2023年05月15日

宙組「カジノロワイヤル」観られて幸せ

チケット入手困難〜MAX!の真風涼帆のサヨナラ公演私も何枚か頼まれたけど、半数以上NG!の大人気公演なのだ。幸いにも私は良い席で、こんなスゴい公演観られてラッキー
観劇の目的は1に真風、2にずん、こと桜木みなと以下我がスタジオの卒業生を、そして今回のスペシャルはスッシー、寿つかさ歌えて踊れて芝居巧者!容姿抜群13年も組長を務めてきたのはひとえにその人柄だろう生徒はもちろん、STAFF含めみんなが”スッシーさん大好き”私は音楽学校時代からの付き合い、退めるのは残念だが、またどこか場所を変えて活躍するだろう。

当初考えていた「007」とは少し違っていたが、何たって宝塚でNO’1スーツ姿の似合う真風を見てるだけで満足ほかの生徒たちも役が多く、それぞれ気持ち良さそう〜に演じていた。舞台一面のルーレット、空飛ぶパラシュートでのデートなど見どころはいっぱいの小池劇場だった。

ただ2つ気になったのは、タバコを吸う場面が多かったボンドだけでなく役人などもタバコを吹かしてたが、あれって2回公演35日以上吸い続け(吸い込んでないとはいえ)中毒になるのでは?と凄く心配大体演出上、どうしてもあれが必要なのかな?世界中で禁煙が叫ばれてる中、なぜ宝塚がと信じられない

もう一つは大フアンの潤花辞めるのは残念この人の衣装が変活動中の学生時時代、皇女として出る場面もすべてミニスカートにロングブーツフィナーレのドレスで初めて潤花の美しさ、華麗さをを見せてくれた

1985年が第1回の私たちの公演、40年続けてきた記録を最初からチェックしてるが、中々終わらない懐かしい人!懐かしい場面などを見ると、つい手が止まってしまう大体大昔のビデオをDVDに焼き直してるので画像が著しく悪い
でも忘れ得ない作品も数多くあり、我ながらよくやってきたなーと


shimizu_j_d_s at 17:01|Permalink

2023年05月05日

宝塚音楽学校創立110周年記念式典

音楽学校からこの式典に招かれたのは、卒業生の1人としてとても嬉しかった
小林一三先生の生誕150年にあたるそうで、当日は同期の加茂さくらが祝唄を、
トークコーナーには甲にしき、大地真央、杜けあき、湖月わたる。音楽学校生も祝舞や合唱を披露する進行は未沙のえる、司会は陽月華。
ぜひとも参加したいところだが、7月の盛夏舞台のリハーサルもありとても行かれない
私の家族は叔母に始まり、私の下には妹が2人と、計4人がこの音楽学校を卒業したわけで、ご縁は深いし、それぞれ思い出もいっぱい校歌今でも歌える

本年11月19日(日)関内ホールでの私たちの公演、SHOWCASE-9も創立40周年となるそれのためにこのGWは、1958年-磯子公会堂での公演から現在に至るまでの資料〜プログラムをチエック
最初の数年はDANCE DANCE DANCEのタイトルだったが、あちこちで見かけるようになりSHOWCASEと変更ところが最初のDANCE〜の時の数え方とSHOWCASEに変えてからの数え方が重なりヒジョーに分かりにくい 
その上、生徒や講師たちの昔の写真が懐かしく(20年、30年以上の在籍が珍しくない我がスタジオ)時のたつのも忘れてた後半になるとビデオからDVDの時代となり、それを見始めたら2日がかり首から腰、気が付けばすっかり痛めてしまってた

良い作品、好きな場面が一杯あった。この場面、だれが振付とパンフ見れば私
自分で言うのも変?だが、よくこんなのやったなーと講師の振付場面でも
素晴らしい作品が数多くあり、今回の舞台でもういちど見たいと思っている。

また40周年ということで卒業生たちが、もう一度踊りたいと集まってくれるそうでこれも楽しみ

庭の草木が日ごとに大きく、緑が色濃くなる街を走ると玄関や家の周りに草木を植えてる家を多く見かけるようになった。あるのと無いのとでは全然違う。神宮の森は全国からの献木で、全国からのべ11万人の青年団が100年後を見越して植樹した四季の移ろいを感じる憩いの場所に高さ190m巨大ビルが建ち、400本もの樹木を大量に伐採小池都知事、止めてください。


shimizu_j_d_s at 23:21|Permalink

2023年04月26日

「NY」の文字に敏感に反応する私、、、

マンハッタンの大きなビルの駐車場が崩落?地下まで崩れ落ちたってマンハッタンのどの辺興味津々歩いた街を思い出したりしている。
高い駐車代を嫌ってニューヨーカーは地下鉄かまたはひたすら歩く。赤信号だろうと車こなきゃどんどん歩く。私も地下鉄5駅ぐらいは歩いた懐かしいなあ

もう一つビッグニュース!35年続いた「オペラ座の怪人」がコロナ禍の影響でついにクローズ
ほとんどの月曜が休演のNYで月曜にやってる嬉しい劇場!30年以上前に初観劇大感動して帰国後、日本人キャストの「フアントム」を観た。
心底がっかり見た目がまるで違うし、スケールも違う欧米人が歌舞伎をどんなに上手に演じてても感じる違和感があった。あれから数10年、最近では欧米に近い容姿の若者も増え、技術的にも大差ないように思える。
数えられないほど観てる中で、妹と見た時が忘れられない、シャンデリアが良く見える2階の正面で,最初から感動して泣いてた妹は終演後「可哀想すぎる」と泣き崩れ立ち上がれない。周りの人も笑いながらその様子を見ていた。
公演はクローズしたが、あの怪人はオペラ座の地下に潜み、いつか戻ってくるに違いない、と書いたコラムを見た。
40年以上通ったブロードウエイ、行けなくなって3年、もう二度と行くことはないと思うが思い出は胸に一杯もらった感動を自分の公演〜SHOWCASE-9に生かして行こうと思っている。

名倉加代子さんが舞踊芸術賞を授与された。ジャズダンスに光を当てられた
ご本人もおっしゃってるように、本当におめでたく嬉しいことだった。
名倉先生のダンスは気品があってシャープ!基礎ができていて奥が深いダンス歴60年!
の中で私は公演のほとんどを見ているまたカンパニーメンバーの中から2人が縁あって
我がスタジオの講師!というのも嬉しい

今回初めて棄権した投票したいと思う人がいなかったし、何言っても聞く耳持たないからの無力感もあった。でもそんなの理由にならない。反省

自分の息子を私設秘書官にする首相、なりたくても議員になれない人に襲われた
絶対許されない行為だが、色々考えさせられた事件ではあった


shimizu_j_d_s at 20:30|Permalink

2023年04月04日

またもや大切な方の悲報届きショック!

神様は無慈悲だと思う。まだまだもっと長く生きて音楽で言論〜ことばで私たちを導いて欲しかった。坂本龍一さん、71歳なんて早過ぎます!
2014年から度々がんに襲われながら寛解しては立ち上がり、また時には闘病中であっても、休まず幅広い活動を続けてこられた。
映画「戦場のメリークリスマス」を観た感想は、秘めたる男の友情、もしくはある種の愛情に思え、それは坂本さんの哀愁を帯びた演技ゆえだったと今になって私は思う。
YMOのテクノポップミユージックはその当時”新しいな”とは思ったが十分に理解したとは言えない何よりあの意志に強さを表す強い眼差しに惹かれた
今頃は★星の世界でお仲間たちと、和やかに過ごされているだろうだろう。合掌

「なぜこの国を運営する人はこれほどまでに原発に固執するのだろう」
「なぜ先人が100年かけて守り育ててきた貴重な樹々を経済的利益のために犠牲にするのだろう」と訴え続けてきた坂本さんの強い願いを、私も忘れず発信していきたいと思う。

私にも訴えたいこと一杯ある日本の元号を守れと言う保守層。しかし
代が変わるごとに変わる元号より西暦の方が数倍分かりやすい国際社会になって
元号にこだわるのは時代遅れ、不合理と思う

夫婦同姓反対!LGBT反対!マイナーカードで国民を管理する!これらすべて保守層
健康保険証をマイナーカードに一緒にする。持たない人には資格確認書を発行するが、この確認書での窓口負担は倍増するという。まるで脅し保守層ってなんか変
ちょうど選挙だしよーく考えなきゃー

shimizu_j_d_s at 20:34|Permalink

2023年03月24日

この感動を表す言葉が見つからないWBC!

野球なんて全く興味がなかった私が、心を揺さぶれるこの感動をもっと味わいたくて
TVや新聞を片っ端から追っかけた。
野球がテーマの映画はいっぱいあるがこんな凄いのは見たことない。完璧に映画を超えた。何度も心地よい感動の涙が、、、

まず栗山監督の存在。翌日のTVで語られた裏話など聞いて一層その感を強くした。
この選手!と惚れ込んだ選手を現地まで足を誇んで説得、こうして選び抜かれた選手を最後まで信じて能力を十分に発揮させた
その期待に備え、早くからキャンプに参加して若い選手たちの支えとなったダルビッシュ選手「皆で明るく笑顔で野球してほしい」の言葉を受け、25歳以下の4投手が大リーガーを前に臆することなく素晴らしい投球を見せた。彼を見ていて、なんか悟りを開いた聖人?のように見えた

ムードメーカーで投守に大活躍のヌートバー選手日米の懸け橋になるような存在だった
あのペッパーミル・アクションはブームとなった。
そしてなんといっても大谷選手あの童顔から想像もつかないような闘志、そして冷静な判断力。野球の神が宿った?かのような天才的な能力
「野球と書いて大谷と読む」と書いたコラムに納得言い得て妙

私にも嬉しいことがあった昨年2階の屋根を覆うほど伸びた桜の巨木を3分の1ほど残してバッサリ伐採20僂鯆兇┐訐擇螻瑤鮓て”泣いてる涙が”と言ったら防虫剤だと言われた
もう一度咲いてくれるか?と祈るような思いで眺めていたら恥ずかしそうな2、3輪見つけ思わず涙があんなに切られてよくまあ健気に咲いてくれたと。

shimizu_j_d_s at 20:20|Permalink

2023年03月15日

第95回アカデミー賞授賞式の感想

今年の司会者ジミー・キンメルは、嫌味なくジョークも達者でトラブルもなく、和やかに進行した。
主演女優受賞は大好きなケイト・ブランシェットに取つてもらいたかったが、GETしたミシェル・ヨーは美しく存在感のある人で、何より「ピークを過ぎたなんて言わせない!私たちはついにガラスの天井をぶっ壊した」のスピーチは客席総立ちの大喝采後々まで語られるであろう素晴らしい内容だった。
レデイ・ガガ、客席でのド派手なファッションから一転、主題歌賞のパォォーマンスではシンプルな黒のTシャツにパンツ、ほぼ素顔で「トップガン」のテーマ曲を熱唱最も感動した場面だった
ダンスのパフォーマンスはインド系、受賞のほとんどがアジア系!国際的ではあったが、ハリウッド映画で育った私にとって一抹の寂しさは拭えなかった

WBC 大谷選手ほかの侍ジャパンの大活躍は嬉しい限りだが、チェコ代表の話を聞いて
目からウロコこの国にはプロリーグはなく、ほとんどの選手は兼業プレイヤーなのだ。
監督は精神科医、そのほか消防士、電気技師、営業マン、高校教師などで、公式練習で東京ドームに来たチェコ選手たちは「まるで修学旅行に来た少年たちのようだった」と配信されている。
こんなチームが本大会に出場したこと自体が世界を驚かすビッグニュースだったのだ。

扇千景さん、亡くなった宝塚で上級生のカンコさんは(寛子)病気のため遅れて、楽屋が隣りになり、背中を塗ったりのお手伝いをさせていただいた。
帰りも同方向でずっと一緒に帰った。あの美しい瞳を真近で見てドキドキの気持ち忘れない合掌

花粉症、症状のない人ホントうらやましい数年前クシャミと鼻水ズルズルの息子に「精神がたるんどるからそんなもんにかかるんだ」と偉そうに言った私にバチが当たったか重症化している。激しいクシャミの連続で交通事故起こした人の気持ちよくわかる

桜も開花4月からSJD~スタジオのレッスン内容や、ルールも一部変更し新しい一歩を
踏み出そうと計画良いと思われるプランを取り入れ楽しく実り多いスタジオにしたい。



shimizu_j_d_s at 16:54|Permalink

2023年02月22日

心惹かれる銀河鉄道への憧れ

ずっと昔から夜空を見るのが好きだったTVなんてない時代、星空を飽きずに見てた。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は読む年代によって心に刺さる部分が違ってきた。
「銀河鉄道999」が出た時には”メーテル”に惹かれその役を大浦みずきが演じた時にはイメージピッタリと感動最近TVで花總まりの”メーテル”を見たが、品がありさすが宝塚亡くなった人は星になる★と聞かされ育った私は、キラキラまたたく星を見て懐かしい人たちがあそこにいると自分もあそこへ仲間入りするんだと胸が暖かくなる。
好きな本は「星の王子さま」好きな曲は「星に願いを」星にまつわる物語は避けて通れない。

今日久しぶり(たぶん5,6回目)に映画「オーシャンズ11」を見た。宝塚でも何度も公演しているが、J・クルーニー、B・ピットなどスター達が若くてカッコ良い私はA・ガルシア演じる”ベネディクト”が宝塚版で演じた”ずん”こと桜木みなとに見えてきて懐かしかった

今回感傷的になったのは、コロナ禍でもう2度と海外へ行けない今MGMホテル宿泊した!ベラッジオにはショウ観劇に行った等々、この映画の舞台となった様々な場面を、懐かしく胸が締め付けられるような思いで見た。

さてマイナーカード、そもそもこれは任意の筈!強引な普及策は誰が得する?と国民の不審をあおるばかり。
保育代、給食費などを無償~タダにできるのは家族全員がマイナーカード取得した所帯のみ
ある自治体では、上司が部下に、全員が取得を目指してるので君だけが取らないのは、後々響く、不利益だからねと脅されたという。

いやなニュースばかりの中、NBA八村塁選手のレイカーズ移籍直後の大活躍が
最高嬉しい

shimizu_j_d_s at 22:11|Permalink

2023年02月11日

一年で一番つらい苦手な確定申告

年末あたりから書類をチエックし始めるのだが、嫌いなことなのですぐ止めてしまう
弁解するわけじゃないが、小1になるべき年に終戦母娘4人韓国から命からがら帰国して11月末。その後も行方不明の父を探すなどして転々として、とにかく生きるのに必死。小学校に行きだしたのは京都で小3になっていた。
基礎が大切な理数科はまるでダメTV,ラジオもなく本だけは貸本屋を主に片っ端から読んでたので、文科系はなんとか、、、
その大嫌いな計算で今年改めてショッキングな事実が判明我がスタジオは「良心的」と言われる低料金のレッスン代に、代講を含め優秀な講師を19人をそろえてのレッスン体系は、元々採算が取れないやり方ではあった。
今年はコロナ禍に加え、生徒の意識の変化など諸々で、開けてみればスタートして46年、最大の大赤字となっていた数年前から据え置きになっていたレッスン代をやむを得ず上げざるを得ない状況
昨今の値上げラッシュに便乗かと言われそうで哀しいが、講師ほかの意見も聞きながら近く発表する予定でいる。
事業としては成り立たないが、何より踊るのが大好き生徒の成長を見るのが楽しみこれがモチベーションとなって私を支えてくれている。

本年11/19㈰SHOWCASE-9決定。その前に来る2/23(祝)キッズ達がTAP DOの公演に参加場所は狛江。また6月ごろには開港祭?大澤クラスのリードで公演に参加するニュースも届いている。

「隣にいると嫌。顔を見るのも嫌」の政府高官の発言に心底驚いた何とゴーマンなこれは「世界が変わってしまう」という岸田首相以下現政権の総意だと思う。
こういう人が発言すると、知らない人はそうなんだ!と刷り込まれてしまう
私は幸いにも同性カップルの親友がいるし、ゲイの友人たちともフツーに付き合っている。
誰を好きになろうと大きなお世話!みんな違ってみんな良いのだ

私のレッスンで、ブルーノ・マース。バックストリート・ボーイズと続けている。これはヒップホップジャズ系統。
そして昨夜、細川たかしの津軽じょんがら節を聴きトリハダ私は津軽三味線が
大好きジャンル違えど、良いものは良いのだ


shimizu_j_d_s at 16:09|Permalink

2023年01月29日

連続強盗事件、我が家の反応

この事件が連日大きく報道されると夫は、ドアチェーンを付けろ、鍵をもっとつけろと
かなりナーバスになっている。ちょっと待った。我が家は築50年、隣りの義母の家は生きてれば100歳超えの義父が産湯を使った?という古さ母が施設に移ってからはほぼ空き家状態その上狭い道路の奥に建っていて救急車も入れない。裏は高い山で逃げ道は無い。車は息子と私で2台あるが大衆車。どう見ても金があるように見えないし逃走経路も無い。
母が「家は24時間誰かが起きてるからドロボーも入れないね」と言ってた。母は朝5時には起床、その前後に息子が帰宅。私は夕方スタジオへ。10時過ぎに帰宅。大体午前3時ごろまで起きて仕事してる。
夫はゴルフの練習?医者通いなどで午後出て夕方帰宅。それぞれの時間を別々に暮らしてる感じ。一般の人と大きくずれているのだ。
あのオレオレ詐欺などで高齢者が、数千万もの金を払うのを見て、狙われたのではないか?
もっとも今回の犯人たちは呆れるほど無計画空巣で入るより在宅を狙って入り、脅かして金のありかを聞き出方が早いじゃん!この発想がもうシロートすぐ捕まってしまうが、上の?人間は全く困らない。また募集すればいくらでも集まるから。

困ってるのは私昨年あたりから舌を噛んで突起物ができたり、逆まつげのヒドイのになり小手術を2回もやる羽目にこれみな筋肉の衰えからくる現象らしい。

今最も困ってるのは足の攣り〜夜中に何度もつって目覚めほとんど寝られなかった原因は前日のレッスンでの動き過ぎふくらはぎ〜始まり、足の付け根までひきつる。ゼリー状の薬を飲み、寒い中歩き回り何とか収まるのを待つ
対策として水飲め?〜逆流性食道炎の私は寝る前に水飲むと発作起きるのでNO!
冷やすな〜ソックス履き、電気毛布で万全の対策をしているけど発作は起きる

そんな時癒されるのは花たち昨年秋に水栽培で植えこんだヒヤシンスが次々と咲きだした甘い香りの百合、バラに似てるがラナンキュラス、最も好きなカスミ草清楚な小さな花の集まりだが、ほかの花に添えると一段と華やかさを増すそういった存在感が好き




shimizu_j_d_s at 23:59|Permalink

2023年01月12日

喜ばしい新年早々2つの舞台観劇

まず銀座博品館「TAP Do」初春からナマの舞台を見られるなんて幸先良く
良いことありそうな予感にイソイソと劇場へ向かう
我がSJDからはKEY,飯島萌子の2人が参加それぞれの得意分野で頑張ってた
メンバー全員がダンス、コント、演奏とすべてこなすマルチタレントなのだ中でも畠山眞葵が扮する宝塚男役はかなり本格的で人気なのだがフォーエバー宝塚フォーエバーと歌いだした時、思わずウルウルこの曲は私たち元宝塚生にとって、よく知られたすみれの花咲くころよりもっと身近な校歌のようなもので懐かしさがこみ上げたのだった

初春2つ目は国際フォーラムC「MAKAZE IZM」今最もチケット入手困難真風涼帆リサイタル
超人気だけあって中身も半端なく濃いよくできた舞台だった。バンドは舞台上手奥に配置、舞台は馬蹄型に両サイドに階段、中央は一段高く回り舞台になっており実に効率よく進行していくこのgoodな構成、演出は石田昌也
真風の魅力を余すところなく魅せフアンは大満足だろう。それを支えた桜木みなとの
活躍も見逃せない。好きなシーンはいくつもあったが、和太鼓の音が懐かしい「ジャポニズム」山下拓郎の歌「男たち」などが勇壮ダイナミック踊り手の熱気が伝わってきて、思わず客席で一緒に跳ねた!
一番心惹かれたのは真風のレッド・バトラークラーク・ゲイブルがそこに立ってると鳥肌が潤花のスカーレットも最高にきれいだったこの二人が演ずる「風と共に去りぬ」を見たかった

久しぶりに宝塚受験の模擬試験をやった。宝塚100期生3人が企画し、実現したもので
最新の情報などを聞いていると、考えさせられることも多かった。
合格するためのマニュアルだけ何度も練習する?必要なんだろうけど、今のこの流れは舞台に必要か?それに宝塚という特殊な世界に向いてるか?が何より大切な気がする。

shimizu_j_d_s at 01:05|Permalink