明日から3学期が始まります。また、2017年の全体練習も始まりますので、チームに関わる全ての方々が、今年も安全に楽しくサッカー出来るようにサッカーと御縁のある神戸市御影の弓弦羽神社へお詣りに行きました。御影は、日本サッカーの発祥の地と言われるところで、過去には御影師範学校がありました。師範学校とは学校の先生を養成する学校で、ここで日本初のサッカーチームができました。その後、大正時代から始まった日本フットボール大会で、御影師範は初会より連続7回を含み11回も全国優勝をなしとげております。最近は、ヴィッセル神戸やINAC神戸レオネッサも必勝祈願の参拝にこられているようです。御影は、御影石でも有名ですが・・・このサッカーとのご縁をもって御影石でサッカーボールを作っていました。このボールには、矢に乗った日本サッカー協会のシンボルマークである八咫烏がいました。真中にステンレスの軸が入っていて横にグルグルと回り、まさにピッチの中で、全方向にチャンスを窺がうかの様です。そして八咫烏は、弓弦から放たれた矢に乗って一直線に目標を向かう 導きの八咫烏です。今年もそれぞれの目標を定め、全員で一丸となって進んでいければと思います。大篠サッカースポーツ少年団に関わるすべての皆様、本年も共に頑張っていきましょう
IMG_5399












IMG_5388












IMG_5396












IMG_5402