2005年ごろに作られた「ふるさと沖縄」という歌があります。作曲家の伊藤辰雄さんが石原いっきさんの作詞で作曲し、清水正美さんの歌でCD化しました。伊藤さんはこの音声に自身で撮影した映像を加えて短編の動画にしていました。その作品を、沖縄への思いを込めてユーチューブで公表することに、このたび関係者の了解が得られましたのでご紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=-QSFArSwZl8&feature=youtu.be
   ふるさと沖縄
        作詞・石原いっき
        作曲・伊藤辰雄
        歌・清水正美 
1 うつくしき島 ふるさと 沖縄 
  この基地は いつから在ったのだろう
  この基地は いつ亡くなるのだろう
  ここは日本の国 ここはぼくらの天地
  三線の音よく似合う 美しき島 ふるさと沖縄
(朗読・「摩文仁の丘から平和の波を」の原文)
沖縄戦の実相にふれるたびに 戦争というものは
これほど残忍で これほど汚辱にまみれたものはないと思うのです
このなまなましい体験の前では いかなる人でも
戦争を肯定し美化することは できないはずです
戦争を起こすのは たしかに人間です しかし それ以上に
戦争を許さない努力のできるのも
私達 人間ではないでしょうか
   戦争このかた 私たちは あらゆる戦争を憎み 
   平和な島を建設せねばと 思いつづけてきました
これが あまりにも大きすぎた代償を払って得た
ゆずることのできない 私たちの信条なのです

2 かぐわしき島 ふるさと沖縄
  この痛みは いつまで続くのだろう
  この怒り いつ消え去るのだろう
  ここは日本の国 ここはわたしの生命
  珊瑚の海が相応しい かぐわしき島 ふるさと沖縄
(追記・この歌を含む3曲「Qちゃんサンバ」「ジュゴンよまたここにおいで」入りのCD・1200円があり、購入可能です。志村へメールでお申し込みください。)