2009年06月10日

こちらに移動です。

http://blog.livedoor.jp/okatomc/


shin0623 at 14:53|Permalink雑感 

こちらに移動です。

http://blog.livedoor.jp/okatomc/


shin0623 at 14:50|Permalink雑感 

2009年06月09日

宜しくお願い致します。

本日から岡藤商事の自己中心的な豆屋の発送の方に更新致します。
題名も一緒ですので宜しくです。
ただ、私もそこまで辿り付くやりかたが分かりません。
すみません。


shin0623 at 16:17|Permalink雑感 

おはようございます。

引け後の作況進度報告は皆さんご存知のようにコーンが良以上が先週の70から69に後退。
但し、輸出検証高は事前予想の下限です。
ここ二日間の売買ローテーションを見ると金曜日の安値、昨日の戻りと新規買いが新規売りを上回っている状態です。
つまり、市場心理が相場は高いと言う見方に片寄っていると言う事になります。
シカゴは本日コーン安の大豆高と言っても高いのは大豆の頭の方だけ罫線的にもコーンは良い形ではないでしょう。
夜間は現在ちょい高ですが、引け間際、ダウが戻した事、作況の問題で買われているのでしょう。
ただ、昨年よりも明らかに盛り上がりにかける展開です。
国内はやはりバケツの中で鯨が泳ぐようなもので商社の商いが片寄ると昨日のような展開になりかねません。
ただ、昨日余計に上げすぎた分を考慮すると。
基本的に我国は生産国ではありませんので商社は買い付けて輸入したものを売りヘッジする市場が先物市場ですから。
昨日もコメントしたように近日中にクライマックスは訪れると予想します。


shin0623 at 08:46|Permalink雑感 

2009年06月08日

お疲れ様でした。

先週末はすみませんでした。
会社から連絡が入り。
アドレスを変更するのは休み明けで良いかと言う事。
私も忙しかったのでブログを更新してはいけないと思ってしまいました。
実際、会社の方で用意してもらっているブログが既にあるのですが、書き込み方が分かりません。
本日は専門の方は外出してしまい。
仕方がない。
さて、相場の方は外出と円安を考慮しても実は安いと思っておりましたが。
寄り付きも中もの辺りまで競るとプラスサイドに大きく買われる展開。
金曜日の売買ローテーション見て見ると、意外にもコーン、大豆とも新規売りよりも新規買いが多い。
つまり、値段が上昇すると見込み新規で買い進んだ向きが圧倒的に多い。
まあ、金曜日の手口を見れば期待もゼロとは言い切れなかったと言うのが本音だが。
金曜日の後場二節に大きく買い向かう外資系と思われる買いが見受けられていたが。
円安、海外高を考慮すればこの買いも理解は出来る。
今日はその外資系と思われる買いに、別の外資系と思われる買いが相場の戻りに拍車をかけている。
どちらとは言えないが買い戻すにしてもプロらしい玉のだし方と言うものがあるが、某商社の素人じみた買いのだし方には嫌気がさして来る。
実際、売り方は売り方だろうし頭まで玉はあるが恐らく納会で渡す玉が無いのだろう。
だったら頭までまわすなと言いたくなりますよね。
今日の大きな戻りはこの二社の買いに対して相対で売りが細っていた為に大きく戻したと言う相場つき。
もっとも、納会は渡し方商社が国内で二社、受けが一社。
現状は安いハナ読みだ。
これは大豆にも言えよう。
これは別の要因のようだが。それから大豆はコーンに比べると商社の同行は小さかったような感覚。
それから。
これは相場観。
売り方、買い方双方がいて良いと思う。
私は今晩、シカゴが引けた後の作柄、USDAの発表も大切だと思いますが。
日柄で安値から明日でコーンは丁度、半年の日柄。
大豆は12日前後で半年。
思想を表現するのは自由だと思いますので今回思いきって。
『仮に新高値を取っても一時的なものに過ぎないと感じております。』
勿論、新値がなければ既に天井していると思いますが。
いかがなものでしょう。
今日の引け辺りは絶好だったかも。
では。


shin0623 at 17:17|Permalink雑感 

2009年06月04日

お疲れ様でした。

まず、ユーロが下落した事から商品市場には一斉にりくい売りが出た模様。
又、一部ではファンドの建て玉規制、強化の話も出ているようで全商品大幅安の入電になった。
確に穀物に関しては、多少、天井を口実にファンドが買い増ししていたのが伺えていたが。
表だって景気回復を唱えるオバマ氏とは対照的にユーロ圏の見方はシビアである。
相場の転機などどこから来るか分からないもの。
さて、国内はコーンは上髭だった740円の高値を付けた引値を下回る形で引けている。
夜間が戻していたから。
売り方からすれば初戻り。
買い方からすれば初押し。
今日どちらの人の心理が大きく傾いたかだが。
売り方の当方は手が出ない。
売買ローテーションを見ればはっきりするが、ただ、今日のように安い日の翌日、安かった事はない。
そう考えると買った人が多いのか。
逆に明日、気持ち良く安いようであれば、今までのパターンがひとつ変化した事になる。
見方によっては綺麗な三段上げを終了しているようにも見えるが。
又、納会を控える当限りだが後場一、後場二節で大量の売買が見受けられる。
ズバリ343枚だが。
これが国内商社の受ける枚数だろう。
後場一節で売買と言うのは買い値段を一本に統一と言う見方が出来るが後場二節に同じ事を繰り返すのは明らかに売買の利益が欲しいだけ。
おまけに同取引員から外資系売り大手と思われる買いがこの商社売り方筆頭だがここに来て買いを入れてくると言う事は渡しものがないと言う見方になる。
しかし、現物がないのならここまで売らなければ良いものを。
しかし、この買い方商社の張り方明らかに『頭の黒いおじさん』のやり口に似ているが。
おじさんが買っていると言う話を耳にしないんですよね。
又、前場はメジャーと思われる売りや国内商社の売りも見受けられていたが。
引けには大量の売買。
これで強弱論は語ることは出来ないが、商社もなにがしたいか良く理解出来ません。
大豆は採算的にはむしろコーンよりも割高を走っておりましたが、商社はどちらかと言えば買いの手あい。
いずれにしても分からないものですね。
では。
それからまだ、確認が取れませんが、大豆の納会は意外にも!


shin0623 at 17:43|Permalink雑感 

2009年06月03日

お疲れ様でした。

景気の底打ち。楽観論からここに来て株、商品と天井をしらないかのような上げている。
実態経済の中で本当の景気回復には程遠いと思うのだが、人の気持ちの片寄りがそうさせるのだろう。
GM問題も先送りにしてしまっているが、駄目な物を先送りしても駄目になるものではないだろうか!
昨年、株を買い額面割れして株など駄目だと言っていた向きがいる。
その株に100万円の利益が出ていると口にしていた。
誰でもがそうだと思うが、天井だと分かれば売る。
ただ、それが分からない。
駄目だった株に多く手を出す人が増えてくれば日経平均も天井だろう。
私もコーンの安値を実際に叩いた時に感じたが。
それはあとになって始めて分かる事。
安値を付けてからの方が実態経済は悪化していったが価格は逆に下値を切り上げて行った。
まだ、忘れないが外電が大暴落てしベランダでたばこを吸いながら『これは12000円まで下げるなあ』と感じたがくらいだったが。
その数日後が今になってみれば底値であった。
今は金を筆頭に昨年の高値にまで値段を戻している。
プラチナは景気の動向を受ける分、神経質な動きになっているのではないか?
ただ、このような環境。
買えば取れるこの気持ちがまんえんして来る頃にまさかは来るものではないだろうか?
今の買い方。
昨年の亡霊。
ただ、残っているだけでも兵だろう。
ただ、誰もがばばは引きたくないから必然的にりくいも早くなる。
金の価格帯。穀物の値位置。
何度も言うようだがどんなに強い材料が出て来ても、天井を打てば幾等でも下げるもの。
某相場師。
確に市場には参入している。
ただ、気がない。仮に下から買えなくても妙味があればガンガン買って来ても良いだろう。
興味がないわけがない。
出る所を待っているのだろう。
今、気持ちがないと言うことは多分。
昔から良く言ったものだが売り屋はこのような場面を耐えなくてはいけない。
ただ、相場が下に向いたら寝てしまえば良いだけ。
底を打つ時はじしんはんぎに天井は予測がつかないでいきなり来るものでは。


shin0623 at 17:25|Permalink雑感 

2009年06月02日

お疲れ様でした。

せっかく、会社の方で用意してくれたブログだが。
まず、入り方が分からない。
入り方と言ってもどのようにすればそこまでたどり着けるかだ。
簡単な事なのだろうが、私には難しい。
話は変わるが先週の金曜四人で会食をした。
先輩はトイレに行くと言って席を立ったが。既に会計を済ませていた。
二件目にスナックにつれて行ってもらったがここでも帰る時には先輩が会計を。
私は良く立ち飲みやへいくが上司と部下らしい人達が飲んでいて。
500円払えだ。100円払えだ。
言っているのを見るととても景気が底打ちしているとは思えない。
その店では皆、千円を越えないようにうまく飲んでいるのだから。
さて、ダウは上昇して入電して来た。
結局、借金を先送りしているだけの話。
どうも景気が良くなっているとは到底考えられない。さあ、相場の方ですが昨日の午後辺りからは明らかに踏み上げ相場に発展している。
昨日の引けに追証が掛った向きは今日の段階でも、もう一度、追証がかかる事になる。
幾等何でも値運びが速すぎる。
もっとも、そのきっかけを作っているのが当社から出る当限りの買い。
この薄い所に10枚20枚と買いを入れて来るのだから二番限りなど前節より200円も高値から競り始める事になってしまう。
流石に今日は踏みもかなり誘発されているだろう。
希望的な意見になるが先物の引け方が後場二節から300円以上売られて引けている。
引けで買った人で買値、後は全て引かされた買い玉だ。
勿論、まだ、一筋なわでは行かないだろうが、ある程度の売り玉が淘汰されたのも事実だろう。
踏んだらしまい。
まあ、そんなにうまくいかないだろうが。
誰もが見て分かる天井も底も無い筈。
ただ、良い場面に差し掛かっているのは事実ではないでしょうか?
ちょっと用事があるので更新出来たら後程。


shin0623 at 17:49|Permalink雑感 

2009年06月01日

お疲れ様でした。

流石に元気も出ない。
確に結果を出してなんぼの世界。
ただ、この相場にはついて来て欲しい。
国内で上場される前の罫線まで持ち出したが、やはり後、少しだと思う。
又、数人、いや殆どのお客様から連絡を頂いた。
売り方とすればもっともだと思うが。
逆にそれだけ人の気持に片寄りが生まれている証拠だと思う。
引けが始まる前にお話させて頂いていたお客様には『夜間が動かなくても引けは高い』と伝えておいた。
一枚、二枚のこだしの買い戻しが明らかに誘発されていた。
『踏んだらしまい、投げたらしまい』
ただ、本日は見えない所で玄人も大分踏んでいるご様子。
買い方は引け等、乗せて買い易いだろうが、気持ちが良い所は今は注意か?
踏んでる所まで買う必要もないと思うが。出来高もそれなりに伴っていた。
私が知っている。買い方の玄人。17000円から売り上がりコーンを踏んだ。
そこから19000円から買い始めている。
今日の引けで4000〜5000円程利益が乗っているだろう。昔の100倍の頃なら2500円程度だ。
ただ、この値段がほぼ安値の買いであり。
周りは良くて21000円大体22000円処から買い始めている程度では無いだろうか。
相場の転換にはきっかけが必要。
それがほんの小さい事でも相場は転換するものだ。
まあ、
『曲がりや、多くを語らず』とこのへんにしておいた方が身のためですね。


shin0623 at 18:11|Permalink雑感 

2009年05月30日

こんな意見。

昨日は、元明治物産におられた大先輩(今は定年退職)と某取引員の自己を担当しており、この方を知らない方はこの業界のもぐりとも言われる程の方。
数年前のコーンの暴落時に自己で24億の利益を叩き出した兵です。関門取引所のコーンの先物を六節全て売りハナを落とした話は有名な話。そして他社ながら私の兄貴分的存在の某氏と四人で会食。
因に、自己とは取引員会社が委託の注文とは別に市場に出す注文です。
昔は多かったのですが過大な向かい玉も自己玉と言われていましたが今では委託玉の買いの比率が非常に高い時にそのヘッジで売りなどを建てたりしていますが、今は大半がその担当者の実績。普通はコーン買い、大豆売り等で取引員も利益を追求して市場に注文を出して利益を上げようと努力しているのですが。この方は片張りの玄人、自己担当者と言うよりも相場師に近いものがあるでしょう。
お話していて感じたのはこのレベルの方になると人に流されない、自分の理論、理屈を持っており、その考え方に正直驚かされました。
さて、実際にこの会社の自己玉現在は残念ながら私と意見は逆で買いに, ただ、ここ数日コーンは兎も角、大豆の買いが激減している二日程で半分程度減少。
コーンも徐々にではあるが買いを減らして来ている。この中で出た話、携帯を見る前に為替の話がやはり、七円所はひとつのポイントで円高と言う見方は変わらない。
ただ、ユーロとの絡みも非常にこれから大切だと言う。
原油に関しては高値からの半値戻りだからもうそろそろ良い頃だが夏場過ぎから売って行けばよいのではないかとの事。
確に当方、売り方。
昨年からいや今年から買っていれば大変な利益だろう。
ただ、残酷なようだが昨年の買い組で今名前を聞く方は殆どいない。
確に、これは紛れも無い事実だろうが昨年の上げは百年に一度の上げ。
長谷川先生が言っていた言葉だが
『大相場の後には大相場と言うのは絶対に無い』その考えが有ったが、こんな意見も頂いた『あれだけの大相場をやったんだから八千円戻そうが一万五千円戻そうが大きくは無いんだよ』
当人もここまで戻ると思えばしこたま買っていただろうし、安値からの戻りは玄人程、売ってやられて来ている。
では、何故、ここに来て大きく動かないかであるが。当初から買い切れなかった事なのか、後はここから買って後、幾等と言う見方もあるのかもしれない。
ただ、今は商品に興味は薄いご様子だった。
単純な意見だったが大豆の12ドルは取り敢えずは半値戻り。
コーンは価格差の問題とやはり天候があるかもしれない。
現状、確に買い方の値洗いが有利なのは認めなければいけない事実。
これは皆口にする言葉だがコーンで三万円まであれば売りで一万円は狙えるようは先物で二万円。
流れが変われば一万五千円と言う意見も耳にする。
ただ、今の相場は行き過ぎが無いのは事実。
何故なら行き過ぎは投げや踏みで出るものだから。
今は取組みが増えないからそれが無い。
ただ、一歩引いても値段か日柄だけの勝負だろうが、これだけの強い材料を前に前に織り込んで来ている相場。
常識的に考えてここからの馬鹿げた上昇は考えにくいだろう。
シカゴも又、ファンドがガンガン買い進んで来ている。
因にこの話の結末、結局本命は○○狙いと言う事だった。
とにかく、全国の売り方さんあと少しだけイジメに耐えましょう。
では。


shin0623 at 16:36|Permalink雑感 

2009年05月28日

お疲れ様でした。

さて、シカゴ産地は長期予報でまたもや悪天候。
生産高の下方修正は避けられない流れになりつつ有ります。
売り方の当方でも明らかにそれはわかる事、昨年よりも作柄は悪化。
但し、この値段。円安と海上運賃高の追い風を受けてもこの値段。
本日も新高値更新に成功するも結局。380円をどうも意識した動き。
双方の意見が有って相場だが、個人的にはそう遠くない将来にクライマックスを迎える気がしてならない。
今日は短いですがこんなもので。


shin0623 at 17:24|Permalink雑感 

2009年05月27日

お疲れ様でした。

シカゴの引け後、発表された作況報告を受けて、国内の夜間取引は確りで寄り付いた。
もっとも捉え方だが、買い方でも相場に精通している方ほど逆に驚いていたのがイリノイ州の作付け進捗の仕方のようで、ここまで進んでいるとは想像していなかった模様。
ただ、事前予想の下限を下回った発表を素直に買う流れになったが、ただ、一歩引いてこれでかなりの減反は織り込んだ相場になっていると思う。
民間企業が既に今年のイールドを落としている。
こうなると来月10日の需給発表で生産高の下方修正も本日でほぼ、織り込んでいるのではないか!
国内は先物で新高値更新には成功したものの終値ベースでは大した値段では無い。
又、国内は来月16日に納会を控えているが買い方商社は本日の引けでジャスト○○○枚の買い残に到達している。
渡し方の某商社が渡せないと言う読みらしいが果たして。
現状、国内商社二社、外資系一社の渡しの構図になるだろうが。
大豆
サブライズと言えばこちらの方がインパクトはあったのではないか?
半年以上なりを潜めていた。国内有力商社と見られる新規売りが市場の噂をさらっている。
どこぞの商社とは異なりガンガン乗せて来ている。
ただ、この商社もこの枚数で満足などする筈が無いだろう。
昨年もコーンを一万円売り上がっているのだから。
ただ、市場に与えたインパクトはそれなりにあったように思える。
私が非常に注目している天才肌の某取引員の自己買いが大きく減少している。
もっとも、話した訳では無いが自分の中で一つの区切りとして今日の発表と言うものを待っていたのかもしれませんね。
基本的に相場は日柄か値段でしか解決しないのですから。
極端でしょうが天井を打ってしまえばコーンの生産高が半分になっても幾等でも下がるのが相場ですから。
一筋縄にはいかないでしょうが。
やはり、今日のような商社が出て来ないと始まりませんね。
流れが変わるのを待ちましょう。では。


shin0623 at 20:24|Permalink雑感 

お疲れ様でした。

シカゴの引け後、発表された作況報告を受けて、国内の夜間取引は確りで寄り付いた。
もっとも捉え方だが、買い方でも相場に精通している方ほど逆に驚いていたのがイリノイ州の進捗の仕方のようで、ここまで進んでいるとは想像していなかった模様。
ただ、事前予想の下限を下回った発表を素直に買う流れになったが、ただ、一歩引いてこれでかなりの減反は織り込んだ相場になっていると思う。
民間企業だが既に今年のイールドを落としている。
こうなると来月10日の需給発表で生産高の下方修正もほぼ、織り込んでいるのではないか!
国内は先物で新高値更新には成功したものの終値ベースでは大した値段では無い。
又、国内は来月16日に納会を控えているが買い方商社は本日の引けでジャスト○○○枚の買い残に到達している。
渡し方の某商社が渡せないと言う読みらしいが果たして。
現状、国内商社二社、外資系一社の渡しの構図になるだろうが。
大豆
サブライズと言えばこちらの方がインパクトはあったのではないか?
半年以上なりを潜めていた。国内有力商社と見られる新規売りが市場の噂をさらっている。
どこぞの市場とは異なりガンガン乗せて来ている。
ただ、この商社もこの枚数で満足などする筈が無いだろう。
昨年もコーンを一万円売り上がっているのだから。
ただ、市場に与えたインパクトはそれなりにあったように思える。
私が非常にに注目している天才肌の某取引員の自己買いが大きく減少している。
もっとも、話した訳では無いが自分の中で一つの区切りとして今日の発表と言うものを待っていたのかもしれませんね。
基本的に相場は日柄か値段でしか解決しないのですから。
極端でしょうが天井を打ってしまえばコーンの生産高が半分になっても幾等でも下がるのが相場ですから。
一筋縄にはいかないでしょうが。
やはり、今日のような商社が出て来ないと始まりませんね。
では。


shin0623 at 18:36|Permalink雑感 

2009年05月26日

お疲れ様でした。

昨日もコメントしたように外電が無い分、夜間取引の動きが気になり会社に早く来てしまった。
作付進捗率の発表も明日までお預け状態。
進展しているにしても、東部の作付が遅れているにしても本日の夜間で動かされてしまえばそれまで。
良いにせよ、悪いにせよ。
知ってしまった方が相場に取り組むのも気持ちが楽である。
産地の降雨もあり夜間は高いと思っていたが、大豆等はオープニングに二桁台の下落。
一つはクリアーと思っていると東京が始まる頃にはコーンで変わらず位まで戻していた。
実際に某外資系商社の裁定取引と言う話も出ており、噂では某取引員を使って始めて出した注文もあるようです。
今日は終日この商社と思われる売りが大量に運ばれていました。
又、当限りに居座る買い方商社も本日はどちらかと言えばおとなしい手口。
これも噂では後、買って○○枚で終了との話。
渡し方に位置している某国内商社が全量渡し切れないと読んでいるようですが果たして?
私がコメントするとろくな事が無いが。
明日の作付進捗率も確に大事であろうが、やはり来月10日のUSDAの発表が一つの区切りになるのでは丁度、六月9日で戻りを入れて半年を要しています。
本日も23380円で十円高値には上値を残しており『毛抜きになっていない』
それとは対照的に大豆は商社の買いが運ばれている。
アービと言ってしまえばそれまでなのかもしれないが。
昨日からある方に連絡をとり相場観をお聞きしようと思っているが留守番電話になってしまう。
『色々、噂が飛び交っているようですが』やはり余り気がないと言うのが本音のようかもしれませんね。

ただ、相場ですから売りか買いかしかないのですから。
ある銘柄。
これは何かニオイます。
それでは。


shin0623 at 16:41|Permalink雑感 

2009年05月25日

忘れてた。

ただ、コーンで四万だ。
大豆の取組みも大きく増えない状況で、上も見てどれくらいと思ってしまうのだが。
買い方が気持ちが良い翌日は今まで必ず安い。
売り方が気持ちが良い翌日は必ず高い。
明日はどっちになるのかなー?


shin0623 at 18:55|Permalink雑感 

お疲れ様でした。

夜間取引が無い分、為替の円安と本日も見受けられた、某商社の頭の買いものから値段が上昇しています。本来であれば明日の夜間取引には作付け進捗率が織り込まれて来ますが、今晩シカゴは休場の為、明後日に作付けが後退している事はまず無いものの、ここ数日の降雨を買っている空気。先週の日曜からほぼ、一週間晴れていたが、周りはいたって悲観的な意見が多い。
ただ、気持ちが悪いのは明日の夜間だ産地では火曜日辺りまで降雨予報のようだから、
油に火を注ぐ展開になるかもしれない。
現状、明らかに買い方が期待している。もっとも、買い方の期待が大きい分、裏切られた数字が出されれば失望売りも考えるられるが、冷静に場勘定では明らかに買い方有利。
確に天候相場だが。
もうすぐ六月の声を聞く時期ですからね。
本音ですか
私も人間ですから良い気分はしませんよ。
今日は元気無し。
以上。


shin0623 at 18:47|Permalink雑感 

2009年05月22日

お疲れ様で、疲れました。

さて、コーンこれは客観的に見ても
『下げそうで下げないし、上げそうであげない。』
順張りの人は恐らく、高値買いの安値売りになっている事でしょう。
来週の作付け進捗率は確に進展しているでしょうが。
その進展度合いに双方が神経質になっている状況です。
買い方とすれば進展はしていても五年平均は回復出来ないと言う見方があるだろうし、進展していてもイールドの低下を懸念する声も後をたたない。
強気の人、特に玄人であれば五月の後半までに高値を維持していれば買いで参入してやろうと考えるのも分からなくも無い。
今日もある方の話で盛り上がったが。
本人の意思でどれだけ取り組む気持ちがあるかだろう。
正直、余り気持ちは入っていないのでは
国内の手口は恐らく本日も買い方商社は頭に新規買いを入れているだろうが、余り効力がなくなって来ていると感じる。先物は国内商社の買いが運ばれていたが。外資系商社が二社が売っているように感じた。
一社は二桁台の売りだが。
もう一社は三桁を越える売り。恐らく転売の手口だろうが、この商社明らかに国内市場から建て玉を撤退している気配が。
相対的に大豆は寄り付きこそ売りらしき手口であったが値段が伸びた二節以降は買い戻しのオンパレード。
外資系と言っても景気が良くないのか?
アビトラージの外しなのか理解に苦しむ手口です。
それから
ちまたで最近、話題になっている、マニアックな銘柄が有ります。
勘の良い方はピンと来るでしょう。
自己中心的な豆やですから。
内容がわからない筈は無いでしょう。
ただ、多くは語らずこれは基本中の基本。
それでは。
良い週末にしたいですね。
お願いします。


shin0623 at 18:14|Permalink雑感 

2009年05月21日

お疲れ様でした。

コーン
当限りが商社どうしで激しく火花を散らす商い。
買い方商社は本日も買いを増やしている様子。
売っている商社も腰が入っている商社です。
現状、納会まで期日が有りますが、このままの状態で行けば納会には大量の荷が集まる事でしょう。
中ものは相変わらず、フレートの上昇から某商社の買い。
ただ、先物には当限りを売っている商社や外資系商社の売りも見受けられているようです。
今週に入り産地の東部でも日曜から連日の晴天が続いており作付け作業は進展している筈だが。
いかんせん。シカゴが下げない。
買い方がどれだけ進展しているか、疑問に思っているのか?又、作付けがそれほど進展していないとよんでいるのか。決定的な一撃がまだ無い。
もっとも、双方に取ってのサプライズはあるだろうが。
売り方としてはここからの千円安が早く欲しい所。
大豆
今日は旧穀安の新穀高。しかし、良く先物は商社の売りが運ばれていたと思う。今日はこんな所で。


shin0623 at 18:00|Permalink雑感 

2009年05月20日

お疲れ様でした。

風邪とかそのようなものでは無いが兎に角、体が疲れる。
夕食もサッパリしたものが食べたいが子供が小さいので火を通しているものが多い。
最近、多分毎晩、鶏肉料理を食べている気がする。
さて、相場の方は今日の外電でコーンはプラスサイドを予想した向きも多かったと思う。
円高とはいえ。
マイナスサイドで引けている事で買い方の心理ではどのように感じただろうか?手口的な面では海上運賃高からいつもの商社らしき買いが○月〜○月に運ばれていたが、頭には某商社らしき売りも運ばれている模様。
もっとも、引けで頭に大量の売買が見受けられている。
現状、買い筆頭商社だが、色々なサイトを見ると怪しい書き回しが多くなって来ている。
商社と言っても所詮は売買しているのはただのサラリーマン。
これからどのように仕上げるのか見物である。
ただ、納会まで期日があるが今日の売買手口は明らかに受けの体制を強めている。
もっと逆鞘にしてしまえばものも集まるだろうに。
大豆
やはり、こいつが又、主役の座に戻って来た。
旧穀の期末在庫を大幅に下方修正している。民間業者が出て来た。
ただ、この危機的水準であっても値段を出せば天井は打つもの。
今日の発表で折り込みつつあるように思うのだが。
大豆の12ドルも殆ど視野に入ってしまった相場。
そうなると比価と言う問題も出て来る。
コーンの5ドル。
茅野さん辺りもコーンの価格を4ドル後半とよんでいるようですが。
今日は色々な方と話をしましたが強弱論は様々、ただ、どんなにものがなくなっても相場様は天井を打ってしまえば、その後、どんなに強い材料が出て来ても下がって行くもの。
今月末までに値段を削るようであればここの高値が今年の天候相場の天井と見ますが。
どんなもんでしょうか?
それでは。


shin0623 at 17:49|Permalink雑感 

2009年05月19日

お疲れ様でした。

コーンは今日安ければと言う期待も有りましたが、あっけなく。
ただ、手前は依然海上運賃高から新高値を更新しているものの先物は金曜日に買っている向きは一人も買いに利益は出ていない。
昨日は買い方が値段を見守る番だったが。
今日は売り方が値段を見守る立場に。
ただ、売り方からすれば円安プラス外電高で新高値を更新出来ないのはまだ、ましな所だろうが、買い方の気分の方が良くはないのでは。
もっとも明日勢い良く値段を飛ばしてしまえば何を言っているんだと言う事になるが。
しかし、手口。
実際に確りと動いているのは頭を買っている商社。
しかし、商社の相場の張り方ではないですね。相場師の張り方。
海上運賃の上昇で商いする商社の買いも寄り付きに見受けられているようですが。
後は殆ど一日の中で落としているようですね。
少し耳にして驚きました。
売買頻度が高い商社は一日の内に損切りもしてしまうようです。
昔のように腰のすわった張り方をして来る商社は少なくなってしまったようです。期待はしているのですが。
大豆も手口は同じようなものです。
買い方からすればタイムリミットとされる25日のメモリアルデーまでの作付けが何処まで進展するかが最大の注目点のようですが、今の所、長期予報は晴天が予想されており何処まで回復出来るか?
ただ、その時点で進展していなくても、していても付けた値段に全て折り込まれ価格が表示されて来るでしょうから。
今日も冠水している畑がサイトに写されておりましたが昨年どうよう悪い部分が一番大きくクローズアップされるものです。
今日はこんな程度ですか。


shin0623 at 16:57|Permalink雑感