007

 土曜日の夕方ですが、大木晴子さん以下5名の西口メンバーが、辺野古での抗議集会に参加するため沖縄へ飛びました。新宿西口では、午後5時からは地上で、6時からは地下広場で、いつものようにスタンディングを行いました。

043

036

027

 全員が沖縄へ行けなくても、辺野古の海を守りたい気持は同じです。これが大木晴子さんの言う「個と個が繋がる」ということだと思います。きょうの辺野古の集会には、4000人が集まったと聞きました。私はまだ現地へ行ったことがないのですが、おそらくこれは驚くべき人数でしょう。
 海上保安庁は、海を埋め尽くすような船舶・舟艇を動員して、米軍の沖縄上陸作戦を思い出させるほどであったというレポートがありました。日米同盟軍が沖縄県民の海を奪いに来ているとしたら、これはあまりにも非対称な戦いです。それでも抗議する人々の声を封じることはできません。カヌーは自由な海を求めて進むでしょう。
 何で今ごろ新しい基地を、海を埋め立ててまで作らなければならないのか。この根本的な疑問に、責任をもって答えられる政治家は、ついに現れませんでした。責任者のいないまま、沖縄での戦争は、まだ終らずに続いています。

060061

 久しぶりにカメラを持って行ったので、地下の禁止事項を確認してみました。JRは地下広場とは無関係のようです。地下広場の全体が小田急新宿駅の「駅構内・通路・出入口」というのは無理があります。地下広場で歌ったら何の法律にふれるのか、試してみるのもいいかもしれません。