「女体拷問研究所vol.4」という記念すべき一作について言及する前に、前回のブログでも“坂本鳴緒との出逢い”について書かせていただきました。今回は、その続きとなります。
彼との出逢いはすなわち、ベイビーエンターテイメントが出逢うべくして出逢った「ポルチオ性感」との出逢い、そしてその概念が「女体拷問研究所vol.4」から展開されてゆくのです。

ここで、少し宣伝になってしまい恐縮なのですが、この度の7月8日(月)に新宿ロフトプラスワンで、私が監督をさせていただきました映画「子宮に捧げる愛の詩/女体拷問研究所の真実」のDVD発売(7月12日)記念イベントを開催します。ここでテーマになっている「イクって、何?」という問いかけも、坂本鳴緒との出逢いが大きな影響を与えています。


「子宮に捧げる愛の詩/女体拷問研究所の真実」DVD発売記念
男と女のイクって何?
男女対決快楽拷問AVメーカー!
ベイビー&マザーズ共同開催イベント

[メインコンセプト] 快楽拷問で数々のAV女優をイカせまくった噂のAVメーカー!ベイビーエンタテイメント初のイベント開催!!男をイカせまくるマザーズが迎え撃つ! <イクって、何?> をテーマにエロを本音で語る過激トーク! 初めてAVの傑作シリーズ「女体拷問研究所」製作の秘密が語られる!!?

詳細はこちら

我々が、狂ったように(?)追い続けた女性の中にある「イクって、何?」、そしてその後登場するAVメーカー、「マザーズ」で展開される「オトコの中のオンナのイク」。これらについてKoolongこと私、二村ヒトシらがトークバトルを繰り広げます。
よろしければ、ご参加下さい。お声をかけていただければこんなに嬉しい事はございません。

さて、本題に入りましょう。
【Koolongリプライ 女体拷問研究所の真実④】
〜驚愕の性感メソッド、ポルチオとは?〜

 私は、兼ねてから「派閥の解消」を提案していた。派閥の解消?それはすなわち、「クリ派」と「ナカ派」なる派閥(?)の解消である。「クリではイク」、「私はナカでイク」などなど、イクはイクでもこれは元来、似て非なるモノではないのか?私はそう考えていた。ちなみにこれから後は、少しマニアックな解説になる事をご了解いただきたい。
 坂本鳴緒は、渋谷の「たるや」で彼が研究し続けている「ポルチオ性感」について語り始めた。
 「子宮腟部のあるところにボタンのようなモノがありそこを刺激し続けると子宮でイク」
 「一度、子宮でイクとしばらくの間、どこをさわられてもイキっぱなしになる事もあ
 「一度、子宮でイクとその女性はその後、気持ちが入ればイケルようになる」
 「実はナカでイクの正体はこれの事で、本当にイッた事のある女性はせいぜい十人に一人か二人である」

 もっと詳細に言えば紙面では足りないが、大筋こんなところであろうか。
 「ホントかよっ?」。正直な感想がそれである。眉唾だな…。しかし、私は考えれば考えるほど理にかなった理論のように思えてきた。
 つまり、「ナカでイク」とは、女性特有の「心」とも言える存在である「子宮」が躍動するかどうかにかかっている。それならば、Gスポットなどが擦れて潮を噴いたり、イッたりするのは実はクリトリスでイクのの延長線上にあり、「ナカでイク」ではないのだ。オトコが前立腺を刺激されてイクのが「アナルでイク」のと違い「男根でイッてる」というのと同じ仕組みであろうか。
 この件から導き出される重要な事は、「クリイキ」はただの刺激による物理現象、すなわち男のそれと同じであり、「ナカイキ」は「心」と密接な関係があると言う事だ。女性の「子宮」というものは興奮や刺激で発動するモノではなく、安心感や幸福感、または生命誕生のため心身ともに躍動がおこらなければ発動しないという(私なりの)仮説からも、「ナカイキ」は心と密接に関係する素敵なシロモノに違いないのだ。きっと…。いきなり、私が追求し続けていた「女性のイク」が大きな輝きを放ち始めた。
 それでは、我がベイビーエンターテイメントの作品に、どのような形でその「素敵な仮説」を展開していこうか?この時点から、そのようなことが私を悩ませ始めたのである。




たるや
[鉄板焼き・お好み焼き]
たるや
JR渋谷駅 ハチ公口 徒歩7分
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-20-6(地図
ぐるなびで たるや の詳細情報を見る
※2013年6月30日現在の情報です
ぐるなびぐるなびもんじゃ焼き×渋谷のお店情報もチェック!