管理釣り場なら山沼漁場10月1日のオープンにむけて
〇場所取りについては9月24日(木)から可能となります。
〇新型コロナウイルス感染防止対策について
 新型コロナウイルスは誰もが感染しうる病気です。私たちは感染防止のために栃木県や各市町の自粛要請を受け、①密になる場合は必ずマスク着用のこと。②手洗いの励行及び消毒の徹底をお願いします。
自分は大丈夫という過信があってはいけません。お互いに間隔をあけ釣りを楽しんでください。
引き続き管理棟でのご飲食は当分の間禁止とさせていただきます。

オープン初日にご来場の方には、初日特典をご用意しております。



なら山沼漁場情報
10月1日のオープンに向けて池の清掃も終了し、水を張る段階になった。
9月下旬になるとマスを放流しオープンを迎える!

小山養魚センター情報
8月中の猛暑も最近ではだいぶ涼しくなってきた朝夕。いよいよ新ベラの放流時期が近づいてきた。
毎年10月10日前後に実施してきたが、今年も例年同様の時期に放流を予定している。

9月も中盤に入りアユもかなり大きくなってきた。12日は雨による濁りが入り友釣りにはならなかったが、コロガシ釣りではかなり多くの釣り人が入った。
13日、日曜日には水も澄み友釣りが可能となり、コロガシ釣りでとれたアユをオトリにする人もかなりいた。
釣り占用区では、25センチ前後の丸々と太ったアユがかなりの引きを見せた!
小山のTさんの釣果は10匹を超え、強引な引きに<今年最高の引きを味わった>と満足そうだった!

8月中に釣獲されたアユ25匹を検査したところ、天然遡上アユ、放流アユの割合が以下のようになった。
なら山沼付近6匹中、天然遡上アユ4匹、放流アユ2匹。
新間中橋下流19匹中、天然遡上アユ10匹、放流アユ9匹。という結果が出た。
この数字から、現在活躍しているアユについては天然遡上アユが主流を占めているものと考えられる。
したがって9月から一般解禁の区域が広がるものの、まだまだ天然遡上アユが活躍してくれるものと思われる。
詳しい情報は、このホームページのトップ画面の水産試験場をクリックしていただき、アユ情報をクリックしてください。
アユ情報第12号、8月28日付けとして掲載予定です。

このところの猛暑により川は渇水気味。それでも各ポイントには釣り人が平日にもかかわらず入っている。釣果は数こそ伸びないが27、28㎝が釣れたという事で同じ場所に入る人が多い。
23日の日曜日には上流に雷雨があり、朝のうちは少々の濁りもあったが昼頃には濁りも取れてアユの追いはかなり良くなった。これからも水の変化によりアユの動きも出てくると期待している。

↑このページのトップヘ