漱石の「草枕」冒頭部分を補足して読む。


(雑事にこだわって)智に働けば角が立つ、(雑事にこだわって)情に竿させば流される、(雑事にこだわって)意地を通せば窮屈だ。(雑事にこだわると)兎角に人の世は住みにくい。

(雑事にこだわって)住みにくさが高じると(住み)安い所へ引き越したくなる。(雑事にこだわっていては)どこへ越しても住みにくいと悟った時、(雑事にこだわるのをやめるから)詩が生まれて、画が出来る。