s-IMG_1268

いつか見たと同じ冬景色になった
何やら なつかしい気がする
東京にも いろいろな雪があった

360ccのマツダキャロルを雪の中から掘り出して
何の装備もなしに都心へと走り出し
人も乗せて 一日じゅう
仕事をして無事に帰った日もあった

そのまた前には 記録的な大雪に
喜び勇んでスキーを担ぎ出し
近所の坂道へと急いだこともあった
見送る父親が ガラス戸の中で笑っていた

深夜の雪降りの中を 車で
兄の家へと急いだこともあった
雪片が 突き刺さるように
フロントガラスに向かってきた
後で思えば 家庭崩壊の始まりだった

それでも東京の雪は 私にとって
美しく そして心を躍らせる
車を出して走ってみようかと
ひそかに妻と相談していたのだが
聞きとがめた 娘に止められた

だからガラス窓越しに見ている

東京の雪は 美しい

s-IMG_1277

s-IMG_1278

 夜になったら、家の前の何の変哲もないバス道路(一方通行)が、雪明りできれいに見えました。無照明でこの明るさです。今夜は車の通行も少なく、静かに夜が更けていきます。先ほど風呂に入りました。湯冷めしないうちに、おやすみなさ〜い。