「あなたの孫が幸せであるために・百年後の世界を考えよう」(志村建世・新風舎)も、直接に販売することとしました。版元の新風舎が倒産したため、買い取った部数が私の手元に若干ありますので、直接販売に加えてみます。
 この本は、百年後の世界が住みよいものであってほしいという願いを込めた未来論です。内容は、以下の9章から成っています。
第1章 私たちはどんな時代にいるのか
 現代の私たちをめぐるさまざまな問題を整理して、トータルで考えたらどうなるかを検証します。
第2章 戦後日本の軌跡から学ぶこと
 廃墟と混乱の中から現代までを見てきた者として、人間はどうなるかを考えます。
第3章 人間はどんな国を作ってきたか
 「よい国」の条件とは何か、アメリカはどんな国なのか、政府の役割は何なのか。
第4章 世界連邦ができるまで
 近未来に世界連邦が必要かつ必然であることを論じ、実現までの道程を提案します。
第5章 戦争と犯罪は人類を滅ぼすか
 人間はなぜ争うことを止められないのか、犯罪を根絶できないのか、人間の本質から考えます。
第6章 人間の幸せに奉仕する経済活動
 貨幣は人間の家僕であるという観点から、現代資本主義の向かうべき道を示します。
第7章 地球環境とエネルギー対策
 長期安定的に住める世界にするために、人間の欲望をどのように制御すべきか考えます。
第8章 人間の幸せに奉仕する科学技術
 科学も技術も人間が主役であることを忘れず、幸福に役立つものでなければ意味がありません。
第9章 人類百世紀の概観
 文明の発祥から1万年、百世紀までの人間の歩みを予想して、私の世界観の総括とします。

B6判212ページ。現行の定価にかかわらず、頒価1500円とします。ご注文の方法は、当ブログのトップページ近くにある「著作の紹介と販売」をごらんください。