【Koolongリプライ 女体拷問研究所の真実⑥】
〜セカンド・ファイナルの謎 中編 イキまくる魂は去ってゆく〜



 まずは余談ですが、上は女体拷問研究所ファースト・シーズンvol.11のPVです。ここで女研所長の辻丸耕平は捕えた女捜査官リカ(捜査本部本部長の娘)を快楽に溺れさせその姿を映像で見せつつこう言います。「姫川麗子!わかったか?所詮お前ら女なんてこんなもんなんだよ」。つまり…、「女性なんて簡単に快楽で支配できるのだ!」と言い放っているのです。
 ところで、昔よく、裏社会の男の方なんかがイボイボの改造男根を引っさげてSEXをすると女を支配できるとかできないとか、そんな話をしていた人いませんでしたか?まあ、それはマユツバとして、女性だけに限らず、クスリだとか…、金だとか…、地位だとか…、欲望や恐怖などで、人間を支配しようとするものを総称して魔物だとしますと、それを打ち破れる力を人間は有しているのでしょうか?また、その力とは何なのか?それがこのシリーズの底辺に流れる一つのテーマでもあります。

 さて、みなさま、とても長い間ご無沙汰してしまいましたが、その間、私宛てや企画室のshin1baby宛てにメールなども頂戴いたしました。本当にありがたく存じます。この場をお借りしまして感謝の辞を述べさせて下さい。いつもいつも、温かい励ましをありがとうございます。今後を期待して下さる皆様の存在が唯一の支えでございます。心から感謝申し上げます。
 前回より、“セカンド・ファイナルの謎”などと銘打って書き始めたのは良いものの「女研のファイナルとは迷宮的自問への区切りである」なんぞと言い放ちつつフリーズしていた私の思考を今一度整理してみたく思います。これは、これからアタッカーズでの発売を控えております竹内紗理奈の引退作、つまり姫川亜由美の最後を描いた「女体拷問研究所LAST DANCE 姫川亜由美、最後の七日間」のお話をさせていただくステップでもあります。
(以下、続きを読むへ)
続きを読む