ブログネタ
フランス語 に参加中!
にぎり佛 尾道 持光寺050130

Brexit : récit d’une folle semaine entre Boris Johnson et le Parlement britannique
Le premier ministre britannique avait commencé la semaine en position de force. Mais plusieurs épisodes l’ont affaibli et ont contrecarré son projet de ≪ Brexit dur ≫ le 31 octobre.
Par Enora Ollivier
Boris Jonhson n’a cessé de le répéter : le Brexit aura lieu, quoi qu’il advienne, le 31 octobre. A l’issue de cette semaine riche en coups de théâtre et péripéties politiques, peut-il être toujours aussi affirmatif ? En quelques jours, après l’annonce très controversée de la suspension du Parlement pendant plusieurs semaines, le premier ministre, en poste depuis six petites semaines, a perdu sa majorité absolue et semé le doute dans son camp.
• Lundi 2 septembre – L’avertissement de ≪ BoJo ≫•
Veille de rentrée parlementaire au Royaume-Uni. Devant le 10 Downing Street, Boris Jonhson fait une allocution de quatre minutes, sans que sa voix ne puisse couvrir intégralement le brouhaha : non loin de là, des manifestants clament ≪ Stop the coup ! ≫ pour dénoncer la décision du premier ministre de suspendre les débats au Parlement pendant cinq semaines avant le Brexit, fixé au 31 octobre.
Boris Johnson affiche sa fermeté face la colère qui bout également dans son camp. Il encourage les députés conservateurs qui menacent de voter ≪ avec Jeremy Corbyn ≫, le chef du Parti travailliste, à renoncer à leur projet et à ne pas demander ≪ un autre report inutile ≫ de la date de départ de l’Union européenne (UE). Le premier ministre assure qu’il négocie avec les Européens pour trouver un accord de sortie avant le 31 octobre – ce dont doutent très sérieusement l’opposition et les rebelles tories. Mais il insiste : ≪ Je ne demanderai à Bruxelles de report dans aucune circonstance. Nous partirons le 31 octobre, il n’y a pas de “si” ou de “mais”.
• Mardi 3 septembre – La défaite et la purge•
En pleine séance, lors de la prise de parole de Boris Johnson, le député conservateur Phillip Lee va s’asseoir sur les bancs des libéraux-démocrates. L’élu fait défection en direct, Boris Johnson perd sa majorité absolue, qui ne tenait littéralement qu’à un fil, lors de sa rentrée au Parlement : l’image, frappante, donne le ton de ce qui va être une semaine pour le moins éprouvante.
La Chambre des communes est en ébullition. Le député travailliste Hilary Benn dépose un projet de loi dont le but est d’empêcher une sortie de l’UE le 31 octobre sans accord. Le texte demande un report du Brexit au 31 janvier 2020 si, comme cela est probable, aucun accord n’est trouvé d’ici au 19 octobre (soit au lendemain du sommet européen décisif des 17 et 18 octobre).
Pour être étudié et soumis au vote, les opposants à un ≪ no deal ≫ doivent prendre le contrôle de l’ordre législatif. C’est chose faite dans la soirée quand une motion est adoptée par 328 voix contre 301. Une claque pour Boris Johnson, qui voit 21 conservateurs rebelles lui tourner le dos. Parmi eux : le petit-fils de Winston Churchill, neuf anciens ministres, dont l’ex-chancelier de l’échiquier (finances) et le ≪ Father of the House ≫, Kenneth Clarke, député depuis bientôt cinquante ans… Qu’importe, le premier ministre met ses menaces à exécution et ces 21 frondeurs sont aussitôt exclus de leur parti.
Après ce revers, Boris Jonhson n’a d’autre choix que de proposer des élections législatives anticipées. Mais une telle option requiert les deux tiers des voix des députés…
Au cœur de cette journée historique, une autre image, chargée de symboles, fait le tour des médias : la position du ≪ leadeur ≫ de la Chambre des communes, Jacob Rees-Mogg, allongé nonchalamment sur le banc du premier rang. L’opposition voit dans l’attitude de cet homme, ≪ brexiter ≫ convaincu, un symbole de la morgue et du mépris des institutions du gouvernement.
• Mercredi 4 septembre – Nouvelle mise à l’épreuve•
Retour dans la nasse pour ≪ BoJo ≫. La loi visant à empêcher une sortie sans accord le 31 octobre est adoptée confortablement (327 voix contre 298), grâce à l’alliance de circonstance des travaillistes, des libéraux, des indépendantistes écossais et des désormais ex-tories ≪ rebelles ≫. Le texte est transmis à la Chambre des lords, qui devrait l’adopter d’ici à lundi, avant la suspension du Parlement décidée par le premier ministre.
Boris Johnson encaisse un deuxième coup dur dans la journée : le rejet de la motion ouvrant la voix à des élections anticipées le 15 octobre. L’opposition juge la date dangereuse, à deux semaines du jour prévu du Brexit. Dans la Chambre des communes, Jeremy Corbyn pointe un ≪ piège ≫ et le ≪ cynisme ≫ du gouvernement.
Sur les bancs, l’ancienne première ministre, Theresa May, qui a démissionné après avoir échoué à faire voter par le Parlement l’accord de sortie négocié avec Bruxelles, ne se prive pas d’apparaître souriante au côté de Kenneth Clarke, l’ancien ministre et député élu depuis 1970, exclu la veille des tories pour rébellion. La purge de la veille pèse dans le camp conservateur…
• Jeudi 5 septembre – Lâché par son frère Jo, Boris persevere•
Pas de débats à la Chambre des communes en cette journée, ce qui n’empêche pas son lot de rebondissements. A la mi-journée, Jo Johnson, le frère de Boris Johnson, annonce qu’il quitte ses fonctions de ministre et de député. Opposé à un ≪ no deal ≫, favorable à un second référendum, il se dit ≪ déchiré entre la loyauté à l’égard de [sa] famille et l’intérêt national ≫.
Dans le même temps, le premier ministre annonce pour lundi soir un nouveau vote sur la tenue de législatives anticipées, se mettant à nouveau au défi de réunir deux tiers des voix des députés.
Je préférerais être mort au fond d’un fossé ≫ plutôt que de demander un nouveau report du Brexit, déclare plus tard Boris Johnson, maintenant contre vents et marées sa position de fermeté.
• Vendredi 6 septembre – Le ≪ no deal ≫ écarté, l’opposition toujours opposée à des élections en octobre•
La loi empêchant un ≪ no deal ≫ est adoptée par la Chambre des lords. Le texte, qui doit être approuvé par la reine Elisabeth II lundi – une formalité – entrera en vigueur le même jour.
L’opposition, favorable sur le principe à des élections, a fait de l’assurance que le Brexit se fasse dans le cadre d’un accord avec l’UE un préalable. Pour autant, les partis concernés annoncent qu’ils rejetteront à nouveau la proposition de M. Johnson d’organiser des élections le 15 octobre, souhaitant que le gouvernement demande un report de la sortie de l’UE à Bruxelles.
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
フランス語の勉強?
米山 隆一@RyuichiYoneyama
35度を超える大気の中に細かい氷片をばら撒いても直ちに溶けるだけで水を撒いているのとほぼ変わらず、しかも水の融解熱335kJ/kg 比熱4.2kJ/kgに対し蒸発熱は2250kJ/kgと遥かに大きく、結局冷却効果の殆どは蒸発熱なのでホースで水を撒く方が遥かに簡単で効率的です。JOC本当に大丈夫か?と思います。
尚JOCは「人工雪の効果」について実証実験をするそうですが、何の疑いも無く「実験の結果温度の低下が認められたから効果がある!実施する!」と言いそうで怖いです。「いや、もっと簡単安価な『ホースで水巻き(ミストも可)』と比較しないとダメですよね。」と言っている人はJOCにいるんでしょうか。
ええと…何で同じ量?そりゃ同量なら氷の方が冷却できますよ。気温、水温によりますが、気化するまでに奪う熱量は水100に対して氷120位です。でも氷は作るのも撒くのも大変、雪を撒くのはもっと大変ですよね。それなら簡単に撒ける水を10倍でも20倍でも撒いた方が明らかに冷却できるという事です。

山崎 雅弘 @mas__yamazaki
金平茂紀「テレビ報道に長年携わってきた人間の一人として、何ともやり場のない恥辱を覚えている」(毎日)
「『今はさあ、とにかく韓国をたたこう』。在京某テレビ局のワイドショーの制作デスクが定例会議の席で言い放ったそうだ。『数字(視聴率)取れるんだよね』。他国に対する偏見・差別や憎悪をあおって数字(視聴率)を上げる。公共の放送が決してやってはならない禁じ手だ」「悪化している日韓関係に便乗する形で、日本のテレビは、程度の濃淡はあれ、公認の「嫌韓キャンペーン』を繰り広げているかのようだ。特にひどいのが情報系生番組だ。もちろん一部の報道ニュース番組も例外ではない」「徴用工問題とは一体どのような歴史的な事象なのか、ディレクターの君は知っているか。この徴用工問題では、中国との間では裁判で和解が成立し、和解金が支払われている事実を、放送作家のあなたは知っているか」「恐ろしいほどの知識の欠如、無知」


今日は朝早くないのでのんびりです.とはいえ仕事に行く前に図書館に行かねばなりません.
予約で届いていた本がなんと10冊もありました.そのうち1冊はかなり大きな本です.せっかくなので全部借りることにしました.重いです.
クリーニング店に行って1つ引き取りました.自転車なのでどうにか移動できますが歩きだったら大変な量の荷物です.
仕事は大したこともできずにあっという間に時間になってしまいました.
帰りにコピーのB5用紙を見ると全然ありません.ちょっとイラッとしました.

かさ上げ、高台移転1291ヘクタール 8%が空き地、利用未定 東日本大震災8年半
 東日本大震災の被災者向けに自治体が復興予算を投じ整備した宅地約1291ヘクタールのうち、東京ドーム約23個分にあたる約107ヘクタールが空き地や利用未定地となっている。毎日新聞が被災自治体に実施したアンケートで明らかになった。全体の約8%に過ぎないが、これ以外にも宅地に自宅再建を断念する可能性がある住民もおり、未利用地は一定面積あるとみられる。かさ上げした市街地の広範な利用未定地で住民がわずかだったり、高台移転先では住民が孤立したりして、復興に向けた課題となっている。
 アンケートは7〜8月、宮城、岩手、福島の被災3県の30市町村に実施し、全自治体から回答を得た。対象は、内陸や土地をかさ上げして整備する土地区画整理(区画整理)▽高台に移転先を整備する防災集団移転(防集)▽漁業者が多く暮らす地区でかさ上げを図る漁業集落防災機能強化(漁集)――の3事業。防集と漁集は空き区画を、区画整理は利用予定が未定の区画を尋ねた。
 面積では岩手県陸前高田市は一部農地を含む37・3ヘクタールで最大。区画ベースでは、回答があった宅地約1万8500区画のうち、空き区画や利用未定なのは約12%の約2160区画。一方で地区全体のうち、半数以上の空きが生じているのは12地区、5区画以上は39地区あった。宮城県石巻市や南三陸町、福島県いわき市、岩手県釜石市や山田町で目立った。【百武信幸】


宮城・南三陸町の観光客が過去最多の144万人 冬場の閑散期対策が課題
 宮城県南三陸町を2018年に訪れた観光客が約144万4000人(速報値)と過去最多を記録した。南三陸さんさん商店街が集客の核として定着し、ハイシーズンとなる夏場の海水浴客の増加も後押しした。一方、冬場の客足は伸び悩み、閑散期の対策が課題になっている。
 南三陸町の観光客数の推移はグラフの通り。18年は前年比1万9000人(1.3%)増で、2年連続で140万人を超えた。東日本大震災前は10年の約108万3000人が最高だったが、震災後は商店街の整備など復興に向けた取り組みが実を結んだ。
 南三陸さんさん商店街は17年3月、志津川地区の中心部に開業し、町を代表する観光スポットになっている。18年は60万人近くが訪れ、夏場やゴールデンウイークは多くの人出があった。
 震災から復旧し、17年に再開した海水浴場「サンオーレそではま」もにぎわいを見せた。18年は好天が続いた影響もあり、前年比3.7倍の約6万6000人が来場し、過去最多を記録した。
 震災後は三陸沿岸道が延伸し、町への交通アクセスの向上が集客に一役買っている。町商工観光課の佐藤宏明課長は「今後もいい流れを維持し、観光客が町内に滞在する時間を増やすことで観光消費額の拡大につなげたい」と話す。
 一方、冬場の観光客は夏場の4割に落ち込み、苦戦が続く。南三陸さんさん商店会の山内大輔会長は「閑散期こそ、お客さんに注目される取り組みを実施しなければならない」と危機感を募らせる。
 町観光協会は秋冬の集客を図るため、11月から来年2月末まで町内の飲食店や宿泊施設で使えるクーポンを掲載した冊子を初めて作成し、販売を始めた。担当者は「冬場の底上げは大きな課題。観光客に町内を周遊してもらい、リピーターの増加につなげたい」と話している。


地方紙フォーラムin石巻が閉幕 地域の魅力発掘 連携通して発信
 河北新報社など全国の地方紙12社が参加する「第16回地方紙フォーラムin石巻」は6日、宮城県石巻市の石巻河北ビルで分科会を開き、地方紙連携の強化を確認して2日間の日程を終えた。
 分科会は「人口減少社会の地域づくり」「地方の魅力 新たなる挑戦」をテーマに、2班に分かれて意見交換した。
 進学で上京した若者が地元に戻るよう、高校で郷土教育に力を入れるべきだとの意見や、食文化や自然など地域独自の魅力を掘り起こし、地方紙連携を通して全国に発信する必要があるとの指摘もあった。
 宮城学院女子大(仙台市)現代ビジネス学部長の宮原育子氏は「地方の課題はナショナル、時にはグローバルなレベルに発展する可能性がある。常にローカルにとどまらない視点での取材と発信が必要だ」と講評した。
 終了後、参加者は東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった石巻市大川小を視察した。


気仙沼大島大橋、開通後の観光客数が50万人に 4ヵ月半で快挙
 今年4月に宮城県気仙沼市の本土と気仙沼大島大橋でつながった大島の観光客数が、橋開通から約4カ月半で約50万人に達し、市に記録が残る1989年以降で最多だった91年の45万6200人を超えたことが6日、分かった。橋開通の効果が続き、夏の観光も好調だった。
 同日あった市議会震災調査特別委員会で、市が明らかにした。島内の駐車場から観光名所の亀山に向かうシャトルバスの利用者数や駐車台数、県による交通量の調査などを基に推計した。
 大型連休中(4月27日〜5月6日)の交通量の数値を県が修正したのを機に、市は1台当たりの正確な乗車人数を算出し、新たな推計値を割り出した。
 4月7日〜8月18日の134日間の観光客数は49万3819人。島にある小田の浜海水浴場がオープンしていた7月20日〜8月18日は、計17万8135人が訪れた。
 特に、お盆を含む8月10〜18日の来島者は計8万5052人。1日当たり来島者数は9450人で、開通直後だった大型連休中の1日当たり来島者数(7204人)も上回った。
 小田の浜海水浴場の海水浴客は2万5264人で、東日本大震災前の2010年の1万4810人を超えた。1996年(3万400人)以来、23年ぶりに2万人を突破した。
 市観光課は「気仙沼市や岩手県を含む周辺自治体への帰省客が橋を渡り、島内を観光した」と分析している。


河北春秋
 北海道むかわ町を流れる鵡川(むかわ)の上流に「大崩れ」と呼ばれる場所がある。昔、盗賊集団が通り掛かった時、赤い鉢巻きの女神が踊っていた。盗賊は感謝し、その場に野宿する。すると、夜中に崖が崩れて…▼岩石に埋まった盗賊の魂はマムシになった。だから、この土地にマムシが多くなったという。『北海道の伝説』(更科源蔵・安藤美紀夫著)にあるアイヌ民族の伝承である▼アイヌ伝承は自然災害に関係した話が多い。専門家によると、鵡川流域は崩れやすい岩があることから、災害を伝えるための伝説と考えられるという。伝説の舞台となったむかわ町や隣接する厚真、安平町で大きな被害が出た北海道地震からきのうで1年になった▼関連死を含め44人が死亡。今も3町の約420人が仮設住宅に暮らす。被災者は少しずつ生活再建を進めているが、心配されるのは心のケア。大切な人や家を失った悲しみが消えない▼アイヌ語で「こんにちは」は「イランカラプテ」。直訳すると「あなたの心にそっと触れさせていただきます」の意になる。「育て合う」を意味する「ウレシパ」という言葉も使われた。神である自然と共生し、他人を大切に思い、助け合いながら生きてきたアイヌの人々。心の復興を支援するため、その精神を生かせればと思う。

北海道地震1年  教訓を生かした備えを
 最大震度7を観測した北海道地震の発生から1年がたった。
 大規模な土砂崩れが起きた厚真町を中心に関連死3人を含め44人が死亡、785人が負傷し、道内で国内初の全域停電(ブラックアウト)に見舞われた。
 住宅被害の大きかった3町では、現在も425人が仮設住宅に身を寄せ、公営住宅や「みなし仮設」で仮住まいを続ける人も多い。
 被災者の生活再建と地域の復興を加速させると同時に、被害の教訓を今後の大地震への備えに生かしていきたい。
 北海道地震では広範囲で土砂崩れが起き、山裾の集落をのみこんだ。国土交通省の分析で崩落面積は推定約13・4平方キロと記録が残る明治以降最大で、火山灰などが積もった表層部が強い揺れで一気に崩れ落ちたとみられている。
 住宅近くで危険箇所とみられていた43カ所で崩れ、うち22カ所は土砂災害防止法で避難計画の策定を義務付けている「土砂災害警戒区域」に未指定だった。
 手続きの煩雑さや地価下落への懸念から、指定率は都道府県で差が大きい。警戒区域は大雨による土砂災害を想定していたが、地震被害の想定や対策を点検し、住民に周知して備えるべきだろう。
 未曽有の大停電は、道全域の約295万戸に及び、ほぼ復旧するまで約2日間かかった。
 最大の原因は、道内の電力需要の半分程度を賄っていた苫東厚真発電所が緊急停止したことだ。需給のバランスが崩れ、機器の故障を防ぐため他の発電所が連鎖的に停止する事態に陥った。
 信号機は消え、電話や電子決済が使えず、物流や工場生産もストップした。多くの病院は外来診療を縮小し、透析患者や妊婦らへの対応に綱渡りを迫られた。電力に依存した現代の都市や生活のもろさを突き付けたといえる。
 再発防止に向け、北海道電力は新設の火力発電所を稼働させて苫東厚真への依存度を下げ、本州との間の送電容量も地震時より1・5倍に強化した。
 電源の集中は効率が良いが、非常時には弱い構造だ。各地で水力、太陽光など再生可能エネルギーを活用した電源の分散化や「地産地消」の取り組みが求められよう。
 南海トラフ巨大地震では最大2930万戸が停電し、東海−九州の太平洋側を中心に約9割が停電すると想定されている。ライフラインの確保策とともに、私たちの暮らしや備えの在り方も見直していく必要があるだろう。


胆振東部地震1年厚真町で追悼式
去年9月の地震で37人が犠牲になった厚真町で7日、追悼式が開かれ、遺族などが亡くなった人たちを悼みました。
去年9月の胆振東部地震の発生から6日で1年になるのに合わせて、37人が亡くなった厚真町で追悼式が開かれ、遺族や住民のほか鈴木知事など600人あまりが参列しました。
まず全員で黙とうしたあと、宮坂尚市朗町長が「犠牲になられた皆さんは厚真町にとってかけがえのない人たちだった。復興までは遠く険しい道のりだが犠牲になられた人たちから託された郷土、厚真町の輝きを取り戻すため町民と一丸となって立ち上がりたい」と述べました。
また遺族を代表し両親を亡くした早坂信一さん(54)が「突然、家族や友人を失った事実をそう簡単に受け入れられるものではない。ただ、亡くなった人たちは、私たち家族がいつまでも泣いているのではなく幸せになることを望んでいると思う」と述べました。
このあと参列者は祭壇に花を供え、亡くなった人たちを悼んでいました。
大きな被害が出た厚真町と安平町そしてむかわ町では地震から1年が過ぎた今でも700人あまりの住民たちが仮設住宅などでの暮らしを余儀なくされていて生活の再建が課題となっています。


政宗の甲冑などデザイン「伊達な文化」ようかん包む
 和菓子製造の白松がモナカ本舗(仙台市)は、仙台藩祖伊達政宗の甲冑(かっちゅう)など、文化庁認定の日本遺産「政宗が育んだ『伊達』な文化」をデザインしたオリジナルパッケージの「ミニヨーカン」(1100円)を発売した。
 箱の大きさは縦約11センチ、横約17センチで、ようかん6個入り。箱や個包装には陣羽織や瑞鳳殿など11の文化財を写真と説明文で紹介。スマートフォンで箱や個包装のQRコードを読み込むと、文化財の詳細な説明画面を見ることができる。英語や中国語など6カ国語に対応した。
 宮城県教委文化財課によると、地域の歴史や文化財に物語性を持たせて魅力を発信する日本遺産を商品のパッケージに使用する例は全国的に珍しいという。
 早坂薫副社長らが6日、県庁を訪れ、佐野好昭副知事に新パッケージを披露した。
 早坂副社長は「先人が刻んだ歴史と文化を紹介し、宮城の魅力を伝えたい」と語った。直営店やデパートなどで販売している。


内部留保 過去最高/なぜ賃上げに回せないのか
 経済の循環がここで目詰まりを起こしているのではないか。財務省が2日発表した2018年度の法人企業統計によると、企業が蓄えた内部留保が過去最高の463兆円を超えた。過去最高額の更新はこれで7年連続となる。
 国内総生産(GDP)の1年分に迫るほど巨額の内部留保だ。これだけの額が積み上がった一方で人件費に回った割合を示す労働分配率は低いままだ。依然として賃上げに回せないのはなぜなのか。
 経済団体からは説得力ある理由が示されない。こうした状況が続くようでは、法人税の増税や内部留保税の新設など企業税制の在り方を改めて検討すべきではないか。
 政府税制調査会が月内に首相に答申する税制の在り方に関する提言では、社会保障制度と財政を維持するため何らかの増税策が必要と指摘するという。安定財源として消費税のさらなる増税の必要性を示唆するとみられる。
 しかし、10%を超えて消費税をさらに増税するのは、経済への影響が大きすぎる。GDPの6割近くを占める個人消費に深刻な打撃を与えるのは明らかだ。消費税を狙い撃ちにするのではなく、現在の経済状況を勘案しながら、あるべき税制を議論しなければならない。
 内部留保がこれだけ増えた大きな背景は、大規模な金融緩和によって為替が円安基調に転じ、輸出企業を中心に好調な業績が続いたためだ。米中貿易戦争の影響などで新たな設備投資を手控え、むしろ内部留保に回す企業が増え始めた状況もある。
 デフレ不況に加えて、08年のリーマン・ショックによる痛手から、多くの企業が防衛意識を強く持ってきたとされる。貿易摩擦などで企業経営は厳しさを増し、将来を見通しにくい環境とはいえ、それでもこの内部留保の額は尋常ではない。
 将来の危機に備えて手元資金を手厚くしておくという合理的な意味合いを既に超えているように見える。
 企業に対する新たな税制を視野に入れていい時期ではないか。日本の場合、法人税の名目上の税率はともかく、特に大企業が現実に負担している税額は、各種の優遇策によって諸外国と比較してもかなり低いといわれる。
 内部留保の増加に対し、麻生太郎副総理兼財務相は経済界の姿勢を批判してきた。法人税が引き下げられても賃上げや投資に慎重な企業に率直に不満を述べている。東京五輪後に予想される景気失速への不安など、企業側にも理由はあろうが、麻生氏の指摘は的を射ている。
 内部留保に対する新たな課税、企業規模や資本金によって税率を高くしていく法人税の累進税化、これまで減税を続けてきた法人税そのものの転換。巨額の内部留保を巡っては、検討すべき論点と選択肢は数多くある。


北方領土交渉 解決の道筋、一体どこへ
 安倍晋三首相はロシア極東ウラジオストクで、プーチン大統領と会談した。北方領土問題を含む平和条約交渉を巡っては「未来志向で作業を進める」方針を確認するだけにとどまり、具体的な進展はなかった。
 交渉は進むどころか、むしろ後退しているのではないか。日ロ間に横たわる根本的な難題が浮き彫りになるばかりだ。平和条約の前提となる北方領土の主権を巡る歴史認識の隔たりは埋めることができず、安全保障の問題も越えがたい障壁である。
 具体的な展望があるようには見えない。政府は交渉の行き詰まりを率直に認め、仕切り直すべきではないか。交渉をいったん総括し、国民への説明責任を果たすべきだ。
 昨年11月のシンガポールでの会談で、両首脳は1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速させることで一致した。宣言では、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すことを明記している。
 首相は認めていないが、国後、択捉を加えた4島返還から2島先行返還へ転換したとみられている。日本からしてみれば大幅な譲歩である。なんとか交渉の膠着(こうちゃく)状態を打開し、早期に交渉を進展させたい思惑があったのだろうが、見通しが甘かったようだ。
 ロシアの姿勢はかたくなだ。第2次大戦の結果、北方四島が合法的にロシア領になったとの原則論を繰り返す。四島をロシア領と認めない限り交渉はできないとし、「北方領土」という表現も受け入れていない。
 譲歩したとはいえ、「北方領土は固有の領土」との主権に関する基本認識は譲れない。ロシアの主張を受け入れることなどできない。
 さらにプーチン氏は最近、日本の安全保障の生命線とも言える日米同盟を問題視する発言を繰り返している。日本が導入を決めた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」もロシアへの脅威だと批判している。
 ロシアは、北方四島をオホーツク海防衛線の一部と位置づけ、ミサイル配備など軍備の増強を続けているのが現状だ。「新冷戦」とも言われる米ロの軍拡競争は、今後さらに激化する懸念が強い。北方領土はその最前線にある。交渉をさらに難しくさせるのは間違いない。
 今回の首脳会談の直前にも、プーチン氏は北方領土の色丹島に建設した水産加工場の稼働式典に、テレビ中継の映像で参加した。領土問題に対する強気の姿勢とともに、自力による北方四島の開発を誇示したかったのだろう。
 首相はプーチン氏との個人的な信頼関係の構築が領土問題の解決への早道として、今回を含めて27回も会談を重ねてきた。その結果が今回の仕打ちである。プーチン氏にもともと領土交渉を進める意思があったのかどうかも疑わざるを得ない。
 首相が領土問題の解決への環境整備と位置づける共同経済活動では、観光ツアーなどの試行事業を10月に実施することで合意した。だが、ロシアは「国内法で行う」姿勢を崩していない。具体的な実行は見通せないのが実情だ。
 このまま交渉を重ねても、解決への道筋が開けてくるとは思えない。日本は、対ロ交渉の戦略と戦術を練り直すときだ。


真の独立チャンスに変われない日本
★5日、極東ウラジオストクでの東方経済フォーラム全体会合の討議でロシアのプーチン大統領は、米国が日本や韓国にミサイルを配備する意向に懸念を表明するとともに日本が導入する「イージス・アショア」についてけん制した。首相・安倍晋三は日ロ平和条約交渉について「締結という歴史的使命がある。未来を生きる人々をこれ以上もう待たせてはならない」と述べながらもイージス・アショアについて「北朝鮮のミサイルからわが国を守るため」日本が保有・運用し米国が運用するのではないと反論した。★これが27回、胸襟を開いて議論をし、信頼関係の出来上がっている首脳同士のやりとりとは思えない。予備交渉の段階でロシアのラブロフ外相が「北方領土返還の時に日米安保はどうなるか」と聞いているが、当時対峙(たいじ)した国家安全保障局長・谷内正太郎は「それは変わらない」と返答、また、同国のパトルシェフ安全保障会議書記との会談では北方領土2島返還後の米軍の基地配備について問われ「あり得る」と答えたといわれている。★ロシアが仰天したのはその中身こそが、安倍とプーチンという首脳同士で議論するべきことで、下打ち合わせでは「それは両国の首脳同士で話すこと」と言うべきところを谷内が回答したことと、(領土返還で日米安保も動かすことで)これでやっと戦後を終わらせられる、つまり真の独立になるのではと問うたロシアにいかに米国の属国慣れしてしまったかだろう。★最近ではなんと米トランプ大統領からも日米安保見直し論が飛び出したし、今の韓国はまさに在韓米軍撤退の議論につながっている。つまり東アジアの安全保障の冷戦的秩序が崩壊しようとしている今、冷戦を維持し日米の戦後体制を維持したいと言い続ける日本という国に仰天したのだろう。真の独立のチャンス、または15年後には米中の食い物にされるのが分かっていながら変われない理由を外交関係者は「自分が関わっている間は何とか持つのではないかという考えの人たちがつかさどっているから」と説明する。それならば、期待を国民に抱かせたり、外交を売り物にするのはやめて欲しい。(K)

領土返還は絶望的…安倍首相“ポエム演説”にネット民も呆然
〈これってポエムだろう〉〈必死に笑いをこらえるプーチンの表情が「笑ってはいけない」の出演者とソックリだよ〉――。5日、ロシア極東ウラジオストクで開催された国際会議「東方経済フォーラム」に出席した安倍首相の演説に対し、ネット住民が呆れ果てている。
 全体会合で行われた安倍首相の演説はざっとこんな内容だった。
「ウラジーミル。君と僕は、同じ未来を見ている。行きましょう。ロシアの若人のために。そして、日本の未来を担う人々のために。ゴールまで、ウラジーミル、2人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか。歴史に対する責任を、互いに果たしてまいりましょう。平和条約を結び、両国国民が持つ無限の可能性を、一気に解き放ちましょう。そのほとんど次の刹那、日本とロシアの連結は、地域を変える。世界を、大きく変え始めるでしょう」
 領土問題を抱える相手国のトップを「君」と親しみを込めて呼び、すがるような目をしながら「同じ未来を見ている」「2人の力で駆け抜けよう」と呼び掛ける。ほとんど“青年の主張”のような演説で、領土返還を迫る“迫力”はどこにもなかった。
 笑いをこらえたかのように見えたプーチン大統領には、北方領土の返還が絶望的となった安倍首相が「空想の世界」に逃げた――と見えたのではないか。
 そもそも、プーチンが日本との前提条件なしの平和条約締結を呼びかけたのは、ちょうど1年前のこの会議だった。プーチンの挑発的な発言を真に受けた安倍首相は、歴代政権が積み上げてきた「4島の帰属問題を解決」という従来の日本政府の方針を勝手に転換して「2島返還」に舵を切り、3000億円もの経済協力まで約束した。ところが、結局、日ロ交渉は1ミリも進展しなかった。
 マトモな国なら、だまされたことに気づき、ひとまず距離を置くものだ。ところが安倍首相は、「プーチン大統領と27回目の首脳会談」などと大はしゃぎで会議に出掛け、プーチンが色丹島に完成したロシア産・水産加工場の従業員をTV電話で激励する姿を見ても直接抗議はせず。その揚げ句のポエム演説だったから、ネット住民が大騒ぎするのもムリはない。元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。
「ロシアは北方4島に対するプレゼンス(存在感)を強める姿勢をますます鮮明にしていて、日ロの領土問題は間違いなく後退したと言っていい。現実的な解決策が見つからないため、演説がスローガン的な内容になる。(ポエム調は)交渉行き詰まりの証左とも言えるでしょう」
 安倍首相が韓国叩きに走るワケだ。


北方領土交渉 国益最優先に対応せよ
 安倍晋三首相はロシアのウラジオストクでプーチン大統領と会談した。北方四島での共同経済活動に早期に取り組む方針を確認するにとどまり、肝心の平和条約締結に向けた交渉は、両首脳にとって27回目を数えた今回の会談でも具体的な進展がなかった。
 両首脳は昨年11月のシンガポールでの会談で、平和条約締結後に歯舞、色丹、国後、択捉の4島のうち歯舞、色丹の2島を引き渡すと明記した1956年の共同宣言を基礎に、交渉を加速させることで一致した。大筋合意を目指して今年6月に大阪で行われた会談が不調に終わったため、仕切り直しを図った。だが歩み寄りは見られず、むしろ溝が深くなった印象だ。
 日本は北方領土について、ロシアに不法占拠されているとの立場から4島一括返還を求めてきた。これを2島先行返還を軸にした交渉に事実上かじを切った。少しでも進展させるためだったが、国民への説明はいまだにない。交渉は停滞したままだ。方針転換に問題はなかったのか。事態をどう打開するのか。安倍首相には丁寧な説明を求めたい。
 安倍首相は首脳会談に続いてウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」全体会合の演説で、「歴史に対する責任を互いに果たそう」とプーチン氏に平和条約の早期締結を呼び掛けた。北方領土問題は長年の懸案だ。元島民の高齢化が進む中、悠長にしていられないのは確かである。
 だが、ロシアからは解決への意志は感じられない。メドベージェフ首相が先月、択捉島を訪問したのは象徴的である。プーチン氏も会談直前、色丹島の水産加工工場の稼働式典にビデオ中継で参加した。北方四島を実効支配している現状を誇示し、挑発する行動だ。交渉加速どころか、明らかに阻害している。
 ロシアが北方四島と千島列島を米国に対抗する核戦力の拠点と位置付け、地対艦ミサイルの増強を図っているのは極めて憂慮すべきことだ。2016年に択捉島と国後島に持ち込んだほか、さらに千島列島にも配備したという。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画が、そんなロシアに軍備増強への口実を与えている。
 両首脳は次回会談を、11月にチリで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に行うことで合意したが、この短期間で交渉が急展開するとは思えない。プーチン政権の戦略的な思惑やロシア国民の多くが北方領土の引き渡しに反対している事情も踏まえれば、道のりは険しいと言わざるを得ない。
 安倍首相の自民党総裁任期は21年9月まで。自らの手で問題解決への道筋を付けたい考えは強いだろうが、国益を損ねては取り返しがつかない。ロシアの出方をいま一度分析し、冷静に対応するべきだ。


北方領土交渉 実効支配が進むだけでは
 立場の隔たりが鮮明になる一方で、ロシアの実効支配だけが進んでいるように見える。現状に強い懸念を抱く。
 安倍晋三首相がロシアのウラジオストクでプーチン大統領と会談した。北方領土問題を含む平和条約締結交渉を巡り未来志向で作業を進める方針で一致したが、具体的進展はなかった。
 北方四島での両国による共同経済活動に関しては、早期具体化へ取り組むことを確認した。
 注目すべきは、プーチン氏が会談後、条約締結には「多くの問題」があると述べ、安全保障面での米国との関係が障害になっていると強調したことだ。
 ロシアは、米国に対抗する核戦力の拠点とするオホーツク海防衛線の一部として北方四島を位置付け、地対艦ミサイルの増強を図っている。
 戦略的にも重要な北方四島を、米国と同盟を結ぶ日本には簡単には引き渡すことはできないという意思がうかがえる。
 平和条約交渉を巡っては、大筋合意を目指した6月の大阪での首脳会談が不発に終わっていた。安倍首相は今回、仕切り直しを図ったが、逆に合意への道筋が険しさを増したともいえるのではないか。
 さらに危惧するのは、ロシアが着々と島の実効支配を進めていることだ。
 象徴的なのが、プーチン氏が首脳会談前に、色丹島の水産加工工場の稼働式典に中継映像を通じて参加したことだ。
 プーチン氏はこれまで、4島のインフラ整備での視察や式典参加は閣僚らに一任してきた。
 それが会談前に異例の形で本人が前面に登場したことは、自国領として妥協せずに4島開発を進める姿勢を鮮明にしたといえるだろう。
 8月にはメドベージェフ首相が、4年ぶりに北方領土訪問を強行し実効支配を誇示した。
 プーチン氏は一貫して日本との平和条約締結の重要性に言及し、意欲も見せている。
 このため、ロシアの強硬姿勢は「国内向けアピール」だとの受け止めがある。
 世論調査では、ロシア国民の約7割が北方領土の日本引き渡しに反対している。
 一方で政権与党の支持率が低落し、今月の統一地方選では北方領土を事実上管轄するサハリン州などで与党候補の苦戦が伝えられるからだ。
 安倍首相は、北方領土を「固有の領土」と表現するのを避け、ロシアへ徹底的な融和姿勢を示している。
 首脳会談後の演説でも、北方領土での共同経済活動や人的交流が進展しているとして「その先に平和条約の締結という歴史的使命がある」と強調し、協議の加速を求めた。
 しかし日本政府内の一部には、ロシアが領土交渉を「エサ」に、日本から経済協力だけを得ようという思惑があるとの疑念の声が消えないのも事実だ。
 こうした中で首相はどう隔たりを埋め、領土返還に結び付けるのか。言葉だけが躍る外交では困る。


日ロ首脳会談 交渉の行き詰まり認めよ
 27回も首脳会談を持ちながら平和条約締結交渉は一向に進まず、むしろ後退している感が否めない。
 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領がウラジオストクであった「東方経済フォーラム」出席を機に会談した。ただ、平和条約締結交渉に関しては、未来志向で作業を進める方針を確認しただけで、具体的な進展はなかった。
 交渉の進展に期待感を抱かせたのは、1年前のこのフォーラムで「前提条件なしの条約締結」とプーチン氏が持ちかけたことだ。昨年11月のシンガポールでの会談では、条約締結後の歯舞、色丹2島の日本への引き渡しを明記した1965年の日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速させることで一致。日本側には、今年6月に大阪で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の際にも大筋合意できるとの観測もあった。
 だが、ここに来てロシア側が無理難題をふっかけてきた。一つは、北方領土が第2次大戦の結果、正当にロシア領になったことを認めるよう、かたくなに主張している点だ。日本側は長年、北方領土返還運動などで、日本固有の領土であり、ソ連が中立条約に反して侵攻して以降、不法占拠状態にあるとしてきた。
 安倍首相らは国会などで交渉に配慮してか、「固有の領土」「不法占拠」といった言葉を封印してきた。下手に出る作戦だろうが、それをいいことにロシア側はさらに譲歩させようと主張を強めている。日本としては主権に関する基本認識は譲れない一線だ。
 ロシアの無理難題のもう一つは、北方領土を返還した場合、日米安全保障条約に基づき米軍が配備されかねないとの懸念を表明したこと。日本の自衛隊が運用することになっている地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」も脅威だとしている。その一方で自らは北方領土での軍備拡張を着々と進めているのが現状だ。
 世論調査ではロシア国民の約7割が北方領土の引き渡しに反対。加えて、プーチン政権の経済失政や強権的な姿勢への不満が高まり、政権与党への支持率は過去最低の32%に落ち込んでいる。今回の首脳会談の直前にプーチン氏が色丹島の水産加工場の稼働式典にビデオ出演したり、8月にメドベージェフ首相が択捉島を訪問したりしたのも世論対策の一環だろう。
 経済協力にしてもロシアは国内法の適用を主張しており、進展は見通せない。安倍首相は交渉の行き詰まりを率直に認めるべきだ。4島返還から2島返還に事実上、転換した経緯も国民に説明する必要がある。その上で難題をどう乗り越えていくか、最善を尽くしていかなければならない。


日ロ首脳会談/領土交渉は仕切り直しを
 安倍晋三首相は訪問先のロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と会談した。北方領土問題解決への環境整備と位置付ける共同経済活動での試行事業を10月に実施することなどで一致したが、肝心の平和条約締結交渉では、未来志向で作業を進める方針を確認しただけで、具体的な進展はなかった。
 日ロ両首脳は昨年11月のシンガポールでの会談で、平和条約締結後の歯舞群島、色丹島の日本への引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎に条約交渉を加速させることで一致。日本側には、今年6月に大阪で開いた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の際に大筋合意できるとの見方もあった。
 だが、現実には交渉は進まず、むしろ後退していないか。この間の協議で、日ロ間に横たわる根本的な難題が浮き彫りになったからだ。
 一つは北方領土の主権を巡る歴史認識の違いで、もう一つは安全保障の問題だ。政府は交渉の行き詰まりを率直に認めた上で、日本側の主張を改めて整理すべきだ。交渉を仕切り直し、論点を明確にしながら難題を乗り越える知恵を出す努力を尽くさなければならない。国民への説明責任を果たすことも求めたい。
 北方領土の主権を巡る認識では、ロシア側の強気と日本側の弱腰が目立っている。交渉でロシア側は、北方領土が第2次大戦の結果、正当にロシア領になったと認めるよう主張している。
 これに対して日本側の公式見解は、北方領土は日本固有の領土であり、日ソ中立条約を破って当時のソ連が侵攻し、それ以降、不法占拠が続いているというものだ。
 だが安倍首相や河野太郎外相はこの間、「固有の領土」や「不法占拠」という言葉を国会答弁などで使わず、2019年版の外交青書では「北方四島は日本に帰属する」との記述を消した。ロシア側を刺激しないという思惑かもしれないが、主権に関する基本認識は譲れないはずだ。
 安全保障に関しては、プーチン氏が北方領土を返還した場合、日米安保条約に基づいて米軍が配備される可能性に懸念を表明。日本が導入を決めた米国製の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡っても、ロシアへの脅威だと批判している。その一方で、北方領土での軍備強化を進めているのが現状だ。
 だが、日米同盟を安保政策の基本とする日本側としても安易に譲れる話ではない。対話によって信頼関係を醸成し、この問題を乗り越えられるのか。難しい課題と言うしかない。
 安倍首相とプーチン氏との会談は通算で27回目になる。しかし、国家の基本政策に関わるこれらの難題は、首脳の個人的な信頼関係だけで打開できるものではなかろう。
 ロシア側は、8月にメドベージェフ首相が択捉島を訪問。今回の首脳会談の直前にはプーチン氏が色丹島での水産加工工場の稼働式典にビデオ中継で参加した。強気の構えを崩していない。
 56年宣言に基づく交渉は国後、択捉を含む4島返還から2島決着に事実上転換するものだが、安倍首相はそれを認めていない。平和条約の締結に向けて妥結点をどこに見いだしていくのか。首相は交渉の現状を国民に丁寧に説明する責任がある。


【北方領土の交渉】首相は現実を正直に語れ
 安倍首相は、ロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と会談した。議題は懸案となっている、北方領土問題を含む平和条約締結だ。
 プーチン大統領は1年前、「前提条件なしの条約締結」を提案。日ロ両政府は北方四島のうち歯舞群島と色丹島を引き渡すとした、1956年の日ソ共同宣言に基づき交渉を続けてきた。
 しかし、ロシア側は今年に入り、国後島と択捉島を含む北方四島が、第2次世界大戦の正当な結果としてロシア領になったことを日本が認めることが前提だと主張。以来、交渉は行き詰まっている。
 首相は6月に大阪で開かれた首脳会談で、条約交渉の大筋合意を目指したが不発に終わった。今回の会談でも「未来志向で作業を進める」方針で一致したものの、中身は乏しく進展はなかった。
 会談後、プーチン氏は東方経済フォーラムの会合で、条約締結には「多くの問題がある」と述べた。安全保障面で日本と米国との関係が障害になっているとの認識だ。
 ロシアは米国と現在、「新冷戦」ともいわれる深刻な対立状況にある。トランプ米大統領が仕掛けた中距離核戦略(INF)廃棄条約の8月失効はその象徴だ。
 米海軍が活動するアジア太平洋地域と、ロシアの防衛線に含まれる北方領土では、既に互いが軍拡競争を加速させている。プーチン氏は島引き渡し後の米軍展開の可能性や、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の日本導入を問題視する発言を再三してきた。
 こうした状況下でロシアは、北方領土に対する実効支配を着々と進め、誇示している。8月にはメドベージェフ首相が択捉島を訪問。プーチン氏は今回の首脳会談直前にも、色丹島に建設した水産加工工場の稼働式典にビデオ中継で参加し、祝福した。
 ロシアが日本に対し第2次大戦直後の歴史認識を問題にしたり、引き渡すとした色丹島の実効支配を誇示したりするのは、交渉の基礎とする日ソ共同宣言からも逆行しているのではないか。
 プーチン氏の強硬姿勢の背景には、北方領土の日本引き渡しに対するロシア国民の根強い反対がある。加えて自身の支持率も強権的な体制から低下傾向にあるからだろう。
 安倍首相はプーチン氏と通算で27回の会談を重ねてきた。首脳同士の個人的な信頼関係で北方領土問題の打開を図るというが、交渉は加速するどころか、現時点では後退しているのではないか。
 にもかかわらず首相は、先の参院選でも北方領土問題についてアピールすることを避けた。ロシアが北方領土を米国からの防衛線と位置付けている以上、交渉は膠着(こうちゃく)状態のまま動けまい。
 首相は現実を直視し、正直に語るべきだ。そもそも「日本固有の領土」としてきた4島返還を「2島を基礎」とした理由から聞きたい。


IR基本方針案  懸念払拭へ具体性欠く
 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備についての基本方針案を政府がまとめた。
 IRの誘致を目指す自治体が国に申請する区域整備計画の評価、選定基準を5項目提示した。
 訪日外国人の増加を後押しすることや地域の雇用拡大に貢献すること、交通の利便性確保などを確実に実施することを条件としている。
 昨年のIR整備法案の審議過程で指摘されたさまざまな懸念を払拭(ふっしょく)することができるのか。疑問符が付く内容だ。
 IR整備法では立地区域は最大3カ所となっており、国は国土交通省に有識者による審査委員会を設置し、来年中に選定する。
 基準にはギャンブル依存症の対策も「有害な影響の排除」として盛り込まれた。基本計画に費用も含め書き込むことを求めている。
 暴力団員や20歳未満のカジノ入場禁止、マネーロンダリング(資金洗浄)防止、日本人客を対象とした入場回数制限などを必須項目としている。
 日本人客の入場は「週3回、28日間で10回」とされるが実際には1回の入場で24時間滞在でき、日をまたげば週6日もカジノにいられることが国会審議で判明した。
 依存症の増加懸念は、カジノ解禁にあたり、最も議論が白熱した問題なのに、議論が深まっているようにはみえない。
 カジノ事業者が客に金を貸せる規定の問題も指摘された。客を借金漬けに追い込みかねない。競馬などの公営ギャンブルでは許されていない制度だ。
 悪質業者を本当に排除できるのかなど、疑問はいまも解消されていない。具体的な指針を示すべきではなかったか。自治体任せになっては困る。
 地域でIRについて十分な合意形成がなされていることも認定基準となる。
 現在、大阪府・市や横浜市、和歌山、長崎両県が誘致を表明し、北海道なども検討しているが、地域住民の多数が必ずしも誘致に賛成しているとはいえない。基本方針案を受け、新たに誘致を検討する自治体が現れる可能性がある。「十分な合意」とは何を意味するのか、国は考え方を示す必要ある。
 基本方針案の冒頭に、3大都市圏に集中している訪日外国人旅行者の分散促進をIRの狙いと明記する一方、「交通の利便性に優れていること」を評価基準にあげたのも理解に苦しむ。これでは結局、大都市圏が有利になるのではないか。


頭痛の種になった安倍首相の“米国産とうもろこし購買約束”
米国産と日本産とは用途が違い 
輸入しても追加需要はなし 
飼料企業など「保管費用が増えるだけ」不満

 安倍晋三首相がドナルド・トランプ米大統領に米国産とうもろこしの購買を約束したことに対して論議が絶えない。安倍政権は、日本のとうもろこし病虫害被害のために購入すると言ったが、日本の現実に合わない話であるためだ。
 問題の発端は、先月25日にフランスのビアリッツで開かれた米日首脳会談だった。トランプ大統領は当時「安倍首相は米国各地で残ったとうもろこしを購入することに同意した。中国が自分たちが約束したこと(とうもろこしの購買)をしなかった。そして、安倍首相がそのとうもろこしを全量買うことにした」と自慢した。安倍政権は「害虫(被害)対策の観点で私たちも買う必要がある。政府ではなく民間が買う」と話した。
 しかし、日本経済新聞は6日、日本の飼料業界が米国産とうもろこしの輸入に困惑していると伝えた。なぜなら、米国産のとうもろこしは主に日本で飼料として使われるが、害虫被害を受けた日本産のとうもろこしとは用途が違うためだ。飼料用とうもろこしは、大きく二種類に分かれる。第一の種類は炭水化物と蛋白質供給などの用途で実だけを使う。日本は炭水化物供給用のとうもろこしを年間1100万トンほど輸入しているが、ほとんどは米国産だ。残りの種類である飼料用とうもろこしは、繊維質供給用で完全に熟す前のとうもろこしの実と葉を発効させて使う。年間450万トンを使うが、日本産のとうもろこしが主に使われる。
 先月NHK放送は、日本政府関係者の話を引用して、米国産とうもろこし輸入量の3カ月分に相当する250万トンを買う予定だと伝えた。本来輸入する予定のとうもろこしをあらかじめ操り上げて購入する方式になると見られるが、すぐには需要のない物量を業者が操り上げて購入すれば保管費用が増えるだけだ。このため、日本政府は飼料業者が米国産のとうもろこしを操り上げて輸入すれば、保管費用を補助するという方針まで明らかにしている。
 日本経済新聞は価格面で見ても、米国産とうもろこしを操り上げ輸入する必要はないという点も指摘した。日本が米国産と共に輸入するブラジル産のとうもろこしが豊作のうえに、ブラジルレアルの価値下落で安いためだ。輸入価格で見れば、ブラジル産が米国産より1トン当たり10ドル程度安い。飼料関連大企業の関係者は同紙に「当分必要な量はブラジル産で調達した」とし、「実需要がなければ、飼料製造業者も(米国産とうもろこしの)調達に乗り出すことはできない。行く所もない米国産とうもろこしを操り上げ輸入することができるのか」と話した。 東京/チョ・ギウォン特派員


日本全体が「在特会」のような現在、「嫌韓報道」に埋め尽くされた社会の危険性に気づいてほしい/安田浩一インタビュー
 日韓関係の政治的な緊張にともない、地上波テレビや大手出版社から出版される週刊誌といったメジャーな媒体で、両国間の対立や差別を煽るような報道が増えている。
 たとえば、8月27日放送『ゴゴスマ』(TBS系/CBCテレビ制作)では、中部大学総合工学研究所特任教授の武田邦彦氏が「路上で日本人の女性観光客を襲うなんていうのは、世界で韓国しかありませんよ」などと発言。さらには、「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しなけりゃいかんからね」とヘイトクライムの扇動まで行った。
 状況は出版業界も同じだ。9月2日発売「週刊ポスト」(小学館)は<「嫌韓」よりも「減韓」、「断韓」を考える 厄介な隣人にサヨウナラ 韓国なんて要らない!>と題された特集企画を掲載。そのなかでは韓国の研究機関が出した「韓国の成人の半分以上が憤怒調節に困難を感じており、10人に1人は治療が必要なほどの高危険群である」とのデータを紹介したうえで、これと日韓両国の軋轢を強引に結びつける主張を展開した。民族差別を煽るヘイトスピーチ以外のなにものでもない。
 『ゴゴスマ』や「週刊ポスト」には批判が殺到し、このメディア状況を危惧する声も一部では起きているが、しかし、嫌韓の論調に賛同する声もネットでは大きい。支持者がいるためだろうか、報道のあり方は変わる兆候すら見えない。
 このまま排外主義を良しとする空気がエスカレートしたとき、その結果として行き着く先はどこなのか、日本における排外主義の高まりを取材し続けてきたジャーナリストの安田浩一氏に話を聞いた。
躊躇いのない日常的な「差別」が始まっている
──『ゴゴスマ』や「週刊ポスト」の件など、ここ最近の報道を見ていると、完全にタガが外れてしまったように感じています。安田さんは現在の状況をどうご覧になっていますか?
安田浩一(以下、安田) 日本社会全体がかつての在特会(在日特権を許さない市民の会)と同じような方向に進んでいるような気がしてなりません。
今回の「週刊ポスト」のなかでは<「嫌韓」よりも「減韓」、「断韓」を考える>というフレーズが使われていましたけれど、「断韓」なんていうのはもともと、在特会をはじめとする差別集団がが街頭で訴えるときに使っていた文言です。それを「週刊ポスト」のようなメジャーな雑誌が使うようになってしまった。
ワッペンをつけたレイシストが街頭で叫ぶよりも、テレビや週刊誌のような主要なメディアが排外主義や対立を煽るような言葉を使うほうが、この社会には遥かに大きな影響力がある。実際、いまの日本社会はメディアが煽る空気感に引っ張られていっていますよね。
──メディアの報道による影響は、市井の人々の間で着実に出始めているように思います。
安田 そうですね。喫茶店や居酒屋でふいに飛び込んでくる文言に、背中の筋肉が強ばるような機会っていうのが、ものすごい増えたように感じます。
個人的な話ですが、少し前に、スーパー銭湯で湯船に浸かっていたら、30代前半ぐらいの若いグループが入ってきて、いきなり「朝鮮人がね」という話を大きな声でし始めました。すぐに話題が他に移ったので私と口論するには至りませんでしたが、やはり、心臓がドキッとした。一瞬、全身が強張りました。
飲み屋で話しているときに、少し声を落として周囲に聞こえないようにそういう話をすることっていうのは、昔からあったと思うんです。でも、この場合は違いますよね。周囲に人がいようといまいと、躊躇がなくなってしまっている。この言葉を使うことで誰かを傷つけているかもしれない、周囲で不愉快な思いをする人がいるかもしれない、というためらいがない。
そういった日本社会の空気をメディアがつくりだしてしまっている。メディアを通じて日がな、隣国に対する怨嗟や中傷にまみれた言葉が発信されればこうなるのも当然のことです。
そしてこれは、ある意味で、在特会など差別主義者たちの「実績」によるものかもしれない。ヘイトスピーチを繰り返すことで、とことん差別のハードルを下げてしまった。その結果がいまです。現在の在特会には力はないし、同会に限定すれば実態もないに等しいと思いますが、この社会状況なら彼らの存在意義なんてない。かつては路上で叫ばれていた言葉を、彼らより遥かに信用も影響力もある大手メディアが繰り返し用いているわけですから。恐ろしいことになってしまった。
差別の「正当性」を大声で触れ回るメディア
──新著『愛国という名の亡国』の「まえがき」にも<在特会などのわかりやすいレイシスト集団を必要としないほどに、日本社会の極右化が進んでいるようにも思えるのだ>という一文がありますが、悲しいことにその状況はここ数週間でますます進行したわけですよね。私は現在の日本が太平洋戦争の泥沼へと突き進んで行ったのと同じ道を歩んでいるように思えてならないんです。
安田 日中戦争時には「暴支膺懲(ぼうしようちょう)」というスローガンありましたよね。「暴虐な中国を懲らしめよ」といった意味の四文字熟語ですけど、大日本帝国陸軍が掲げたこのスローガンをメディアがしきりに取り上げ、人々は「暴支膺懲」が書かれたのぼりを掲げながら街を練り歩いたわけです。
私はもちろんそれを実際の目で見たわけではないけれども、当時の熱狂っていまと似てるんじゃないかと思います。敵を設定し、その敵を潰すことを国民共通の目標にする。その盛り上がりの結果として行き着いたのが無謀な戦争でした。
いまは当時以上に平和への思いもあるだろうし、簡単に同じ道を辿るとまでは断言しないけれども、一定のリアリティをもって戦争というものを考えざるを得なくなってきたというのは事実です。
──当時と同様に、国民の憎悪に火をつけて扇動しているのは間違いなくメディアであり、彼らの責任は重いと思いますが、情報を発信している側にそういった想像力はないのでしょうか?
安田 「週刊ポスト」の件でいえば、「あの企画によって誰かが傷つくかもしれない」、もっと言えば、「その出版物によってこの社会のなにかを壊してしまうかもしれない」という想像力はなかったんだと思う。
そして、それは「週刊ポスト」編集部だけに限った話ではない。『ゴゴスマ』の製作スタッフもそうだったんじゃないか。あそこでなされた武田さんの発言に対して「なんでそんなに批判されるのだろうか?」と首を傾げているテレビ局関係者も少なくないと思います。自分たちが生み出すものがどんな未来につながっていくのか、といったことに対する鈍感さはメディアのなかで確実にあります。
──記事を読んだ人がどう思うかを想像することですよね。自戒も込めてそう思います。
安田 なんで私がこんな風に断言しているかというと、メディアの人と日常的に言葉を交わすなかで、「なにか問題ありますかね?」と問われることが少なくないからです。
メディア関係者と話していると彼らは「現在の日韓関係がこんなことになってしまったのは悲しいことだし、日本に住んでいる韓国の人、在日コリアンの人にとっても不幸なことだろう。でも、問題は向こうにもある」と、一見穏当な問いかけをしてくるわけですけど、そもそもこの考え方自体が間違っているわけですよ。
こういう考え方を話すことは、差別に「理由」があると大声で触れ回っているのと同じことだと思うんです。
差別に理由なんかあっちゃいけないんですよ。
差別に理由が存在するのだとしたら、黒人差別、アラブ人差別、はたまた海外諸国に私たちが行った際に起きるアジア人差別や日本人差別も認めざるを得なくなってくる。だから、理由をもうけることにとって差別を肯定することは、なにがなんでも認めちゃいけないんです。クズな人間に対して、そのクズっぷりを指摘することは構わないけれど、社会的な力関係を利用したうえで、相手が抗弁できない属性を叩くことは、絶対に許されない。
──関東大震災のときは、緊急事態に乗じて発生したデマによって「理由」が設定されて、おぞましい悲劇が起きました。
安田 1923年のちょうどいまごろ(注:取材は9月3日に行われた)には、あらゆる偏見とデマが渦巻くなか、「朝鮮人だから」という理由で多くの人が殺された。しかも、そのときの加害者はまともに裁かれていない。
それはいまでも続いています。なにか災害が起きるとツイッターなどを通じてデマが拡散されますし、しかも、最近は「どこどこで怪しい人を見た」とか、情報が具体的になってきている。いまはキーボードで文字を打っているだけですけど、その手に金属バットやゴルフクラブやナイフが握られる日が来ないとも限らない。
結局、日本社会は100年近く前の悲劇から真摯な反省をしていないわけですよ。
カウンターの動きはまだ、ちゃんとある
──社会状況がこうなったときにストッパーの役割を果たすべきは日本政府なのだと思いますが……。
安田 よく「草の根保守」とか「草の根右翼」みたいな言い方があるけど、肥料も水もなくて草が育つわけはなくてですね。肥料を与え、光を照らしているのは、間違いなく「国家」という存在ですよ。現在の状況に関して具体的に言えば、安倍政権です。メディアが自発的にキャンペーンとして始めただけ、とも思えない。
「外交の安倍」と言ってきたけれども、河野太郎外務大臣をはじめとした閣僚が分かりやすい画でもって国民の憎悪に火をつけ、その政府一丸となった大芝居に付き合わされることで、果たして日本社会は住みやすいものになったのかどうか。
──今後の社会のことを考えると、怖くて仕方がなくなります。
安田 ただ、冷静に状況を見ていけば、カウンターの動きはちゃんとあるんですよね。現実社会でも、あるいはネット上でも、一色には染まっていない。そこはまだ気持ちを絶望から救い出してくれる部分だと思います。
少なくとも、私の本を出してくれる出版社はあるし、こうして話を聞いてくれるメディアもある。そして私だけじゃなく、少なくない書き手が現状に対する怒りを発信している。今回の「週刊ポスト」の件もそうですし、少し前の「新潮45」(新潮社)のときも発言する人はいたわけで、そういったところで日本社会すべてが同じ色に染まることはギリギリのところで防げている。
──インターネットもそうですし、地方紙やラジオなどのメインストリームでないメディアでは、現状に対する違和感がきちんと語られています。
安田 そういう活動には大きな意味がありますよ。たとえば、私が本を出したり取材を通じて発言することによって、私自身はネトウヨからボロクソに叩かれるかもしれない。でもこうやって立ち位置を鮮明にすることが大事なんじゃないかと思っています。もしかしたら、少なくない人に「勇気」を与えることができるかもしれない。
──勇気ですか。
安田 いまの状況への違和感を口に出して言えない人、いまの状況を怖いなと思っている人に、「仲間はいるんですよ」ってことを伝えることができる。
もっと言えば、いまの日本で沈黙を強いられ、言葉を発する機会さえ奪われているマイノリティの人々に対してですね。
いま、在日コリアンの友人と話をすると、口を揃えて「しんどい」と言う。これまでは、ヘイトスピーチが飛び交うなかでも「在日特権なんかあるわけねえじゃん!」といった感じで、内心はしんどくとも、表面上は笑い飛ばすことができていた人もいた。もちろん、深く傷ついている人はいっぱいいましたよ。でも、いま余裕のある人などいない。多くの人が恐怖を感じている。なにかをしたわけではないのに、単なる「属性」だけでここまで息苦しさと絶望を与えてしまう社会って、いったいなんなのかなと思いますよね。
そんな彼ら彼女らを矢面に立たせてはいけないと思います。矢面に立つべきは、叩かれたってなんの痛みも感じない、なんならそういった反発を小銭に変えられるかもしれない、私のようなジャーナリスト、メディアの人間、あるいは評論家、そういった人たちがあらゆる機会に発言していけばいい。流れに抗っていけばいい。ときには炎上すればいい。そして、そういった気概をもっている人は、実は少なくない。
そういった人たちの活動が制限され、「結果的に韓国を利するようことを言うのは控えてくださいよ」「安倍政権の批判はやめてください」といった注文が来るようなメディア状況が当たり前になったらいよいよお終いですが、いまはまだギリギリそうなってはいない。
──まだ希望はあるわけですよね。
安田 希望をすべて失ったら、家で布団かぶって寝ているしかない。分かってくれる人もきっと増えてくれるんだろうなっていう確信をどこかで抱えながら仕事を進めたいと思っているし、発言したいと思っています。
そういった美しい話がどこまであるのか疑問に思ってしまうこともあるけれども、諦めずに発言し続けることで同じ思いを抱えてくれる人が増えてくれるかもしれないという志は捨てずにいたいのです。
安田浩一『愛国という名の亡国』(河出書房新社) 日本における排外主義の高まり、外国人技能実習生に対する人権侵害、米軍基地に反対する沖縄県民を本土の人間が愚弄する構図、関東大震災における朝鮮人虐殺の事実を否定しようとする歴史修正主義の跋扈、生活保護バッシングの広がりなど、自称「愛国者」によって日本社会が壊されていく危機感を記した論考をまとめた最新著書。


「私は在日3世」。彼女は手を震わせながら、渋谷で聴衆の前に立った。
在日コリアン3世だと語る女性が投げかけた言葉。

Kensuke Seya瀬谷健介
「嫌韓」をめぐる一連の報道を受けて、朝鮮半島をルーツとする人々への差別反対と共生を呼びかける「日韓連帯アクション0907 」が9月7日、東京・渋谷で開かれた。
有志がネット上で告知して開催。参加者がリレー形式でマイクを持ち、聴衆に思いを訴えた。
その中には、在日コリアン3世だと語る女性がいた。彼女が手を震わせながら語った言葉とは。
「日韓連帯アクション0907」は、沖縄県における米軍普天間基地の名護市辺野古移設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票の実現にこぎつけた大学院生の元山仁士郎さん(27)ら5人ほどが開いた。
きっかけは、9月2日発売の小学館『週刊ポスト』(9月13日号)が「韓国なんて要らない」と題した特集を掲載したこと。さらに、TBS・CBC系の情報番組「ゴゴスマ〜GoGo Smile(以下・ゴゴスマ)」において、出演者が「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しにゃいかないからね」と発言したことなどだった。
呼びかけ文に書かれた思い
元山さんがTwitterに投稿したアクションの呼びかけ文には、こう記されていた。
メディアだけではありません。SNS上で、居酒屋で立ち話で、差別意識が私たちの日常会話の中に以前にも増して浸透し始めていると感じます。
当然、こうした状況を受けて朝鮮半島から旅行で訪れる人の数は減っています。そして、日本で暮らす朝鮮半島をルーツに持つ人々は日常のあらゆる場面において、これまで以上に不安を抱えながら生活をしています。
確かに、今の日韓の政治的関係は難しい状況にあります。でも、だからといって韓国・朝鮮半島をルーツに持つ人々に対する差別が許される訳ではありません。
差別によって一人一人の存在が脅かされるような社会を望んでいないという気持ちを日本で暮らす人たちへ、そして韓国で暮らす人たちへ示したいと思います。今その気持ちを表明することが大事だと感じます。
私たちは差別のある社会を望んでいない、私たちは一緒に生きていくという思いを持っているということを社会に対して示すために集まりませんか?
在日コリアン3世の女性が投げかけたこと
この思いに共感した人たちが渋谷に集まった。
時間は約1時間。元山さんら呼びかけ人が、聴衆の前で話したいと名乗り出る参加者にマイクを渡し、話してもらう形をとった。
何人かの参加者が話し終わると、横浜市の在日コリアン3世だと名乗る女性(37)がマイクを握り、話し始めた。
「私は在日3世で、こうやって顔を出すのはできればやめたい。でも、そうは言っていられない。私は日本生まれ、日本育ちで、日本の学校に行ったので韓国語はしゃべれません。『なので韓国に帰れ』と言われても、帰れません」
「『国から出て行け』とか『帰れ』とか言われても、私は一ミリも傷つきません。嫌がらせをしようと思って言ってくるんだと思うんですが、言われ慣れているので」
マイクを必死で握る両手は、小刻みに震えていた。勇気を振り絞って話をしているのがわかった。
「私たちはいま、生きるか死ぬかの瀬戸際にいると思っています。今の時代は、個人情報を簡単に渡せるので、突然いろんな人がやってきて、連れ出されて殺されるってことも想像しています」
「それは私だけじゃなくて、在日の人みんなが少しは考えていることです」
「そんな時代に、マスコミの人たち、日本人の人にお願いがあります。私は殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、これから生まれてくる子どもがこの国で安全に生きていけるようにしてください」
日本人の人みんなに言いたいこと
「日本人の人みんなに言いたいこと」。そう切り出すと、彼女は次のように願った。
「お友だちとか家族とかで『韓国って危ないよね』『謝罪、謝罪言い過ぎだよね』と言われた時に、『そうだよね』と流すことがあると思うんです」
「私も今まで、『中国人って声が大きいよね』と言われた時、『まあまあ』と適当に流した時がありました。でも、そういうのをやめませんか」
「『韓国人ってなんとかだよね』と言われた時、あなたがそう思わないんだったら『私はそう思わない』って言ってください。それで友だちと喧嘩になっても、別によくないですか」
「社会が崩壊しようとしている時に、そんな友だちいりますか?私たちの社会は急には変わらないけれど、ちゃんとそうやって一人一人が言うことで、半径5メートルは変えていくことはできる。いきなり人が変わったり、マスコミが明日から嫌韓報道をやめたりしません」
「でも、私たち一人一人にできることは小さなことだけなので、やってください。よろしくお願いします」


「嫌韓あおるのやめて」「差別や憎悪より友好を」大阪、東京で日韓友好呼び掛け
 日本と韓国の政治的対立が深まる中、韓国や在日コリアンを差別する言動が相次いでいるとして、友好を呼び掛ける集会「日韓連帯アクション」が7日、大阪・なんばと東京・渋谷で開かれた。
 南海難波駅前では午後6時から、約200人の市民有志が「差別や憎悪よりも友好を!」などと書かれたプラカードを掲げた。参加者が代わる代わるマイクを握り、「差別は人の心を傷つける」「嫌韓をあおるのはやめてほしい」と買い物や仕事帰りの人に訴えた。
 呼び掛け人の一人で、大阪府内に住む大学院生の塩田潤さん(28)は「政治的対立が、身近な生活にまで影響していることに危機感がある。このままでは暴力にもつながりかねない」と話した。【渡辺諒】


嫌韓一色の裏で安倍政権が“要介護者切り捨て”介護保険改悪を進行中! 自己負担を増やし要介護1・2の保険給付外し
 安倍政権の日韓対立扇動に乗せられて、マスコミは他の問題なんてどうでもいいとばかりに連日、大報道を繰り広げている。先日も隣国の法相候補に過ぎない長饂瓩猟以慌颪肪羞僖メラまで出し、「タマネギ男は何を語るのか」などとヒートアップしていた。
 だが、国民やメディアが嫌韓に踊らされている裏で、安倍政権が消費増税に続き、国民の生活に打撃を与えるとんでもない計画を進めていることをご存知だろうか。
 それは、来年の介護保険法の改定での「要介護者切り捨て」だ。
 安倍首相は11日に内閣改造をおこなうが、その後、社会保障改革の会議を開催する予定で、そこで年金制度とともに、介護保険制度も見直しの議論がされるのだという。
 だが、問題はその中身だ。8月29日に厚労省の社会保障審議会介護保険部会が開かれ、すでに議論がスタートしているのだが、そこで検討すべき項目として提示されたのは以下のようなものだった。
〈介護サービス利用時の自己負担(原則1割)について、2、3割負担の対象者を拡大〉
〈在宅サービスの利用計画(ケアプラン)作成費に自己負担を導入〉
〈要介護1、2の人への生活援助サービスを、市区町村による「地域支援事業」に移行〉(朝日新聞8月30日付)
 安倍首相は消費税率の10%引き上げについて「社会保障の充実のため」と強調してきたが、これは完全に社会保障カット、弱者切り捨てではないか。
 そもそも、安倍政権は2017年の介護保険法改正によって、2018年8月から年収が一人暮らしで344万円以上、夫婦世帯で463万円以上ある高齢者がサービスを利用した際の自己負担率を2割から3割に引き上げたばかり。にもかかわらず、2・3割負担の対象者をさらに拡大しようと言うのである。
 しかも、この改悪案は、介護が必要な人、そして介護する人にとって、命の問題にもかかわるほどの大きな打撃を与えることはあきらかだ。
 とくに注目したいのは、要介護1・2の生活援助サービス(訪問介護における家事などの身の回りのケア)を、現在の介護保険給付から市区町村の裁量でおこなう「介護予防・日常生活支援総合事業」(総合事業)に移行させようという項目だ。
 一読しただけではわかりにくいが、これ、要介護1・2の人への生活援助を保険給付の対象から外そうという話なのだ。
「総合事業に移行」というが、もともと介護保険を適用する介護サービスとは別に、市町村がボランティアや地域住民の協力を得て独自に介護予防をおこなうなど、地域の支えあいを推進する制度。ところが、安倍政権になって、この制度を介護保険切り捨ての受け皿に利用し始めたのだ。
要介護1、2の生活援助サービスが保険給付適用外に! “介護難民”が爆発的に増加
 すでに政府は介護保険制度を一部改正し2015年から、要介護より軽度な要支援1・2の人の「訪問介護」と「通所介護」のサービスを保険給付から外し、この総合事業に移行させている。
 しかし、この総合事業は前述したように、ボランティアなどが中心の支え合いの制度がもとになっているため、結果は受けるべき満足なサービスが受けられないという状況をつくり出しただけだった。実際、要支援者からは〈デイサービスなどでリハビリをすることで、重度化を防ぐサービスを受けられていたのに、地域のボランティアなどが担う体操教室やサロンなどに通わされ、状態が悪くなった〉(「サンデー毎日」2017年12月17日号/毎日新聞社)など、不満の声が数多く上がっている。
 さらに、総合事業はいま、制度維持の面から見ても崩壊の危機に瀕している。リハビリや生活支援サービスなどはボランティアなどでは賄いきれないため、従来の介護事業者も参入させているのだが、報酬が安いため、事業者の収入は落ち込み、人材確保が困難に。安定したサービスが提供できなくなったり、総合事業から撤退している事業者が続出しているのだ。
 実際、総合事業への移行期間が終了した2018年3月末の時点で、「総合事業」のみなし指定を更新しない意向を示した事業所があると回答した市町村が676にものぼることが判明。この数は全体の約4割にあたるものだ。
 こうした“失敗”が表面化しているというのに、今度は要支援の人だけでなく、もっと介護必要性の高い要介護1・2の人を、買い物や家事支援などの生活援助サービスも保険給付から外してしまおうというのだ。いや、それどころか財務省は、生活援助サービスだけでなく要介護1・2のデイサービス(通所介護)も総合事業の低報酬介護に移行すべきと主張している。
 受け皿の確保もままならないのに、要介護1・2の人までこの「介護保険給付外し」を拡大すればどうなるかは、安定した介護を受けることができない“介護難民”が爆発的に増えることは、火を見るよりあきらか。従来どおりのサービスを受けるにも利用料が払えず、生活の質が著しく悪化することも十分考えられる。
 また、介護サービスが安定的に受けられなくなれば、家族が介護に当たることになる。総務省の調査によれば2016年10月から2017年9月までの1年間で「介護・看護を理由に離職」した人は9万9100人にものぼっており、『総介護社会』(小竹雅子・著/岩波新書)によると〈離職したあと無職の人が七割を超え〉〈女性が仕事をあきらめているケースが八割〉だという。
 安倍首相は「介護離職ゼロを目指す」「女性活躍社会の実現」などと宣言しているが、やろうとしていることはまるで逆。ようするに、この「介護保険受給外し」は「姥捨て政策」「介護世帯切り捨て政策」にほかならないのだ。
国民生活に大打撃を与える「介護保険改悪」の動きを一切報道せず、嫌韓一色のマスコミ
 安倍首相が着手しようとしている社会保障改革では、この介護保険制度の改悪とともに、年金制度でも国民に痛みを押し付けようとしている。実際、参院選が終わるまで発表を遅らせた財政検証では、「オプション試算」で会社員らが入る厚生年金の適用対象の拡大や「在職老齢年金制度」の廃止・縮小、受給開始年齢の選択幅を75歳まで拡大したケースなどを提示。試算結果として〈「保険料の拠出期間の延長」といった制度改正や「受給開始時期の繰下げ選択」が年金の給付水準を確保する上でプラスであることを確認〉と結論づけている。つまり、「年金受給は75歳まで我慢しろ」「死ぬまで働け」「あとは自助努力でなんとかしろ」と言っているのである。
 しかし、このように、消費増税にくわえて安倍首相が社会保障で国民に大きな負担を押し付けようとし、具体的な内容も出てきているというのに、マスコミはほとんど無視。前述のようにひたすら嫌韓報道を繰り広げている。
 そして、安倍政権の意向を忠実に反映したこのメディア報道に踊らされ、国民も嫌韓に夢中になり、そのうち、自分たちの生活を直撃する重大事が勝手に決められてゆく──。いい加減、国民は自分たちが騙されていることに気づくべきではないのか。


香港逃亡犯条例撤回 政府は市民と対話し混乱収束を
 遅すぎる決断が抗議活動の拡大と過激化に拍車を掛けた。3カ月近く続く「返還以来、最大の危機」が収束するかどうかは不透明だ。
 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡って、政府と若者らの対立が先鋭化する香港で、政府トップの林鄭月娥行政長官が改正案撤回を正式表明した。しかし、デモ隊は普通選挙の実現など「五大要求」が受け入れられるまで闘うとの意思を示している。背景にあるのは、中国の圧力を受け、香港の自由と自治が形骸化しつつあるとの危機意識だ。2014年には、香港行政長官選挙で、中国政府が民主派候補を排除する制度を決定。これに抗議する大規模デモ「雨傘運動」を強引に押し切る事態も起きている。
 これ以上の混乱を回避するためには、こうした市民の不安を取り除くことが大前提だ。林鄭氏は撤回に併せ、政府と市民との対話の枠組みづくりを提起している。早急に取り組み、自ら率先して市民の意見をくみ取る姿勢を示さなければならない。
 問題のきっかけとなった「逃亡犯条例」改正案は、犯罪人引き渡し協定を結んでいない中国本土や台湾などにも香港当局が拘束した容疑者の引き渡しを可能とする内容だ。反対派は中国に批判的な活動家らが本土に引き渡される恐れがあると強く反発している。
 これまで強硬一辺倒だった香港政府と中国の習近平指導部が譲歩したのは、国際社会からの批判が強まっていることや、来月に迫った中国の建国70周年を成功に導くためという側面が大きい。だが、林鄭氏は4日、テレビ演説で完全撤回を表明する一方で、警察の「暴力」を調べる独立調査委員会の設置や、逮捕されたデモ参加者の釈放には応じない方針を強調しており、デモ沈静化につながる材料は乏しいと言わざるを得ない。
 とりわけ、市民の怒りの矛先が向いている警察への対応は不可欠だ。衝突の激化に伴い警察は、催涙弾使用など取り締まりを強化し、市民には負傷者が続出した。警察が若者らを殴打する動画も拡散している。これらの謝罪や客観的な調査なくしては、警察や政府への反発が収まることは望めまい。
 香港の「中国化」にこだわる中国政府にとっては、今回の譲歩によって、さらなる譲歩を迫られかねないとの懸念がある。とはいえ、事態を悪化させたのは、武力行使の可能性をちらつかせるなど、威嚇や圧力を強めた中国の対応にも一因があるのは間違いない。この際、歴史がある香港の「高度な自治」に任せることこそが大国にふさわしい振る舞いと言えるだろう。
 デモ隊についても過激化は慎まなければならない。これ以上事態をこじらせては、一般の市民との間の分断も引き起こしかねない。そうなれば、民主化や運動は後退するばかりだと認識する必要がある。


[香港条例案撤回] 混乱収拾へ対話進めよ
 香港政府の林鄭月娥行政長官は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を正式表明した。
 3カ月に及ぶ若者らの激しい抗議運動を受け、10月1日の中国建国70周年を前に収拾を図ろうと譲歩を決断したもようだ。
 だが、市民の要求は普通選挙の実現という政治改革まで広がり、民主派団体は闘争の継続を発表した。混乱が収束する見通しは立っていない。
 市民は、中国本土の非民主的な政治制度が香港に広がることに強い危機感を持っている。香港当局は世論に真摯(しんし)に向き合い、民主化に向けた対話を進めるべきだ。
 大規模デモは6月に始まった。香港政府は無期限の条例改正延期を発表したものの、完全撤回には応じなかった。一部の反対派は立法会(議会)や中国政府の出先機関を襲撃するなど過激化した。8月に入ると、国際空港を占拠し、警察隊との衝突も常態化した。デモの長期化により香港経済にも深刻な影響が出ている。
 林鄭氏は改正案撤回について、中国政府も「理解と支持」を示したと述べた。70周年の記念行事を成功させるため、習近平国家主席ら指導部が武力介入まで示唆した強硬路線から一転、妥協を余儀なくされたとみられる。
 若者や民主派は、改正案撤回のほか、警察の「暴力」を調べる調査委員会の設置や、普通選挙の実現、逮捕されたデモ参加者の釈放など、「五大要求」を掲げる。
 だが、香港政府は調査委設置などに応じない方針を示している。一方で、林鄭氏は「難局から一歩踏み出すことを望む」と述べ、市民との対話の枠組みづくりを提起した。
 そもそも、今回の混乱の根幹には、強権的な中国に対する不信がある。中国政府は1997年の香港返還の際、「一国二制度」と「高度な自治」を約束したが、普通選挙の実施は凍結したままだ。
 2014年8月末、中国は行政長官選挙を巡り、民主派を事実上排除する制度を決定。これに反発した学生らは3カ月間の大規模デモ「雨傘運動」を行った。
 中国が最も恐れるのは、香港が独立を目指したり、政権転覆を狙う敵対勢力の拠点となったりすることである。立法会で親中派が有利な選挙制度を見直す可能性は小さい。
 若者らは、改正案の撤回表明後も、「五大要求は一つも欠けてはいけない」と反発する。こう考えると、今後も民主化要求デモが続く公算は大きい。
 自由と民主化を求める香港の闘いは国際社会も注目している。政府、民主派とも暴力を排し、前向きな対話が行われることを望みたい。


巨大IT規制 利用者保護 着実に進めよ
 米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業に対する規制が本格的に動き始めた。その第1弾となる規制指針案を公正取引委員会がまとめた。
 インターネットのサービスを利用する個人を保護するため、膨大なデータを集め独占的な立場にあるグーグルなどを念頭に、独禁法上の「優越的地位の乱用」を適用することを明記した。これまで優越的地位の乱用規制は企業間取引が対象だったが、これを個人向けサービスにも広げた。違反すれば、排除措置命令や課徴金の対象となる。
 通販や検索、会員制交流サイト(SNS)などネットを通じた便利なサービスが広く浸透している。一方で、サービスを受ける対価として提供した、購買履歴や位置情報といった個人情報がどう扱われているのか、不安を持つ消費者は少なくない。指針案は、消費者が安心してサービスを利用できる環境づくりにつながることが期待され、意義は大きいと言えよう。
 規制の対象は、通販や検索のほか動画の配信サービスなどを手掛ける企業だ。指針では、容易に代替できる同種のサービスが存在しない場合などを「優越的な地位」と規定した上で、利用目的を知らせず個人情報を集めたり、本人の同意を得ずに第三者に個人情報を提供したりすることを乱用行為として例示した。
 最近では、就職情報サイト「リクナビ」の運営会社が学生の内定辞退予測データを同意を得ずに企業に販売し、個人情報保護法違反として勧告を受けた。リクナビは就職活動をする多くの学生にとって、なくてはならないサービスの一つだ。指針により、今回の事例が独禁法にも違反するようになる可能性がある。
 政府は来年、個人情報保護法を改正し、企業が収集する閲覧履歴などの個人情報を広告に利用しないよう、本人が要求できるようにする見通しだ。利用目的を規約に分かりやすく記すなど、個人情報保護に沿った取り組みが広がることを期待したい。
 巨大ITへの規制強化では、通販などにおける立場の弱い中小企業との公正な取引環境を整えることも課題だ。公取委が国内外のプラットフォーマーの取引先に行った実態調査によると、「規約を一方的に変更された」など取引の不透明さや強引さを指摘する回答が目立った。
 このため政府が来年の通常国会で制定を目指しているのが新法「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法」である。プラットフォーマーに契約条件などを自主的に開示することを求め、不当な取引を未然に防ぐ狙いだ。中小企業が適正な取引をできるよう内容を詰めてもらいたい。
 ただ、過剰な規制は、多様なサービスや革新的なビジネスの芽を摘む恐れも否めない。公正な取引環境と、独創的な事業活動との両立を目指す視点も欠かせない。


「村の未来なくなると…」東海村の臨界事故から20年で講演会
茨城県東海村にある核燃料加工会社「ジェー・シー・オー」で起きた臨界事故から今月末で20年になるのを前に、事故を振り返る講演会が東海村で開かれました。
平成11年9月、茨城県東海村にある核燃料加工会社「ジェー・シー・オー」で核分裂反応が連続して起きる「臨界」が発生し、作業員2人が死亡、周辺の住民など600人以上が被ばくしました。
7日の講演会には住民など300人余りが訪れ、はじめに事故当時、村長を務めていた村上達也さんが「当時は、村の未来がなくなると恐れていました。私の判断で半径350メートルの住民を避難させましたが、その距離で正しかったのかは今でも分かりません」と当時の対応などを振り返りました。
続いてジェー・シー・オーの桐嶋健二社長が、違法な作業を重ねた結果事故が起きたことを受けてコンプライアンスの徹底などを図っていると説明したうえで、「事故を忘れずに反省し、安全を第一に業務を行っていく」と話しました。
講演会のあと村内に住む70代の男性は「事故はあってはならず原子力に携わる人は安全を第一に作業してもらいたいです」と話していました。
東海村の山田修村長は「事故後も各地で原子力関連施設のトラブルが繰り返し起きている。現場が危機感を持ち、安全を考えて行動できなければ事故は防げない」と話していました。


大学の理系論文数20年間伸びず 競争原理導入、奏功せず
 日本の大学の理系論文数が、政府による研究予算の抑制や競争原理拡大と軌を一にして2000年ごろから伸びが止まり、20年近く頭打ちの状態になっていることが7日、分かった。世界では米国や中国の論文数が飛躍的に伸びており、質の高い論文数を示す国別世界ランキングで日本は00年の4位から16年は11位に低下。研究活性化策として導入した競争原理の拡大が奏功しなかった形で、政策に疑問の声も出ている。
 共同通信が文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)の論文数に関するデータや総務省の科学技術研究調査を基に比較した。