前枚方市議会議員 清水薫 ブログ

2月3日、成田山不動尊へは行きませんでした。
なかなか今は朝も出掛けにくくなって、午後の時間に何とか時間が確保できる状態。
フェスティバルホールで午後2時から橋下 徹講演会があって行ってきました。
朝日新聞のグループ会社の主催で昨年11月に朝日新聞に広告が載っていたので申し込み。
今回は1階で真ん中にある通路のボックス席のすぐ後ろ席。最高の席でした。
ボックス席があることも初めて知りました。広々としている席。
一階席が満席で2、3階席にも誘導されていたので、びっくりするほど多かった。ボックス席も満員。
若い人は少ないが中高年の男女。女性が6割ぐらいか。
全国で公演されているので内容は面白くわかり易い。
政治家は方針方向性を決めて、一歩踏み出すこと。このことを力説。一歩踏み出すと賛否が出る。
今の政治家は民間に戻ったら今より待遇が下がる、もっともっと下がる。そんな議員が多すぎる。
民間より割が合わないと思う人がもっと議員になるべき。実際割に合わない。
大阪と東京の比較。鉄道網、高速道路網。大阪は不便、東京は本当に便利。
大阪は府、市で別れ、東京は一つで全体を考えられる、その差。
廃藩置県で東京府、東京市ができたが対立が続く、1895年に一緒になる案がでてきて48年後、1943年に東京都ができた。それまで反対をしてきたのは東京市、市議。第二次世界大戦の真っただ中で東京が対立していては戦争に負ける。東条英機が号令をかけて一緒にした。
廃藩置県で大阪市、そしてそれ以外と分けられた。それ以外が大阪府。なので権限が分かれていて大阪全体を見るところが今もない。
大正時代、大阪が華やいでいた時期は大阪の人口、産業基盤の8割が大阪市内にあった。今は人口も産業基盤も大阪全体に広がっている。それなのに大阪全体で計画できない。
府と市の話し合いがこれまでもあったが、形式だけ。
テレビでコメンテーターが話し合いをすればよいというが何もわかっていない。大組織を動かしたことがないのに。府庁、市役所の大組織を動かすのはたいへんなこと。
いまは松井知事と吉村市長で非常にうまくいっている。
維新の会を作ったのも知事と市長に上下関係を作るため。上下関係にすればもめた時は上位の決定で決められる。それをやってきた。
政治家は方向性を決め、決めたら一歩前に進める。断絶と非連続。今までの延長ではできない。
天王寺公園、大坂城の公園の開発もいままでならこういう取り決めでできませんという役所を方向性を決めた。
決めたら役人は優秀なのでどんどん進める。一度成功すれば次々と進んでいく。
なにわ筋線、阪急の下りいれ、京阪の中之島線の延長、夢洲のIR、万博など府と市が一緒になって進めている案件を次々に説明。御堂筋パレードの見直しでフェラリーの走行など。民間がやってお金も出してくれる。
公演時間は90分だったが予定されていた時間を15分程度延長して話をされた。
合間合間にテレビでの話やコメンテーターへの批判とか盛り沢山な内容で笑いが続く。
安倍総理と東京で酒を飲んでリニア新幹線の大阪延長が早まったことが決まった話とか。

橋下さんの話は自分がやってきたことを説明することで、政治家とはこうすればやれるんだ、ということを言おうとしてたんだと思います。すべてがうまくいくなんてない。間違っていたこともある。それは有権者が判断する。
方向性を決めて、そして一歩進んでいく、そういう政治家がすくなすぎる。だから今の政治がだめなんだと。
公園が終わった時の拍手は選挙で聞いた時の状態ではない、割れんばかりの拍手でした。
改めてこの人はすごい人だと思う。

ながくなったついでに。先月下旬、ちょっと体調がよくなく病院で精密検査を受けて帰ってきたら、家の前に伏見市長がたっておられた。近くのコミュニティの会長宅に来られて、私の話題が出たので立ち寄られたらしい。
2年ぶりにあうか、久しぶりで。少しの間、地域のこと、市駅再開発のこと、など話をしていたら帰りがけに千社札をだされてこれを郵便箱に張っていただけませんか、といわれた。
郵便箱では間違われたら困るので門の各種ワッペンをはっているところなら、と本人確認の上で貼りました。
市長は喜んで帰られましたが。
千社札。これを張って歩いておられるのか。
橋下さんの話を聞いて、伏見市長は方向性を決めて一歩前に進んでおられるのだろうか。そう思いました。
楽しい節分の日でした。
橋下徹後援会

千社札

また寒くなりそうですが、昨日21日は暖かい絶好のウォーキング日和。
大阪府主催。大阪ミュージアムがおすすめの北河内エリアのパワースポットを巡る「ええとこウォーク」。
JR住道駅すぐの末広公園に集合。
運営が読売新聞の読売ファミリーなので朝の読売テレビのす・またんの斉藤雪乃さんも応援に。斉藤さんはゴールの萱島神社にも来られて応援。
コースはご利益ウォークなので神社、お寺を中心に。
まずは御領の水路、昔一帯が稲作れんこんの大産地で水路が縦横に走っていた。その名残。
菅原神社。そして門真に向かい第二京阪をくぐり三島神社。境内に国の天然記念物樹齢1000年以上のクスノキの巨木。長寿のご利益。
次に北上し自動車試験場を通り京阪古川橋駅へ。ここからは京阪本線沿いに萱島駅へ。
願得寺。そして大和田駅から堤根神社。さらに島頭天満宮。最後は萱島駅の高架下にある萱島神社。ゴール。
参加者約1000人。半分ずつ分かれての出発で私は後半の出発だったが、最初の組の後方が余裕があるので先に出発したい人は先に出発も可能となり最初の組に。
しかし500人ぐらいの最後尾。信号待ち、狭い歩道。そして今回の目的はご利益ウォークなのですべての神社寺にお参りをする。参拝するのに行列。
10キロの距離でしたが9時半に出発、萱島神社着は11時45分。時間がかかってしまった。
それでも今回は大東、門真、寝屋川のこれまで全く知らないところを歩けた、大収穫。
どの神社寺にも巨木があり、それが価値を持っている。
このウォークが毎年あるのかしりませんが、もし来年もあるなら本当にお勧めです。
皆さんもぜひ参加してください。おすすめのウォーキングです。
今年はご利益がありますように祈ってきました。
新春ウォーク
新春ウォーク2
新春ウォーク3
新春ウォーク4
新春ウォーク5
新春ウォーク6
新春ウォーク7
新春ウォーク8



今日は14日。まだ新年から14日目。ものすごく長い日々でした。
今年は全く正月らしさもなく普通のバタバタした日々。
1日から病院の救急にお世話になったからか。どうも病院通いの連続。
4日に関西医大へ通常の父親の診察、注射。
この時父親の体温も正常に戻ったように見えた。
9日母親が枚方病院へ診察。この時からか母親が徐々に熱を出し始めた。
10日父親の定期診察と血液検査。幸いにして寒くなって血尿が出ていないので輸血は回避。しかしどうも元気がない。
11日交野病院で急遽父親の尿道に入れているバルーンの交換。8日に尿をためる袋の排出の管のあたりで異常に尿漏れ発生。急遽病院に連絡して予約を入れて11日交換。
この日、母親を近くの医院へつれて行き通常の風邪と診断。熱が38度を超える。この日の朝はフラフラ状態、声が出ない。
12日、父親がどうも元気がなく、熱も37度6分となり、急きょ近くの医院へいき風邪薬をもらう。完全に治っていなかったらしい。
毎日体温を測り一喜一憂した状態。
なんとか少しずつ改善されてもとの状態になりだしてきた。
この冬の寒さは例年になく寒い。母親が風邪をひくなんて本人が言うほどに珍しい。
フラフラになった状態で母親は「お前と早くわかれないといかんかもしれない」そんな覚悟のことを言い出した。
元気なときは喧嘩ばかりしていてもさすがに高熱でフラフラになっているときは弱気な言葉が出る。
もう14日。早いというか毎日何をしているのかわからないような年明けの状態です。
もう日々の戦いです。

今年もよろしくお願いいたします。
この年末年始は落ち着くことのできない状態でした。
年末26、27、28日が父親の病院診察の付添。
29、30日は夜に歳末特別警戒の夜間パトロール。
31日、ようやくゆっくりできるかと思った矢先に父親が発熱。
最初はそれほどでもないと思っていたら38度2分に上昇。
1日、朝に体温は37度4分、下がっていくのかと思ったがまた38度4分へ。
急遽関西医大病院へ電話。
このような時はいつも同じだが何度電話してもつながらない。
つながっても肝心の看護師さんにつながらず再度電話してほしいと要請されて切れる。
急病の電話が殺到している。同じ経験は何度もしている。
三度目にようやくつながり、状態を説明して医師と相談して携帯に連絡しますといわれて暫く待つ。
その後連絡があり、本人を連れてこれますかと聞かれて、1日午後に父親を連れて関西医大へ。
1日でも病院にはお見舞いの方も多い。救急の待合室にも多数の患者さんが詰めかけている。
電話で予約されていたので着くやすぐに診察、薬をもらう。
2日になってもなかなかへ熱が下がらない。
父親はかなりしんどそうに「俺がいなくなっても~  」と私に伝言をする。
夕方になって37度1分に下がる。
そして今日36度6分。やっと普通に戻ってきた。
何度も何度も経験してきたが何が起こるかはわからない。
今年も波乱の幕開けとなりました。
ことしも負けずに頑張っていきたいと思います。

25日、KANSAIウォーク2017の3回目神戸エリアのウォーキングがありました。
快晴の天気。
今回のコースは13キロ。神戸元町を廻るコース。
神戸開港150周年記念。
メリケンパークに集合、震災メモリアルパークを巡回、旧居留地街を巡り、三宮神社からトアロードをのぼり北野異人館街へ。
北野天満神社から風見鶏の館、そこから山手に沿って相楽園、県庁から大倉山公園で孫文の像を見て、湊川神社。
そこから海岸へモザイクを通ってメリケンパーク。
9時45分スタート、12時10分ゴール。先導役がおられるのでいつも1時間5キロのペース。
元町を中心とする石畳、レンガ道を、しかも神戸の歩道は広いので非常に歩きやすい。
汗もかかずに快調。このままいつまでも歩けそうな感じ。
ウォーキングもマラソンと同じようにこの時期が最高。
今年最後のウォーキング。
脚の状態が最高なだけにこれで終わるのが残念。
先日、早々と来年3月の京都ツーデーウォークの案内と申し込みが届いた。
来年は明治維新から150年。このテーマのウォーキングが中心になるでしょう。
それまでは足腰を鍛えておきます。
kansaiウォーク20173回目
kansaiウォーク20173回目2
kansaiウォーク20173回目3
kansaiウォーク20173回目4
kansaiウォーク20173回目5
6kansaiウォーク20173回目
kansaiウォーク20173回目7
kansaiウォーク20173回目6
kansaiウォーク20173回目8
kansaiウォーク20173回目9

昨日、寒い中、大阪シティウォークの今年4回目のウウォーキング。
前回が台風で中止のため、二か月ぶり開催。
前回中止のため、今回参加者に前回のコースマップ、記念バッチが配布された。
今回は御堂筋完成80周年記念ウォーク。
ロングコース16キロ。9時20分に出発。
靭公園に集合、御堂筋に向かい北御堂、南御堂、難波神社を通って四ツ橋沿いに難波まで。
湊町リバープレイスからなんばパークスを通り日本橋電気街を抜けて天王寺方面へ。
一心寺、天王寺公園のそばを通り四天王寺へ。
四天王寺にちょうど11時に到着。約9キロ歩く。
四天王寺から大江神社、そのそばの愛染坂を下り松屋町筋を北上。源聖寺坂を上り生國魂神社を通ってまた松屋町筋へ。
まっちゃまち筋商店街をひたすら歩き、北浜、淀屋橋へ。
ゴールは淀屋橋の御霊神社。到着時間は12時30分。
今回のコース。難波パークスなど久しぶりに歩き懐かしい。また天王寺には坂が多いが、今回の愛染坂はここから見る夕日が美しいとされる場所。源聖寺坂は石畳の坂道、階段であるが非常に美しい。気持ち良い美しさ。
まっちゃまち筋商店街を端から端まで歩くのも初めて。
寒くて歩いていてちょうど良い感じ。汗もかかずに疲れない。
夜8時から自治会の定例役員会があったが疲れていないので助かった。
大阪シティウォーク4回目
大阪シティウォーク4回目1
大阪シティウォーク4回目2
大阪シティウォーク4回目3
大阪シティウォーク4回目4
大阪シティウォーク4回目5
大阪シティウォーク4回目6
大阪シティウォーク4回目7
大阪シティウォーク4回目8
大阪シティウォーク4回目9

気持ち良い秋晴れが続いています。
5日日曜日、ドラッグストアアカカベの健康いきいきウォーキングが行われ参加。
今年で6回目の開催。以前にも参加した記憶があるような牧野から同じ道を歩いた記憶が確かにある。
毎回参加者が多くて、今年も2000人を超える。
淀川河川公園に集合、淀川べりを牧野まで北上、そこから京阪電車の沿うように府道京都守口線を下り、御殿山駅から住宅街を通りアカカベ禁野店へ(チェックポイント)、そしてかささぎ橋から枚方宿、京街道へ、鍵屋資料館からゴールの河川公園へ。
10キロを2時間。
ゴールしておむすびを食べながら「健康ウォーキング教室」を聴く。
ウォーキングで大事なことは背筋を伸ばした姿勢、両手をしっかり振る、地面を強くける。
話を聞いていてぴんときた。いつもウォーキングで早く歩く人との違いは地面を強くけることの差ではないか。
同じように足を動かしていてスピードに負ける。同じように右左で進んでいるのに差がつく。
地面を強くけっていない。このことに実感。だからまだスピードが足りない。
足を前に進めることに注力して、肝心な地面を強くけって前に進むことが弱かった。
今月19日大阪シティウォーク、25日KANSAIウォークで実践してみる。
さわやかな快晴のウォークキング、汗ばむ陽気でしたが気持ち良かった。
ゴールして土手で食べるおむすびはおいしかった。
協賛企業のブースがたくさん出ていたが薬品関係が多くて、ちょっと飲食のブースがあれば最高だった。
子どもさんも多くて家族連れも多い。ドラッグストアならではのウォーキングでした。
アカカベウォーキング
アカカベウォーキング1
アカカベウォーキング2
アカカベウォーキング3
アカカベウォーキング4
アカカベウォーキング5
アカカベウォーキング6

2週連続で台風。
雨ばかりです。
それでも28日土曜日、第9回みなと町神戸ツーデーマーチがあり23キロ歩きました。
28日29日の二日間でしたが日曜日は大阪シティウォークがあるので土曜日だけ歩いた。
29日日曜日、大阪シティウォークが中止になりました。台風が来ているのでやむなし。
28日土曜日は雨と風が強く、雨が降ったりやんだりの連続。
みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)をスタートしひたすら海岸べりを東へ、沢の鶴資料館、酒蔵通り、白鶴酒造資料館、菊正宗酒造記念館を見て、その後住吉川を北上、本住吉神社を通り有名な住吉の「山口とうふ店」前を通過、羽生結弦選手も参拝した弓弦羽神社を通りその後はひたすら王子公園まで山手幹線を西へ。
王子公園のあとは大きくゆるやかな下りで新神戸へ。そこから南へ下り生田川公園、大安亭市場を通り抜けて三宮方面からゴールのみなとのもり公園へ。
9時出発、13時25分ゴール。先頭はもっと早くゴールしたが今回は酒蔵資料館や神社を参拝したり、商店街をゆっくり見て歩いた。本当は鉄人28号コースを歩きたかったが日曜日だったし大阪シティウォークが予定されていたので事前申し込みも1日だけにした。
今回のコースでも随所に1.17震災モニュメントがみられた。
将来、東日本大震災から復興した街を巡るウォークができればぜひとも参加したい、と思っています。
来年は第10回大会、今度は神戸の西地区を鉄人28号を見るコースを歩きたい。
神戸マーチ2
神戸マーチ1
神戸マーチ
神戸マーチ3
神戸マーチ4
神戸マーチ5
神戸マーチ6
神戸マーチ7

昨日、一年ぶりに父親が輸血。
この一年間輸血なしで何とか維持してきたが、ここにきてずっと下降傾向にあった数値が低いままで上昇しない。
低いまで維持したら心臓にもよくないとのことで、輸血。
朝9時過ぎに病院に入り、採血、診察、注射、輸血、終わってみれば午後4時過ぎ。
駐車券を処理してもらったら、案内の方が6時間過ぎていますが500円にする処理をしました、長く時間がかかり申し訳ございません、とお詫びされた。
本当に時間がかかった。いつもの血液内科にも新規の患者さんが増えているのか、問診票記入や検査の場所を案内する声が幾度も聞かれた。
季節が変わると体調も崩れる、そんなこともあるのかもしれない。
父親の状態も2か月ほど前には毎週の注射を隔週にするか判断しましょうと主治医の先生に言われて喜んでいたのが嘘のような状態になった。
暫く1か月ごとの検査結果を見て、効果に改善がなければいよいよ次は抗がん剤治療を考えなければならない。
主治医の先生からはそう告げられています。
輸血


体育の日、絶好のスポーツ日和。
ヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)で関西では第一回目のジャパンウォークが行われました。
昨年東京で、今年春に仙台で、そして大阪。
2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げ、障がいのある方もない方も誰もが分け隔てなく共に暮らす社会を目指す。そのっきかけとして多くのオリンピアン・パラリンピアンと歩く、またスポーツを体験するイベント。
2000人強が参加。参加者は受付をすませて記念の黄色のTシャツに着替えて参加。
14キロを歩く。
ヤンマースタジアムを出て針中野へ向かい、今川堤を北上、北田辺から西へ昭和町を横切り松虫通りを歩き熊野街道へ。熊野街道を下り安倍清明神社を通り万代池公園へ。帝塚山を通って住吉大社を抜け住吉公園を通ってあとは長居公園通をゴールへ向かう。
10時30分出発、13時ちょうどにゴール。
出発の時にスタート地点でアスリートや吉村大阪市長とハイタッチして出発、途中2か所のチェックポイントでもアスリートの方とハイタッチ。
ゴールしてからも記念撮影や競技体験があって大勢の報道陣も来ていた。
日差しが強く気温も上がり、日焼けしたせいか、久しぶりに疲れた。
長居競技場の中に入るのも初めて、数多くのアスリートを近くで生で見るのも初めて。
楽しい体育の日でした。黄色のTシャツがよい記念品となりました。
ジャパンウォーク2
ジャパンウォーク7
ジャパンウォーク8
ジャパンウォーク1
ジャパンウォーク3
ジャパンウォーク4
ジャパンウォーク5



このページのトップヘ