政治の話題ばかりが続きますが、年金記録消失の責任をとって、社保庁の長官が夏の賞与270万円の全額を辞退するそうです。逆算して月例の給与が100万円を超えていることもわかりました。さらに社保庁の全職員が、ボーナスの一部を自主的に返納することも呼びかけました。それに連動したのかどうか、安倍首相も関係大臣も、ボーナスの一部を返納したり、年金の受給を辞退したりするそうです。参議院選挙を目前にして、少しでも国民の怒りをやわらげたい思いからでしょう。
 このことについて、各野党がコメントしているのをテレビで見たのですが、選挙目当ての見えすいたごまかしだ、こんなことで問題は解決しないなど、徹頭徹尾の非難で一致していました。それを見ながらかえって白けた気分になって、それなら黙ってボーナスを受け取ればいいと思うのかと、反問したくなりました。選挙を意識して、なんでもかんでも政府を攻撃する材料にしたい姿勢が、あまりにも強すぎると思ったからです。
 一庁あげてボーナス返納という空前の「お詫び」をするに至ったのは、今回の失点の大きさを、政府が非常に深刻に受け止めていることを示しています。その詫び方が気に入らないからと、からんで見せるよりも、ここは少し大人になってほしいものだと思いました。私が野党の親分なら、こんなセリフはどうでしょうか。
 「今度のことじゃ、お前さんもよくよく骨身にこたえたろう。ボーナス返しますとは、よくぞ改心しなさった。あとは俺らに任せて、しばらく引っ込んでおいでなさい。不始末しでかしたあとは、別な人手で始末をつけるのが掟というもんだ。なあに、こちらにも腕っ利きは揃ってるんで、安心して見ておいでなさい。悪いようには、しませんぜ。」
 セリフの直しは、うたのすけさんにお願いするとして、民主党はここで、年金制度の全体像を示すべきです。それは「官吏と大企業のための互助制度」から「国民全員のための生涯安心制度」へと変えて行く道です。「保険料の徴収は税金といっしょに歳入庁」も「国民年金は税方式」も、そこへ至る道程の一つです。選挙の公約として、まだ間に合うと思うのですが。