みなさんこんにちは!

シルバーホー厶よもぎ台
下村です!!

お久しぶりの登場となってしまいました汗
期間があいてしまい、申し訳なかったですm(_ _)m


さて!
今日の記事は
自立(見守り)支援
です(*´˘`*)


ほほえみの施設の中で
自分の配属された
シルバーホームよもぎ台
というところは

ほほえみの中でも
比較的要介護度の高い
利用者様が多いのですが

自分は、
介護福祉士・社会福祉士の学校に
それぞれ通って、資格も取ってきて
また、色んな施設での
実習やボランティアを通して
「利用者様自身でできることは、なるべくやって頂く」
「リスクはもちろん伴うけど、少しでもできることを介護者側が奪ってはいけない」と思いながら
介護をさせて頂いています。

初めの頃は、それこそ
どこまで介護するべきか、とか
探り探りだったんですが

こちらが意図しない
ふとした瞬間に
利用者様ご自身のタイミングで
IMG_5454


目の前においてあったコップを持ち
飲み物を飲んで頂いたり

IMG_5455

ご自身で、食べたいものを
ご自身のタイミングで
食べて頂いたり

また、
IMG_5453

「え!洗ってくださるのですか!」
「うん!いいよいいよ!
自分で食べたのぐらい自分で洗うわ」
と、
自発的にお皿を洗っていただけたりと


「要介護度の高い方が多い施設と聞いていたのに……」と
驚かされることばかりです。

もちろん、
利用者様の体調や気持ち
その日の環境などによって
毎日同じとは限りません。

こちら側で介助させて頂くことももちろんあります。

それでも、
介助するから、といって
まるでホテルに住んでいるような
おもてなしをするのとは
違うのだな、と

できる日とできない日があるからといって
全部こちら側がやってしまったり
逆に全部おまかせしようとしたり
と、極端に判断して
こちら側でコントロールしてしまうのも
介護ではないのだな、と

また、
実際にボランティア中に見た
「こぼしちゃうからダメ」とご自身で持ったコップを取り上げたり
「転んじゃうから座ってて」とご自身で洗おうとしていた皿を取り上げたり
という現象も
安全面を考える上ではもちろん、心配にもなるし、気持ちも分かるのですが
「自分でやろう」「頑張ろう」という気持ちを優先して
「持って頂くところを見守る」
「食べて頂くことを見守る」
「洗って頂くことを見守る」
という気持ちで
利用者様の生活を支援するのも
【自立支援】ではないのかな

と、思った今日の夜勤でした(*´˘`*)


ちなみに
今日もこれから夜勤に入るため
利用者様のリズムに合わせて
利用者様の気持ちに合わせて
利用者様の体調に合わせて
支援させて頂きたい
と思います(*˙˘˙*)(*˙˘˙*)❥❥

それでは.*・゚ .゚・*.