2004年04月20日

管理職の昇格基準は

能力基準書(職能要件書)作りは、労多くして実少なしと申し上げましが、それでは、「係長や、課長、部長に昇格させる時の基準はどのようにするのですか?」と聞かれる方がいます。



そのときは、このようにお話します。「誰か、管理職にしたい人がいますか。」とお聞きするのです。いらっしゃる場合は、「その人はもう決まっているでしょう。」と申しますと「そうです。決まっています。」とお答えになります。



 では、「何故、その方を、管理職にしようと思うのですか?」と質問すると。


  続きを読む

Posted by shimizushiki at 15:37Comments(0)TrackBack(0)

2004年04月12日

評価基準書作り

 多くの会社は次のように考えます。業績を伸ばしたい。そのためには、社員に頑張ってもらわないといけない。よし、貢献度に応じた成果主義にしよう。そこで、貢献度を測り、成果を明確にするには、基準が必要だ。それも、キチンとした基準じゃないといけない。それに基づき、公平、公正で納得性のあるものにしよう。誰でもがなるほどと思います。



こうして、自社の基準作りの迷路に入り込んで行きます。  続きを読む
Posted by shimizushiki at 15:39Comments(0)TrackBack(0)

2004年04月06日

評価シートはいらない!

 このように順番を付けて、評価するのをやはり、「いかがなものか?」と思われる方もいらっしゃると思います。そこで、評価シートを使って人事考課を行っている会社について考えてみます。

 

 色々な評価シートがありますが、次のような評価シートを使っている会社も多いと思います。 例えば、Bを標準として、



  ・仕事のスピードは十分速かったか。       S A B C D

  ・担当部署を超えて協調して仕事をしていたか   S A B C D

  ・仕事に対する知識が十分あるか。        S A B C D

  ・

  ・etc....



 部下に、甲さんと、乙さんがいて、あなたが、乙さんより、甲さんのほうがよく仕事が出来ると思っていたとします。しかし、点数を付けてみると、乙さんのほうが点数が良かったとすると、どのように処理するでしょうか。多くの場合、評価シートの点数を訂正して、甲さんのほうが上になるようにつけ変えますね。



 それでは、その評価シートは何のために付けているのでしょうか?  続きを読む
Posted by shimizushiki at 15:39Comments(0)TrackBack(0)