(熊さん)アメリカの大統領選挙は、すごいことになりましたね。
(ご隠居)ほんとだね、新聞の予想通りにならないところがいいな。選挙で世の中がひっくり返ることもあるってことを、見せてくれただけでも薬になるよ。不正選挙の噂も、ふっとんでしまったな。
(熊)これで日米関係も見直しになるんでしょうね。あわててる政治家も多いんじゃないですか。
(隠)安倍総理は「日米同盟はゆるぎない」なんて唱えてるが、本心ではどうだか。トランプが言ってることは、かなり本気だと思うよ。アメリカ第一主義なら、日本との関係は薄くなるさ。
(熊)安倍さんの本心は、心細いのかな。アメリカに頼れなくなるってんで。
(隠)まともな感覚なら、これは占領時代から続いてるアメリカ支配を終わらせるチャンスなんだよ。少なくとも横田基地と横田空域の管理権ぐらいは日本に返して貰わなくちゃ、独立国として恥ずかしいよ。防衛上の必要があるんなら、日本の自衛隊が引き継いだっていいわけだから。今は横田空域のおかげで、日本の民間航空機は遠回りさせられてるんだよ。知ってるかい。
(熊)聞いたような気がするけど、あんまり意識してないな。
(隠)それから、アメリカ軍の配置だって変わるかもしれない。沖縄の普天間基地の問題だって、見直しをするチャンスだよ。辺野古への新基地の建設も、高江でのヘリパッド新設も、要らなくなるかも知れないじゃないか。少なくとも急いでやる必要はないだろうね。最低でも現状で工事は凍結しておくのが順当だろうよ。向うがアメリカ第一主義と言ってるんだから、こっちも遠慮しないで日本第一主義をぶつけてやればいいんだ。思いやり予算なんか、今までサービスし過ぎてた分は、請求したっていいくらいだよ。
(熊)トランプは、これまで日本のためにアメリカが金をかけてたなんて言い方してるけど、本当は日本がアメリカに協力するために金をかけてたんですよね。
(隠)そうだよ。それに日本にいるアメリカ軍の目的は、今は日本を守るためなんかじゃなくて、アメリカの世界戦略のために配置されてるんだよ。日本にいるアメリカ軍が少なくなれば、アジアの緊張が緩和されて、日本は今より安全になると、わしは思ってる。アメリカ軍の代りに日本が核武装するなんぞは、もってのほかの時代錯誤だな。いまさら核兵器を並べた恐怖のパランスなんて、米ソ冷戦時代に流行した前世紀の遺物そのものだよ。
(熊)日本が核武装だなんて、そりゃないよって、おいらだって思いますよ。
(隠)それにしてもだ、選挙で世の中が変るって、偉大なことだな。マスコミの予想が大外れするような面白い選挙が、日本でだってできるかもしれない。それにはトランプみたいな異端児が必要だろうが、どこかにおらんかな。「戦争をしない国・ニッポン」は、とてもいい世界ブランドなんだけどね。