夫婦それぞれの述懐

 釜山に来たとき必ず食べたり買ったりするのがオデンである。
 
  最近は日本語由来語の追放運動の煽りを受けて「オムク(日本誤:魚のムック)」などという味も素っ気もない名前で呼ばれることも多いが。

 ムックとは韓国語でゲル状食品全般を指す。
ドングリムック

 代表的なのは団栗のムックでこれは「トドリムック」といわれるし、甲午農民戦争の指導者全琫準を悼んだといわれる有名な民謡の歌詞の中の「チョンボ」は緑豆のムックである。

 ムックは原料を擦り潰して固めたものと理解すれば良いだろう。

 韓国式では日本独自の食品である蒟蒻などもムックと呼ばれることになる。

 この伝で行くと魚を擦り潰し、蒸して固めた物もムックであるから、「魚のムック」で「オムク」となるのだろうが、何とも味気ない。

 「オデン」というのは日本の宮中の言葉で、「田楽」に丁寧語を付けて略したものである。
 「お粥」や「おなら」などと同じく優雅で由緒正しい言葉なのだ。

 元々は大衆芸能から料理名に転化した「田楽」は明らかに大陸由来の言葉であるから、これに「御」が付いたからとて突然日本語に化けるものでもない。
 何故そういえるかというと、「デン」は「た」という固有語に当てた漢字を音読みしたものであり、「ガク」もまた「たのしい」という固有語に当てた漢字を音読みしたものであり、音読みするというのはこの語の成立した時分に日本人が「これは外来語(大陸から来た言葉)でっせ」と、その由来を文字として刻み込んだ証拠(有契性という)なのである。

 つまり「オデン」は日本の固有語ではなく、「御田楽」という立派な漢語なのである。

 そしてご承知の通り、「中国は怪しからんから我が国の言葉から漢語を追放する」などといえば日本語も韓国語も崩壊してしまうことは火を見るよりも明らかなのだ。

 もっとも、日本語のネットに見られる田楽の説明はこれがあたかも平安時代に突然日本で成立したように書かれているものも多いが、勿論芸能というものは古代から脈々と続いて発展してきたものであり、こんなことはあり得ない。
 これは田楽と、猿楽のような大陸由来の芸能を、意識的に切り離しているからで、日本文化に中国や韓国の影響がなかったことにしたがる最近の日本の風潮のひとつであろう。

 この辺り、日韓両国の自称研究者の世に阿る様や、素人の偽科学に感激して思考停止する様は、何だか瓜二つになってきた。

 流石日韓はまさに互いの鏡である。

 そうしてオデンはどう考えても侵略とも植民地支配とも関係ない。

 魚の練り物は明らかに大陸から日本に伝わったものだし、オデン業界の大立者が総督府と通じていたというような歴史的逸話も聞いたことがない。
 この辺り、最近の韓国で日本製ビールがなぜか目の敵にされているのとも似ている。

 オデンは差別語でも誰かを攻撃したり傷付けたりする言葉でもない。だからこそ100年以上言い継がれてきた言葉なのだろうに。

 閑話休題(たべもののはなしなのにたべものがまずくなるようなはなしはこれぐらいにして)。

 共通の語彙で呼ばれる日韓の食べ物の通例として、オデンもまた海峡を隔てて似ている部分と全く違う部分がある。

 まず、具。

 日本では練り物のほかに大根やすじ肉、蒟蒻や巾着、卵など、多彩な具が用いられる。特に私は蛸が入っているオデンが好きで、欠かせないものだとすら思っている。
 韓国ではほぼ練り物のみ。練り物が嫌いな人には韓国のオデンはお勧めできない。
 練り物の種類は大体日本と同じだが、もちろん「バクダン(卵を丸ごと練り物で包んで揚げた熊本県天草名物)」はない。
 その代わり、日本に無いものとしてペラペラに薄い角天がある。この「ペラ天」は私のお気に入りである。これは煮付けられて定食の付け合わせに出てきたリするが、どう料理しても美味い。特に長い串にクネクネと刺されてオデンになって汁に浸かっている奴は美味い。 

 次につゆ。

 これはかなり似ているが、韓国のものの方が塩気が弱い。これは最近塩味が辛くなってきた私たち夫婦には助かる。

 後付けの調味料。

 日本では芥子が一般的だが、韓国ではピリッと辛みのある液体をスプレーで掛ける。これはおそらくカプサイシン系のものだと思うのだが、未だに正体が分からない。

 そして食べ方。

 日本では手作りでも既製品でも家でコタツを囲んで食べることが多いが、韓国では街角の屋台で買っておやつとして食べる人も多いようだ。

 不思議なのは食べる場所での味の違いである。

 韓国オデンは現地で喰うと堪らなく美味いのだが、土産に買って帰ってオデンにしてもあの堪らない感じはない。まあ普通に美味い程度である。
 これは鹿児島で食べる薩摩揚げが堪らなく美味いのに土産に買って帰るとまあ普通に美味い程度なのと似ている。
 それだけ現地の風土というか旅情に密着している食品だという事だろう。

 「やはり野に置け蓮華草」ということか。

 あるいは単に、「揚げたては美味い」というだけの話かもしれない。

 ちなみに汁で煮てオデンにしなくても素敵に美味いオデン(オムク)は「熊のプーさん駅(仮名)」の構内に入っている一見パン屋のようなオデン屋のオデンである(相変わらず意地悪な奴だなあ)。

 駅の地下道で方向を見失って(というより正反対の方向に行ってしまって)一駅先まで歩いてしまった夜、ビルの下の花壇に座って夫婦して袋から手づかみで食べたオデンはどれも美味かった。そのままホテルに帰れたらまだホカホカでもっと美味かったのかもしれないが。

 2016年12月31日釜山。
 あの夜の私は、「右だ左だ」とか、「権力だ反権力だ」とか、「反日だ嫌韓だ」とか「男性だ女性だ」とか、そうした区分けの馬鹿馬鹿しさを改めて知った。
 それと、自分の利益のために人を動かそうとして無意味な区別を強調する人たちの醜さも。

 普段はボーッとしている私である(仕事中は別ですよー。職場の皆さん、勘違いなさらぬように)。
 しかし、人間には誰しも突然感覚が研ぎ澄まされる日があるものだ。偶々あの日の私はそうだったのだろう。
 
 あの、「これは現実なのだろうか」というような不思議な夜の体験とともに私の脳裏に刻まれた「釜山オデン」の味は、おそらく生涯忘れられないだろう(その割にその後1回も店に行ってないけどね)。