2012年03月

  1. 女体拷問研究所VOL.7 -だるまさんが転んだ (18)
  2. 本日の言い訳 (4)
  3. 絶賛工事中! (0)
  4. 女体拷問研究所VOL.6 -ベイビー四十八手とかはどう? (4)
  5. ヘッダーを変えましょう。 (1)

女体拷問研究所VOL.7 -だるまさんが転んだ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
女研シリーズに登場する女性捜査官・姫川亜由美ですが、自分が最初に「姫川」という名前を聞いたときにまず思い浮かんだのは、『ガラスの仮面』という女性マンガにでてくる姫川亜弓でした。ご存じの方も多いと思いますが、これは演劇女優を志す女の子たちの話で、主人公・北島マヤのライバルが天才女優の姫川亜弓でした。
これが流行ったのは私が高校生ぐらいの頃でしたから、1つしか年が違わないKoolongさんも知っていて当然だと思いました。姫川亜弓は理知的で勝ち気で正義感の強いキャラクターとして描かれています。

次に思い浮かんだのは誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」でした。
こちらは役職も警部補で美人、高身長、過去にレイプをされた経験があり、時期的にも2006年2月が第一作リリースなのでKoolongさんはこの小説のファンなのかなぁと思いました。
しかし今回、このシリーズを見てみたら吃驚! 冒頭のテロップで「姫川警部補」という名前が出てくるじゃありませんか。
VOL.7は2005年12月17日発売です。ちょうど3ヶ月前。
こういうふうに書くと、「すわ、誉田哲也がパクったか?」って思う人もいるかもしれませんが、たぶん偶然でしょう。出版日から脱稿のタイミングを考えるとかなり時間がないのと、そもそもVOL.7のテロップを丹念に読んでいないと気づかない点から名前の転用はまず難しいわけです。

むしろこういうシンクロっていうのはちょっと面白いなーと思います。
今後、誉田さんとコラボでもできないですかねー。
もっとも人気シリーズのヒロインを拷問にかけちゃまずいか。続きを読む

本日の言い訳

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ええーーーーと。
レビューはVOL.7なのですが、まだ全部ちゃんと見終えてません。
なんかいつもにまして長くなった感じがします。
それもそのはず、この作品から片面2層になっているんですよね。
最初の頃、女研は90分作品だったわけですが、この作品は160分。
ちょっと見てみたら次の次の9なんて240分だそうで。
ひえー。
大変です。
そんなこんなで時間がかかります。

明日の朝ですね。

あと、ここで「姫川警部補」って名前が出てくるんですね。
へー。

絶賛工事中!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ヘッダーを変えましたが、まだ納得はいっていないのでしばらくいじくります。
こういうのは気持ちが向いているときにやっていかないと続かないので今のうちにやっておこうと思います。一発で決めないところがいいでしょ。ゆるゆるで。

右サイドの方もせっかくなので女研シリーズの表1を載せていこうかと考えています。そこからレビュー記事にいければアクセシビリティもいいですしね。

あとは淫語魔のアイコンも作らないと、いつまで灰色の顔ではいかんでしょう。

それと今日、急遽ベイビーの撮影現場に呼ばれたんですけど、なんの現場がちゃんと聞いていませんでした。高見沢さんがなんか言ってたんだけど、ほかのことをやりながら電話を受けていたもので記憶に残ってないんですよねー。
この記事を書くまで女研だと思い込んでいたんですけど、まったく違うかもしれない。

ひょっとしてチーフAD、高見沢さんの監督デビュー作?

女体拷問研究所VOL.6 -ベイビー四十八手とかはどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ベイビーには定番の拷問技がいくつかあるわけですが、どうも名前がついてないみたいなんですよね。レビューするときに、たとえば「ここで電動バイブが登場」とか書けると楽なんですが、下の画像のようなものが出てきたとき「ローターを4人ぐらいで上から垂らしてプラプラさせ、寝ている女の体に触れたり、触れさせなかったして焦らしながら反応させる」と書くと長くなってしまうのです。

DDNG_006-6

それで、たとえばこれなんかはいったい何と呼んでいるのか、構成台本とかを書くときに決められていないのか、チーフADの高見沢さんに聞いてみました。
すると、「えっ、特に無いですね」との応え。

やっぱり、そうなんだ。

高見沢さんの話によると、あのプレイは腕が映り込んで体が隠されてしまうのを避けて上からローターを垂らしているんだそうで、あれ自体はそんなに重要なプレイでもないと言います。

なるへそ。
でも、ほとんどの作品にこのロータープレイはあるわけで、名前がないと不便なのではなかろうか?

そこでベイビーの映像を一番よく見続けてきたであろう編集部長のかっちんさんに聞いてみました。

「かっちんさんはあれを、なんて呼んでいるんですか?」
「いや、無いですね」

やっぱり無いのか。
でも編集部長のかっちんさん、編集しながらKoolong監督に「これはベイビーぽくない映像ですねー」とかダメ出ししちゃう何よりベイビー作品を知っている偉いお方。淫語魔のためか、このブログためか、あえて名前を考えてくれました。

「『ブドウ垂らし』なんてどうですか」
「ほー、『ブドウ垂らし』ですかぁ」

やはり名前をつけるのはいいことだと思いますよ。
私なんか観ていて、テロップでも入れてくれればいいのに、よくと思います。
技に名前をつけて攻めるのは、タイガーマスクだってキン肉マンだってやってますでしょ。

面白いので近くにいたキクボン監督にネーミングを考えてもらったところ、
「自分なら『突起快感焦らし殺し』とかにしておきましょうか」

ほっほー、さすがベイビーの番頭格、ここに「殺し」というワードを入れてきますか。

「さっき高見沢さんに聞いたら、あれはローターを当てている腕が映り込んで女性の体を隠さないようにしているんですってね」

と言うと、

「いや、あれはそういう意味もありますけど、それよりもローターを指でつかんで直接当てるよりも、垂らして当てることで敏感なところに強く当たったり、外れたりして女の人も予想がつかない。それで突然強く振動がくると女性がビクッ、ビクッて反応するんです。それが撮りたいんです」

監督は視点が違う。これぞ女体クラゲってやつですか。
なんのこっちゃ。

ただ言いやすいのは「ブドウ垂らし」ですけどね。
Koolongさんやばばさんはなんて名付けるんでしょう?

いつかベイビーの定番の拷問技を集めて、名前をつけて公開したいものです。
テロップつけて、ベイビー四十八手とかいう動画を作るなんてどうでしょうかね。

さて女体拷問研究所VOL.6のレビューにいきますか。


IMG_347

続きを読む

ヘッダーを変えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
先に謝っておきます。たぶん、今日も更新が遅れます。
もはや金曜日に言い訳記事を書くのが恒例になってしまいましたが、まあこういうのも風物詩と言うことで。
じゃあ、いっそのこと土曜日更新と決めればいいじゃないかって話かもしれませんが、おそらく土曜日にすれば日曜日の朝になるだけのような気もしますので、このまま金曜日更新は譲らないことにします。結果的に土曜になろうが、日曜になろうが金曜日更新です。

それにかえって応援ブログっぽくていいでしょう。ベイビーから稿料が発生しているわけでもないですし、今のところはこうやってゆるゆるした感じもいいんじゃないかって思っていたりします。
もっとも予算がついたら美人ライターとかに依頼したりして、執筆陣を増やしていきたいとは思っていますが、そのときも私だけはゆるゆるしてるかもしれません。

さて、今回の更新記事予定は女体拷問研究所のVOL.6レビューです。
この女優さん、あらがう声がいいです。
ドスが効いてます。

それとKoolongさんからブログのヘッダーを淫語魔さんの方で変えてくださいと言われました。
私が作ったMotheRs広報ブログのヘッダーを気に入ってもらえたようなので、あのテイストに近い形になると思います。
ここは本当に自由にやらせてもらえるので、皆様もゆるゆるとおつきあいください。

ではでは、のちほど。

淫語魔



記事検索
最新コメント
アンケート003
メッセージ

名前
メール
本文
女体拷問研究所 1st
女体拷問研究所 vol.1

〜モデルプロダクション美人女社長強制連行!残忍なる猥褻拷問に陥落す!〜
女体拷問研究所 vol.2
〜号泣する女子大生 媚薬漬け淫肉拷問イキ地獄〜
女体拷問研究所 vol.3
〜全身性感帯と化すロリ爆裂ボディー 卑劣なる完全開脚拘束に超絶痙攣す!〜
女体拷問研究所 vol.4
〜美人女捜査官捕縛 恥肉狂乱快楽漬け〜
女体拷問研究所 vol.5
〜拉致された高官令嬢 淫肉改造地獄に哭く〜
女体拷問研究所 vol.6
〜突撃!怒りの女捜査官、完全凌辱拷問に陥落す〜
女体拷問研究所 vol.7
〜無惨なる女スパイの痙攣!終わり無き残虐アクメ地獄〜
女体拷問研究所 vol.8
〜悲痛!!女戦士屈辱の捕虜 催淫薬漬け狂乱イキ地獄〜
女体拷問研究所 vol.9
〜女捜査官・姫川麗子の妹 森山美菜子・拷問アクメ地獄〜
女体拷問研究所 vol.10
〜Final Count Down! 絶体絶命!! 屈辱恐怖!震える肉唇〜
女体拷問研究所 vol.11
〜Final Mix〜 絶句…、涙滲、昇天!女体秘墺の最終砦
女体拷問研究所 vol.12
〜Final Struggle〜 屈辱の陰核爆撃拷問
女体拷問研究所 vol.13
LAST SONG 〜撃沈〜
QRコード
QRコード