2017年07月22日

神通復活物語

2017年7月22日(土) 曇り時々晴れ

7月20(木)〜21(金) 鹿児島の出張先で、ここ数年毎年お声を掛けて頂いているお方から連絡が入った。
神通でご一緒すること即決。今回は特別ゲストと、釣友のタッキーと3人で向かうとのこと
昨年の9月以来のチャラ之助さんとの釣行だ、期待を膨らませて名古屋へ戻り、夜行バスで富山の自宅へ帰省した!
朝、5時過ぎにいつものコンビニで待ち合わせ、囮を買ってポイントへGO〜!

IMG_3924IMG_3900IMG_3964


先週というか今週というか、7/17(月)海の日に入ったポイントの石がビカビカに磨かれていたので、案内するポイントの目星はついていた。

神通川201707220012

特別ゲストはつり人社のSさん、タッキーもチャラ之助さんもやる気満々、今回案内したポイントが釣れるといいのだが!

神通川201707220002神通川201707220001

神通川201707220006神通川201707220007神通川201707220004

最初は手前を意識しすぎて流心を外して苦戦した皆さん
途中で流心を攻めると同時に良型が掛かりだした

神通川201707220016神通川201707220014
神通川201707220015神通川201707220020
神通川201707220010神通川201707220011神通川201707220023神通川201707220021
神通川201707220019神通川201707220017IMG_5369


最期に誰も攻めない早瀬で入掛かりを堪能!
チャラ之助さんとSさんも合流、良型の連発を楽しんだ!

夕方17時を回るまで楽しんで、釣果は74尾だった!
チャラ之助さんSさんタッキーと、皆さん、数釣りを楽しめたみたく案内人としてはホッとする
毎年ご一緒して外れが無い!いつも楽しい結果に!
数年ぶりに数釣り復活の神通川、今シーズンは楽しめそうだ!

てっきり皆さん泊まられるのかと思っていたが、今日は日帰りとのこと
都会の皆さんのバイタリティーには脱帽です

また来てください

IMG_5366image1


shin1_fujishima at 23:37|この記事のURLComments(0)神通川 | 

2017年07月17日

海の日3連休3日目

2017年7月17日(祝) 晴れ

昨日の囮を回収、毎年、好釣果が期待できるあの瀬へGO〜!
今シーズンも、神通川の数あるポイントの瀬の中でも1、2位の瀬、
トロから瀬肩、早瀬、急瀬と続く長い瀬
その瀬尻のガンガン瀬を釣ってみるが、ピリッとも来ない!
トシも苦戦、小林さんも苦戦!小一時間粘るがツが抜けない
結局、小林さんは、宮川へ行くと川を上がられた、場所ムラだろうか?

IMG_3827


あっちウロウロ、こっちウロウロと、色々とポイントを移動
そして見つけました〜♪
トシを呼んで二人で入掛かり!
マッキッキの良型が走る!トシも竿を頻繁に曲げている。
そして川向こうに師匠の今村さんが現れた、やはり釣れる場所が判ってるんだろう
御年80才、久しぶりにお会いできて感激
思わず大声でご挨拶、お元気そうだ!

まだまだ掛かりそうだが、今日は名古屋へ戻る日、
人も少ないので、次回に温存しておこうと、今村さんに挨拶をして川を上がった。

IMG_3828IMG_3834
IMG_3839今日は朝一は大苦戦するが午前中最期に入掛かり

しっかり神通のポテンシャルを発揮、いるとこには居ました!
釣果は午前で34尾でした!
さて今週末の下調べはできた!週末はバッチリ決めたい!




shin1_fujishima at 23:00|この記事のURLComments(0)神通川 | 

2017年07月16日

海の日3連休

2017年7月16日(日)曇り

7月14日(金)は出張で長崎へ入っていた、夜は会食でその日はお泊り、
翌日からの三連休の初日は富山までの移動で潰れることが決まっていた(涙)

IMG_3628IMG_3630
IMG_3377IMG_3372


15日(土)の朝8時、小林さんからメールが入った。
三連休,富山へ向かうので神通で一緒しないか?とのお誘いだ!
自分が九州の長崎にいることを伝え、日曜ならご一緒できる旨を伝え釣行を約束。
三太夫こと小林さんとはニフティーフォーラム時代からの20年来の釣友、
神通ファンでもある小林さんとは毎年数回一緒に川に浸かっている

IMG_3362IMG_3369


あくまで長崎に出張、たまたま宿泊ホテルの隣が有名な教会でした(^^♪

IMG_3446IMG_3454


さて三連休初日は長崎から富山まで8時間の移動で潰れたが、2日目は小林さんと合流
トシの情報で新保の左岸に良型が付いてるとの事で、向かうことに
朝河原につくなり、ジムニー軍団、おびつ総帥他、皆さんとご挨拶。
本日は2日目、午前で切り上げるとのこと!
空港近辺は魚影も濃く人気のポイント、皆さんいい釣りをされているようで期待が膨らんんだ!

IMG_3815_edited


中州に渡り左岸よりの流芯に囮を送り込むとガツーンと強い当たり!
良型が走る!やはり釣り残りが溜まっていた。

IMG_3818IMG_3817IMG_3825


午後は中州から右岸のチャラ瀬を狙う
小林さんは遠距離の遠征でお疲れモードだったがチャラでの入掛かりで再度スイッチがはいった。

今日の釣果は44尾、少し苦戦したが時折の入掛かりで楽しい釣りができた
元気な囮を数尾キープして明日の場所を思案
小林さんには早々に就寝して頂くためにも富山で人気の味噌ラーメンを食べて解散した。

さて連休最終日の明日はどうなるか?



shin1_fujishima at 22:21|この記事のURLComments(0)神通川 | 

2017年06月18日

(祝)2017年神通川解禁 

2017年6月18日(日)曇り

神通川の鮎釣りが、6月15日に解禁した
遡上は多いが場所ムラがあるとの噂だった
弟のトシと入川場所を思案
今日は息子のヒロ也の本格デビュー!
先輩釣り師としてはデビュー戦を大漁で飾ってやりたいものだ
シーズン初期の神通川の下流域は釣り人も多い
そこで選んだのは、釣り人の少ない上流の鮎が溜まるポイント
かつ、手ごろな水深で釣りやすいポイント
新婦大橋の下流へ入ることにした!さて首尾はいかに!

IMG_2945IMG_2946 (1)
IMG_2948IMG_2947


周りには釣り人がちらほら、どこでも好きなところに入れた
釣りやすい瀬を陣取って釣りを開始
弟のトシが息子のヒロ也に仕掛け、鈎のセット、囮の扱い
手を川の水で冷やして囮の目をふさいでと、一つ一つ教えてやっている
自分がトシに鮎釣りを教えてやった日を思い出す!あの時のトシは14尾、宮川下流だったっけ?
さて、いよいよヒロ也の一投目

IMG_2949IMG_2967
IMG_2951

早い、今年の神通は豊漁、マッキッキのチビ鮎が飛びついてくる
最初は大名釣り、手取り足取り2〜3尾釣った時点で一人でやらせ要領を掴んだみたいだった

IMG_2952IMG_2958
それからは順調にポイントを探りながら数を伸ばしていった。

IMG_2953 (1)IMG_2954IMG_2961IMG_2955IMG_2957


トシもマンツーマンで教えたあとは、自分の釣りをスタート
小生もトシに息子を預けて解禁の飛びつき鮎と楽しんだ!

IMG_2978IMG_2980 (1)
IMG_2977IMG_2974
IMG_2984


今日は日曜、名古屋へ帰らなきゃいけないので、少し早いが13時に上がった!
ヒロ也は23尾、自分は41尾、トシも後から追い上げて38尾と
神通川2017年度のシーズンスタートは好調な結果
息子のデビュー戦もとても満足な釣果となった、サイズは小さいながら天然バリバリ
今後が楽しみだ!


shin1_fujishima at 00:00|この記事のURLComments(0)神通川 | 

2016年09月17日

2016年シーズンこれにて納竿!

2016年9月17日(土)晴れのち曇り
大沢野大橋 水位 1.33 m/AM6:00

週半ば台風(13号?)の影響でかなり増水した神通川
週末うまい具合に水位が平水に戻り、濁りも回復したのだが...
高水の引き際の爆釣を経験した鮎釣り士にとっては期待も膨らむ

実家の両親の調子、仕事の状況、3連休初日と色々と条件も重なり
先週に引き続いて帰省することにしていた

金曜の夜にチャラ之助さんから電話があった。
一緒に行きましょうと名古屋を出た。
P9172275P9172282


増水の状況からポイントはリセットされ、魚影の濃いポイントで
人が入りにくい中州を想定した。
P9172279P9172301P9172296


やや天気が不安定で鮎の反応が悪い感じだったのだが、ハミもあり掛かる鮎は太い!
P9172293P9172287


チャラ之助さんは、午前ですでに30尾近く釣ったとのことだ!
小生はまだ2尾、こんなに突き放されるとは、チャラ之助さんの凄さと自分の未熟さを痛感した

P9172304


午後から6尾追加できたもののチャラ之助さんは50尾近くかけており、地モティー不甲斐なかったのだが、
むしろ、自分の鮎釣り人生において最高の終わり方ができたかもしれない!

これにて今シーズン最終日で納竿としたい。
来シーズンに向けて、いろいろ課題が残った、
今日の貧果は残念であったが、秋川チャラ之助さんとご一緒できて沢山の技術を学ぶこともできた
チャラ之助さん有難うございました
m(_ _)m

下手な自分ですが、
来シーズンはもう少し上手になれそうですので、此れに懲りず、ご指導、お付き合いを、よろしくお願い致します。





shin1_fujishima at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

2016年09月10日

平水但し濁り

2016年9月10日(土) 晴れ
大沢野大橋水位 1.25m/AM6:00

台風の影響で増水したものの神通川の水位は平水まで戻っていた

単身名古屋から8月、9月と毎週のように帰省している
いくら趣味の世界とはいえ地元で鮎を釣るのに高い出費、毎回年券代を払って通っているようなものだ

タッキーが神通へまた来るって言ってなかったっけ?じゃあ一緒に案内しなきゃ!?
神通のあの引きが忘れられない!
先週の赤岩下流にて強烈な引きが心の中で蘇り、竿先や腕が踊っている!
もしかしたら尺鮎のチャンスがあるかも?!

色々と自分に対する言い訳を探して帰郷した (~~;)

濁りがきつい状況とはいえ回復に向かっている
朝トシを誘うが、今日は自宅にて養生らしい!
仕方がないので一人で出発することに

新保の吉井にて状況確認
M田さんと本音トーク!
「宮川やめとかれ!ワシ行くから!ガハッ!(爆)」
「上飛ばし、ナイロンで泳がせやれば入れ掛かりだちゃ!あんにゃ」
「マジぃ、行こっ!」
「囮わぁ〜!」
「買うっ!下流でも大丈夫かねぇ?」
「大瀬でも入れ掛かりだちゃぁ〜!」
「ヨッシャ行こうっと!」
「囮わぁ〜?」
「買う!」
「アッハッハァッ〜(^o^)」

朝から笑いがこぼれる!M田さん本当に好い人だ!

宮川下流の上出の親父さんに電話した
「少し濁りがあるが、昨日も掛けたけどなぁ〜!」
「今からお邪魔しま〜す!」
「気いつけてな!」

P9102213P9102214

上出の親父さんは自分が鮎釣りを始めたころからのお付き合い!
今村師匠の引舟が何時も池に置いてあるのだが、既に今シーズンは撤収されたみたいだった!
親父さんの釣ったメスを頂いて、すぐ下の公民館の前に車を止め戸谷の上流に入った
こんな濁りのある宮川で竿を出すのは何年ぶりだろう!
昔、トシとシーズンスタート時に入れ掛かりを堪能したときがあったが
今はシーズン終わり、かなり条件も悪い、一か八かやってみるしか判らない!

P9102225P9102216

P9102226IMG_1616

さてスタートしたが、川は増水後で濁りがきつく、打保ダムの放水も0tなうえ
石の上にも泥がかなり被っている
網が入っているのだろう、ヘチの石にハミが全く見られない!
追いも悪く、掛かる鮎も白いし、やはり秋の訪れが早いのかメスの鮎も産卵色に変わっていた

P9102222IMG_1617

2尾掛けたところで移動を決意!やはり神通川へ行こう!
親父さんには「今日は一日楽しんでいきます」とは言ったものの
これなら神通のほうが良いと判断
家に寄ったが親父さんは不在、挨拶できずに宮川を後にした

途中、大沢野大橋から川下を覗き込むが鮎は見えない!
今日は家で大人しくした方がよかったのだろうか?
ふなさきのご主人とバッタリお会いしてご挨拶
「この辺で釣れる鮎は交通事故だろうね!成子大橋より下流なら少し濁りが治まって釣れると思うよ!行って見られよ」
と、その気になった!

IMG_1608IMG_1607


平水とはいえ川を切るには少し圧しが強い感じがするので、ガンガンの流心手前で再スタート
足元のタビは見えない、濁りは上流に比べまだマシというレベル
増水のあとはザラ瀬からと相場が決まっているのだが
視認性のよさそうな浅瀬と波立つ際に囮お送り込むと反応がある

P9102229P9102232
P9102240P9102235

昨年の大鮎捕り物帳を思い出した、余りにも引きが強く、仕掛けを数本飛ばされた
鈎も細軸だと水圧でバレた!
結構、楽しめる上に、周りには全く人もいない、ジモティーの特権なんだろうなぁ!

粗々神通鮎の引きを満喫した。14時を回りツが抜けたところで川を後にした。
息子がJ願寺川で素潜りして毎週遊んでいる姿を見に行くことにした

IMG_1641IMG_1642


火まで起こして鮎を焼いて食べていた(笑)
サバイバルして楽しそう(^o^)
地元の自然に戯れて過ごせる息子達は幸せ者だ
いい夏の思い出になっただろう!

さて来週の神通川はどうだろう?
今日来れなかった横浜軍団やタッキーには悔しがってるみたいだったが、
来週は何がなんでも足を運んでくるだろう!

只し、ここに来て天候が不安定な北陸地方。
本当はもっと7月8月に降って欲しかったのだが...
シーズン終盤の神通、有終の美を飾れるといいのだが!



shin1_fujishima at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)宮川 | 神通川

2016年09月04日

終盤突入!

2016年9月4日(日) 晴れ
大沢野大橋水位 1.26m/AM6:00

昨日は息子の義務教育最後の運動会
単身赴任の名古屋から応援に掛けつけた!
imageimage
imageimage
imageimage


息子の雄姿を目に焼き付けて
今日はトシと神通川で自分の運動会をと
朝5時、いつもより家を早く出発
朝陽をバックに立山連峰・剱岳の稜線が綺麗に映った^o^
image


フィッシング吉井(新保店)で囮を仕入れてトシとポイントへ
朝陽も顔を出した
P9042183


トロ瀬からスタート
マッキッキの鮎が竿を絞った
image

5尾ほど掛けて天然囮をもって下流のガンガン瀬に
トシも狙う!
P9042203

すると、そとみちさんも登場!
やるなぁ〜考えは同じだねぇ〜♪
こっちは思ったより苦戦なかなか川底の鮎を引きずりだせない!
ガンガンの大石の前に囮を送り込むとドカァ〜んと鮎が走る!
掛かり優先の細軸の鈎だったために圧しの強い流れでバレてしまうようだ
それに気が付いて軸太の鈎にチェンジしたときには地合いも終了していた感じだった

それでも錘をつけてガンガン瀬の川底に鮎を送り込んだら
良型の鮎が掛かってくれた
楽スィ〜♪
P9042212


今日は午前で終了、なんとかツが抜けたぐらいだが最後にイイ鮎がかかった。

ふと川向うに見覚えのある姿が
これまで遠征に来れなかった釣友のノグちゃんが泳がせ釣りをやっている
P9042198

これまで音信不通だったので心配してたが、元気そうで何よりだった
後からメールをもらった、午後からトロ場で入掛かりになって楽しい釣りができたと!
鮎釣りは、健康で心身共に元気でなければ中々できない事は小生も経験している!
良かった!また一緒に釣れる日がくるだろう!

さていよいよ今シーズンの終盤戦
今年の神通は難しい!
あと数回、楽しい釣りができると良いのだが





shin1_fujishima at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

2016年08月20日

つれないJINZOO

2016年8月20日(土) 晴れ
大沢野大橋水位 1.26m/AM6:00

8月に入って2度目?
横浜の釣友 タッキーが来県、今回はいつものメンバーとは異なり
あの秋川チャラ之助さんが一緒とのことだ!
小生は朝、息子と資源回収、中学校の行事を終えて、9時30分過ぎに現地へ
途中、そとみちさんに連絡を入れると合流するとの返事が...
今回は小生も初めて入るかなり下流ポイントだった
既にタッキーがいい調子で掛けていた!
IMG_1395IMG_1397


タッキーの上流に入らせてもらったら、サイズは小さいが、こっちもいきなり入れ掛かり!

IMG_1392IMG_1391


ただそのあとが続かない
いつもは人のいないポイントのはずが、釣れない神通、情報は直ぐに飛び渡り
こんな下流でも満員御礼、入れ替わり立ち代わり釣り人が入れば、追気の強い鮎影は薄い

少し早め11:30ランチタイム、小生は17尾で午後を折り返した

IMG_1398

午後から、皆はそこから上流を目指し小生は下流へ
下流は支流の合流点で上から草やゴミが流れてくる、1尾釣る間に10回ぐらいラインに絡みつくゴミを外す
そのうち水中糸が切れたりと、流石に嫌気がさし、タッキー達のいる上流へ
何やら剛竿をひん曲げて楽しそう、
IMG_1405IMG_1437
IMG_1413IMG_1400


小生には体力と腕がないので、そのさらに上流の緩いポイントに入った
P8202154


15時頃、タッキーやそとみちさんが散々釣り切って下流に消えてった
そのあとそのポイントで、なんと入れ掛かりタイム
足元でギラギラ、マッキッキの鮎がバンバン!15連チャン
こんなに激しい入れ掛かりも久しぶりだった!最高の地合にぶつかったようだ!

IMG_1419IMG_1418
IMG_1427IMG_1431IMG_1437


結果、41尾と楽しい釣りができた!
チャラ之助さんは60尾近く釣っていた流石です

いよいよ終盤戦、
そろそろ台風・秋雨前線一雨きてからの、上流で爆釣モードを期待したいものだ






shin1_fujishima at 21:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

2016年08月06日

神通集合!

2016年8月6日(土) 晴れ
大沢野大橋 126cm/AM6:00

横浜からタッキーとクリPが神通初参戦、小林さんも東京から神通参戦とのことで、
小生も単身赴任先の名古屋から予定通り駆け付けた(^^)/

新保のフィッシング吉井にて久々に社長にご挨拶
再入院されていたらしいが退院され元気そうだった
名古屋へ単身赴任中の胸中を打明けると、色々と親身にアドバイスしてくれた
また先日完成した昨年のの神通鮎の剥製写真を見てもらったら
笑顔で「何処に頼んだのかい?...ほぉ〜っ!」と喜んでくれ
鬼怒川はく製の八木澤さんを紹介した、

IMG_1099IMG_1100

また神通のスーパー名人のM田さんには、
「J川入掛かりだよぉ!」
「今日は何処入るの?」
「もちろん神通ですよぉ〜」
「おぉ〜流石!富山県民✌('ω'✌ )」等々と朝から明るい会話を交わした
ほんの一瞬の時間でも、釣り仲間との会話は心の栄養の素になる

車に囮缶を積んだ時に、声を掛けられ振り向くと、そとみちさんだった(^^)/
一緒に釣ることに、タッキーらも来ることを告げ、比較的集まって釣れそうな瀬を狙うことに
先に入ると電話連絡、入川場所や車を止める場所を連絡して、先に川に入った

P8062030

大型連休前の土曜、皆さん出勤日なんだろうか?思ったより釣り人が少なく、すんなりポイントに入れた

P8062008

先週の深トロでいい思いを再現すべく狙いを絞ったが反応なし!
そとみちさんは、ガンガンを攻めて順調に掛けている

P8062016

こっちもガンガンを攻めると、良型の鮎が掛かる!

P8062010

ところが、その良型の囮が根掛かり、軽く煽った瞬間、穂持ちが「バキッ!」と音を立てた
キズでも入っていたのだろうか?高い出費になりそうだ( ;∀;)
今日は神通川、最初から急瀬にしとけばよかった(後悔)
車へ、がま鮎競技兇鮗茲蠅北瓩辰

途中、最初パスしたポイントの支流を攻めるタッキー達を発見、状況を説明して立ち話
目の前で数尾掛けられてビックリ、都会のアグレッシブさには関心させられる

P8062024P8062028

竿を取りに戻って、再スタート、タッキーとクリPも順調に瀬を攻めて神通鮎の引きを楽しんでいる
クリPが25cmの鮎に振り回されているのも楽しそうだった。

P8062068P8062046

そとみちさんは、午前で20尾を軽く超え、今日は50尾掛かるんじゃない?と余裕の雰囲気
出遅れたこちらや、タッキーやクリPも、15尾程度掛けただろうか?
お昼は皆で車まで戻り、じっくり神通鮎談義
小林さんは、我々の釣り場より下流に入っていたみたく、
午前は合流できていなかったが午後からは一緒できそうだ

「神通の鮎のこのサイズの1尾が凄く楽しい釣りになってるわぁ!」
「掛かったら向こうに走られて寄ってこない!最高に楽しいわぁ!」
「わかるわかる!地元でも楽しいよ!」
「横浜から日帰りで釣りにくる価値あるよねぇ〜!」

今日の大半が、20冂兇┐離泪奪ッキの神通育ちのキカン鮎である!

P8062084P8062090

昼食も程々に、再開することに
地合もあり、プチ入掛かりを堪能、今日の竿頭はそとみちさん、
ただ、今日は数より型、型より引きを堪能できる釣行となり、皆の顔がほころんでいた

P8062110P8062105
P8062112P8062102


次に訪れる引きを期待してエンドレスロード、夕方ぎりぎりまで釣りに没頭した
皆さん30尾近い素晴らしい釣果の中、自分は28尾だったが先週の午前の34尾より充実感を覚え収穫だった
場所を選定してくれた、そとみちさんに感謝。
遠方より駆け付けたタッキー達も満足顔で良かった!
近いうちに懲りずに出向いてくれそうな感触、また一緒に釣りができる日が楽しみである...(^^)/

P8062100

さて、神通鮎、今シーズンもお盆を境に後半戦に突入、
昨年に引き続き、神通鮎を剥製に残せるようなサイズを、ぜひ狙いたいものだ



shin1_fujishima at 23:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

2016年07月31日

今期は如何か?

7月31日(日)晴れ
大沢野大橋 126cm/AM6:00

トシと一緒に今シーズン初の神通川へ
新保のフィッシング吉井で神通スーパー釣人、K眞さんに相談
「空港近辺は釣り荒れているので下流の方がいいよ!」とアドバイスしてくれた
トシにはいつも世話になってるので年券をプレゼントし、囮を持って現地へ向かった!

P7311945


連日の日照り、下流の水温は21℃とやや高いものの垢腐れは見られない!

P7311946


スタート直後苦戦、小一時間うろうろしたが、ここも釣り荒れているのだろうか?
しばらくしてポイントを掴んだ、暑いし人のプレッシャーで深みに集まっているのだろうか?
底の見えないトロ瀬で良い神通鮎が掛かる!
まだ8月前なのに22cm越えのマッキッキの神通鮎が引きを堪能させてくれた

P7311947P7311950


同じポイントで入れ掛かり、殆ど移動無しで、ゴソゴソ、ガツゥ〜ン!楽スィ〜♪

P7311959

P7311982P7311990


トシは苦戦してるのか首まで漬かってるし(笑)

P7311963


今日は午前釣行とトシとも約束しており、お昼を回って終了!
半日で34尾と大漁の釣果となった、
トシも大型サイズに今シーズン実のある神通初釣行となった!
アドバイスくれたK眞さんありがとねぇ〜m(_ _)m

P7311996

P7312003P7311997


システムも昨年並みに大型用の仕掛けを準備しなければならないぞぉっ(^^;
今シーズンの神通は、数とサイズの両方楽しめそうだ!期待が膨らむ

shin1_fujishima at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) | 神通川

2016年07月23日

トシ初陣

2016年7月23日(土)  晴れ
大沢野大橋 125cm/AM6:00

今日は今シーズン初めて弟のトシが竿を出せる運びとなった
無口な性格だが時折話す言葉も少しだけ弾んで聞こえた
先日納車された新車での初釣行、よい釣果となればよいのだが...

P7231841

杉原の山口さんで囮を購入、全てご主人が掛けられた天然鮎、価格500円/尾と良心的
併せて日釣券を購入し川へ向かった!

P7231842


今日の釣り場は降り場所もわかり易く、毎日人が入るポイント
7時過ぎのスタート、出だしは悪く、30分以上全く囮が変わらない。
遠方からの客人に橋の上から声をかけられるのだが、苦笑いしながら手を振った

ポイントを移動、トシが入っている場所で声を掛けた。
5尾掛けたところで根掛かりして切ったみたいで移動するらしく、ポイントを引き継いだ
P7231892

実は、疲労が溜まっていて足腰がキツかったので、あまり大岩を上り下りするのが辛い
近場のポイントでジックリと狙うことに...

P7231860
パッとしないまま、午前中は、17尾、トシは足で稼ぎ、24尾で折り返した。
午後は午前の反省から真面目に下流へ足を伸ばす、地合いではマッキッキの鮎に出会え楽しいのだが
ここも入れ替わり立ち代わりのポイントのサガだろうか型が小さかった!

15時過ぎに今日は終了!
結局、トシは、午後10尾追加、小生は14尾追加で、2人共 30尾を超えることができた
遠方からの客人の様子を見るとかなりご満足の様子で良かった
トシも初陣としては何とか形になったと思うが、シーズン中盤、今後に期待したい...

P7231872P7231869





shin1_fujishima at 23:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)宮川 | 

2016年07月17日

リベンジ

2016年7月17日(日) 雨のち曇
大沢野大橋 水位 151/AM6:00

朝、5時起床、昨日預けた囮を回収しに上出のおやじさんの生け簀へ向かった

囮を持って今日は弘法岩、三川原へ入ろうとダッシュ!
ところが毎年恒例の渇水、全く水もなく鮎も見えない

P7171791P7171793


仕方なく、平成橋まで戻った
昨日は苦戦したポイント、ただ収穫もあった、歩き回って初めて入るポイントがあった
30年通い続けた川で殆どの主要ポイントを入っていたが、こんないい場所があるのかと

ところが掛からない、ここもご多聞に漏れず垢が腐っているのだろう、引き釣りではNG
泳がせに分があるみたく、パターンを掴むに時間が掛かった

P7171796


ポツリポツリと掛かる!
渇水の石裏の残り垢へ、下流から泳がせないと反応しないみたいだった

P7171801P7161790



釣果は27尾とパッとしないものの、綺麗な宮川の良型鮎が引きを楽しませてくれた!




shin1_fujishima at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)宮川 | 

2016年07月16日

垢腐れ?

2016年7月16日(土) 晴れ
大沢野大橋 水位 171cm/AM6:00 

前日まで富山では凄い雨が降ったようだ、赴任先の名古屋は13日(水)は荒れていた...
神通川水系も高水で今週は釣りは難しいかと予想してたが、海の日の3連休でもあり帰省した

高原川は釣りができないようだが、宮川は打保ダムの放水も0t
何とも不思議な天候だ、局地的な雨? 
穂高とか立山連邦の北アルプスの標高が影響しているのかもしれない

P7161751


先週は、朝一最初から入ってたらもう少し楽しい釣りができたのではと思ってたポイント
既にあちこちと歩き回り、石や水深、鮎付ポイントは確認済みだった
数年前に入ったときとは少し違い、砂が川底にみられる

先週は午後からだけで20尾も掛かり期待も膨らんだのだが、
川が一変して、ここは!というポイントでも全く反応がない。鮎足袋のフェルトの食いつきが悪い
表の石垢はかなり腐っており、石裏狙い、ポイントは狭い

結局ウロウロとして午前はツ抜けできなくて上流へ移動
鉄橋下で拾いながら上流までかなり歩いた
途中、釣り人に確認するも調子は悪いみたい、先週までどこでも掛かったのだが...
掛かる鮎は綺麗で型もいいのだが、もう少し反応が欲しい!

P7161767P7161762P7161766P7161757


この日は結局14時過ぎに上がって18尾と先週の半分、連休初日から苦戦
明日のリベンジを誓い帰路についた










shin1_fujishima at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)宮川 | 

2016年07月09日

祝2016解禁\(^o^)/

2016年7月9日(土)  曇り時々霧雨
大沢野水位  155cm/AM6:00

昨年は大鮎に沸いた神通川、最後までしぶとく尺鮎を求めて釣行したのだが
とうとう出会うことはできなかった
でも、神通では過去最大サイズの29.5僂離瓮垢函28.0cmのオスを2015年9月13日に記録できたことは、
自分の鮎釣り経験上では大収穫、嬉しい限りであった
あのあと名古屋に転勤となってしまい、今シーズンは、鮎釣りブログの更新も難しいと思いながらも
今日なんとか2016年度の自分自身の鮎釣りを解禁できた

昨日から九州、関西と全国的にも大雨の予報で、鮎釣りの便りは届かないだろう
ご多聞にもれず、ここ富山も山間に降った雨が神通川の水位をどんどん押し上げていく
高原川は115cm高の水位で濁りもきついみたいだが、
宮川は不思議なことに、打保ダムの放水も0t、並水の模様、雨雲がうまく避けてくれたのだろう

現地ではシトシトと霧雨が降る中、6時過ぎに到着
通い続けて30年経った、上出のおやじさんは御年89歳
まだまだ元気、鮎釣りをされており、今日も1時間程で7尾釣って見せた

写真を渡し、券と囮を購入、おやじさんの薦める小学校の前へ向かった。
車が2台、ガラガラの貸切状態、一級ポイントとは思えない不人気ぶりだ
P7091664

攻め方と釣果を皮算用しながら鮎を送り込んだ
直ぐに掛かる、湖産のきれいな鮎だ、グフフ...
P7091667


ところが、1時間もしないうちに釣り人が6名増、自分の上下を抑えられてしまった。
でも、まだ移動できると読んでいたのだが、八王子發離泪ぅロバスが駐車場に、
更に団体で10名以上の釣人が入ってきた。
此処だけは、さながら関東の人気河川の解禁並みの人混み具合と化した

やっぱり一級ポイント、今度は、立ち込んだ自分の後ろにも釣人が...動けない(-_-;)

P7091679



結局、皮算用は皮算用で終わった。11時に車に戻った
ポイント移動もできず同じ場所でこれまで16尾

このあと、お昼を摂って、大きく場所移動して、空いているポイントへ降りて、午後の部をスタート
P7091733P7091732

小学校前は連日攻められているのだろう、移動先の鮎は、型がいい!
久しぶりに竿の撓りと糸の張り、グイグイと下る鮎の引きを堪能!

P7091715P7091711

P7091738


午後から20尾追加、久しぶりの宮川鮎の手応え、今シーズンの解禁を無事迎えられた!





shin1_fujishima at 23:58|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)宮川 | 

2015年09月20日

しぶとく 生きましょう!!!

2015年9月20日(日)  曇り時々晴れ
大沢野水位  1.56m/AM6:00

昨日よりも大沢野大橋ポイントで20cmも水位が下がっている!
微妙な変動が釣果に影響してくるのだろうか?
宮川だったら引き水時の爆釣なのだが...

10時を回って横浜軍団が川向こうに見えたのだが、こちらから手振りで×マーク
それに人の多さで、下流へ向かうと返事があってこの場を去った

10時30分には先に川を上がり、トシを待ちながら、沢山の釣り人を観察していたのだが、
全くもって、どこもかしこも竿が曲がらない!

トシも、数尾掛けたのだが、見切りをつけて急瀬を渡り戻ってきた
岩木、大沢野地区をチェックしてポイントを検討することに様子を伺ったのだが、
人気ポイントは隙が無かった!
但し、昨日、華麗なる横浜軍団と一緒に釣ったポイントはスキだらけだった!

JINZOO201509200500JINZOO201509200509
JINZOO201509200502JINZOO201509200504


トシと川へ出て、実釣開始!
川底の石サイズやハミ跡からは、かなり大型の鮎が居るのは判るのだが、
水温も低く、非常に追いが悪い!
ちょっと陽射しが弱い上に、昨日と同じ北風が吹き、肌寒く感じた...

JINZOO201509200320JINZOO201509200321


しばらく粘って、ようやくオスが掛かり、続けて、マッキッキのメスが掛かった!
闘争心むき出しのキツイ顔した神通鮎だった!サイズもデカイ!
イイ鮎が揃った!

JINZOO201509200506JINZOO201509200505
JINZOO201509200323JINZOO201509200028


トシは、昨日、岡ちゃんやクリちゃんが攻めたポイントで大型サイズを釣り上げた

JINZOO201509200324<JINZOO201509200326
JINZOO201509200325JINZOO201509200327


数はでなかったが、型と強烈な引きに結構満足気味な顔つき、兄弟だから何となく判った!

JINZOO201509200029JINZOO201509200034JINZOO201509200330


大型の鮎は釣れるのだが、尺には程遠かった!
盛期を過ぎて、大鮎の警戒心が強くなったのか?、闘争心が弱くなったのか?
ポイントには尺鮎が潜むのも感じるのだが、なかなか掛からない!

こうなれば、今シーズン何とか尺を釣り上げれないものか?
最後の最後まで、しぶとくいきたい!!!


JINZOO201509200503JINZOO201509200331



shin1_fujishima at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

しぶとく 生きましょう!!

2015年9月20日(日)  曇り時々晴れ
大沢野水位  1.56m/AM6:00

昨日は寒いながらも午後からの参戦でイイ雰囲気で終了できた!
今日はトシと一緒の神通、まだまだ釣っていないポイントが気になり
ふたりが揃って好きなポイントへ行くことに、毎年必ず入るポイントでもある!

JINZOO201509200332JINZOO201509200304JINZOO201509200019
JINZOO201509200303JINZOO201509200302


先日までの高水、川を渡ればサラバのポイントに期待

川を渡って開始と同時に、雲の割れ目から青空が覗き、陽射しが差した
サラバと思われるポイントを、トシが下流に、小生は上流に入った!
一本瀬、こんないいポイントを独占状態、期待が膨らんだのだが...

JINZOO201509200017JINZOO201509200308


小さな落ち込みで何とか1尾ゲット、良型で囮ごろ
トシも下流で竿を曲げている!
比較的浅瀬の早瀬、格好の鮎付きポイントに思えるだが、なかなか出ない!

結局ここまで...
期待とは逆に、このポイントも神通の象徴のような釣果となり移動を決意した

JINZOO201509200016JINZOO201509200310JINZOO201509200313
JINZOO201509200314JINZOO201509200315

午前の部、小生は2尾、トシは6尾で終わった!

つづく...




shin1_fujishima at 22:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

2015年09月19日

しぶとく 行きましょう!

2015年9月19日(土) 曇り時々雨、のち 晴れ
大沢野水位  1.79m/AM6:00
宮川打保ダム 25ton/AM6:00

つづき

ノグちゃんから写メが届いた!28cmオーバーだろう
「囮にならないよ〜」
今の神通なら、これも囮になるかもしれないが同じサイズが来たら仕掛けが持たない!
強烈な引きを思うと27cm以上は囮にする気になれない...

JINZOO201509200103


息子の応援を終え、一旦自宅へ引き返しながら、クリちゃんへ連絡をとった...
どっちともとれる言い回しで!
真:「今からそちらへ向かいますね!囮ある??」

期待した返答は、「囮、真さんの分もあるよ直接おいでよ!」であったのだが、

真:「大丈夫、買っていこうか?」 
クリ:「お願いします〜!」 

華麗なる横浜軍団は、神通川某所で苦戦しているみたいだった
予想外の回答に戸惑った!釣れてないポイントへ向かうのもどうかなのだが...
折角の遠方からの旅の人、タモ師匠やはじめさん他、横浜軍団の皆さんに会って、救世主になれれば良いのだが...
囮を入手して、川に到着、やはり14時をまわった

クリちゃんが深瀬で掛けた!
がま鮎エクセルシオ荒瀬が撓っている、型はまあまあのようだ!

IMG_5368IMG_5369
IMG_5370IMG_5371


寒いのでカッパを着用で車まで取りに戻り、スタートした!
皆さんから、「どうぞ!どうぞ!」と、ジモティーの到着に、ガンガン瀬を奨めて頂くのだが
チビな養殖囮ではガンガンでは水面ペロンペロンで潜らない
ここは禁猟区を外した上流の瀞場で泳がせぎみでスタート!

キタッ!囮ごろな小さな天然が手に入った

IMG_5385


瀞瀬で上飛ばしぎみに泳がせ開始
Mstage015だが、付け糸は50cm 1号なので結構泳いでくれる

それから入れ掛りだった!
キメの細かい天然モノ、何故かメスが揃った

IMG_5389IMG_5392
IMG_5411IMG_5409
IMG_5403IMG_5413


辛うじて26cmクラスは囮に使っていたのだが
囮にならない鮎が何本も出た!
これは尺ないか〜?(期待大)

圧巻は、真っ黒々のオス、興奮して追い星☆が3連のマッキッキであった!

JINZOO201509200101JINZOO201509200100


華麗なる横浜軍団と一緒に上がり、川を後にした!
タモ師匠は腰を悪くしてるみたく釣果も厳しかったようだ...

尺に近いと思っていた鮎は、ぜ〜んぜん、27.5cm まったく届かない残念
ただ、27cmオーバーを3尾と、神通川で釣りを始めて以来の型揃い
2時間程で13尾とはいえ例年のサイズなら30尾以上に匹敵するのではないだろうか?

JINZOO201509200102


良い思い出ができた!

引きずっている諸問題
先々週から、これにて終了宣言と毎回言い続けて2週経ってしまったのだが、
訳あって大型連休は持ち越しとなってしまった
お陰でドップリと神通鮎に嵌まれそうだ♪♪

こうなりゃシーズン終了までしぶとく いきたい!




shin1_fujishima at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

しぶとく いきましょう!

2015年9月19日(土) 曇り時々雨、のち 晴れ
大沢野水位 1.79m/AM6:00
宮川打保ダム 25t/AM6:00

今日は家庭サービスというか息子の公式試合のデビュー戦、新人戦の応援に!
弁当持参で、妻と一緒に、富山県東部、朝日町の体育館まで高速を飛ばして朝一駆けつけた
プログラムの読み違いで、初戦は、9:30と思っていたのだが、C2、つまり、Cコート第2試合との事
試合開始は、11時、試合終了は12時になる、トーナメント方式、
もちろん勝ち進めば午後の部の応援のつもりだったのだが、
負ければ時間次第では神通へ向かう旨、妻に了解をもらっていた...

JINZOO201509190100JINZOO201509190104

JINZOO201509190200JINZOO201509190101JINZOO201509190102


大差で試合には敗れたのだが、息子の晴れ姿もしっかり目に焼き付けることができた
親バカだが、なかなかの技量、バスケットを始めて2年目にしては、さまになっていた...

さて、12時を回った、雨も上がり西の空が明るくなってきた
午後から神通へ向かっても14時を回ってしまうだろう...悩みどこだ

シルバーWEEK初日、チャラ之助さんや、華麗なる横浜軍団、タモ師匠が朝から参戦しているようだ
ちょっと覗こうと、川へ向かうことに、クリちゃんへ連絡をとった

「今から向かいます!囮ある??」

つづく



shin1_fujishima at 20:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)神通川 | 

2015年09月13日

あと1cm

2015年09月13日(日) 雨のち曇り ときどき晴れ
宮川打保ダム 25t/AM6:00
大沢野大橋  1.66m/AM6:00

先週で納竿のつもりが、今日もできることに!
昨日はピーカンで爆釣の神通だったらしいのだが...

トシが昨日釣った鮎を、ふなさき囮店に預けてきたらしいので
経由して河原に、8時到着
先日までの高水で沈んでいた石には、しっかりとハミ跡が見られる
蓼の花も咲き、少しづつ秋が近づいている...

JINZOO201509130001JINZOO201509130002


今日は曇り空に雨が混じり寒いスタートとなった!
大沢野の水位は、平水より30cm高、やや大き目な囮(23〜24cm)でないと、しっかり流芯を泳がない

圧しの強い流芯の向こう側に、しっかり囮が入っているのに、直ぐには追ってこない!
暫くして、ガガガァ〜ッ〜ン と対岸へ向かって目印が走る!

数尾掛けた後に、本日最初のドラマが...

ガツ〜ン!!
今度は、かなり大きい型であることは直ぐに手応えで判った!
なかなか寄ってこない、竿を岸沿側へ倒すのだが、掛かった流芯の向こうへグイグイと走る
綱引きが始まった! 楽スィ〜♪ 今の神通鮎の醍醐味!
何とか目の前まで寄せてきても、堂々と泳いでいる!
「デカイ!」
これまでの鮎とは桁違いだった!
水中レンズの分を差し引いても、十分大きいことが判った!
最後の最後にバラしては後悔しきれない…
慎重に中ハリスを掴んでタモへ吊るしこんだ!
「ヤったっぜ!」

これはデカイ! 28cm以上はありそうなオスだ!

鈎は、がま鮎Gハードてっぺん 8.5号 4本錨 ハリスは、サンラインフロロの2.5号

JINZOO201509130106JINZOO201509130004


JINZOO201509130007JINZOO201509130006


その後も、おなじようなポイントから、同型サイズが飛び出す!今度はメス
先ほどのサイズよりまた一回りデカイ!今度は水中から持ち上げずにタモで掬った!
この2尾目を釣り上げたのが朝9時半、お陰で本日初っ端から足腰はクタクタになった
2尾とも厳(イカツ)い顔をしている!

JINZOO201509130005


この2尾は流石に囮につかえない、中型サイズ(25cmクラス)の囮に再登場してもらい大型鮎を狙うのだが...なかなか次がこない...
こっちはもう帰ってもいいくらいだったのだが、流石にトシはそんな訳にいかない!

午前の部、トシは18尾と好釣果!小生と10尾のも差ができたのだが、例の2尾はポイントが高い
JINZOO201509130102


午後からは、トシが数を伸ばしたポイントへ入ったが釣り返しが効かない!
とはいえ瀞瀬でポツリポツリと掛かる!
少し深みに入り流芯へ囮を送り込んだら、マッキッキの綺麗な鮎が掛かった
これが最後となった!
本日は15:30に川を上がろうと事前に約束していたので
夕ガッタチャンス、もしかしたらマッキッキの大鮎が掛かるかもしれなかったのだが、撤収!
未練はタラタラだが、既に両足、ふくらはぎと太腿も吊って、腰も悲鳴を上げていた!


JINZOO201509130009JINZOO201509130008

フナサキで朝の2尾を計測!
残念、メスは29.5cm あと 1cm欲しかった! もう1尾のオスは 28.5cm だ!
とはいえ、あの引きは十分、尺並の引きだったと思う!

JINZOO201509130012


さて、神通川、いよいよ終盤
神通で尺鮎を釣るチャンスは、恐らく10年に1度も無いだろう!

先週が最後になると思っていたのだが、
昨日は会社の研修だったため、ピーカンの天気の下で釣りができず心は神通の空の下だった
色々と予定が変わり、何とか今日は釣行できたのだが...
本当は大型連休まで鮎釣りを楽しみたいのだが...今日で終わりかもしれない!
次回の釣行は何時になるのだろう? 

JINZOO201509130011


ではでは



shin1_fujishima at 22:50|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)神通川 | 

2015年09月05日

V(^-^)V VリバーでV

2015年 9月 5日(土) 晴れ ときどき 曇り
宮川打保ダム 100/AM6:00
大沢野大橋   2.00m/AM6:00

飛騨地方に週頭から降っていた雨の影響が、週末の河川回復に追いつかなかった
ウィークエンダーの我々にとって長引く雨は辛い!

宮川、高原川、神通川も全てアウト!
今シーズン最後になるかもしれない休日釣行
前日トシに確認したら「Vリバーなら行けそうだ!増水がなければ行くつもりだが」

Vリバーといえば、Qpapaさんである、一報を入れたら
「関電40tまでなら大丈夫!オイラも午後から参戦予定」と返信があった

Qpapaさん、有難うm(_ _)m 
持つべきものは Team Jinzoo ???! (^_^;) こんな時だけスミマセンm(__)m

朝になって各河川を確認、やはり水系の異なるVリバーは雨に強かった!
フィッシング吉井で囮を仕入れて川へ向かった

川手前のコンビニで日釣券を購入、さて川相も変わってポイントは全く判らない!
何処へ入ろうか?トシも昔の感が取り戻せない
網打ちが厳しい川なので、できるだけ深場で瀬の流れ、圧しの強いポイントを探した!
うまい具合に河原へフォレスターを横付けできた!

V river201509050109V river201509050019


8時、実釣開始!!水温20℃  ちょーどエエッ!

気持ちよくスタートを切るつもりが、引舟を開けた瞬間、囮が1尾脱走
まあまだこれからなので気にせず2尾目の囮を送り込んだ
ここの鮎はいつも小さいので仕掛けは003でツマミも03でスタート
暫くして、激しいアタリ、ところが竿を立てる前に切られてしまった(><)
友釣り歴30年、未だに凡ミス、腕があがらない

1000円で3尾の囮だったのだが、開始10分で最後の1尾に
いつもより超々慎重にアタリのあった筋へ囮を送り込んだ。背水の陣である
水中糸は、008、ツマミを05にアップした!
水は透き透き、石にはハミ跡が沢山見えるのだが、中々掛からない、
やはり網の性なのだろうか?!
スタートから40分経過して何とか1尾ゲット!
ここの鮎は小粒で骨も柔らかく、頭まで丸かじりできることで有名
でも、今年はサイズが大きいので、焼いた時の食べ応え、歯応えはどうだろう??
Vリバーも、神通同様、遡上が悪く、ここのポイントも鮎は薄そうである

V river201509050025V river201509050108
V river201509050102V river201509050107


結局、午前は、12尾、トシは17尾で折り返した

V river201509050012V river201509050014


ここのポイントに見切りをつけて、場所移動することに!
Qpapaさんが午後から参戦されるとのことから、場所移動をメール
結局、忙しかったのだろう、Qpapaさんの午後参戦はなかったようだ。お会いできずちょっと残念( ; ; )

高速道路橋まで下ったが、やっぱり判らない!?
深瀬には、どこも釣り人が立ちこんで竿を出している
結局、上流へ向かった!
車でウロウロしながら、元のポイントの直ぐ上へ入ることとなった

14時前、午後の部を再開した

最初に入った瀞場で、泳がせたら速攻で1尾掛かったのだが、あとが続かない
すぐ下の瀬方で1尾ばらす、トシも見た目では最高のガンガン瀬を諦らめ下流へ消えていった!

15時を回って大きく場所移動することに、このままでは埒が明かない
上流に荒瀬が見える、対岸に1名、こちらは人が居ない
早速、囮を荒瀬に投入!

V river201509050007

グンッ!グンッ!ギュッギュッギュン! と竿が撓った!
がま鮎 ファインマスターGSR 特注のメタルトップがメチャクチャ高感度
川底の様子が伝わってくる、鈎が石に触れたり鮎の前アタリまで判る

マッキッキのイイ型の鮎が荒瀬の底から飛び出してくる!全部20cmを超える!

V river201509050104V river201509050103


それから、この日最大のドラマが待っていた!
対岸の釣り人が川から上がったので、対岸近くへ囮を送り込み、直ぐに
強い流れの中から大きな反応があり、しばらく止まっていた目印が、荒瀬の波に乗って一気に下流へと、囮を引きずってどんどん下った!
勢いで竿が伸されそうになる!
「マジかよ?!」、下流の緩い深瀬に入っても、糸鳴りがして流芯の向こうから寄ってこない!
桜鱒か大型ヤマメだろうか?尺鮎?一瞬頭をよぎった「絶対捕るぞッ!」
更に下の瀬の巻込みまで、引舟を持ち上げて一緒になって下った

竿を立てて掛かった獲物を確認!

「鮎だっ!デカっ!」 背掛かりの大鮎の背びれを確認できた

05のツマミも心配になり、抜くのをやめて、タモへ吊るし込んだ!
「よっしゃ〜ぁっ!」
神通鮎に引けをとらない奴がいる!

008にツマミ05にしておいてよかった!
後で計測したら、25cmあった!平均サイズだが頑張った囮がカワイイ!

V river201509050008


今日は、神通川水系は全く釣りにならなかった
以前にも同じような天候の際に訪れたことがあった
ここVリバーを選べてよかった!
トシも、下流から上がってきて、いつも無口なくせに満足気な口調で
「狭いポイントだけど入れがかったよ」
ピンポイントを発見、入れ掛りを堪能したようだ、この状況で37尾とは流石だ!
小生は、午後から親子丼もあったが、25cm、24cmを筆頭に、合計23尾

今日は大正解(Qpapaさん有難う!)楽しい釣りができた!

V river201509050002V river201509050010


「さて、次は何処へ入ろう」と書きたいところだが、
小生の今シーズンはこれにて終了となりそうだ!

今シーズンは遡上も悪く、空梅雨で水位も低め、
釣果の表す通り、ちょっと不完全燃焼ではあったが、
後半の神通の強烈な引き、今日のVリバーは今シーズンの収穫であった

本当は、9月の大型連休まで鮎釣りを楽しみたいのだが...

次回の釣行は何時になるのだろう?
楽しみにとっておきたい!


ではでは



shin1_fujishima at 22:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)庄川 |