s-IMG_1551

(熊さん)きょうは朝から米朝首脳会談で持ち切りでしたね。
(ご隠居)そうだなぁ、やはり大きな話題になった。ほんの半年前には、考えられなかったようなことが実現したんだね。話題に上るようになってからの展開は早かったな。中間選挙を控えて目玉になるような実績の欲しかったトランプの思惑と、世界の孤児から脱皮したかった北のドン、正恩の意向とが、うまくマッチして歩み寄りの握手になったわけだ。
 ついこの間まで、核実験成功だ、ミサイルも飛ばしたと騒ぎを起こして、世界の脅威になってた北朝鮮が、その実は、アメリカから敵視されない安心感を求めていたんだな。水面下で本音を漏らしていた北朝鮮と、それを受け止めていたアメリカの情報機関の能力は、やはり世界一流だよ。
(熊)ふーん、そうなのか。どっちにしても、北朝鮮の本音がわかって、無茶な戦争を仕掛けるなんてのが本意じゃないってのが知れたら安心ですよね。
(隠)そういうことだ。北朝鮮は、いつ何どき暴発するかわからない。絶えず圧力をかけて、厳重な監視を怠っちゃならないなんて、近隣の国が緊張していたら、その態度は相手側にも反射するよ。先方も、いつ国をつぶしに来るかわからないと緊張して弱みを見せまいとするから、緊張の悪循環になるんだな。そんなときに、両方の首脳同士が、儀礼的にでも対面して人間的な交流するというのは、絶好の解毒剤になるんだよ。
(熊)なるほどね。それで、これから先はどうなるんですかね。
(隠)私は占い師じゃないから、本当のことはわからん。ただ、東アジアの緊張が、以前より和らぐことは確かだな。朝鮮南北の経済も活性化したら、それ自体が戦争の抑止力として働くことになるよ。北朝鮮の経済復興は、日本にとっても、いい経済効果が期待できるだろうね。
(熊)朝鮮半島縦断の旅行なんかもできるんじゃないですか。
(隠)そうだね。私の親父は戦前に行って、楽しかったようだよ。でも、私はもうパスポートを取るのが面倒だな。