ネットサーフィンをしていたら、借金をしていることをブログで告白している人がいました。
子供さんもいるのに生活が苦しそうで、胸が詰まりました。
普通に生活していても、何かとローンを抱えたりします。更に子供がいたら、医療や教育にもお金がかかる中で、何百万もの借金を抱えるのはとても大変だろうと思います。

だからといって借金から逃げようとして、自己破産を安易に考えてはいけないでしょう。また、借金したお金をギャンブルや株、道楽に使ったりした場合には免責は簡単にはいかないと思います。
でも、自己破産は経済的に立ち直るための大きな救済措置です。だから、本当に苦しい方は検討してみたら良いと思います。

自己破産手続きでは、ある程度の財産をお持ちの方は、破産管財人がその財産を管理して処分することもあるでしょう。しかし、めぼしい財産すらない方は、裁判所が「同時廃止」という決定をすることが多いです。
「同時廃止」とは?裁判所の破産決定と同時に破産手続きを終了して免責手続きに移行する決定です。

破産しても後に再起して、すでに裁判所で免責された借金であるにもかかわらず、これを返済した人もいます。返す必要のなくなった借金ですが、たぶん債権者に迷惑をかけたくなかったのでしょう。免責後であっても任意に返済することは問題ありません。
また、再起しようと頑張ったものの再び借金にまみれて2度目の自己破産を選択した人もいます。
いずれにせよ、ただ手をこまねいているだけでは、道は開かれません。立ち直るためには前進あるのみです。