前原・民進党の「希望の党への合流、民進党としての公認は出さない」提案には驚いた。「自民党との対決型に持ち込まないと小選挙区で勝てない」という選挙の事情があるにしても、あまりにも無原則で自主性を放棄した態度ではないだろうか。民進党は、前身の民主党時代には、国民の信頼を受けて支持率でも自民党を上回り、画期的な政権交代を実現させた政党ではないか。その誇りと再起への意欲は、もう失くしたというのだろうか。
 たしかに支持率だけを並べたら、今の民進党は「小池・希望の党」に負けている。しかし「小池ブーム」には、一過性の危うさもあるし、そもそも立ち位置が右寄りの小池百合子とは、民進党が掲げた理想は違い過ぎているではないか。これから開催される両院議員総会などで議論が紛糾するのは必至で、結論がどうなるかはわからないが、所属する衆院議員にとっては、悩みの多い選挙戦になることだろう。近く長妻昭の会合があるから、よく聞いてみよう。
 それにしても、他党の人気にあやかろうとして安易に合流に走り、公認するかどうかの判断まで相手に任せるとは、情けない政党である。早くも新聞の見出しには、「小池氏、改憲・安保で選別」の文字が躍っている。選別で落とされた候補者は、離党せよということか。それは、党の根幹となる政策についても、自主性を放棄するのと同じことではないのか。
 もしかすると、前原氏には、機を見て保守政党の再編へと舵を切りたい意向が、以前からあったのではないかと思えてくる。だとすると、前原氏にとっては、思い通りのチャンスが巡ってきたとも言えるのだが、本音のところは、どうだったのだろう。
 小池新党は、今のところは安倍政権への対抗軸になりそうな形なのだが、それは民主社会主義を志向した本来の民主党とは別物なのだ。今の民進党が、その「希望の党」に合流するというのなら、私は支持政党を失うことになる。その場合は、党を離れても信用できる人物かどうかで投票先を決めることになるだろう。