 「性暴力に沈黙を強いる社会で類いまれな勇気だ」とノーベル賞委員会は称賛したが、その通りだろう。こうした意味では性被害を告発する「#MeToo」(「私も」の意)運動とも通じるところがある。
 自身の性暴力被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織さんは「紛争地の、遠い国の問題ではない。日本でも被害に遭い、痛みを抱えている人がいることを忘れてはいけない」と強調する。
 被害者の支援など、できること、やるべきことは内外を問わず多い。この機会に、日本は決して女性や子どもをないがしろにしない、との決意を具体的に示すべきではないか。慰安婦問題が今なおくすぶる国際社会への力強いメッセージともなろう。


[ノーベル平和賞] 性暴力直視し根絶図れ
 今年のノーベル平和賞は、紛争下の性暴力被害の苦難に向き合い、身の危険を顧みず戦争犯罪と闘ってきた男女2人に授与されることになった。
 アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏と、イラクのクルド民族少数派ヤジド教徒のナディア・ムラド氏である。
 ノーベル賞委員会は2人の授賞理由に「戦争の武器としての性暴力終結に向けた努力」を挙げた。世界の紛争地で、女性の人権を踏みにじる性暴力への対策が十分に進まない現状に対する強い危機感の表れといえよう。
 紛争下の性暴力という社会の暗部に焦点を当てた意義は大きい。これを機に、国際社会は性暴力から目をそらさず根絶に向けて結束すべきだ。
 ムクウェゲ氏は民兵らの性暴力の被害を受けた女性の治療に尽力してきた。病院を共同設立して5万人以上の性暴力被害者を受け入れ、生活支援や女性の権利保護にも取り組んでいる。
 ムラド氏は2014年に過激派組織「イスラム国」(IS)に拉致され、「奴隷」としてレイプを繰り返された。生還後はドイツを拠点に自らの体験を証言。性暴力の根絶と被害者の尊厳を訴えている。
 2人の授賞は、性暴力を受け傷ついた女性らを励まし、勇気づけるに違いない。
 問題はコンゴやイラクに限った話ではない。
 紛争やテロが続く地域では、軍や民兵、過激派など武装組織が「武器」として性暴力を組織的に使用している。国連が3月に発表した報告書によると、アフリカや中東、アジアで50ほどの過激派、武装勢力が性暴力に関与した疑いがある。
 紛争を終結させ不安定な治安を改善しなければ、性暴力のまん延を断ち切ることはできまい。
 コンゴ東部ではレアメタル(希少金属)などが豊富で、複数の武装勢力が資金源としている。こうした資源は「紛争鉱物」と呼ばれ、先進国の鉱物需要が武装勢力を下支えしているとの批判もある。
 武装勢力を利することがないよう、国際的な対策の整備が欠かせない。
 委員会は「女性への虐待に目を向けることが重要」という点で、セクハラを告発する米国初の「#MeToo」(「私も」の意)運動とも共通する面があるという考えも示した。
 性暴力は遠い紛争地だけの出来事ではない。身近な暮らしの中でも起きていることを忘れてはならない。


計画運休  定着に向け検証欠かせぬ
 台風や大雪など大荒れの天候になりそうな場合、あらかじめ鉄道などの運転取りやめを決める「計画運休」が関西から首都圏へ広がり始めた。
 台風24号が日本列島を襲った先月30日、首都圏のJR在来線や新幹線も計画運休に踏み切った。
 異常気象の恒常化が懸念される中、乗客の利便性は損なうものの、被害を抑える手段として有効だろう。とはいえ乗客の安全確保や混乱防止など運用面で問題はなかったのか、まずはしっかり検証する必要がある。
 計画運休はJR西日本が先行して取り組み始めた。4年前の台風19号接近時、初めて計画運休を発表した。規制値を超える風や雨が事前に想定できる際、列車の脱線や駅間停車に伴う混乱、帰宅困難者の発生を避けるための対応だった。
 2015年7月には、台風で雨量が急激に増え、京都府大山崎町のJR東海道線で電車が乗客を乗せたまま約4時間立ち往生した。こうした事態を避ける危機管理の一環だが、かつては競合する私鉄が列車を走らせ続ける中、JRだけが運転を取りやめると批判を浴びたという。
 今年もJR西は先月4日の台風21号に備え、前日に終日運休を公表、関西の私鉄各社も追随し、企業では早めに休業などを判断する動きが広がった。JRの在来線だけで約200万人に影響が出たが、昨今の防災意識の高まりもあり、おおむね好意的に受け止められたようだ。
 台風24号接近時は関西の鉄道各社が足並みをそろえ、異例の計画運休を決行した。事前の周知に加え、週末で通勤や通学への影響も少なく、駅などで大きな混乱は起きなかった。
 一方、JR東日本も台風24号を巡り首都圏で初の大規模な計画運休を実施した。私鉄も運休が相次いで鉄道網がまひし、運休が周知されず、帰宅できない人が出るなど課題を残した。運休翌日も線路への倒木や設備点検で運転を見合わせ、混乱が長引いたのは残念だった。
 それでもJR東は「平日でも必要なら判断する」と計画運休に前向きだ。国土交通省は計画運休は適切だったとする一方、利用者への情報提供や翌朝の運転再開時の対応を検証する必要があるとして、計画運休を巡る会議を近く開く予定という。
 予知が難しい地震と異なり、台風や大雪などの気象予報はかなり正確だ。荒天時に列車を動かせば事故に巻き込まれるばかりか、駅間で列車が停まって乗客が閉じ込められ、駅での混乱が拡大する恐れがある。
 自然の猛威に対して安全を確保するには、常識や従来の方法にこだわらずに対策を講じねばならない。計画運休も一つの選択肢と言える。だが社会に広く受け入れられ、定着していくのか。
 鉄道の運休が企業活動などに悪影響を及ぼす懸念は否めない。それでも企業や学校は早めに運休が分かっていれば対応しやすい。どの時点で運休を見極め、情報周知の手段をどう確保するのか。外国人旅行者らのへ対応も欠かせない。
 一連の計画運休を検証の俎上(そじょう)に載せ、課題克服に向けた方策を見いだしてもらいたい。


米軍属事件の刑確定 元凶は基地、抜本削減を
 若い女性の命も尊厳も奪った痛ましい事件の刑が確定した。今回の事件は日米地位協定の欠陥を改めて浮き彫りにした。米軍関係犯罪の元凶である米軍基地の在り方を解決しないことには、根本的な再発防止策にはならない。
 2016年4月に起きた米軍属女性暴行殺人事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元海兵隊員で事件当時軍属のケネス・フランクリン・シンザト(旧姓ガドソン)被告は、期限までに上告せず、無期懲役の判決が確定した。
 一審、二審判決とも、ケネス被告が被害者の頭部を殴ったり、首を絞めたりして、首付近をナイフで数回突き刺したとして、殺意を認めた。
 ケネス被告は公判で黙秘権を行使し、供述を拒んだ。反省の言葉や被害女性、遺族への謝罪はなかった。動機も本人の口からは語られず、「なぜ殺されたのか」という被害者の父親の疑問や無念さは晴らされなかった。不誠実な態度に終始したと言えよう。
 今回の事件では、米軍人・軍属に特権を与えている日米地位協定の構造的欠陥も改めて指摘された。
 刑事面では、被告が基地内で証拠隠滅を図った可能性があるにもかかわらず、立ち入り捜査ができなかった。
 民事面では、遺族補償の肩代わりを、被告の「間接雇用」を理由に米側が拒否した。
 軍属は、地位協定で直接雇用・間接雇用を問わず、裁判権などの特権が認められている。一方で、賠償責任については直接雇用と間接雇用で区別し、米側は補償対象外として支払いを免れようとした。
 米政府は、責任を取らない間接雇用の軍属にまで特権を与えていることになる。今回は政治的判断で見舞金が支払われるものの、極めてご都合主義であり、許されない。
 地位協定が米軍絡みの犯罪の温床になっているだけでなく、悲しみに沈む遺族にさらに苦痛の追い打ちを掛け続けている。地位協定を改定しなければ、元凶は絶てない。
 だが日本政府は及び腰だ。事件後に取った対策は、軍属範囲の縮小とパトロール隊設置という小手先に終わった。
 軍属範囲を狭めた補足協定を政府は「画期的」と自賛したが、根本解決ではない。事件事故を起こす圧倒的多数の米兵には何の効果もない。
 車両100台で夜間に見回りをする「沖縄・地域安全パトロール隊」に至っては、犯罪抑止効果が疑わしい。隊が17年度に県警に通報した年間474件のうち、米軍人・軍属関係は4件しかなかった。年間約8億7千万円の税金を投じるだけの費用対効果はあるのだろうか。
 そもそも、基地がなければ米軍関連の犯罪は起こらない。被害女性の父親が「基地があるがゆえに起こる」と指摘する通り、最善の再発防止策は基地撤去である。国策による犠牲はもう要らない。日米両政府は地位協定改定と基地の抜本的削減をするべきだ。


どうなる? 玉城デニー沖縄県知事と菅義偉の“最終攻防”
辺野古移転阻止の沖縄決起、独立運動の行方
 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を抱える沖縄が新たな一歩を踏み出した。安倍政権のゴリ押しに徹底抗戦した翁長雄志前知事の遺志を継いだ前衆院議員の玉城デニー知事が就任。初会見で「米軍普天間飛行場の一日も早い閉鎖と返還、辺野古新基地建設阻止に全身全霊で取り組む」と改めて強調し、安倍政権に対して「対話によって解決策を導く民主主義の姿勢を求める」と訴えた。
 ところが、安倍政権の対応はどうだ。菅義偉官房長官は「日米同盟の抑止力維持や普天間飛行場の危険除去を考えれば唯一の解決策だ」と常套句を繰り返し、沖縄県による辺野古埋め立て承認の撤回については「対抗措置を取ることになる」と脅しをかけた。玉城に過去最多の39万票を投じて県政トップに押し上げた沖縄の民意は、いまなお完全に無視されているのである。
 先月末の知事選で安倍政権は国政選挙並みの総力態勢を敷き、玉城を潰しにかかったものの、自公推薦候補は8万票差で大敗。それを受けて安倍晋三首相は「選挙結果を真摯に受け止める。沖縄の振興、基地負担の軽減に努める」とコメントしていたが、よくぞ言ったものだ。
 沖縄国際大大学院教授の前泊博盛氏はこう言う。
「言葉とは裏腹に、安倍政権はこれまで同様に強権を振るい、新基地建設を強行するのでしょう。県知事選で基地のない沖縄を求める民意が示されたのは2回続けてのこと。安倍政権による沖縄関係予算のカットなどで兵糧攻めにあっても、県民は基地ノーを選択したのです。この国は本当に民主主義国家なのか、本当に主権国家なのか。選挙で示された民意が否定され、政権による横暴が許される国は専制国家にほかならない。海の向こうの独裁国家と何ら変わりがありません」
■全国展開した復帰運動を再演
 粛々と埋め立てを進める気のアベ冷血ペテン官邸の手口に、民意を追い風にする新知事に対抗手段はあるのか。玉城は「どのような措置がなされても、将来にまで過重な基地負担を押し付ける無責任さは非常に重い問題だと訴え、県の主張が認められるよう全力を尽くしたい」と決意を口にしていた。安倍官邸が玉城県政との対話を拒めば、辺野古移設の是非を問う県民投票が年内に実施される公算大だ。沖縄県政に詳しいジャーナリストの横田一氏は言う。
「玉城知事は県民投票と共に、本土復帰運動を念頭に置いているようです。米軍施政下で苦艱の暮らしを強いられた県民が一丸となり、全国を行脚して大々的なキャンペーンを張った。翁長前知事は激しい復帰運動が原点の保守政治家でしたから、後継の玉城知事も徹底的に闘う覚悟を決めています。理不尽な仕打ちに声を上げる市民のうねりを県外に広げていこうというのです」
 玉城県政スタート後の玉城と菅の初顔合わせは、9日に予定される前知事の県民葬だ。菅は新任の宮腰光寛沖縄・北方担当相を連れて出席するが、安倍は都内で予定される外交スケジュールをこなすとの理由で欠席するという。
「翁長前知事は菅官房長官に4カ月も会談を拒否された。玉城知事は県民葬後に上京して会談を持ちたいとしていますが、今回も同様に扱われるのではないか」(野党関係者)
 玉城と菅の最終攻防はどうなるのか。
アメリカン・ドリームの体現者を米国は無碍にできない
 本土の人間は関心を払おうとしないが、沖縄の基地問題は日本を飛び越え、国際的な関心事になっている。辺野古移設阻止の沖縄決起に欧米メディアの注目度も俄然上がっているのだ。
 米主要紙のワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズは知事選直後、紙面を大きく割いて玉城当選を報道。カラー写真をデカデカと載せたワシントン・ポストは「玉城の勝利は、新たな手ごわい交渉と法廷闘争の始まりを意味している」と解説した。中でも沖縄を鼓舞したのが、ニューヨーク・タイムズの〈沖縄の米軍駐留縮小に向けて〉と題した社説だ。〈新知事は米軍が去ることを望んでいる。ワシントンと東京は妥協案を見つける時だ〉と辺野古移設の見直しを提起。〈新基地は不要との沖縄の民意であり、新たな時代の幕開けだ〉〈日本と地域の安全保障のために、日本で最も所得の低い沖縄に、不公平で不必要で危険を伴う負担を背負わせてはならない。安倍首相と米軍司令官は、県民と共に意欲的に公平な解決策を見いだすべきだ〉とまで踏み込んだのである。
「沖縄県政初の日米ハーフ知事の玉城氏はアメリカンドリームの体現者です。米軍が沖縄を支配した時代に海兵隊の血を継いで生まれ、母子家庭で貧困にあえぐ子ども時代を過ごした。そして民意の後押しを受けて県政を預かる立場になったのです。玉城知事の訴えに、米国は母国としてどう対応するのか。決してむげにはできず、これまでとはまったく異なる対応をするでしょう。もうひとつの強みは、国会議員経験です。選挙戦で機能した国政政党との連携は一層深まり、国政の場での議論活性化が大いに期待できる」(前泊博盛氏=前出)
■辺野古阻止を米国から還流
 訪米を終え、選挙戦中に沖縄入りした立憲民主党の枝野幸男代表は「米国政府との間で辺野古基地を建設しない解決策に向けた再交渉を行うとともに、結論を得るまで工事を止めるべきだ」と主張し、「辺野古に基地を造らない、普天間飛行場を返還する、日米安保の堅持の3つは併存可能と判断した」と明言した。野党が足並みをそろえ、玉城県政を側面支援する環境は整っている。
「当選直後に玉城知事を取材した際、〈私が持っている米国人と日本人とのハーフというアイデンティティーが役に立つことがあるかもしれません〉と話していました。県民世論を国際世論に高め、米国から還流させたらどうなるのか。“外交の安倍”の幻想をふりまき、米国の言いなりの安倍首相は間違いなく苦境に追い込まれるでしょう。全国的な世論を喚起すると同時に、“外圧”を利用する2正面作戦の展開が安倍政権にトドメをさすかもしれません」(横田一氏=前出)
 官邸関係者は「沖縄は市民革命でも起こすつもりか」とイキり立っているという。
 沖縄と言わず、全国的に立ち上がる様を見せる時だ。


豊洲の土壌は汚染 交通アクセス悪い “築地守る” 思い今も 閉場日を追う
 83年にわたって日本の食生活・食文化を支えてきた東京都築地市場(中央区)が6日、営業を終え、閉場しました。小池百合子知事が「築地は守る」とした都民への約束をほごにして、移転中止と現在地再整備を求める市場業者らの声に背を向けての移転強行。移転先の豊洲新市場(江東区、東京ガス工場跡地)は、土壌汚染をはじめとする深刻な問題が何一つ解決しないまま、11日に開場します。閉場日の築地市場の様子を追いました。(記事・細川豊史、吉岡淳一、笹島みどり、写真・橋爪拓治)
 「最終営業日」を迎えた築地市場に、いつもと変わらない朝が訪れました。前夜のうちから、全国の産物を積んだトレーラーが続々と正門に入り、夜明け前からターレ(小型運搬車)やフォークリフトがひっきりなしに行き交います。
 午前5時15分、生鮮マグロの卸売場では、閉場にあたって手をとって「一本締め」のあと、セリが行われました。同6時には冷凍マグロの、6時半からは青果のセリが行われ、「カランカラン」というけたたましい鐘の音と、独特の掛け声が響きました。
 市場には多くの見物客、買い物客が訪れ、場内にある飲食店には、観光客らの長蛇の列ができました。
 17歳の息子と飲食店の列に並んでいた女性(50)=千葉県浦安市、会社員=は「豊洲市場には風情がない。土壌汚染の問題も、情報がきちんと出されているのかわからないし、交通アクセスが悪いので、あまり行く気がしません」と話しました。
口にして行動を
 水産仲卸業者で、築地女将(おかみ)さん会会長の山口タイさんは「フランスの方から、『築地をつぶすなんてエッフェル塔をなくしちゃうようなものだ』と言われました。本当に情けない。みんな心の中では移転したくないんですよ。それを口にして行動すれば、移転は止まりますよ。そう言って回りたい」と語りました。
「豊洲には行けない」 業者・客 不安口々
安全性は 遠くて不便 スペース少ない
 廃業を決め、店舗の片付けに訪れている仲卸業者の姿もありました。
 活エビ、冷凍エビを扱う「土方」の土方敏之さん(75)は「豊洲には行かないよ。店舗が狭すぎて、水槽、冷蔵庫、帳箱(半畳ほどの簡易事務所)を置くことができなくてね。安全が一番大事なのに、土壌汚染があって安全だと立証できないのが問題。築地が続いていれば、もう少し続けていたよ」と、うつむき加減に話しました。
 セリに参加していた、青果仲卸業者の米田修さん(58)は「築地は魚と青果の売場が近いから一緒に買ってくれる人がいたけど、豊洲では遠いから、お客さんが来てくれるか不安。八百屋さんも『駐車場がない』と騒いでるしね。(地下水の汚染物質も)青果棟ではすごい数値が出ている」と、せきを切ったように豊洲新市場への不安を口にしました。
「裏切られた」
 都民への約束をほごにして移転を強行した小池百合子知事に対しても「最初はよくやってくれた、(移転を)止めてくれるんじゃないかと、みんな応援したけど、裏切られたというかね」と、複雑な思いを語りました。
 38年築地で働き、仲卸から買った荷物を預かる「茶屋」の女性は「豊洲では茶屋のスペースは今の半分もなくなるのでは。仲卸から届いた品物の入った発泡スチロールの箱が破損していれば新しいものに入れ替えてあげたりしていたけど、豊洲では空き箱を置けないからそれもできなくなる」と不満をもらしました。
 午前3時半からターレを乗り回して鮮魚の配達をしていた加瀬龍男さん(65)は「豊洲でも仕事はするけど残念でならない。こんなこと(移転強行)がまかり通るなんて、日本は本当にだらしないよね」と肩を落としました。
 飲食店や小売店が築地で買った荷物を届ける運送業者の運転手(56)も「豊洲は駐車スペースが狭い。荷物を積む時も後ろからしか積めないと聞いている」と心配します。
「事故が心配」
 築地に買い出し、買い物に来ていた人々も、口々に移転の不安を語りました。
 午前10時ごろ、買った荷物が茶屋に着くのを待っていた目黒区のすし店の男性(61)は開口一番、「豊洲はぐちゃぐちゃ」。「マスコミは豊洲に行くことを前提に報道しているけど、大きな事故が起きるのではと心配。豊洲を下見しても、どこに駐車するかなど何がなんだかわからなかったから、来週は5日ほど店を休む」と言います。
 一方、築地については「どんなに眠くても、ここに一歩入ると引き締まる。目で見て直接品定めして、仲買の人とやり取りして値引きもできるしね」と話しました。
「移転やめて」
 「アナゴを買いに来たの、フカフカなのよ。ここに来ると元気になるの」と熱く語るのは、一般客として来ていた目黒区の女性(75)です。世界各地の市場を見たことがあると言い「臭くないのは築地くらい。海水で(魚を)流すから衛生的なの。豊洲では床に水を流しちゃいけないっていうんでしょ」と顔を曇らせました。
 ターレが走る様子をスマートフォンで動画撮影していた江戸川区の女性(27)は、初めて築地に来ました。「最後なんで見たくて。だって日本人じゃないですか。移転はやめてほしい。豊洲は土壌も悪い(汚染されている)というし」
 場内の魚料理店に毎週食事に来ている埼玉県の男性(50)=会社員=は「心情的には、市場はここにあってこそ。さみしいですね。(移転)反対署名もしましたけど。行きつけの店は豊洲に移るけど、アクセスが悪くなります」と話しました。
 午前9時半には、労働組合や市民団体が、波除(なみよけ)稲荷神社前で宣伝しました。
 閉場時間が迫る中、業者らが口々に思いを語りました。「悔しさは拭いきれない」(水産仲卸の新井眞沙子さん)、「みんなが帰って来られるように築地の建物を残したい」(茶屋の猿渡誠さん)
「市場を守る」
 正午には、場内に「築地市場はすべての営業を終えました」と、一般客に速やかな退場を促す放送が流れました。
 築地が閉場したあとも、冷蔵庫も道具もしばらく置いておくと話すのは水産仲卸「小峰屋」の和知晃弘さん。「俺は豊洲には行けない。汚染の不安が残っている場所でマグロを提供できない。何かあった時の補償もなしに豊洲には行けない」
 築地で働く労働者でつくる全労連・東京中央市場労働組合の中澤誠委員長は、この日もターレで場内を走り回りました。
 「今日の築地市場は暗かった。みんな、顔が明るくないの。市場が泣いているようだった。でもまだ、築地市場は壊されていない。築地市場を守るために、できることをしたい」


加計学園 理事長と学園を詐欺容疑で刑事告発へ 市民団体
 学校法人「加計学園」(岡山市)が愛媛県今治市に新設した岡山理科大獣医学部が、市に図書費を水増し請求した疑いがあるとして、市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」が7日、近く加計孝太郎理事長と学園を詐欺容疑で松山地検に刑事告発すると発表した。
 団体の黒川敦彦共同代表(40)によると、学園が文部科学省へ提出した資料には図書費として9928万円と記載。ただ、実際に図書館にある本は8715冊で、団体が独自に推計した図書費は3417万円に過ぎなかったという。
 記者会見した黒川共同代表は「学園には、はっきりと説明してもらいたい」と話した。加計学園のコンプライアンス推進室は「ノーコメント」としている。【木島諒子】


加計理事長会見で珍しく新聞・テレビ記者たちが徹底糾弾! 追い詰められた加計理事長がデタラメ言い訳連発
 あの史上最悪のゲス会見から約半年。本日14時より、加計学園・加計孝太郎理事長が、岡山理科大学獣医学部がある今治キャンパスで会見をおこなった。
 加計理事長はたった25分で打ち切った6月の会見以降、再び会見を開くことを拒否してきたが、愛媛県議会が7月11日に加計学園に対外的な説明責任を果たすよう求める決議を全会一致で採択。中村時広・愛媛県知事も「学園の信頼向上のため、トップがガバナンス、コンプライアンスを高めるための努力をしていただきたい」と述べ、再度会見を開くことを求めてきた。
 ようするに、このまま加計理事長が再び会見を実施しなければ、愛媛県からの補助金打ち切りも考えられるため、しぶしぶ会見を開いたというわけだ。
 しかも、安倍首相と加計理事長が面談したと「虚偽の説明」をおこなった元事務局長である渡邉良人常務は出席せず、柳澤康信・岡山理科大学長と上田剛久・同大事務局長が出席。2人はシンポジウムの宣伝からはじまり、コンプライアンスとガバナンスという言葉を繰り返す学園体制や今後の展望などを一方的に長々と語ったのだった。
 まるで、獣医学部新設にいたる疑惑などなかったかのような態度で身勝手な会見をおこなった加計学園だが、その無責任体質を象徴したのは、加計理事長のこんな言葉だ。
「(このままでは)市や県の協力も得られなくなるのではないか、そういうなかで、まあ、(渡邉)常務のほうが、勇み足をしましたと言いますか」
 何度でも言うが、渡邉常務が嘘をついたというのがほんとうなら、これは詐欺的行為であることは間違いない。にもかかわらず、加計理事長はたんなる「勇み足」だったと言うのである。
 前回の会見でも、加計理事長はこうやって渡邉常務に罪を押し付けたが、しかし、今回と前回で大きく違ったのは、この加計理事長の無責任な態度やあいまいな説明に対し、記者たちが徹底的に質問を浴びせたことだ。
 まず、最初に質問をした『報道特集』(TBS)の金平茂紀キャスターは、「『勇み足』という認識なのか?」「渡邉・前事務局長のおこなった行為によって、いろいろな物事が進んだということが現実としてある。獣医学部認可の非常に大きな要素になったという事実をどう考えるのか」と質問。
 すると、加計理事長は「私はその場にいなかったからわからないが、本人から聞いたところによると、県も市も半分諦めムードだったらしい。このままではこの話はダメになってしまうと」などと弁明。嘘をついて獣医学部新設にまでもち込んだことの問題をどう考えるのかと訊かれているのに「諦めムードだったから」とは、まったく答えになっていない。
 しかも、金平キャスターが「勇み足というのは……」とその表現について再び疑義を呈そうとすると、加計理事長は発言を遮って「もしそういうふうに取られたんでしたら、すみませんでした」と逆ギレのような態度をとった。
 さらに、安倍首相と加計理事長の面談だけに限らず、愛媛県文書に登場する下村博文・元文科大臣の話などもすべて渡邉・前事務局長が架空の話をでっち上げたのか? という質問に、加計理事長はこう言い放ったのだ。
「私はよく存じ上げておりません」
「その場にいなかったので、(渡邉)常務からの話を聞くわけですから」
 学園事務局長による詐欺的行為を、「よく知らない」「話を聞いただけ」って……。だが、加計理事長はその後も「わからない」を連発した。
矛盾だらけの加計理事長会見!キーマン出席させず「わからない」の一点張り
 たとえば、毎日新聞の記者が、なぜ3回も首相官邸で加計学園側が面談できたのか、柳瀬元首相秘書官との関係や、面談にいたる経緯を問いただすと、上田事務局長は「加計学園の職員がいろいろな場で柳瀬さんとお会いしたことがあった」と言いつつ、「特区申請者は愛媛県と今治市。私どもはオブザーバーというかたち」などと説明した。
 だが、この回答に記者はすぐさま「その説明は間違っている。柳瀬氏は『加計学園の方々が(首相官邸に)来られた』と話し、県と市の職員が同席していたことは気づかなかったと説明している。前に出ていたのは加計学園であり、オブザーバーとは言えない」と矛盾を指摘。しかし、上田事務局長は「なぜ(柳瀬元首相秘書官に)会いに行ったのかは、担当者じゃないのでお答えできない」などと言い、加計理事長も「細かいことは(事務局に)任せておりますので、詳細についてはわからない」と答えた。
 会見を開いているのに、肝心な話は担当者だった渡邉常務がいないから「わからない」「知らない」の一点張り。これには、記者席から「なんで渡邉さん、ここにいないんですか?」「伝聞のことしか言っていない」という声が上がる事態となったのだ。
 しかし、記者たちの怒りが爆発したのは、ここからだ。NHKの記者が「渡邉常務と柳瀬首相秘書官がどこでいつ会ったのか?」と質問すると、上田事務局長は「何かで会った」と返答。あまりに無責任かつ杜撰と言うほかないが、その後、驚愕の事実が判明したのだ。
 加計理事長は今回の会見で、首相官邸で柳瀬首相秘書官と加計学園側が面談した事実について、報告を受けていなかったと主張した。しかし、愛媛県文書には、2015年4月2日の官邸訪問の事前打ち合わせの場において、渡邉事務局長が以下のように発言したと記録されている。
〈先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったことに対し、理事長から柳瀬秘書官にちゃんと説明しておくように言われている〉
 つまり、愛媛県文書の記載では、加計理事長は渡邉事務局長が柳瀬首相秘書官と面談する事実を把握しており、そのため「ちゃんと説明しておくように」と命じていることがわかる。加計理事長の主張と整合性がとれないのだ。
 この矛盾をTBS『NEWS23』の記者が追及し、「(渡邉事務局長に)指示をしたのか」と質問したのだが、加計理事長はまたしても「知りません」「本人(渡邉事務局長)聞かないと」などと発言。この度重なる無責任回答に、記者がこんな問いかけをおこなったのだが、それに対する加計理事長の回答は、度肝を抜かれるようなものだった。
記者に追い詰められた加計理事長は「愛媛県文書をまったく読んでいない」と
記者「愛媛県の文書には、まったく目を通されていないんですか?」
加計理事長「はい」
記者「これだけ問題になっているのに? これ(愛媛県文書)をもとに渡邉・元事務局長に質問をするとか聞き取りをするとか、そういうことはされていなかったんですか?」
加計理事長「はい」
 なんと、加計理事長は、愛媛県文書に書かれた「安倍首相と加計理事長が面談した」という記載を「渡邉常務の勇み足」と言って面談の事実を否定しながら、公開されている愛媛県文書そのものを読んでもおらず、さらには渡邉常務に文書の内容についての聞き取り調査さえおこなっていないと断言したのだ。しかも、その表情には悪びれる様子は一切なく、平然と言い切ったのである。
 こんな体たらくでよくもまあコンプライアンスだのガバナンスだのと宣ったものだと呆れ果てるが、終始「知らない」「わからない」を繰り返し、会見を終わろうとする加計学園の対応に、記者たちは「渡邉さんに全部押し付けようとしているようにしかみえない」「学園としてどういう調査しているんですか?」「理事長、憮然とされてますけど、十分に話したと思っていますか?」「このままじゃ終わらないですよ」と一斉に非難。だが、「理事長が文書を読んだ上で、渡邉さんを呼んで、もう一度会見するつもりはないのか」という問いかけには「県と協議する」と言うだけだった。
 加計理事長は愛媛県議会の議決には応じたとして、これで幕引きにするつもりなのだろう。しかし、今回の会見で記者たちが粘り強く質問を浴びせた結果、あらためて加計理事長の無責任ぶりと矛盾が明確に白日のもとに晒されたといえる。
 さらに、会見では今後の対応を約束した場面もあった。「愛媛県文書に書かれた安倍首相との面談は渡邉常務のつくり話」だという加計理事長の主張の裏付けとして、上田理事長は“出張記録などを調べた結果、お会いしたという事実はない”と説明したが、これに対してNHKの記者は、この出張記録などの資料を提出してほしいと要求。上田事務局長は「後ほど対応させていただく」とはっきり回答したのだ。
 この出張記録の保存期間について記者から質問が出たとき、上田事務局長が「規定では5年あるいは7年」と答えると、加計理事長は「3年だろ」と低い声で上田事務局長につぶやいていた。愛媛県文書によると、加計理事長と安倍首相が面談をおこなったのは2015年2月25日であり、出張記録の保存期間が加計理事長がつぶやいたように3年であれば「破棄した」と言い訳できる。加計理事長はそのための保険を打ったのかもしれないが、実際の内部の規定がどうなっているのかも含め、約束したことは果たしていただくほかない。渡邉常務を同席させた上でのまともな会見をあらためて実施する責任があるのはもちろん、一向に説明責任を果たさない加計理事長を国会に招致し、きっちり落とし前をつけさせるべきだ。


“バンクシー”絵画の仕掛けか 落札後に切り刻む
 世界的なアーティスト「バンクシー」が描いた絵画のオークションで、落札直後、額縁の仕掛けが動き出し、ばらばらになる出来事がありました。誰が何のためにやったのでしょうか。
 匿名で活動するバンクシーは、政治的メッセージの強いストリートアートで知られています。キャンバスに描かれた代表作の一つ「赤い風船に手を伸ばす少女」のオークションが5日、ロンドンで行われ、約100万ポンド、1億5000万円で落札されました。しかしその直後、額縁に仕込まれたシュレッダーによって、絵はずたずたに切り刻まれてしまいました。会場が騒然とするなか、オークションスタッフが無残な姿になった絵画を額縁ごと撤去していきました。オークションを主催したサザビーズも「バンクシーに一杯食わされたようだ」とコメントしています。今回のオークションでの出来事もバンクシーによるアートの一環とみられていて、さらに値がつり上がるとする専門家もいます。