s-IMG_1069
 夜更かしの朝が明けて、新聞には自民惨敗の大見出しが躍っている。「都民ファースト」という伏兵に足元をすくわれて、都議選での自民党の獲得議席数が、過去最低を下回ったというのだから尋常ではない。天下に怖いものなしに見えた安倍1強だったが、意外な弱点を内蔵していたということだ。
 それにしても、これほど人気を集めた「都民ファースト」の実体とは、何なのだろう。本来なら保守の人なのだから、自民党の公認と支援を受けて立場を固めるのが順当だったろう。ところが「安倍自民ではない新しい保守」のイメージで登場して人気を集めた。地方自治の精神で「都民ファースト」だというスローガンも好感を得たのだろうと思う。
 つまり「強すぎて独裁に近づく」と警戒され始めていた安倍政権に対して、安心できる都民・国民本位の政治をしてくれるかもしれない期待を集めたということだ。それは安倍1強ではない、もっとマイルドな「もう一つの保守」への期待が大きくなったことを意味している。
 都議選は、よく次の総選挙での結果を予告すると言われる。今のところ「都民ファースト」は東京だけの地域政党だが、小池知事は東京を拠点として、日本の政治そのものを左右する影響力を発揮してくるかもしれない。いずれにしても自民党の実力低下は明白になった。そしてなお面白いのは、今回は公明党が自民と離れて「都民ファースト」の有力な支持勢力になったことだ。これは自公政権を根底から揺さぶる原因になり得る。
 安倍政権の前途は、これでますます厳しくなった。東京都民の投票行動は、なかなか味のある結果を残したと言えるだろう。