他に大事なニュースもある中、突如としてトップニュースになってしまった日大アメフト事件で、深入りするのは本意ではないのだが、気になって各種の論評を見た中で、msnニュースの「東洋経済オンライン」に出ていた木村隆志氏の記事で紹介されていた「関学大OBの有馬キャスターが見せた配慮」という一文が、一つの救いのように思われた。(以下引用)
 「最初に反則をしたプレーで、(プレー終了を伝える審判の)笛は聞こえていましたか?」と尋ね、宮川選手が「(相手の選手が)投げ終わっていたのは気づいていました(プレー終了は認識していた)」と答えると、落胆を隠さなかったのです。有馬さんは、「プレーが終わっていたということは、認識していたと……(言葉を飲み込んで)。わかりました。ありがとうございます」と質問を誰よりも早く終わらせました。……(引用終り)
 これで何がわかるかというと、日大選手の行動が弁解の余地のないルール違反であり、それを知りながらあえてそうせざるを得なかった本人の苦しさと、それを強制した監督・コーチの罪の深さが浮かび上がってくるのだ。このインタビュー会場では、すでに本人はマスコミによる「日大アメフト部の体質」を暴こうとする追及で、拷問状態に追い込まれていたという。結論ありきの誘導尋問では、本人を苦しめる以外の効果は何も期待できない。
 日大という大学の評価がどうなるかは、当事者の危機管理能力でこれから決まってくるだろう。しかし、まだ学生で運動部の支配下にある若者の未来は、大人の知恵で守らなければならない。マスコミは一時の情感を煽り立てるのではなく、本来の使命である国政の監視などに遺漏がないよう、そろそろモードを切り替えてほしいものだと思う。