穂積陳重「法窓夜話」(岩波文庫)から


英国の一農夫、ある宿屋に泊まって、亭主に100ポンドの金を預け置き、翌朝出発の時これを受取ろうとした。ところがこの亭主は甚だ図太い奴で、金などをお預かりしたことはないと空とぼける。
百姓は大いに腹を立てて厳重に掛け合うけれども、なにぶん証拠がないこととて如何とも仕様がない。

弱り果てて、当時の有名な弁護士カランのもとを訪れ、どうか取戻しの訴えを起こしてくれと頼んだ。カランは暫く思案して、「それくらいな事なら訴えを起こすまでもない。もしその100ポンドを取り返したいならば、もう100ポンドだけ改めて亭主に預けるがよい」と言う。
百姓は仰天し、「とんでもないこと。アイツのような大盗人に、100ポンドはおろか、1ペニーたりとも渡せるものか」と、始はなかなか承知すべきけしきもなかったが、ついにカランの弁舌に説き落とされ、渋々ながら、彼の指図に任せて、一人の友人を証人に頼み、再び例の宿屋へ行った。

また談判に来おったなと、苦り切っている亭主の面前に、100ポンドの金を並べて、そこで言うには、「オレは元来物覚えの悪い性分だから、昨日100ポンド預けたというのは、あるいは思い違いかもしれない。とにかく今度こそはこの100ポンドを確かに預かっておいて下され」とねんごろに頼む。
亭主は案に相違し、世にはうつけ者もあればあるものと、ひとり心に笑いながら、言うがままにその金を受け取った。

農夫はカランのもとに立ち帰り、盗人に追銭とはこの事と、しきりにふさぎ込んでいる。カランは打ち笑い、「それでは、今度は亭主が一人いるところを見済まし、こちらも一人で行って、先ほどの100ポンドを返してくれと言うべし」と教えた。

その教えの通りにして見たところが、後の100ポンドには証人もあること故、拒んでも無益と思ったか、亭主も素直にこれを渡した。

農夫は再びカランのもとに立ち帰り、これでは元の黙阿弥で何にもならぬと言う。カラン手を打って、「さてこそ謀計が図にあたった。さあ、今度こそは前の友人と同道して、宿屋に押し掛け、この者の面前で預けておいた100ポンドの金、さあ、たった今受取ろうと、手詰めの談判に及ぶべし。それでも渡さずば、その時こそはその友人を証人として訴え出でるのだ」と言う。

農夫は、ここに至って始めて氏の妙計を覚り、小躍りして出て行ったが、やがて満面に笑みをたたえて、ポケットも重げに200ポンドの金を携え帰った。

法学法術兼ね備わる者でなくては、法律家たる資格がない。カランが、無証事件を変じて有証事件となし、法網をくぐろうとした横着者を法網に引き入れた手際は、実に法律界の張子房(前漢創業の功臣、張良のこと)ともいうべきではないか。