2007年01月27日

バカみたいじゃった

こんにちは、

 

今日、道後温泉の露天風呂で外人さんに、英語でどこから来たの?

と聞いたら、ニューヨークからと、日本語で答えてもらって、複雑な気分の、清水 肇です。

 

 

 

 

 

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本日のテーマ :バカみたいじゃった

  【Q】頑張って仕事しているつもりですが、なにか空しさを感じます。 

     どうしたらいいのでしょうか?

 

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日、友人が社長になったというので、友人夫婦と内の夫婦で、

道後温泉にあるホテルでお祝いをしました。

 

 

そのホテルは、チョッと高級なので、普段はお風呂はゆったりと入れます。

しかし、今日は、ごった返しています。

柔道着のような、黒帯が脱衣所にあり、学生風の若者でいっぱいです。

 

 

うるさいなぁと思いつつ露天風呂で、話を聞くと、合気道の演舞会があったそうです。

とても明るい礼儀正しい、若者達でした。

 

 

その中に、ジョシアという24歳の外人さんがいて、カッコよく英語で話しかけたのですが

日本語がぺらぺらで、拍子抜けしました。

 

 

ニューヨークの大学で合気道部があり、卒業後日本に来る仕事が

あったので、行きますと応募したら、今治の中学校で、英語の先生

をする仕事だったそうです。来て2年半になるとの事でした。

 

 

日本人は皆親切で、ラッキーだを連発していました。

フロンティアを求めて、日本に来る! そんな熱い生き方をすばらしい

と感じ、時を忘れてすっかり話し込んでしまいました。

 

 

結局、あまり長く入りすぎて、温泉にのぼせて、身体を冷やすのに大変でした。

熱いのは、心だけでいいようです。

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【Q】頑張って仕事しているつもりですが、なにか空しさを感じます。 

    人生このままでいいのでしょうか?
 
 
 【A】内の93歳のバアチャンは、こう言っていました。
 
 
私には、93歳まで生きた1900年生まれのバアチャンがいました。
 
 
マセテいたわたしは、そのバアチャンに、人生ってどんなもの?
という質問をしたことがあります。
 
 
すると、バアチャンは、なんと、一言、
 
「バカみたいじゃった」
 
 
こう言いました。
 
 
◆バアチャンは、ジイチャンと結婚して、6人の子供を育て、
名古屋に行ったり、疎開した松山で空襲で住む家も焼かれ、
親戚を渡り歩き、それは、苦労の連続の人生だったと聞いています。
 
 
それは、いっぱい心配し、不安と恐怖に満ちていたことでしょう。
 
 
しかし、その苦労した人生を、
心配して損した、結局ありこれ、あがき、もだえ、悩んだけれども
すべてが、終わってみれば、落ち着くところに落ち着いた。
 
 
必要以上に、脅え、心配して、バカみたいだった 
と言ったのだと思います。
 
 
◆そこで、思う事ですが、どうせ「バカみたいじゃった」というように
人生そのものに意味が少ないとしたら、反対に、思いっきり
生きてみるのがいいのではないでしょうか。
 
 
私達は、失敗を恐れますが、やっってもやらなくても結局
あまり変わらないなら、面白いほうがいいに決まっています。
 
 
チャレンジする方が面白いと思います。
 
 
人は、老後、失敗したことを後悔するのではなく、
あの時やれば出来たのに、どうしてしなかったのだろうと
いうことを、後悔するのだそうです。
 
 
◆もうひとつ、バアチャンに70歳ころから、何回聞いても
同じ答えだったことがあります。
 
 
「バアチャン、いつが一番幸せじゃった?」
 
 
と子供の私が聞くと、いつも答えは、
 
 
「今が一番ええ」
 
 
と何回聞いても答えていました。
 
 
こんな明るいバアチャンは、いつも友人、子や孫が
周りを囲んでいました。
 
 
人生の達人でした。
 
 
◆今日の教訓
「幸せな成功者は、人生に意味づけし、チャレンジして明るく生きている」
  

Posted by shimizushiki at 00:00

2007年01月24日

ウサギとカメの話 共に勝つ

  新年早々、感動している、清水 肇です。

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本日のテーマ :ウサギとカメの話    共に勝つ

【Q】     ライバルがいます。

一矢報いたいのですが。

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本創造教育研究所の新春経営者セミナーに参加しました。

毎年参加していますが、今年も大感激でした。

 

 

日創研の社長である田舞先生が、創業の精神というタイトルで、

それは、感動するセミナーでした。

 

 

田舞先生の言葉です。

 

 

提供したいものは、単に感動だけではありません。

北の零年の最後の「一鍬」のワンシーンこそ、

おおげさに言えば、

この教育・研修事業に賭けてきた私の人生の今までの総決算でした。

 

 

と、同時に、日創研の真に伝えたい、「真骨頂」でした。

 

「夢みる力さえあれば、何かが助けてくれる!」

  

この言葉こそ、創業の精神であり、

零から始める人間のエネルギーです。

 

人生というのは、大げさに言えば、

ワンシーンに賭けるものだと思っています。

そのワンシーンのために泣きながらでも闘うのだと思うのです。

 

そして、日本創造教育研究所の最大の使命は、

一度しかない人生の「ワンシーンを探求する」ものなのです。

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【Q】ライバルがいます。

一矢報いたいのですが。

 

 

A】一矢報いるのもいいのですが、協力するともっとスゴイことが出来ます。

 

 

新春経営者セミナーで、日本一若くして(34歳で)1部上場した

ネクシーズの近藤社長に聞いたウサギとカメの話です。

 

 

私は、とても感動して、目頭が熱くなりました。

そして、自分が恥ずかった。

その理由は・・・・。

 

 

◆ご存知、ウサギとカメのレースは、

1回目は、カメが勝ちました。

 

もし、動物新聞があったとすると、そこには、カメが満面の

笑みで、万歳している写真が掲載されているのでしょう。

その横でウサギがしょぼりした顔で写っています。

 

そこには、カメのたゆまない努力と、

ウサギの居眠りというラッキーがありました。

 

 

◆ウサギは悔しくて、カメに電話しました。

「今度は、リベンジだ。もう一度レースをしよう。」

 

カメは引き受けました。

結果は・・・・

圧倒的な差で、ウサギの勝ち!

 

そして、動物新聞の1面に、

ウサギが誇らしげな顔で写っています。

その隣で、万歳して、喜んでいるカメが写っています。

 

エッ!

圧倒的な差で負けたのに、何故カメは喜ぶの??

 

それは、

カメは、自己最高記録を出したから、喜んでいるのです。

 

◆なるほどと、私は関心しました。

そうか、単なる勝ち負けではなく、頑張って自己最高記録か!!

 

発想が違うと思いました。

 

 

◆話は続きます。

 

今度は、カメがウサギに電話をして、もう一度

レースをしようと言いました。

 

ウサギは、「なに!もう一度!」

「ああ、わかった、1対1で、今度でケリをつけるんだな」

と思ったので、レースを受けました。

 

 

カメは、言いました。

今度は、私がゴールを決めさせてください、

あの海の向こうの島がゴールです。

 

 

さて、どんなレースになったでしょうか・・・?

陸では、ウサギはカメを背負って走りました。

海では、カメの背中にウサギを乗せて行きました、

2人同時にゴールしたのです。

 

それも、コースレコードで。

 

 

この話を聞いたとき、私は、まいったと思いました。

私の発想は、海の向こうの島とゴールを決めたとき、

ウサギはおぼれて、カメが勝つという解答を考えました。

 

人を押しのけても自分が勝つという発想です。

 

それが、2人が得意なところで協力して、最高記録

で同時にゴールするという発想に、私は感激しました。

同時に、恥ずかしくなりました。

 

 

     今日の教訓

「幸せな成功者は、自分1人で勝つのではなく、

皆のいいところを集めて、すばらし成果を創っている。」

  
Posted by shimizushiki at 00:00

2007年01月07日

前向きにとらえる

 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

 

お正月は家族全員、食っちゃ寝生活で、内臓脂肪が気になっている、清水 肇です。

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本日のテーマ :前向きにとらえる

  【Q】パートの法律が変わると聞きました。

    どうなるのですか? 

 

 

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

我が家は、毎年、寝正月です。

ここぞとばかりにゆっくり10時間ぐらい寝ます。

 

 

10時ころ起きて天気がいいので、庭に出ると、

昨年秋頃から女郎グモが巣を張っています。

この寒いのに、まだ頑張っています。

 

 

寒そうなので、「頑張れーッ」と言って暖かい息

吹きかけると「ピク」と動きます。

 

 

そこらにいる小虫を捕まえて、巣に投げ入れてやるのですが、

どうも気に入らないのか食べません。生きてないとダメなようです。

他に頼らないなかなか見上げたやつです。

 

 

感動して、3人の子供たちに「自立して生きて行くんだあのクモのように!」

と正月早々、立派な教えを説いたのですが、・・・・・

こちらは、「ピクリ」ともしませんでした。

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Q】 パートの法律が変わると聞きました。

    どうなるのですか?

 

 

【A】 法の目をかいくぐることもできますが・・・・

   前向きにとらえるのがいいと思います。

     

 

4月の改正パートタイム労働法は、会社が非正規従業員の活用

について真剣に考えるいいきっかけになると思います。

 

 

確実に労働力不足が進行しています。

そして、パートといえどもかなりの人件費です。

パートの意欲と能力をいかに引き出すかが企業に問われます。

 

 

今回の改正パート労働法がすごいのは、

                                          正社員と同じ仕事をしている。

                                          配置換えや転勤もあり研修も同じ

                                          長期間働いている

こんなパートは正社員並みに扱えと明確にしたところが画期的です。

(かなりビビリますが)

 

 

そうなると、賃金、賞与、退職金も同じように出さなければなりません。

多くの企業で人件費の上昇は避けられないでしょう。

 

 

一方、正社員並みとなる、上記の,らのどれかをはずせばいいわけですから、

法律違反で無い形で、パートを安い賃金で雇用することはできると思います。

 

 

それは、正社員並みではないパートですと、

パートの賃金体系については、まだ、努力義務だからです。

(努力義務なので要するに、以前のままでも法違反とはならない)

 

 

◆しかし、長期的にみれば、労働力人口は1998年を

ピークに減少しています。

2030年の労働力人口は、現在の6600万人から5500万人

になると厚労省は予測しています。

 

 

 

今後、好況不況の波はあっても、採用がますます厳しくなるのは確実です。

パートといえども、高い賃金でしか雇えなくなる時代が必ずきます。

 

 

その時に、意欲や能力をどう引き出すかです。

これを機会に、今回の法律改正を前向きに取り込んで、人事制度を変えましょう。

 

 

◆事例

いくつか事例を紹介します。

 

1.スーパーなど販売系事例

レジなど簡単な仕事は、パートとし、魚をおろすなど技能を持つものを、

技能パートとします。そして、パートに支持を出すリーダーパートの3段階にします。

一定の資格試験を行い、1段階昇格で30円から100円時給が上がる仕組みです。

 

2.飲食、販売系事例

賞与を支給します。年間最高50万円から100万円(社員なみ)とし、

店舗業績と仕事ぶりによって決めます。

 

3.研修型、

3年から5年以上勤めたパートで、職場に影響力のあるパートを選抜します。

そして、見せるのが一番ですから、日本のいい会社の見学につれてゆきます。

寝食を共にするので、チームワークもよくなります。

 

4.プロジェクトチームに入れる

 プロジェクトメンバーにパートを抜擢し、真剣な社員の姿を見せることで

 刺激をうけたり、パートのお客さま目線での自由な発想に期待するという発想です。

 

 

◆要するに、ポイントは、能力のフル活用と、意欲喚起、そして、囲い込みです。

 

 

今のうちに準備しておかないと、中小企業に来てくれる人材は益々いなくなります。

 

 

◆今日の教訓

「幸せな成功者は、世の中の変化を前向きにとらえ、自己変革している」

  
Posted by shimizushiki at 00:00

2007年01月05日

 本日のテーマ: 自己評価にあった評価をする

 

●■△◆▲ ブログ式日報  熱い通心 2006/7/14

 

 こんばんは、今:19:40
 
 テニスでひさしぶりに優勝してしまった、  清水 肇です。

        

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━

 本日のテーマ: 自己評価にあった評価をする

 

 

 

【Q】 面接のとき、能力の劣る部下に、どう、伝えるといいのでしょうか?

 

 

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

毎年、地元のテニス大会でシングルスがあります。

 

 

ちょっと変わった大会で、夜(20時ころ)に試合があります。

若くない私には、1日、1試合というのが嬉しいところです。

 

 

優勝と申しましても、コンソレ(1回戦負けた人が、トーマメントで試合する)

です。(ちなみに、一様Aクラスです)

 

 

このところ、負けが込んでいたので、中2の息子が、

「お父さん、どうせ負けるんでしょ!」と応援にも来てくれません。(涙)

 

 

 

ここで、一つ骨のあるところを見せねばと気合を入れました。

 

 

勝因は、やはり、「思い」ですね。

「勝とうと思うこと」でしょう。

 

最近は、年で、練習不足で勝てないと思ってプレイしていました。

 

 

嬉しい1日でした。

 

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【Q】 面接のとき、能力の劣る部下に、どう、伝えるといいのでしょうか?

 

 

 

 

【A】 そのまま伝えるのがいいですね。

 

 

能力の高い人には、「高い」、

低い人には、低いと いうのが一番です。

 

 

 

人は、自己評価と一致している評価をしてくれる人に好感をいだきます。

 

 

 

自分自身の評価のことを「自尊心」といいます。

   自尊心が高い状態をプライドが高いといいますが、

反対に、低い場合は、自信がない状態です。 

 

 

 

 

  続きを読む
Posted by shimizushiki at 00:54Comments(0)TrackBack(0)

●■△◆▲ ブログ式日報  熱い通心 2006/6/11 本日のテーマ :自ら学ぶ

 

●■△◆▲ ブログ式日報  熱い通心 2006/6/11



 こんばんは、今19:20
 
 梅雨いりまえの、空の上は、爽快と感じている、 清水 肇です。        


△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  本日のテーマ :自ら学ぶ

  【Q】 一般的な研修は社外で受けられるのですが、専門的な研修が無くて困ります。

一生懸命教えるのですがなかなかうまく行きません。

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久しぶりに、窓側に座りました。

 

 

 

 

 上空8000mから下を見ると、海、行き交う船、山、町がパノラマのように広がります。

 

 

 

 この地上で、皆、喜んだり、悲しんだり、一生懸命生きているんだなと思うと、この山や川を大切にしなければと思います。

 

 

 

 

本当に、上空から見る日本は緑豊かな国ですね。

 

 

 

 

皆で、いい国にしなけらばと思います。

 

 

 

そのためには、汚さないことでしょう。

 

 

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Q】 一般的な研修は社外で受けられるのですが、専門的な研修が無くて困ります。

一生懸命教えるのですがなかなかうまく行きません。

 

 

A】 社内向けや、お客様向けに、会社新聞をつくることです。

 

 

 

エッ! と思われるかも知れませんが、教えたいことを、その社員さんに、会社新聞を作ってもらうのです。

 

 

 

そして、社内、社外に発表すると1石2鳥です。

 

 

 

 

たとえば、いい商品の見分け方、や、売れ筋商品の見つけ方 などです。

 

 

 

 

すばらしい、接客法でもいいでしょう。我社ですと、お客さまに知らせしたい情報です。

 

 

 

 

●人は、教えてもらうものは、あまり覚えません。セミナーで聞いた事は、翌日には、7割忘れ、1週間すると、数%しか、覚えていないそうです。

 

 

 

受身の勉強は、残らないのです。

 

 

 

 

それに対して、自ら、考えたことは、自分の内側から出るものですから、覚える必要もありませんし、忘れようがありません。

 

また、自分が、調べて、そう考えるのですから、実行に移される可能性も高いのです。

 

 

人に言われて、義務役割ですから、あまり面白くないものです。力が発揮されにくいのです。

 

 

 

 

自分で、考えたことは、違いますね。

 

 

 

 

●こんな方法もあります。

 

接客方法なら、力のある上司が、録音機を忍ばせておき、接客をしてもらいます。

実際の現場の様子を、録音します。それを、社員さんに聞かせます。

 

 

 

 

あえて聞く、時間をとるのが難しい場合は、通勤時がいいですね。

 

 

 

 

通勤時、100回聞くのがノルマ、という会社もあります。

 

 

 

●その上、もっといい方法があります。

 

 

 

テーマを決めて、発表会を開きます。そこで、プレゼンテーションしていただきます。

 

 

 

我社では、半年に1回、研究テーマを決めて、社員さんに、発表していただきます。

そのテーマは、本人が、やってみたいことを重視します。

 

 

 

流石! という発表もあり、社員さんのどうしでも、勉強になったとお互い刺激しあっております。

本当に、いい社内研修となっています。

 

 

 

●新聞を創ったり、発表することは、定期的な社内研修になります。

 

 

 

社員さんどうしですから、質問もしやすいし、気軽でいいようでう。

継続しやすいと思います。

 

 

 

 

●私たちは、社外でいっぱい研修を受け、発表する場がありますが、社内でも生かさない手はないのです。

 

まず、できるところからやってみましょう。

 

 

 

◆今日の教訓

 

「幸せな成功者は、色々工夫して、社員さん本人に学ばせている」
 
  
Posted by shimizushiki at 00:38Comments(0)TrackBack(0)