2018年01月22日

わーっ大雪!こんなに降るとは。。。

昼、歯医者へ向かう時に突然雪が舞いだした。本当にヒラヒラと舞うように落ちてきて、美しいとさえ思った〜が、時間を追って降り方が激しくなり、家の前も10僂魃曚浩兩当然レッスンは休講のメールを回し、明日に関しては12時に様子を見て決めようと考えている。
明日の雪かきが思いやられ気が重いそれでなくても今、手首を痛め湿布してる状態なのにこの上、ヒザにも腰にも負担を掛けると思うと、ゾッとする
我が家は細い路地の奥に位置し、毎回10m弱の雪かきは1人でやる羽目になる
夫は”オレ、腰悪いからダメ” 息子は”仕事あるから”と皆逃げる私の体が危機的状況!と言っても真剣に聞いてない

痛むヒザの治療について。院長先生が「ダンスの先生ですか、夢を与える素晴らしいお仕事ですね。ぜひ治しましょう」とレントゲン、MRIの結果、注射と飲み薬、塗る薬など手を尽くして下さった。約2ヶ月かけた結果、あまり変わらない院長は「寒いから痛むのですよ。これはヒアルロンサンで、とても良い薬なので段々に良くなりますよ」と毎回ヒザを診て触って、優しく言って下さるので、長く待つのも厭わず通った。
最後に若い先生に当たり、同じ症状なのにまずヒザなんて見ないそれどころか、PCのカルテだけ見て話すので、この先生の横顔しか見なかった
痛みがまだあると言う私に「半月板もいかれてるし、関節もここまで悪くなると痛んで当たり前。注射や薬なんて対処療法でしかない。その場しのぎで、根本的に治すには人工関節しかない。アナタはどうしたいんですか?」と聞く。手術までは考えない、と言って帰ってきたが、同じ症状でも医師によってこれだけ言い方が違うという事実に愕然!ある意味覚悟が出来た。
ダンスやバレエを長くやってる人、その後教師をやってる人の多くは杖か、車椅子!
体に全く異常がない!という人は珍しい。専属のトレーナーや医師が付いて居れば別だろうが、残念ながら私たちの仲間で、そんな余裕のある人はいない

実は暮れの紅白〜の際、一瞬TVを付けたら平井堅の歌好きは歌手でそのまま聞いていたが、横で踊ってるダンサーに強く惹き付けられたその大前光市の特集をやっていた。気付かなかったが彼は義足のダンサーだったダンサーとして順調にキャリアを伸ばしてきたその時、事故に遭って右足ヒザから下を切断どんなに悔しかっただろうでも辛い厳しい訓練を重ねて、義足のダンサーとしてカムバック今ではシルクドソレイユなど、世界的に活躍している。
紅白の時の振付は、これまた素晴らしい辻本知彦で、2人で踊りを創り上げていく様子はトリハダもの本番が終了した後、2人がお互いに健闘をたたえ合い涙する姿に貰い泣き

感動と言えば映画「GREATEST SHOWMAN」のサントラを、2/18の封切り前に購入
ほとんどヒュー・ジャックマンが歌っていて、ラストの1曲なんて"レミゼラブル”かと思うほど、感じが似ていたこの人のNYのコンサート、かぶりつきで見ておいて良かった

shimizu_j_d_s at 23:11|Permalink

2018年01月18日

成人式の晴れ着事件について考える

振り袖のレンタル業者が成人式寸前に姿を消し、いまだに行方が分からない。
楽しみにしていた晴れ着を着られず、参加しなかった被害者も多数出たと聞く。
あるコメンテーターのコラムが、私の考えと近いので引用してみる。晴れ着にかけるお金が無い人はどうなるのか。晴れ着が必須ならば、自治体主催の式典として不適切ではないか。成人式だけではない。小学校の卒業式でも着飾った子どもが目立つ。「晴れ着が着られなかったら成人式に出られない!」と当たり前のように語られている現状に、とても胸が痛む。今回の事件を機に、晴れ着中心の成人式こそ見直されて欲しいと語っている。ちなみにこの人の幼少期「貧しい人を排除しないように」と育てられたそうで、晴れ着とも無縁で大人になった。よって成人式への関心は元々薄いとも書いている。

息子の小学校時代、一人っ子はよくないと同級生達を呼んで、映画やディズニーランドへ出掛けた。そば屋や、クリーニング店など母親が働いていて忙しい〜そんな事情の子どもたち。中に両親のいない子も居て、その子の卒業式の時には、息子のブレザーを貸した。喜んだ姿が忘れられない。着るものが無いから出られないなんて式はおかしい。色んな家庭の人がいるのを理解するべきと思う。

私はよく夢をみる。それも目覚める間際に見る夢は鮮明でリアル知ってる人の時が多く懐かしい。特徴的なことはいつも何かを探している。車を駐車させた場所が分からなくなって探す。歩いていて目的の場所へたどり着けない。やっと駅に着いても乗り場が分からずウロウロ。空港で搭乗案内が聞こえるのに搭乗口が分からず焦る
舞台関係の夢もよく見る。出遅れ、衣装が無い!歌い出したら歌詞が分からず、踊りの振りが浮かばない恐怖で目が覚める。嬉しい夢なんてほとんどない。同じ夢を何度も見るのは何か原因があるのか?専門家に聞いてみたい。

夢のようなひとときそんな想い出はだれにでもあるとおもう。
私はTONY賞の受賞式に出席出来たこと一般人は参加できない中、取材陣の中に入れてもらい、ロングドレスでレッドカーペットを踏んだ感覚は最高鈴なりのフアンの目が面映ゆく感じた。その後はマリオットマーキス・ホテルでのアフター・パーティ。Michaelは「キスミーケイト」のテーブルなので、”sorry” と言ってたが、キラ★のようなスター達がまわりにいて、写真撮ったり話したり、それこそ夢のようなひとときだった

平昌冬季五輪に北朝鮮が参加する!そのための南北対話が進められてるようで、ホンの少しだが雪解け?の道筋が見えてきた感じがする。あの国との話し合いはハードルが高い!だからこそ、細く長く続けて欲しい。

それに引きかえ開会式に出席を求められてるのに安倍首相は出席しない日韓合意をめぐる対立で、韓国が折れるなら〜と外交カードをちらつかせているが、この政権の振る舞いは、子どもがすねてるようで幼児っぽい、と新聞に書かれている


shimizu_j_d_s at 23:54|Permalink

2018年01月14日

今日、ハワイでハワイ版-Jアラートが鳴り響いた

「北朝鮮からミサイルが発射されたので、至急避難せよ」との警報が、ハワイ全土に鳴り響き、住民がパニックに襲われた34分後に、これは人為的なミスとわかり、解除されたが人ごとではない。2つ並んだボタンを押し間違えただけなんて冗談じゃない。
日本でのJアラートには何か?の意図が見えてきな臭いミサイルが飛んでくると大変だから、迎え打つ兵器が必要!と1千億円ものイージスショアを3機もトランプの言いなりで購入。強烈な磁気を発するので近くに人は住めないこの狭い島国のどこへ置こうというのか。
この正気とはとても思えない米大統領の、アフリカやカリブ海諸国を「くそったれ国家」との侮蔑発言を受け、アフリカ54ヵ国がトランプ氏を非難し、謝罪を求める共同声明を出した。
こんな大統領と世界で最も親しい?安倍首相、なんでも言いなりになってないで「それは間違ってる」とか、忠告できるなら本当の”友”と言えるが、モチロン無理だろう

映画「スノーデン」を見た。前にエドワード・スノーデン自身が、出演したドキュメントは見たが、J・G・レビットが演じているので、よりドラマチック。国の役に立ちたいとCIAの職員となったが、政府が個人情報を収集している実態に失望し、身の危険をかえりみず告発する。重要な人物や悪人のデータだけでなく、ごくフツーの庶民のデータまで、盗聴、隠しカメラなどを使って情報を収集しているようすは寒気がするIDをコンピューターに打ち込めばその人の全人生が瞬時に分かってしまうのだ。
日本でもマイナンバーカードなどがそれに近い。すべて明らかにされ隠れられない。

新年になってからいくつかドラマを見た。「都庁爆破〜」タイトル忘れてしまったが、新春特別ナントカ?と大層なキャッチコピーがついてたが、何とも劇画のような安っぽいドラマだった。キャストはそれなりの人が出てるのに、脚本が悪すぎCIAのエージェント?がたった1人で乗り込んできて、多勢の悪人をあり得ないアクションでやっつける。それはないでしょ!と思いつつラストまで見て呆れた。

「白日の鴉」これは良かった!痴漢の罪を着せられた会社員を遠藤憲一、その罪を晴らすため新人巡査の伊藤淳史と弁護士の寺尾聰が仕組まれた謎を解き明かす〜この3人の好演と、本がしっかり書けてるので、見応えのある作品になっていた。

ゴールデングローブ賞、受賞式で、セシル・デミル賞を受賞したオブラ・ウィンフリーのコメントに感動
メモも見ずに長いメッセージを心も込め、力強く述べ、会場から大きな拍手を浴びていた。
この人を大統領に、という声があるのをナットクして聞いた。

shimizu_j_d_s at 20:27|Permalink

2018年01月08日

新年のレッスンは1/5よりスタートした

わたし自身の担当する土曜の2クラスは6日からで、お正月気分も抜けないので、少ないかな?と思いきや、小学生はさすがに少ないものの、合計26人ちょうど冬休みで参加している音楽学校予科生4人もいて、外の寒さを忘れる熱気ムンムンのレッスンだった。
2ヶ月後には受験する子たちも、先輩たちに気兼ねなく、役に立つ情報など聞けて良い機会だったと思う。また予科生たちにとっても、音楽学校とはまた違ったレッスンを受けるのは刺激になったに違いない。

今日、ゴールデン・グローブ賞の受賞式の生中継があった。これは米国のTVと映画の優れた作品と出演者に贈られるもので、同時通訳はウルサクてどちらの言語も聞き取りにくいので、字幕版を待っている。
会場を見回すと男性は黒タキシード、女性の肌の色のほかは場内が真っ黒その女性の衣装もほとんどが肌を隠すデザインが多い。やっぱりMichaelが以前言ってたように「オシャレな人、特にニューヨーカーは黒の衣装が多い」それかな?と思ったが、お葬式みたいでやっぱりヘンと感じていたら、女優たちがセクハラに抗議をするため、黒の衣装で出席することにしたらしい。なるほど!でもその黒一色がとてもセンス良く美しかった

私は映画もTVドラマも吹き替え版は見ないだが最近NHKで始まった「THIS IS US」という米国ドラマは吹き替えのみなのでしかたなく見ている。複雑な家庭の物語だが、時にホロリとさせられ心が温まる良くできたドラマなのだ。1つ残念なのは主役の1人、ケビン役の吹き替えを演じてる人が棒読みほかの人は声優なのだろう、皆巧いのにこの人だけは抑揚が無く、テンポが遅い。今売り出しのスターで、この人の名前だけが番宣に出ているTVドラマに出てるときは良い感じだったが、やはり声優とは違った技術なのかな出来たらキャストの生の声での放送が見たいちなみにもう1人のランドン役の黒人俳優が、今日のゴールデングローブ受賞式で、受賞を果たした。

「陸王」でマラソンに目覚めた?ワタシ、初めて箱根駅伝のダイジェスト版を見た。ルールも何も知らないが、とにかく与えられた区間を必死に走る彼らを応援したそしてタスキを渡す瞬間には"絆”を感じ、胸が熱くなった。1人で走ってるが実は間違いなくチームプレーなのだ!そして監督の声援の声に自分を重ねたりした

今日は成人式、着る予定だった晴れ着の会社が突然倒産?して着られなくなった人が各地で続出急遽友人知人に借りた人、他の業者が救いの手を伸ばした〜、それも出来なかった人は欠席した、との報道を見てふと、疑問に思った。成人式って、あの豪華な振り袖着るためだけの日なのか?
見分けが付かない、みーんな同じ着物、同じ白いショール、同じ髪型で満足なのか?洋服の正装があったらそれこそ個性的で人目を引くと思うけど、それをやる勇希は無いのね時代が違うと言われればその通りだが、私は成人式の日、子育てで必死たぶんTVも見るヒマ無かったと思う。知らなかったもの


shimizu_j_d_s at 23:56|Permalink

2018年01月05日

雪組公演「ひかりふる路」を観て

新春、今年初の観劇は感動のうちに幕が下りた。
このところ2公演ほど、わたし的にはつまらなくてもう宝塚は見なくても良いな、と思っていたところなので、これでまた通うことに?なりそう
生田大地 作・演出「ひかりふる路」は、革命家M・ロペスピエールの、愛と苦悩の物語。
伝えられる人物像とは違うが、望海風斗の圧倒的な歌唱力と演技で、この時代に生きた1人の革命家を身近に感じることが出来た。歌えるので相手役に迎えられたと聞く、真彩希帆もさすが!2人のデュエットには聞き惚れた。F・ワイルドホーンの曲がまた良いどの曲も美しいが、幕開きの裁判の場で歌われる朝美絢(字違う?)のナンバーは力強く説得力があり耳に残った。
他のキャストもみな好演だったが、彩風咲奈のジョルジュ・ランドンは良い役!役者なら誰でもやってみたいキャクター!この人もピッタリはまって、気持ちよさそうに演じてた。

「SUPER VOYAGER!」このショウがまた良くできていて楽しめた
それの功労者はなんと言っても望海風斗の魅力どの歌も聞き惚れる素晴らしさやっぱり歌劇なのだから〜ミュージカルショウなのだから、巧い歌を聴きたい
作演出の野口氏と大学のサークル仲間だったという、三井聰が振り付けた「海の見える街」この場が飛び抜けて良かった振付、フォーメーション、衣装すべてが垢抜けていて見応えがあった。
センターの彩風〜も良く動いていたし、皆イキイキと本当に楽しそうに踊ってた野口氏本人が「この場面がこのショウの目玉だ」と話してるのもうなずける。
それにひきかえ、ヒップホップもどき?はどうかな細かいリズムが取れて無い人が多いし、この曲であの衣装?ヒールブーツよりもっとラフなシューズの方が合うのでは不得意はものをムリにやらせなくても、なんて余計なことを考えた
この組には眞ノ宮るいがおり、見るたび成長が見られるのは嬉しい限りしなやかなダンスをもっともっと磨いて、伸びていって欲しいと願っている。

shimizu_j_d_s at 01:27|Permalink

2018年01月01日

気が付けば新年になっていた

お正月の支度に追われていたのでも、旅行に出掛けたのでもないのに、いつの間にか?2018年になっていた。私は変わり者で、一般的に行われるお正月の行事に全く興味が無く、おせちの用意もしないしお飾りもしない。昨日今日と朝食はトーストと果物とヨーグルト、いつも同じ。
隣の母は逆に、伝統的にこだわる人で、門松、鏡餅〜大小6個など頼まれて買ってきた。小さなお餅は井戸のそばと台所に荒神様、そのほか色々名前があるそうで、そのほかお雑煮、豪華なおせちも届いた。新年に訪れる家族も年々減って、余った食べ物を処分するのが大変なのも毎年のこと。
友人の中には家族で民宿にでかけ、ゆっくり温泉に浸かり3食付きで、高価なおせちを買う料金でOKという。来年からはそういうのも考えたら良いね!と義妹と話したことだった。
もっともきっと私はお留守番この時期にやることがあるから出掛けられない。
 
31日大晦日は昼間は家事を片付け、夜は映画3本!TVは「生さだ〜」を見ただけ。
国技館からのナマ放送だったが、相撲の話題になり「品格ってなんですか?」と、さだまさしが白鴎がパッシングされてる件に関して、コメントしてたのが印象に残った。この人と考えが合うから好きなのかも
紅白〜なんて数年前から見ていない見たい歌手も、聴きたい歌も無い大体ほとんど知らないそれにあのバカ騒ぎ(としか思えない)が好きじゃない。
映画「チェンジリング」クリントイースト・ウッド監督。A・ジョリー主演。行方不明の9才の息子が5ヶ月後に帰ってきたが、別人だった!という1936年の実話。「ニューイヤーズ・イブ」タイムズスクエヤのカウント・ダウンを舞台に、たくさんのスター達が、ドラマを盛り上げる群像劇。この日この時間に見るにはピッタリ!だった後はD・レインとH・フォードがTVのキャスターを演じるコメディ。3本とも何度も観てるが、何度見ても又違った視点が見える。

大晦日の新聞に、読者が投稿した「平和の俳句」354句が載っており、それらのいくつかに胸を打たれ、時には涙があふれた「引揚げ者石を投げられ喜寿となる」経験者だから分かる「銃口を向けた敵にも家族いる」「9条は戦死者からの贈り物」または「■■■■■ ■■■■■■■ これが平和か」これもいまの森友、加計問題を鋭くひねった一句で、胸を突かれた。「オバマ鶴世界へ羽ばたけ平和旅」選ばれた8才の子どもから101才の方の俳句、心して読ませて貰った。

民放TVはあまり見ない方だが、好きなコマーシャルソングがあるセキスイハウスの歌手はアカペラで流れるのは誰だろう?とよく見たら八代亜紀だった!前にもあまりに上手くてチエックしたら中川晃教だったこの広告のストーリィも私の愛犬だった犬に似てるのが出るしセンス良いねどうか?と思うのは”ピアノ売ってチョーダイ”のあのCMひっきりなしに流れるがそんなにピアノ売る人がいるのかな?

伊藤詩織作「Black Box」を読み、色んなことを考えさせられた。この人は29才の国際的なジャーナリストで、およそ60ケ国を歩き、ペルーのコカインジャングルや、コロムビアのゲリラの取材をしてきたが、一度も危険な目に遭ったことは無かった。本当の危険が降りかかってきたきたのは、アジアの中でも安全と名高い母国、日本でだった。その後に起こった出来事は〜、読んで私は本当に驚いたいつかこれに関しては書こうと考えている。

shimizu_j_d_s at 23:54|Permalink

2017年12月26日

人それぞれ、クリスマスの過ごし方

私は、SHOWCASEという大きな節目を終えた今、自分の体のメンテナンスにとりかかっている。ヒザの治療は整形外科に通院中だが、そのほか腰や肩の痛みに必要な整体師を探している。長い間施術してくれていた人は、老齢でリタイア24日、チラシが入っていた、あるマーッサージの店に行ってみた。
まず驚いたのは中国人が1人でやっている医院で、膨大な内容の広告とは全く違う。
でもまあ漢方?なら悪くないかもと、始めてもらうがほとんど揉もず、いきなり着てる衣類をたくし上げて、背中と腕に"水晶玉"と言って吸盤を付けた!悪いところを吸い出す〜とタオルを掛け、数分置いて終わり。初回40分3千円と書いてあるのに、チラシが古い、と5千円で30分弱何より腕から背中いっぱいに5兮腓寮屬△兇くっきり!3日経っても消えない電話したら段々薄くなる、との話だいたい日本語があまり話せず、説明がほとんどない「ダイジョブ」のひと言だけ紹介もなく、そんな所へ行く方がおかしい!と妹は言ういままで2ヶ所行ってみたが、物足りないヘンに強くやられてもヒザが外れるから恐いのだ誰か良いひといないかなー

クリスマスイブに放映された「陸王」を見て、心地良い涙が何度も何度も頬を流れた。原作が良く、キャストが皆好演、心洗われるエンディングだった。これこそがTVドラマの王道だと思った。茂木選手役の竹内涼真の走りは何度見ても美しいムダのない鍛えられた足が宙を飛ぶように走る姿に釘付けになった。

こちらは悲しくて胸がふさがれるような事件。クリスマスに幼い男の子が、母親と男2人に虐待され亡くなった。なんで自分の産んだ子にそんな非道いことが出来るのか?わからない。虐待されるだけの4年間の生だったのか
また33才の娘を15年間、監禁して死亡させた両親!常識では理解できない人が多すぎる。もっともこういったことは昔からあった。表に出なかっただけ、という人もいる。いまは地方のことでも、全国ニュースで、また直ぐに追って週刊誌が書くから大きな話題となる。
高齢者の自動車事故でも、実は数年前から比べると、今は減ってきているのだそうだ。もうひとつ言うなら、統計的に見れば若者の起こす事故の方が、高齢者より多いのだという。

大相撲、暴行事件は「白鵬パッシング」日本型イジメの典型である!と書いた記事を読んだ。日本の国技?である相撲に外国人が入り、しかも連勝を続けている!それが気に入らない。品格がない、という。
貴乃花親方の寄りつき難い姿勢に、宗教?っぽい感じを受けたのだが、やっぱり日本を神国とみなす、かなり右寄りの団体に深く傾倒し、推薦文も書いているという。
スポーツマンは政治や、宗教に関係なく、正々堂々と戦って欲しいと思うが甘いかな

メイドインジャパンなら安心!の信頼は今大きく揺らいでいる。大手企業が軒並み、不正!リコール騒動を起こしている。その理由の1つとして、熟練者が定年で退社、次世代の出来る人材は中国などに引き抜かれ、十分にノウハウを伝えれていない若手が今!困難に立ち向かっている状況という。
そんな中、日航の整備部門で経験を積んだ60才を超えた4人が、仕事の中で得た最先端の知識をフィードバックしたい」と25万円ずつを出し合い、会社を立ち上げた。企業への助言、調査、研修、など航空技術を伝えたいと。「日航の鶴の恩返し」と歓迎されている。






shimizu_j_d_s at 23:57|Permalink

2017年12月22日

我が同期の変わらぬ姿をTVで見て

私たちの同期生は36名と、あの時代としては極端に少なかった2期上は60人もいたのに。。。あげくに不作の年と言われたが、そんな中★トップスターになったのが亡くなった夏亜矢子と、加茂さくら。そのテルコこと、加茂さくらが、TVのバラエティ番組に出ていて、相変わらずきれいだった。70代、80代の今でも若々しい女優さんたちが、若さを保つための努力と方法を紹介していた。
てるちゃんは夜はさっさと早く寝て、早朝6時にまだ暗い街を毎朝1人でウォーキング
色々な野菜と酢を入れた青汁を毎朝飲む(出演者全員が飲んでマズイ!と悲鳴を上げていた。
スクワット体操を欠かさずやる!の話を聞いていて、いかにも彼女らしいとナットク。
私たちが10代の頃は、サラダと言えばキュウリとキャベツだったのに、あの人の弁当箱にはレタスが入っていた体に良いと思うことはきちっと守り、レッスンも仕事も精一杯やり遂げる自分に対してもストイックで、厳しいから他人にも厳しい公演中に夜遅くまで食事(アルコールも?)に行く若い下級生に無責任!と怒っていた
そんなテルチャンだが、優しいところがあって、私の初めての発表会には宝塚から駆けつけてくれた美しいロングドレスを何枚も持ってきて、あの美声で公演を盛り立ててくれたのだ女性に侠気がある!と言うと変だが、そういうビシッと筋の通ってるところが好き私は中3で入ったから、高2でしっかりしてる彼女はお姉さんに見えた。今は家で歌を教えてるそうだが、もっと歌の仕事もして欲しい。

ひるがえって自分のことを考えると、いくら美容と健康に良くても、マズイ青汁は飲めないし、朝6時起きでウォーキングは出来ない夜9時過ぎに寝る!なんて出来ない。その時間まだ踊ってるもの。帰宅し疲れた体で夕食作って〜気が付けば日付が変わってるそれから好きな映画やドラマを見るベッドでは必ず読書そんな楽しみをぜんぶガマンしてまで美しくありたいとは思わない多少体に悪いとは思っても女優でなくてよかった。

体に悪いといえば、私のまわりには喫煙者が多くて嫌になる皆大切な人だから長生きしてもらいたいのに、毒!の煙を吸い続け病気になれば看病するのはこっち臭いを撒き散らし、まわりにも迷惑を掛けるのにどうして止められないのか?と情けない。
自民党衆院議員は「国会運営について協議するとき、たばこを吸いながらの方が互いに集中できる」というが、その一方で、公明党の議員は「自民党の控え室は煙たいので嫌だ」との本音を漏らす。

長年悩んでる膝の痛みだが、今回MRI検査の結果が芳しくないのでこの先注射と投薬、電気を当てる、などの治療を開始することになった。それでもレッスンは続けなければならずつらいところ。

shimizu_j_d_s at 23:54|Permalink

2017年12月15日

SHOWCASEの舞台写真が出来た!

SHOWCASEの写真は、もうずいぶんい前から、オフィスナイトウさんにお願いしている。
秒単位で動くダンサーの一瞬を捕らえる映像は、天才的!HPの写真を見れば分かる。
今年、写真を見る生徒たちは、アルバムの写真の中から選んでまずスマホで撮る。それを後で申し込むらしい。2年前には見られなかった風景。中にはこれってネットで見られますか?と聞く子もいて唖然!わずか2年の間にすっかり様変わり小学生だってスマの時代なのだ。
そういえば体験に来た人に、SHOWCASEのDVDをすすめたら「動画で見られますか?」と聞かれ、これにも驚いた。ウチのスタジオの目指してるもの、生徒たちのレベルなど、作品を観て貰えれば分かると思い、購入して貰えれば〜と考えたのだが

スマホといえば、スマホ片手に自転車に乗って大きな事故を起こした14才と20才の方の被害女性は死亡危険街を歩いていても、皆と言ってよいほどスマホに目がいっている。便利さを追及のあまり、失っているものが少なくない。
まずは想像力これには読書がいちばんと思う。
ノーベル文学賞に輝いたカズオ・イシグロ氏の「日の名残り」映画は前に見たが、本は言葉の美しさに感銘を受けた。訳も優れているのだろうが、伝統ある英国貴族に仕える執事の日常が丁寧語で語られる。
読み終えてもう一度映画を見たら、執事役のアンソニー・ホプキンス(羊たちの沈黙の怖い役よりずっと良い)女中頭のエマ・トンプソンの演技〜切なさが、一段と身に沁みた。ナチスが破れた後のドイツに欧米がどう立ち向かった?のか?歴史も良くわかった。

長い間使っていた電子レンジが不調スタートボタンを押しても直ぐには動かない何回か押すとようやく動くでも何とか動くのだから〜と使って1年あまりようやく買い換えることにした。
ウチの電器屋さんは、私が20代の頃からの古い付き合い私の姓が変わっても、住所が変わっても有楽町から来てくれている。ついに代替わりして、今ではひとまわり若い人が変わらず来てくれている。今回購入に当たって量販店などチェックしたが、彼の進めてくれたレンジはかなり高い
毎回のことなのだが、彼が来れば家中をチェック掃除が必要なものは分解して掃除!電気製品だけでなく男手が必要な箇所はぜんぶやってくれるのだどこかが動かないといえば直ぐ来てくれる貴重な存在、電器のホームドクターだと思っている。少しぐらい料金が高くてもその分の料金と思えば惜しくない。我が家の男2人は、電球ひとつ変えない何にもしない人たちなので、本当に助かっている。

もうひとつ言えば、我が家出入りの水道屋さん、植木屋さんもみな30年年近い、長いおつきあい代替わりしているが、どうぞ私が生きてる間は皆元気でいてと願っている。中1から今にいたるまで長い付き合いの親友もいる

shimizu_j_d_s at 21:53|Permalink

2017年12月11日

「Pukul」を見て来た!大感激!

最近いくつかの舞台を観ていても、これは良いけど、これがよくないなど、途中で飽きてしまうものが多い中で、久しぶりに何もかもが大満足の心から酔える作品を観られた。
私は謝珠栄こと謝ちゃんの振付は日本一いや世界でもと思っている。好みの問題でもあるが、彼女の創る世界観というか、オリジナリテイは本当に素晴らしい。
身体を極限まで使って踊るから、ダンサーは実力を求められるし、相当ハードだが、踊り終えたときには達成感で気分ソーカイとなるからフシギ。宝塚の生徒たちも、謝先生の振付のある公演に当たると、みんなとても喜ぶ

さて今回は、湖月わたる、水夏希、蘭乃はな、舞羽美海、貳舞夕、舞城のどかで、ゲストが姿月あさと、のベストキャスト!男性も大貫勇輔の目が釘付けのあざやかなダンスと4人のダンサーもgood
坂本健児の語るように唄う姿は、このダンズショウのMCとしてもピッタリ!そして岡幸二久しぶりに会える、と楽しみにしてたのに、トークショウの間に帰ってしまい残念暖かくて声量のある彼の歌は好きで応援している。デビューの頃から知ってるが、すっかりダンディなオトナ?になっていて、今回はわたるチャンと組んでパパ役もダンスもいっぱいの大活躍だった。そのわたるちゃん、いつ休んでるの?と思うくらいたくさんの大きな仕事をこなし、ドンドン上手になり、ますます綺麗になっているのは、友人として嬉しい限りオフも飾らず、可愛い人なのだ。

さて”時を刻む愛の鼓動”と副題が付いているように、1部はアジア諸国の民族舞踊を通して宇宙の壮大な愛がテーマ。2部は懐かしい名曲の数々が、新しいアレンジと振付でよみがえり玉麻尚一の音楽が心良く耳に残った
こういう懐メロのようなスタイルは、宝塚などでよくやるが、ひとつ間違うと古くさく安っぽくなりがちだが、さすが謝ちゃんそれに歌手が巧くダンサーのレベルが高ければ、飛びっきり!のショウが出来る!と魅せてくれた。
私も大好きでよく使う太鼓~ドラムが効果的に使われていた。選ばれた曲も好きな曲が多く、ラストのローズ全員のコーラスは心の奥まで響いた

「なんであんな黒いのが好きなのか」の発言の国会議員に対してユニークなコラムがあった。
ハーフではあるが父は黒人ではない、と語る諸岡カリーマさん、サッカーのアフリカ杯の関係者の優雅な身のこなしや、色鮮やかなファッションの美しさ。有名なセネガル人歌手のコンサートでも、客席を埋めたアフリカ人の容姿端麗さに圧倒された。光沢のあるブロンズ色の肌は、称賛の対象であってしかるべきだ。例の国会議員への答えは簡単、美しいからだ」と書いている。同感!
アルビン・エイリー舞踊団のダンサーを見てごらん黒い肌がしなやかに力強く躍動して、ため息が出るほど美しい彼らに衣装は要らないのだ。数少ない白人が可哀想に見える

shimizu_j_d_s at 03:00|Permalink