s-IMG_0816 

 どういう風の吹き回しだったか忘れたが、昨日は自社製品のDVDを見てみた。(NiKK)にっく映像は私が創業した会社だが、今は隠居の身で給料も貰っていない。しかし名前だけは役員に入っている。会社は大儲けしている気配もないが、つぶれずに製品も増やしているようだから上出来だと思っている。その中で比較的新しい「電流・電磁石」というのを見た。
 見ているうちに途中で寝てしまって、最初から見直したのが2回。3回目にようやく最後まで見ることができた。実際に買った人はどうなのだろうと思ったが、1900円出して買ったら、途中で眠くなっても一度は最後まで見てみないと損だと考えることだろう。
 このDVDは「小学生の理科」として作られている。電流のところでは、電池と電球を図形化して直列・並列のつなぎ方などを丁寧に説明していた。あとで制作の責任者(つまり私の長女)に、「今の小学校では、こんなことを知らないと点が取れないのかい」と聞いたら、そうだという答えだった。このDVDシリーズのキャッチコピーは「勉強が好きになる」と表示してある。長女が大学受験の途中から、数学の面白さに目覚めたと言って理系に進路変更したことを思い出した。
 私が小学校(正しくは「国民学校」)を卒業したのは昭和21年(1946年)3月であり、終戦時に6年生だった。空襲つづきの中だから、まともな授業など受けていない。6年最後の通信簿に、やったことのない理科、図工、音楽などの教科にも、適当に「優、良上」などの評点がついていたのを見て驚いた。
 それでも私は電気には自信を持っていて、家族の中でも頼りにされていた。電気コンロ、ラジオ、呼び鈴など、電気製品の不具合は、大半は分解して正しく組み直せば正常になるものだという経験を、何度か感電ショックも体験しながら身につけていた。その感覚は、大人になった今でもずっと続いている。その私でも、電球を直列につなぐとどうなるかなどは考えたこともない。だいたい家庭の電気でそんな配線はあり得ないのではないか。つまりは、これは「実学」と「学問」との違いということだと気がついた。
 小学校の理科の試験で点が取れることと、電気製品の故障を器用に直せることとは、たぶん別なことなのだ。しかし電気メーカーの開発室にでも配属されたら、両者はめでたく合体することだろう。ウチの会社のDVDが、そんな幸せな子供の手に渡ってくれたら幸いである。