安倍内閣の支持率が急降下している。それを受けて、この8月に向けて内閣の改造を考えているそうだ。内閣の改造なら、まず第一に総理大臣を変えるのがいいと思うのだが、自民党内のことだから、そんなことはどうでもいい。
 天木直人氏のブログを見ていたら、「民進党は先手を打って安倍内閣改造の前に解党的出直しをせよ」という面白い記事が出ていた。「これまでの民進党幹部は総退陣し、まったく新しい者ばかりで、誰もがあっと驚く新執行部の人事を発表すべきだ」というのだ。「そうすれば安倍改造内閣は色あせる。支持率逆転の糸口が見つけられるかもしれない。」と話は続いている。ただし、それが出来ないようでは未来はないと、やや突き放してもいる。
 そこで私が連想したのが山尾志桜里と長妻昭の顔だった。この党には、他にもまだ期待できる人物がいそうな気がする。何かと話題になっている蓮舫党首も、国籍問題を逆手にとって、山尾志桜里と組んで女性が前面に立つ党というイメージを押し出す方法もある。
 とにかく今、国民は「安倍の受け皿」がなくて困っているのだ。多少の時間がかかっても、次の総選挙で支持したいと思える勢力が出てきてくれるのを待っているところだと思う。だから民進党は、じっと我慢で負け比べをしていてはだめなのだ。
 この夏の間に、政権をとったら誰が総理大臣になって、どんな政府を作るのかが見えるような、しっかりした構想を立ててほしいと思う。