ブログネタ
フランス語 に参加中!
白ワイン190429

"Au Japon, nous en sommes à la première étape de la libération de la parole"
Interview Kahina Sekkai
Shiori Ito, journaliste et réalisatrice de documentaire, signe avec ≪La Boite noire≫ un témoignage puissant, racontant son propre viol et dénonçant les violences sexuelles et les lois obsolètes les concernant, mais aussi l'impact du mouvement #MeToo dans son pays.
Paris Match. Comment avez-vous pris la décision d’écrire ce livre ?
Shiori Ito. Il y a deux ans, quand j’ai parlé publiquement de mon expérience, j’ai reçu un courrier de mon éditrice, une longue lettre dans laquelle elle m’incitait à écrire un livre. Elle m’incitait à utiliser mes propres mots, pour dire pourquoi nous devons parler de ce sujet, juste avant la réforme de la loi. Quand j’en parlais, les gens voyaient surtout un sujet scandaleux. Elle m’a encouragée, m’a dit que j’avais ouvert la porte et que je devrais parler. Mais me souvenir de tout était encore très traumatisant, je n’étais pas prête. Je lui ai demandé d’attendre trois ou quatre ans, le temps que j’assimile tout. Elle m’a poussée à le faire le plus tôt possible, tant que les gens m’écoutaient.
J’ai suivi son conseil. A l’époque, je ne pouvais toujours pas retourner chez moi, je me cachais chez des amis, c’était très dur de poursuivre ma vie à Tokyo, je ne me sentais plus en sécurité dans mon ancien quartier. Heureusement, j’ai eu une opportunité de travailler à Londres donc c’est là que j’ai écrit mon livre. J’ai tout écrit en trois mois, à un rythme effréné, mais je suis maintenant contente de l’avoir fait.
L’écriture était-elle cathartique pour vous ?
Sur le coup, pas du tout. Parfois, j’étais incapable de regarder le manuscrit pendant deux ou trois semaines. Mais au final, ça l'a été. Cela m’a permis d’ordonner tous les faits, tous les détails, mes souvenirs. Cela m’a donné plus de confiance dans mes souvenirs : tout était vrai et vérifié par les faits.
Votre livre est plus qu’un témoignage personnel, c’est un plaidoyer pour un changement de raisonnement et de lois au Japon.
Si le système légal et le soutien moral étaient assez forts, je n’aurais probablement pas écrit ce livre. Je l’ai fait car j’ai été surprise du constat de la société dans laquelle je vivais. C’était un sujet très difficile à évoquer, à mettre sur papier, à partager. J’éprouve toujours des difficultés en revenant au Japon.
"J’ai reçu beaucoup de messages négatifs, qui me font parfois craindre pour ma sécurité"
Quelles ont été les conséquences pour vous ?
Ca va de mieux en mieux mais c’est dur à évaluer, le pourcentage de Japonais qui n’aiment pas entendre parler de ce sujet. J’ai reçu beaucoup de messages négatifs sur Internet, qui me font parfois craindre pour ma sécurité et celle de ma famille. Ma famille ne voulait vraiment pas que j’en parle publiquement, et encore moins que j’écrive un livre, mais je savais que, pour me protéger, la seule façon était d’utiliser mes propres mots. Si je disais tout, je me pensais davantage en sécurité car s’il m’arrivait quelque chose ou à ma famille, les gens comprendraient peut-être.
Cela fait plus d’un an que le mouvement #MeToo a démarré. Qu’en pensez-vous ?
Il est né environ six mois après que j’ai publiquement évoque ce qui m’était arrivé. C’était exactement au moment où mon livre est sorti au Japon. Je me sentais alors très seule, j’ai été très surprise que tout le monde se décide à parler. Ma famille a été rassurée aussi de voir que je n’étais pas seule. Cela a eu un effet bénéfique pour toutes les survivantes qui ont pu libérer leur parole. Mais au Japon, c’est encore très difficile. L’attention médiatique a évolué, on a commencé à en parler dans la presse. Au Japon, nous en sommes à la première étape de la libération de la parole mais il nous reste beaucoup de chemin à parcourir, au Japon comme ailleurs.
Vous expliquez longuement les différences entre la législation japonaise et celles d’autres pays. Pensez-vous que le Japon est un pays à part ?
Sur le plan légal, oui. Le fait que notre loi sur les viols avait 110 ans, beaucoup de changements restent à faire sur le plan éducationnel, légal… Mais je pense que le problème essentiel est universel : les violences sexuelles, le harcèlement sexuel sont très liés au pouvoir.
Je travaille actuellement sur les mutilations génitales féminines et les violences sexuelles en Afrique, et bien sûr que le sujet est complètement différent qu’au Japon, mais les traditions, la mentalité des gens sont assez similaires. Réaliser, en tant que Japonaise, à quel point nous étions en retard sur les questions liées aux femmes… Cela m’a mis mal à l’aise, de mettre en lumière le retard que nous avons, car ce n’est pas ce que les Japonais veulent entendre, mais c’est le cas. Et c’est comme cela que le changement démarre.
"Ça a été dur pour ma famille, j’avais peur pour eux"
Votre affaire a-t-elle évolué depuis l’écriture de votre livre ?
Non. Mon affaire est close, la plainte criminelle l’est. Mais nous avons une plainte au civil en cours, nous l’avons lancée à la fin 2017. Nous allons bientôt tous les deux comparaître au tribunal et livrer nos témoignages mais il vient de lancer une contre-plainte, demande une somme énorme.
Dans les médias, certains ont fait des remarques en disant ; ≪C’est une victime, elle ne devrait pas sourire≫. C’est intéressant car, même depuis le mouvement #MeToo, les gens ont toujours des idées très traditionnelles. Mais je vais au civil car, si la plainte criminelle est classée, les gens estiment que les preuves rassemblées ne sont pas suffisantes et nous n’avons aucun accès aux preuves, la presse ne pousse pas l’enquête, se disant que si la justice ne poursuit pas, il n’y a pas d’affaire. Alors que devant une cour civile, vous pouvez présenter vos propres preuves, les gens peuvent y avoir accès. C’est plus ouvert et je pense que les gens verront quel système légal nous avons, pour constater ce qui dysfonctionne.
Durant votre parcours pour déposer plainte, les policiers vous ont plusieurs fois avertie que cela pourrait être problématique professionnellement parlant. Comment se porte votre carrière de journaliste ?
C’est intéressant. Quand je suis allée au commissariat, on m’a dit que je ne pourrais plus travailler au Japon. Ca a en effet été compliqué, certains disaient qu’il ne fallait pas accepter ma candidature à un poste car je mettais au point des guets-apens. Mais je pense que j’ai vu de près ce dont les médias japonais sont capables et incapables. J’ai appris comment on peut en parler.
C’est difficile de travailler dans des médias japonais mais c’est important car nous avons tellement de sujets à aborder.
Je suis libre aujourd’hui, j’ai ma propre société de production à Londres, pour réaliser des documentaires. J’avance au jour le jour.
Dans le livre, vous expliquez que votre sœur ne vous parlait plus à cause de la médiatisation de votre affaire. Vos relations se sont-elles améliorées ?
Après le mouvement #MeToo, je pense qu’elle a compris que ce n’était plus aussi effrayant d’en parler. Avant, elle avait peur de ce qui pouvait se passer. Mais cela nous a pris un an pour parler. Elle est plus jeune que moi, et je pense qu’elle avait peur de ne pas trouver d’emploi si les gens découvraient qu’elle était ma sœur, mais elle a commencé à travailler depuis.
Ca a été dur pour ma famille. J’avais peur pour eux. J’ai décidé d’agir, mais eux n’avaient rien choisi, je voulais les protéger autant que possible. Le fait que cela soit maintenant plus ouvert, ils me soutiennent davantage, me comprennent davantage. La libération de la parole, le fait que de nombreuses personnes ont parlé de leur expérience, a changé et m’a beaucoup aidé.
Publier ce livre en France, c’est tellement étrange. Je n’y aurais jamais pensé. C’est un parcours très intéressant.
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
フランス語の勉強?

わたしに「不満を聞く係」というメールが来たので,茶化して返事したらお怒りメール.コワいです.不満をちゃんと聞くから許して.

津波に流されたハーレー展示 施設の除幕式にバイク200台結集
 東日本大震災で被災した米ハーレーダビッドソン社製のオートバイ2台を展示する「TSUNAMIハーレー展示館」の除幕式が21日、宮城県山元町のJR常磐線坂元駅前の農水産物直売所「やまもと夢いちごの郷」の敷地内であった。関係者は「全国のバイク乗りに立ち寄ってもらい、震災を語り継ぐ場にしたい」と語る。
 展示館は約25平方メートル、高さ約3.5メートル。町内の男性が所有していた1台は右ハンドルが取れかかり、車体全体に傷やサビが目立つ。もう1台は業者が亘理町で回収したサイドカー付き。
 3面に設置した窓越しに見学できる。震災の1年後、山元町からカナダに流れ着き、現在は米国のハーレーダビッドソン博物館に展示されているオートバイの大型写真も飾られている。
 同町の住民による一般社団法人「まちづくりやまもと」が約300万円で整備。代表理事を務める自動車販売整備業成毛政孝さん(65)が震災後、車の撤去作業をし、2台を保管してきた。
 除幕式には、成毛さんや県自動車整備振興会山元分会、県ハーレー会の関係者らが出席。宮城県や福島県などからオートバイ約200台が集結した。
 成毛さんは「山元町はハーレーがカナダに流れ着いた奇跡の発祥の地。震災の風化を防ぐため、多くの方に訪れてほしい」とあいさつした。
 石巻市などでボランティアをした熊本県八代市の自営業川尻真豪さん(43)はハーレーで19日夜に出発し、来場。「オートバイには津波にもみくちゃにされたダメージがあり、持ち主の痛みや津波の威力がまざまざと伝わる」と話した。


<いぎなり仙台>学食さ行ぐべ![1]「貧食」のカレーを再現/東北大「キッチンテラス クルール」
 仙台市青葉区の東北大川内北キャンパスの一角に、ガラス張りのしゃれた建物が立つ。ドアを開けると、スパイシーな香りが店内に漂う。学生が黙々と食べるのは、カレーばかりだ。
 「キッチンテラス クルール」は東北大に数ある食堂の一つ。安値でカレーを提供し「貧食(ひんしょく)(貧民食堂の略)」の愛称で親しまれ、2008年7月に閉店した川内第2食堂の後継として10年1月にオープンした。
 1日に出すカレーはなんと約1000食。1回で50人分を調理できる大釜二つで何度も煮込み、売り切れることはない。定番の「自家製カレー(中)」(324円)は、貧食の「普通カレー」と同じルーを使い、かつての味を再現した。
 「貧食のように、ぱっと食事を済ませたいとの声が多かった」。東北大生協食堂部の宮崎研次長がクルール誕生の背景を明かす。「周りを気にせず1人で食べたい」との要望を受け、17年10月には「ぼっち席」と呼ばれる立ち席も設けた。
 友人とよく利用するという法学部1年の清水文塔(もと)さん(18)は「肉や野菜が大きくてうれしい。単位を取るのに勉強が忙しいけど、ここでカレーを食べて頑張る」と笑顔で話す。
 席が空き始めたのを見計らい、記者もボリューム満点の「自家製ヒレカツカレー(大)」(583円)を注文。記者の在学中と変わらぬ味だった。青春の思い出に浸ったのもつかの間、その後の取材で胃がもたれ、卒業後10年で若さを失いつつあると痛感した。(報道部・鈴木悠太)

 仙台圏の名所や話題を取り上げるシリーズ「いぎなり仙台」第2弾は「学食」。一般の利用も可能な大学の食堂を紹介します。
[キッチンテラス クルール]仙台市青葉区川内41。カレーは200〜500円台。丼やイスラム教徒向け「ハラル」対応のメニューもある。平日午前8時〜午後3時、土曜午前11時〜午後2時半。日曜定休。連絡先は東北大生協食堂本部022(216)2162。


宝塚市議に原発避難の女性 8年前に千葉から兵庫へ
 21日に投開票された兵庫県宝塚市議選(定数26)で、立憲民主党の新人川口潤氏(44)が初当選した。東日本大震災が起きた2011年、福島第1原発事故で高い放射線量が測定された千葉県柏市から、子どもを連れて宝塚に母子避難した。当時6歳と4歳だった兄弟は中学生に成長。「この街で生きていく」と決意して立候補し、議席をつかんだ。
 原発事故後の11年8月、子どもを守りたい一心で、インターネットの会員制交流サイト(SNS)で知り合った友人を頼りに宝塚市へ避難した。PTA活動や震災に関する勉強会を通じ、宝塚で「ママ友」らのネットワークが広がった。15年には会社員の夫と家族4人で住民票を移した。
 関東で教員を6年務め、出産後は専業主婦に。「もともと政治には興味がなかった」が、避難生活で自治体ごとに子育て支援策や避難者対応が違うと気付き、政治に関心が湧いた。宝塚に暮らしの「土台」ができるにつれ、「自分らしく生きていきたい」という思いが膨らんだ。議員を志し、立憲民主の候補者公募に手を挙げた。
 訴える施策は、ママ友らと市の課題を話し合いながら練った。不登校や発達障害など、支援が必要な子どものサポートや食の地産地消−。「チームじゅん」を名乗るママ友らと、「子どもを笑顔に!」を合言葉に公園やスーパー前で支持を呼び掛けた。
 来援した党の枝野幸男代表とも並んで演説した。支援者から「全国の避難者に勇気を与えられたら」と声が上がり、選挙活動に一層力がこもった。
 21日深夜、仲間と当選を喜んだ川口氏は「ここからがスタート。一人一人の命を守り、一人一人の声に寄り添う。弱い立場の人が希望を持って生きられるよう、頑張りたい」と決意を新たにした。(中島摩子)


女性市議、最多1239人が当選 統一地方選後半戦
 統一地方選後半戦で実施された41都道府県の294市議選は22日未明、無投票を含めて6724人の当選が決まった。女性が1239人に上り、過去最多となった。総務省によると、これまでは2003年の1233人が最も多かった。
 党派別の内訳では、無所属が3960人で大半を占めた。自民党が698人、立憲民主党197人、国民民主党95人、公明党901人、共産党615人、日本維新の会(政治団体「大阪維新の会」含む)113人、社民党53人、諸派92人。自由党、希望の党は議席を獲得できなかった。
 改選定数は6726だったが、法定得票数に達せずに落選した候補が2人いた。


女性市長、過去最多6人 統一地方選、前回15年を上回る
 統一地方選で実施された市長選で女性候補の当選は6人となった。前回2015年の4人を上回り、過去最多。無投票で2人が当選したほか、新潟県加茂市と山口県周南市では女性候補が現職の男性を破って初当選。京都府木津川市、兵庫県芦屋市は女性候補同士の一騎打ちとなり、無所属新人の元市議伊藤舞氏(49)が元県議の新人に競り勝ち、初当選した。
 東京都三鷹市では現職の清原慶子氏(67)が女性市長初となる5選を目指したが及ばなかった。市長選では女性24人が立候補。内訳は現職4人、新人20人だった。町村長選には4人の新人女性が立候補したが、いずれも落選した。


衆院補選屋良氏当選 新基地断念しか道はない
 昨年9月の県知事選、今年2月の県民投票に続いて、名護市辺野古の新基地建設に反対する民意が示された。
 21日に投開票された衆院沖縄3区の補欠選挙で、フリージャーナリストの屋良朝博氏(56)=無所属=が元沖縄北方担当相の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新推薦=を大差で下し、初当選したのである。
 今回の選挙は、玉城デニー氏の知事選出馬で生じた欠員を埋めるもので、屋良氏は玉城氏の後継候補だった。
 最大の争点である米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設に対し、屋良氏は反対、島尻氏は容認する姿勢を表明し選挙戦に臨んだ。
 名護市を含む沖縄3区で屋良氏が当選したことは、新基地に反対する有権者の切実な思いの表れと言えよう。
 政府は選挙結果を尊重し、新基地建設を速やかに断念すべきだ。ここまで再三再四、民意が示されている以上、県内移設を伴わない普天間飛行場の返還に大きくかじを切る以外に道はない。
 昨年の県知事選で自民、公明などが推した候補者は、辺野古移設を推進する安倍政権の全面的な支援を受けながらも、その是非について最後まで言及しなかった。
 今回、島尻氏が新基地建設への旗幟(きし)を鮮明にしたのは、政治家として当然の態度である。政権側の候補が賛否を明らかにしなかった最近の事例を考慮すると、ようやく正常な形で選挙戦が行われたことになる。
 屋良氏は「普天間飛行場は米軍の運用を変えるだけで辺野古の海を壊さなくても返還可能だ」などと選挙戦で訴えてきた。
 辺野古の埋め立て中止と普天間飛行場の即時運用停止のほか、日米地位協定が定める施設管理権の日本への移管、基地の立ち入り権などを定めた基地使用協定の締結などを掲げている。
 基地問題以外では、離島県沖縄の不利性を補う輸送コストの低減、北部を走る路面電車(LRT)構想の提起、北部の医療体制の充実、児童保育の拡充などを公約した。
 有権者に約束したこれらの政策課題の実現に向けて全力を挙げることは、屋良氏に課された使命だ。
 県選出・在住国会議員は衆院7人、参院3人の10人となり、屋良氏を含む5人が「オール沖縄」系である。玉城知事を支持しない国会議員は自民、維新の5人。このうち4人は比例代表選出であり、沖縄の有権者から直接信任を得ているわけではない。
 国会議員の構成を見ても辺野古新基地建設に反対する民意が大勢を占めていることは明らかだ。駄目押しとなる屋良氏の当選だった。政府は今度こそ沖縄の民意に沿った判断をすべきだ。
 選挙結果は玉城知事に対する信任とも言える。自信を持って政府との交渉に当たってほしい。


[衆院補選 屋良氏が当選]政権のおごりの結果だ
 まるで昨年の知事選を再現したような選挙だった。
 衆院3区の補欠選挙は「オール沖縄」勢力が推すフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)が初当選を果たした。
 「オール沖縄」勢力は、急逝した翁長雄志前知事から玉城デニー知事へのバトンタッチに成功し、玉城氏が知事に転じたことで実施された補選にも勝利し、県内における政治基盤を固めたことになる。
 屋良氏は新聞記者として長く基地問題に取り組んできた。しかし政治経験はなく、一般的にはほとんど無名。知名度不足や組織体制の不備は明らかだった。
 相手候補の島尻安伊子氏(54)は沖縄北方担当相まで経験し、国政与党が全面的にバックアップ。菅義偉官房長官が来県し支援を訴えたほか、3区14市町村のうち13市町村長が支持するなど強大な組織力を誇った。
 一騎打ちの戦いで、屋良氏が勝利を収めた要因は何か。
 昨年の知事選を含めこれまでの選挙と決定的に違ったのは、島尻氏が米軍普天間飛行場の辺野古移設について「容認」の姿勢を鮮明に打ち出したことだ。
 有権者は「新基地ノー」「辺野古埋め立てノー」の意思を明確にしたのである。
 選挙期間中、本紙などが実施した調査で、安倍政権の基地問題への姿勢を「評価しない」と答えた人が68%にも上った。
 選挙結果は、2月の県民投票で辺野古埋め立てへの「反対」が投票者の7割超に達したにもかかわらず、政府が工事を続行したことへの抗議の意思表示でもある。
    ■    ■
 昨年の知事選がそうであったように、今回の選挙も「新しい政治の始まり」を予感させるものがあった。
 新基地建設を巡る屋良氏の主張は、海兵隊の運用見直しによる「辺野古不要の普天間返還プラン」だ。
 単に反対を訴えるのではなく、辺野古とは異なる選択肢という新たなアプローチで無党派層を含む有権者の幅広い支持を得た。
 振興策についても、政府とのパイプを強調する島尻氏に対し、屋良氏は県を通さず市町村に直接交付する補助金創設など国の関与の強まりを問題視した。
 一方、島尻氏の敗因は無党派層に支持が広がらなかったことにある。子どもの貧困対策に直接タッチしてきた実績を打ち出したが浸透せず、辺野古を巡る過去の言動のマイナスイメージも付いて回った。
    ■    ■
 補選の結果、沖縄選挙区は衆院4議席、参院2議席のうち5議席が、新基地に反対する議員で占められることになる。
 安倍政権は、一連の選挙で示された「沖縄の民意」に真摯(しんし)に向き合うべきである。
 日米両政府は19日、ワシントンで開かれた安全保障協議委員会(2プラス2)で「辺野古が唯一の解決策」だと再確認したという。沖縄社会に楔(くさび)を打ち込むための「恫喝(どうかつ)」というほかない。
 辺野古問題は、県との話し合いの中からしか解決の道を見いだすことはできない。


衆院沖縄3区補選 政権に問う3連敗の重み
 辺野古埋め立てを既成事実化して住民のあきらめムードを作り出す。そんな戦術が全く通用しないことを、政権はどう考えているのか。
 衆院沖縄3区の補欠選挙で米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する野党系無所属の屋良朝博(やらともひろ)氏が、自民党公認の島尻安伊子(しまじりあいこ)氏を大差で破り、初当選を果たした。
 玉城デニー氏の知事選出馬に伴う補選だった。沖縄3区は辺野古のある名護市など沖縄本島北部をエリアとする。2014、17年の衆院選で自民党候補を破った玉城氏の後を継ぎ、移設反対派が議席を守った。
 この半年余りを振り返れば、昨年9月の知事選、今年2月の県民投票に続き「辺野古ノー」の民意が三たび示されたことになる。
 安倍政権としては、沖縄の民意を無視する形で埋め立ての土砂投入に踏み切った上での3連敗である。
 選挙戦の構図は昨年の知事選と同じく、野党勢力が一致して支援する「オール沖縄」陣営と、自民、公明の与党に日本維新の会が協力する「自公維」陣営との対決だった。
 知事選で自公維は辺野古問題への言及を避ける戦術をとり「争点隠し」と批判された。その際、経済や福祉などさまざまなテーマが争点だと主張したのが菅義偉官房長官だ。
 今回の補選で島尻氏は、辺野古移設容認をあえて明言して敗れた。もはや論点をずらして結果をぼやかしたり、特殊な地域事情と片付けたりするようなことは許されない。
 島尻氏は参院議員を2期、沖縄・北方担当相も務めた知名度がありながら、全く及ばなかった。安倍政権がこの結果を真摯(しんし)に受け止めないなら、選挙という民主的手続きが何の意味もないことになる。
 自民党内には沖縄3区の負けを織り込み済みと強がる空気があった。第2次安倍政権以降の国政選挙で自民党は沖縄で敗北が続いても全国的には勝利を重ねてきたからだ。
 その結果、政権運営に支障さえなければ沖縄の民意は軽んじても構わないという、倒錯した意識が生まれてはいないだろうか。
 政府の正統性は国民に由来する。権力行使の正統性も時々の選挙によってチェックされる。安倍政権は直ちに工事を中止し、沖縄の民意と向き合うべきだ。


衆院2補選敗北 自民批判と受け止めよ
 きのう投開票が行われた二選挙区の衆院補選は、いずれも自民党の公認候補が敗北した。選挙区固有の事情はそれぞれあるにせよ、自民党に対する有権者の厳しい批判の表れと受け止めるべきだ。
 衆院沖縄3区補選は沖縄県知事選に立候補、当選した玉城デニー氏の議員失職に伴うもので、無所属のフリージャーナリスト屋良朝博氏(56)が自民党公認の島尻安伊子元沖縄担当相(54)を破った。
 沖縄3区には政府が米軍普天間飛行場(宜野湾市)に代わる新基地建設を進める名護市辺野古があり、選挙戦では新基地建設を容認する島尻氏と、反対する屋良氏が激しい舌戦を展開した。
 在日米軍専用施設の70%が集中する沖縄は長年、重い基地負担を強いられ、県民は新たな基地建設に反対する民意を示してきた。
 昨年以降だけでも、九月の県知事選で新基地移設に反対する玉城氏が圧勝し、今年二月の県民投票でも七割が反対票だった。
 こうした民意を背景に、沖縄県は政府に計画変更を繰り返し迫ってきたが、安倍内閣は一顧だにせず、埋め立てを強行している。基地負担を強いられる地元の声に全く耳を傾けようとしないのは、民主主義の軽視にほかならない。
 主要野党が推す屋良氏の勝利は新基地への重ねての反対表明であり、建設を強引に進める自民党政権への厳しい批判と受け止めるべきだ。安倍内閣は、沖縄県民に対する高圧的な態度を改め、新基地建設計画の変更を求める県側との話し合いに応じる必要がある。
 一方、大阪12区補選は、日本維新の会新人の藤田文武氏(38)が、自民党新人の北川晋平氏(32)ら三候補を破った。選挙戦最終日に安倍晋三首相自らが北川氏の応援に駆けつけたが、及ばなかった。
 大阪都構想を進める維新は、大阪府知事と大阪市長がそろって辞職し、立場を入れ替えて立候補する「クロス選挙」で自民党候補を破った。補選勝利はその勢いに乗った、という事情はある。
 とはいえ、道路整備を巡り首相や麻生太郎財務相への忖度(そんたく)に言及した塚田一郎元国土交通副大臣や復興以上に自民党議員が大事と発言した桜田義孝前五輪相が辞任に追い込まれたことも自民不信につながったのではないか。
 地域で相次ぐ自民党敗北は、有権者が長期政権のほころびを敏感に感じ取っている証左だ。首相をはじめ自民党執行部は有権者の批判を謙虚に受け止め、強引な政権運営を直ちに改めるべきである。


衆院補選 おごる政権への警鐘だ
 統一地方選とともに、きのう投開票された衆院大阪12区、沖縄3区補欠選挙は、大阪で日本維新の会の新人、沖縄で野党が支援する無所属新人が勝利し、自民党は議席を得られなかった。
 補選とはいえ国政選挙で与党に厳しい審判が下った意味は重い。
 塚田一郎国土交通副大臣、桜田義孝五輪相の問題発言による辞任など、安倍1強政権の緩みとおごりが止まらない。有権者の警鐘を、政権は重く受け止めるべきだ。
 玉城デニー氏の県知事転出に伴う沖縄3区補選は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が争点となった。名護市は3区管内にある。
 当選を決めた屋良朝博氏は移設反対を訴え、終始優位に戦いを進めた。昨年の沖縄県知事選、2月の県民投票に続き、移設を認めない民意は揺らぐことがなかった。
 移設先海域で軟弱地盤の存在が明らかになり、県が土砂投入の中止を求めても政府は工事を継続している。補選結果はかたくなな姿勢への異議申し立てでもあろう。
 政府は直ちに工事を中止し、代替策について県と協議すべきだ。
 大阪12区は、維新が大阪都構想推進を掲げ圧勝した府知事と大阪市長のダブル選の勢いを保った。
 ただ、12区は自民党現職の死去に伴う補選だった。ダブル選から推薦・公認候補の3連敗という結果は自民党にとって深刻だろう。
 補選終盤では、日銀短観の結果次第で消費税増税の延期もあり得るとした自民党の萩生田光一幹事長代行の発言が飛び出した。
 リーマン・ショック級の危機がない限り予定通り実施すると繰り返してきた政府見解と異なる。
 萩生田氏は「個人の見解」と釈明したが、投票前に戸惑った有権者もいたのではないか。党幹部として無責任のそしりは免れまい。
 野党は塚田、桜田両氏の辞任や萩生田発言を受け衆参で予算委員会の集中審議開催を求めている。与党は後半国会で、補選結果も踏まえた真摯(しんし)な運営が求められる。
 大阪では野党共闘にも課題を残した。共産党は先月末に比例選出の現職議員を無所属で擁立し、野党統一候補としての支援を求めたが、支援態勢は広がらなかった。
 首をかしげたのは立憲民主党の対応だ。衆参で野党第1会派を握っていながら、共闘のまとめ役としての姿勢が見られなかった。
 沖縄の結果は政権との対立軸を明確にし、早くから候補を一本化して準備すれば、巨大与党にも太刀打ちできることを示した。参院選に向けた態勢構築が急がれる。


衆院補選 自民2敗◆民意を受け止め足元見直せ◆
 参院選の前哨戦となる衆院大阪12区と沖縄3区の補欠選挙は、いずれも自民公認の新人が敗れた。自民は両補選で公明の推薦を受けたが2敗を喫した。安倍政権と与党は参院選を前に示された厳しい民意を謙虚に受け止め、足元を見直す必要があろう。
 両補選ともに地域的な事情はあった。大阪は「都構想」を掲げて先の府知事・大阪市長のダブル首長選で圧勝した維新が勢いを保っていた。沖縄では反対の声が強い米軍普天間飛行場の移設計画の是非が争点。2012年の第2次安倍政権発足後、衆参の補選で自民が候補を立てて敗れたのは初めてだ。一定水準の内閣支持率を維持し、「1強」とされる政権だが、その足元は必ずしも盤石ではないことを示した結果と言えよう。
地域の思いが結果に
 沖縄は、移設反対を掲げた玉城デニー氏が圧勝した昨秋の県知事選、辺野古埋め立てに「反対」が7割を超えた2月の県民投票と、反対の声を上げ続けている。にもかかわらず安倍政権は埋め立て土砂の投入に踏み切り、区域を広げながら工事を続けている。
 今回の補選でも自由が擁立し、立憲民主、国民民主、共産など野党各党が支援した無所属の屋良朝博氏が移設反対を訴えた。これに対して、自民新人で元沖縄北方担当相の島尻安伊子氏は移設容認を明言した。知事選で自民推薦候補は移設への賛否を明確にしていない。容認を明言した候補が敗北した今回の結果は、反対の民意がより明確に示されたものと言える。
 自民議員の死去に伴う大阪12区の補選では、自民は議員のおいの北川晋平氏を立てたが議席を守れなかった。維新の藤田文武氏が北川氏と、元衆院議員で無所属の樽床伸二、宮本岳志の野党系候補2氏を破った結果は、大阪での維新の強さを改めて示したものだ。都構想にも追い風となろう。
 自民は安倍晋三首相が応援に入りながら敗れた。地盤沈下が指摘される経済の再生など地域の思いを政権は酌んでいるのか。厳しい反省が必要だ。
政権運営影響を注視
 立民や共産など野党は、米軍基地問題という明確な争点の下で候補を一本化した沖縄で勝利した。一方、統一候補を立てられなかった大阪では議席を取れなかった。沖縄の成功例を今後に生かせるか。参院選や次期衆院選に向けて遅れている候補者の一本化調整が課題となろう。
 補選の前には、桜田義孝前五輪相や塚田一郎元国土交通副大臣が不適切発言で事実上更迭される不祥事が相次いだ。長期政権のおごりや緩みが表れているのではないか。なぜ有権者の支持を得られなかったのか。補選で問われたのは、政権が地域の声に真摯(しんし)に応えているのかという、その姿勢だった。参院選に向けて厳しい総括が必要だ。安倍首相の今後の政権運営と衆院解散・総選挙の戦略に及ぼす影響も注視したい。


「殺人ロボ兵器」規制 現実の脅威となる前に
 人間の指示を待たず、人工知能(AI)が自ら考え、敵を見つけて襲いかかる。そんな殺人ロボット兵器の登場が現実味を帯びつつある。
 これまでは無人爆撃機であっても、遠隔地から人間が指図していた。人が介在するか否かは決定的な違いだろう。戦局の形勢はお構いなしに、ロボットが見分けた「敵」の殺傷を最大の目標に攻撃を続ける…。想像しただけで、底知れぬ不気味さにおぞけを震う。
 味方の兵士を失うリスクが減るため、戦争のハードルが下がる懸念も拭い切れない。まだ開発段階の今こそ、歯止めをかけ、規制する国際的な流れを強めなければならない。
 殺人ロボット兵器としては、自動運転で攻撃する戦車や自動認識で襲いかかる小型無人機ドローンが想定されているようだ。米国や中国、ロシア、韓国などが、水面下で開発にしのぎを削る。完成させた国こそ、まだ存在しないとされるが、日進月歩のAI技術を考えれば、いつ登場してもおかしくない。
 米中ロなど各国が開発を競うのには理由がある。兵力を温存しつつ、効率的に攻撃でき、戦局を有利に進められるからだ。人的ミスによる誤爆を防ぎ、過剰な攻撃も食い止められるとの主張さえある。
 本当にそうだろうか。AIにしても、プログラムの欠陥やハッキング(乗っ取り)で暴走しないとも限らない。味方や戦闘員ではない市民を「敵」と見なし、無差別に殺傷する事態が起きれば悪夢である。不利な戦局を打開しようと、人間なら考えないような残忍な攻撃を仕掛ける恐れも否定できない。
 にもかかわらず、規制に向けた動きは停滞している。
 規制を巡る国際的な議論は6年前、対人地雷などを禁止してきた特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組みで始まった。しかし、開発国と禁止を求める国との溝は埋まらず、殺人ロボット兵器の定義すら、いまだに合意できていない。
 これまで日本政府は、AIの技術革新を阻害するとして規制に消極的な立場だった。だが、議論の行き詰まりに危機感が募ったのだろう。先月末にスイスであったCCW加盟国の会議に先立って、「人間による制御を確保すべきだ」との見解を初めて示し、国際ルール作りを主導する考えを表明した。
 ただ、日本の主張は中途半端と言わざるを得ない。殺人ロボット兵器は「開発しない」と明言したものの、自衛隊員の確保難を見越し、AI活用の防衛装備は開発・配備する方針を示した。「平和利用を妨げてはならない」とも強調する。
 これでは、他国からの支持が広がるはずもない。禁止条約の制定を求める中南米やアフリカの諸国からすれば、日本も自国の利益を最優先しているように映るのではないか。案の定、ルール作りの議論で主導権を握れないままでいる。
 今の状況が続けば、無秩序なまま、殺人ロボット兵器が現実の脅威となりかねない。完成してしまえば、核兵器のように保有国が既得権を主張し、手放させるのは極めて困難になろう。
 日本は、禁止条約の制定を求めている諸国と連携を強め、開発国にブレーキをかける先頭に立つべきである。


F35A墜落 原因の徹底究明が必要だ
 日本の「防空の要」と位置付けられる次世代主力戦闘機の、初めての墜落事故である。
 既に固まっている大量取得方針が妥当かどうかを改めて判断するためにも、原因を徹底的に究明しなければならない。
 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した。事故から10日以上が過ぎたが、パイロットや機体の捜索は難航している。
 F35Aは40代の男性3等空佐が操縦していた。9日夜に訓練のため三沢基地を離陸し、太平洋上で「訓練中止」と告げた後にレーダーから機影が消え、無線連絡も取れなくなった。
 機体が配備されたのは昨年1月だ。3佐は総飛行時間が3千時間を超えるベテランのパイロットで、F35Aの飛行時間は約60時間だった。
 F35Aの墜落は世界でも初めてという。最新鋭の機体を経験豊かなパイロットが操縦していながら、なぜ異例ともいえる事故に至ったのか。
 F35はレーダーで捉えにくいステルス性に優れた、「第5世代」と呼ばれる戦闘機だ。米ロッキード・マーチンが主体となり、米、英、日、イタリアなど9カ国が共同開発した。
 他の航空機や艦船と多くの情報が共有でき、高い機動力とミサイル探知能力を備える。
 防衛省はF35Aを次世代の主力戦闘機とし、昨年12月に閣議決定した防衛計画の大綱や中期防衛力整備計画では、派生型のF35Bとともに大量取得方針を盛り込んだ。
 三沢基地に配備され、墜落事故が起きたA型は通常離着陸タイプだ。
 B型は短距離での離陸と垂直着陸が可能で、防衛省は護衛艦いずも型を「空母」に改修し、艦載機として運用する計画を持っている。
 将来はAB両型で、合計147機体制(うちB型42機)とすることにしている。
 F35Aの1機当たりの取得価格は2018年度契約ベースで約116億円であり、大量取得には巨費を要する。
 今回の墜落事故は、F35の安全性に対して重大な疑問を投げ掛けたといえる。
 事故を受け、事故機が過去に2回、飛行中の不具合で緊急着陸したことが明らかにされた。
 三沢基地に配備された13機のF35Aのうち5機が、今年2月末までに計7回、国内を飛行中に不具合が起き、緊急着陸していたことも判明した。
 こうした機体を既定方針通り次世代の主力と位置付け、従来計画に沿って配備していけるのか。不安を抱いている国民も少なくあるまい。
 事故原因の究明は、日本の国民を守る防衛力整備を適正に進めていくという観点からも極めて重要だ。
 19日の日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)終了後の記者会見で、岩屋毅防衛相はF35A墜落事故を巡り米側に協力を要請した。日米両国が連携し、原因の核心に迫ってもらいたい。


指原莉乃、NGT48山口真帆の卒業にコメント
アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26歳)が4月22日、Twitterを更新。21日に発表された、NGT48・山口真帆(23歳)の卒業についてコメントした。
コメントの全文は次の通り。
※※※ ※※※ ※※※
「信頼できる違う場所で輝けますように。」
「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」
※※※ ※※※ ※※※
昨年12月にNGT48ファンの男2人から暴行被害を受けたと告発したものの、結果的には被害者である山口がグループを去ることになった一連の問題。21日に行われたNGT48の公演に出演し、卒業発表した山口は「事件のことを発信した際、社長には『不起訴になったことで事件じゃないということだ』と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われています」「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」などと語った。


お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒
〈大阪人を敵に回す気まんまんですな〉――。安倍首相が20日、大阪市中央区にある吉本興業のお笑い劇場「なんばグランド花月」を電撃訪問。現役首相として初めて舞台に立ったことに対し、ツイッター上に大阪府民や関西人とみられる人の怒りの声が相次いでいる。
■「吉本新喜劇」を政治利用した安倍首相
 安倍首相はこの日、衆院大阪12区補選の応援演説などで大阪入り。6月に開かれるG20大阪サミットの関連施設を視察後、吉本新喜劇の劇場に向かった。〈経済に詳しい友達〉として登場した安倍首相は、G20で貿易摩擦や地球温暖化などの問題を議論することを紹介。「『四角い仁鶴がまあるくおさめまっせ』という形で解決策を見いだしたい」などと上機嫌に語っていたのだが、このニュースがNHKや民放で報じられると、直後からネット上には怒りの書き込みが殺到した。
〈今日は特に気分悪い 大阪のお笑い文化台無しにした吉本が悲しい 吉本はこんなこともわからんかったんや〉〈安倍はん、アンタは吉本新喜劇で笑い取らんでえぇ〉〈どこが経済に詳しいねん。ど素人やないか、ドあほ〉〈パンとサーカス作戦にまんまと利用されてるやないか〉
 まるでケチョンケチョンだが、吉本も吉本だろう。喜劇王・チャプリンの風刺映画じゃないが、「喜劇」は観客を笑わせるだけじゃない。政治や社会のあり方を批判的に描く側面もあるはずだ。安倍首相を登場させるのであれば、どつき漫才にして「このバカたれ、日本をメチャクチャにしやがって」と、相方が安倍首相の頭を握り拳でバンバンぶっ叩くぐらいの演出があって当然だろう。
 それにしても、なぜ、安倍首相は吉本に出演することになったのか。
「安倍さんと維新は近しい関係だから、補選応援で前面に立って自民候補を支援しにくい。それで選挙色を薄めるために新喜劇に出たのでしょう」(大阪府政担当記者)
 歴代の吉本社長と近しい関係にある関西大の宮本勝浩名誉教授がこう言う。
「出演の詳しい経緯は知りませんが、吉本は大阪人に愛されている。それを(安倍首相は)人気取りに利用したのではないか。一議員ならともかく首相が舞台に立つのは行き過ぎだと思います。漫才で注目を集めるのではなく、政策を訴えるべきです」
 薄っぺらな「アベ政治」の正体見たりだ。


安倍首相の吉本新喜劇出演=お笑いの政治利用に、吉本所属のウーマン村本と星田英利が勇気ある批判!
 こんなことを許していいのか。そう、安倍首相が吉本新喜劇に出演した一件だ。安倍首相は20日、なんばグランド花月で吉本新喜劇が舞台に登場。「本物ですか?」と尋ねる出演者に「ほんまに本物です!」と大阪弁で返したり、「『四角い仁鶴がまーるく収め』る、そういう解決策を見いだしたい」などと、大阪に媚びるようなギャグを口にしたのだという。
 場内には笑いはほとんど起きず、デイリースポーツが「安倍首相 吉本新喜劇でスベる「ほんまに本物です!」、反応今イチ、飛び入り出演」と見出しを打つほど、サムい空気だったようだが、だからといって、この暴挙を見過ごすわけにはいかない。
 安倍首相の出演は、「G20のPR」ということになっていたが、20日は大阪12区の衆院選補欠選挙の投票日前日。実際、出演の直前には、大阪・寝屋川市など3カ所で応援演説を行っていた。安倍首相は明らかに吉本新喜劇を政治利用し、選挙のPRに使ったのだ。
「出演はハプニングでもなんでもない。大阪12区のテコ入れのために少し前、官邸が吉本にもちかけたようです。吉本はこれを受けてかなり入念に準備していた。また、マスコミも数日前から情報をつかみ、取材の体制をとっていました。いわばやらせの選挙PRショーですよ」(大手紙選挙担当記者)
 舞台はテレビと違って、放送法や公職選挙法の規制の対象ではないが、吉本新喜劇の場合はもはやテレビに近い公共的な存在である。それを公党の総裁である総理大臣が選挙運動に利用するというのは、倫理的にありえない行為だろう。
 それは、この非常識なオファーを受けた吉本興業も同様だ。本来、お笑いというのは庶民が権力や権威を笑い飛ばすためにあるもの。大阪の庶民文化に根付いた吉本新喜劇はその象徴でもあった。ところが、吉本の上層部はその“大阪の魂”ともいえる存在を権力者にいとも簡単に差し出してしまったのだ。
「いまの吉本興業は完全に政権にベッタリですからね。法務省のPRを会社ぐるみで受け、タレントにも政府や安倍政権のPRを積極的に引き受けさせている。
吉本は沖縄と大阪でカジノ利権への参入を狙っており、政権に“貸し”をつくっておきたいという狙いもあるのではないかといわれています」(週刊誌記者)
 まったくお笑いの風上にもおけない堕落ぶりだが、しかし、そんな吉本にも骨のある芸人はいる。空気を読み権力に媚びる芸人ばかりが幅を利かすなかで、この間、圧力に屈することなく、「言うべきことは言う」という姿勢をつらぬいてきた、ウーマンラッシュアワーの村本大輔と星田英利(ほっしゃん。)だ。
 二人は今回も吉本所属でありながら、安倍首相の吉本新喜劇出演にはっきりと異を唱えていた。
村本「社会に苦しめられ、笑いに救いを求めて来た客はその時、何を思ったか」
 まず、ウーマン村本は安倍首相が吉本新喜劇に出演した翌日21日お昼の12時すぎに、以下のようなツイートを投稿している。
〈おれは芸人だから総理大臣をこき下ろしても総理大臣を持ち上げて当たり障りのない時間は作らない。〉
〈金もらうなら金もらう芸をすべきだ。それは圧からの解放だ。いまの社会に苦しめられて笑いに救いを求めて劇場に来てたかもしれないその客はその時、笑いに対して、なにを思ったか。〉
「吉本新喜劇」とは明記こそしていないが、村本が何について書いているかは明らかだろう。
 SNSで政権批判をしたりデモに参加するなどしてきた星田英利(ほっしゃん。)も、安倍首相の新喜劇出演に憤りの声を上げている。安倍首相が吉本新喜劇に出演した当日4月20日の18時半すぎから、以下のようなツイートをした。
〈仕事終わってスマホ開いたら、、、
あまりにも気色悪い。反吐が出る。
私は恥ずかしい。〉
〈新幹線から。田舎生まれ田舎育ちなので、夕方に田んぼが景色を映し出す時間がちっちゃい頃から大好きだ。時代が変わっても昔から変わらない景色がある。時代が変わっても変わらない品格や矜持がある。芸能は庶民の味方であるべきこと。芸能は庶民に食べさせてもらうべきこと。〉
 村本同様、「吉本新喜劇」とか「安倍首相」とは書いていないが、仕事を終えた星田がスマホを開いて目に入ったものが、「安倍首相が吉本新喜劇にサプライズ出演」だったことは想像に難くない。星田は、さらに安倍首相の新喜劇初出演にこんな皮肉を飛ばしてみせている。
〈吉本新喜劇は初めてでも、日本新悲劇の座長です。〉
 そして、松尾貴史の以下のツイートもリツイートしている。
〈新喜劇の舞台は、誰も論理的な反論も質問もして来ない「絶対安全地帯」と踏んでの、華やかな選挙運動でしょうなぁ。観客も芸人の皆さんも、随分と見くびられ馬鹿にされたわかりやすい現象。〉
安倍に選挙PRをやらせる一方で、村本の政治発言を封じようとする吉本興業
 村本も星田も決して多くの言葉を語っているわけではないが、この2人の一連のツイートには2人の勇気と知性が詰まっている。何より感じられるのが、この社会のなかでお笑いがどうあるべきかという高い意識と矜持だ。
「芸人だから総理をこき下ろす」「圧からの解放」「いまの社会に苦しめられている者を救う笑い」「芸能は庶民の味方であるべき」
 村本も星田も、単に気に入らない人間が吉本新喜劇の舞台に立ったことを気に食わないと憤っているわけではない。
 ネトウヨたちから「活動家」などと揶揄される村本と星田だが、彼らはあくまで「芸人」として「お笑い」がどうあるべきかという視点に立って、「安倍首相の吉本新喜劇出演」をありえないと批判し、吉本の醜悪な“太鼓持ちぶり”に対して忸怩たる思いを吐露しているのだ。
 そして、庶民の側から権力者や現状への不満や怒りを皮肉や風刺の笑いに変えること、そのことで人々に救いや気づきをもたらすことこそが、お笑いの役割だと強く訴えている。
 しかし残念ながら、この勇気ある芸人たちの声は吉本興業の上層部には届かないだろう。届かないどころか、彼らは会社から政権批判などの言論に圧力を加えられているのが現実だ。
 実際、村本はレギュラーだった『AbemaPrime』(AbemaTV)の最終出演で、政治発言をするたびに所属の「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から、沖縄の米軍基地問題発言をやめるよう圧力を受けていたことを明かしている。
「なんかこう、ちょっとでも僕が沖縄のことを書くと、いままでだったらスルーされていたことが『すごく許せない』ということで会社とかに電話があって。吉本という会社もちゃんとした会社なんで、やはり1件、2件とかで、社員さんなんかが『沖縄の発言、あれはやめたほうがいんじゃない』とか。毎回ですよね」
「番組終わった後、楽屋に毎回、吉本の社員とか偉い人が待ってて、そのまま取り調べみたいなの受けるでしょ? そうなんですよ。僕、最近、吉本の社員のこと、「公安」って呼んでるんですよ。治安維持法でね、ちょっと僕がつぶやいたらしょっぴかれて」
「この前なんか『ガキの使い』で『アウト!』って言う藤原(寛)さん、(よしもとクリエイティブ・エージェンシーの)社長ですよ。社長が楽屋に座ってるんですよ。アベプラが終わったら、『ちょっと来てください』って言われて、『こないだのTwitterの件やけども、これはどうにかならんか、百田(尚樹)さんや高須(克弥)さんのこと』ということで、楽屋に30〜40分も閉じ込められて、ずっと藤原さんに言われたんですよ。『ホンマにあかんときは「アウト!」って言わへんのや』っていうくらい(笑)」
安倍の選挙期間中の吉本出演を批判せず“楽しいニュース”にするマスコミ
 一芸人が安倍応援団批判や基地問題に言及しただけで詰問して止めろと圧力をかける一方で、選挙期間中に政党の総裁を舞台に立たせ、選挙PRに協力する。神経を疑いたくなる姿勢だが、これがいまの吉本興業の姿なのだ。
 これから先も吉本は安倍政権に全面協力をし続けるだろう。たとえば、改憲が発議されて、国民投票が実施されたとき、吉本の芸人が大挙して改憲CMに登場する、なんてこともありうるだろう。
 しかも、この政権への恭順は吉本だけの問題ではない。今回の件で、吉本のやり口以上に暗澹とさせられたのは、安倍首相の投票日前日の吉本新喜劇出演という問題行動を、新聞、テレビがまったく批判しなかったことだ。いや、それどころか、民放やスポーツ紙はもちろん、NHKまでがこれを“微笑ましいニュース”のように取り上げ、そのPRに全面協力していた。
「安倍官邸への忖度に加えて、民放は吉本興業の株主でもありますから、批判なんてできるわけがない。スポーツ紙も吉本とはべったりですからね。安倍首相の吉本出演はそれを見越しての行動なんでしょう」(前出・週刊誌記者)
 報道からエンタテインメントまで、すべての言論と表現が安倍政権に乗っ取られる。そんな日がやってくるのもけっして遠い話ではなさそうだ。


仏 ノートルダム大聖堂火災から1週間 再建本格化か
フランスのノートルダム大聖堂で起きた大規模な火災から、22日で1週間を迎えます。大聖堂は火災の後に行われた補強工事の結果、倒壊するおそれがほぼなくなったということで、今後、再建に向けた動きが本格化するか注目されます。
フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂では、今月15日、大規模な火災が発生し、高さ90メートル余りのせん塔が焼け落ちたほか、屋根の大部分が崩れ落ちる甚大な被害が出ました。
ノートルダム大聖堂ではキリストの復活を祝うイースターの恒例のミサが行えず、21日、近くの教会で代わりに行われました。
ミサの様子はフランス全土にテレビ中継で伝えられ、多くの信者が参列して大聖堂の再建にも祈りをささげていました。
ミサに夫婦で訪れた男性は「カトリック教徒との連帯を示し、大聖堂の火災で心を痛めた人々のために来ました」と話していました。
また信者の女性は「大聖堂のために祈りをささげました。できるだけ早く再建され、いままでどおりフランスを見守ってほしい」と話していました。
フランスのリエステール文化相は火災の後に行った補強工事で大聖堂が倒壊するおそれはほぼなくなったとしています。
フランス政府は大聖堂の再建を5年以内に終える方針を打ち出していて、今後、被害状況の詳しい調査をはじめ再建に向けた動きが本格化するか注目されます。
寄付 まもなく総額1250億円に
ノートルダム大聖堂の再建に向けては、国内や海外から相次いで支援が表明され、地元メディアは総額がまもなく10億ユーロ(日本円でおよそ1250億円)に達するとの見通しを伝えています。
ノートルダム大聖堂の再建に向けた支援は、火災から2日以内には高級ブランド、ルイ・ヴィトンやグッチを傘下にもつ2つの企業グループ、大手化粧品メーカー「ロレアル」の創業者、それに石油会社が、それぞれ1億から2億ユーロの寄付を表明し、この4者だけで寄付は合わせて6億ユーロ、日本円で750億円あまりにのぼることになります。
また、大聖堂にちなんだ作品を手がけたアメリカの娯楽大手ウォルト・ディズニーがおよそ5億6000万円、2024年にパリで開催されるオリンピック・パラリンピックを控える中、IOC=国際オリンピック委員会もおよそ6300万円の寄付を表明しました。
このほか、東京にあるフランス大使館にも寄付の申し出が相次ぐなど支援の動きは世界中に広がっています。
地元メディアは、これらすべてをあわせると、寄付の総額はまもなく10億ユーロ(日本円で1250億円)に達するとの見通しを伝えています。
一方で、大企業などからつぎつぎと巨額の寄付の申し出があったことに、フランスでは批判的な声も上がっています。
国内では格差の解消や生活の改善を求めて、去年11月から毎週末デモが行われていて、大聖堂の火災から初めての週末となった20日、パリで行われたデモの参加者からは「人よりも大聖堂への支援が優先され、貧しい人への支援がなおざりにされている」とか、「再建はもちろん必要だと思うが、もっと大事なこともあるのではないか」といった訴えが聞かれました。
地元メディアは、大聖堂の再建に寄付が集中するあまり、ほかの慈善事業への寄付が減るおそれがあるという懸念の声も伝えています。巨額の寄付をきっかけに、フランス社会の豊かさの偏在が改めて浮き彫りになり、格差の解消や所得の低い層への支援の在り方が議論になっています。


パリ「黄色いベスト」、ノートルダム寄付へ反発も デモ隊と警察が衝突
フランスのパリで20日、マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」の23週目のデモが行われ、デモ隊数十人と警官隊が衝突した。
当局はデモが再び過激化する恐れがあると警告していた。
ロイターが撮影した映像によると、デモ隊数十人が警官隊に向かって投石。一部はスクーターに火をつけ、缶を投げるなどした。
警官隊は催涙ガスやスタングレネード(閃光音響弾)で応戦した。
フランス内務省によると、1200GMT(日本時間午後9時)時点でフランス全土で9600人がデモに参加。うち6700人はパリのデモに参加した。
参加者数は先週の7500人から増えているが、最初のデモが行われた昨年11月17日には28万2000人が参加していた。
パリの検察によると、1300GMT(同午後10時)時点で110人が逮捕された。
一部のデモ参加者は、ノートルダム大聖堂の火災後、多額の寄付金が寄せられたことを取り上げ「すべてがノートルダムに捧げられ、貧しい人々には何も捧げられない」とのプラカードを掲げた。
マクロン大統領は22日に、デモ沈静化に向けた対策を発表する予定だったが、ノートルダム大聖堂の火災を受けて演説を中止。25日に改めて対策を発表する予定だ。


野党共闘、共産党の“査定”は?
★統一地方選挙後半戦と衆院の2つの補選が終わった。メディアは自民党の2敗と幹事長・二階俊博、選対委員長・甘利明の責任論などが問われている。昨年秋からの沖縄県知事選挙、豊見城市長選挙、那覇市長選挙の沖縄3連敗に続いて福岡、島根の保守分裂選、大阪の知事、大阪市長と自民党は落としている。与野党対決で勝ったのは北海道知事選ぐらいといえる。★では野党はどうだろう。この補選で野党共闘が進んだのかといえば圧倒的に強い沖縄は、候補者の勝ち馬に乗るかのように野党が群がったものの、大阪では共産党の現職、宮本岳志前衆院議員が職を辞し、無所属で立候補。野党共闘の捨て石になろうと努力した。一方、その前に行われた大阪の市長選、知事選では維新対自民、公明、共産など野党の構図を作ったものの歯が立たなかった。「その時、党は候補者も立てず、さしたる議論もなく反維新を標榜(ひょうぼう)するだけで自民党候補を勝手連的に応援した。これには大阪の共産党支持者が納得していないという声が出た。その党のアンサーが宮本の無所属出馬ではないのか」(在阪政界関係者)。★それに対して、まともに宮本の応援に入ったのは自由党代表・小沢一郎ら幾人かの野党議員。立憲民主党代表・枝野幸男、国民民主党代表・玉木雄一郎は街頭などには立たず、事務所に激励に入っただけだ。共産党選対委員長・穀田恵二は「宮本の応援に駆けつけた議員は約40人いる」として、名簿にしていて応援の見返りに衆院選での選挙協力で配慮する可能性を示唆した。結果的には自由党、社民党大阪府連に加え、立民や国民、無所属の国会議員、前議員らが応援に入ったがここでも維新の前に敗北した。今回、野党共闘は勝てそうなところは都合よく、厳しいところは冷たくを各党は如実に見せつけたが、穀田の“査定”も面白い。まだまだ協力関係とはいえないが、それで間に合うのか。

「母の死刑執行の映像が頭に浮かぶ」林真須美死刑囚の長男が語る、和歌山毒物カレー事件
 1998年、夏祭りで提供されたカレーに毒物が混入され、それを食べた67人が中毒症状を起こし、うち4人が死亡した「和歌山毒物カレー事件」。
 21日に放送されたAbemaTV『カンニング竹山の土曜The NIGHT』に、この事件で死刑判決が出た林真須美死刑囚の長男が出演。林死刑囚の現在の様子や事件に対する自身の考えなどについて語った。
■長男が取材を受ける理由
 事件当時10歳だった長男は、現在31歳。これまで面会に行くのは1年に1、2回程度だったが、「平成の事件は平成の内にという新聞の見出しなどを見てからは、頻度を増やして月に1回は行くようにしている」という。
 自身がメディアに出たり取材を受けたりするようになった経緯については、「今までは主に父が取材に対応していたが、70歳を越えて判断力が鈍ってきたり、通っているデイサービスにメディアから電話がきたりする。5分ぐらい世間話をしたことが次の日にネットニュースになったりするのを見ていると、長男として自分が前に出てやるべきかなと。姉妹には静かに暮らしてほしいという思いがあり、自分が出る代わりに兄妹のところには(取材に)行かないでほしいという条件をつけた」と説明。一方で、姉妹からは反対の声もあるそうだ。
 長男がメディアに出演することで、死刑執行を止めようとしているのではないかという見方もある。それについては、「僕や父は死刑廃止論者ではない。罪を認めて、動機があって、物証があって、自白があってという事件であれば致し方ない部分はあると思う。母が殺意を持って無差別的に70人ほどの人を苦しめたと自分で言うのであれば、僕ら家族は受け入れないといけない。無理に死刑を回避しようという気持ちで動いているわけではない」と否定した。
■林真須美死刑囚の現在の様子
 事件から21年。林死刑囚の見た目について、「歯が抜け落ちて、治療もあまりしてもらえず、ほうれい線が深く入っていて、年齢の割には老けて見える」と長男。面会時の様子については、「感情に波があって、『あんたごはん食べてるの?』『車の運転気をつけなさいよ』『事件から離れて自分の人生生きなさい』と母親らしい時もあれば、『今日はドアが開くのも怖かった』など行く度感情に波がある」と、刑の執行に関しては恐怖を抱いているという。
 また去年、事件から20年が経って事件について踏み込んで聞いてみようと思ったといい、「保険金詐欺に関しては、父が働かない、ギャンブルで数千万スッてくる中で、子ども4人を育てるために詐欺をしてしまったと認めている。ただ本人曰く、私1人が主犯のように報道されたり裁判所に認定されたりしているが、何億円もの詐欺を1人でできるわけないと。父や居候の協力と、医者の診断書もないと保険は降りない、共犯じゃないかという話もしていた」と説明。
 長男自身も集まりは目にしていたそうで、「父曰く、殺意があって22回も失敗するかなとか。あいつ(林死刑囚)が出すものを食べて、お腹がその都度痛くなっていたら5回くらいで気づくよと。逮捕されたのは両親2人だけで、医者や仲間が集まって談合している景色を見ているので、何で共犯になっていないんだろうと思う」と述べた。
 事件について20年取材を続けている月刊『創』編集長の篠田博之氏は「保険金詐欺についてはそれなりの捜査をしている。当時の検察としては、林死刑囚をカレー事件で立件するために、夫妻含めて画策していたという筋書きがある」とした。
 また、林死刑囚は長男が番組に出演するにあたり手紙を託している。
「『国家殺し』。私は犯人ではなく 国に殺される理由はありません」
「私は犯人ではありません。京都大学の河合潤教授が鑑定して下さってきており、大阪高等裁判所第4刑事部樋口裁判長には、一日も早く、一日も早く、『再鑑定』、『河合潤教授』の証人尋問の決定をし、再審無罪としてもらい、恐怖の日に『鉛で死刑』とされており、『死刑台から生還』したいです。愛しい愛しい話されて21年近くになる4人の子供のもとへ帰してほしく 毎日、おびえてすごしてます」
 1日に1本ボールペンのインクがきれるほど訴訟を起こしているという林死刑囚。当時、過激な見出しを書いた週刊誌などに対して400件ほどの裁判を起こし、7割は勝訴しているという。
■冤罪の可能性は
 林死刑囚が保険金詐欺を行っていたことは事実。しかし、カレー事件については動機が解明されておらず、状況証拠などから死刑が確定し、林死刑囚は一貫して否定している。
 カレーの見張り番をしていた林死刑囚が当時、次女と話しているところや三女が家から遊びに来ているところを長男は見ていたというが、「取り調べで話したが、僕が見ているという証言は、家族をかばうということで採用されない」と説明。「机をバンバン叩かれながら取り調べを受けて、小学5年生の僕が『こう言えば母が有利になる』と考えるのは一切なかった」と話す。
 また、その日林死刑囚らはカラオケに行ったというが、カレーの被害を避けるためだったのか。その点については「計画的に保険金詐欺を繰り返してきた人間が作ったアリバイにしてはずさんじゃないかと思う。かばっているようにしか聞こえないかもしれないが、短絡的に人を殺してやろうと急に思いつくのかと。保険金が入ってくるならまだ動機としてはわかる。“状況証拠”と言われるが、僕としては状況証拠しか出せていない感覚。それで人の命を左右して良いのかという疑問がある」と説明。
 近所との軋轢の噂については、「隣の家の人とはティーパーティーをしたり、誕生日だったら招いたりする人もいれば、嫌いな人もいたという感覚。車が邪魔だとクラクションを鳴らしたり、腹が立ったら水をまいたりする性格で、そんな勝ち気の人がわざわざ家にヒ素を取りに帰って、カレー鍋に入れるという陰湿さは、僕が見てきた母とは質が違う」とした。
 冤罪の可能性について篠田氏は「争点になっているのはヒ素鑑定。当時、最新鋭の機械『スプリング8』で結果が一致したことに裁判所は飛びついたと思うが、検査期間が短すぎたし、十分なことがなされていないとわかってきた。成分が同じだといっても、シロアリ駆除のためにその地域でいろいろな人が使っていて、林家以外でも使われていた可能性がある。他の家にはないと立証されていない」と述べた。
■「自分の不幸話は、話したくないし知られたくもない」
 最後に、長男は事件に対する自身の考えについて次のように述べた。
 「テレビなどで(自分の)放送を見てみると、不幸話だとかイジメだとか、生活苦といったことばかり流れていて、正直僕としてはそんな事話したくないし、知られたくもない。一応は話すが、そんなことをしても事件に動きはなく、不幸な境遇でも母親に会いに行っているような美談にされている。本人は21年やってないと言い続け、冤罪の可能性も出て意見も半々ぐらいになってきた。そういうことを伝えたいが、テレビの看板を背負って当時あれだけ犯人だと盛り上げたのはメディアでもあるので、そこは言いにくいのかなと。
 Twitterなどを見ると『被害者ヅラするな』という声を目にするが、そのようなつもりは一切ない。4人の方が亡くなり、60人以上の方が(カレーを)食べて苦しんでいて、そこを飛び越して『自分が苦しかった』と言うつもりは毛頭ない。
 自立して、周りの友達が幸せそうになっていくが、自分だけ(母の)死刑ということを考えて、何をやっているんだろうと。何度も逃げたくなったが、自分の頭の中で、(母が)首にロープをかけられて『やっていない』と言いながら処刑されるのを映像化してしまって、それが定期的にフラッシュバックのようにやってくる。そういうこともあって、できるだけのことはしようと思っている。
 21年前の出来事にはなるが、欲にかまけた両親が世間をお騒がせしたことについては、家族として申し訳なく感じている。本人は21年間、一貫して無罪を主張しているので、長男としてはその言葉を信じて、事件と両親を見届けていきたい。自分の人生のためにも真相が知りたい」


「五つ星運動」でイタリア政治を変えたコメディアンに聞く
 コメディアンとして劇場やテレビなどで政治や経済がテーマのショーをやって人気を博したが、テレビ業界から干された。2005年に始めたブログは、コメント欄にノーベル経済学者のスティグリッツも書き込むほど注目され、最高で世界7位のアクセスを記録。インターネット言論空間「ルソー」も立ち上げ、そこでの議論や出会いが直接民主主義的な「五つ星運動」につながった。同党は18年3月の総選挙で単独政党として議席数トップを獲得し、連立政権を樹立。論争を呼びながら行動力と発信力でイタリア政治に風穴をあけてきた“台風の目”ベッペ・グリッロが来日、話を聞いた。
  ◇  ◇  ◇
  ――「五つ星運動」における現在の立場は?
 保証人だ。私がつくった「五つ星運動」の路線が外れそうになったときに元に戻す役割をしている。05年、ジャンロベルト・カサレッジョと私はお互いキャリアのピークにきていて、自分のためにではなく人のためになにかやろうとして、ブログや社会運動を始めた。自腹で生活しながら、ちょっとずつ運動をつくってきた。当時の政治家は、こうした政治状況を想像すらしていなかっただろう。われわれも最初はともかく自由になりたいと思って、叫び始めたんだ。
  ――07年から「Vの日」(くそったれの日)も主催し、汚職国会議員の除名を訴え、報道の自由の欠如などを批判してきました。日本語の動画やブログも公開していましたね。
 日本人のことを知りたかったんだ。でもとてもお金がかかったし、いろいろ負担だったから1回でやめちゃったよ。
■テレビに捨てられ市民の信頼を得た
  ――テレビ業界から干された原因は?
 イタリア公共放送と政党との癒着を公共放送ではっきり言ったから追い出された。でもこれは本当によかった。テレビが私を捨てたおかげで、私はマスメディアと闘っていると信頼感を得て、ネットで価値が高まったんだ。ネットはマスメディアと関係なく広がっている。権力はマスメディアを使う。日本をはじめ世界中でそうだろう。マスメディアは何かを教えるのではなく、何も教えないことで国民を操っている。マスメディアは権力集団のひとつなんだ。イタリアではマスメディアは国からお金をもらって政府と仲良くしている。「五つ星運動」はそのつながりをできるだけ切ろうとしている。ケンカを売りたいわけではない。
  ――05年に表紙を飾った「INTERNAZIONALE」誌では、海岸でヌードになって股間にノートブックを広げていましたね。
 私が物質的な存在ではなく、世界に広がるデジタルな存在になっているということを示したんだ。
  ――政治腐敗の要因は多選だとお考えですか?
 それより、議員がマフィアらと関係を持っていることが深刻な問題だ。
  ――政治や経済を「笑い」のネタにすることはイタリアでも日常的ではない?
 とても珍しいことだった。アイロニーやお笑いは政治にあまり入ったことはない。
  ――アイロニーとは皮肉の意味ですか。
 皮肉だけでなく、風刺とか、もう少し軽いもの。アイロニーがないと、人間の心が表れないんだ。政府はひとつの意見を押し付けてくるので、反対意見を言う人が必要だ。その意見にアイロニーがあれば、ファシズムやナチズムは大きくなっていかない。アイロニーの役割はそういう「壁」なんだ。
  ――日本では特に、政権批判の「笑い」はテレビから消えうせています。
 それは良くないことだ。ギリシャや欧州では暴力的な政党が与党になったりしているが、今のイタリアでは暴力的な政党や政治運動は広がっていない。暴力に暴力で応えると肥大化してしまうけど、アイロニーで対抗して大きくさせないようにしているからだ。これをするのはコメディアンの役割みたいなものでもある。
■マフィアがGDPの4%を握る構造を透明化
  ――マフィアが政党の代わりに暴力装置になっているからでは。
 それは違う。今のマフィアは、地方出身者でコカインも扱うような暴力的な人間は少数派。都会出身でハーバード大学に留学したりするような「コレット・ビアンコ」(白いワイシャツ襟の意)の経済エリートたち。完全に変わってしまった。南イタリアのマフィア「ンドランゲダ」はイタリアのGDPの4%を生み出していて、お金が国中に流れている。われわれはこういう状況を「壁」を作って変えようとしている。例えば今まで政府のコンペはオープンではなかった。われわれはそれを透明化した。税金を着服した政治家の政治活動を禁じる法律も作った。これはイタリアでは初めてのことなんだ。
  ――日本では与党政治家の便宜供与疑惑が延々と議論されていますよ。
 内部告発者保護法も作って有力政治家が逮捕されたよ。彼は悪さをしていても牢獄の外に居続けていたんだ。
  ――連立政権を組んだ「同盟」(レーガ)と不協和音はありませんか。
「レーガ」と「五つ星運動」は確かに真逆な点はある。やりたくない政策もあり、微調整をしている。25の政策リストを共有して政府をつくった。われわれは選挙公約は守っているし、実行もしている。
  ――移民排斥を訴えている極右政党の「レーガ」との連立に批判があります。
 イタリア経済には毎年20万人の移民が必要だし、イタリアとしても欧州としても移民の管理は必要だ。本当に深刻なのは、地中海ルートではなく東欧ルートの移民だ。これまで国として何の準備もしていなかった。「五つ星運動」はアンチファシズムだが、さまざまなアイデアを出してきた。旧来型の左翼政党はアイデアもアイロニーも失って消えつつある。しかし、移民問題は人種差別問題に関わるから、アンチ人種差別というアイデンティティーを左翼は得るだろう。
■貧困層800万人にBI導入へ
  ――アンチだけの政党への問題提起ですね。
 深刻なのは、イタリア国内に800万人の貧困層がいることだ。「五つ星運動」では、ベーシックインカム(BI)で普通の生活ができるように打ち出した。市役所から職業訓練などの提案がきてトレーニングなどに通うとお金が支給される仕組みだ。「黄金の年金」と呼ばれる政治家の高額年金を財源にして定額年金受給者の上積みを図ったり、議員特権も整理してきている。
  ――「五つ星運動」は5つの優先目標を掲げていますね。
 水道や再生可能エネルギー、高速道路やITなどをより公共のものにすることは重要な政策だ。AI(人工知能)やブロックチェーン(分散型台帳技術)で仕事の半分は消えるといわれている。われわれは5年後ではなく、30年後の国民や政治を考えて活動している。世界中の人とアイデアを生み出していきたい。
  ――どうやって?
「五つ星運動」では「ルソー」というOSを使っていて、身分証明書があれば誰でも「ルソー」に直接参加してどんな法律でも提案できる。メンバーは18歳から50歳くらいまでが多い。イタリアも日本と同じように高齢化している。彼らはネットはあまり使わず、メディアとの接点はもっぱら新聞やテレビ。ただ、メンバーにならなくても「五つ星運動」に参加できるし、人の数を増やすこと以上に良いアイデアが生まれることの方が大切だ。
  ――最後に少子高齢化への対策は?
 老人を殺そう。もちろん冗談だよ! イタリアではクルーザーを捨てる老人が多いんだ。だから、あれに乗せて沈めてしまえばいいんだよ。これも冗談! イタリア人はブラックジョークが好きなんだよ。そうだな、私には子どもが6人いるから、必要なら1人くらい日本に貸してあげるよ。なんでもやるから!
 *  *  * 
 ベッペ氏はインタビュー中も講演会でも1時間ほど経つと、次第に落ち着かなくなり、ジョークを言いたいのかそわそわしていた。来日中の講演会では17年に来日した「五つ星運動」のリカルド・フラカーロ議員にぶつけられたのと同じ質問がベッペ氏にも投げかけられた。「日本人はなにをすべきなのか」――。くしくも2人とも「日本のことはわからない。日本人がなすべきことでは」とピシャリ。笑いのない正論だった。 (聞き手=平井康嗣/日刊ゲンダイ)
▽Giuseppe Piero Grillo 1948年、イタリア・ジェノバ生まれ。コメディアン、俳優、ブロガー。欧州最大の食品会社の実情を倒産の2年前からデータを用いてショーで告発。米タイム誌の「欧州ヒーロー2005」に選出された。09年に設立されたネット政党の「五つ星運動」(M5S)の設立者にして保証人。「五つ星」は水、エネルギー、開発、環境、交通の5領域を意味する。議員任期2期10年、報酬の半額返上を掲げる。


上野さんの祝辞にモヤモヤ燻り気味な方へ。ようこそ、燃えるフェミニズムへ。
 東京大学入学式の上野千鶴子さんの祝辞が話題になっている。東大卒業生の女性(20代)によれば、「(オレらが世界で一番エライと思ってる)ヤツラへのメッセージとしては最良」と喜んでいた。念のために「全文、読んだ?」と聞くと「これから読む」と言っていた。読んではいないが、フェミニストによる祝辞というだけでそれは、東京大学のマッチョを一刀両断するような快挙なのですと、笑いながら。
 上野さんのフェミニズムは、常に私の斜め上の方向に強い存在感であった。上野さんを読むようになったのは高校生の頃で、それこそ「オレは世界一エライ」と思っている男性学者たちをバッサリバサバサ斬りまくる姿に「かっこいい!」とうっとりした。言葉の喧嘩で勝つ女に憧れたのだと思う。上野さんがバカにするものをバカにし、上野さんが斬るものを一緒に斬る。上野側にいることに心地良さを感じていた若者だった。そしてそういうフェミッ子は、きっと私だけじゃなかったはずだ。
 例えば、上野さんが一刀両断した青木やよひさん(故人)という研究者がいる。近代文明=男性原理として、自然の復権・身体性の復権=女性原理の復権をうたうエコロジカルフェミニズムを提唱していた。「男性原理、反対」と青木やよひさんを愛読していた私だが、上野さんが「エコフェミ?はぁ?女性原理とか言ってるから、日本の女の地位は低いんだよ!」(物言いの強さとしてはこのレベルで)という調子でバッサリ青木さんを斬りはじめたとき、「青木やよひさん、いいよね」と言いにくくなった気分は明確に覚えている。女性学から青木やよひさんが消えた(ように見える)のは、私のような「弱い人」が少なくなかったからだろう。青木さんはその後、ベートーベン研究を深めていかれたが、エコロジカルフェミニズムは日本のフェミ史上90年代で断絶・・・と言ってもいい。少なくとも上野さんが活躍するような「表舞台」からは。
 斬る。とにかく勢いよく。斬るべきではないものも斬ったり、刺したつもりが自分も流血することもある。それでもとにかく斬れ。それが上野流フェミだ。
 さすがに「慰安婦」問題に関する乱暴な斬り方や、「性暴力表現」に関するご発言に疑問を持ちはじめてからは上野流に距離を取り始めていたけれど、今回の東大の祝辞を読んで思ったのは、斬るタイミングや鮮やかな刀裁きは、あくまでも技という点で見事なのかもしれないが・・・というモヤモヤだった。多くの方が絶賛しているものに対して、どのように記していいか迷いつつ、大きな波に飲まれずにやはり言いいたいのは今回の祝辞で締めの言葉だ。上野さんは、長い祝辞をこう締める。
「フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です」
 違うでしょう。
 上野さんの「弱者が弱者のままで〜」は、上野さんのお気に入りのフレーズだが、私がこのコトバに出会ったのは(何の本だったか覚えていないが)、上野さんご自身が小さくて非力であることが記されていたこととセットで記憶している。「成人男性」基準を目指さずとも、またそもそも目指せなくても、そのことにおいて二流市民扱いされるのではない社会を求めるのが上野さんの言うフェミだと私は理解した。だいたい人間は全員老いるし病む。つまりは人である以上誰もが宿命的にテンポラリーな弱者になるだろう。なので弱者に優しい社会とは結果みんなにも優しい社会・・・的な優しい理解が可能だ。
 わかりやすい。そしてもしかしたら、ちょっとウルっとくるかもしれない。「もう頑張らなくてもいいんだよ」と、頑張っているほど癒やされるコトバだとも思う。さらにこのコトバは「成人男性」に変革を求めないでいいから、使いやすくもある。「あなたのような強者が弱者の立ち場でものを考えてみて、そうすれば社会はもっとよくなるから!」と伝えれば、フェミも優しく聞こえてくるというものだ。しかも、弱者とは「自然発生」するので誰も責任を取らなくてよい。
 でも、違くないか? フェミニズムとは、少なくとも私が様々なフェミニストから学んだのは、弱者が弱者のまま尊重されるといった、お気楽レベルで留まる思想ではなかった。性差別に怒り、性暴力に怒り、構造的に不利な立場に追いやられる者が、強者に立ち続ける者に責任を求め変革を求める闘いの言葉だった。闘いたくて闘っているのではなく。闘いを強いられるからこその弱者なのだ。韓国のフェミニズムから、私はそう教わった。
フェミニズムとはだから、弱者の言葉が聞かれ、弱者を再生産する構造を変革する思想である。こんな構造は燃やしたい。喧嘩はせず、キッチリ闘う。相手を潰すのではなく、社会を変える。そのためにあげる燃える声の闘いだ。
 上野流の鮮やかさで目くらましされてから数日経っているので、そろそろ「なんであんなに感動したんだっけ」と振り返りたい方もいらっしゃると思いつつ。強烈なエリート意識集団への祝辞(または呪い)として溜飲を下げるような思いを味わった方も多いのだと思いつつ。女として生きるだけで満身創痍な頑張る自分に向けられた祝辞としてグッとくる思いも理解しつつ。女性学をつくった「主語」がないので、上野さん「が」女性学をつくった、みたいに読めちゃうことも含めて、あの祝辞にもやもやしていた方々とは、違和感を共有したい。フェミニズムの方法論は様々ではあるけれど、弱者が尊重されるなんて当たり前のことで満足せずに、フェミニズムは構造による弱者を生まない社会を求め、性差別構造を燃やし続ける原動力でありたい。だからこそ、「フェミニズムはみんなのもの」(ベル・フックス)なのよと。
ということを、春、性差別吹き荒れる日本を生きる女として考え中。
ようこそ、燃えるフェミニズムへ。

注1:パロディですよ、上野祝辞の。念のため。
注2:心の中の火のことですよ、念のため。決して灰にはなりませぬ。まだ。


マツコ「結婚しようがしまいが人間は一生孤独」「”女はこう生きたほうが正しい”に惑わされる必要はない」
タレントのマツコ・デラックスさんが4月20日放送の「マツコ会議」(日本テレビ)で話した結婚観がネット上で話題となった。同番組では、女医と年収800万円以上のハイステータス男性のみ参加できる婚活パーティーを中継。
マツコさんは、婚活のために福岡から東京に引っ越してきた女医(40歳)に、「みんな簡単にある程度の年がくれば結婚できるって思ってるかもしれないけど、そうじゃない」と諭す。
「『絶対結婚してやる』っていう精神力がないと。頑張ろう、結婚は結婚したいって思った人がするのよ」
孤独に耐性があり、仕事に邁進しているなら「なんら不幸な人生ではない」
また、金髪の女医(32歳)には、派手な髪色からか「特殊すぎると思います結婚するまでの間でいいので自我を若干抑えめにしましょう」とアドバイス。ただ、「誤解のないように知っていて欲しいんだけど、結婚していることが全て幸せかって言ったらそれも違う」とも言う。
「結婚はできると思うけど、幸せになれるって思わないでね。たとえ結婚できなかったとしてもそれは不幸なことではないってことよ」
東大卒の女性外科医(32歳)は4年間恋人がいないという。外科医という多忙な職務も相まって、時間が空いてもスキルアップなどに使っているようだ。友達もあまりいないが、孤独に強いため「人への興味があまりないままこの歳になってしまった」と話す。
スタジオにいるマツコさんが「興味は特にないけどマズイなと思って来た?」と聞くと、「結婚するとか子ども産むとかそういう選択をチェックつかないまま死んでいくことに最近恐怖を感じるようになりました」と説明する。マツコさんは、
「『女性』とか『女の人』とか『女子』みたいな冠がつく後に、すごくステレオタイプに『こう生きたほうが正しいのである』とか『こう生きたほうが幸福なのである』っていうのがあるじゃない。世間には。別に私、それに惑わされることはないと思うのよ」
と諭す。これまで一人で過ごすことが苦痛ではなく、自身の仕事に邁進して生きてきたのであれば、「それでなんら不幸な人生ではないと思うし、外科医でそれを極めようと思ったらプライベートなんてなくなるよね」という。
「周りの目もちょっとずつ変わっていく。私は無理して結婚することはないと思う」
マツコさんはさらに、女性はある程度の年になって独身でいると周囲が色々言ってくるので「OLさんやってたりお医者さんやってたりするとちょっと居心地悪くなってくる」と指摘。
「それもよくないと思っていて、そういうふうに見る周りの目みたいなものもちょっとずつ変わっていくんだと思うのよ。いまはすごくキツいと思うんだけど、私は無理して結婚することはないと思う」
とコメントした。参加者に結婚がすべてではないと説いたため、マツコさんは「今日は私ぶちこわしたわね」と反省したものの、
「こんなこと言ったら身も蓋もないんだけど、結婚しようがしまいが、子どもができようができまいが人間は一生孤独よ。それはもう絶対的に埋めてくれるものの存在なんてないから」
と改めて発言した。これに対してツイッターでは、「言い様のない孤独は結婚したって取り除けないからそれに対してどう向き合うかだよね」「マツコの言葉で救われた」という声が寄せられた。一方、「考えさせられるね。でもやっぱりわたしは結婚したいし、子供が欲しい」という声もあがっている。