2012年06月

  1. 女体拷問研究所VOL.13 前編 -ドリルに魂を吹き込む (4)
  2. 夏風邪ですかね (0)
  3. 女体拷問研究所VOL.12 後編 -おい、ディルドを太くしろ! (3)
  4. 【ひかるコラム】 he said he said. (2)
  5. 女体拷問研究所VOL.12 中編 -15分1本勝負。 (2)

女体拷問研究所VOL.13 前編 -ドリルに魂を吹き込む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
コアな陵辱ファンの方の中にも「電動ドリルなんて気持ちいいはずがない。あれは見た目を重視するAV作品の中だけのファンタジーだ」と思わている方が、ときどきおられるようです。

実をいうと自分も最初、半信半疑だったのですが、ベイビーの撮影現場に行くようになり、実際に電動ドリルシーンにも何回か立ち会って、さらに女優さんにもその時の気持ちを確かめると、やはり気持ちいい人は気持ちいいんだそうです。

ただ形容の仕方が人によって違っていて、この間、聞いた女優さんは「最初は恐怖が先に立ち、怖いくて仕方が無かったのだけれど、でもなんか子宮に響くものがあって、そのうち自分の気持ちがなんだかわからなくなってきて、でもこれはひょっとして気持ちいいのかもしれないと思い始め、あとは記憶が飛んでわからなく なった。体が反応しているってことは気持ちいいんでしょうね」なんて言ってました。
逆に「思ったほど大したことない」という猛者もいます。それはそれで聞いているこちらも面白くないんで、そういう人にはなにか別の拷問器具を試してほしいなぁと思ったりします。

そうはいっても、いきなり電動ドリルでは痛いだけのようで、これには女体の準備が必要なんです。
自分も最初ガンガン膣内を削りゃーいいのかなぁーなんて思っていたのですが、これはかなり物騒な話で、大きな誤解だったようです。

これも実際に撮影の段取りを決めるときにわかったことなんですが、電動ドリルをするときは、まずポルチオを決めて、子宮が下りてくる状態に女体を持っていく必要があるようなんです。
ポルチオというと坂本鳴緒さんなわけですが、キクボンさんもそれなりにうまいわけで、そういえば最初、電動ドリルシーンをみたときはキクボンさんが電マと指マンで決めていたなぁなんてあらためて思い出したりしました。

DSC00407



つまりはポルチオを決められないと、電動ドリルをやってもちっとも気持ちよくならないと言うことで、女研の責めが定式化されているのは、こういった理由もあるのです。

ベイビー作品を見て、見よう見まねで電動ドリルを取り寄せてプレイしても、魂が抜けていては気持ちよくなるはずもありません。
むしろ事故につながりかねませんので、素人さんは真似しないでくださいね。

ほかにも電動ドリルに関してはいろいろ秘訣のようなものがあるみたいなんですけど、それもそのうち徐々に明らかにしていこうと思います。続きを読む

夏風邪ですかね

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
おや、もうこんな時間なんですね。
まだレビューを書いている最中です。
出来次第更新します。

ところでひかるさんなんですが、先週あたりから体調を崩されているようで、しばらくお休みされてました。熱と喉が痛いとかで寝ていたようですね。
したがって今週の更新はお休みだそうです。
楽しみにしていたファンの方々には、すみませんと言っておりました。

寒暖も激しいので、皆様も体調を崩されないように御注意ください。

ではレビュー書きに戻ります。

女体拷問研究所VOL.12 後編 -おい、ディルドを太くしろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今日、ベイビーに打ち合わせに行ったら、編集作業をしていたKoolongさんが途中、呼びに来てオープニングが出来たからちょっと見て感想をくださいと言います。
もちろんセカンドのVOL.15のオープニングのことなんですが、約4分ぐらいですかねぇ。見ましたよ。見ましたよ。いやぁ、これがカッコイイ!
VOL.14のオープニングには姫川亜由美とともに余計なエキストラが映り込んで、個人的には汗顔の至りでしたが、でも姫川亜由美の独白シーンはとても良い感じでした。
今回も姫川さんのモノローグがあるのですが、今回はさらに姫川さんの良い女っぷりがでてました。

今回のターゲットは長澤果奈ちゃん(北島獅子)の義理の母として出演していた村上涼子さん(北島望)。北島望は姫川亜由美の親友という設定なのですが、村上涼子さんと竹内紗里奈さんはプライベートでも仲がいいようです。

さて、その村上涼子さんがどんな責めに見舞われるのか?
そして前回は登場しなかった女体拷問研究所は今回こそ出番があるのか?
果たしてどんなふうに姫川や謎の人身売買集団と絡んでくるのか。

しかしこのまま辻丸やばびぃが出てこなかったらどうなるでしょうねぇ?

暴動?
続きを読む

【ひかるコラム】 he said he said.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
みなさんこんにちは、ひかるです。
今日は、ポール・マッカートニー大先生の、
70歳のお誕生日ですね。
先日の女王様60周年記念式典の映像を、
チラッと拝見しましたが、
とにかく存在そのものが、何か華やかで、
とっても素敵なおじいさまですね。



とか何とか言いながら、
辻丸所長について、思いついたこと、
感じたことを、もう少しだけ。


「公開色責め」シリーズ等、
初期の頃の映像を拝見すると、
とても暗い気持ちになります。


ケッコー、ヒドいことを言われて、
リアルに女の子が泣いている気がします。


撮影でお顔を合わせて、何度目か、
少し打ち解けてくるまで、
とても怖かったことを、
何となく、思い出してきました。


何らかの、
踏み込むことはできないとしても、
こだわりや価値観、というものがあって、
ただの鬼畜のオジさん…では、
済まされないようなイメージがあります。


というか、実際には、
多少気難しいところは、おありですが、
とても穏やかで、優しい方だと思います。



ただ劇中においては、
ばびぃ監督のような圧倒的なパワーとは対照的に、
ある意味、本当に空間を、
狂気の世界にねじ曲げてしまうような、
そんな迫力は、健在です。


不安や恐怖、屈辱的な悔しさは、
本当に女の子の内面に浸透して、
凄まじいほどの反射的な反応を、
見せてしまったりするんです。

その辺のところが、
辻丸所長がベイビーズのセンターに、
君臨する理由かも知れません。


その空気に触れてしまうことで、
わたしも怪人辻丸所長に、少し、
怯えているのかもしれません。

 
まだまだ、険しい行程かもしれませんが、
女体拷問研究所セカンドシーズン、
わたしにできることを、
頑張りたいと思います。

女体拷問研究所VOL.12 中編 -15分1本勝負。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
しのぶさんは言いました。

「(女研11の)姫川麗さんが使っていた日本刀は辻丸さんの私物だったんですよ」

「へぇ-、そうなんですか。やっぱりそういうマニアックな趣味をお持ちなんですねぇ」

「あの方は、映画好きというか、殺陣ができるんですよ」

「あっ! そうなんだぁ。本格的なんですね。でもあの刀は高いでしょ?」

「そうそれで、こう姫川麗さんが鞘から刀を抜いたあと、鞘を横にさっと投げ捨てるんですね。とても立派な鞘なんですけど、それがカランとか落ちるたびに辻丸さんの顔がヒクヒクって嫌そうな顔をするんですよ。
また姫川さんも本番は仕方ないにしても、リハの時から勢いよく投げ捨てるので、最初はその様子が面白いと思って見ていたんですけど、そのうちこっちもだんだん焦ってきて、投げ捨てられた鞘を拾いにいって、大切そうに両手で姫川さんに差し出したりしてみたんですよ。でも姫川さんは辻丸さんが大事にしてることをわかっててやってるんじゃないかと思うぐらいさあって投げ捨ててましたね」


DSC00714


これはまったく私の想像なんですけど、辻丸さんってかなりMっ気もある人なんじゃないかと思うんですよね。あのいやらしい言葉責めはMの心模様がわかってないとできないでしょう。
ああいうネチネチした言葉責めが出来る人は大抵、複雑な部分を抱えていて、SもMも感情移入できたりするもんです。女性に気持ちを転移させたりして、それで興奮するタイプなのではないかと思ったりします。言葉責めで神がかっているときがありますからね。

そういう意味でこの作品は、辻丸所長の複雑さをよく描写していると思います。
彼は姫川麗子が爆死していなくなったと知って、ものすごく落胆し、生きている意味がないとまで言います。
そこへ姫川亜由美の情報がもたらされ、再び活気づくわけですが、この心の振幅は女研が単なるマッチョな陵辱ドラマではないということを表しています。

屈折した心というのは、言い方を変えればそれだけ豊穣な心を持っているともいえるわけで、それがどの方向に向かうかによって善くなったり悪くなったりする。そしてそういった人の言葉というのはなかなか味わい深いものがあったりするんですよね。

女研においての辻丸所長の言葉責めはやはり必須ということでしょう。
続きを読む
記事検索
最新コメント
アンケート003
メッセージ

名前
メール
本文
女体拷問研究所 1st
女体拷問研究所 vol.1

〜モデルプロダクション美人女社長強制連行!残忍なる猥褻拷問に陥落す!〜
女体拷問研究所 vol.2
〜号泣する女子大生 媚薬漬け淫肉拷問イキ地獄〜
女体拷問研究所 vol.3
〜全身性感帯と化すロリ爆裂ボディー 卑劣なる完全開脚拘束に超絶痙攣す!〜
女体拷問研究所 vol.4
〜美人女捜査官捕縛 恥肉狂乱快楽漬け〜
女体拷問研究所 vol.5
〜拉致された高官令嬢 淫肉改造地獄に哭く〜
女体拷問研究所 vol.6
〜突撃!怒りの女捜査官、完全凌辱拷問に陥落す〜
女体拷問研究所 vol.7
〜無惨なる女スパイの痙攣!終わり無き残虐アクメ地獄〜
女体拷問研究所 vol.8
〜悲痛!!女戦士屈辱の捕虜 催淫薬漬け狂乱イキ地獄〜
女体拷問研究所 vol.9
〜女捜査官・姫川麗子の妹 森山美菜子・拷問アクメ地獄〜
女体拷問研究所 vol.10
〜Final Count Down! 絶体絶命!! 屈辱恐怖!震える肉唇〜
女体拷問研究所 vol.11
〜Final Mix〜 絶句…、涙滲、昇天!女体秘墺の最終砦
女体拷問研究所 vol.12
〜Final Struggle〜 屈辱の陰核爆撃拷問
女体拷問研究所 vol.13
LAST SONG 〜撃沈〜
QRコード
QRコード