本日でめでたく75歳になり、後期高齢者の仲間入りをしました。また、1年のうちでたった1日、うたのすけさんと同い年になる日です。自分が所属するようになったから、でもありませんが、話題の「後期高齢者医療制度」にも、ちょっとは良いところもあるのです。あまり悪者扱いされて可哀そうという気が、しないでもありません。
 この制度は、75歳の年齢で国民を輪切りにして、一つの制度として面倒を見ようというものです。なぜそれが可能かというと、公務員も会社員も自営業者も、75歳になれば大半は仕事をやめているので、働き方による保険の差が、ほとんどなくなるからです。また、ほぼ全員が年金の給付を受ける立場になっていますから、保険料を集めるのは給付から天引きという方法が使えます。管理する側からすれば、まことに好都合なわけで、いかにも頭のよい役人が考えそうなことです。
 ここで見逃せないのは、公務員共済、大企業の保険組合、政府管掌健保、国民健康保険といった、身分の違いによる格差が解消して、一種の平等が実現していることです。これをよい方に解釈すれば、社会保障の一元化が、部分的に可能になったということです。ただし、今の制度は公的医療費の抑制を何よりの目的にしているので、高齢者の医療水準が下がるか、高齢者の負担が増加するか、いずれにせよ先行きが暗いのが問題なのです。
 年齢で輪切りにして一元化するのなら、全国民を平等に扱う方向へ、これから年齢区分を広げればいいのです。複雑になってしまった公的保険制度を一度解体して、全国民が加入する新しい健康保険制度に一本化したら、管理事務は簡単になり、保険料の徴収は、所得に応じて納める税金に非常に近いものになるでしょう。すべて税金で賄うことにしてもいいのです。
 それともう一つ、同じく不評で腰砕けになりそうな「終末医療支援」は、非常に重要な問題を含んでいます。いたずらに苦痛を長引かせ、患者も家族も国家財政も苦しめるような終末医療を、どうしたら少なくすることができるか。「早く死ねということか」というような感情論ではない、真面目な議論が今こそ必要です。この問題に関心のある方は、春野ことりさんの「天国へのビザを見に行ってください。