酷暑が続く中で綺麗に咲く花

この酷暑が続く中でも綺麗に咲いている花があります。
会員のお庭の綺麗な花の写真を集めてみました。

会員No.12  海美邸 より

201908 01
フランネルフラワー エンジェルスターとベゴニア

201908 02
ペンタスとコリウスなど

201908 02 2
綺麗なコリウス

201908 03
千日紅とサンパラソル

会員No.1  長田邸より

201908 04
ホスタ

会員No.8  IN邸より

201908 05
ルドベキア タカオ

201908 06
バーベナ ハリケーン ブルー(左はジニア プロフージョン)

会員No.6  I 邸より

201908 07
暑さの中で頑張って咲いたバラを切り花に
(ローブアラフランセーズ、ブルドパルファム、ガートルードジェキル)

会員No.17  T 邸より

201908 09
チトニア トーチ

201908 10
チトニアを吸密するアゲハチョウ(雌)

IN

クレマチスの挿し木会

2019年6月30日(日)

強剪定のクレマチスの剪定を行ったあと、切った枝が長く残るので、挿し穂を沢山作って、クレマチスの挿し木会をすることにしました。

急な連絡にもかかわらず6名の参加者が集まり、梅雨の真最中の雨のなか、雨の当たらない駐車場で行うこととなりました。

挿し穂はメネデールを入れた液に一晩漬けてあります。

準備した挿し穂は10品種以上。主なものは以下のとおりです。

ヴィル・ド・リヨン、ミケリテ、エトワール・バイオレット、マダム・ジュリア・コレボン、アフロディーテ・エレガフミナ、籠口、キャロライン、プリンス・チャールズ、ヴェノサ・ヴィオラセア
(種苗法品種登録のないもの、権利抹消の品種を選んでいます。)

挿し木方法は、「別冊NHK趣味の園芸 クレマチス 育て方から最新品種まで」(2009年日本放送出版協会)に記載された方法で行いました。

挿し木方法の概要です。
9cmのビニールポットに鉢底ネットを敷き、鹿沼土を厚さ1.5cm、パーライトを八~九分目まで入れる。
ビニールポットを水に漬け、挿し穂をさして水から上げてパーライトの上に赤玉土を入れて押さえる。
水を入れた鉢皿に挿し木したポットを入れて、日陰に置き管理する。

1か月半から2か月管理して、ポットの底から根が出てきたら、鉢上げを行います。

以下クレマチス挿し木会の様子と今回挿し木を行ったクレマチスの写真です。

clema cutting 01
準備した挿し穂

clema cutting 02
挿し木用土(左から、鹿沼土、パーライト、赤玉土)

clema cutting 03
挿し木実施の様子1

clema cutting 04
同上2

clema cutting 05
挿し木したポット(1ポットに2~3本の挿し穂を挿しました。)

clema cutting 06
エトワール・バイオレット

clema cutting 07
マダム・ジュリア・コレボン

clema cutting 08
ヴェノサ・ヴィオラセア

clema cutting 09
籠口(ろうぐち)

clema cutting 10
キャロライン

今回、参加者は一人20本弱ずつ挿し木をしているので、挿し木が成功して鉢上げでき、冬を越えると、来年は1年苗なので花は少ししか咲きませんが、再来年には株が大きくなって沢山花を付けてクレマチスの咲き誇るお庭が見られるでしょう。

(筆者の昨年の実績では、今回の方法とは違う方法で挿し木を行っていますが、発根しないもの、春に発芽しないものがあり、挿し木成功率は60%程度でした。)

なお、今回の挿し木方法と同様な方法で挿し木を行った例は、
ガーデニング部門の人気ブログである、『雑木と宿根草とクレマチスの小さな庭づくり』の記事で紹介されています。
→    **

IN

6月の庭より

今年の前半ももう終わり、7月に入りました。
長雨が続きなかなかガーデニングもできない日が続いています。

6月末の会員の庭に咲いた花の紹介です。

会員No.12 海美邸から2枚。

june garden 01
エキナセアとユーフォルビア

jene garden 02
グラジオラス

会員No.21 Plumeria邸から2枚。

june garden 04
ナツハナビ

june garden 03
ランタナ


会員No.8 IN邸から2枚。

june garden 05
ルドベキア チェリーブランデー

june garden 06
エキナセア
(左:プルプレア・ルビースター、右上:プルプレア・パウワウ 2色、右下:ハイブリダ・シャイアンスピリット 2色)

会員No.17 T邸から4枚。

june garden 07
ルドベキア、リアトリス、ジニア他 (画像クリックで拡大します。)
(右からルドベキア、メキシカンハット、リアトリス、ヒャクニチソウ、ジニア・プロフュージョン、メキシカンマリーゴールド)

june garden 08
モナルダ、ブッドレア他
(右から白花モナルダ、ホタルブクロ、ピンク花モナルダ、ブッドレア・バズ、赤花モナルダ)

june garden 09
ルドベキアとエキナセア・プルプレア

june garden 10
ワインカラーのモナルダ

IN

海美邸のオープンガーデン

2019年6月15日(土) 小雨
海美邸(会員No.12)のオープンガーデンが行われました。

ご自宅の南にある畑には、ダリア、メドーセージ、アナベル、カシワバアジサイの群生がそれぞれ長い列をなしています。

今年はカシワバアジサイが驚くほどいっぱい咲きましたが、アナベルはやや成長が遅く、それぞれの株もやや小振りで花も咲き揃うのは数日先くらいの状態でした。

IMG_2428 1906 kaimit 01
満開のカシワバアジサイとその左のアナベル

IMG_2431 1906 kaimit 02
アナベルとサルビアなど

IMG_2433 1906 kaimit 03
ダリアとメドーセージの列
(中央奥には鮮やかな朱色の花をいっぱい付けたザクロの木)

ご自宅のエントランスには綺麗な木製ベンチの上に、ウェカムボードと、ジニアとハツユキソウの寄せ植えや黄色と白のスター咲きペチュニアの鉢が置かれ、雨に当たらないように、綺麗な和風の花柄の傘が置かれておしゃれな雰囲気を感じさせてくれます。

IMG_2441 1906 kaimit 04
エントランス
(画面クリックで拡大します。)

ご自宅の玄関の周囲には多くの鉢植えが置かれていますが、玄関横には、ワインカラーのリシマキア‘ボジョレー’(右下)、フランネルフラワー リトルエンジェエル(中央)、ペンタス、ミセバヤ(左)の鉢がシックに置かれていました。

IMG_2442 1906 kaimit 05
玄関横に置かれた鉢植え

ご自宅の西側から北側の裏庭に入ります。

IMG_2410 1906 kaimit 06
裏庭につながる道横の植栽

ご自宅前の畑に植えられた花のスケールにも驚きますが、裏庭の広さと花の多さにも驚き。

裏庭周回路南側のテラスには薄青、ピンクや濃いピンクのアジサイの鉢が配色を考えて配置され、木製テーブルとイスが置かれて、雨でなければゆっくりと椅子に座って緑と花の多い風景を満喫したいところです。

IMG_2415 1906 kaimit 07
周回路南側のテラス
(画面クリックで拡大します。)

周回路北側角のネペタ‘ウォーカーズロウ’(キャットミント)も長い花穂は雨でうなだれていましたが大株になって見応えがありそうでした。ネペタの右上には7月に満開となるミソハギの群生。

IMG_2426 1906 kaimit 08
周回路北側角より

IMG_2420 1906 kaimit 09
周回路北側通路の先より
(左上角に小さくベルガモットの大株が写っています。)

昨年は小さな2株だった濃いピンクのベルガモットは驚くほど成長して、風や雨で倒れるので全体をひもで縛っていますが、直径が1.2mくらいになって圧倒されるほど沢山の花を付けていました。

IMG_2451 1906 kaimit 10
満開のベルガモット

IMG_2424 1906 kaimit 11
ベルガモットの花のアップ

南高梅の大樹周辺の額アジサイ群は、昨年はちょうど満開で大きな群落を形成して見応えがありましたが、今年は花が少なく目立たなくて残念。代わりに数種類の大株のホスタ(ギボウシ)が緑の葉のバリエーションを楽しませてくれました。

IMG_2444 1906 kaimit 12
雨の中お庭を楽しむお客様

小雨の中でしたが、綺麗に咲く多くの花々とスケールの大きい植栽を楽しませて頂きました。
いつも広いお庭を綺麗に維持管理されている庭主さんのご努力は並々ならないものですね。


昨年6月 海美邸オープンガーデンの記事  →  **

IN

挿し芽・挿し木の会

2019年6月10日(月) 10:00~12:00

当クラブ会員の希望者が集まって、挿し芽・挿し木(以下、挿し木と記します。)の会を行いました。

希望者6名が集まって、挿し木にしたい花や木を各自選定し、会員のお庭から調達した挿し穂を挿し木にしました。

6名が選定した花や木は20種。主なものは以下のとおりです。

ムラサキセンダイハギ、ゲラニウム(ピンク・青)、バイカウツギ‘ベルエトワール’、アメリカコデマリ、サルビア、キャットミント、ミヤコワスレ(紫・ピンク)、オステオスペルマム(白・黄色)、ブッドレア、マーガレット(一重・丁子咲き)、イングリッシュラベンダー

会員のTさんから挿し木の実施要領の説明を受けたあと、各自希望の花や木の挿し木を行いました。

190610 01
挿し木 実施の様子

挿し穂はメネデール添加水溶液に漬けて(15分程度から数日間漬けたものあり)、ビニールポットに鹿沼土または挿し木専用土を入れて挿しました。

以下、主な花や木の写真と挿し終わったポットの写真です。

190610 nepeta 02
キャットミント(ネペタ)

190610 murasakisendaihagi 04
ムラサキセンダイハギ

190610 belle etoile 06
バイカウツギ‘ベルエトワール’

190610 osteo buddo 07
オステオスペルマム                ブッドレア

190610 salvia sangene 03
サルビア                        ゲラニウム(ピンク)

190610 work A 09
会員Aの挿し木ポット

190610 work B 10
会員Bの挿し木ポット

190610 work C 11
会員Cの挿し木ポット

全員が挿し木を終わったあと、発根までの注意点の説明があり、片付のあとティータイムとなりガーデニング談義に花が咲きました。

挿し木が成功すると、今回の参加者のお庭には好きな花が増えてガーデニングが一層楽しくなることでしょう。沢山苗ができた場合には、他の会員のかたに分けてあげることもできますね。

IN

6月のオープンガーデン

6月のオープンガーデンは以下のとおり、海美邸1軒1日のみです。

6月15日(土)           薬師寺地区   海美(佐伯)邸

鑑賞時間  10:00~15:00

たくさんの方のご来訪をお待ちしております。


昨年10月 海美邸の記事あり  →  * 

昨年6月 海美邸オープンガーデンの記事  →  **

海美邸の地図 (期間終了後に削除します。)

5月の庭より

1559517978876  verbena & butterfly
バーベナ・ボナリエンシスとアオスジアゲハ (T 邸)

I 邸のバラ

I 邸(会員No.6)の今年のオープンガーデンは、5月18日(土)でしたが、ご自慢のバラは当日まだ咲き揃っていませんでした。

ご自宅の西側のバラがやっと満開になり、絢爛豪華になっていましたので一部を紹介致します。
(撮影5月28日)

IMG_2340 Itei rose 01
西側のお庭で満開のバラ(画像クリックで拡大します)

手前右ピンクのミニバラ、スイート・チャリオット。
中央やや左下の白、ボレロ。その右上のピンク、フォーユアホーム。
その右の赤、オデュッセイア。
やや右下の白、ホワイト・メディーランド。
右上のオベリスクのピンク、フェルディナンド・ピシャール。
中央やや上逆U字トレリスの中のピンク、ジ・インジーニアス・ミスター・フェアチャイルド。
中央左アーチ右側の薄いピンク、ナエマ。

IMG_2341 Itei rose 02
アーチの奥にお庭の奥のバラ

アーチ左側奥の赤、トラディスカント。
アーチ中央奥右側のピンク、ルイーズ・オディエ。
アーチ中央奥下の薄い黄色、シャーロット・オースチン。
アーチ右側のナエマの右奥にブラウンがかったピンクの、ローブ・ア・ラ・フランセーズ。

フェルディナンド・ピシャールは古いモダンローズ(1921年作出)で、香もよく、オベリスクの周囲で綺麗なピンクと赤の絞りの花が目立っていました。

IMG_2348 Itei rose 03
フェルディナンド・ピシャール

IMG_2345 Itei rose 04
同上

アーチ右側のナエマも美しい花を20輪くらい付けて、周囲に芳香を漂わせていました。

IMG_2343 Itei rose 05
ナエマ

ローブ・ア・ラ・フランセーズは、I さんのお気に入りのバラのようです。
花色のブラウンがかったピンクは、ヴィクトリアンピンクと言うそうです。このバラの名前は、ポンパドール夫人のドレスのイメージから命名されたとか。

IMG_2369 Itei rose 06
ローブ・ア・ラ・フランセーズ

甘い香りを漂わせるボレロもたくさん花を付けています。

IMG_2358 Itei rose 07
ボレロ

真紅のオデュッセイアも周囲に芳香を漂わせながら、綺麗に咲いていました。

IMG_2357 Itei rose 08
オデュッセイア、フェルディナンド・ピシャール、ホワイト・メディーランド

IMG_2351 Itei rose 09
ジ・インジーニアス・ミスター・フェアチャイルド(イングリッシュ・ローズ)

IMG_2356 Itei rose 10
スイート・チャリオット(少し芳香あり)

バラ以外に1枚。

IMG_2370 Itei rose 11
ペンステモン・ハスカーズレッドとオルラヤなど

ご自宅の西側の道路から良く見えますので、近くを通るときは道路から綺麗なバラをご覧になって下さい。(車に気を付けて。)

IN
会員募集中
「しもつけオープンガーデンクラブホームページ」の下欄にある、

<お庭の掲載に関するお問い合わせ>
をクリックして、

「お問い合わせ」の画面の各項目をご記入の上、送信して下さい。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ