(ご隠居)やー面白いことになってきたな。立憲民主党の人気が、上々のようじゃないか。小池「希望の党」は公認候補の発表を始めた。立候補希望者は、お金を持参で来なさいだとさ。新手の振り込め詐欺だなんて、悪口言うのはやめとこ。今はおだてて、「出番ですよ」って景気をつけてやるといい。自民党は早くも「過半数を取れればいい」と、目標をぐんと引き下げたよ。チャンスと思って仕掛けた解散・総選挙が、完全に裏目に出たな。後悔しても、もう遅いや。
(熊さん)野党には歯が立たないと思われてた安倍政権が、この選挙で退陣に追い込まれるって予想が出てきましたね。
(隠)わからないもんだね。「もり・かけ」なんぞの怪しさで支持率が落ちてたのを、忘れてもらうつもりの選挙だったのに、小池百合子という策士が出てきて構図をすっかり変えてしまった。自分が国政に乗り出す意欲があったものだから、安倍自民に挑戦して、保守の本家争いに持ち込んだというわけだ。そのお膳立てに協力したのが、民進党の前原だった。「希望の党」に抱きついて党の存続をはかったつもりが、「選別しますよ」の一言を食らって、民進党はみごとに分解してしまったな。しかし、これが結果的には良かったと、わしは思うよ。立憲民主党という、すっきりした形で再出発ができることになったんだからね。
(熊)ってえと、「希望の党」の役割ってのは、いったい何なんですかね。
(隠)わしに言わせれば、ずばり第二保守党で、権力欲の強い党首が、安倍政権に挑戦状を突きつけている構図だよ。この争いは、大いにやってもらって結構だな。保守党が二つになると、たとえば原発はやめますとか、人気取りで国民へのサービスを考えたりもするんだよ。
(熊)ああそうか。保守側が複雑になって、サービス競争にもなるわけですね。
(隠)だから自民党を食い破るという意味で、「希望の党」が伸びてくれるのは結構だ。だけどそこに本当の「希望」があるってことじゃないよ。もし本当に「小池・希望の党」が政権を奪取したら、そこに希望があるとは、わしには思えない。防衛大臣だったときの小池百合子の写真を覚えてるかい。戦車に乗った姿が、えらく板についてた。安倍晋三以上のタカ派路線に、日本を引っ張って行くんじゃないかと思うよ。だから、小池の役割は、保守の仲間割れで互いの体力を消耗させること、それだけでいいんだよ。