志村建世のブログ

多世代交流のブログ広場

スポーツ

サンプラザ・ボウリング「火曜教室」の食事会

 今年の2月から参加するようになった、サンプラザ・ポウリング場を会場とする「ボウリング健康教室・火曜午前コース」の、きょうは最終回を次回に控えての「懇親・昼食会」だった。昨年暮れに妻を亡くしたあと、毎週通っていた妻のための「毎週火曜日・午前中のデイサービス」に同行することもなくなり、私の暮らしは、毎日が休日の、とりとめのない自由時間の連続になるところだった。たまたま正月の新聞折り込み広告の中に、「ボウリング健康教室」のチラシがあって、これなら会場も歩いてすぐ行けるし、ちょっといいかなと思っていたら、私のボケを心配していたと思われる長女が、さっそくに賛成してくれて、様子をみながら写真を撮りにきてくれたのだった。
 日本でボウリングが本格的に流行した最初は、昭和30年代だったと思う。その頃は私の家族は埼玉の草加に住んでいて、当時のボウリングは、なにか時代の先端を行くような、いわゆる「カッコイイ」遊びという印象があった。テレビのCMに、「中山律子さん」が実名で登場した時代である。私は地元のボウリング場が物足りなくて、車を走らせて川口まで行った記憶がある。
 ボウリングはその後、人気の一時的な過熱と施設の乱立および淘汰の時代を経て、ようやく誰にもできる手ごろなスポーツとして定着してきたように思われる。運動としては決して過激ではなく、身体的能力と、求められる正確さなどの技術的な要素とが、適度にバランスしていると言えるのではないだろうか。さらに良いのは、今回は「健康教室」を看板に掲げていることだった。ただ遊びに行くのではなく、毎回が準備体操から始まる。その体操の指導ぶりは、いわゆる体育系ではなくて、一応きちんとしてはいるが、参加者のやる気に合わせて、まじめにもやれるし、いいかげんにやっても叱られない「ゆるさ」をもっているのだった。
 私は昔、サッカーの部活もやっていたから、体を動かすのは嫌いではない。体が固くはなっているが、関節の限界まで曲げ伸ばしを繰り返すのは、体のメンテナンスをする快感がある。「遊び」だけではない「教室」だからこそできることだろう。
 そしてまた、競技を通して人との交流が始まるところがいい。ボールを投げる「運動」の部分と、その前後のチーム仲間との「会話」の部分が、これまたバランスよく連結しているのではないだろうか。食事会での話し合いで、全員の中で私は最高齢らしかった。私の親友の山本荘二(故人)は、3浪して京大に入り「長老」と呼ばれたそうだが、私もボウリング仲間の「長老」になれたらいいかな、と思った。 

オリンピックの終了まであと5日

 テレビも新聞も、連日独占しているようなオリンピックだが、いつまで続くのか少し心配になって調べてみたら、この25日が最終日だった。
 冬のオリンピックは、夏の近代オリンピックから28年遅れて1924年から始まったというから、その歴史は案外に古い。そして1992年までは夏のオリンピックと同じ年に開催されていたものが、1994年のリレハンメル(ノルウェー)から、2年ずらして夏季大会と2年おきに開かれるようになったということだ。
 今年の冬期オリンピックでは、スケートボードのハーフパイプなどという目新しい競技も見られた。冬期の競技種目は、毎年一貫して増加を続け、今年の平昌(ピョンチャン)ではついに100種目の大台を超えた。1998年の長野大会では68種目だった。種目が増えればそれだけメダルの数が増えるわけだから、史上最高のメダル数獲得といっても、少し割り引いて考えたほうがいいかもしれない。
 ジャンプ台にしてもハーフパイプにしても、競技のための施設づくりも大変だろうと見ていて思った。ハーフパイプは恒久施設として残るのだろうか。選手の練習のためにも施設は必要だろうから、たぶん設備投資は一度で使い捨てにはしないだろう。
 開催国にとっては負担も軽くないオリンピックだが、でも、オリンピックは平和の祭典である。選手は死力を尽くして能力を開花させるが、それは競争ではあっても戦争ではない。競技が終れば、ライバル同士が抱き合って互いを讃えることさえできるのだ。オリンピック憲章は、スポーツの実践を「人権の一つである」と規定している。
 人間の闘争心は、運動競技によって昇華され無害になるという説がある。より確実な殺人や、より強力な破壊力を求めて止まない「軍事力の充実」を図るよりも、スポーツの振興で愛国心を満たす方がずっといいに決まっている。オリンピックへの注力を、戦争を減らすためのプロセスの一つと考えれば、お祭り騒ぎも許せるかと思えてくる。
記事検索
プロフィール
志村 建世
著者
1933年東京生れ
履歴:
学習院大学英文科卒、元NHKテレビディレクター、野ばら社編集長
現在:
窓際の会社役員、作詞家、映像作家、エッセイスト

過去の記事は、カテゴリー別、月別の各アーカイブか、上方にある記事検索からご覧ください。2005年11月から始まっています。なお、フェイスブック、ツイッターにも実名で参加しています。
e-mail:
shimura(アットマーク)cream.plala.or.jp
著作などの紹介
昭和からの遺言 少国民たちの戦争 あなたの孫が幸せであるために おじいちゃんの書き置き
「少国民たちの戦争」は日本図書館協会選定図書に選ばれました。
詳細はこちらをご覧ください
→著作などの紹介と販売について
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ