2017年08月22日

納得して生きる為の論語88選仕事人塾

vol3
『知っている』より『やっている』に価値あり
今日の論語『飯疏食飲水、曲肱而枕之 楽亦在其中矣』論語第7篇述而15号
      疏食(そし)を飯(くら)い水を飲む、肱(ひじ)を曲げて
之(これ)を枕(まくら)とす、楽(たのし)さ亦(また)
其の中に在(あ)り

 
      徳ある人は貧しく枕が無くても肌で風を感じ水の旨さを楽しみ、
鳥の声を聴く五感を磨いておけば、何ら不自由ではなく、
人生を楽しく生きていける。
      
      五感を磨くとは、観察(よく見て、察すること)し、
行動することである。
      知識は土台であり大切であるが、知識だけでは
五感は磨かれない。
      知識を活かしやってみて汗をかき、独自の智慧が生まれ、
楽しみを得る。
      知っているよりやっている!である。
      
      徳とは、
・ 仁(人を思いやる心)
      ・義(正しいことを行う勇気)・
・礼(仁の具体的行動)・
・ 智(人として拠るべき道理をわきまえていること)
  ・ 信(約束を守り誠実であること)

    書は その時々の心の投影、こころの思うところを
書くことで記録し実践を可能にしてくれる。





2017年07月04日

納得して生きる為の論語八十八選活用仕事人塾

vol2Vol.2 今日の論語 『有朋自遠方来、不亦楽乎』論語第1篇学而1号
         朋(友)有り、遠方より来たり、亦(また)楽しからずや
         人生の楽しみは仲の良い友と共に酒を酌み交わし
歓談する ことである
         つまり、人生の真の楽しみは真の友を持つこと
         真の友は、自らが友を敬愛し、尊び、弱者に対する
         温か味 のある振る舞い、正しきことを為す勇気、
         つまりは徳を持つことから成る。根底には、
         見捨てない勇気、手をかける決意、
共に成長したい熱き想いがある。
         
       ★ 善友を得たければ、自らが善友たれ!

  English Now!(by Chris.Mr)
      Tom Brown:Hi!,I'm Tom Brown、Please call me Tom
      Kenji   :Hi! Tom,nice to meet you ! call me Kenji
Tom :Thanks , It's good to be here!
Kenji :It's good to have you! How was your flight?
Tom :Very long but I had a goog sleep in the hotel last night
Kenji :OK great, Where did you fly from?
Tom :Montreal. but I transfered in Vancouver
Kenji:Vancouver! Oh yeah! so is this your first time in Japan?
Tom:Yeah,I'm surprised at how clean everything is!
and I guess I missed the cherry blossoms
Kenji:Yes,the season has just finished.
         Have you heard of HANAMI?




 
         

納得して生きる為の論語八十八選活用仕事人塾

vol1納得して生きる為の論語八十八選仕事人塾教本が昨秋やっと完成
昨年(2016,9月)から月2回の塾を開講中です。
内容は、納得して生きる為に必要な能力の修得
 〇前向き思考(どうすれば、前向きに考え行動できるか)
 〇Teamwork力(そのパワーと活かし方)
 〇実行力実践力(仕事の本質はVision実現のための行動)

講義の構成は
 AAA 今日の着地点目標
 BBB 今日の論語(書覚と韻覚と意味)
 CCC English Now(大学講師による英会話)
塾のエッセンスを当ブログにアップしていきますのでご意見ご感想をいただければ
幸いです。

Vol.1は『君子求諸己』論語第15篇衛霊公21号 この後に小人求諸人と続きます
    君子は諸(これ)を己(おのれ)に求む
    君子は、何事も自己の責任に帰する
    
    つまり、問題の原因を人に求めると自ら反省することがなく
    従って、成長することもない。また人に求める振る舞いは
    周りの人たちからの信頼を失っていく
  ★ 納得して生きる仕事人は犯人探しをせず原因探しをすべし!
 


Profile
Recent Comments
訪問者数

QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)