IMG_1013

 青少年福祉の活動に生涯をかけて取り組まれた長谷場夏雄先生は、86歳になられた今もお元気でした。今年の春に「石井十次賞」(明治時代の社会活動家で、孤児院を創設し「孤児の父」と呼ばれた石井十次にちなんで創設されている賞)を受賞されたということで、祝受賞の「囲む会」があるとの知らせをいただき、行ってきました。

IMG_0973

IMG_1011

IMG_1043

 会場は足立区扇にある「長谷場新宿寮」でした。足立区にあっても「新宿」の名がついているのは、創業の地だった下落合の旧新宿寮(解体し、土地は売却済み)の地名を、長谷場先生の名とともに残すためでしょう。先生は今も社会福祉法人青少年福祉センターの現役の専務理事で、週に3日は出勤しておられるとのことでした。
 集まったのは、寮で育った元の「子供たち」をはじめ、60年に近い歴史を通してかかわってきた関係者、協力者たちです。私はNHKの在職中に草創期に近い福祉センターと長谷場さん、そして「テーラーセブン」という洋服店を作って自立した人たちを取材して制作した「今こそ未来を」(昭和40年1月15日放送)というドキュメンタリーが縁になって、50周年の記録ビデオを2008年に作らせていただきました。同年に出版された長谷場夏雄著「かけがえのないあなたへ」の書籍にDVDで添付して発行し、当時の記事にしています。
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55593014.html
 当時から、長谷場先生のエネルギーのたくましさ、ぶれない強さ、ネアカの明るさには圧倒される思いでしたが、7年後の今も、長谷場節は健在でした。今日の会場でも、「世の中を良くしていく方法」を、謝辞のあいさつで聞くことができました。

IMG_1018

 「やることは、たった一つなんです。子供を愛してやること。心から愛してやれば、その子は必ず今よりもいい子になります。その子が大きくなれば、世の中はその分だけ必ず今よりもいい世の中になります。それだけなんです。」