「労働ダンピング」で出てきた問題が、まだ終りません。著者はこの中で、「どこまで働けるか」ではなくて「働かない時間をどれだけ確保できるか」を大事にしようと提唱しています。ちょっと盲点を突かれたようで、印象に残りました。
 現在の標準になっている8時間労働制は、「1日のうちの8時間は仕事に、8時間は睡眠に、そして8時間は自分に」というスローガンのもとに、労働者の要求として登場しました。しかし社会が簡単にそれを受け入れたわけではありません。ヨーロッパでもアメリカでも、労働者が徒党を組んで会社に要求を出す行為は、一種の反乱と見なされていました。中でも有名なのが1886年にアメリカのシカゴで発生した空前の大争議です。このとき34万人の労働者が、8時間労働制などを要求して、5月1日からストライキに突入しました。街頭にピケを張る労働者と警官隊との対立は、数日のうちに大規模な騒乱事件へと発展し、ついに軍隊が出動して発砲する事態となりました。倒れた労働者の血は街路を染め、その色が「赤旗」の起源になったと言われます。この事件の関係者は起訴されて、うち4名の指導者が絞首台で処刑されました。当時の国際社会主義組織、社会主義インターナショナル(第1次)は、これに抗議して毎年5月1日を「世界の労働者団結の日」と定めました。それが今に伝わるメーデーです。
 その後労働運動は、革命を目ざす共産主義と、議会を通しての改革を目ざす社会民主主義との2つの流れになるのですが、イギリスの社会党を始めとしてヨーロッパでは社会主義が議会で一定の力を持つようになり、労働者の要求が合法的に政策に生かされるようになって行くのです。ですから8時間労働制も、自然に発生したのではなくて、繰り返し要求を続けて獲得したものなのです。
 労働史の解説のようになりましたが、中野氏の提言は、自分のための時間を大切に守ろう、というものです。それは家族として、社会人として活動できる時間です。そう考えれば、たしかに自分の時間が1日に最低でも4時間はとれなければ、人間として健全な発展を望めなくなる、という論旨の説得力がわかります。そこから自ずと、残業は4時間が限度という基準が導かれます。そして最後に大切なのは、その労働時間の中で生活が維持できるのでなければ、公正な労働ではないということです。最後に私の試算を一つ。夫婦合わせて月間250時間をパートで働いて、それで年収300万円になるためには、時給は1000円でなければなりません。今の東京都の法定最低賃金は、時給719円です。