2018年09月24日

値引きは一切やらないと決めている会社!

bbf61219.jpg









値引きを一切やらないと決めている会社がある。




お客様が「値引いてくれ」と言い始めたら「値段がお気に召さないのなら他社からお求め下さいとさりげなく言うように」と社員に通達しているからすごい。


============================


【本文】




■ 値引きは一切やらないと決めている会社! ■




どんな業界も厳しい競争にさらされている。




受注を獲得するためには価格競争をしなければならない。




ついには採算度外視で値引きをするようになる。




体力勝負に負けた会社から順次退場していくことになる。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




Tバネ工業は付加価値の高い特殊バネに舵を切ってからから久しい。




大型の板バネ、コイルバネ、たけのこバネを一個から受注生産するが、Tバネ工業は技術力は極めて高いから競争相手がめったにない。




値引きを要求する顧客に対しては「値段がお気に召さないのなら他社からお求め下さい」とさりげなくトークすることにしている。




付加価値が高く、差別化した商品・サービスで勝負することの大切さを思い知らされる。




     =コンピテンシー宣教師=



彩愛コンサルピアは、 
  こちらから


shimo1873 at 20:26|Permalink 経営 

2018年09月15日

28歳PJで廃校寸前から地域No1女子高に!

9236c0c5.jpg










少子化で各学校は生徒集めに苦労する時代だ。




大学も大変だが、私立の高校も大変だ。




ありきたりの高校では生徒が集まらない。




独創性のあるユニークな目玉教育が必要だ。



==================================



【本文】




■ 28歳PJで廃校寸前から地域No1女子高に! ■




有名校には全国から生徒が集まってくるが、ありふれた高校には生徒が集まらない。




生徒を集めるにはスポーツで有名になるのが手っ取り早い。




例えば青森山田は野球も強いが、卓球の愛ちゃんでもすっかり有名になった。




仙台育英は甲子園の常連高として有名だから宮城県以外の全国から生徒が集まってくる。




このような高校では、高い報酬を払って実力のある指導者を確保しなければならない。




一方、将来の女性の人材を創出することに活路を求めたのが品川女学院だった。




廃校寸前に追い込まれたこともあったが、女性の校長兼経営者にU氏が就任してから潮目が大きく変わった。




生徒たちのやる気のスイッチを入れることに成功し、教師たちが熱心に指導することで学力No1高校になり、28歳までにどうなっていたいかの目標を持たせることに成功した。




文化祭では、女子高生とは思えないようなテーマでプレゼンして来場者を驚かすほどだ。




「独創性ある28歳PJ」の品川女学院は、今は生徒集めには苦労しない。




=コンピテンシー宣教師=



彩愛コンサルピアは、
  こちらから




shimo1873 at 11:23|Permalink 人材育成 | 経営

2018年09月07日

濃厚なサービスで行くか、お構いなしでいくか!

b4a0bdd0.jpg











濃厚なサービスを売りにして繁盛している温泉旅館がある。




和倉温泉加賀屋や星野リゾートなどが挙げられる。




一方、フロントでカギを渡して後はお構いもせず、自由気ままに過ごしてもらう温泉旅館もあり、繁盛している。




どちらも独創性あるサービスだと思う。

 
================================


【本文】




■ 濃厚なサービスで行くか、お構いなしでいくか! ■




約30年以上もの長い間、プロが選ぶホテル旅館百選で連続一位を獲得してきた和倉温泉加賀屋が遂に一位の座を奪われた。




奪ったのは福島県母畑温泉の八幡屋と言う旅館だ。




東京オリンピックのキーワードは「おもてなし」と言うことになっているが、おもてなしは濃厚なサービスをすることだけではないと思う。




外国人の中にも、あれ、これ構ってもらうことに抵抗を感じる人は多い。




孤独を愛する人もいるし、自分で何もかも好きなようにやりたいと言う人も多い。




旅館の名前は忘れたが、家内と小豆島に行ったとき泊まったホテルは、フロントでキーを渡されただけで、正真正銘のお構いなしだった。




しいて言えば「お食事の準備ができましたので○○の間までお越しください」と言う館内放送があったことと布団を敷きに来てくれたことがサービスではなかったかと思う。




「濃厚なサービス」も「お構いなし」も、どちらも独創性あるサービスと思いたい。




        =コンピテンシー宣教師=



彩愛コンサルピアは、 
 こちらから






shimo1873 at 07:09|Permalink マーケティング | 経営

2018年08月31日

これからはドラッグストアのオーナー経営者を目指すこと!

1d8ffe90.jpg











ドラッグストアがコンビニ化しているようだ。




つまり弁当やお惣菜、おにぎりなども販売するのだ。




利益率の高い薬品を抱えた他にコンビニ化と言うことだから、現コンビニにとっては脅威だ。




コンビニのオーナー経営者にとって後継者の確保が益々難しくなる。

   

===================================



【本文】




■ これからはドラッグストアのオーナー経営者を目指すこと! ■




コンビには今、曲がり角にきているように思う。




特にオーナー経営者は本部の厳しい締め付けで、自由裁量の余地が少ない。




アルバイトも思うように集まらないから時給がかなり高止まりになっている。




しかも、オーナー経営者は夜も寝る時間が少なく、休みが取れないため親戚の冠婚葬祭にも不義理ばかりであり、利益なき繁忙とはこのことだ。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




一方、ドラッグストアのコンビニかが急速に進んでいる。




弁当、惣菜、おにぎり、飲料などのコーナーを充実させ、コンビニを呑み込む勢いだ。




薬品は利益率が高いから、弁当などは客寄せパンダでもいいと言う考えも成り立つ。




今のままでは、息子にコンビニを継げと言っても答えは「ノー」だろう。




コンビニのオーナーはドラッグストアに乗り換えてから息子に後継の座を譲ってはどうか。

  



=コンピテンシー宣教師=



彩愛コンサルピアは、
  こちらから





shimo1873 at 07:12|Permalink マーケティング | 経営

2018年08月24日

生き残りを賭けた街の電器屋の顧客対応!

85846368.jpg










昔は、街の電器屋が隆盛を極めていた。




家電量販店が乱立する今の時代でも繁盛している街の電器屋は、濃厚なサービスとアフターメンテナンスのよさを売りにしている。


================================


【本文】




■ 生き残りを賭けた街の電器屋の顧客対応! ■




田舎にまで家電量販店が進出しているのには驚かされる。




商店街にあった街の電器屋はとっくの昔に閉店してしまった。




量販店よりも価格が高く、そのうえ商品の品数が少ない。




当然、故障したときの対応も悪い。




つまり、量販店に勝てる要素は何一つないのだ。




一方、相模原に「デンカのY」と言う街の電器屋がある。




Yは量販店よりも当然価格は高いがサービスとアフターメンテナンスが抜群にいい。




電話一本で電球一個でも直ぐに届けてくれる。




故障しても代替機を無償で貸し出すから、お客様に不便をおかけしない。




名刺には「でんかのYは飛んでいきます」と印刷されていて、事実飛んできてくれる。




高齢者は、価格よりもサービスとアフターメンテナンスのよさを選択するようだ。





=コンピテンシー宣教師=



彩愛コンサルピアは、
  こちらから



shimo1873 at 07:32|Permalink マーケティング | 経営

2018年08月17日

なぜ売れたのか、そのノウハウを共有する!

2e02b4b3.jpg











多くの会社では販売会議を頻繁に開催し、営業マンにハッパをかけて鼓舞している。




一方、なぜ売れたのかを発表させて営業マンの気持ちを高揚させている会社もあり、営業マンは益々お客様と接することが楽しくなるから営業成績が自然に上がる。



=====================================



【本文】




■ なぜ売れたのか、そのノウハウを共有する! ■




営業の仕事は本当に大変だと思う。




喋ることが得意で、立て板に水のように早口でまくし立てる営業マンは多い。




このようなタイプを営業向きと称する人がいるが、違うと思う。




口数は多くない。




だが、聞き上手だからお客様の言うことにじっと耳を傾けてよく聞く。




案外このようなタイプの営業マンのほうが営業成績がよいのだ。




営業会議で、なぜ売れたのかその理由を発表させている会社がある。




営業マンは得意満面になって売れた理由を発表するわけだ。




他の営業マンは、それを聞いてヒントにするから営業のノウハウが共有できる。




「なぜ売れない」と営業マンにプレッシャーを与えるよりも売れた理由を共有することで営業力がレベルアップするのだ。

        

 




       =コンピテンシー宣教師=




最愛コンサルピアは、
  こちらから


shimo1873 at 07:23|Permalink マーケティング | 経営

2018年08月10日

品質が悪ければ買い替え需要を失います!

火の見やぐら










Made In Japanの品質はもう世界に誇れるものではなくなっている。




コストダウンに明け暮れて品質管理・信頼性管理をまじめにやらなくなったのだ。




そのため後ろ向きのコストが増えて、結果として利益の減少と言う結果を招いている。



====================================



【本文】




■ 品質が悪ければ買い替え需要を失います! ■




昔は、海外で商品を購入すると「これは日本製ほどではありませんが、結構持ちますよ」と言って商品を手渡してくれたと言う話をよく聞いた。




今はどうだろうか。




日本製の品質は、すっかり地に落ちてしまったように思う。




初期品質を確保するだけで精一杯のようだ。




故障しやすい。




それなのにアフターメンテナンス体制が弱体化していて、直ぐには対応してくれない。




その間、お客様は不便な思いを強いられる。




例えば街の電器屋「でんかのヤマグチ」では代替機を無償で貸し出して、お客様の不便を解消しているが、家電量販店もメーカーも対応は極めて悪い。




品質管理体制やアフターメンテナンス体制の貧弱なメーカーは、買換え需要を自ら放棄していると思ったほうがいい。




     = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから





shimo1873 at 07:05|Permalink 経営 | 企業不祥事

2018年08月03日

部下に活躍の場を与える管理職にエール!

隅田川2










部下に活躍の場を与えている管理職には共感を覚える。




活躍の場を与えて、時には手助けをすることだ。




そうすることで部下は成長し、仕事の成果で応えてくれる。



==================================



【本文】




■ 部下に活躍の場を与える管理職にエール! ■




二軍で調子を上げてきた選手が晴れて一軍に登録された。




監督は、早速いい場面で一軍に登録されたばかり選手を使う。




見事なピッチングを披露する投手がいる。




見事にランナーを返すクリーンヒットを放ち、勝利に貢献する選手がいる。




彼は、今日の試合のヒーローとしてお立ち台に上り、満面に笑みを浮かべてインタビューに答える。




活躍の場を与えた監督にアッパレを贈りたい。




会社でも同じことが言える。




部下に活躍の場を与える管理職にはアッパレを贈りたい。




活躍した部下はきっと自信を深めるに違いない。




部下は成長を重ね、これから先何年にも渡って成果で恩返しをしてくれるはずだ。

     


    = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、  こちらから




shimo1873 at 11:19|Permalink 人事・労務 

2018年07月27日

大企業と縁を切る中小企業を支援したい!

94a5821f.jpg









大手製造業も大手流通業も下請けいじめで利益を上げていることが一年ほど前のNHK「クローズアップ現代+」で暴露された。




3次、4次、5次の下請けはドンドン廃業に追い込まれている。




いつの時代も政権は大企業しか向いていない。




中小企業は脱下請けに活路を求めるしかない。



==================================



【本文】




■ 大企業と縁を切る中小企業を支援したい! ■




下請法があるが、ほとんど無視されている実態がNHKの取材で明らかになった。




中小企業庁は「下請けGメン」を組織して、いじめの実態を調査しているが、どこも口が堅くて情報収集がうまくいかない。




タレコミがばれてしまうと発注を止められたり、更なるいじめに遭うからだろう。




それでも勇気ある下請け業者が「下請けGメン」のインタビューに応じた。




納入後に勝手に価格を下げる親企業も多い。




PB商品に協力してほしいと言って納入価格まで勝手に決められるから採算割れだ。




本来の仕事とは関係のない役務の提供まで強要される。




こんなこしゃくな手段で、スーパーなどは自社の人手不足を補っているのだ。




勇気ある中小企業は「脱下請け」を目指してひそかに活動している。




そんな勇気ある中小企業に共感を抱き、コンサルタントとして支援していきたい。

 


     = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、 
 こちらから



shimo1873 at 11:22|Permalink 経営 | 自己成長

2018年07月20日

仕事を選り好みする人には雑用を命じます!

678b79f0.jpg









「このような仕事は自分には似つかわしくない」と遠まわしに嫌がる部下がいる。




私が上司だったら彼がやりたいと言っている仕事はさせない。




成果は出さない、いや出せない予感がするからだ。

     

===================================



【本文】




■ 仕事を選り好みする人には雑用を命じます! ■




仕事が忙しかった一時期に、中途採用で一気に社員を増やしたことがあった。




「前の会社では○○の仕事を担当して大きな成果を挙げた」と自慢するヤツがいた。




聞かない振りをして彼にも仕事を割り振ったところ、「このような仕事は自分には似つかわしくない」などとほざいたが、「選り好みしていると仕事がなくなるぞ。きちんとやり遂げてくれ」と穏やかに言ったが、結局途中から別な部下にやらせる羽目になった。




このとき私は、やりたい仕事をやらせても、彼は満足にできないと読んだ。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




ヤツには意図的に雑用しか与えないとに心に決めた。




案の定、誰にでもできるような雑用でさえ、満足に完遂できなかった。




面談を通じて「評価は他人がするものだから、自分で自分を高く評価したりせず、コツコツ努力してはどうか」とアドバイスした。




プライドに傷ついたと思ったのか、彼は辞めた。




だが、転職先でも長続きしなかったと風の便りで聞いた。




      = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから




shimo1873 at 11:10|Permalink 人事・労務 | チーム活動

2018年07月13日

もし好きでない仕事に就いても天職にしてしまおう!

51fcf385.jpg










うまいこと好きな仕事に就くことができたビジネスマンは本当に幸せを手に入れただろうか。




一方、好きでもない仕事に就いてしまったり、配置転換で好きでもない仕事に回されてしまった人もいる。




辛抱しながら天職にしてしまう人にはエールを贈りたい。



================================



【本文】




■ もし好きでない仕事に就いても天職にしてしまおう! ■




確かに学生の売り手市場ではあるが、誰もが志望する会社に就職できるわけではない。




学生が殺到する会社に就職するには厳しいものがある。




第三志望までの会社にことごとく落ちてしまい、不本意な会社にやっと引っ掛かった。




入るか、入るまいか、ここが思案のしどころだ。




うまいこと志望する会社には入れて、希望の仕事に就くことができた人は幸せなビジネスマン生活を送っているかと言うと、必ずしもそうではない。




好きと思い込んでいた仕事だが、思うように実績を上げることができない。




焦るが、焦れば焦るほどうまくいかず、うつになってしまい、早期に辞める結果になる。




一方、不本意な会社に入ってしまい、好きでもない仕事に就いてしまった人が本当に不遇を舐めているかと言うと逆だ。




素直に今の仕事を受け入れて、好きになる努力をし、小さな実績を積み上げているうちに天職と思えるようになる。




しかも周囲の人たちの共感を得ているから、この上ない幸せなのだ。




       = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから



shimo1873 at 11:19|Permalink 人事・労務 | 自己啓発

2018年07月06日

革新活動は一発勝負で終わってはならぬ!

b34d4b4d.jpg









会社経営革新活動が息切れしたとき、組織の革新活動も終わり、後は衰退していくだけだ。




昔一世を風靡した会社が消滅した例は多い。




革新活動は一発勝負で終わってはならないのだ。



=================================



【本文】




■ 革新活動は一発勝負で終わってはならぬ! ■




昔、赤井電機と言うすごい会社があった。




高級VTRデッキなどを製造販売していて、給料も高くボーナスもすごかったと言う。




週刊誌や業界紙でも大きく採り上げられ、経営陣も社員もわが世の春を謳歌していた。




驕ったわけではあるまいが、「驕れるもの、久しからず」で、社員は散り散り、バラバラになってしまったようだ。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




たまたま、一発大山を当てれば、会社は瞬く間に急成長を遂げることがあるが、それは偶然のなせる業かもしれない。




会社と言う組織は、常に経営革新活動を続けなければならない。




商品開発に力をいれ、開発した商品を隠し玉として保有し、最適のタイミングで真価を世に問うのである。




経営者の革新志向が強く、常に経営革新に尽力する会社はきっとサバイバルできる。




        = コンピテンシー宣教師 =




彩愛コンサルピアは、 
 こちらから



shimo1873 at 16:17|Permalink 経営 | マネジメント

2018年06月29日

人手不足時代の人集めの一考察!

CIMG0080










世は正に人手不足の時代になった。




今や、いかに長く勤めてもらうかが大きな課題だ。




給料のよさだけで差別化になるとは限らない。




従業員にとって働く充実感と、得になる何かを提供しなければならないのではないか。



================================



【本文】




■ 人手不足時代の人集めの一考察! ■




先般、20人ほどの豆腐製造販売会社を視察し、アドバイスする機会があった。




従業員は近隣の主婦のパートも半数ぐらいいたが、残りは派遣会社から派遣してもらっている外国人で、聞きなれない外国語が飛び交っていた。




ハローワークに申し込んでもほとんど反応はなく、新聞に折り込みチラシを撒いてもらっても誰も面接にもきてくれず、困り果てている様子だった。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




近所の空き家を借り上げ、認可外でもいいから自社の保育所を開設してはどうだろうか。




そうすることで、子育て中の比較的若いママさんを雇用することができる。




昼休みには子供と一緒に過ごすことができる。




従業員には特別価格で豆腐や関連加工食品を割引き販売する特典を設けてもいい。




働く充実感とお得感を提供すれば、口コミで人が集まるのではないかと思う。



     = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、 
 こちらから


shimo1873 at 07:21|Permalink 人事・労務 | 経営

2018年06月22日

会社は社員とWin Winの関係を築くことです!

イオンモールで









社員を大切にする会社は大概繁栄している。




なぜなら社員は大切にされていることを実感し、成果に貢献しようと考えるからだ。




併せてキャリアを積んで自己成長できるのだからこんなありがたいことはない。



===============================



【本文】




■ 会社は社員とWin Winの関係を築くことです! ■




一年ほど前になるが、大手引越し会社が左遷したり解雇したりと特定の社員A氏をいじめてきたが、遂に敗北し、慰謝料を支払い、正社員に戻すことになった。




A氏は元々優秀な営業マンだったが、ひょんなことから会社と衝突してシュレッター係りに配置転換された。




更に解雇を言い渡された。




普通の人なら屈するところだろうが、A氏は一人でも加入できる組合に加入して会社と戦って遂に勝利を獲得した。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




左遷やシュレッター係りは明らかに社員いじめであり、「見せしめ人事」だった。




このようなセクハラ的人事はかえって会社の立場を危うくする。




A氏の言い分を聞き、最初から適切な対応をすれば、会社のイメージを下げずに済んだ。




会社は、社員とWin Winの関係を築くことこそ業績アップの源泉になることを知るべきだ。




      = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから




shimo1873 at 11:09|Permalink 人事・労務 | 経営

2018年06月15日

米朝会談は「みの一つだになきぞ悲しき」!

隅田川2









米朝世紀のトップ会談がシンガポールでにぎにぎしく開催された。



だが、実りはなかったとの報道が多い。



ただのパフォーマンスに終わった感じが強い。



=================================



【本文】




■ 米朝会談は「みの一つだになきぞ悲しき」! ■




太田道灌が鷹狩りに行ったとき土砂降りに遭遇した。




山小屋を見つけて家来らと共に駆け込んだ。




感じのいい女性が応対に現れた。




一行は「雨に降られて困っておる。蓑をお借りしたい」と所望した。




その女性は「七重八重 花は咲けども 山吹の 蓑(実の)一つだに なきぞ悲しき」と詠んだ。




「蓑」と「実の」の掛詞が妙味溢れている。





事前の予行演習にトランプ側はずいぶん熱心だったようだ。




いかし、34歳の若造にしてやられた感は否めない。




交渉力は向こうが上手。




トランプは一生懸命パフォーマンスを演じたが「実り」はないようだ。




「一年後にあれは失敗だったということになるかもしれない
」とツイートしたようだ。




帰りの飛行機に乗り込んでから「やばい」と思ったに違いない。




日本も金だけ出させられて「パー」に終わるのではないか。



心配だ。


   

         = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから



shimo1873 at 07:09|Permalink 政治 | アジア情勢

2018年06月08日

「お先に失礼」と言って定刻に退社する人!

お地蔵さん









仕事に追いまくられている人がいる。




決まって「ああ、忙しい」、「時間がない」を口にする。




一方仕事を追っている人がいる。




決まって「お先に失礼」を口にする。



====================================



【本文】




■ 「お先に失礼」と言って定刻に退社する人! ■




年中「ああ忙しい」や「時間がない」を口にする人がいるだろう。




そして残業が多いのに仕事の出来栄えがイマイチとくる。




一方、「お先に失礼」を口癖にしている人がいる。




結構難儀な仕事を任されることが多いのに、要領よく仕事をこなす。




しかも仕事の出来栄えがいい。




彼は仕事を開始する前に段取りをしっかりやり、極力席を立たなくともいいように、必要な道具や資料を準備するのだ。




例えば、一仕事終わった後の報告書の作成について追跡してみることにしよう。




彼は書類の「章立て」をしっかり練る。




「章立て」に従ってパソコンのキーをたたき始めるのだが、スムーズに作成し、推敲をしっかりやり「お先に失礼」に繋げているのだ。




働き方改革を先取りして、ビジネスマナーの先頭を走っているのだ。




     = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから




shimo1873 at 07:18|Permalink 人事・労務 | 自己啓発

2018年06月01日

できのいい学生を獲得するための要件!

200907311311















東大や京大など超難関大学から学生を採用すると優秀な学生を獲得できると考えている大企業は多い。




一方、仕事を好きになれるかとコミュニケーションをうまく取れるかを重視して採用している企業では優秀な学生を多数獲得できている。



==============================



【本文】




■ できのいい学生を獲得するための要件! ■




東大出身の経営者は決して多くはない。




政治家には東大出が多いが、失言や暴言で大臣を辞任する“オバカサン”が多い。




東大に入れたのだから頭はいいだろうが、EQつまり「心の知能指数」が低すぎるのだ。




にもかかわらず、難関大学から好んで学生を採用する企業が多いが、本当にできのいい社員に育っているかは分からない。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




一方、採用する場合、小難しいことは不要と心得ている企業もある。




仕事を好きになれるかとコミュニケーションを取れるかを採用基準に据えているのだ。




最初は興味のない仕事でも就いたならば好きになってもらわなければならないし、仕事を円滑に進めるためには上手にコミュニケーションを取れなければならないからだ。




学力はあまり高くなくともこの二つの要件を満たせば仕事は誰よりもキッチリできるものと確信する。




ちなみに日本電産では学力試験をやったことはないそうだ。


  

      = コンピテンシー宣教師 =



彩愛ンサルビアは、
  こちらから



shimo1873 at 14:13|Permalink 人事・労務 | 経営

2018年05月25日

西武ライオンズの秋山選手と栗山選手の善意!

200807050723















ライオンズの秋山選手は一人親の子供たちを球場に招待する。



シングルマザーもシングルファーザーも一緒だ。



栗山選手は小児がんの子供たちを球場に招待する。



人柄がにじみ出ていて清々しい気分になる。








********************************************






【本文】







■ 西武ライオンズの秋山選手と栗山選手の善意! ■







西武ライオンズの秋山選手は小学校のときに父親を亡くし、女手ひとつで育てられた。







年間ヒット数の記録保持者であり、リーディングヒッターにも輝いた。







センターを守っているが俊足で守備範囲が広いから投手は大助かりだ。





秋山選手は、自分と同じ境遇にいる一人親の子供たちを球場に招待する。







子供たちにとってはいい思い出になるからみんな秋山選手が好きだ。







選手会長の栗山選手は西武ライオンズ一筋で頑張ってきたベテランだ。







後輩の選手たちから兄貴として慕われているから将来のコーチ、いや監督候補だ。







栗山選手は小児がんの子供たちを球場に招待する。







子供たちに少しでも明るい気持ちになって生きてほしいと願っているからだ。







秋山選手も栗山選手もEQに長けていて、弱い立場の人々をさりげなく支援してくれている。






= コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから





shimo1873 at 11:21|Permalink 自己啓発 | スポーツ

2018年05月18日

経営者は有能な参謀を持つべきです!

200810111437















本田宗一郎氏がエンジンの開発に没頭できたのは、参謀格の藤沢武夫氏が経営全般、特に経理面をしっかり見ていてくれたことが大きい。





現在はあまり参謀論が大きく取り上げられないが、経営者は有能な参謀を持つことは重要ではないか。

 

================================



【本文】




■ 経営者は有能な参謀を持つべきです! ■




本田宗一郎氏と藤沢武夫氏は表と裏のパーソナリティを持ち合わせていたそうだ。




だが、二人の会社経営の目的は同じだった。




ものの考え方や見方は違っていたが、発想の時点と到達の地点は一つだった。




だから2人は最後まで一緒に経営に携わり、そして同時に引退した。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




中小企業でもかつては、社長を補佐する番頭格の古参の社員がいた。




例えば、製造業では工場長として社長を補佐し、社員からの信頼も厚いから会社が繁栄できたわけで、番頭イコール参謀的存在だったのだ。




だが、二代目ともなると番頭格の高齢者とは意見が合わず、煙たい存在になってしまい、参謀は辞めてその後新たな参謀を置かない中小企業が増えた。




さまざまな経営課題を解決して乗り切るために、やはり有能な参謀を持つべきと思う。



        = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから





shimo1873 at 11:20|Permalink 人事・労務 | 経営

2018年05月11日

経営者ならだれもが開発型の会社を目指すことです!

DSCF0003










開発とは何も新しい製品を生み出すことばかりではない。




流通業だろうとサービス業だろうと新しいものを生み出すことは全て開発と捉えたい。




そういう意味で全ての会社が開発型であるべきだ。



================================



【本文】




■ 経営者ならだれもが開発型の会社を目指すことです! ■




世の中には下請け企業が五万とある。




製造業はもとより、配送業でもサービス業でも下請け型は多い。




仕事をくれるところを親企業と称する。




親企業の言うとおり仕事をすれば、約束したお代を頂けるから楽でいい。




確かに楽でいいが、人間の本来の本能である考えると言う仕事がないのは寂しい限りだ。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




常に新商品や新サービスを生み出すことを考えるのは楽しいことではないか。




新商品や新サービスに、お客様はきっとびっくりして感動を覚えるに違いない。




商品やサービスには必ずライフサイクルがあり、いずれ消滅していく運命にあるから切れ目なく新商品や新サービスを投入しなければ会社が持たない。




特に経営者は開発型の会社を目指して社員を鼓舞しなければならない。





      = コンピテンシー宣教師 =



彩愛コンサルピアは、
  こちらから



shimo1873 at 07:22|Permalink 経営